このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

理解できないことばかり

2021年07月09日(金)

正直、理解できないことが、これだけ続くと

判断力がおかしくなりそうだけど皆さんは?

平常心を保つ訓練だと思って過ごすしかない?

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



これだけ理解できないことが続くのは珍しい。


4度目の緊急事態宣言

その中での五輪開催

令和の禁酒令

二年連続の夏祭りの中止

いまだに感染=悪、の報道

発熱を診ないかかりつけ医

イケイケドンドン型接種

突然のワクチン予約の中止令・・・



テレビを観ていて思うのはよく暴動が起きない事。

日本人は我慢強い真面目な民族だ、という証明か。



コロナで人生が狂った人がどれだけいるのか?

僕達は仕事があるだけ恵まれている、と思う。


飲食、エンタメ、旅行、ホテルなど壊滅状態の中、

医療や介護は同じサービス業でも、強いと感じる。



熱海の土石流の犠牲になられた人が気の毒である。

生きていれば何とかなるけど、命を奪われたなら。



平常心を保ちましょうね。

自分に言い聞かせている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


医療タイムス2021年7月号 

ワクチン接種後死亡350人報道にどう答える  長尾和宏


高齢者へのコロナワクチンの個別接種、約5000回を無事終えることができてホッとしている。今週から64歳以下の個別接種に移る矢先に行政から「ワクチン不足による予約取り消し願い」が届き、大変戸惑っている。おそらく日本中のワクチン接種関係者は大混乱に陥っていると想像する。さらに、「ワクチン接種後死亡350人」に関する質問が多く、日常診療にかなり支障をきたしている。国はすべて「因果関係不明」で一蹴しているが、それで納得する国民はいない。  


あれだけテレビでワクチン接種を煽る一方で、予約取り消しやワクチン接種後死に向き合わない国の姿勢に対する市民の怒りは一番身近な町医者にぶつけられる。生活習慣病の診療よりもワクチンの相談に終始する日々が続いている。ワクチンを打たないのも不安。さりとてワクチンを打つも不安。そんな国民が日々増えている。最前線の僕達はどの様に対応すればいいのか悩む。ワクチン接種後の体調不良者も多く、コロナ後遺症外来とおなじくらい、ワクチン接種後体調不良外来も急遽開設しなければいけない羽目になっている。  


かかりつけ医としてワクチン接種をしてあげたい、と当然思う。しかしそれが長い目でみて本当に良い事なのか、そうでないのかイマイチ、自信がない。特に若い人に接種して、万一、子宮頸がんワクチン後遺症(HANS)のような後遺症が残ったら誰が責任を負うのだろうか。親御さんや本人から恨まれるのではないか。そんな悪夢で目が覚める日々だ。  


あと2週間でオリンピックが始まる。オリンピックのための「1日100万回」であったのだろう。それは誰の目にも明らかだろう。しかしもはや開催されるのだからもう大義は達成されたも同然である。ならば、ワクチンに関するそもそもの疑問に国は真摯に向き合うべきではないのか。350人の接種後死はそれぞれ詳細に医学的検討を加えるべきだと思う。一蹴にふすほどに市民の不安が高まっており町医者も困っていることを今回、訴えたい。  


そもそもの疑問として、感染既往者への接種がある。当然、振り切れるほどの高い抗体を獲得している人に間髪を入れずに2回も接種をして安全なのだろうか。また本当に合理的なのだろうか。これも迷い続ける毎日である。海外の文献を見渡すと「3ケ月あけたほうがいい」とか「1回でいい」という主張を見かける。そもそも風疹ワクチンやB型肝炎ワクチンは抗体を測定してから陰性者のみにワクチンを接種している。しかしなぜコロナだけは抗体獲得者にもワクチン接種を勧めるのか。おそらく今回ばかりは個人の利益よりも集団の利益優先、という考え方なのだろう。当然、まだ分かっていないことだらけでまさに現在が臨床実験段階なのであろうが、それならそれで正直に現状分析を国民に分かり易く伝えるべきだと思う。  


不安な国民はワクチン忌避に走る。その代替手段としてイベルメクチンの個人輸入に走っている。筆者は感染者への治療薬としてイベルメクチンを使ってきたが、予防投与をしたことがない。しかし「ワクチンは打たないからイベルメクチンを持たせて」というメールが毎日たくさん届く。また遠方からわざわざ来院され「イベルメクチンを処方して」と居座る。このように国の無策のしわ寄せが開業医に来ていることをお伝えしたい。このような異常事態を早く解決する方法は臨床データを焦らずに丁寧に分析する以外にない。是非、今後の日本のために、今こそそのように方針転換して欲しい。また日本医師会には人流抑制宣言ではなく、こうした異常事態に政治がしっかり機能するように強く働きかけて頂きたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


政治家さんや官僚さんへの講演は、緊急事態宣言のため中止になった。

残念やけど、このまま何も変わらないまま、五輪に突入するのだろう。



現役医師「ゼロコロナは永遠にやってこない。

だからオリンピックを楽しもう」 →こちら    僕のことが書かれている。



PS)

コロナチャンネル#425_


ワクチン接種後死亡350人超...科学的な態度をとるということ →こちら



明日の大阪ライブはお客さんが一人でもやります。→こちら


たぶん、こんなアホなことやっている63歳はおらんやろ。

ホンマのアホ、です。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

一番理解できないのはやはり「発熱を診ないかかりつけ医」でしょうか?コロナ以前はかかりつけ医は発熱をむしろ積極的に診てくれました。毎年冬のインフルエンザ流行時は発熱患者で賑わうのが風物詩であった。中には細菌が原因の肺炎の患者もいたと思いますが、かかりつけ医が早期に抗生物質で治療したので入院せずに済んだ人が数多くいたと思います。
それが2類指定で180度変わったのです。コロナPCR検査陽性=コロナ死とされているが、高齢者の場合は細菌が原因の肺炎死も多いのではないでしょうか?つまり皆が安心して感染症にかかれなくなったというのが今の日本の現状です。かかりつけ医が診てくれず大多数が自宅で放置されるので重症者がすぐに増えてしまい、数少ない病床がすぐ逼迫という繰り返し。
それゆえに感染症にかかれない(悪者になれない)人々が感染症対策を徹底したため、コロナ禍においても感染死全体数が逆に減少したというのは立派としか言いようがないですが、そんな中でイベント=NG、飲酒=NG、対面授業=NG、と日常生活の中でNGばかりになってしまい、個人差はあれど、人々のメンタルが危機的状況なのも事実でしょう。かかりつけ医が発熱患者を診ないがゆえに、必要以上の手遅れ重症コロナ患者に向き合い続けた病院医療関係者のメンタルも危機的状況でしょう。

Posted by マッドネス at 2021年07月09日 06:07 | 返信

 
今年は梅雨らしい梅雨で、太陽がとても恋しい今日この頃です。
梅雨明けが待ち遠しい。

ニュース番組を見ていて、こんなに『平常心』を失くすのは、いまだかつてない感覚です。
イライラしてしまう。
『馬と鹿』じゃないのと、つい声が出てしまい家族にイライラしないのと言われます。

雨が止んだ合間に、少し歩いてはみるが、どうもやる気スイッチが入りません。

そんな時は、先生の本を読もう!!!(ごまごま)
先生の歌を聴こ~~~!!!!!(すりすり)
長尾先生、思いっきり楽しんでリラックスして歌ってくださいませ。(歌の神様が下りてきますように)
私は、車を運転しながら大声で歌うのですが、もしかしてドライブレコーダーに録音されてる?(気にしない気にしない笑)
腹の底から声を出すのは、なかなか良いです。

思考が停止しないように、歌いましょう!
笑って歌って、平常心を取り戻しましょう!!

長尾先生、今日もありがとうございます。
良い1日になりますように!

Posted by 轟 瞳 at 2021年07月09日 06:39 | 返信

えええええっ‼ 政治家や官僚向け講演が中止ですかい⁉

先生の昨年来の主張「2類から5類へ」が漸く実現に近づく最大の好機到来‼っと思ったんですが、、、

残念至極です。しかも、その理由が緊急事態宣言だなんて! 

Posted by 奥西 秀樹 at 2021年07月09日 07:09 | 返信

ライブ思いっきり楽しんでくださいね!!大阪コロナが始まってから一度も行ってないなあ。地元尼崎でのんびりしてます。

Posted by 尼っ子 at 2021年07月09日 07:39 | 返信

先生、おはようございます🌞来週には梅雨が開けるみたいです。ヤッター!
緊急事態に入ったからこそ・・長尾先生の講演を聞いてほしい聞かなあかんのに。
コロナが起こらなかったら・・オリンピックを愉しみに大阪でさえホテルや飲食のお店を開業した友も居ました。
オリンピックに関しては思い描いたのに近い状態になりました、哀しいですが、別に菅さんや小池さんを心の奥で嫌いなわけでもないから、欲の為に動くか、こんな事に。

二歳の孫はお祭りを知りません、二年生は先日小学校初めてのプールがありました。遠足は一度も無いです。
今から窓を開けてお掃除します。
明日はお店には入れきれないほどの先生のファンの方が押し寄せるはずですよ・・。🥂

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年07月09日 09:08 | 返信

>突然のワクチン予約の中止令

皺寄せの行く最前線の方は本当に大変だと思いますが,これは仕方がないことかなと思います。
医療の受け皿を増やす提言をできなかった専門家たち,取り組まなかった為政者のせいで,コロナ渦終息の糸口は現状ワクチン一本足打法。
ワクチンは大口契約でまずは大量に確保し,空輸で定期的に供給。
小さいスーパーの牛乳やパンみたいに,その日の在庫を見ながら仕入れのコントロールは出来ない。
供給は1度にまとまった量,供給元の都合にも左右される。
その中で,手探りで接種体制を整える。
一時的に供給不足に陥ったのは,先生方はじめ関係者皆さんの努力の証だと思います。
最初は誰も,この接種ペースに持ってこれるとは思っていなかった。
そして1日100万件。
接種ペースをコントロールした方が良かったという国民もいるでしょう。
でも,供給不足にならないよう,10万件/日×100日=1000万件に調整するより,
100万件/日×10日=1000万件で,残りの90日は接種がストップした方がいい。
その90日は,より多くの既接種者がいる状態なのだから。
未接種者にとってもメリット。
このように,自分は理解しています。

政府はこのように,国民に最初から説明すべきだったと思います。
予想できた事態のはずです。

100万件/日のペースも,五輪のためだとは思っていません。
独立事象だと思っています。
社会的安定を目的としたワクチン戦略は,イベントの有無に関わらず,手元にあるワクチンを,なるべく多く,なるべく早くだと思ってます。
関係者の方々は,素晴らしい仕事を成し遂げた思っています。

そのように大急ぎで接種を進めるワクチンの安全性ですが,当然,長期的影響は不明。
ただ,添加物は少なくとも何らかの形で安全性が担保されたものを使用されているでしょうし,レトロウイルスのようにヒトゲノムに組み込まれる可能性も限りなく0だと考えています。
100%安全だとは言えませんが,そこまで心配していません。

個人単位での感染確率だけ見ればワクチン接種のメリットはあまりないですし,特に若者に関しては死亡率から考えるとメリットなどほぼないと考えています。
子どもへの接種など,もっての他だと思っています。
しかし,現状は,少なくとも打てる人間は打たないと,コロナ渦が終わらない状況になってしまいました。
ワクチン接種による重症者減と規制の緩和が社会単位でのメリットだと信じて,それを享受できると信じて,僕も接種を受けます。
社会的メリットを実感できるような発表,政策を,専門家や為政者には求めたいです。

数年たち,新型コロナが季節性感冒の一つへと移行したら,高齢だったり基礎疾患を持った人が接種すれば混乱を免れる社会になっていれば良いなと思います。
2類指定の解除が前提条件になると思いますが。
その時は,国内で開発が進む,長期的安全性がより期待される,従来型の不活化ワクチンなどが選択肢になっていれば良いなと思います。

一国民の意見でした。

Posted by ブログ新規読者 at 2021年07月09日 11:09 | 返信

先生、明日のライブのQRコードをアップありがとうございます!
スマホでコードを拾ってYouTubeに繋ぎリマインダーかけときました!
リモートではこれで最低1名のリスナー決定です。
私、先生の「替え歌」大好きです。
以前のコロナチャンネル内でフェーリングの替え歌で
♪死ななければ〜それでいい〜ってのありましたね。依頼風邪の症状のようなものが出るたび思い出して歌ってます。
コロナは人→モノ→人なんですから。最終的には人類はコロナを取り込んで共存した人が生き残ると思っていて、
そしてそれはそんなに極端なことをするのではないと思っています。
明日のライブ、楽しみにしています。よろしくお願いします。
現地行けなくて、ホントすみません!行きたいよー

Posted by 匿名 at 2021年07月09日 12:30 | 返信

「理解できないことばかり」拝読いたしました。長尾先生が真剣に問題に取り組めば取り組むほど、深みにはまっていくのは、それだけ患者の方々、相談者の方々に対し、混迷を深める日本社会の中で医師として職務倫理を出来る限り実現したいと心から考えているからであると私は推察しています。医療の目標は「患者の苦しみ・悩み」と「患者の命を救う」事ではないかと私は思っています。もちろん、開業医の方、私立病院、公立病院共に経営上の問題も考えなければならないとは思いますが、根底にその様な「医療の目標」が無ければ、患者は単なる儲けのための、或いは自分の研究、出世のための道具でしかなくなってしまうのではないかと私は思います。その様な観点から考えますと、特に今回の「緊急事態宣言」下でのオリンピック開催やワクチン接種の政府の混乱は私も理解に苦しみます。それに加えて、ワクチン接種後に亡くなられた方は、昨日の厚労省発表では554名にものぼっています。現在お一人だけが「因果関係が否定できないもの」と認められているだけで、7名の方が「因果関係が認められないもの」として、451名の方は「情報不足等により因果関係が評価できないもの」として処理されており、直近に亡くなられた101名の方は「評価中」などとされています。ほとんどの方が「情報不足」として処理されることは現在の日本の医学のレベルではあってはならない異常な事態であると私は考えます。政府、厚労省は、「国民の命」をどう考えているのか、彼らにとっては単なる数字でしかないのではないかと私は思ってしまいます。厚労省医系技官300人は一体何をしているのでしょうか。真剣に原因究明に努めているのか疑問を私は持ちます。長尾先生が仰るようにきちんとお一人お一人の死因を徹底的に科学的に究明し、遺族の方々、国民にたいして明らかにすべき責任が政府、厚労省にあると私は思います。それが、命の尊厳に対して取るべき態度ではないかと私は強い憤りを禁じえません。
偉そうなことばかり書き連ねてしまいましたが、ご容赦下さい。
大雨が続いております。長尾先生、スタッフの方々、どうぞお身体に気を付けてください。

Posted by 洋ちゃん at 2021年07月09日 12:35 | 返信

私が見ているブログですがこんな投稿が、ありました。  

カミさんは2回目のファイザーワクチンを接種して初めて腕の痛みを感じ
ました。そして3日目にめまいがするので横になっていましたが嘔吐し、
翌4日目に発熱が始まりました。平熱の36.2度が37.3,37.5,37.8と
2時間おきに上昇したので、解熱剤を服用しようとしていました。

でも原因がワクチンと思われるため、接種したかかり付け医の判断を仰ぐため
電話すると来院するように言われました。
ところが院内には入れず、応急用に設置した仮設テントに車を横付けして
窓越しの診察です。なにか汚物に対応するようでイヤですね。

経過を説明したところ、一般的な副反応を説明しワクチンに対して体が反応
している状態なので、暫くは安静にしている方がよく、どうにも我慢できなく
なったら服用する解熱薬を処方されました。

ただワクチン以外にも接種前後にコロナに感染した可能性を否定することは
できませんと言うので、抗原検査を受け、15分ほどで陰性が判明しました。

「一般的に、年齢とともに免疫力は弱まるため、高齢者の副反応の割合は
低い」と言われているのか、70歳のカミさんにまだお若いですねとは、
喜んで良いのかイヤミなのか複雑な心境でした。
 
先生のクリニックはカロナール2錠くれて、1回目の時腕が痛くて我慢した事を言ったら、我慢しないで飲んでと言われました。それに先生の本も2冊get!病院の対応の差にびっくりです。これは残念ながら人の投稿が入っているので、ブログには載せないで下さい。明日のライブ頑張って💐 

Posted by iruka at 2021年07月09日 01:46 | 返信

日本はコロナ国の植民地になりました。長尾先生のような発言は禁止されます。子供達は人間らしさのないコロナ国民として育つでしょう。
そんな事ばかり考えてしまう。狂ってきているかも。
先生のブログを読み、冷静さを保っています。
ウイルスの身体ダメージは無いのに、政策による精神的ダメージは計り知れません。

Posted by kaoru at 2021年07月09日 02:41 | 返信

九州の片田舎の開業医です。
いつも先生のブログ・動画・ご著書を拝見し、少しでも先生の足元に近づきたいと思っている者です。
先生のお考えにいつも賛同しています。
特に今回のブログ

4度目の緊急事態宣言
その中での五輪開催
令和の禁酒令
二年連続の夏祭りの中止
いまだに感染=悪、の報道
発熱を診ないかかりつけ医
イケイケドンドン型接種
突然のワクチン予約の中止令・・・

の部分は、まさにその通り!です。
私も発熱者は断らずに診ていますが、最近では「ワクチン打っていない人は診ない」という医師も現れているようで呆れています。
医師としての矜持を忘れないよう、これからも勇気をもってドンドンと本音の発信を続けて下さるよう願っております!

Posted by 榎本雄介 at 2021年07月09日 06:24 | 返信

講演が無くなってしまったんですね…残念です。
今日のブログも動画も先生のありったけの思いが詰まっているように感じ、読ませていただいて良かったです。ワクチン後、若い子達には長患いするようなことが起こらないことを切に思っています。若い女の子には特に注意してもらいたいです。ワクチン後に不正出血がある方も居るみたいなので、貧血など気をつけてあげて欲しいなと思います。明日、久しぶりの息抜きなんですね。感染に気をつけて楽しんできてくださーい!

Posted by 匿名 at 2021年07月09日 07:32 | 返信

正直、理解できないことが、これだけ続くと
判断力がおかしくなりそうだけど皆さんは?

はい、おかしくなりそうです。いえ、もうおかしくなってます。
今まで平常心を保つ訓練はさんざんやってきましたが…。

明日のライブで思いっきりはじけてください!
先生もライブに行かれるみなさんも楽しんでくださいね!!

Posted by ターニャ at 2021年07月09日 07:41 | 返信

ありゃま~講演が中止ですか~リモートで出来ないのかなぁ。
パソコン開いてブログ読んでガッカリして、それでも気を取り直してYoutubeへ。
「もう始まる時間やのに、先生のポスターのまんま」と思ったら、ライブ明日でした・・・
この頃は寝苦しいのと考え事で熟睡出来てないからか、頭が鈍いです。
平常心・・・そういえば息をするのを忘れているような、気忙しい時もあります。
背筋伸ばして両手を胸元でピッタリ合わせ、拝む姿勢で深呼吸をすると、肩の力が抜ける気がします。
スーッ。では改めて、明日楽しみにしていま~す。

Posted by taco at 2021年07月09日 08:57 | 返信

本当にありがとうございます。
まぐまぐ〜♪読まさせていただきましたぁ〜。
そうだよね。…と、うん。うん。と頷きながら、ウルウルきてました。。。。。

どちらの選択も覚悟ですね。

みなさん。心が病んでいらっしゃるのか…今まで、働いてました。
びっくりするようなことがいっぱいで、人と自分は違うってぐらいはわかってたはず…と思いながら
価値観の違い?コロナ時代だから?…
どうなっちゃったんだろうと思うことばかりです。
できることなら、引きこもりたいと心のどこかで思ってる自分と、、、
いやいや、こうやって 動けていることがありがたいと思っている自分とが対話中です。…笑

明日のYouTubeライブ中だけは、わたしに時間をくださーい。とお空に向かって、お願いして、おやすみなさいをしまーす。

Posted by 宮ちゃん at 2021年07月09日 11:33 | 返信

長尾先生、今週もメルマガ【痛くない死に方】のご配信ありがとうございます。今週の締めくくり、おつかれさまです。
厚労省の予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会の会議中継を見ていて、一般市民とはいえ、理解できないもどかしさを先生のブログとメルマガが払拭してくださいました。
目の前の現象が、仮説を立てられることなく通り過ぎていく様を見ていると、やはり「自然科学」の「検証」とはなんだろうか、と思います。
心筋炎のことはニュースでも取り上げられましたが、唯一部会で議論となった「血小板減少」は報道されませんね。事実が独り歩きするから、という理由でしょうか。

世の中の流れについていくのが精いっぱい、先生の言われる通り「理解できないことばかり」です。

そういえば、日本医師会の『新型コロナウイルス感染症 外来診療ガイド』は、会員の先生方にどのくらい活用されているのでしょう。横倉前会長のころから1年ほど更新されていないようですが……。
それでは、来週もよろしくお願いいたします。
明日は無料You Tubeライブ配信、楽しませていただきます!

1.「新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要 (コミナティ筋注、ファイザー株式会社)」
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000802338.pdf
2.「副反応疑い報告の状況について」
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000802395.pdf
※1、2いずれも「第63回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第12回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料(令和3年7月7日(水)18:00~20:00)」厚生労働省ホームページ参照
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000208910_00025.html

3.『自然科学の「仮説(モデル)の検証」について』 静岡大学[FSS]未来の科学者養成スクール・ホームページ参照
https://fss.shizuoka.ac.jp/blog/181130_kasetsu-no-kensyou/

4.「新型コロナウイルス感染症 外来診療ガイド(第2版 2020年 5 月29日)」公益社団法人 日本医師会
https://www.med.or.jp/dl-med/kansen/novel_corona/shinryoguide_ver2.pdf
※日本医師会ホームページ「2021年7月7日付 新型コロナウイルス感染症」参照
https://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009082.html

Posted by yn at 2021年07月10日 12:41 | 返信

”高い抗体を獲得している人に間髪を入れずに2回も接種をして安全なのだろうか”
”なぜコロナだけは抗体獲得者にもワクチン接種を勧めるのか”・・・。
私は自然免疫獲得(知らぬ間にコロナ感染して、知らぬ間に回復した)が一番いいと思いますし、陽性になって自宅療養で回復した人にワクチン接種は不要だと考えます。ワクチン接種をしている人の中には、自然に免疫獲得をした人もいるはずで、不要なワクチン接種で身体に悪影響が出ないことを祈ります。

Posted by 高齢の変人男性 at 2021年07月10日 01:20 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会