このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

デイサービスが閉まると

2020年03月12日(木)

尼崎や伊丹で新型コロナ陽性が続々出て
死亡者が一人出たと報じられ、大混乱に。
そのデイサービスは閉まっている様だが。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

小学校が休校 → 母親が休業したり特別学級に

会社が休業 → テレワークや職員解雇に

というふうに、休みにすれば、影響は他に波及する。


では、デイサービスが閉まると、どうなるのか?


認知症の人は、一人で家に居る。
当然、ホームヘルパーが必要だ。

しかしヘルパーセンターは派遣をしない。
ヘルパーも「行きたくない」と拒否する。

なぜなら、そこで陽性者が出たら、
即廃業になってしまうからである。

ケアマネさんも訪問看護師も同じこと。
もしかしたら訪問診療医にも波及?

そのような連鎖倒産の危険が高まっている。

結局、認知症は悪化して寝たきりに、
あるいは、悲惨な孤独死で発見かも。




陽性者を診た開業医は2週間の閉鎖を余儀なくされると。
PCR検査を真面目に行い規則を適応したら、どうなるか。

遅くとも1ケ月以内にほぼすべての医療・介護は壊滅する!
間違いなくそうなることをマスコミは分かっているのかな?


話題は変わるが、

昨日、ある政治家が厚労省の数人の役人たちにアンケートをとった。


政治家 「もし介護施設で肺炎らしき患者が発生したらどうすべきか?」

役人達 「宇宙服を着た医者がPCR検査をすべきです」

政治家 「陽性者が出たら?」

役人達 「もちろん強制入院させます」

政治家 「その病院が満床だったら?」

役人達 「・・・・」

政治家 「介護スタッフも陽性だったら?」

役人達 「やはり入院させます!」

政治家 「スタッフの検査は誰が行うの?」

役人達 「宇宙服を着た医者が行います」

政治家 「その宇宙服はどれくらいあるのかな?」

役人達 「・・・」


この話を聞いて、私は笑ってしまった。

私達はマスクも無いまま闘っているのに
宇宙服は、誰か買ってくれるのかな?

国はカッコつけて、マスクを中国にあげたり
北海道に送っているが、肝心の病院には無い。


要は政治や行政は機能停止している、ということだ。
想像力のない政治や行政を頼っても、意味が無い事。


そもそも、「自粛要請」なんてズルくない!?
まさに中途半端。

それを聞いて、昨日も行事をひとつ中止したが、
なぜ自粛「命令だ!」と言わないのか不思議だ。

責任を取りたくないズルい政治だ。
それに振り回される真面目な国民。


ああ、高校野球が中止になった。
誰かが責任を取ってやればいいのに。

怖い人なら来なくていい。
観客同志が距離をとって。


この調子なら、五輪も危なくなってきた。

暑くなったらウイルスが減る、と思うのは間違いだ。
フィリピンでも出ているので、気温とは関係ないぞ。

今日、ブラジルの人が来たが、ブラジルやアルゼンチンでも出ている。
そこは真夏だけど出ていることを知るべしだ。(イタリア経由だが)


日ごとに騒動は大きくなっている。
でも本当は日本の被害は軽微である。

怖いのはウイルスではなく、「ウイルス騒動」。

そこで見えてきたことも沢山あるので、明日書こう。

このウイルスはとっても変わったウイルスである。
致死率は高くないが、へそ曲がりでまさに「新型」。



******************************************************************************************
新型コロナウイルス、”持ちこたえている”という評価の中で現実に起きていること
 
都内某クリニック
匿名
 
2020年3月12日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp
---------------------------------------------------------------------
先月末、20代の生来健康な女性が発熱と咳で来院されました。症状は通常の上気道炎と思われましたが、現在の状況を鑑み念のため胸部レントゲンを施行。肺炎像がないことを確認し、内服薬で帰宅といたしました。3月7日土曜日、症状が改善しないため来院されました。非常勤医が対応しましたが、増悪所見がないことからいったん経過観察とし、改善がなければ再度来院を指示いたしました。本日、37.8度の発熱が下がらないことを主訴に来院されました。症状は乾性咳嗽と発熱、だるさ。レントゲンを再度施行し肺炎像がないことを確認いたしました。採血では白血球数に異常なく、Hb9.0の小球性貧血を認めだるさはこちらからくるものかもしれないと考えられました。しかしながら、37度後半の熱が、およそ10日間続いていることから帰国者・接触者センターに相談の電話をし、PCRを念のために施行していただきたい旨を伝えました。
返答は
1.緊急性がないようであれば、今日は5時で業務が終わっている。
2.明日になっても症状の改善がないようであれば、医師の方から保健所に連絡をして、支持を仰いでほしい。本人が保健所に電話をしても、検査はしてもらえない。
 
上記のようなものでした。あまりの返答にびっくりいたしました。まず、緊急性がないというのはどういうことなのか。肺炎等の病状としての緊急性がなければ、仮にコロナの感染が疑われてもそのまま様子を見てしまってよいということなのか。それであれば、なぜ、感染者が一人でも出た場合は全員を隔離するという方法をとっているのか。
保健所に心配な患者さんが直接電話をしても検査できる医療機関を紹介してもらえないということも、メディアでの説明と大きく異なっていました。濃厚接触が疑われる場合であっても、本人からではだめなのかという問いに対しましては、濃厚接触者は国が全員を把握しているので患者さん側から申し出があることはあり得ないとの返答でした。そうであれば、なぜ濃厚接触が疑われる場合は電話相談をするように呼び掛けているのか全く理解できない返答でした。
患者さんは、結局かかりつけの医療機関を受診し、肺炎が認められるまでは検査をしてもらえず、あちこちの医療機関を何か所も回ってついに感染が発覚するという状況が蔓延しているように思われましたが実際にこの対応ではそうならざるを得ないことが明らかとなりました。
そして、かかりつけ医療機関はコロナの感染者が受診したとなれば風評被害も出れば業務に支障も出るという状況でありこれではだれも診療を行いたくなくなります。特殊な防護服もなく、マスクさえも手に入らないような状況で第一線で医療をやっている臨床医を守ろうという意識も全く欠如していると強く感じました。
 
もし、重症ではないが、コロナかどうかわからない人を通常の日常生活にもどしてしまってさしつかえないのであれば、コロナ感染症を大げさにとりあえず通常の風邪として扱うべきです。そして重症化しない限り心配がないことを広く伝えていくべきです。
もし、コロナ感染症を特別な危険な感染症と本当に考えているのであれば、疑わしい患者さんをしっかり検査して、自宅隔離でも何でもよいので隔離措置をとるべきです。現在行われていることは、このどちらでもなくいたずらに不安と混乱を招き、医療現場を疲弊させる行為であると強く感じました。
 
------------------------------------------------------------------------
ご覧になる環境により、文字化けを起こすことがあります。その際はHPより原稿をご覧いただけますのでご確認ください。
MRIC by 医療ガバナンス学会 http://medg.jp
---------------------------------------------------------------------------



PS)

読者から可愛いマスクを送って頂いた。
ありがとうございます!

私は元気いっぱいですが、必要に応じて
大切に(?)使わせて頂きます。

クリック数が、初めて1万ポイントを超えた(嬉)。
信じられないことで、皆様にお礼を申し上げます。

メデイアに出せない私見を、どんどん書きます。
明日はこのウイルスの正体と今後、を書きたい。

その次は「アドラー心理学からみたウイルス騒動」
というテーマで、思っていることを書き綴りたい。




















































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

 宇宙服のようなものを着て介護施設などで詐欺を働く被害がもうあったそうです。パチンコ屋を何故締めさせないのか不思議

Posted by 薬剤師 井澤康夫 at 2020年03月12日 09:06 | 返信

イタリア、ロンバルディア州は情報によると短期間で5万件超PCR検査真面目にやりすぎて、陽性者全員入院させて、院内感染起こしまくって医療崩壊して、死者急増。まさに武漢状態になったようですね。
これまで日本人の退院した方々で無症候で終わった人がかなり多いという事実があるので、極論を言えば、医療者・介護者全員に無症候でも濃厚接触者扱いでPCR検査を実施しなければならず、もしそれを実行すれば、陽性者続出、閉鎖続出で、一瞬で医療も介護も崩壊するのは間違いない。
つまり濃厚接触者追跡することが医療と介護を崩壊させるわけで、肺炎疑い患者に限定して、宇宙服着用でPCR検査するのが現実的には妥当なのでしょうね。上気道炎患者は見て見ぬふりにするしかない。
デイケアなど高齢者集合施設は、スタッフや出入り業者などの無症候ウイルス保持者が持ち込むので、もはや防御不能だと思います。施設の集団肺炎も近いうちに現実になるでしょう。
施設で集団肺炎がおこれば、病院のベッドはなくなるので、施設を病院に変更して診るしかないのでしょうが、突貫でそれを診る体制が整うとは思えない。訪問医がいくら有能でも1人では無理でしょう。
いま一番ハイリスクなのは施設入所中の高齢者ですね。いつクルーズ船に変わってもおかしくない。

Posted by マッドネス at 2020年03月12日 11:39 | 返信

都内某クリニック匿名医師に全くもって同感です。

Posted by 遠い声 at 2020年03月12日 11:58 | 返信

私は、デイサービスに勤務している。新型コロナウイルスのクラスターがデイサービスなどで起きている。亡くなられた方には、心からお悔やみ申し上げたい。また、闘病中の方々のご回復をお祈り申し上げます。

私は、今回のクラスターの発見の遅れがたくさんの感染者を生んでしまったのではないかと思う。新型コロナウイルスは、症状がなくても人に感染させてしまう。

そこで、デイサービスに通う高齢者の家族、関わりのあった友人などが陽性となった場合はもちろんだが、濃厚でなくても接触者となった場合、検査結果が出る前であっても、検査結果で陰性と分かるまではデイサービスの利用を休止するべきだと思う。

そのためには、市町村、ケアマネージャーが、そのような利用者が分かったらすぐ情報をデイサービスに伝えるシステムが早急に必要と考えられる。
個人情報保護法のため、命にかかわる情報が提供されない状況でデイサービスを続けると全国のデイサービスで感染者の拡大が起こる可能性がある。

また、医療機関は、デイサービスに通う高齢者が肺炎、熱発があればすぐ、検査をしていただきたい。自分の病院で検査出来ない場合は、検査できる病院をすぐ受診できるよう、手配して欲しい。インフルエンザのように、検査を受けたい全ての人が検査を受けられる体制が国内で整えれば良いのだが。

コロナウイルス検査は、高齢者で高熱が続いても、検査を受けられなかったという声を耳にした。

コロナウイルスの流行の状況の中、高齢者のために無理をしてデイサービスを続けた結果、その高齢者が感染し、命を落とすことがあってはならない。

また、一斉休校の中、デイサービスへ休業要請がないことについて、疑問に思う。デイサービスが休業すると仕事に行けないという声もあるが、小学生のいる主に母親は、仕事に行けないので、何とか子供を誰かに預けたり、1人で留守番させて仕事に行っているのだ。子どもも、友達と会ってはいけない、遊んではいけないと、学校から言われ、閉じ込められ、耐えているのだ。この非常事態の状況なので、デイサービスに家族を預ける人だけが、以前と同じ生活ができることが、果たして当たり前なのか?家族が協力出来るところはするべきではないか。

クラスターの発生した施設の職員の方々も、自分と同じく、一生懸命に介護なさっていたのではと思うと胸が痛む。
私は、自分のデイサービスの大切なご利用者さんがコロナで命を落とすのではないかと思うと、毎日、恐怖の中仕事に行っている。

Posted by デイサービス看護師 at 2020年03月26日 07:03 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会