このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

今、認知症の人が大腿骨頚部骨折をしたら大変なことに

2020年09月11日(金)

今、歩けている認知症の人が転倒して

大腿骨頚部骨折をしたら大変な事態に。

コロナでエライ目に遭ってしまいます。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

コロナ禍とは無関係に看取りが続いている。

老衰

肺炎

がん・・・

今年、当院でコロナで死んだ人はゼロ。

コロナ以外で死んだ人は100人以上。

なのに、コロナに脅え続ける高齢者。

怖いのはコロナではなく、転倒・骨折だ。

大腿骨頚部骨折なら、入院・手術になる。

しかし、その前にいくつものハードルがある。

これはコロナ禍によるものだが、厳しい道だ。

まず入院前にPCR検査が必須だ。

骨折により数時間後には必ず発熱する。

PCRの結果が判明するまでは面会謝絶で隔離となる。

それだけでも、認知症の人は暴れだして、大騒ぎに。

しかし家族もつけないし

看護師もずっといない。

必然的に抑制か鎮静になる。

家族は変わり果てた姿を見ることすらできない。

手術までに最大2週間程度待つことに。

混んでいるのと医者の夏休みと重なる。

その間、付き添いも面会も禁止されている。

手術までに死なないことが最大の難関だ。

だから今、認知症の人は転ばないでね。

今夕は関本剛先生が当院に来て

コロナチャンネルの収録をする。

PS)

コロナチャンネル #145

コロナを重症化させる悪玉ホルモン、PAI-1(パイワン)とは? →こちら

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

大たい骨骨折された方3か月の入院、、退院時には左右の足のひねりが違っていたそうな。主治医は大変きをつけて注意をしてくださったそうです。整形は難しいですよね。

Posted by ぶんぶん at 2020年09月11日 05:26 | 返信

その大腿骨頚部骨折で義母が入院しました。
大変だったのは、その夜からせん妄を発症したこと。

病院の精神科医がリスペリドンを出したけど、効果なし。

せん妄には少量のリバスチグミンと分かっていたので、頼み込んで処方してもらって、せん妄は一発解消。

しかし、納得できない医師と病棟看護師の反発で、家族が貼り付け管理することに。片道約1時間かけて、毎日リバスチグミンを貼り付けに行くことになりました。

母は神経原線維変化型老年期認知症。そこにせん妄が加わっただけのこと。

もし。今のコロナ感染対策で面会できない状況であったら、有効な治療は望めず、「ニンチが進んだ!」として悲惨な結末になっていたかも知れないです。

あれから2年余り経過。義母は元気に毎日庭の草取りしております☺️✌️

Posted by Yoshiki at 2020年09月12日 09:16 | 返信

私の母の教会で知り合った友達(当時70歳代後半)が、ご夫君が亡くなってから、ぼーっとして一人でマンションに住んで居ました。教会関係の人達が、「なんかぼーっとしていて、痴ほう症にならないか?」と心配しました。本人が嫌がるのに、老人医療で安くしてもらって、おいしゃさんに「あなたが老人医療に認定されたの?!」と言われて顔から火が出たと言っていました。教会関係者がショートステイで老人ホームに一日入れて、本人も喜んでいたので、お正月を挟んで10日間老人ホームで泊まった。1月4日に介護士がマンションの5階に彼女を連れて帰った。あくる日別のヘルパーがベルを押しても出てこないで騒ぎになって、消防署のレスキュー隊がガラスを割って入ったら、ベッドの傍で倒れていた。
教会の中に開業医の妻がいて、教会の人達が何かとその医師夫人を頼った。その医師夫人の命令で運び込まれた救急病院に留め置かれた。三田市の老人ホームに入る事が決まった。その時、ヘルパーさんの一人がヘップと言うかつっかけ靴を持ってきた。それを履いて歩いたので、病院の部屋の中で転んだ。本人も周囲もなんともないとおもっていたのに婦長さんが股関節のテストをして「骨折してる」という事になって、三田市の老人ホームが断ってきた。亡くなった夫君の姪御さんが引き取るといってきて、西陣病院で股関節の手術をしたが、元々正常圧水頭症と思われるフラフラしているので、立位で歩けなかった。京都の老人ホームに入ろうとしたが、京都は99%在宅介護を奨励しているので、入れなかった。結局長年暮らした宝塚の民間の特養で入って、数年後に亡くなりました。
独居老人の介護は、周囲が善意で介護しても、なかなか厳しい状況だなあと感じました。
所では無しは変わりますが、髪の毛は、石鹸でシャンプーして、黒酢をお湯で割って漱いだら、髪の毛が多く生えるとおもうのですけど。あんまりポマードとか油の多い整髪料を付けると皮膚呼吸が出来なくて、薄くなるのではないかと思います。デビ婦人の広告してる「柑喜楼」は酸性だから効くのかもしれません。これは私の独断と偏見で書いています。

Posted by にゃんにゃん at 2020年09月13日 11:36 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会