このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

千分の一のコロナの訪問看護

2021年04月27日(火)

神戸で孤軍奮闘している知り合いの看護師がFBにアップした。

彼女の気持ちが痛いほど分かるし、僕も彼女の同志のひとり。

今日も千分の一の往診を頑張るけど、仲間が増えたらいいな。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



千分の一のコロナの訪問看護


敗戦中の従軍看護師はこんな気持ちだったのだろうかとか、毎日ぽきぽき心が折れてゆく。一日回れても8人、重症者が増えてきたので一件ずつの訪問時間が長くなる。 せめて入院までの間、訪問してくれる訪問看護ステーションをご存じないですか?もうその保健師さんの声が悲鳴である。知っているけどないとは言えなかった。行きますよと返事してしてしまうのが、自分の弱さだと分かっている。 有料道路を乗り継いでいく初めての土地、真っ暗だからここは県外か?どこに向かうのかとか訪問先のことなのか、自分のこと何か分からん問いがわいてくる。


到着が21:00になった。家のドアを開ける時に心が定まる。できることをする。 待たせてごめんね。病院の廊下でもいいですから、入院させてほしいとお母さんに手を合わされても、私にはどうすることもできない。咳き込んでいるので、窓全開でも気が散りそうになる。集中して血管を探す、よし入った。ステロイド入りの点滴、焼け石に水でもないよりまし。来てくれただけでも命が見捨てられてないと感じて希望が持てます。


こんなこと誰が知っているのか、どう発信すればいいのか。 今ここに居合わせている私でさえ、信じたくなさの気持ちが反発しているくらいなのに。 呼吸数54回、酸素吸入7ℓ、39度台の発熱が続く 大病院で陽性だけ検査して帰宅後、一週間 おいおい、これはこのままじゃ今夜死ぬかも。持病の薬が床に散乱してる飲めないよね呼吸数54回じゃ、まだ30代 できることは正しく、危機感が伝わる報告をすること 保健センターに、数値と判断を伝える 「早急な入院治療が必要です、そうでなければ感染症か呼吸不全か心不全かで急死の可能性があります」 どれだけ同じような報告を保健師が聞いているだろう、悲鳴の向こうにまた悲鳴がある。


訪問を終えての帰路、保健センターから電話が入った。 10分後に救急搬送できることになりました。 もしよろしければ搬送先を教えていただきたい。〇〇病院です。 おー、重度者治療の病院である。救えるかも。 ああ、よかった、ありがとうございます。保健師とほんの数分言葉を交わし、一緒に悲しんだり喜べるのが支えとなる。


コロナの訪問は100件を超えただろうか。入院調整中の数の増加に1000分の一と思う。急変を見つけても頼るかかりつけ医も入院もないなら私のやっていることに意味があるのか。いやあるからやっているのだ。 信じたくなくても、一丸となって本気の緊急事態宣言を皆でがんばるしかない。飲食や観光、私の人生の一部だ、絶対に守りたいと思う。だけど今の命なくして、未来はない。 全例入院治療がいいに決まっている。


でも叶わないなら、医師にコロナ特例で免責されて、対面なしで在宅酸素、ステロイド、抗生剤、解熱剤、点滴をコンフォートセットにして処方できるようにしてほしい。まだ私自身は実施例は少ないが、これで救える命もかなりある。


滞在時間も30分以内に留められる。 でも回復を約束できるわけじゃない。何もせずにいつとも分からぬ入院を待つよりいい。それを離れた家族は知っておいてほしい。たかがそれでも引き受け手がない中で全力を尽くしていることを理解してほしい。 この事態について全国民の理解が必要である。県外に住む家族においこらオマエ、治療せんか、入院させろとすごまれたってできんものはできん。 ご心配でしょう、そうですよね。私たちが生まれて、急病なら医師の診察、救急車があたりまえでしたね。


残念ながら今の神戸はその状況にありません。静かに強く現実を伝えてゆく。もう何回目か覚えていない。30分から一時間はかかる。10人しか担当していない私でさえそれだから、保健所の電話がそんな電話で埋まる。保健師が次々倒れて、より人が減るのもあたりまえだ。倒れなければ休めない。


1000分の1のコロナの訪問看護を綴ってゆきます 今、酸素飽和度85%だった方、あかんかと思ってたら酸素、ステロイド、抗生剤3日目、94%にあがったと電話。そんな会話できる人だったことを今初めて知ったわ。私、こう見えて商売人やもの。話得意やねんで。うれし泣きで始まる今日の朝。



神戸市の訪問看護師からのお願い

薬剤師さんへ

できたらステロイドを常備して、医師の指示が出たらできるだけ迅速に、家の中入らなくていいからポストインしてほしい。 酸素業者さんへ 医師指示が出たらできるだけ迅速に、家の中に入らなくていいから、玄関ドアのそばまで持っていって、電話で使い方を説明してほしい。できれば分かりやすいイラスト付きの説明書渡して下さい。


医師の皆さんへ

医師法にコロナ特例を作ってもらい、遠隔診療、電話診療、玄関3分診察で、コロナの場合は酸素飽和度93%以下なら在宅酸素導入、ステロイド、抗生物質、解熱剤のコンフォートセット自宅置き。そしたら本人、家族、訪問看護師の判断で素早く対応することができます。まだ少ない症例ですが、半分の自宅療養者の悪化が防げると感じています。2日後に変化を感じ、3日後にお、と感じる回復兆候があります。


訪問看護師の皆さん

電話をして健康観察をする時は、安静時の酸素飽和度だけじゃなく、廊下を往復して、無理ならちょっと長話ししている間、パルスオキシメーターつけたままで、数値の変化や息遣いも確認して下さい。自己測定が基本です。普段の看護とは違い、利用者と一緒に管理するんです。 神戸市民の皆さん コロナの自宅療養は医師の判断にお任せはできません。一緒に戦うのです。私たちは長く病気になったら、急病になったら病院へ、そんな時代を生きてきました。信じられないと思います。私も信じたくありません。でも入院できないのです。救急車を呼んでも運ぶ先がないのです。


誰も悪くありません。

コロナという病気が強敵で、感染者が減らなければ信じられない状況は続きます。神戸市が、病院が、診療所が、保健所が、誰を責めても状況は変わりません。ご心配な気持ち、理不尽ですよね。でも責める声を強くすればますます自分を守りに入らねばならなくなり、療養者を守る力は弱まります。これはコロナという津波だと思って下さい。力を合わせてできることを増やすしかないのです。県外からでは帰れませんね。お�›! �話で励まして下さい。玄関前おき指定で美味しいもの送って下さい。


皆さんには見えてないかも知れません。私には見えています。医療崩壊、保健所崩壊は私には関係ないと錯覚しますが、私たち皆の神戸市崩壊、あたりまえでかけがえのない日常を崩壊と訳して下さい。心が苦しくなるかも知れません。 今度の緊急事態宣言は、一致団結して緊急事態行動を取れるかどうかにかかっています。皆で命も暮らしも経済も守るためには一致団結しかありません。 私には光が見えます。きっと乗り越えられるとなぜか信じられるのです。どうでもよいことですが、小さな頃から先が見えて、勘がいいところが長所です。心配症で世話焼きなところが短所です。


見えない津波を一度だけ信じて、波が去るまで身を潜めてみませんか。本気の人がどれくらいいるかで波の去り方が変わります。私は専門家ではないですが、変異株と毎日会っていてそのパワーの強さ、素早さ、ずる賢さに圧倒されています。 お願いばかりすることをお許し下さい。



@@@@@@@@@@@@@@@@@


僕もまったく同じ世界で奮闘している。

でも同志が何人かいるので闘えている。



210426 TV テレビ大阪 やさしいニュース →こちら


210424TV TBS報道特集 →こちら



兵士に必要なものは仲間である。

みんな、一緒に頑張ろうね。



PS)

コロナチャンネル #352


医療崩壊で急増する自宅療養者をどうするか?  →こちら



毎日、2つのクリック、よろしければ。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

自分が一票を握っている地元議員のサイトのご意見箱に「町医者日記見て下さい」とメールしてます。
他にも「見て下さい」打ちます。何にもできない私の自己満足に過ぎないこと承知で、
見てもらえないかもしれないこと覚悟で、SNS拡散力持たないけど、一つでも何かできたらと。

Posted by taco at 2021年04月27日 09:57 | 返信

読みながら涙がでました。
私も看護師なので
想像ができます。
私の周りもいつ大変な状況になるかもしれません。
真剣に向き合いみんなが当たり前の生活が早くできるように願います。そして今コロナ対応をして大変な状況に置かれている長尾先生をはじめ皆様方に心から感謝致します。

Posted by Taiyo at 2021年04月27日 10:37 | 返信

病院の廊下でもいいから入院させてほしいと・・私も泣きながらすがります。
色んな事がわかり涙が溢れました。誰も悪くない。
見えない津波、ずる賢い、パワーの強さ、素早さ、変異株。
長尾先生、看護師さん訪問看護師さん、皆さんに助けれた命がどんなにあるのか。有り難うございます、心から感謝します。

私には何も出来ませんがただ波が去るまで静かに過ごす・・それは私にでも出来て又家族たちにも話します。
頑張っている人達に頑張ってとは言えませんが・・どうか倒れないように自分の身体にも気をつけて・
頑張って下さい。やっぱり言ってしまいます。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年04月27日 06:29 | 返信

パンデミックでどんどん感染者が増える状況では、医療従事者の感染リスクも高くなります。武漢ではそうでした。
特定の開業医と訪問看護師だけに負荷がかかり、奮闘したあげくバーンアウトするという顛末は見たくないです。
その特定の医療従事者、診療所、訪看ステーションがコロナに感染・重症化してしまえば、それで終了してしまうからです。
使命感に燃える姿は素晴らしいですが、その数がマイノリティーであればあるほどリスキーだという気がします。
英国変異株の後にはさらに手強いインド変異株が控えています。マイノリティーのままでは限界が見えてしまいます。
早急にコロナパンデミック対応の往診メインのプライマリケア体制を整備しないと救えないと思います。

Posted by マッドネス at 2021年04月28日 05:57 | 返信

ブログ毎日拝見しています。
私たち訪問看護師も休みなく日々、在宅療養者宅に訪問しています。2月から3月はたくさんの在宅看取りしました。バタバタの中、ワクチン接種の案内がメールだけで届いていたのを見落とし、スタッフが受けれず困惑しています。兵庫県のワクチン接種担当窓口も締め切りましたので一般の案内を待ってくださいを繰り返すばかりです。何とかならないか関係機関に問い合わせていますが良い返事がありません。井戸知事や吉村知事に何とか交渉したい気分です。

Posted by 訪問看護師 田中 at 2021年04月28日 09:37 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会