このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ステイホーム症候群

2020年05月21日(木)

コロナは、かなり収まってきて、一安心だ。
一方ステイホームによる生活習慣病の悪化、
メンタル不調、認知症の悪化の患者が多い。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

1ケ月以上、真面目にステイホームしていたらどうなるか。

驚くくらい衰弱する。

・体重の増加
・糖尿病の悪化
・血圧の上昇
・筋肉の萎縮
・転倒、骨折
・認知機能の悪化
・周辺症状の増悪
・不眠
・昼夜逆転
・うつ・「コロナかも」というとらわれ
・過換気症候群
・不整脈
・帯状疱疹
・微熱の持続
・脳梗塞・・・

これらを、「ステーホーム症候群」と勝手に呼んでいる。
毎日、患者さんに「歩け、歩け」と何十回も叫んでいる。


コロナ感染よりも「ステイホーム症候群」のほうが数百倍多い。
なかには、「ステイホーム症候群」の方で命を落とす人がいる。

なんだかなあ。

もし次があれば、「ステイホーム」ではなく
「ステイホームタウン」と言い直して欲しい。


認知機能が急激に悪化するので
デイやショートは休まないでね。


全員、確実に、太る。
するとすべてが悪化。

ストレスによる交感神経の持続興奮は本当に怖い。

ステイホームは万病の元だ。

失われた時間を取り戻そう。

関西は緊急事態宣言が解除が決定した。

どんどん、堂々とウオーキングしよう。



PS)

コロナチャンネル#032_

免疫力を強くできるってウソ? ホント?
https://youtu.be/Ajz_umXL_tY







2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

精神的ステイホーム症候群が、面白い局面を生み出した気がする。
「#検察庁法改正案に抗議します」が拡散されたのは、背景にコロナ禍での日本社会の混乱があるから、という。ここに来て、事態が動き始めた。渦中のK氏が、国の緊急事態宣言発動中にも拘わらず、
わざわざ違法な遊びのために出掛けていたのは、「依存症」では? と評した方がある。
いずれにしても、皆が家でじっとしてみたら、若い世代が政治に関心を持ち運動が起こった。
政治家が、"お抱え"しようとしていた司法の人は、自爆した。
普段、国民は皆忙しく、疲れていて、身の回りの日常を過ごすことで精一杯だったが、生活・健康は
政治によって左右される、と目の当たりにした。そして、何かしらを考えた。
長尾先生が仰っていた「アドラー心理」「何か意味がある」が、まさに今、現実的に現れた。
まだ終わってはいない。今まさに始まりの時。コロナ渦によって、これから全てが変わり始める。
サン○オ・Pランドの敏腕社長が、穏やかな美しい笑顔で仰っていた。
国民全てが、滅多にない出来事に遭遇したが、「しっかりと見届けなければいけない。誰が何をしたか。
世界がどうだったのか。きちんと目撃するべき。」「全ての人の頭上に虹が掛かる日を待つために」と
素敵なお話だった。
寄付・奉仕をする高校生の活躍や、政治に声を挙げる若い世代の台頭は頼もしい。

Posted by もも at 2020年05月21日 11:33 | 返信

長尾先生の「ステイホーム症候群」のなかに「脳梗塞」がある。ドキ!
私事ですが、脳梗塞発症後2年になる。脳血管内科で血液検査の説明を受けた。
発症2年前の血液検査とまったく変わらない。全項目が枠内に収まっている。
なぜ発症したのか。なぜ血栓が生じ脳梗塞となったのか。分からない。

が、新型コロナが感染すると、全身の血管を通じて「血栓症」となり臓器不全をおこし、青年でも数日で重症化し死亡する例が伝えられている。
血液検査の優良児が安心というわけではないのだ。
「ステイホームは万病の元だ。」しかり!
「堂々とウオーキングしよう。」しかり!
老いたる者よ。外に出でて「大気」と交感・交流しよう!
「マスク」はポケットに仕舞っておこう。
高温多湿の「呼気」は口元にとどまり、高温化された薄い「吸気」とともに逆流する。
体内温度は上昇し体内水分は蒸発する。おまけに「低酸素症」状態だ。
「マスク」をつけて「歩く」ことは、水欠・酸欠、熱中症へまっしぐら。
「マスク」をつけて「走る」ことは、頓死への近道だ。

脳梗塞のリハビリで分かったことがある。
左右の脚の長さは同じでない。足の長さ、幅、甲高も左右で同じでない。
ズックは棄てて、素足でぞうりを履こう! 左右履き替えOKだ。
ひざ裏をしっかり伸ばして歩けば、躓かない!
ご同輩、外に出よう!

Posted by 鍵山いさお at 2020年05月21日 11:56 | 返信

「ステイホーム症候群」このテーマで一冊本が書けそうですね。確実に売れると思います。
欧米でもコロナの惨状が報道されて、日本でもオーバーシュートが懸念されたので、人との接触をさける目的での、全国民ステイホーム指示となったと思います。しかし1か月でも十分長いが、2か月にわたるステイホームだと、誰でも頭がおかしくなるのは当然でしょうね。
血流が滞留しますので、血栓症・塞栓症が増えます。中でも怖いのは下肢静脈血栓~肺塞栓ですね。
ステイホームというのは引きこもりと同じで、かなりのストレス、確実にメンタルがやられます。
ステイホームに伴う多大なるデメリット/負の側面に関して、専門家会議・大臣・知事などから、何か一言でもコメントあったでしょうか?全然ありませんね。とても無責任で偏狭だと思います。
専門家会議には精神科医も入れるべきです。

Posted by マッドネス at 2020年05月22日 12:09 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会