このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

特養の未来

2019年11月03日(日)

介護施設スタッフと介護の学生に、2時間の講演をした。
市民も含めてたいへん熱心に聞いて頂き、嬉しかった。
しかし特養の未来を考えた時、少し暗い気持ちになる。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

現在、特養の3割は、赤字である。

2000年以前からある特養は儲かっているところもある。
しかし2000年以降に造られた特養は、赤字の所がある。

そもそも、介護職員が集まらない。
新卒の介護職の年収が300以下。

10年目の中堅、リーダークラスで440万円が相場。
医療職に比べて低いので、就職希望者が増えない。

東南アジアからの就職者に頼らざるを得ない施設もある。
日本人に介護してもらえることが贅沢な時代が来るかも。

介護福祉士になる高校生たちも沢山来ていた。
15歳の彼らは、介護への情熱にあふれていた。

しかし、卒業後は大学に行きキャリアアップしたり、
企業に勤めたりして、介護現場で働く人は多くない。


スタッフ不足で閉じる特養、
M&Aで企業に買われる特養、もある。

特養のスタッフは病気になることが多い。
深夜業、過重労働、ストレスが気になる。

10年後には、介護医療院がライバルになる。
特養未来は、かなり不透明ではないのかな。


講演に行ったのだが、ついついいろんなことを考えた。

私は、「医療から介護」だと思っている。
削減した医療費を介護に回すべきだと思う。


病院崩壊とともに、介護再建を考えないと、ね。
























2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部