このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

大変残念ですが・・・

2020年03月07日(土)

大変残念ですが、もう医療は崩壊しています。
町医者は、自分の判断と責任でやるしかない。
ある程度元気なら自分の部屋で寝てて下さい。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


3日前からの発熱と息苦しさを
訴えて、受診された患者さん。

・レントゲンで両側の肺炎と
・酸素飽和度の低下(94%)、を認めた。

当然、新型コロナ肺炎、を疑った。


しかし接触者相談センターの電話は通じない。
20回目位に通じたけど、門前払いにあった。

30分後に再度電話が通じたので、必死でPCR
検査だけでも、と懇願するも、また門前払い。


その患者さんを外で1時間以上待たせているし、
そもそも新型コロナが心配で初診されたのに。


「なんとか検査してもらえませんか?」

「月曜日にまた連絡しますから」

「ええ、その3日間になんかあったら?
 家族も沢山いるし、それでいいの?」


「今、医者が一人もいないし、入院もできませんし」

「じゃあ、せめてPCR検査だけでもしてくださいよ」


「医者がいないので、無理、です」

「誰かいないのですか?」

「手を離せる医者はいません」

「検体の採取だけでいいので」

「それができる医者がいないのです」

「明日は?明後日は?」

「明日も明後日も、医者はいません!」

「じゃあ、ほかの相談センターは?」

「どこも無理です!」

「じゃあ、家族が感染してもいいのですか?」

「・・・」

「後で、新型コロナと分かってもいいのですね?」

「・・・」

「やっぱ、今、検査だけでも無理ですか?」

「・・・」

なにを聞いても、返事がない。
話せる内容が何もないのだろう。

なんだか自分がクレーマー、のような気がしてきた。
政府の指示にちゃんと従っているだけなのだがけど。


結局、私は携帯番号を教えて、帰宅させたあと、
自宅安静の注意事項をいろいろ詳しく説明した。

やっぱ、遠隔診療、しかない。
しかし、肺炎はどうするの?


こちらも命がけだ。
万一、新型コロナだったら、クリニックは2週間閉鎖になるし。

沢山の患者さんに迷惑をかける。
ホンマにえらいこっちゃ、です。


政府は嘘しか言わない。

・検査が保険適応になった
・医師から要請があれば検査はできる体制
・電話で相談してほしい・・・


テレビで言っているのは、嘘。
なにも期待しないほうがいい。


結局、町医者と相談センターをたらい回しになった人が、受診される。
公的機関は電話で拒否できるけど、町医者は逃げられないし逃げない。


私達は法律に従い、お上からの指示に従って、やっている。
しかし公的な相談センターが既にマヒしているのが、現実。

病院の先生も可哀そう。
でも土日は休みかな?


2類を早く、5類に下げるべきだ。


1ケ月前から何度も書いているが、叶わない。
結局、10年前と同じ混乱がまた起きている。

デジャブ。

そろそろ、誰か、ホントのことを言うべきだ。

2月あたりでもう終わっているから、
そんなに怖がる必要はないよーって。

いずれにせよ、風邪の人は町医者には来ないで
直接「相談者センター」に直談判、するべきだ。

まあ、電話は、なかなか繋がらないけどね。


ああ、10年前のほうがまだましだった。
政府や厚労省とのルートがあったから。

あとは、頼みの医師会の指示を待つだけ。
日本医師会長と厚労大臣は話し合うべき。

残念ですが、医療現場は、もう崩壊しています。
自分の命は自分で守るという気持ちが大切です。













































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

10年前は大臣がマスゾエさんでしたからね。もう一度マスゾエさんに頼んだら?
災害時とか今回みたいな非常事態に立食パーティー出てる御仁がコロナ大臣だから笑えないですね。
年齢にもよりますが、今回ほど新型コロナ強く疑う症例で検査ができないのであれば、日本の医療は武漢以下ですね。こういう時こそ、マスゴミに通報してプロパガンダしたほうがいいのでは?
不謹慎ですが、大物政治家がコロナで入院することを祈るばかりです。

Posted by マッドネス at 2020年03月07日 12:35 | 返信

ダイアモンドプリンセス号の実態から、乗員約4000人のうち約700人が陽性で、無症状だった人は約400人でした。症状のあった人は約300人。ということから導き出されることは、症状のあるPCR検査陽性者より症状が出ないPCR検査陽性の方が多いということです。では果たして無症状のPCR検査陽性者から他の人への感染の危険はどれくらいあるのでしょうか。かつてエイズ患者がそばにいるだけでも感染してしまうのではないかという間違った認識が世間にはありました。PCR検査陽性とエイズを一緒にするのは違うとは思いますが、症状のない人から、どうやったらうつるのかが疑問です。キスする夫婦や恋人間など以外では、排泄物である尿や便からの接触感染でしょうか。感染性は高いといえるのでしょうか、専門家にききたいです。現状ではインフルエンザやノロが流行っているときと同じように、ひとりひとりが自分はPCR検査陽性者であるかもしれないと思って行動するしかないと思っていますが、こんなことずっと続けていったら、完全に潔癖症、脅迫神経症になってしまいますよね。無症状のPCR検査陽性者をつかまえて隔離することよりも、大変な状況になっている方々を救うことにシフトを切り替えるべきではないかと思います。理想論より現実をふまえた行動が大切であると長尾先生のクリニックの実態から思いました。長尾先生この際テレビに出て思いの丈を語ってください。神様が長尾先生を守ってくれますように祈っております。

Posted by 遠い声 at 2020年03月07日 03:56 | 返信

感染者が出たところにたまたまたいて、その数日後に症状が出てPCR検査で陽性であった人が、その症状のない時期にマスクをしていなかったという連日の報道。マスクをしていなかったから感染が拡がってしまったのではないか、とでもいうような大ごとのような報じ方。これではみんなもしもの事があった場合、自分が責められないようにと、世間の目から身を守る為に、不要なマスクをせざるを得ません。益々マスクブームに歯止めがかかりません。無症状でも、もしかしたらPCR検査陽性かもしれない全国民は、全員マスク?そうすれば、もし陽性になっても責めらすに済むのですか。教えて下さい。

Posted by 遠い声 at 2020年03月07日 05:30 | 返信

マスクは、した方が良いと思います。
人前で、絶対くしゃみをしない、絶対咳をしない(コホンもしない)、絶対鼻水を出さない(鼻をかまない)、という自信があるならば、マスクはしないでも良いでしょうが、「絶対に〜しない」はないはず。
電車の中でマスクなしでゴホンとやったら隣の人が非常ボタンを押して電車を止めたというニュースがありました。
理由は「マスクしないで咳をした」。(人前でマスクなしで咳をするのは非常事態である・・・?)
人が居るところへ出るなら、マスクはするべきです。

マスクは買えなくても自分で作ればよいです。
ネットを検索すると、ハンカチでマスクを作る方法、などの情報がたくさんあります。

Posted by 匿名 at 2020年03月08日 01:11 | 返信

症状のある疑わしい人は家で過ごしてください、だけど、たまたま感染者との濃厚接触があって陽性とわかれば無症状であっても病院に収容して隔離します、というのはどう考えても、整合性がとれず、おかしいと思います。どうして誰も言わないのでしょうか、とってもふしぎです。

Posted by 遠い声 at 2020年03月08日 02:09 | 返信

もう医療に頼るのは止めるべきではないだろうか。PCR検査をして陽性と判っても治療する方法はないのだから、各個人が感染予防を心がけるしかない。そして、具合が悪くなっても自宅で寝ているしかない。何の病気か分からなくても、治るべき病気なら治るだろう。死ぬべき病気なら死ぬだろう。コロナ患者を入院させても治療は有効ではなく、隔離して感染を防止しているだけなのだ。
結局は個人の免疫力の問題で、ライブハウスに居た人全員が感染したのではなく、感染した人全員が死ぬわけではない。免疫力を高く保つ生活がポイントで、夜更かしをしない、食事をきちんと摂る、疲れを溜めない、ストレスを少なくするなど・・・。
今は人類淘汰の時期かもしれない。弱い者が淘汰され、強い(免疫力が高い)者が生き残る。私はある程度高齢になっているから、医療に頼らずにコロナで死んでも、それが寿命だと思っている。

Posted by 古希まえ男性 at 2020年03月08日 10:00 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会