このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「武器は走りながら拾え!」

2019年11月30日(土)

今夜はニューヨーク在住の日本人ジャーナリストの講演を拝聴。
彼の「武器は走りながら拾え!」と本は出版されて即重版した。
高橋克明さんという方は凄い人やなあ、若いなあ、と感動した。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


まぐまぐの彼のインタビュー記事を読んで欲しい。

「キムタクを痛いと言う奴はずっと脇役」高橋克明さんインタビュー →こちら



日本人は同調圧力が強すぎて、KYになりにくいことを指摘。

彼は1000人以上の世界の著名人にインタビューしてきた。

その中で凄かったのは、以下の2人だという。

ボクシングのフロイトメイウエザーの頑張って闘おう。

一方、日野原先生は愛されるより愛するほうが幸せだと。

今夜、闘いと愛の話をされた。
一同シーンとして聞き入った。

会場は超満員で同数が入れなかった。
懇親会の席も超満席で立つしかない。

51nKg7DBpsL._SX338_BO1,204,203,200_[1].jpgIMG_3536.jpgIMG_3538.jpg




ああ、もう少し若かったらニューヨークに行きたいなあ、
平凡な人生を歩んでるなあ、と自分の人生を振り返った。

今からでも何が冒険しようかな。

講演を聴いて、10歳くらい若返ったような気がした。


高橋氏には、NYで益々活躍して欲しい。





2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生、長尾先生のホンネはどこにあるのですか?
長尾先生は、ご自分の発見能力が優秀であるがゆえに初期のガンを見つけ、それなりの医療機関に紹介して「治療」した患者さんが、急に病状が悪化した例が少なからずある、と書いておられますよね。しかし、「放置できない、自分の判断は正しかった、と言わざるをえない」
「早期発見早期治療」が国是だから?

ガンの免疫治療をやっている医師が、ネットなどで「切るのが一番だけど」「標準治療でダメでも免疫治療があるから」などなど、「国是」の標準治療をやってダメだったらウチに来て!!みたいな発言してるので、私は、「あなたは本当に切るのが一番だと思ってるの?」と聞きたい。けど知らない医者にわざわざ議論ふっかけるようなマネはしない。

お医者さまは、国家資格で飯食ってるから、国家の方針に逆らえないから、本当は「患者のためにならない場合が少なくない、むしろ多い」にもかかわらず、「国是の医療方針」に従って保険診療で稼ぐしか生きる道がない、
これが、日本の医療の現実ではないですか? 「気づいている医者」は、結構な数、いるのではないですか? それでもなお国是の愚策に従って「患者の人生を弄んでいる」。他人事だからね。

認知症は特に「早期発見早期治療」が有害無益である代表ですよね。第一、認知症自体が作られた「病」ですよね。わかっているんですよね。お医者様がた、たくさんいろんな学問して一般市民より「アタマ良い」から。

長尾先生、ホンネを語ってくださいよ。もう、「国家の医療政策」に縛られる立場を捨てても良いのでは?

Posted by 匿名 at 2019年12月01日 02:17 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部