このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

コロナ対策・10の間違い

2020年12月28日(月)

今年一年を振り返ると、国のコロナ対策は

間違いどころか、逆だったように思えます。

自分なりに「10の間違い」を指摘します。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


人間は間違いを冒す動物だ。

でも間違ったら直せばいい。


「10の間違い」を思いつくままに

時系列で箇条書きで書いてみました。



1)2020年1月末にコロナを感染症法の二類(相当)感染症に指定したこと。

 実質、二類相当と言いながら実質は一類扱い、つまりエボラ出血熱と同じ扱いにし た。

これが「コロナ=死の病気」という間違ったイメージを市民に受け付けた。

これは現在も混乱の基礎になったままです。


2)感染船を培養船にしたこと

 ダイアモンドプリンセス号の対応に大きな違和感がありました。というのも感染者を残して非感染者を下船させるべきところを、真逆の対応でした。 結果、多数の船内感染を引き起こしました。取るべき処置は逆だったと僕は重います。重症ではない感染者を残して非感染者から下船 させ るべきでした。結果、病院船になりました。予想どおりでした。「無症候性陽性者」が沢山いることが分かったのに、この事実を今後の戦略に活 かせ ていないことは残念無念としか言いようがありません。


3)欧米の死者の映像をテレビで流したこと

 欧米とは重傷者・死者が2ケタ違うのです。これは事実です。ならば日本におけるコロナの恐れ方も100分の1でいいのです。 しかし日本も欧米のようになるような錯覚を国民に与えてしまいました。 これで高齢者は「ステイホーム症候群」だらけになり現在進行形で死亡者を増やしていま す。


4)ワイドショーの煽り報道を止めない(現在進行形)こと

 視聴率狙いの煽り報道にこそ「規制」が必要です。高齢者はテレビ報道に素直に従い ます。 安易なワクチン報道も同様です。今からでも遅くはありません。 国家権力で煽り報道をやめさせて欲しい。詳しくは近著『コロナ禍の9割は情報災害』で述べま した。まさに情報災害という人災のほうが多いのです。


5)第一波・第二波に学ばなかったこと。

 第一波で既に死亡者は欧米と2ケタ違うことが分かった時点で、戦略を大きく変える べき でした。つまり「なんでも隔離」ではなく、重症化予防と早期治療を優先すべきです。 軽症の新型コロナの診療を「かかりつけ医」に降ろすべきでした。しかし感染症法2類が壁になり、いまだにそれができて いま せん。確固たる戦略がないために多くの命が失われています。現代のガナルカダル島 です。


6)PCR検査に関する政府のスタンスを明確にしていないこと

 PCR原理主義を容認するとしても、検査を「やるならやる」、「やらないならやな い」と、 検査の意義を明確にしないまま現在に至っています。 その結果、自費PCR検査の値段は1980円~5万円と25倍もの格差ができています。 検査難民も生まれていまます。やろうと思えばすぐにやれます。これだけの混乱を放置している神経が僕は信じられませ ん。 この現状を放置している罪は重いと思います。


7)この期に及んでもタバコが一番のハイリスクであることを隠蔽している

 喫煙がコロナ感染と重症化の最大リスクです。現場の人間はみんな知っています。 発熱外来の半数は喫煙者です。しかしJTは財務省のオイシイ天下り先です。だから 為政者 はこの重大かつ単純明快な事実を隠蔽しています。しかしその罪は極めて重いと思い ます。


8)「地域包括ケアで対応」という思考回路が無いこと

 保健所崩壊や感染症病棟崩壊の原因は何でしょうか?そもそもコロナは高齢者問題です。高齢者という と地域 包括ケアでしょう。認知症や介護施設の感染者はどこで診るのですか? 実はコロナ対策の主役は、感染症専門医ではなく、ケアマネや介護職であり在宅医なん ですよ。 政府関係者は気が付いているのでしょうか。200万人以上の貴重なマンパワーを戦力にしないどころか、犠牲者にしてしまったことは 政治の 無策です。在宅や施設という視点が完全に欠如している現状はクレージーとしか表現でき ません。 コロナ対策に未だ「地域包括ケアで対応」という概念が登場しないことは無能無策そ のもの 、です。


9)コロナを「感染症ムラ」の利権にしたこと

 「コロナは未知の感染症だから」という理屈がありますが、これは裏を返せば専門家でも分からないということなので す。 しかしコロナ対策委員会に臨床現場の人間は入れません。 町医者だって沢山のコロナを診ているのですが、「コロナは感染症専門家しか分からない」らしい、です。 もはや市中感染であるコロナを一部の専門家しか扱えないシステムにしたままである 「感染症ムラ」の罪は重いと思います。コロナは利権ではありません。しかしコロナ利権を優先している政府や専門家集団はA級戦犯 に思えます。


10)「2類指定のやめどき」を知らない事

 当初は仕方が無かったでしょう。 しかし少なくとも1年後の2021年1月末には、2類→5類に下げるべきです。たったこれだけの、 政治判断で何十万人もの命が救われます(コロナで失われた日本人の命は3千人で す)。 しかし、2022年1月末まで今のまま2類指定が延長されるそうです。 この報道に接した時、卒倒しそうになりました。これほど無力感を感じ たこと はありません。時限措置の「やめどき」を知らないにもほどがあります。その結果、救えるはずの何十万人 もの命 (失業、うつ、自殺)を、分かっているのに救えないという状況は医師として本当に辛い現実 です。 もうジョンレノンになろうかと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


PS)

コロナチャンネル #253


巣ごもり年末年始におススメのコロナ関連本!  →こちら


後半は昨日に続き、名倉学さんと井野アキヲさんの演奏です。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「2類感染症のやめどき」を知らない事で先生が卒倒しそうになった気持ちは良くわかります
本当にジョンレノンになって、巣ごもり?
当然、呼び出し電話で無理、絶対に無理
自分の間違いを中々認めないのも人間だから悲しいかな
「コロナ対策・10の間違い」は本当でも、人が冒す間違いが本当に間違いかどうかは「時」が教えてくれるような気がしますし、個々の心の中でしか分からないような気がします

先生のお勧め本は年明けに2冊は勝手読んでみたいです
とりあえず、「仏になったら、仏を殴れ」の本が今日あたり届く予定ですので頑張って読まないといけない

先生の本に付箋が一杯なのにはびっくり
まあ、私もちゃんと読みたい本は最初はページの端を折っていただけど、最近は付箋を付けるようになりました

名倉学さんと井野アキヲさんの演奏が生で聴けれないのが少し、残念のような気がします

Posted by ナオミ at 2020年12月28日 06:55 | 返信

50代の突然死はサイトカインストームが疑われる。

軽症であっても病院に入院する必要があるが、感染者が増えたため現在はそれが出来ない。

神奈川でも起きた事案が今後は増えざるをえない。

Posted by 匿名R at 2020年12月28日 08:53 | 返信

新型コロナの指定感染症は「二類相当」でして一部は一類相当というオリジナルな分類です。なので五類に落とすのはあきらめて、現状のオリジナル分類を骨抜きにしてしまえばいいです。すでに軽症者の入院はしなくてもいいなどだいぶ緩和はされています。

具体的には一類相当の部分を削除。これは外国にしかない種を日本に入れないための措置のようで現状不要ですし、あっても結局入ってきますので意味がありません。そして濃厚接触者を追跡する部分を大幅緩和して保健所業務を大幅に減らすといいです。あとは防護服対応もしなくてすむように(もちろん咳をしてマスクをしてくれない人に対しては自主的に)、全国どこの医療機関でも診察できるように。

外国に対しては二類相当の部分をちょっと残しておくことでストップをかけられます。このようにすると丸くおさまります。

Posted by 広島の赤牛 at 2020年12月28日 08:55 | 返信

1)2)厚労省と専門家会議に現場感覚が著しく欠如しているための暴挙。決して間違いを認めない。
3)グローバル脳のインフォデミック「日本もいずれああなるのか」という恐怖が強く刷り込まれる
4)メディア特にTVは製薬会社と利権でつながっている。ワクチン完売には恐怖報道洗脳が必須。
5)開業医に卸すなという専門家の強い意志。高齢開業医の感染死を怖れる医師会もこれには賛同。
6)相変わらずの厚労省の現場丸投げ体質。医師会も個々の開業医に丸投げ。体制作りも何もしない。
8)病院現場ですでに頻用されている治療薬の認可見送りは、開業医に絶対手出しさせないための方策。
9)コロナ=風邪、町医者扱いになってしまうと、専門家の存在意義が全くなくなるのでそれは困る。
  最大のコロナ利権はワクチン。専門家と製薬会社の利益相反はないのか?検証が必要。
10)2類指定の維持はコロナ利権(ワクチン)の完遂のため。ワクチンが終了すれば解除?
ワクチン利権(米国の製薬会社)とオリンピック利権もからむ。利権は国民の命よりもずっと大事。
指導的立場(専門家・政治家)は己の利権と自己保身しか考えていない人が大半だとよく理解できた、
このコロナ禍の1年でした。皆さんもよーくわかったのではないでしょうか?

Posted by マッドネス at 2020年12月28日 10:57 | 返信

よくTVに出演するこの町医者がツイートする内容に賛同する声がすごく多く
コロナ騒動が収まらない一因のように思えますが、先生は例えばこのツイートについてどう思われますか?

「無症状感染者の意味が誤解されています。今後重症化する前の無症候期間のウイルスキャリアー、又は本人が無自覚なだけで肺炎などを有する場合も含まれます。無症状者に検査をしても意味がないなどと言う、あやまった認識は特にコロナには通用しません」
https://twitter.com/UCiS7MEgWj6L7cV/status/1345605387874045953?s=20

Posted by M at 2021年01月03日 04:07 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会