このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

誰のための新規感染者数カウント

2021年07月29日(木)

東京の感染者が3000人を超えた。

メデイアと永田町は大騒ぎ、だ。

でも繁華街の人流は増加の一途。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



もはや、緊急事態宣言の効果はない。

人々は、政府の言うことを信じない。


新規感染者が増えても、重症者はそこまで増えていないし

なによりも死亡者数は減少していることを知っているから。


そもそも、

誰のために新規感染者の発表、なのか。


1)煽り屋さんワイドショー?

2)専門家やコメンテーター?

3)分科会の先生?

4)知事や政治家?

5)保健所の権限の保持?



もう、いいんじゃないかな。




当院でも毎日、数人の陽性者が出る。

皆さん本当に若く、お元気、である。


外見では、インフルと見分けがつかない。

冬になれば、インフルの検査もしないと。


ほとんどが、自宅療養になる。

家族内感染も多い。


しかし保健所の一言が、感染者の不安を増幅させている。


たとえば、4人家族で3人が陽性で1人が陰性というケースでは

陰性の人が数日後に発熱しても保健所は再検査を禁じている。


濃厚接触者が数日たって感染が判明することはいくらでもあるのに、

任意の地点での感度5~7割のPCR検査だけで済ますのもどうなのか。


検査は、感染拡大防止のためなので柔軟にできる体制を整えるべき。

しかし保健所は、自ら決めた「一回縛り」に固執しているので滑稽。


あるいは、全員自宅療養指示だけで医療的な介入が無い。

不安になった感染者は薬を求めてバンバン助けを求める。


自宅療養者に対しても、医療や医者が必要なのだ。

昨年4月からずっと同じことを言っているけどね。


こんなことを書くと怒られるかもしれないが、

僕にはインフルエンザに見えてしょうがない。


3歳や5歳児の感染は、インフル以下。

風邪症状もなく、あっても微熱程度。


そりゃ、中には30代、40代でも中等症はいてそれを見つけ出すのが仕事。

酸素飽和度が95%以下の人にはCTを撮るが、肺炎を認め入院勧告をする。


油断大敵であることは変わっていないが、インフルでも同じこと。

要はしっかりと経過観察をして重症化の予測と早期発見が重要だ。



今政府がやっていることは全国の風邪患者数を毎日、全数

一生懸命数えては、大騒ぎしているように思えてならない。


そのうちピークをうつ。

心配しなくても、必ずうちます。


インフルだってノロだってRSだって黙っていてもウエーブを描く。

コロナだって黙っていても、実に奇麗なウエーブを描いてくれる。


コロナはそのような行動をするウイルス(変わり者だけど極悪ではない)

であることは、この1年半の行状観察で、既にハッキリしたではないのか。


1万数千人もの方が亡くなったのは、ハッキリ言って「人災」。

最初から、このブログの通りやっていたら限りなくゼロにできたはず。



第一波から緊急事態宣言のお陰で波が減じた、と皆、信じている。

いや、本当は無関係なのに「そう思いたい教」に洗脳されている。


人流が感染拡大にまったく関係ないわけではない。

インフルでも関係するから学級閉鎖というものが存在する。


だからある段階までは、人流抑制は効果がある。

しかし長期間、漫然とやると協力者は激減する。


すなわち、今、起きている新規感染者数増加は仕方が無いと考える。

オリンピックとの直接関係は不明だけど、人流増加には関係がある。


あと、ワクチン、だよね。

これについては改めて書く、


いずれにせよ、

・いつまで数に一喜一憂しているのだろうか。

・いつまで保健所での目詰まりを容認するのか。

・いつまで普段の病診連携を禁止するのか。

・いつまでこんなクレージーな宣言を続けるのか。



僕の勝手な想像だけど、政府は今

・自粛のやめどき(英国のような開放)や

・5類落としを、迷っている、のではないか。



このブログを読んで頂いている国会議員の先生に、提案がある。


五輪を境にして、五類に落としませんか?

「五」という数字が日本の明暗を分ける。


災い転じて福となす、唯一の方法だと思う。

凋落の一途にある政権支持率は反転、する。


たったそれだけで、感染者数の発表は無くなり、

保健所縛りが無くなり死亡者はさらに減るから。



このような現場からの提言は、メデイアは、絶対に報じない。

理解できないだろうし町医者の戯言など信用してもらえない。


だからここでしか発信できない。

しかし現場の人間の実感である。



PS)

コロナチャンネル #445_


変異株~若い人の重症化をどう防ぐ? →こちら



8月12日の映画&ライブは、残席わずかになってきた。→こちら

さあこれから練習します。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生のブログ、たいへんためになります。
最前線で、今現在のコロナの患者さんたちを診ている人の、お話ですからね。
1年半たってみて、少しずつでも、何がわかってきたのか、それを発信してくださって、本当にありがとうございます。
たくさんの人に読んでもらいたいので、私もできる限り人に勧めてみます。

Posted by かーぷ at 2021年07月29日 10:50 | 返信

中日ドラゴンズの木下雄介選手
「接種から数日後、彼は名古屋市内の練習場でかなり力の入った激しい運動をしていました。その最中に倒れ、大学附属病院に運び込まれたのです。容体は現在、重篤で……」

 声を詰まらせて続けるに、

「まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいます。人工呼吸器を外すこともできません。奥さんが付きっきりですが、ショックを受けておられて気安く声をかけられるような雰囲気ではない。この事実を知っているのは、与田剛監督はじめ首脳陣と、ごく限られた一部の選手だけです」

新日プロレス

飯伏は10日、11日の北海道・真駒内大会を新型コロナワクチン接種による副反応の症状がみられるため欠場した。その後19日の茨城・龍ケ崎大会に出場を予定していたが、体調不良のために欠場。その際にPCR検査を行ったところ、結果は陰性だったことも発表。今回改めて病院で精密検査を行った結果、医師から「誤嚥性肺炎」と診断されたことを発表した。そして今回の「誤嚥性肺炎」は、新型コロナワクチン接種との因果関係はない事を合わせて発表した。

ワクチンと関係ありそうな気がしますが。。。

そして、CDCは、2021年の12月をもって、RT-RCR検査の承認を取り消すそうです。合わせて 新型コロナとインフルエンザを区別できる検査の在庫を用意しておくように通達しているニュースになってました。インフルエンザの患者が去年は減ったとあったが、多くは、新型コロナとしてカウントされていたって話もでていたようですし。。。。

今 はやっているのは。。。インフルなんじゃないんでしょうかね・・・。

Posted by あまっこ1974 at 2021年07月29日 11:36 | 返信

同感です。
もう近所のクリニックで、当たり前に「コロナだね。お薬出すから1週間位学校、会社休んでおとなしく寝ててね。」になって欲しい。
未だに発熱外来も見つからない、コロナ難民状態が続いています。良い加減にして欲しい。

Posted by 匿名 at 2021年07月29日 01:20 | 返信

先生。三宮で練習ですか?私も今日三宮のドイツのパン屋さん40年前から通い大好きなお店、そこのクッキーが大好きなんですフロインドリーブです。
今日行こうと思っていましたが辞めました。コロナと暑さで通販でお取り寄せしました。暑いね挨拶を。

先生、声が出ていますね随分歌いこなしているんですね🎤お上手です・・。
北海道でのマラソンも暑いでしょうね、ナイターにすればいいのに。と思っています。ホノルルマラソンは朝5時に号砲、ダイヤモンドヘッドで夜明けを見ます・・その後が地獄、遅い組なんでカンカン照りの中歩きながら走ります、42.195.7時間59分46秒でフィニッシュ全身筋肉痛、ほとんど練習しないからです。ホノルルマラソンは制限時間が無いのですよそこが好きです。
今日もワクチン予約で市に聞きました、モデルナで自衛隊の所しか今は無くて・・と。涼しくなったらその時また考える事にしました。先生は打ったのですか???

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年07月29日 02:03 | 返信

🐾

練習頑張って。
うめ🌺(代筆 綾小路)

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年07月29日 03:09 | 返信

五類にしておけば、五輪への逆風もなかったと思うのですが。
メダルに湧くマスコミ報道には素直に感動しながらも、今までのことは忘れてません。

政治判断をする材料となる情報なり資料は、どのように整理集約されているのでしょう。
どんなお話がお耳に入っているのかな。
エライ方々は世間と離れて、バブルの中におられるように思えてなりません。
お話が真ん中に届くまでに、色んな人の色んな思惑、忖度、ないですか?

長尾先生の心を込めたお言葉も、受ける側のアンテナはどこへ向いているのやら
余裕が無くなる程に視野が狭くなり、聴く耳を持たなくなる。
「今日、耳、日曜~」昔あったCMが脳内ループしてます。

Posted by taco at 2021年07月29日 03:13 | 返信

国民をより貧乏に、より不幸に持っていくのがこれからの政治トレンドで、そのための第一歩がコロナ詐欺ですので、私の脳内では、良心的な意見が採用されるか「?」マークが3つくらい付いています。もちろん、常識と科学に基づく意見が採用されるべきであるとは思っています。

少し批判されたくらいで政策を取り下げるくらいなら、最初からコロナ詐欺、PCR詐欺、ワクチン詐欺などしていません。

米国では、ワクチン未接種者のリストを行政が作成し、役所が「お注射隊」を結成し、頼みもしないのに各家庭の玄関前に押しかけ、その場で接種するよう説得する案が、真剣に検討されています。

米国でも薬害事件があり、治験を省略した投薬で発生した薬害訴訟で政府が負けています。軍隊で実験中の怪しい薬を「訓練」と称して投薬され、重篤な障害を受けた被害者も普通にいて(←恐いですが)、政府を信用していない人口は多い。このような前提があるにもかかわらず、米国政府はワクチン接種者にお金をプレゼントするキャンペーンを張っています。そこまでする理由が何であるのか、情報が隠されていても、まずは疑ってかかるべきでしょう。

あと2週間ほどで夏が終わってしまうイギリスでは、夏の楽しみを奪われた国民の不満が爆発し、暴動が起きそうだから規制を一時的に撤回してみただけです。政策決定の権限をもっている御用学者は、相変わらずの思考回路と態度です。

どの国でも規制強化、ワクチン強制の話をしていて、その逆はありませんね。オーストラリアの一部州では、「家庭内でもマスクし、家族間で会話するな」とまで政府が指図しています。

ましてや米国の植民地である日本が、ご主人様の意向に逆らって方針転換するシナリオは考えられません。

木下雄介選手は、ワクチンのせいで血液ドロドロになったところに激しい練習をして脱水症状を起こし、症状が悪化したのではないでしょうか?練習せず、水分補給に務め、血栓が少しでも溶ければと納豆でも召し上がっていればよかったのかもしれません。脳にも影響が出ているということで心配ですが、保険医療でできることは限られています。

我が家(都23区)の近所では、ワクチン接種が始まってから救急車の往来が多くなりました。夏の暑い日に救急車が出動するのは毎年の光景ですが、今年は「今日は何回目?」という感じです。ワクチンのせいでなければいいのですが・・・。

Posted by 憂国人 at 2021年07月29日 05:44 | 返信

先生~。思う存分歌ましたか❔今度はドラムやサックスなどのオーケストラ付きで張り切れますね。
大阪はやはり,思っていた通り来月2日から緊急事態宣言に入ります。大阪が自粛すれば兵庫の数も少なくなるはずです。
明日孫達とランチに行こうと決めました。八月は次男孫と私の誕生月です、静かにパーティします。
高校野球兵庫県でよかった~ぁ。usjは又閉まるのでしょうね、友人が泣きます68歳男子元サーファー血圧上200常にです、又上がるんやろな・・煙草一日2・3箱。早くオリンピック終わって欲しいです。4年経ったらまた会いましょと~♪
オレンジのウエアー良いですよね欲しいなぁ~。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年07月29日 07:48 | 返信

「オリンピック・パラリンピックを開催する」これが至上命題であれば今までの施策もある程度納得はできます。自分が政治家の立場であればと考えると、とても五類への格下げはできないと思います。個人の立場ではそうしてほしいのですが。

まず自粛は徐々に解除したいと考えるでしょう。政府ができるのは自粛ムードを作るくらいなので、緊急事態宣言を乱発して国民の方から徐々に自粛しなくなっていくのはかなりいい方法かもしれません。そして「これだけ自粛解除したのにこのくらいしか重症者・死亡者が増えなかった」と実績ができ、これなら緊急事態宣言解除して新型コロナの扱いを五類相当に格下げできる、と。

東京都の数字を見ると、陽性者が増えた割に重症者が増えていない印象です。今年冬の第3波の3倍の陽性者数が出たが、重症者は1.5倍程度だった(重症化率は半減)、みたいな数字は出ると思います。そして重症化した後期高齢者の濃厚治療をやめることで医療機関への負荷も第3波並みかそれ以下にできます。

今年の12月以降はさすがに警戒しないといけなくなりますが、それまでに行動制限が解除された期間を作らないとさすがにもう自粛はできないでしょう。9月中に行動制限が解除(できれば人ごみではマスクしましょうね、くらい)できる可能性は大いにあると考えます。

Posted by 広島の赤牛 at 2021年07月29日 09:08 | 返信

「誰のための新規感染者数カウント」拝読いたしました。私は感染者数(入院者、自宅療養者、隔離施設入所者、入院待機者、重症者、死亡者等)の発表は、大切な情報であると思います。発表が無ければ実態が不明ですし、政府の対策が良いのか悪いのか判断するデータが無くなります。また、個人の行動、心構えもそれによって違ってくると私は思います。良くないのは、政府、厚労省、分科会が相変わらずコロナ感染対策を変更せずに「緊急事態宣言」を出し続けている事であると考えています。
また、日々発表される感染者の数字そのものにも私は大きな疑問を持っています。東京都の外部向け「重症者」の定義は、長尾先生初め、皆様良くご存知のとおり、国(厚労省)の基準と全く違います。国(厚労省)の基準は『①集中治療室(ICU)で治療②人工呼器を使用③ECMOを使用のいずれかにあてはまる場合』であり、東京都の基準は『人工呼吸管理または、ECMOを使用している患者』となっています。私がネットで検索した資料(2021.7.21 しんぶん赤旗電子版 『東京重症4波超え』)によれば、国(厚労省)基準で発表すれば、重症者数は567人(7.18現在)と東京都発表58人より約十倍程度増えます。以前より国(厚労省)から何度も国の基準に合わせるよう指導がありましたが、東京都はがんとして拒否し、国には国(厚労省)の基準で、都民には東京都の基準の少ない方の人数を発表し続けています。小池都知事が何故、国(厚労省)と異なる基準で発表し続けるのかその理由は、『専門家の意見を踏まえ、東京都の医療現場の実態を反映している。』と語っています。私はオリンピックをひかえて出来るだけ、重症者数を抑えたいという考えが小池都知事にはあったのではと想像しています。しかし、そのことが都民に与える影響までは考慮されていないのではないかと私は思います。約600人近い重症者がいるという場合と約60人重症者がいるという事を比較した場合、都民と医療機関に与えるインパクトが全く違うと私は思いますし、国(厚労省)の基準の方が重症者の実態に合っていると思います。
現在、首都圏では、ご存知のように日々感染者が増え続けています。感染者が増えれば、重症者、死亡者も増えると私は思います。今必要なことは、出来るだけ65歳以下の「ワクチン接種」を進展させること、PCR検査を「有症状者」と「濃厚接触者」に限定している行政検査ではなく、京大の山中教授の主張のように、民間検査機関、大学研究機関を活用しPCR検査を拡大して「無症状感染者」を発見し感染の拡大を少しでも防ぐことであると考えます。また、日本医師会にも、政府や開業医、保健所の方々に対し特に、自宅療養者、隔離施設入居者の方々が何の治療も成されず放置される事が絶対に無いよう、医師による手厚い医療措置が常に行われるよう強力なメッセージを発表していただきたいと私は思います。
偉そうなことばかり書き連ねてしまいましたが、ご容赦下さい。
猛暑が続いております。長尾先生、スタッフの方々、お身体に気を付けてください。

Posted by 洋ちゃん at 2021年07月29日 10:32 | 返信

>新規感染者が増えても、重症者はそこまで増えていないし
>なによりも死亡者数は減少していることを知っているから。

全国的に5月の前回流行期をピークに死亡者数は著しく減といっていいレベルではあるようだ
医療現場のノウハウ、対応レベルも習熟し、救命率にも表れているのかもしれない 特に東京、大阪、北海道等
ただし、感染力は今回、ある程度増しているのかもしれないが
東京都が他府県と違う基準で集計しているので、過去流行期と比べて重症者数の発生数、レベルを一旦比較しての
判断も必要では? 国レベルで実施中かどうかは不明
少なくとも、全国レベルの緊急事態宣言は不要だと思う

>そりゃ、中には30代、40代でも中等症はいてそれを見つけ出すのが仕事。
>酸素飽和度が95%以下の人にはCTを撮るが、肺炎を認め入院勧告をする

自宅療養者数が増え、この対応の恩恵を受けられない人をいかに減らせるかのような気がする
ここがうまく対応できないと、医療に手が届かずに亡くなる人が出ることになる

ただ、海外でも隔離やマスク着用が見直され始めているように
ワクチンの1本足打法だじぇでは、まだ収束には難しそうではある
早く経口の薬がインフルのように普及すればだいぶ違ってくるのではないか

しかし、なんで1年半たって、発熱外来やcovid-19受入医療機関がほとんど増えないままなのか
少ない絶対量のキャパではすぐにいっぱいになるのは目に見えている
全国の公立、民間含めた内科、呼吸器科の医療機関、医師の内一体何%程度だけでの対応なのか
今回のcovidだけではなく、数年おきに発生すると言われている感染症パンデミック時にまた同じような
状況が繰り返されるのではないのか

Posted by 匿名 at 2021年07月30日 05:18 | 返信

「政府は今、自粛のやめどきを探っている」のでは?
コロナで(ある程度の)死者が出るのは仕方がない。感染者が3000人を超えても死ななきゃいいじゃないか。今までも風邪やインフルエンザで大騒ぎはしていなかった。
ただし、日本人が医療依存の考えを改めて「風邪ぐらいで病院に行かない」と決意する必要がある。

Posted by 丘の上の変人 at 2021年07月30日 09:46 | 返信

虚偽取り混ぜてではあるものの、既に感染予防に必要な知識は散々流布されており、履行するつもりがある人々は、行政に言われずとも、自身の生活に合わせる形で、これらを取捨選択して実行している。しかし、一方には感染予防への意識が乏しい人々も存在するし、思いがけない感染もある。前者は緊急事態宣言に無頓着だし、後者を防ごうとすれば、罹患もしていないのに隔離生活を送ることとなる。政府は新たな緊急事態宣言の導入と延長を決定したが、それも感染予防に無頓着な人々には柳に風で、その一方で、これまでも積極的に感染予防に取り組んでいる人々に対しては、実現性が乏しく、不利益が多い、生活の隔離化を促すことになる。結局、感染者数の増加抑制効果は薄く、それ以上に、人々の活力を奪う愚策だと考えます。

Posted by 楽観主義者 at 2021年07月30日 09:52 | 返信

千葉県で看護師をしています。
先日、20代の息子と同居人が39度越えの発熱・頭痛・関節痛の状態になりまして、実験も兼ねて 自宅で通常の風邪やインフルエンザの時の対応&ビタミン等も含めた栄養療法を実施しました。
翌日には37度前半、3日間でほぼ完治しました。
息子の悪友達の間で、その時のビタミンセットが流行っているようです(笑)

Posted by 扇田美香 at 2021年07月30日 12:08 | 返信

ほんとこの通りです。先生の勇気ある発言に感謝です。先生のようなお医者さんが増えたら日本は良くなります。

Posted by 本城武則 at 2021年07月30日 12:34 | 返信

誰のため

ワクチン利権?

Posted by 通りすがり at 2021年07月30日 12:42 | 返信

いつも心を休めることができるのは先生の発信のおかげです。
ありがとうございます。
シンガポールではインフルエンザ程度の感染症にしたそうです。当たり前です。イギリスもアメリカもマスクを外しているのにいつまで誰のためか分からない数字の報道してるんでしょうか?医師会は、患者を診ることもなく、あのように会見ばかりして自分たちが目立とうということしか考えていない。先生が分科会に入っていただいたら、もっと楽しいオリンピックになったかもしれませんね。一日も早く平穏な日々が戻りますように。先生もご自愛ください。

Posted by あつき at 2021年07月30日 01:40 | 返信

アメリカのお注射隊の話にはさもありなんと思いつつ、銃撃事件にならないか心配しています。強要された人もしくは家族がブチ切れて……想像したくないけど ありそうだな。

Posted by 河西一幸 at 2021年07月30日 06:28 | 返信

>今政府がやっていることは全国の風邪患者数を毎日、全数一生懸命数えては、大騒ぎしているように思えてならない。

これは風邪患者の一部あるいは症状はなくても風邪かな?っておもった無症状の人で検査を受けて陽性になった人 を数えているのです。感染あるいは検査したら陽性になるであろう人のなかで検査しない人はそのへんにたくさん存在しているのです。満員電車ではたくさんのクラスターが発生しているけど、追えないだけなんでしょう。

Posted by 岩谷 道生 at 2021年07月31日 01:43 | 返信

「イギリスがコロナ規制を一気に全廃した」というニュースに、付け加えておきたい重要な事実を追記します。

撤廃の発表と同時に、PCR検査を頻繁に実施し、陽性反応が出た人にはスマホ・アプリで「あなたは今日外出してはいけません。出勤、通学すべて禁止です」と通知するシステムが稼働しています。役所から電話で連絡が入るルートもあります。

そのため、通知を受けた人が毎日、全国で200万人も出勤しない異常事態が発生しました。今日どのスタッフが出勤するのか見通しが立たないため、あらゆる職場が動かなくなってしまうのです。特に流通部門では、運送ドライバーが毎日大量欠勤ですから、大混乱を引き起こしたのです。

慌てた政府が、基幹産業だけ出勤してよいという指示を出しましたが、まだ混乱は完全には収まっていません。

また、世界中の国がイギリス人の入国を制限していますから、イギリス国内だけ規制撤廃しても、国際交流は再開できないのです。出入国の枠組みは、世界共通にして初めて機能します。

冒頭のスマホ・アプリの通知に戻りますが、当初からコロナ騒ぎの一つの目的であった「政府が個々人の行動を規制するシステムを、史上初めて導入する」ことに成功したを意味するので、表に出てこない真の為政者は大喜びしています。

毎日200万人の人が出勤せず経済が大混乱しているという問題はあるものの、役所という職場は「小さく産んで大きく育てる」という発想をします。初期には多少の不備があっていい、と考える。時間を掛けてシステムを改善していき、最終的には力尽くでも目的を達成させます。

スマホとGPSとアプリを組み合わせれば、政府が国民の一人ひとりに命令を出し、その行動を監視することができる。回線が混雑している4Gでは単純な通知を送るのが精一杯。しかし、高速通信が可能な5Gになれば、指示と、褒美と罰(アメとムチ)を組み合わせることで、人々の言動を中央から規制・誘導・監視することができる。

電子的な管理手法に予算をかけ、世界に先んじる点は、極めてイギリス的です。

日本ではコロナ死がほとんど発生していないにもかかわらず、「都市封鎖しろ」という声が聞こえてくるようになりました。日本も必ずや、イギリスの後追いをするでしょう。

最初は「未知の病コロナ」という設定だったのに、後遺症が恐い、医療崩壊だ、希望のワクチンだ、ワクチンが足りない、ワクチン副作用が恐い、オリンピックの感染症対策に天皇が拝察政治介入したなどと話題を右に左に振られ、私たちが混乱していると、気付かぬ間に社会の基本理念、基本構造を変更されてしまいます。それでいいのか、という話です。

「都市封鎖法制を求める声も 「人頼み」の日本モデルに限界」(産経)
https://news.yahoo.co.jp/articles/173cdb0d187bb917a81c974d45989c6948821605

Posted by 憂国人 at 2021年07月31日 02:10 | 返信

死者数なんてピーク時の10分の1以下です。PCR陽性者を感染者と誤魔化してまで数を煽る理由が本当に分かりません。COVID-19は、もはや季節性インフルエンザ以下の感染症といってもいいと思います。
さっさと5類にして、軽症者を多くの病院で受け入れられるようにすれば多くの問題が片付きます。頭にくるのはそれが分かっているくせに決断しない首相の優柔不断なところ。リーダーとしての信念が感じられません。

Posted by 野嶋律史 at 2021年07月31日 07:39 | 返信

先生の意見に賛同ですけど
政府がというよりマスコミと特定野党と医師会と一部専門家が
ブレーキかけてるんだと思いますよ
日本の総理は世界一権力がないんですよ
この国は

Posted by 匿名 at 2021年09月15日 12:28 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会