このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

みんな在宅医療を知らないんだね

2021年08月05日(木)

菅総理の発言は、準備不足と説明不足。

まずはインフルと同じ扱いにしてから。

それと誰も在宅医療を知らないんだね。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



在宅医療=放置、と思っている人ばかり。


人工呼吸器を付けたALSの患者さんを常に何人か在宅で診ている。

酸素濃縮器を吸っている慢性呼吸不全の患者さんも診ている。

病院が見放した寝たきりの患者さんも在宅で診ている。

様々な末期がんも在宅で最期まで診ている。

呼吸器を付けた赤ちゃんも在宅で診ている・・・


彼らが肺炎になったら自宅で治している。

そんな人を600人、診ている。


でも彼らは「放置」されているのか?

NO,NO! 医学的管理をしています。


だから軽症のコロナを自宅で診ることに何の抵抗もない。

オカシイですか?全然普通の事だと思いますが。


でも、そもそも自宅でコロナを診たくて診ているわけではない。


1)第4波では医療逼迫でほぼ全員が入院できなかったから

2)認知症で入院ができなかったから

3)本人が入院を拒否して頼まれたから

4)保健所から頼まれたから

5)保健所→尼崎医師会のコロナ在宅チームから頼まれたから

6)第五波の関西のように入院できるけども、本人が在宅を選んだから


1)~6)のどれかであろう。

ちゃんと理由があるのだ。


ひとつ言えることは、

・無理やり在宅療養ではない

・在宅でも24時間、管理している

・ステロイドやイベルメクチン等で治療もしている(今後はロナプリーブも)


コロナを在宅で診るとは、そういうことなのだ。

僕は、この1年半、200人以上にそうやってきた。



しかし菅総理は、そんなことをすっ飛ばして会見したので

真意が国民に全く伝わっておらず明らかに説明不足だった。


あと、コロナを24時間管理する在宅医が増えないのは

1)自分が感染するかもしれないから

2)風評被害から患者減少を恐れている

の両方だろう。


医者によって、1)と2)の割合は様々だと思う。

ちなみに僕の場合は自分は感染しても100%死なない自信があるからだが。



今日の大混乱を一発で払拭する方法がある。


それは、インフルと同じ扱いにすることだ。

誤った法律が一番の足かせになっていることに気がついて欲しい。


そうすれば、恐怖や偏見や風評被害は無くなる。

通常医療と同様に病院に直接連絡して入院依頼ができる。


インフル患者が何万人発生しても医療崩壊しない。

インフルや風邪を診たから差別されることもない。


それは通常に医療を提供できるから。

必要な人は直接入院交渉できるから。


インフルと同じ扱いにするということは、「保健所外し」と同じ。

つまり1類相当→5類に落とす、ということ。




2021年2月3日、国会は大きな誤りを犯した。

そのために第四波で多くの命が犠牲になった。


コロナを「新型インフル等感染症」(1類相当かそれ以上)に入れた。

そもそもこれが大間違い。右へ行くべきところを左に行ったのだ。


間違った法律を造り、その元でいくら「自宅療養を!」と

叫んでも、誰も理解できないし、正直、支離滅裂な発言だ。


だから、在宅療養を基本とするのであれば、新型インフル等感染症を辞めないと。

それをしないで、町医者が、とか、在宅で、なんて言っても永遠に理解されない。



菅総理や田村厚労大臣は、手順を間違えた。

法律議論から始めないと絶対にうまくいかない。


だからプライムニュースの最後に「五輪後は五類に!」と書いた。

これは冗談ではなく本気で書いたのに、政府は理解しなかった。


だから世間も国会も大混乱に陥っている。



もう一回、最初からやり直したほうがいい。

このブログを1年半前から読めば、ちゃんと分かるのにね。


だいたいの方向性は合っているのに、ギター侍(古い)ではないが

「残念!!」の一言だ。僕に聞いてから発表すればよかったのにね。



それにしても、与野党の国会議員もエライお医者さんも

「在宅医療」を全く知らないことが明かになったのが今日。


あれだけ「在宅、在宅」という国家スローガンだったのに、

政府も国民も誰も、ザイタクを信用していないという現実。


なぜここで在宅医療学会は発信しないのか?

日本医師会はなぜ分かり易く説明しないのか?




PS)

コロナチャンネル #452_


ワクチンを打ったら「裏切り者!」と言われたけれど...。 →こちら



コロナ患者さんを在宅で診ているお医者さんは増えている。


2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先生、お疲れ様でした🐾
本当ですね。

在宅医療の奥深さを理解してもらうのは
劇団ザイタクの公演から見てもらわなければ
いけないですもんね。

遠くに住む長男、長女が本人さんおうちで死にたい

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年08月05日 01:31 | 返信

途中でした。

本人さんがおうちに帰りたい。おうちで死にたいって
言っても大病院にいれる世界ですもんね。

私もネットニュース見てあらら~って思った所でした。

早く収まるといいですね。
色んな事が収束する事をお祈りしていますね🐾

今日もお疲れ様でした🐾

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年08月05日 01:36 | 返信

本当大変な状況の中いつも情報配信ありがとうございます!
本当に今発熱者は犯罪者みたいな扱いで参りました!
先週末に深刻な胃腸炎を患い3日位何も食べられず、月曜日は休みました。
勤務先の指示でこの酷暑の中無理して病院へ行って熱中症になり翌朝39.5の発熱となりました。
それを勤務先に報告したらどうしようもない馬鹿騒ぎとなり、何が何でも当日中にPCR検査を受けるようにとの指示により、解熱剤を飲んでいく羽目になりました。
酷暑の中で大病院の外で待たされ、冷房効き過ぎの病室にPCR及びいくつかの検査で2時間監禁され、外に出て37度の猛暑のため倒れそうになりながら帰りました。
翌朝40.2の発熱のうえ、酷い手の震えやしびれの症状が出てその報告をしたところまた受けてくるようにとの指示ですがさすがに行けませんでした。
この発熱は明らかに重度の熱中症以外に考えられません。本当に馬鹿過ぎる人災の為に余計に体調悪化しました。

Posted by KEN at 2021年08月05日 01:39 | 返信

説明不足、手順の間違いから独裁政治になってますね。
これまでの言動からも理解を得るのは難しいかとは思いますが。
ただ、私は今回の方針には反対です。
周りが思い通りに動かず犠牲者は出る。あと、自宅療養で感染拡大更にするリスク、それにより変異脅威のリスクなどあります。
コロナに関しては悪い予想がどんどんその通りになっているので
コロナを舐めていたら大変なことになりそうです

Posted by 優香 at 2021年08月05日 05:27 | 返信

先生、ここに投稿はいかがでしょうか。

2021年08月04日
【投稿募集】新型コロナ入院基準改定に対し意見を募集...
アゴラ編集部
https://agora-web.jp/archives/2052515.html

先生と同意見の方多いですし、何より国会議員の常連投稿も多いです。

(ご存知だったらごめんなさい)

Posted by みるく at 2021年08月05日 05:45 | 返信

「在宅放置」これまで1年半もの間ずっとこの方針を続けてきました。保健所の判断で在宅療養になっても多くの人は医者も看護師もフォローせず治療も受けられない。多くの国民は中等症2までこの状況で耐えろというメッセージに取りました。
今まで「2類指定・保健所主導管理」だったが故に殆どの医者が怖がって診療参加しなかった状況なのに。
在宅医療の先生方から声が一切上がりませんね。おそらく慢性期医療と急性期医療はまったく別物だという意識なのでしょうか?すでに呼吸器がついてるような重篤な慢性期医療の方は本人も家族もそれなりに死の覚悟ができているので、急変時の在宅治療も受け入れられるかもしれませんが、これまで酸素も吸ったことがない呼吸器つけたこともない元気に仕事していた死の覚悟もない方がその家族も含めていきなり在宅医療を受け入れられるのでしょうか?さらに今回在宅医療を強いられているのは高齢者ではなくて中高年者。あと20~30年は元気で生きられると思っている方々で、自分も家族も死ぬとは思っていない。
「急変して死ぬかもしれない」という恐怖感とプレッシャーに患者や家族は当然ですが、担当医も耐えられないのでは?
おそらく戦争中・戦後直後の日本人であれば受け入れられたかもしれません。ほとんどの国民は死を日常的に意識する事がない。コロナ=死が怖いという事でしょう。開業医としては中高年患者急変による訴訟沙汰が怖いのだと思います。
5類に変更するのがまず先で、インフルエンザと同じく早期治療を可能にする事でコロナ=死というマインドが解けなければ
開業医のコロナ診療アンタッチャブルマインドもなくならない。やはり段階を踏んでやらないとダメだと思います。

Posted by マッドネス at 2021年08月05日 06:45 | 返信

長尾先生と全く同意見です。古川代議士もTVに出ておられたのに、与党内で法改正の動きを示さないのですかねえ。
TVで長尾先生が力説されたのに、聞いてなかったんでしょうか!?

早く法改正して、町医者が普通のインフルと同じように診療できるようにすること、それが喫緊の課題です。
ちなみに私どものクリニックでは新型コロナに対応できていませんが、2類(あるいは1類相当)が解除されれば喜んでコロナ患者さんを治療して差し上げます。早くその日が来るように切に願っています。

Posted by 奥西 秀樹 at 2021年08月05日 07:52 | 返信

先生いつも分かりやすい説明ありがとう
ございます。

一般の方でも在宅医療を経験されてる方は
別として、私のように全く分からないと、
在宅医療は国から放置されることと同じ、
在宅で死を待つのみなどの考えになってしまう
人が全てじゃないにしても多いのだと思います。

なのでパニックになる人もいるのかと。

国のやり方は、入院制限をしてから5類相当に
落とすのかな?ほー、こういう順番なんだ。
不思議だなと思っていましたが、やはり順番が
間違っているのですね。
多分5類に落とそうとは、しているのですよね。

国は分かりにくいです。菅総理は大変だと思いますが頑張ってもらいたいです。
先生のブログを読んで
良く理解できました。

Posted by ゆう at 2021年08月05日 09:32 | 返信

先生。暑いですね💦左にテレビでオリンピック陸上を観て、その横でパソコン殆ど右手の人差し指でポチポチ。
選手達が可愛そうです炎天下の中真っ赤になりながら金を目指し頑張っています、ミストなどよろしくです。
今回の事で政治家さんちゃんと考えられるに人がどれだけ居てるやろかと思いました。
今日の替え歌も聞いてて笑いました、まだクーラー効いてない部屋で、昭和枯れすすき・・一度も歌ったことは無いです。
ワクチンの事も先生にあれこれ言ったお方達、先生を崇拝するなら自分らも打ったらええやん、そんな捨て台詞言わんと・・ね。私は最後は自分で決める。どんな事もどんな時も。男子4X100Mリレー大好きなんです決勝行けましたぁ~。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年08月05日 11:41 | 返信

オリンピックのスケボーを見て、俺も出来る!
できるわけ、ないないない。

コロナに感染して、俺も自宅療養で大丈夫!
大丈夫なわけ、ないないない。

スケボーも環境を整えて技術を積んでとことん練習。
自宅療養も環境整えて在宅医見つけてはじめて療養可能。

何もせず「明日、お前オリンピック出て金メダル獲れ!」と言われているようなものです。


私の知人が今、大阪のホテルで療養中です。
2日目で療養先に入れたとのこと。

4日目、保健所から電話連絡あり。
「お加減、いかがですか?」
「今日からご自宅前にお弁当を置いておきます」

すでにホテル療養してますが?
慌てて電話が切られたそうです。

6日目
また保健所から電話があったそうです。
「お加減どうですか?」

同じ日の夕方。近所の方から連絡あり
「玄関に大量のハエが飛んでいるよ?」

4日目からの弁当が配達されて溜まっていたそうです・・・

もしホテル療養していなかったら…
4日目まで連絡をもらえなかった。
3日間食べ物もなく飢え死にしていたね、きっと。

5日目は何も経過観察はなかった。
6日目の積み上げられた弁当。
手つかずの弁当を見て何も感じなかったのか?

ちなみに「病院受診や救急要請は絶対にしないこと!」の念押しだけは毎回忘れず言われるそうです。
感染判明後より医師の診察等は1度もなく。 医師免許のない担当者の判断だけで身体状況のジャッジをして良いのでしょうか??

Posted by 匿名 at 2021年08月05日 12:36 | 返信

尼崎市民として長尾和宏先生みたいな医師がいてくれて心強いです。来週ワクチン接種ですので気を引き締めて頑張りたいですね。先生も過労や熱中症に気をつけて下さいね。

Posted by 尼っ子 at 2021年08月05日 12:43 | 返信

現状を見ていますと、「1類相当から5類にしない。」「イベルメクチンやアビガン等の治療薬を積極的に使用しない。」これは、ワクチン接種推進の為としか、思えなくなってきました。

Posted by 小間物屋 at 2021年08月05日 02:08 | 返信

 先日はお世話になりありがとうございます。まんぼ~のG スポット!!最高☆彡♪~

Posted by 薬剤師 井澤康夫 at 2021年08月05日 03:31 | 返信

こちらのコメント欄は本当に参考になります。
長尾先生という中心軸があるおかげです。
政府は無策と運営のまずさで国民を殺す気でしょうか?
在宅やホテル療養の方は脱北を禁止されてるんですね。考えられない。具合が悪くなっても自分の免疫で戦ってくださいってか?エサは届けますよって、届いてないやんけ。

Posted by 匿名 at 2021年08月05日 04:44 | 返信

先生。コロナも怖いけど熱中症も怖いですね。夕方トイザらスにプレゼントを買いに帽子に日傘、酸素が薄くて死にかけました。専門的なコメントは観ないのですが(理解不能ですので)今日はKENさんと匿名さんの知人さんのお話を読まさせていただきました。皆さんニュースにでもなりそうな現実を味わっていたのですね、可哀想にそうに。熱がある人に病院に行けとゆうか私なら歩けず行けませんよ。又お弁当が残っていたら食べてないとゆう事だから心配して報告をせんとあかんのと違うん(#^ω^)ため息が出ますね。尼崎に引っ越しがしたい💕
それに今度私達にもマンボのGすぽっと♪聞かせてくれるのですよね、勿論.。..吉本の中継が無い時みたいです。空手の清水さんカッコいいですね、元夫も空手八段.形で入賞トロフィーだらけ邪魔でした。寸止め出来ずよく失格にもなっていました。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年08月05日 07:55 | 返信

今日は歯医者さんでイジメられ・・・もとい疼く奥歯を応急処置してもらいました。
昨春、治療途中でコロナ禍になり行くのを止めてそのまんま、とうとう暴れ始めました。
キュイーーーンキュイーンーーーアァウウゥ(涙)
気を逸らすのに思い浮かべるのは、ニコ動で身体揺らしながらお歌いになる先生のお姿。
明日もイジメられます。「マンボーの~♪」絶好の気逸らしネタ。ドクター有難うございます。

今こそコロナ医療の流れを見直し、そして「在宅医療」をもっともっと知ってもらう機会かと。
出来るなら国会議員の先生方も「入院させないで見放すのか!」と大騒ぎせず、
どうか落ち着いて、良い方向へ変わるよう、議論を進めて頂きたいです。
長尾先生のコロナ在宅医療の取り組みは、これまでニュース等で何度か取り上げられました。
ご多忙の先生を取材して、報道したこと、テレビ各局はお忘れなのでしょうか。

Posted by taco at 2021年08月05日 08:59 | 返信

長尾先生の発言は理路整然としていて、とても解かりやすく、説得力があります。国会で長尾先生がレクチャーする場を設けていただきたいです。今、国会では追及とぐちぐちした言い訳ばかりで議論にもなりません。医療崩壊した地域で入院出来なかった患者を一番多く診た町医者の生の声を聞く、というタイトルでどうでしょうか。みんなの頭もスッキリして、進むべき方向性が明らかになると思います。心ある国会議員の皆様どうか、宜しくお願い致します。長尾先生からも、なんとかコネでもあればお使いになって、みんなのために何卒宜しくお願い致します。今、こちらでは、スタッフや利用者が濃厚接触者と濃厚接触、なんてことばかりの日々に悩殺されそう~です。やっともう少しでオリンピックが終わろうというのに、パラリンピックがやって来るという恐怖。大型で強いコロナ台風に負けてはならぬと、ストレスで太ってしまい悲しいです。

Posted by 遠い声 at 2021年08月05日 10:43 | 返信

ps.しかしながら、インフルエンザ肺炎になっても病院は、高齢者施設に入所している方の入院受け入れはしてくれません。コロナ患者は、今の感染症2類ならば保健所が強制入院の段取りしてくれるから、施設内クラスターは最小限に抑えること出来るとも言えます。5類になったとしても、高齢者施設のように集団感染の恐れのある場合には保健所が介入して入院隔離をしていただきたいと思うしだいです。でも、認知症で動き回る方の隔離は本当にどこであろうとも大変。難しい問題ですね。

Posted by 遠い声 at 2021年08月06日 12:10 | 返信

長尾先生は菅首相の発言を好意的に取られてるんですね。
私には、帳尻合わせのためには多少の犠牲は払ってもらうと言われているように感じ、
好意的に受け止めることはできませんでした。

Posted by かずとし at 2021年08月06日 05:57 | 返信

ブログ毎日拝見しています。最初コロナワクチン受けないつまりでしたが世間の波に押され接種、熱も出ませんでした
問題は娘が広島市で美容師をしていて毎日男女の若い世代を
しているとか。なのにアトピーが酷くコロナワクチンでの副作用が怖いと、どうやって説得したらいいのかお客さんで看護婦さん高熱が出て仕事を休んだとか何人も。テレビの報道と
現実は違うそうな。結局ワクチン打たないと帰さないと言いました

Posted by izumotaisya at 2021年08月06日 09:18 | 返信

いつも勉強させて頂いております。福岡県北九州市の田舎で在宅診療を主にやっております。こちらはそこまで病床が切迫しておりませんが、常に先生のように在宅コロナ診療をする準備はしており、在宅診療患者が感染したら、当院が在宅で対応しております。愚痴になりますが、ロナプリーブ登録を昨日トライしましたが、病床ゼロの病院は登録できないとのことでした。いつも入院か外来だけの議論で、在宅診療がハブられます。在宅診療がもっと早く世間に広がったらよいですね。

Posted by 眞崎一郎 at 2021年08月06日 09:30 | 返信

先生のご意見、誠にもっともと感じております。そこで、私も、自分でもまた周囲の方々にも、イベルメクチンを常備出来るように、海外通販で下のジェネリック イベルメクトールなる薬をインドから購入しました。しかし、家内はこれらの薬を海外通販ということで信用しないのですが、海外通販ジェネリック薬の信用性など、先生のご見解を聞かせて頂けると大変幸甚です。 どうか、宜しくお願いいたします。
イベルメクトール(Ivermectol)
Akums Drugs & Pharmaceuticals Ltd. Made in India
(Marketed by Sun Pharma Laboratories in India)

Posted by 田辺忠顕 at 2021年08月06日 10:32 | 返信

先生のブログや動画参考になります。『コロナ自粛の大罪』を読んでから、国や自治体などの公的な団体の施策が、意味のないように思えてなりません。PCR検査とかも無症状ならやる必要ないんじゃないでしょうか。無症状ならば免疫があるということになるのではないでしょうか。死亡者が倍増しているわけではないのに、陽性者(マスコミは感染者と表現しているようですが。)を毎日カウントするのはやめてほしいです。
私は北陸の某所に住んでおりますが。自分の家族は未だに「県境をまたぐ=感染」という考えです。知事の言葉を鵜呑みにしているのです。こちらにある民間病院でコロナの診療をしているという話は聞いたことがないです。(私が知らないだけかもしれませんが)もし、自分が体調不良になったなら、電車で数時間かけてでも、先生の病院で見ていただきたいものです。

Posted by 黄色い封筒 at 2021年08月06日 11:03 | 返信

高度成長期に、病院死が当たり前制度を作ってしまったから、そのツケが今ですよね。

おうちからいろんなものを捨ててしまったから、
葬儀も結婚式もお家でやってたのに、みんな、家から追い出した。
いいことかもしれないし、よくないことなのかもしれない。

いろんなことが選べるようになったからこそ、いろんなことを知らなきゃ損ですよね。
知ったら、選択肢が広がりますよね。

特に、政治家の皆さま。ご自分の目で在宅療養生活を見て、聴いて、感じて欲しいです。

Posted by 宮ちゃん at 2021年08月06日 11:29 | 返信

中日の木下投手、回復することなく3日に亡くなられたのですね。助かってほしかった。
最初に出た記事も見出しに「ワクチン打って1週間目に倒れる」というような記述があったのですが、
すぐに書き換えられて見出しから「ワクチン」の文字が消えておりました。
記事内にもワクチンとの因果関係は認められないとの説明文。
若い男性の心筋炎は、ファイザーワクチンの典型的な副反応のはずですが。
私は打ちません。息子にも打たせません。もちろん自己責任です。
コロナにかからないように自衛と、万一それでもコロナにかかったら重症化しないよう自己管理はしています。
この1年半、日本人は風邪を引けなくなってしまいました。
一方、風邪には何かたまにひいて体のバランスをとっているような神秘のシステムが実はあるのではないでしょうか?
風邪は実は大自然の大いなるシステムではないかと日々感じてきました。
その風邪に弓を引いてどういうしっぺ返しが来るのか?私はそちらが恐ろしいです。

Posted by 匿名 at 2021年08月06日 11:36 | 返信

長尾先生初めまして!

栃木県在住59歳・男性会社員・バツイチで猫一匹と同居中です。趣味はマラソンで、週3回ランニングして月間100km程走っています。至って健康体で、ここ数年風邪ひとつ引かない為、インフルエンザワクチンも接種した事がありません。私は、コロナウイルスに対抗する最強の武器は、自分自身が持っている免疫力を高める事が一番だと思っています。勿論、ワクチンは接種しません。非国民かな(笑い)。

先生の事は、ヤフーニュースのコラムで「日本一コロナ患者を診た町医者」と言うタイトルに興味を惹かれ、日本にこんな素晴らしい先生がいたんだと驚きました!早速、先生の著書「コロナ禍の9割は情報災害」を書店で購入し一気に読みました。そして日本医師会や政府文化会強調している医療逼迫・医療崩壊が、欺瞞で有る事が分かりました。本当にありがとうございます。

私は、昨年の1回目の緊急事態宣言が終わった時から、コロナは大したこ事ないぞと思っていました。私は、ひとり旅が趣味で、去年から今年にかけて、あちこち出かけました。去年11月は天橋立から兵庫県の竹田城。今年2月は金沢市から輪島市へ。屋外ではマスク 不要論者ですので、よほどの人混みでない限り付けません。夜も旅先の少し密になっている居酒屋で一杯やりました。行き帰りは満席の飛行機で移動。大変な蜜状態でしたが、その後、風邪の症状なんて何ひとつ出ませんでした。

PCR検査も、去年11月と今年の2月に自費でやりましたけど いずれも陰性。正直、コロナって何?って感じです。世の中の、コロナ恐怖症に洗脳された健康な人達は、人間が本来持っている最強の自己免疫力を信用出来ないのか?不思議でなりません。先生の言う通り、コロナ禍は9割は情報災害・インフォデミックだと思います。これ以上、経済を疲弊させて、心を病む人を増やしてはいけないと強く思いますね。

先生にひとつ質問が有ります。国際医療福祉大学大学院の高橋泰教授は、陽性者=感染者・発症者は違うと。PCR検査は、自然免疫によって体内で処理された「死滅したウイルス」にも陽性反応が出ると解説しています。私もこの論説は、すごく腑に落ちました。だから無症状の感染者が、際立って多いのかなと思っています。それを踏まえると、無症状の陽性者は、他人に感染させる事はない!よって隔離する必要ないと思います。厚生省と政府分科会がやっている隔離政策間違っていると思いますが?その辺の所を教えて下さい。

先生が声を上げている、指定感染症2類から5類に引き下げ、中々、日本医師会に届かないですけど、絶対に圧力に負けないで下さい。街のクリニックがコロナ対応をする為には、先生の言う通り、診療報酬の大幅な引き上げと、院内感染時の補償のセットだと思います。先生、コロナ患者と猛暑!くれぐれもご自愛下さい。これからも応援していますので頑張って下さい!

Posted by 丸山 博規 at 2021年08月06日 04:07 | 返信

在宅医療。元夫がお世話になていたと娘が言っていました、それは先生に。とてもありがたい医療です、そう思います。
実家に帰った時に車の中から、道すがらアパートの二階から青シートを四人の男性が四隅を持ちゆっくりと降りている様子が目に入りました、私は何をしているのだろうと、まさか亡くなった人か~。嫌、介護の人達が車の中で患者さんをお風呂に入れるためでした。あ~ご苦労様です、きっと患者さんはこの日を愉しみに待っているのでしょうね。
母もディーサービスに行くとお風呂に入れてもらって帰ってきます。
痛くない死に方。けっつたいな町医者。をもう一度観ようでは、あ〰りませんか。動画を見て居て先生とハモって仕舞いましたよ。
今日の替え歌は不二子さんに叱られますね・・きっと( ´艸`)トンボめがねのCCB。
明日は早起きをしてマラソン観ます.バッハおじさんの思うつぼですが、観ます。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年08月06日 08:43 | 返信

拙文、お目通し頂けましたら幸いです。

感染爆発の東京を、イベルメクチンの臨床試験場にせよ
http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/55029540.html

・・・「ワクチンを差し置いて治療薬を優先してはならない」というような大人の事情や不文律があるはずは無いし、万が一あれば踏み潰して行くべきである・・・

Posted by 佐藤鴻全 at 2021年08月07日 08:06 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会