このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「水際」「隔離」「検査」ではなく、もはや「市中感染」

2020年02月17日(月)

ウイルスの気持ちになって考えてみよう。
どうやったら効率よく広がっていけるか。
弱い人間から弱い人間に乗り移っていく。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

連日の、新型コロナウイルス報道を観ていると呆れるばかり。

ダイアモンドプリンセス号に関しても、当初からこのブログで
指摘してきたように、全く逆の対策が取られていてまさに人災。

それは、「無症状感染者がいる」ことを重視した
施策を当初から実施すべきであった。


「水際」「隔離」「封じ込め」「検査」という思考回路を捨てて
当初から「市中感染」とした施策を実施すべきであったのだが・・・


そもそも
「ウイルスの行動様式は未知」
「検査はごく少数しかできない」
「治療法はない」・・・


つまり「ほとんど何も分かっていない」ことを前提に
対策を講じないといけないのだが、そうではなかった。


連日、テレビは感染者数と感染ルートを報じているが、無意味だ。
確定している感染者の何百倍もの感染者がいる、と私は確信する。

コメンテーターは、インフルと比較してまだこう言っている。
1)感染ルートが不明
2)検査体制が不備
3)病院が足りない
4)インフルはタミフルがあるが、新型コロナは薬が無いから怖い。


私の見解は
1)そもそも感染ルートが不明なこと、がウイルス感染症蔓延の本質である。
2)検査はどれだけ大変か。まして感度や特異度などの精度管理もあるのに。
3)市中病院に入院させたら院内感染を増やすので病院船や在宅で管理すべき。
4)そもそもインフルは重傷者以外ににタミフルは使わないし、効果は限定的。

無症状の人の検査や隔離は臨床的には、意味がない。
院内感染のようなものを増やすだけになり、最悪だ。

しかし知事などの指導的立場の人がいまだに
封じ込めや入院や全例検査なんて言っている。


「全部、間違っているよう、あーあ」と思いながら観ていて
唯一、「これが正しい!」と思った映像があった。


横浜の「牧田病院」というところが、外来診療を閉鎖したことだ。
この処置は正しい。病院が感染を拡大するから閉鎖した方がいい。


ここだけの話だが、以下は多くの臨床医の本音ではないか。

1)マスクなんて意味ない(手洗いは意味がある)
2)宇宙服のような大袈裟な衣装はパフォーマンスないし言い訳
3)簡易検査キットなんて、できてほしくないし、したくもない。
  ノロも検査しないし、インフルの簡易検査も無くなって欲しい
4)風邪やインフルと同程度で、大半は静かに寝ていれば治る
5)医師はなんでも分かっているように思われるから困る・・・


今日「微熱が4日以上で怠い、息苦しい」人は受診すべきと公表された。
これは肺炎を疑う時の基準であり高齢者は2日間は妥当な判断だと思う。


ただ過剰な報道で「息苦しい」ような気がする人が増えるのではなか。
うつ病で引きこもっている人が風邪をひいても、ひっかかるだろうな。

これでクリニックに来られても、ウイルスの検査はできない、し。
保健所に連絡すること位しかできない。肺炎があれば話は別だが。


そういえば、外来患者さんがいつものこの季節より少ない気がする。
みんな「クリニック内感染」を恐れているのだろうが、正しい判断。


さらに、「ウイルス同士の縄張り争い」(まったくの私見だけど)に触れたい。

当院におけるこの1月のインフル患者数は、昨年の3分の1であった。
すでに1月の時点でインフルは新型コロナに負けているのではないか。

さらに、インフルには、AとBの闘いもある。
Aが強くそれが過ぎ去る時にBが流行りだす。

しかし今年は、Bも例年より少ない気がする。
つまり、AもBも新型コロナという新参者に負けているのでは。

今冬は、新型コロナにみんな負けている。
つまり1月から、市中化しているのでは。


ウイルスから見たら人間なんてチョロいもの。
隙だらけだし、いくらでも変身、もできるし。

中国では、お金(お札)まで消毒している。
日本でも手すりを何度も拭いている人がいる。

潔癖症を通りこしてもう強迫神経症の世界である。
人間は、己のカラダに無数の微生物を飼っている。

腸内には、何十種類の細菌が何兆個いて
口腔内にも莫大な細菌が住み着いていて
胃袋には、たくさんのピロリ―菌がいて
体表には、数えきれない数のブドウ球菌
足や爪にも、数えきれない数の白癬菌が
唾液中にも無数のヘルペスウイルス。
性器には、パピローマウイルス・・・・

無数の微生物と共存して生きるのが人間。
微生物から見たら、人間はタダの乗り物。


その人間が、新参ウイルスに振り回される姿が滑稽に映る。
防護服を着たいのは人間ではなく、ウイルスのほうなのに。


ここまで書いたので、最後に特効薬について私見を。

私は、新型コロナ感染者を簡単に治せる
極めて簡便な方法を密かに思っている。

HIVの薬ではなく、たった100円程度の方法。
それで簡単に治るのでは、と勝手に思っている。

このブログを読んでいる皆様の中で、
・新型コロナ陽性だけど、肺炎はなく
・風邪症状だけで自宅待機を命じられて
・もし効果がなくても怒らない、
という人がいれば是非、クリニックのHPに連絡を頂きたい。
もし3例集められたら、オンラインジャーナルに投稿します。

これは、冗談ではない。




PS)

密室や人混みは避けたほうがいい。

コンサート中止も止むをえない。
テレワークもいいことだ。

新型コロナ対策にもっとオンライン診療を活用すべきである。
そんな単純な発想を理解できない人たちが国を運営している。



































































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

アメリカ すでにコロナウイルス 蔓延?
インフルエンザの一部がコロナウイルスの疑い
https://www.bookservice.jp/2020/02/16/post-41286/
アメリカCDCが慌て始めた、インフルエンザ感染者の一部は新型肺炎コロナウイルスの疑いか?
という記事です。

ハワイ旅行から帰国した日本人が感染しているがルートが不明というニュースが流れています。
アメリカのインフル患者の中にコロナ感染者が混じっているようなハナシ。
日本も、おそらくは世界のインフルも同様かも。

長尾先生ご指摘同様にコロナは「空気と、湿気に弱い」ので換気が大切、とも。
「窓全開で換気」といっても、もう花粉は飛んでるし、裏手の駐車場にはは雑草がいっぱい・・・
ウチは飯能の杉林圏内でもあります・・・
花粉とコロナとどちらを選ぶか・・・

Posted by 匿名 at 2020年02月18日 01:22 | 返信

今回のブログのコメント、個人的におおよそ賛同できる内容です。
厚労省はウイルスと戦っているというポーズを見せないと、世間は納得しないとでも思うてるのか?
ウイルスから見ると、人間というのはいかに愚かなのか?役人も医者も。
権威というものが、いかに空疎なものかという事実が白日の下にさらされた気がします。
皆が医療の限界を知るいい機会だと思います。医療が通用しない病気もあることを。
一昔前はインフルエンザは検査キットもなかったし、薬も何もなかった。それでも外来診療していましたからね。インフルは検査や治療があるのに、コロナは何もないというのが不安心理を煽るのかも。
先生が提案している通り、第5種に落とさないと、院内感染で病院が機能停止するだけでしょう。

Posted by マッドネス at 2020年02月18日 04:52 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会