このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

第45回湯布院映画祭に登壇

2020年11月15日(日)

第45回湯布院映画祭、に来ている。

「痛くない死に方」の国内初上映。

が終わった後シンポジウムに登壇。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

湯布院映画祭は、日本最古の映画祭として

映画ファンにとっては知らない人はいない。→こちら

湯布院は快晴で、紅葉越しに見る由布岳と

夕方の情景はとても言葉では言い表せない。

初日のトリとして、「痛くない死に方」が上映された。

先週、大規模なプレスリリースがあったばかりの作品。

この映画のテーマは、尊厳死、在宅医療だ。

原作じゃ「痛い在宅医」と「痛くない死に方」。

僕はDVDで何度か見ているけど映画祭で観て

感激して、ふと涙がこぼれたことに驚いた。

自分の日常、信念、ライフワークが全て描かれている。

自分の原作を大物俳優たちが演じているって、凄ーい。

この映画祭は終了後に1時間15分のシンポジウムがある。

トークショーではなく観た人が本音で感想をぶつける場。

全国から我こそはという映画ファンが終結するお祭りだ。

こき下ろされる作品もあるので監督や俳優は怖いらしい。

高橋伴明監督、奥田瑛二さん、柄本佑さんと一緒に登壇した。

絶賛の嵐を頂き、伴明作品で一番いい、という意見で一致。

打ち上げでは、柄本明さんといろんな話をさせて頂いた。

テレビや映画でしか見たことない人とサシでお話しした。

大女優安藤サクラさんが、ケーキを配ってくれた。

お母さまの安藤和津さんとお会いするのは二度目。

地元湯布院の実行委委員の人たちとの触れ合いもあり、

夢見ごこちの中、夜は更けて、幻想的な霧に包まれた。

湯布院は、Go to のために若者たちで満杯だった。

宿は100%満席で小さな自宅のような安宿だけ。

しかし、妙に落ち着く部屋だった。

かけ流しの小さな温泉も良かった。

ああ、無理をしてでもここに来て良かった・・・

今、朝日を浴びながらこのブログを書いている。

公開日は、2月20日(土)銀座シネスイッチで決定。

関西はその2週間後から順次公開される予定だそう。

重いテーマではあるけども、自分の原作が多くの人の

力によってこのような素晴らしいものに変わっていく。

マスコミ関係者には、12月から試写会が始まる。

カンパして頂いた方には東京と大阪で試写会が。

映画は、パソコンではなく映画館で観るもの、なんだ。

当たり前のことを感じた人生一度キリの素晴らしい夜。

在宅患者さんには、留守をして申し訳ない。

でもお留守番をしてくれる医師がいるのだ。

PS)

コロナチャンネル #210

コロナ第三波の裏で、ウィルスたちの仁義なき闘い! →こちら

湯布院にいると第三波が無縁なものに感じる。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

湯布院映画祭、無理して行かれて良かったですね
ブログを読んでいて羨ましい限りです
長尾先生の「日常、信念、ライフワークが全て描かれた作品」が絶賛の嵐で判明作品で一番だなんて、本当に良かったです
先生が歯を食いしばって大人になったからだと思うし、辛かった分、布由院の自然が先生を優しく迎えてくれたのかな
人が生きていて良いときより、辛いときの方が長いと思う
また、人が一生懸命に生きれば生きるほど、辛い事の方が多いと思う

だからこそ、人は自分の足で歩いていくしかない

私の考えが間違っているかもしれない
「人が他人を助けることは出来ない
 ただ、差し伸べられた手を少しだけ、握ってあげることは出来る
 倒れていた人を起こしてあげることは出来ても、そこから先は自分の足で歩いてもらうしかない」

長尾先生、先生が辛いとき本当に一人ぽっちでしたか?
先生の事を思い、先生にぬくもりを与えてくれた人がいませんでしたか?

人が悲しいのは「自分だけが苦しい思いしているとか、自分だけが辛い思いして、誰も分かってくれない」と、感じてしまうことかな

いつも、思う
自分だけでも変わらず歩いて行けたら、きっと、他の人も気づいてもらえるのかと

先生が映画祭にいるとき、お留守番をしてくれる方には
本当に感謝ですよね
結局、先生が付けた足跡があったからこそ色々な方と巡り会えるのかな
私には無縁の世界
だって、ろくな生き方をいてこなかったような・・・

Posted by ナオミ at 2020年11月15日 04:03 | 返信

おめでとうございます!長尾先生。
只々、ひたすらに頑張ってこられたご褒美ですね。
先生の労苦を思えば、ささやかとさえ言えるものかのかもしれません。
まだまだご褒美が有りますように!
お身体を壊されませんよう、祈っております。

Posted by よおぜふ at 2020年11月15日 10:32 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会