このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

BSフジ・プライムニュース いい2時間でした

2021年08月03日(火)

BSフジのプライムニュースに出演させて頂いた。

自分で言うのもなんだが、今夜はいい内容だった。

抗体カクテル療法など治療法が討論テーマだった。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



「コロナ禍の9割は情報災害」(山と渓谷社)

が売れているみたい。


こんな本を書いているものとして、テレビは大切なメデイアである。

往診の合間に車のテレビでチラチラ観ているが、ろくな番組がない。


「ろくな」という意味は、「本質に迫れていない」という意味である。


その点、昨夜のプライムニュースは、コロナ禍が始まって1年半の

なかでは、かなり本質に迫っている番組ではとやりながら思った。


20時~22時の2時間の生放送。

司会の反町さんと新実アナと5人での舞台。


19:20集合で、デレクターさんから簡単な説明のみ。

一応台本はあるけども、あって無いようなものだと納得。


事前にタブーなどの禁止事項は一切なし。

そこはさずがに「大人の番組」なのです。


前回の出演は4年前だった、と聞いて驚いた。

ええ、もう4年もたったの?あの時は50歳代。


今夜のライブは、TVショートしてバランスが良かったのではないか。

自分自身は60点程度の出来だったけど、言いたいことはまあ伝えた。


-------------------------------------


2021年8月2日(月) BSフジ プライムニュース

『コロナ軽症薬を初承認抗体カクテル徹底検証開業医が語る感染状況』  


東京で新規感染者数が3000人を超え、これまでにないスピードで感染拡大する新型コロナウイルス。ワクチン接種との両輪で新型コロナへの"武器"として渇望されるのが治療薬だ。そうした中、4つ目の治療薬として軽症者に使用できる「抗体カクテル療法」が特例承認された。政府は今年の国内供給量分を確保したことで合意したと発表。  


また、国内の製薬会社が開発する飲み薬タイプの治療薬の治験が始まるなど、新たな治療薬の開発なども進んでいるが、ワクチン開発で海外に遅れをとった日本は、治療薬開発で巻き返すことはできるのか?  承認・実用化に向けて、有効性と安全性をどう担保しながら開発のスピードをどう加速させていくべきか?新型コロナへの"武器"を最大限活用するためにはどのように体制を整備すべきか?コロナ診療の現場の生の声を交えながら、治療薬の現状と見通しについて議論する。


ゲスト

古川俊治  自由民主党参議院議員 自由民主党ワクチン対策PT事務局長

長尾和宏  長尾クリニック院長

鳥集徹   医療ジャーナリスト


以下、ダイジェスト版。



『コロナ軽症薬を初承認 抗体カクテル徹底検証 開業医が語る感染状況』

【前編】(17分37秒)  →こちら


『コロナ軽症薬を初承認 抗体カクテル徹底検証 開業医が語る感染状況』

【後編】(23分19秒)  →こちら


-------------------------------------------


18時間後には、菅総理、田村大臣が記者会見を開いた。

「軽症者は在宅療養」と、療養方針を180度転換した。



お台場は、外国からの五輪選手がたくさんいた。

市民と動線の区別はなく、感染蔓延は必至、だ。


やはり、中止した方がいいと思った。

この時期に開催するのは無理すぎた。



PS)

コロナチャンネル #450_


コロナ禍で答えが出る⁉、近藤誠氏「がん放置理論」の真偽  →こちら



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先生、テレビ出演お疲れ様でした。
最近はコロナチャンネルを見てから寝るのが日課となりました。
政府が発表した在宅療養について、先生はいかがお考えでしょうか?

Posted by ふに at 2021年08月04日 12:27 | 返信

お疲れ様でした🐾

早くコロナが落ち着いて2025年問題についてなどの
また色んな勉強会に参加したいです。
https://youtu.be/yNelc6GJbp0

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年08月04日 12:46 | 返信

すべて録画して視聴させていただきました。前回は誠に失礼ながら司会の反町氏に押され気味という印象でした。この番組は生放送なので司会が何を言ってくるかわからず、ゲスト出演者は非常に対応が難しいと思います。今回は古川先生のコメント時間が長かったため、長尾先生、鳥集氏のコメント時間は限定されていましたが、お二人とも限られた中で言うべき要点はすべてコメントされていたのは流石だと感心いたしました。お二人のコメント時間が短かったのがむしろ良かった気がします。
以前は前医師会長がよく出演されてコメント発信されてました。現医師会長はいったい何をやっているのでしょうか?
同時間帯にBS-TBSの報道1930という番組がありますが、こちらも本質に迫っている番組ではないかと思われます。
抗体カクテル療法の薬は現時点では高額で確保が難しい。抗体カクテル療法は重症化リスクのある軽症に使用する。登録した2000の病院の入院患者のみ使用できる。しかし昨日発表された政府の方針は重症しか入院させない?まったく意味不明です
いきなり軽症・中等症を開業医が往診で診てくれと政府に言われて、現医師会長はできるかどうかわからんとコメント。
おそらく開業医にコロナ往診ができる医者が殆どいないのが現実なのではないかと思います。開業医は高齢者が多いので、この猛暑の最中にPPE完備で往診すれば、熱中症・脱水症・脳卒中・心臓発作などで倒れる人もいるかもしれません。個人個人でこの仕事をやるのは本当に大変ですので、せめて医師会の診療所のように時間交代制でやれないものでしょうか?
1人開業医が通常診療とコロナ診療を同時にダブルタスクでやれるとは到底思えませんので。これまで1年半、数少ない病院の呼吸器内科医にだけ、コロナ診療を押し付けてきましたが、もはやそういうフェーズではないと思いますね。

Posted by マッドネス at 2021年08月04日 07:06 | 返信

TV拝見致しました。テンポのよいやりとりに二時間はあっという間にすぎました。
政府のワクチンの位置付け、新しい治療薬に対する考え方、現場を知る先生の意見、
そしてジャーナリストからみた視点と、一堂にかいしてのやりとりは見ていて勉強になりました。
一般の報道は、感染者数と緊急事態、しかないですから。
東京が大阪並みに自宅療養(要は放置ですけど)が増えてきたら、慌てて入院基準が変わったように
感じるには私だけでしょうか?
地域それぞれで人波も感染状況も違う中、もうここまで市中感染しているんだから、5類にさげて
地域医療で早期発見早期治療に舵をきってほしいです。 そして重症化数を減らし病院の負担を軽減してほしい。
政府の考え方で落ち着いてから下げる、ではあと何人亡くなれば納得いくんでしょうね、悲しい。
新しい治療薬も追加され、対処方法も見えてきた現在、自粛自粛でただ隔離するだけでなく、それぞれが出来ることをやる。
その前提として
五輪後は5類へ! これが多くの命を救う鍵 本当にそう思います❗
先生、ずーっと応援しています。今日も良い日でありますように~

Posted by うさ吉 at 2021年08月04日 09:54 | 返信

生放送2時間、お疲れ様でした。言いたいこと何とか仰られたようで、良かったです。
ところで番組冒頭で流れた「新たな医療提供体制 方針決定」の報に一瞬期待したのに
その後、昨日のテレビやネットの報道を追っかけてもスッキリしません。
開業医が自宅療養者を往診やオンライン診療でフォローをする、それは治療や投薬まで出来るのか、
それとも経過観察までで、やっぱり病院に入院してから治療開始なのか?

長尾先生はプライムニュースで、自宅療養者の不安と孤独を強く訴えておられましたね。
もし自分が軽症で在宅として、お医者さんが来てくれるとなったら嬉しいです。
それがお医者さんなのに治療出来ないお薬出せない、となったら期待外れでガックリするかも。
(先生のように治療に取り組むお医者さんがいる事を知っていれば尚更です)
軽いうちに開業医が早期治療や投薬、それで治まらないなら大きな病院へ。やっぱりダメですか。
緊急事態で人の動きを縛るなら、緊急事態だからこそお薬のことも特別に認められないのか
イベルの治験、どこまで進んでいるんだろう。素人が考えてもしょーがないのに、気になります・・・

Posted by taco at 2021年08月04日 10:22 | 返信

夫がオリンピックを見ていたので、パソコンのライブで視聴しました。普段ワイドショーの類は見ないので、確かなコロナ情報を知りたかったものとしては、大変充実した内容だったと思いました。長尾先生節はかなりトーンダウンでしたが、全国ネットだと致し方無いでしょうね(^^♪後のお二方のご発言も期待以上にわかりやすく、腑にに落ちる内容でした。先生のおっしゃった怖い怖い病から国民を救うのが一番大事だ私も思っています。罹っても、薬があって、ちゃんと治療してもらえるという安心感があれば必要以上に恐れを持たないと思います。実際問題としては、みんなが長尾先生のところに行けるわけじゃないので、ここ京都でちゃんと診てくれるドクターがいらっしゃるのか?とちょっと考えました。ご出演お疲れさまでした。

Posted by モウチャン at 2021年08月04日 01:29 | 返信

在宅療養でも、抗体カクテルが利用できるようになればいいですね。
先生の武器が増えます。


最近、モデルナ接種後 髪の毛が抜け始めて、脱毛症になった女性のブログが話題になっています。
https://ameblo.jp/ayapipipiii/entry-12689531807.html

Posted by あまっこ1974 at 2021年08月04日 01:45 | 返信

以前、コロナ感染について、長尾先生の動画だったか記事を拝見していたので、なんとなく危険な状態を知っていました。
自宅療養4日目の主人は熱もさがらず酸素飽和度が93~96を行ったり来たりし始めたのを見て、保健所にその数値と脂質異常について説明し、ホテル行療養から入院に変更のお願いをして、運良くすぐに入院治療を受けることができました。やはり肺炎を起こしていました。中等症で入院し中等症2になりました。ひどければPCRの結果が出て保健所から連絡が入る頃にはかなり病状が悪化していることもあり得るだろうなと感じました。
先生の情報発信には感謝しかありません。先生のように診てくださるお医者様が近くにいらっしゃる方はラッキーとしか言いようがありません。
体調を崩した主人を、医師に顔すら見てもらえず、電話しても何も治療はできない、大変になったら救急車を呼んで、と言われた時ほど不安に思ったことはありません。自分の身は自分で守るしかないんだなと肝に銘じました。感染した者は自業自得なんでしょうか。近所のお医者様が診て判断してくれるようにならないかぎり、コロナは終わらないと思います。

Posted by 東の民 at 2021年08月04日 02:24 | 返信

初めてコメント致します。
昨年初めての緊急事態宣言でステイホームを余儀なくされその間コロナについてネット検索してこちらを知り以来ずっと私の心の拠り所となっています。先生と同じ年のコロナ怖い怖い病の女性です。ワクチン2回打ってもまだ怖いです。
どれだけマスコミに洗脳されているのか・・先生のブログや動画を拝見していてもこれですから困ったものです。

昨日のプライムニュース拝見しました。ダークスーツとオレンジ色のネクタイお似合いで、それから知性あり貫禄ありで同年代としてうれしい限りでした。そして先生のお話がどれほど現状において理にかなっているかが再認識された番組でもありました、

ここ数日夕方のニュース番組に出演されている開業医の先生が長尾先生と同じことをおっしゃるようになりました。
医師会の姿勢や、感染症引き下げのことなどを。1年半たってようやくと思いますが、だんだん光明が見えてくると
良いなと感じています。

ただ昨日の番組で先生も医療ジャーナリストの方も5類引き下げを今すぐにでもとおっしゃっられたのに、医師であっても官僚である古川先生は、「未知のウィルスですから、それはまだ・。」と言われたのを拝見して、あー。やっぱり
国ってそうなんだーと思ってしまいました。

先生、猛暑の中お疲れさまです。お体にはくれぐれもお気を付けくださいね。

Posted by ミキ at 2021年08月04日 08:33 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会