このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

感染症法が人生会議を阻む

2020年03月17日(火)

いつもよりも忙しい日々。
新型コロナの相談だらけ。
それは、人生会議である。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

今や、日本のホットスポットは兵庫県!?

そんななか、
「完全封鎖」の介護施設が増えている。

毎週の訪問時にマスクを1つ貰えるので乞食のように
有難く恵んでもらい、手洗いと消毒、検温を受ける。

入居者の外出禁止令が出て2週間。
認知症の人は明らかに衰弱の一途。

多くの介護施設は、医者以外は一切出入り禁止で、
たとえ危篤であっても家族さえも入れてくれない。

陸の上の「ダイアモンドプリンセス号」状態 である。


施設を完全封鎖するという手法には、2面性がある。

1)施設の利益を守る。
  もし陽性者が出たら施設は大ダメージで死活問題。
  万一、そうなれば、入居者も出ていかないといけなくなる。

2)しかし閉じ込めれば、認知症や高齢者は確実に衰弱する。
  これはダイアモンドプリンセス号の乗客もそうだった。
  しかし黙って従わないとその施設を出ていくしかない。



まさに究極の選択を迫られている。
自宅が無い人は、選択肢も無いが。


毎日、在宅患者さんの誰かが発熱している。
往診を回りながら、いろんな話をすることになる。

万一、医者が新型肺炎を疑ったら、相談センターに電話すべきか?

もしもPCR検査をして、陽性と判明すれば、大騒ぎになる。
私もスタッフもみんな濃厚接触者としてリストアップされる。

しかし相談せずに、全身状態が悪化して万一亡くなり、その後、
院内感染のような状況になり、誰かがPCR陽性になったならば。

相談しなかった医師は責任を問われ糾弾される。
もしかしたら厳罰を受けるかもしれないし・・・

毎晩、そんな夢をみる。


相談するも地獄、
相談しないのも地獄。


一種の「賭け」である。

まさに朝から晩まで、地雷の上を歩いている気分だ。
それも全くの無防備なので、万一爆発したら即死だ。

介護施設の管理者も同様の気分だろう。


万一、陽性者が一人でも出れば、万事休すである。
しかし検査遅れで集団感染になれば、さらに傷口が大きくなるし。


平時でも必ず熱発者はいるので、こんな状況になれば戦々恐々である。

今日の全体ミーテイングで職員たちにこう言った。

「人を見たらコロナと思え。距離を取れ。もし微熱があれば家で寝てろ!」

こんなことを言いながら自己嫌悪になるが、管理者はそう言うしかできない。


--------------


「90代のコロナ感染者が呼吸不全で亡くなりました」

そんなニュースが1日中、流れていることに慣れつつある。

それを聞くたびに人工呼吸器を付けられた高齢者の顔が目に浮かぶ。

大昔、がんや老衰の高齢者全員にそんなことを平気でやっていた。
その反省から「平穏死」の本を書いてきたのだが、今は言えない。

しかし、その90歳の人がもし「リビングウイル」を書いていたなら、
もしかしたら「無念な最期」だったかもしれない、と思ってしまう。

私は発熱した高齢者を往診する度に、そんな話をしている。
勝手に「緊急人生相談」と命名して、対話に時間を費やす。


政府や報道は、亡くなった人を、「ワンオブゼム」として扱う。当然だろう。
しかし私達、在宅関係者は、一人ひとりの物語がどうだったのか、気になる。

患者さんが万一、不幸な転機をとっても、できれば、「穏便に」済ませたい。
90代である、という1点でそう思うのだが、エイジズムと非難されるだろう。

非常時には、「平穏死」という言葉はタブーとなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


たいへん不謹慎だが、人は死ぬときは死ぬ。

病気、急病、老衰、災害、事故、自殺・・・
その急病の中に「コロナ肺炎」がある。

コロナ肺炎での死亡者が日々報道されるが、
その何十倍もの人が毎日、亡くなっている。

年間130万人亡くなるうちに、コロナ肺炎での死亡者何十人が含まれる。
私はどうしても、残り130万人の死と何十人の死をくらべてしまう。

本当は、比べてはいけないし、比べるべきではない。
しかし仕事柄、ついつい対比して、想像してしまう。

コロナ肺炎で亡くなられた何十人かのうち、
リビングウイル表明者が1人はいるはずだ。

人生の最終段階の医療で人工呼吸器を希望していなかったのに
「助けよう」という想いで挿管され、でも、助からなかった人。

少なくとも90代のコロナ肺炎疑いの扱いは主治医と本人・家族の
話し合い(すなわち人生会議)に任せて欲しいが法律の壁がある。


人生会議と感染症法の狭間で悩む日々。

感染症法は人生会議を許してくれない。

90以上の人には、指定感染症を外すべき。
しかし蔓延防止の観点からは、できない。

わかちゃいるけど、言ってみみたい。

梅村聡議員から電話を頂き、「なにか言いたいことは?」
と聞かれたので思わず、そんなお願いをしてみたのだが。

近く、国会で議論されるだろう。



PS)

5月23、24日の神戸での学会の告知をしたら、
何人かの人から「アホか」みたいに言われた。

私は総責任者として学会を開催し成功させる責任がある。
もちろん、いろんな代替案も考えながらの広報、である。

私利私欲でやっているわけではない!
多くのボランテイアと共にやっている。

私を非国民のように言う人もいるが、かなしい。
「私だって被害者なんだよー」と言ってみたい。

今夜、カミュの「ペスト」を買い読んでいる。

「不条理の哲学」を読んで自分を慰めている。























































  










2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「PCR検査をすればするほど、医療崩壊になる」と言う長尾先生のお話は、始めは理解できませんでしたが、外国のイタリアや韓国がPCR検査を徹底的に実施して医療崩壊している状態がテレビでも認識されるようになってきました。
やはり現場の医療関係者の考えが正しいのだなあと感じている次第です。

Posted by にゃんにゃん at 2020年03月17日 02:18 | 返信

私は高齢者の仲間入りをした時から自然死(孤独死)を目指していたが、新型コロナの騒ぎでそれが不可能になるかも、と不安だった。検査されて陽性と判断されたら病院で死ぬかもしれないからだ。
最近、検査・検査と騒がなくなったから少し安心している。別居している妻に「医療にかからない生活」を実践する旨は伝えてあり、一人暮らしだから今まで通りの「医療にかからない生活」で自然死(孤独死)できるかも。
人間いつか死ぬのだから、新型コロナで死んだらそれが寿命だ。死ぬ心配をしながら生きるより、「何かあったら死ぬだけよ」という気持ちで生きると心が平穏で楽である。

Posted by 古希まえ男性 at 2020年03月17日 08:52 | 返信

入居者を長期に外出禁止、面会謝絶にしたら、免疫力が低下して、別の感染症が増える気がします。
運動不足にもなるので血栓症にもなりやすい、脳梗塞、心筋梗塞、肺梗塞(エコノミークラス)など
下半身の筋肉がおちて、フレイル、サルコペニアになるし、骨折イベントも増えるでしょう。
メラトニンが減って夜間不眠、不穏にもなるので、それを抑えるための神経毒薬が追加されてしまう。
つまり高齢者を幽閉するのは百害あって一利なしですが、そういう数々の医学的デメリットを度外視してでも、一律にすべて例外なく閉じ込めろと命令する。人権無視もはなはだしいのではないかと。
せめてお元気な入居者だけでも外で花見くらいさせてやれないのでしょうか?

Posted by マッドネス at 2020年03月17日 10:42 | 返信

PCR検査には問題があるというコメントもあります。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200228-00165104/
と言う意見もあります。

Posted by にゃんにゃん at 2020年03月18日 11:15 | 返信

某新聞社や某テレビ番組は未だにクルーズ船での感染者を日本国での感染者に加え、感染が拡大しているというミスリードを繰り広げております。

PCR信者はいまだに全数検査とか言っていますが、玉川徹氏は「医療崩壊を起こさないことが一番大事。PCR検査をした方がいいとかしない方がいいとか、そんな話は終わった話。」と論点ずらしをしております。
立憲民主党のレンホウ議員も「PCR検査を多く実施することで、治療法を迅速に確立することができると我々は提案すると青筋を立てて答弁しておりました。

この混乱の真っただ中で、一斉休校の是非などわかるわけもなく、収束してから総括すべきと考えます。
まあ、ほかの国でも一斉休校行っているんですが。疫学的なエビデンス(笑)をこの段階で求めることこそ無理な話ではないでしょうか?
”新型”コロナウイルスなんですから

Posted by 匿名 at 2020年03月18日 05:33 | 返信

にゃんにゃんさん
「現場の医師」として「PCR検査の必要性」を訴えてきたクリニック院長が、厚労省から名指しで批判された途端、クリニックに抗議電話をかけようという呼びかけがあり、医院は診療や業務に支障をきたし、まさに「医療崩壊」になっているそうです
背景に、なにか国策(感染者数を抑えよ)でもあるのでしょうか

Posted by 匿名 at 2020年03月18日 07:29 | 返信

匿名さん
まずそのPCR検査の必要性を説いたクリニックはどちらでしょうか?
情報の真偽がわからないまま、ソースがないまま、印象操作しようっていう無責任野党とそっくりの手口が丸見えですよ?

匿名から匿名への返信 at 2020年03月19日 08:35 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会