このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

認知症なんでもTV「抗認知症薬の不都合な真実」

2020年02月28日(金)

認知症なんでもTVの最新版が公開された。
今回は「抗認知症薬の不都合な真実」の
共著者である東田勉氏との対談である。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


〇 認知症なんでもTV#12-1
  抗認知症薬の不都合な真実・エビデンスとは? →こちら
 

〇 書籍 「抗認知症薬の不都合な真実」(500円) →こちら


〇 発売記念イベント  3月28日(土)午後  →こちら


抗認知症薬でお悩みの方、
エビデンス主義に疑問を感じる方、
製薬会社マネーに操られている医師を知りたい方、
医療がおかしい、と感じている方
は、どうぞ遊びに来てください。
マスコミ取材も歓迎します。(大手は来ない)



「かいご楽快」は中止ではなく、延期とのこと。
改めて告知するので待っていてください。


ところで、高度の認知症の人が発熱して
インフル(-)の時は、どうするのか?

通常なら、誤嚥性肺炎として対応するが、中国帰りの
息子さんが面会に来た直後だったら、どうするの?

保健所に連絡して万一「コロナ陽性」だったら、
テレビで放映されて、職員の行動追跡が始まる。

それで、誰が幸せになるのか?
施設だったら、それで封鎖となる。

「高度認知症と新型コロナ」


重要な課題だけど、なんの指示もない。

認知症学会や老年医学会は、そんなことに関心がないのか。
それとも上級医師だけなので、下流への想像力が無いのか。

お金になる「薬」には飛びつくが、
金にならない仕事はしないのかな。

いずれにせよ、「高齢者が危険」だったら、
在宅患者さんや施設入所者のことを考えて欲しい。

そして、ただでさえ人手不足の介護現場なので
介護職員を守るのも、医療者や国の責務である。


連日のてテレビ報道で「なんとなく不安」になっている
在宅や施設入所の、軽度~中等度認知症の人が多い。

そんな認知症の人には、こころのケアが必要だと思う。
臨床心理士や音楽療法士の応援を頼んでもいいのでは。

いずれにせよ、この大変な時に、高齢者医療や
認知症医療の専門家が沈黙しているのは異常だ。


コロナ騒動と認知症は無関係ではない。
むしろ、一番関係があると、私は思う。




PS)
あと1日で2月も終わりだ。

コロナ騒動ばっかりだったね。

私は、2月22日までの全講演をすべて無事終えた。
九州巡業、東京巡業も幸運にもすべて遂行できた。

無数の新型コロナと従来コロナを吸い込みながらも
症状も出さずに元気に仕事している。

火曜夜は、医師会のT地域包括ケア委員会、
木曜夜は、5月の学会の実行委員会もこなし、
その後の飲み会も2次会まで参加して歌も。

不幸中の幸いかもね。

生かされていることに感謝。




















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

老母をお願いしている施設から10日程前に封書が届きました。
「ご家族の面会を制限させていただきます」と。

1ヶ月くらいなら我慢しますが、政府が気にしているのはオリンピックを最後まで問題なく終えること。パラリンピックの終了は9月上旬です。

いまから丸6ヶ月、肉親を施設に預けっぱなしで家族が一切監視・介入しない状態が続いて大丈夫なのか、かなり真剣に心配しています。

Posted by 七転び八起き at 2020年02月28日 09:15 | 返信

コロナリスクが高いのは学校ではなくデイケアとか施設とか高齢者が集団で集まる場所ですね。
面会者やスタッフがウイルスを持ち込むので、1人でも感染発症すると感染ドミノになります。
クルーズ船と同じ状況になり、他のスタッフも感染するので、施設ごとアウトになるリスクがある
抗認知症薬を服用している高齢者は、服用していない高齢者よりも肺炎重症化リスクが高くなります。
自律神経の乱れによって心臓死リスクが高まると推定されます。当然服用量に比例してハイリスクです
認知症専門家を名乗るDrの多くは認知機能よりも生命が大事だということを知らないのか?
高齢者だから薬が誘因・原因で死につながっても罪に問われないだろうとタカをくくっているのか?
どちらかでしょう。いずれにせよ薬で命が奪われるというのはあってはならない事です。

Posted by マッドネス at 2020年02月29日 11:09 | 返信

よけいなおせっかいかもしれませんが
お母上の状況にもよりますが、
また、どのくらいの頻度で面会に行かれているか存じませんが
「私の顔を見ないと、母が心配して具合が悪くなると困るので」と、
「せめて窓越しで良いので会わせてください」
あるいは、PCならスカイプ、お金があればテレビ電話などを自分側で準備して、
「これなら顔を見ながら話せますのでどうかお願いします」
・・・窓越し面会、ディスプレイ面会、両方とも拒否する施設は、ちょっと「おかしい」かも。

匿名から七転び八起きへの返信 at 2020年02月29日 11:50 | 返信

そういう方はご自宅でお大事にされる方がよろしいかと思いますがいかかでしょうか?

匿名から七転び八起きへの返信 at 2020年03月02日 11:50 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会