このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

スイスに安楽死しにいく2人目の日本人

2020年02月04日(火)

2019年6月にNHKがスイスに行って安楽死した日本人
の女性を放映して以来、度々、安楽死の相談を受ける。
そして今度は0代の女性がスイスに死に行くらしいが。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


神経難病を持つ九州に住む20代の女性が、スイスのライフサークルで
安楽死のサポートを受けることが許可された。→こちら
 


スイスから“死の権利”を得た女性を直撃
「やっと死ねる。安楽死は心のよりどころ」
(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース  →こちら


NHKのドキュメンタリーで、ライフサークルのエリカ医師が言った通り
日本からの安楽死の応募と認可が、これから、さらに増えるのだろうか。

法律的には、日本人が外国で「自殺」したことになる。
こんなことが増えて、国はいいのだろうか?

国際法はどうなっているのか?

日本人が続々とスイスで、スイス人医師に自殺ほう助される
という事態に対して、なぜ医師会や医学会は声を上げないの?


不思議だ。
しかしこうなることは予見できた。

だから、当初からいろんな発信をしてきた。


長尾和宏の「生」と「死」

医療最前線

NHKの安楽死報道をどう受け止める

日本国内での尊厳死の議論を深めよう

月刊公論 2019年8月        →こちら


しかし、日本人の安楽死が願望は膨らむばかり。

だったら・・・
という想いで「「小説 安楽死特区」を書いた。
 

尼崎発 長尾和宏の町医者で行こう!! (105)

『小説「安楽死特区」』を書いた理由

日本医事新報 2020年1月18日 P56~P57     →こちら


 

長尾和宏の「生」と「死」

医療最前線

小説「安楽死特区」に託した想い

あなたはどんな最期を望みますか

月刊公論 2020年2月           →こちら


いろんなメデイアにも紹介された。
 

2024年、日本で「安楽死法案」可決!?
ベストセラー医師による、初の本格医療小説!
ダ・ヴィンチニュース  →こちら


高木真奈美さん(仮名)とのこと。

心の平穏は、いつでも死ねることだと。



私は今週、熊本、佐賀、福岡と徘徊するので、その女性に遭って話をしたいのだが、もし知っている人がいれば教えて欲しい。


自殺は良くない。

自分の親が自殺しているのでそう思う。

自殺予告している人を止める九州の医療者はいないのか。

緩和ケアは無いのか?

とっても気になっている。

そんな感情を抱いているのは私だけ?


 






2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

神経難病に限っては、幇助自殺を認めても良いと思いますよ。
癌とかと違って死ねないから大変です。体も動かないから飛び込みや首つりすらもできない。
自分で自殺できたり、ほっとけぱ死ぬような病気なら良いんですけどね。

Posted by 匿名 at 2020年02月04日 07:02 | 返信

もし、人間の介護者の代わりになるようなロボットができれば、
そのマシーンを操る本人は「自分で生きている」自由感、自在感を得るのではないでしょうか。

人間を追い詰めるのは他ならぬ人間だと思います。
どのように尽くしてくれても、どのように「あなたを大切に思っている」ことがわかっても、
家族介護者の「がんばり」や、他人介護者の「好意」の「おかげで生存できる」ことは心の重荷になるのではないかしら。

長尾先生のお父上は、自衛隊勤務であったとのこと。自衛隊というのはかっこいい面もあるけれど、ものすごく閉鎖的な特殊な人間関係が支配しているようです。
最近は自衛隊内部のパワハラセクハラも表面化していますが、40年前はもっと過酷な虐待があったようです。以前の住居の近くに自衛隊員の一家が住んでいて、奥様はご主人の辛さを語っておられました。勤務がハード以上に、人間関係の困難が大きいとのことでした。
自衛隊員が病むと、医療面での虐待もあっただろうと推測できます。にもかかわらず訴えることができない。
私だったら耐えられないと思う。
ベッドに縛り付けられて身動きできず自殺もできないより、お幸せだったかも、しれません。
敢えて、投稿します。

Posted by 匿名 at 2020年02月04日 01:38 | 返信

私の個人的見解です
与えられた命は全うすべきだと思っています

「四苦八苦」の四苦は生きる苦しみ、老いる苦しみ、病いの苦しみ、死への苦しみ…
悩みのない人はいない…
でも その中で生き続けて欲しいと願う…
存在は必ず 意味があることだと思う…

苦しみの中でも 穏やかになれることを見つけようよ
一人じゃない
誰かに迷惑かけたっていいじゃん


Posted by 宮ちゃん at 2020年02月16日 01:14 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部