このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

気が狂いそうだけど正念場の2週間

2020年04月24日(金)

これから2週間は、当面の正念場だと思う。
小池知事が言うように、stay home GWだ。
正直、気が狂いそうだけど耐えるしかない。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


STAY HOME GW

要介護高齢者やがん治療中の人には
このメッセージは正しい、と思う。

しかし一般の人は、1日30分程度、真昼間に、
太陽を浴びながら、広い場所を歩いて欲しいな。



日本はロックダウンはせずに
8割減で3密を避ける戦略だ。

施策にはお国柄があっていい。

日本は、スエーデン、オランダ、トルコ、に近い。
米国、イギリス、フランス、イタリアとは対照的。

驚くべきことは、ロックダウンしてもしなくても
蔓延と収束曲線は同じである、という指摘である。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカ、イギリス、スウェーデン、イタリア、イスラエル、スイス、
フランス、ドイツ、スペインの新型コロナウイルス感染率を調査した結果、
それら国々の感染者数の推移パターンが全く同一である。

イスラエルのように厳格な隔離政策を実施した国でも、スウェーデン
のように今もパブやカフェが通常営業しているような対策の緩い国でも、同様に
それぞれの発生から6週目に感染がピークに達し、8週目までに急速に鎮静化して
いるという。
Byイスラエル・テルアビブ大学のイツハク・ベン・イスラエル教授
(Professor Yitzhak Ben Israel)

さらには・・・

2013年にノーベル生理学・医学賞を受賞したアメリカ人研究者3名
の研究をベースに解説された「5Gの電磁波が新型コロナウイルスと酷似した
症状を引き起こすメカニズム」についての報告。


190万件を超える新型コロナウイルスの発症事例を分析した結果、
その96%が5G展開地域で発症、4G以下の地域の症例率はわずか4%だと
いう。しかも5G展開地域の死亡率は、そうではない地域の2倍以上とのこと。

---------------

え??
ホンマかいな。

それでも・・・
今は、自粛しかない。


正直、気が苦しそうな1ケ月が過ぎた。


自分は絶対に感染できない。

もし感染すれば100人のスタッフと
何千人の患者さんに、ご迷惑をかける。

それもコロナの患者さんと対峙しながら
自分は、100%、感染してはいけない。

外来も在宅も、日常業務をしながら
コロナ携帯で、コロナにも向き合う。



私にとって感染は少なくとも社会的死、である。
もちろん覚悟を持って、24時間、働いている。

24時間365日は今も不変だし、仕事量は増える。
24時間生活25年目に、こんな試練が待っていた。


まあ、組織のリーダーはみんな同じような心境だろう。

すごいストレスだ。

普段ならストレスを発散する場がある。(秘密)
しかし今は、ほとんど、無い。(微妙な表現だ)

正直、気が狂いそうだ。

なんか分からんが、食べてばかりで、歩いていない。

本に書いたようにはいかない。(スミマセン)

そろそろ、なにかで、発散したい。
しかしGW明けまで我慢しかない。


正直、5月も6月も、覚悟をしている。
正直に言えば今年も来年も諦めている。

今、思うのは、このマイナスの感情をどうすればプラスに転換できるのか。
しかもコロナに絶対に感染ぜすに、無事で、転換をしないといけないのだ。

結構な難問である。

でも、これも人生。

わが人生を振り返ると、いろんな転機があった。

・父の自死
・阪神大震災
・東日本大震災・・・

我が人生で、4番目の試練だと思う。
これが人生最後の試練かもしれない。

しかし長い階段のまだ一段目に過ぎない。

時代の変化を楽しむことができるのは幸せ。

ーーーー

岡江久美子さんの人生を振り返っている。
自分と2つ違いなので、他人事ではない。

もし自分が岡江さんのかかりつけ医だったら・・・
CTでコロナ肺炎を早期発見する意味を再確認した。

自主隔離。


孤独が人を強くさせる。
それを信じて我慢する。

皆さまも、なにかと大変だと思う。
なんとか耐えて、楽しみを見つけて過ごして欲しい。


私はYOU TUBEで毎日発信。
これもストレス発散法です。

長尾和宏コロナチャンネル #005  「宗教と恰好」
https://youtu.be/Vyhme_lVjfA



PS)
毎日2つのクリックを!

私も皆さまもストレス発散してください。























2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

>本に書いたようにはいかない。(スミマセン)
ここが長尾先生のイイところ!正直で可笑しい、クスッと笑ってしまう。
>孤独が人を強くさせる。
>それを信じて我慢する。
孤独が人を強くさせる、は同感です。けれど、長尾先生は孤独ではないです。
>時代の変化を楽しむことができるのは幸せ。
ほんとうに、時代の過渡期に、いきなり出くわしてしまったみたい。
けれど、前を向くしかない! 多くの日本人が前を向いていると思う。
今、皆が同じ方向を向いているということが、貴重な力。
何かが、時代が変化する力が生まれるのかもしれない。
毎日、様々なメッセージをありがとうございます。
拠りどころにさせて頂いて、心を強く持つことができます。
これからも、よろしくお願い申し上げます。

Posted by もも at 2020年04月24日 01:21 | 返信

長尾先生、今日もありがとうございます。
ユーチューブを拝見して先生が『歩いてー』とおっしゃって下さり、今日はサボってしまおうと思っていましたが、歩いていますよー。
近所の庭のハナミズキが咲き初めました。
花を愛でると、一瞬でも気が休まります。
先生も歩いてー。そして、歌ってー。
ゴールデンウィーク、各地の高速道路の渋滞映像がニュースにならない事を願っています。
私は、一回気が狂いましたが(笑)歩いて脳に酸素が行き渡ったか、思考が正気に戻りました。
先生のブログとユーチューブが生薬のかわりになっております。
正念場のゴールデンウィーク。乗り切りたいです。

Posted by 轟 瞳 at 2020年04月24日 02:07 | 返信

STAY HOMEというのはどうなんでしょうか?独居世帯には効果があるかもしれませんが。
「家族全員がどこにも一切外出しない」というほどの強制力がないと効果がない気がします。
家族3~4人のうち1人でも買い物行ったり、仕事に行ったりしていれば、外でウイルスもらってくる。
同居者は同居相手や家族内感染を助長させる。
武漢とイタリア、スペインの場合は、3世代で同居したりして、友人や家族の絆が強く家族間の濃厚接触が仇になって、オーバーシュートに至ったという話があります。
東京や大阪の感染拡大も、家族内感染によって拡大しているのではないかと推定されます。
やはり早期検査をして早期ホテル隔離を徹底する他に方法はない気がします。
「軽症者の自宅待機」という方針で死者が続出しました。
自宅で経過を見るようにと指示した医者には結果責任は問われないのか?気になります。

Posted by マッドネス at 2020年04月24日 10:37 | 返信

宗教のお話に触れて、気持ちがスーッと落ち着いて来ました。
「見えざる敵」はウイルスそのものでなく、自分自身の心なのだと思ってます。
コロナ禍を受容するにはまだ、思考がプラスマイナス行ったり来たり。
これから梅雨や猛暑になって、自粛とか「窓開けて換気」とかシンドイなーと先の心配をする自分に、
だから体力落とさないよう、栄養バランス考えた食事と歩行と睡眠だと言い聞かせてます。

毎日、ブログとYoutubeで先生のメッセージに学ぶことも大事な日課になってます。
コメント欄にこうして書き込ませてもらうことも有難いですし、
他の皆さんのコメントで、色んな考えや発想に触れられて、
自分の考えの偏りに気づいたり、励まされる思いです。

言いたいことを黙っているとストレス溜まりますもんね。
どうぞこれからもブログと動画メッセージをお待ちしています。

Posted by taco at 2020年04月24日 12:29 | 返信

「コロナ動画」で良寛が出てくるとは! 良寛といえば、
「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候、死ぬる時節には死ぬがよく候」ともに、「うらをみせ おもてをみせて ちるもみじ」が好きです。

今朝「野口宇宙飛行士に聞く・外出自粛中の過ごし方」のなかで、
「気持ちが不安定な時も『まずこれをする』というのが決まっているとペースをつかむ上では非常にいい」「自分が今できることに集中することが一番大事で気持ちが楽になる」と言い、宇宙船の中での好きなルーティン・「坐禅」を組んだまま浮遊している姿を見せていました。
そこで、塩湯の鼻うがいを左右やってから外出。公園で棒ストレッチや、徒手の平円スワイショウをやっていたら、ゴーグル・マスクで武装した男性が近づいてきた。80歳だという。「5年前に買った110㎝棒がそのままある」とのこと。老人クラブの元会員だった。
「じゃー、あす一緒にやりましょう」となった。「歩けば棒にあたる」!
テレビで紹介されている「筋肉体操」や「ダンス」は、「年寄りの呼吸に合わない」「マイペースで体をほぐしましょう」となった。

「時代の変化を楽しむ」(長尾語録)。これでいきましょう!

Posted by 鍵山いさお at 2020年04月24日 07:47 | 返信

チャンネル登録しました。
先生のお話、わかりやすくて面白い。何度も声を出して笑いました。
先生のブログを知ったのは逆流性食道炎を患った時。
毎日歩くようになって、本当に元気になりました。
お忙しい中、お体に気をつけて。これからも楽しみにしています。

Posted by 歩美 at 2020年04月24日 11:10 | 返信

「緊急事態宣言」を延長するかどうかを、G.W期間中に決定するのは遅いと騒ぐ人が多い。
しかし、G.W前に延長を決定すれば、それなら期間中にたっぷり出かけようとする人がたくさん出てくるでしょう。
決定のタイミングの選択を政府が意識してやっているかわからないが、やっているとしたらある意味、巧妙なやり方ではないでしょうか。

Posted by ワイドショー大好き主婦 at 2020年04月25日 09:02 | 返信

緊急対談『パンデミックが変える世界』4.7
道傳愛子
「毎朝起きるたびにコロナウイルスの現実を思い知らされますが、どうやって恐怖心を克服していますか?」
ユヴァル・ノア・ハラリ
「方法は2つあります。まず私は毎朝2時間の瞑想を欠かしません。瞑想が向かない人はスポーツもいいですし、オンラインのセラピーもあります。しかし今のような危機では毎日少しでも自分の心をいたわることがとても大切です。そしてもう1つは・・・。」
現代の空海や良寛ならでは。

Posted by 鍵山いさお at 2020年04月26日 12:31 | 返信

上記番組は4.25ETVで午後11時から12時まで再放送されたもの。
この放送に引き続き、午前0.00から『バリバラ桜を見る会(バリアフリーと多様性の宴)第一部』再放送があるはずだったが、急きょ取りやめ番組差替えとなった。第二部は4.30午後8.00放送予定だが、取りやめ必至になりそうだ。
クロ現「郵政かんぽ後編」中止事件の再来になるのだろうか。
コロナ緊急事態下の「NHK介入」事件になるのだろうか。

政府と国民の間に「信頼関係」がないことが、現下の根本問題と思うが、
「一斉休校」が99ハ%実施できたことは「日本の政治文化・翼賛」であり、「安倍首相のもとに団結しよう」とのたまう人もいる(佐藤優)。
「PCR検査」問題に端的に表れたように、「習近平招待」「東京オリンピック」のため感染者数を少なく見せようとしたのではないかというのが、庶民の憶測だ。
「戦略なきその場しのぎ」と「指示待ちの思考停止」が補い合っているなかで、首を切られ廃業に追い込まれる者の「いのち」は顧みられない。
医療従事者や感染者への差別が、列島のあちこちで噴出している。
「『不安』を『恐怖』に変えれば、恐怖の原因を排除できる。そうすることで『安心』を求める。」(太刀川弘和)
「コロナウイルスは世界を根底から変える。人類を分断し隔離するこのウイルスに立ち向かうには、協力と連帯しかない。」(ハラリ)

Posted by 鍵山いさお at 2020年04月26日 02:52 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会