このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

あれは何だったのか

2021年06月26日(土)

今夜は、全国の在宅医と厚労省の方による

「在宅医療推進の会」で25分間講演をした。

今振り返ると、「あれはなんだったの?」

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



東京の医師が神戸に応援にきて、驚いた、

という話に、いちばん納得した。



恥ずかしながら阪神間は

・在宅医療や

・コロナ往診や

・保健所との連携、において後進国のようだ。


他の地区では保健所と行政と医師会がしっかりタッグを組んだ、と。

でも考えてみれば、神戸や大阪や尼崎は、最大の激震地だった訳で。


いすれにせよ、1年前から主張してきた

・コロナはまずは地域包括ケアで対応、

・保健所機能の見直し、などはそれなりに中央に届くような気がした。


自分にとっては当たり前のことが、政府や厚労省にとっては、

あるいは他の地区にとっては当たり前ではないことが分かった。



スライドの25分間でこの1年を振り返るのは無理だ。

終わってから「あれも忘れた」「これも忘れた」と。



せめて2本の動画を見てほしい。



第三波の様子 報道特集(24分) →こちら


第四波の様子 ミヤネ屋(28分) →こちら



「こんなこともあったんだ」という程度でいい。

何かの役、誰かの役にたてば、うれしいです。



関西は今、鎮静化しつつある。

東京が増えていて緊張感が増している。



それにしても今、思うのは、「つい2ケ月前のあれは何だったのか?」。

そう、夢。幻であって欲しい。またすぐに覚めるのかもしれないけど。



僕だって、辛いことがたくさんあった。

第五波の懸念があるから静かに過ごそう。



PS)

コロナチャンネル #412_


「mRNA」ワクチンで拡がる医療の可能性  →こちら



8月12日の神戸チキンジョージでのサマーライブ。→こちら


豪華メンバーに加えてスペシャルゲストも。

映画も観て、たった2000円なのでお得。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先生、おはようございます。今ヤフーニュースに先生の素敵な御写真が出てきてビックリ、イベルメクチンの事です。
今日はまだにこにこ動画は観ていませんです、ワクチン予約を検索していました💦
近所にスポーツセンターなどがありますが週明けからにします、どうせ私は最近まで娘のお手伝いで、万が一に備えられなかったし今が私の打つタイミングだっのでしょう。親友がコロナにかかっ人から聞いた話,ずーっと溺れているような感じだと怖がっていました。二人の親友は同時に10年ぶり14年ぶりに、2人目、3人目孫が生まれて世話しないといけないし元気にしていないとと腹をくくったそうです。先生今日も大好きですよ、大阪のライブ楽しみにしています♪

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年06月26日 08:31 | 返信

僕だって、辛いことがたくさんあった。
この一言がとても心に染みました。先生、こんな世の中に生きていてくれて本当にありがとうございます。こんな言葉にしてしまうと何だか軽々しいですが。

Posted by 匿名 at 2021年06月26日 10:01 | 返信

ヤフーニュースに長尾先生の記事が再び掲載されておりますが、今回も凄い反響ですね!
多くの病院が発熱患者を普通に受け入れて早期治療が可能になる日を待ち望んでおります。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e58cc4a02b7dc6186c6c96914a5c631d805a33c

Posted by KEN at 2021年06月26日 02:19 | 返信

「あれは何だったのか」拝読いたしました。昨夜は長尾先生は、全国の在宅医と厚労省の方による「在宅医療推進の会」で25分間講演をされて、『他の地区より、恥ずかしながら阪神間は・在宅医療や・コロナ往診や・保健所との連携、において後進国のようだ。他の地区では保健所と行政と医師会がしっかりタッグを組んだ、と。』と感想を述べられています。私は、いわゆる団塊の世代の端くれで東京在住者ですが、少々驚きました。関東地区でコロナ感染が激増した昨年から今年初めにかけて、路上でコロナ感染で突然倒れ死亡した方や適切な治療を全く受けられず自宅で死亡される方が続出した事がありました。「在宅医療」とは異なる問題なのかもしれませんが、連携がしっかり組まれていればその様な事は発生していなかったのではないかと思いました。その様な事を思い出すと、阪神間、特に長尾先生と尼崎医師会の方々が率先して行われてきた「在宅医療」は決して「後進国」ではなく、全国レベルでは最先端ではないかと感じてしまいます。それとも単なる私の長尾先生ひいきの引き倒しなのでしょうか。
話題は変わりますが、yahooニュースで『50人超のコロナ患者にイベルメクチン投与の現場の医師 厚労省が認めるも“ノータッチ”の医師会に苦言〈dot.〉』拝読し、この記事の影響で長尾先生のコロナ治療方法が日本にもっと広がり、日本医師会長も目覚め、開業医、勤務医師の人たちも、「早期発見・早期治療」により努めて、コロナ感染者の方の犠牲が少なくなれば良いと切に思いました。
天気が変わりやすい日々が続いています。長尾先生、スタッフの方々、どうぞお身体に気を付けてください。

Posted by 洋ちゃん at 2021年06月26日 03:15 | 返信

長尾先生お疲れ様です。コロナチャンネル#412を視ました。
先生の活動をずっと応援してきた立場として、今日は先生にお伺いしたい気持ちが強くなりました。
(※このコメントは非公開にして頂いても構いません)

かつて先生はコロナワクチンを「国策」という言葉を用いていたと記憶しております。先生が摂取に携わる事も、将来的にどんな影響が出るか不明であっても、特例承認されたワクチンを現段階では使うしかない。そういう立ち位置であると理解してきました。でも、今日の動画を視て先生は今後ものすごくご自身を責めることにならないだろうか。ふとそんなことを思い浮かべました。素人考えですが、強くそう感じたのでコメントすることにしました。
治験中のワクチンの安全性が議論されずに接種が推奨され、健康だった人も接種後に死亡しています。接種率を増やすことに焦点がおかれ、死亡の因果関係は不明のままです。本来なら一度接種を中断しても良い状況ではないかと素人ながら感じています。こういう点に日本医師会はもっと声明を出すべきと考えます。

下記はユーチューブで知り得たものです。1.は現役の医師。2.は現役の歯科医師。3.は自然療法士ですがとても陰謀論とは言えない内容です。ちなみに2.と3.の方は動画削除経験をされています。
最近は動画削除を防ぐ為に、ワクチン接種を「お注射」と言い換えたり、苦肉の策で対応されている人をみかけます。
デメリットを一方的に陰謀と一括りにせず、情報を広く伝えることが人々の選択肢となります。先生の情報発信は影響力も大きく、常に人々の幸せを考えて行動されている先生を今後も応援したい気持ちに変わりはありません。
1.「ワクチンデマについて」について
https://www.youtube.com/watch?v=e36iIuMCdrY

2.⭐️まーてるちゃんねる♪インスタライブ健康講座
https://www.youtube.com/watch?v=20zji1Qnc0E

3.研究計画書の可能性を断言できるRNAワク〇ンの特許を解説!【自然療法士 ルイ】
https://www.youtube.com/watch?v=EtcDUU_9ojs

最後に、世界の医師たちの動画発信を翻訳された方がおられます。
「34名*欧米の勇敢な医師や専門家が証言するワクチン問題」
https://www.bitchute.com/video/6LgGuijHG6Ei/

Posted by あんこ at 2021年06月26日 03:40 | 返信

オリンピックが開催されたら、競技会場のある地域では、大阪、兵庫と同じような医療崩壊がおきることが想定されます。医療、介護関係の仕事場においては、せめて自分たちの陣地を守るべく、自分たちは勿論のこと、周囲の人々にオリンピック会場とその周辺にはけっして近づかないことを約束してもらうしかありません。オリンピックは戦争ととらえて、オリンピック会場は地雷や目に見えない銃弾が飛び交う戦場。その周辺も流れ弾がとんで来る恐れのある危険地帯。そして、本陣は外部から厳しく遮断してシェルター化する。戦時下と考えて身を守ります。国民に寄り添うお心をお持ちの天皇陛下はお気の毒に、オリンピックの主催者に無理やりされられて、まるで、先の戦争と同じようなことになっています。もしも、本陣が敵に攻められるようなことになったら、長尾先生、援護射撃お願いしますね。

Posted by 遠い声 at 2021年06月26日 05:39 | 返信

まるぞうさんという方のブログに、
米国の救急救命医師団から日本のJOCに緊急提言があったとの記載。
嬉しくなりました。
こんな事があるのですね。
どれほど効くか、安価で効果が高いと、証拠の書類を添えての提言です。
2021年6月5日に日本宛に届いたようです。

先生、こんな事ってあるんですね。
神様からの贈り物ですね。
この提言をうけて、
オリンピックの日本の関係者、及び担当者の方々が、
イベルメクチンを使用して下さいますように。

嬉しい記事でしたので、
即先生にお知らせしたくなりました。
取り急ぎご連絡まで。

Posted by 匿名 at 2021年06月26日 07:51 | 返信

チキンジョージさんのライブ行かせていただこうと予定を立てています。
リクエストしていいですか?
「ひとりぼっちのエール」をアンコールでお願いしたいです!

Posted by 匿名 at 2021年06月26日 08:48 | 返信

長尾先生に関して長年尊敬してきましたが、今回のコロナワクチン(mRNA)のお話は納得できません。先生もやはり人の子、体制側についてしまったのかという感じです(それも世の常仕方ないかも)。ノーベル賞もののワクチンかもしれませんが、現段階でそれを言うのは違うでしょう!現に数百人の命が奪われてます。公認だけなのでその背後には、人知れずこのワクチンのせいで苦しまれている方々がいるのは容易に想像できます。この現実を考えず絶賛するなどいかがなものかと、更にまだ現段階では治験段階で、悪い言い方をすれば人体実験中ですよね。ほかにもいろいろあるが、今の腐ったメディアと同様、体制側にいい情報のみを一方的に流すのはある意味犯罪的(犯罪とは言ってませんが)な行動かと思うのです。

Posted by Mr,SS at 2021年06月26日 11:14 | 返信

6月26日付 神戸新聞NEXT掲載
〈ワクチン「打たぬ選択ない」免疫学の第一人者、慎重姿勢を一転 データで安全確信〉
「当面は打たない」と公言されていた大阪大学の宮坂昌之名誉教授が、認識を一転させ、
2回目の接種を終えられた、という記事がありました。
時間が経つにつれ、世界中のデータが蓄積されてきて、考えが変わるということもありますね。

先日ついに届いた接種券、64歳以下で基礎疾患なしだと予約開始は来月初め、うーんどうしよう。
2回目接種したらどうなるか実際に話を聞いてみたいけれど、私の周りは皆、まだ1回目までだし。
未知なる物に対して警戒するのも、漠然とした不安や迷いを抱くのも、自然なことだと思うのです。
最終的に打つ、打たないは別にして、異なる意見や考えの人を揶揄したり黙らせたりするのでなく
それぞれに、考えや思いを遠慮なく出せる世の中であって欲しいです。ワクチンに限らずですけど。

Posted by taco at 2021年06月27日 10:12 | 返信

先生、今日も忙しかったですか?

スッキリしないお天気で憂つです、歩く歩数も少っくないです。
先生のおかれましては7月10日に向けてのリハーサルでしょうか?大阪の何処やろ会場?
夏の歌ですか❔サザンや加山雄三も好きです。

Posted by 河津ふさみ at 2021年06月27日 09:45 | 返信

当方の自治体へ供給されるワクチンが足りず一般は予約延期とかで、今はホッとしてます。
それにしてもどこの自治体も足りないのでしょうか。何が起きているのかな?

Posted by taco at 2021年07月01日 12:26 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会