このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

開業医はなぜPCR検査をしないのか

2020年05月20日(水)

「開業医はなぜPCR検査をしないのか」
毎日、市民から聞かれる質問、である。
市民からのそもそもの疑問に答えたい。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

まず、基本的なこととして
1)開業医は、PCR検査はしたくてもできない。
  すなわち、禁じられている。(法律で)


2)検査は、保健所か感染症指定病院に限られている。
  すべての検査情報は保健所が一括管理している。

  PCR検査センターは保健所が医師会に委託しているだけ。
 開業医が自分のクリニックで検査することは、できない。



では次に、「開業医で検査してもいいよ」となったら、するのか?

おそらく、9割以上の開業医は「しない」、と思う。


なぜか。


3) 鼻の奥をクチャクチャする時は、防具の着用が必要だ。
   しかし防具がない。(完全なPPEは難しいし高価だ)

   完全防具無しで、院内感染を起こしたら事件として
   新聞やテレビで報じられて、営業停止になる。


では、防具をあげるからやてくれますか?と聞かれたら。


それでも9割以上の開業医は、「しない」、と思う。


なぜか。

4)万一、PCR陽性者が出たら、保健所がすっ飛んできて
  院内クラスターを防止すべく、濃厚接触者を調べだす。

  スタッフだけでなくその時にいた患者さんの行動歴も
  詳しく調べられるなど、大騒ぎになる。(たぶん)


5)万一、発熱者が出れば、2週間の営業停止になる。
  万一、院内感染が起きれば一発、営業停止になる。

  スタッフや患者さんから訴えられるかもしれないし。
  なによりも大勢の患者や家族に多大な迷惑をかけてしまう。

  つまり、コロナが指定感染症である限り、保健所(行政)の
  支配下におかれていて、開業医の役割はなにもないのだ。

  それなのに、保健所は「まずはかかりつけ医」しか言わない。
  こんなおかしな制度の中で手遅れになり、何人も死んでいる。



6)そして、「出たー!」という評判はまたたく間に街中に広がって
  風評被害だけでなく、職員や患者さんが、差別や偏見に晒される。


7) 5)と6))の結果、早晩、廃業に追い込まれる可能性がある。



つまり、善意で一例でもPCR検査をすれば、それだけで廃業になるかもしれない。

クリニックから見れば、PCR検査で自分自身が「即死」する可能性を秘めている。

そんな危険なロシアンルーレットに参加する開業医はまずいないだろう。


だから「しない」のではなく、「やりたくてもできない」が正しい表現、となる。



そもそも1)~7)は、すべて、コロナが感染症法2類に指定されているからである。

もしもコロナが、インフルと同様に5類に格下げされたら、1)~7)は”氷解”する。


インフルの簡易キット検査を行っているクリニックはすべてPCR検査をするだろう。

”氷解””させることができる人は政治家だけであるが、こんな現場の情報が届かない。

もし届いても、理解ができないか。



一方、テレビは、PCR議論をまだやっている。
「なぜPCRが増えないのか」
「開業医でできないのか」・・・

だからできないの。
そうなっているの。


現場を全く知らない専門家が、勝手な持論を戦わせている。
アホじゃないか。

多くの市民が観て誤解するだけなので、やめたほうがいい。


その前に、1)~7)を知っているのかな?

それでも、エライ人は必ずこう言うはずだ。

「そんなはずはない、と思うよ」と。

「ない」とか「思う」ではない、
「ある」し「そうなのだ」って。


それが感染症法2類の負の側面、である。

もはや負の側面の方が大きくなっている。


5類に格下げしても、届け出義務を課したり、
サーベイランスで感染拡大状況を把握できる。



たったこれだけのことを、誰もテレビで言わないのが不思議だ。


PCR検査をする・しないとか、増えない・増やそう、という前に
この「感染症法2類」を外すほうが優先する、と確信している。



だって、もう市中感染だもん。(アタックナンバーワンの口調で)

今がその時期だ。
第二波への備え。


私は感染症法5類になれば、自院でPCR検査をインフルと同様にやる。

たった、それだけ。
いたって単純な話。


恋のから騒ぎではないが、
PCRのから騒ぎ。
コロナのから騒ぎ。



戦略を変えれば、コロナは死なない病気にできる。

PS)

コロナチャンネル#031

予防効果はアリ? ナシ?  BCGって何?  
https://youtu.be/bZ012k_yReU




***************************************************************************
新型コロナと開業医とPCR検査 ~開業医の声は何故届かないのか~
 
つくば市 坂根Mクリニック
坂根みち子
 
2020年5月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp
---------------------------------------------------------------------
緊急事態宣言の解除が始まりました。
今回の緊急事態宣言の最も大きな理由は医療体制整備のための時間稼ぎでした。PCR等の検査の体制を整え、コロナの感染者がでた場合に仕分けをして隔離(軽症→自宅待機や施設、中等症→地域の病院、重症→ICU・人工呼吸器管理)、感染防護具の流通体制を整え、医療機関や介護施設で働くスタッフを守り、オーバシュートしない医療体制を整備するための時間です。
このウイルスは厄介です。この先制限を解除すれば、第2波、第3波と何度か流行を繰り返すでしょう。100年前のスペイン・インフルエンザのパンデミックでは、終息までに2年かかりました。今回も私たちはウイルスとの付き合いが長くなることを覚悟し、感染を広げないポイントを抑えつつ、生きていかなければなりません。
 
さて、何とか医療崩壊を踏みとどまった形の第1波でしたが、この3ヶ月で次に備えた医療体制の整備は整ったのでしょうか?
今回は、重症者を扱う病院勤務医ではなく、開業医の立場から検証してみます。
まず、PCR検査は保健所を通すというスキームが問題でした。臨床医が判断したものをもう一度保健所にお伺いを立てなければならない、その交渉にかかる労力は、医療機関・保健所双方にとって不毛でした。また、許可が降りても自院でPCR検査することのリスクの高さから、軽症だけど検査した方が良いと思われる事例でも、医師側も検査を依頼しなくなりました。当院事例では、保健所から依頼された患者を診察してコロナを疑ったにも関わらず、なかなか検査してもらえず、1人の対応に2時間かかったこともあります。
その後東京都では、PCRセンターが設置され、保健所経由以外で検査できる道筋ができました。PCR検査を院内で施行できる医療機関も増え、保健所経由でも以前より、スムーズになっています。現在、医師の判断でPCR検査をさせて欲しいという徳田安春先生のChange.orgの賛同者は7万人を超え、民間の検査会社や学術機関等での検査体制がどんどん拡充し、現場の医師が検査をオーダーすることが可能になりました、と総括していましたが、当地を初めとして、保健所経由のスキームのみのところがまだまだたくさんあります。
 
例えば、つくばは茨城で一番感染者の多いところです(といっても5/16までに27人)。東京に通勤している人が多く、この先往来が再開されれば、第2波が始まります。茨城にまだPCRセンターはありません。茨城の中では、ドライブスルー型のPCR検査場を置くならつくばでした。
残念ながら、県内に唯一設置されたドライブスルー型のPCR検査は水戸(茨城ではなんといっても今だ「水戸」のご意向が強いのです)。しかも対象は県中央保健所の「帰国者・接触者相談センター」に相談があった人のうち、感染疑いがあるとして医師が必要と認めた人、ということで、ここでも保健所経由のルートとなってしまいました。現在、保健所に業務が集中し、そこが目詰まりを起こしているのは周知の事実であり、保健所はクラスター追跡とデータの収集管理業務等に特化したほうがいいのは明らかです。でもなぜかそうはならない。これではこの先患者が増えた時にまた同じことが起きます。患者や医療機関からの相談の電話はつながらなくなり、クレームも増え、私たちの検査要請を受け入れてくれる医療機関を探して保健所職員が電話をかけ続け、陽性者の隔離や送迎で、毎日残業が続き疲弊していきます。
 
PCR検査は試薬や人手不足で増やせないと言うことですが、他国と比べて見たときに、それをいつまで出来ない理由にするのか、納得出来る根拠が全く示されません。PCR検査にはスキルがいるとのことですが、全自動型のPCR検査機器も何故日本国内ではなかなか導入されないのか?症状のない人には検査出来ないと言いながら、なぜ空港では症状のない人も含めて全員PCR検査しているのか?コロナから退院するときに、未だにPCR検査が陰性になるまで検査し続けるのは何故なのか。それは市中感染の広がりを懸念して私たち臨床医が要求するPCR検査より優先されるべきものなのでしょうか?
 
感染リスクの低い唾液からの検体採取はPCRの検体としては元々認められていたものですが何故なかなか保険適応にならず、医療者は感染のリスクの高い鼻咽頭からの検体採取をし続けています。また採取した検体は、不活化液を使えば、輸送のリスクも検査に関わる方々の感染リスクもなくなりますが、何故か感染性があるままの検体を搬送しなければなりません。 唾液検体採取と不活化液を使えば、圧倒的に不足している感染防護服はほぼ不要になる可能性があるというのに。
PCR検査以外に抗原検査も始まりましたが、鼻腔からの検査という意味では医療者の感染リスクは減りません。現場から上がる様々な工夫を求める声に臨機応変に対応できないのです。
 
コロナで最も多い軽症者への対応をするのは開業医です。地域への流行を最初に感知するのも通常なら開業医です。今回、PCR検査は肺炎を起こしたような重症者優先としたために、開業医が診る「風邪症状の患者」の検査がブロックされました。クラスター対策が優先され、私たちは蚊帳の外に置かれました。そして、多くの医師たちもそれを良しとしました。確かに当初は仕方のないことだったのかもしれません。でも100歩譲ってもそれが許されたのは当初のみだったと思います。
結局私たち開業医は、いつまでたっても検査体制が整わないことの尻拭いをさせられ続けました。風邪症状の患者さんへ、ひたすら自宅待機を促すことになったのです。その中に本当の陽性者がどのくらいいたいのかもわかりません。コロナかもしれないと自宅待機を促された患者さんの不安は強く、急変して亡くなった志村けんさんの報道があってからは、本人の急変への恐怖、家族への感染の不安がますます高まりました。例えば70歳の男性患者さんの場合、37度前後の微熱と倦怠感が1ヶ月続き、受診早期より酸素飽和度を調べるパルスオキシメーターも貸し出しましたが、結局1ヶ月の間に電話受診も含め5回受診、スタッフの電話での対応はその何倍かになりました。その都度、このくらいの症状ではPCR検査はできないのだろうけど、という言葉と対峙することになったわけです。
筆者のクリニックでは、基本感染症が疑われる患者さんは、初診オンライン診療としましたが、なかには診察せざるを得ない患者さんもいます。体制が整わない中での診察は、自分自身、喉が痛かったり咳が出そうになったりするたびに、自身が感染しているのではないかという恐怖と戦わなければなりませんでした。毎朝の体温計測が不安でした。微熱であっても休診にせざるを得ません。一人でやっている開業医にとってはこれはかなりストレスフルなことです。何年も風邪ひとつ引いたことがない私でさえこれでしたので、勤務医より平均年齢10歳上で、生活習慣病の持病を抱えている方も多い年配の開業医ドクターはどれほど不安かと思います。何しろ、未知のウイルスに対しては私たちも情報がなく、市中への広がりの程度を知ることもできず、地域の感染者の臨床経過は「個人情報保護のため」に私たち医療者にも公開されないのです。
さらに、スタッフへの感染リスクも心配のタネでした。当院のスタッフが4日続く発熱で保健所に相談した時でさえPCR検査は認められませんでした。医療者やスタッフへの感染は、通常の場合と違って早期に検査する必要がありますが、一般人と同じ基準で判断されたのです。保健所のスタッフは臨床医ではありません。国が決めた一律の基準に従い臨機応変に対応することはできませんでした。
クラスター対策では症状のない濃厚接触者が検査を受けていました。空港では水際対策で帰国者が全員PCR検査を受けています。一方、コロナと区別がつかない風邪症状のある軽症患者を診なければならない診療所では、スタッフの検査も軽症者の検査も認めてもらえない時期が続きました。結局、筆者のクリニックでは自衛のために、不活化液を使っているために郵送できる民間業者のPCR検査キットを自分やスタッフのために準備することにしました。
 
今回の大きな問題点の一つは、管理する側が公衆衛生的視点を重要視するあまり、軽症患者さんへの共感力があまりに欠如していたということです。医療の原点は「手当て」だというのに、入院加療が必要なレベルの患者さん以外は、本人の不安がどうであれ「患者」として扱われなかったのです。軽症者は自宅待機や宿泊施設でどうせ治療法がないのだから、じっとしていれば良いだけだ、と思っている医師があまりに多かったことに愕然としました。
新型コロナの感染症は圧倒的に軽症者が多く、そこへの対応が感染を広めず、結果として重症者の発生を抑制することにつながります。また国民の不安を和らげることもドクターショッピングを減らし、落ち着いて療養に専念してもらうことにつながります。残念ながら、コロナの最前線である開業医による検査には高いハードルが設けられました。私たちの判断は尊重されず、行政の管理下に置かれ、全くリスペクトが感じられませんでした。公衆衛生的視点が優先され、個々の患者の「手当て」は蔑ろにされました。私たちには、必要な人に躊躇なくPCR検査ができる体制が必要でした。
 
感染防止対策についても、感染防護具の不足は各医療機関の自助努力に託され、消毒用エタノールの供給は、指定医療機関やコロナを診ている病院が優先で、コロナの最前線である診療所は対象外でした。感染対策費用は高騰し、外来数は多くの診療所で激減し(1)、経営を直撃しています。それに対して地域の医師会からの自律した動きも弱く、コロナの前線として扱われていないことへの抗議もなく、行政の指示待ち姿勢でした。行政は、このような状況下の診察で自ら感染した医師に対して、群馬県の知事のように「あってはならないこと」と言って名前を公表するところまで出現し、各地の開業医は後ろから撃たれるようなことまで起きました。
 
この先続く第2波、第3波に備え、これらの問題点を検証し改善する必要があります。
まずは、医療機関からの検査は、保健所経由でない体制を作ることです。
さらに
・自宅療養アプリを導入し、かかりつけ医が負担なく経過観察できるようにすること。
(すでにこれに近いものを作っている会社もあります。行政はもっと民間力を活用をお願いします)
・自宅療養を指示した人に自宅療養セット(食べ物・体温計・感染対策グッズ等)が届くようにすること。
・ほぼ全ての医療機関が経営上の危機に直面していることに対する対策を早急に取ること。
これらは、現場からずっと上がっている声ですがまだ実現しておりません。開業医が心置きなく診療に専念できる体制を作れば、軽症から重傷までもっと効率よく新型コロナの患者さんを診ることができます。
 
もう一つ、大事なことがあります。この冬に備えて、国は十分な数のインフルエンザの予防接種を準備しているのでしょうか。毎年秋に繰り広げられる予防接種の争奪戦が今年は激しくなることが予想されます。インフルエンザと新型コロナの流行が重なった場合、国民ができる最大の準備はインフルエンザの予防接種をしておくことです。もしすでに足りないことが確定しているのなら、初回以外の子供の接種も他の国と同じく1回とすべきし、なるべく多くの人に予防接種が行き渡るようにすべきです。
また、インフルエンザの迅速検査キットを製造している業者は、鼻腔からではない検査キットの開発をお願いします。コロナの流行が収まらない限り、今シーズンと同様に、開業医が通常の診療でインフルエンザの迅速検査キットを使うことはほぼなくなります。インフルエンザの流行を見極め、診断をつけて、抗ウイルス薬を処方するという一連の流れが大きく変わります。
 
最後に国はもっと正確なデータの収集に力を入れ、情報を公開してください。現場の医療者にとってコロナの患者の臨床症状を知ることは、診断をつける上で必須の情報です。また、地域のどこの医療機関にどれだけのベッドがあり、何床空いているのか、検査はどこでどのようにやっているのか、そんな当たり前の医療情報でさえ、私たちはアクセスすることが出来ないのです。情報の正確性と透明性は、患者さんの命に直結します。その大切さをこの国の管理者の方々はもっと認識すべきです。
 
1)外来患者数83.4%が「減少」、COVID-19影響で◆Vol.1
https://www.m3.com/news/iryoishin/755835
 










2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

開業医であれば、医師会のPCRセンターへの依頼も、5)、6)のことを考えるとリスクが高くないですか?

Posted by た~ at 2020年05月20日 08:17 | 返信

PCR検査のハードルが高かったがゆえに、感染拡大を抑制できたという見方もありますね。
欧州最初にアウトブレイクしたイタリアでは開業医がPCR検査数多くやったが故に多くの殉職者が出たという話もあります。
それを知ってか、休業・入院・死亡補償がないととても検査できないという開業医も多いですね。
東京都医師会でもPCRセンターを部分的に立ち上げましたが、結局23区で足並みは揃わなかった。
人口比感染者率最高レベルの港区をはじめ多くの区ではセンターはできなかった。
周囲からの反対で場所が決まらない、防護服が足りない、開業医の協力者が少ない、などなど?
PCRセンターとて、保健所からの委託事業ですので。
そもそも検査の可否のジャッジをするのが保健所であり、診察した医者ではない。
診察した医者が依頼しても殆ど保健所に断られる→だったら診察する意味がない→発熱患者お断り
唾液検査が認可されれば、この問題は解決するのでしょうか?おそらくしないでしょう。
「保健所にお伺いをたてなければPCR検査ができない」というシステムをやめない限り
マスゴミがいくら騒ごうがわめこうが、PCR検査件数は永遠に増えないでしょうね。
おそらく専門家・感染症学会は、開業医に検査権限を与えて、いたずらに検査が増えるのは都合が悪い
と考えていて、恐らくマスゴミはそれを承知で騒いでいるのではないか?と推察します。
開業医(町医者)が市民に信頼されなくなるほうが彼等にとっては都合がよいのではないでしょうか?
町医者は様々な意味で存在意義が揺るがされている状況で、厚労省にとってはこれも好都合か?

Posted by マッドネス at 2020年05月21日 09:42 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会