このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

陽性看護師が陽性患者を看護 何が悪い?

2020年04月26日(日)

東京人は、「さすが関西やなあ」と思われただろう。
私も驚いたが、その看護師さんを責めないで欲しい。
どうしてそんな事態になるのかを、想像して欲しい。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

きっと
・手が足りなくて
・上司からの指示、だったはず。

すごく追い込まれていたのだろう。

看護師たち(何人かいたようだ)が悪いわけではない。
彼女たちも誰かにもらっただけ。でも働いていた。


誰が指示したのかはまったく知らないが、管理者は
「どうせ陽性なら陽性患者を看てもいい」と判断したのか。

もちろん感染症法でも、保健所的にも
これは「いけないこと」、である。

しかし、もう少し考えてみたい。



というのは、軽症の陽性者は4人部屋で寝ているだけだ。
退院前日に、生きがいい新たな感染者が隣に入ってくる。

「おいおい、せっかく治ってきたのに、うつすなよ」
 と思うらしい。(実際に入院していた人の話です)

その気持ちはよく分かる。

医療の常識では「陽性者から陽性者にはうつらない」
だが、私は本当にそうなのかなあ、と思ってしまう。

A型インフルの患者さんの横に、B型インフルの患者さんを
置いた場合、お互いにうつしあうのかは、よく分からない。


コロナも最低3種類あるが、コロナAとコロナBが
濃厚接触したら、お互いにうつるのかどうか、だ。

たぶん、大丈夫だから、四人部屋でもいいことになっている。


いずれにせよ陽性者が四人部屋に入るのは現実だ。
そこに元気な陽性看護師が混じって看護をしたら。

「アンタは陽性やけど若いから元気やろ。
 だったら同じ部屋の3人の陽性患者の看護しとき!」と。



陽性看護師が、陽性患者を看護して
陰性看護師が、陰性患者を看護する。



実は、これは「ケシカラン」というよりも
「近未来」かもしれないと受け止めるべき。


事実、その病院では、陽性看護師ばかりになり、
陰性看護師がこ少ししかいなくなった、という。


1年後、医療関係者は全員「免疫手帳(通称コロナ手帳)が必携となる。


免疫を持つ看護師は、引っ張りだこになる。
免疫を持つ医師も、「高級優遇」となる。

一方、免疫を持たない看護師は、感染する可能性がある。
だから免疫を持つ患者さんの看護しかできなくなるのだ。



同時に、免疫を持たない医師は開業ができなくなる。(私見)
何度ワクチンを打っても免疫ができない、と悩む医師も出る。

このように考えると、大阪のリハビリ病院の報道は、
実は奥が深いことに気が付くはず、だけど。


一方、大阪の第二警察病院では複数の看護師さんが
「陽性病棟」と「陰性病棟」を掛け持ちで看ていた。

こっちのほうがずっと問題やろう。
しかしメデイアの報道は、小さい。

結局、陽性者数の差である。

リハビリ病院=約130人の陽性者が出た
第二警察病院=21人の陽性者が出た→こちら
この差、なんや。

しかし3年後には、評価が変わるかもね。

リハビリ病院=早期に130人もの自然免疫を獲得させた。結果オーライ。
第二警察病院=21人にしか獲得できず、中途半端で混乱のほうが大きかった。・・・



メデイアは今は、「陽性=悪」としか思っていない。

でも1年後には、「陰性=悪」に変わることも知らない。

かかろうと思ってかかる人は、今は一人もいない。

しかし3年後には、かかろうと思う人が確実出る。(ワクチン)



ワイドショーは、実にええ加減なもんだ。

煽ってなナンボ、視聴率だけの無責任な世界。

無知なコメンテーターは、思い付きで好きなことを言ってればいい。

そんなマスコミが医療従事者を追い込んでいる、ことを報じないと。

看護師さんの離職者やPTSDが沢山出てくることは間違いない。


メデイアが医療と介護を破壊している。




IMG_4088.jpg



IMG_4087.jpg

本質は、医療崩壊している中で、必死で闘っている人がいること。

もちろん逃げた人も沢山いる。その人も責められないが。


防具も持たさずに闘いを強いている政治が「ケシカラン」のだ。

これがあと2ケ月続いたら、みんな逃げるだろう。
あるいは、長期ストライキに入るはずだ。

困るのは誰か。

本質を見失ってはいけない。

PS)

長尾和宏コロナチャンネル #007 コロナで死なないためには
https://youtu.be/1q-RGAxCDVg
 

2つのクリックをよろしくね!









2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾和宏コロナチャンネル #007 コロナで死なないためには
https://youtu.be/1q-RGAxCDVg
SPO2 酸素飽和度のお話。
すごくよくわかりました。
わたし、お一人様なのでパルスオキシメーターを買おうかな、と思っています。
でも、酸素飽和度が92%を切るのが続いたとして、
近隣には、長尾先生みたいに適切な対応ができる医者はいない、ような・・・
やはりお国が決めた手順通りにやれ!!と言われ、 まずは繋がらない電話をして・・・という反応しかできない医者ばかり。
しょうがないですよね。長尾先生は一人しかいないのだから。

Posted by 匿名 at 2020年04月26日 01:59 | 返信

陽性の看護師が陽性の患者をみて何が悪いのかよく分かりません。
法的にあってはならんと言ってるから、ダメなんだ、と言うことは分かります。
しかしながら、これほど理に適ったことはないように思いますが。

Posted by 匿名 at 2020年04月27日 01:17 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会