このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

感染者を船に留め、非感染者を自宅待機させるべきでは

2020年02月11日(火)

連日のクルーズ船の報道を観ていたら、心が痛む。
情報を遮断され閉じ込められている人が気の毒だ。
陽性判明者の搬送を観るたびに「反対」だと思う。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


クルーズ船は事実上、すでに大病院であり、
大規模な院内感染が起きているだけのこと。



密閉された空間の中では、エアゾール感染も起きるのは当たり前。
14日ないし24日間も閉じ込めておいたら、全員が感染するのでは。


435人調べて139人が陽性、と報道されていたが、
すでに3人に1人が感染しているので時間の問題だ。

感染したほうが日本の土を踏めるので嬉しい、
という錯覚が起きる人がいるのかもしれない。

4人部屋の乗員が閉じ込めた乗客のお世話をしているが、
乗員同士がうつし合うし、乗客にバラまくのではないか。

あのクルーズ船は今や大病院そのものだが感染防御装置が
欠如した病院は、まさに病(やまい)の院(いん)になる。


岸壁に待機した救急車は、陽性者が出るのを待っている様だね。
なぜ誰かが「これは逆じゃないのか?」と思わないのか不思議。


私は、
「感染者を船に留め、非感染者を自宅待機させるべきでは」と思う。

クルーズ船に医療者が乗り込んで、そこでしっかり管理すればいい。
非感染者は「2週間自宅待機」の念書を書かせ、自宅で自由に過ごす。

自宅待機者は地域の多職種が見守りをするのだ。
つまり地域包括ケアを非感染者に発動するのだ。


つまり、現在の「逆」にすべきではないのか。

キーワードは、「在宅」と「国内死亡者ゼロ」、である。



私は、最初からずっとそう思いながら観ているが
なぜ誰もそんなことを言わないのかが、不思議だ。


もしかしたら、「言いたくても言えない」のかな。

答えは分かっている。


すべてコレラと同じ「2類感染症」に指定されたからだ。

・検疫も
・隔離も
すべてこの法律に従って行われているので、今は仕方がない。


しかし可及的速やかに、インフルと同じ「5類感染症」に
格下げすべきと考えるが、それは政治マターそのものだ。

5類になれば検疫も隔離入院も無くなり、
インフルと同じで「自宅待機:でいい。


北京などの主要都市では昨日から工場操業が再開されるなど
ピークが見えそうな雰囲気になってきので、夜明けは近そう。


感染症法というハードルをどのレベルに設定するかは難問だ。
国内法である一方、諸外国とも歩調を合わせないといけない。


いずれにしても、今、あのクルーズ船で起きていることは
二次災害そのものであり、10年前の教訓が活かされてない。

10年前の新型インフルが翌年には、季節性インフルに変わったように
新型コロナも来年には季節性コロナ(風邪?)に変わっているのでは。


今週は温かくなるという。
あちこちで早咲きの桜を見た。

夜明けは近い。

悲観論が溢れる中、こんな私見を書けば非国民と非難されるはずだ。
でも批難を覚悟で、書いている。あくまでこれは個人の見解、です。




PS)
この2週間で全国各地で10以上の講演があり、忙しい。
仕事も忙しいけど、皆様と触れ合うことも生きる喜び。


くれぐれも、予防に努めてください。
・睡眠
・手洗い
・風通し
・ストレス、につきる。







































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「感染症法」とか「感染症の分類」ってあるんですね。
どおりで、クルーズ船の隔離は、ヘンだと思いました。
元職鍼灸師なんで、この方面には無知でした。

Posted by にゃんにゃん at 2020年02月11日 08:31 | 返信

新型コロナウイルスは、無症状でも陽性だったり、最初陰性でも症状がでてから陽性になったり、潜伏期が長いから厄介ですね。中には重症化する人もいるかもしれませんが季節型のインフルエンザと同じようなものならば、潜伏期間中の自宅待機の間の注意事項がしっかり守られてそのチェック体制がとれるのであれば、長尾先生のおっしゃるやり方が一番いいと私も思います。しかし、全員にそれができるのかとみんな疑心暗鬼になっていて、すべての人を閉じ込めることになってしまったんですよね、きっと。なんとかしてあげられないのかと胸が痛みます。船内に取り残された方々のために、健康を守る医療の指揮官に願いを託すしかありません。指揮官さん、どうかよろしくお願い致します。

Posted by 遠い声 at 2020年02月11日 07:37 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会