このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

【これからコロナ医療に関わろうかなと迷っている開業医に】

2021年08月18日(水)

連日、全国の医師から「コロナ患者さんの診かた」に関する質問を頂く。

尾崎会長が率いる東京都医師会は、自宅療養者への支援に意欲を示した。

今日は僕の考えを書いてみます。 あくまでも「個人の感想」、ですが。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



これまで9割以上の開業医はコロナ医療と関わってこなかった。

いろな理由があるのだが、「保健所への遠慮」もあったはず。


しかし実質、医療崩壊そして保健所崩壊して、都内に2万人、そして

全国に数万人いる自宅放置者に関われるのは、もはや開業医しかない。



「僕は死んでもコロナを診ない!」という開業医もいるけども、

「困っている人のお役に立てれば」と内心迷っている人もいる。


「できることからやろう」とか「小さなことからコツコツと」

と思っている開業医の先生が、もしおられたらご一読ください。




まずは、開業医のコロナ診療、とは

1 診断

2 治療

3 自宅療養者の管理、

の3つに分かれます。



僕は、1年半前から、1と2と3を同時に、ずっとやってきましたが特別です。

1だけ、2だけ、3だけ、で全然いいので、どれかにトライしてみませんか。



【1 診断】

・ あらたに行政検査をやるには保健所に届けを出さないといけません。

・ 医師が診察(問診)して、「コロナを疑った」場合と保健所が「濃厚接触者認定」

  をした人だけに、公費による検査(行政検査)ができます。届け出が必要です。

・ 唾液PCRと抗原検査があります。唾液PCRの方が簡単ですが3~数時間かかります。

・ 抗原検査は15分で答えが出ますが、検体採取をする人はPPEが必要です。(暑いヨ)

・ 検査時には必ずパルスオキシメーターをビニール袋に包んで酸素飽和度を測定して下さい。

・ 「発熱外来」の多く、PCR検査を行っていますが、身近で受けることができれば便利デス。

・ 駅前PCRセンタークリニックみないなのは、自費の唾液PCR専門です。

・ 発症後速やかに検査をすることで早期診断、そして即治療につなげることができます。



【2 治療】

・ 僕は、感染者や疑い者には全員に最低、3~4つの薬を5~7日分出しています。

  クラリス、カロナール、ムコダイン、メジコン、など約束処方にしていますがこれも公費。

・ 高熱や全身倦怠感が強い感染者で、希望される方にはイベルメクチン(もう無いが)

  を、60kg以上の人には12mg、60kg以下の人には9mg出していました。

・ 酸素飽和度が93%以下の方には、さらにステロイドと酸素投与を追加します。

  デカドロン6mgを10日分と(糖尿病のある人は血糖がドカンと上がるので要注意)  

  在宅酸素を酸素業者に電話しますが、機械を室内に運ぶのは本人か家族か医療者です。  

  東京都では濃縮器が枯渇しました。関西も第四波の時は枯渇しましたが今は枯渇寸前。

・ 酸素飽和度は60%代の人には(第四波の時には救急車にも断られていました・悲) 

  亡くならないように、ソルメドロール500~1000mgを点滴するしかありません。

・ 悪ければ悪いほど、僕は使える武器はすべて惜しみなく使います。(後悔したくない)

・ 以上はあくまで入院までの「つなぎ」で、中等度Ⅱ以上は保健所への連日アピールする。


【3 自宅療養者の管理】

・ かかりつけの患者さんが「感染した」と耳にしたら、まずはこちらから電話しましょう。 

  首都圏では9割以上の確率で自宅療養になるので「10日間の在宅主治医」を買って出ます。

・ 在宅主治医と言っても、往診ゼロで在宅主治医になれます。95%がオンライン診療です。

  初診からのオンライン診療が認めらているので、2の投薬もできます。

・ 往診が必要な時は、点滴や採血時と在宅酸素導入時くらいで、そうはありません。5%以下。

  各地域に訪問してくれる訪問看護師がいるので、彼らに訪問&点滴を依頼すればいい。

・ 酸素導入時(酸素飽和度93%以下)の往診は必須だが、軒先や玄関先で顔を見るだけでもいい。

・ 患者からはショートメールしかしない(鳴らさない)ことを約束してから携帯番号を教えます。

  時間のある時にメールを読み、通話は医師からしかしないことを約束してから教えるのが重要。

・ ベテラン開業医なら、室内歩行時の息づかいだけでも酸素飽和度の大体の推定ができます。

・ 24時間管理加算を取れるそうですが(僕は一度も取っていません)全部公費で患者負担はゼロ。

・ 重症化因子(肥満と喫煙)が分かっているので、気になる人を重点的にフォローします。

・ 10日間も孤独と不安に押しつぶされそうになりながら療養している患者さんにとって、

  医師が24時間体制で伴走者になる意味はとても大きく、回復後にとても感謝されます。

・ 尼崎市には今日現在、約700人弱の自宅療養者がいるそうですが、もしも一軒の

  開業医が2人の在宅主治医になれば、すべての自宅療養者を24時間管理することが可能です。

・ 東京都においても、同様に1軒が5人も診れば、自宅療養者全員を24時間管理することができます。

・ 一人が沢山診ると負担になるので、5人までとか10人までとか、定員を自分で決めればいいだけ。

・ 叶うならば対応医のメーリングリストで情報交換すれば勉強になります。

・ 叶うならば医師のリストを医師会のHPで公開して患者が医師を選べるようにするべきです。




これくらいならできそうだな、と思って頂いた医師が増えることを期待します。



テレビは毎日、放置されて重症化した患者の往診シーンばかり流しますが、

今、必要なものは、そうなる数日前の診断と治療と24時間管理、なのです。


たとえばこんな感じ。

お盆の僕たちのテレビ映像 

210812 TV よんチャンTV 4m45s  →こちら

210817 TVバイキング 2m17s   →こちら



保健所の健康観察だけで病気がずべて治るのなら誰も苦労しません。

医師が診断時に即治療して、重症化しないか見守ることが大切です。


あと、中等症Ⅱ以上の人の在宅療養はあくまで「次善の策」であり、

入院加療が原則、であることを決して忘れてはいけません。


しかし、認知症の人や小さな子供がいる親御さんなど、

ほぼ入院できない感染者も世の中にはたくさんいます。


だから目の前の自宅療養者が「次善の策」なのか

「在宅でしか診られない人」かを区別すべきです。


日本在宅医療連合学会が作成した診療マニュアルを参考にしてください。→こちら



東京都医師会の尾崎会長が呼びかけられたように、

「やろうと思えばすぐやれる」と確信しています。


明日からでもいい。一人でも多くの開業医が

コロナ診療に関わったら、市民は安心する。


そのためにも「早く5類に!」なのですが、反対している医者も大勢いる。

コロナを診ている開業医は賛成して、診ていない専門家が反対している。


「5類落とし」は、「開業医参画」を促す。


鶏が先か卵が先か、ではないが、

とにかく「防波堤」を造るべき。


総理がいう「医療供給体制」とは「放置され重症化した人のベッド数」のこと。

僕がいう「医療供給体制」とは、早期診断・即治療、そして24時間管理のこと。


前者は、コロナ医療の「出口」を論じているが、

僕は、「入口」を充実させることを言っている。


感染爆発するじゃないか、と怒る専門家がいるが、もう立派に感染爆発していますよね。

たとえ感染爆発しても医療の入り口をしっかり造れば、理論的には死者はゼロにできる。



酸素ステーションも病床問題も、出口問題だ。

入り口政策を早急に制度化して欲しい、だけ。


「5類」や「イベルメクチン」という単語にいちいち拘っている時間など、ない。

それらは人を助けるための道具にすぎず、いちばん大切なのは実際に行動する事。



「できない理由ばかり探す人」が、会社で量産されるワケ  →こちら



コロナは救急医療なのだ。

つまり、時間との闘いだ。


早ければ早いほど、いい!

早急な医療処置が要るのだ。


分かる人と、全く分からない人が、いる。

ひとりでも多くの人に理解をして欲しい。




PS)

コロナチャンネル #465_


長尾は重症患者を診てないくせに!と揶揄する皆さんへ  →こちら


そういえば酸素飽和度60%の人を同時に数日間、自宅管理して救命した。

僕が自宅管理してきた300名以上の患者さんは、一人も亡くなっていません。


今日も在宅患者さん10名とコロナ患者さん2名を回っていた。

外来と多くの来客対応と2社の産業医業務などで忙しかった。



全国から毎日、数えきれない数のメールを頂くがお返事ができなくてごめんなさい。

昨日と今日のブログを、患者さんやお医者さんへのお答え、とさせてください。


・ 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先日テレビでイベルメクチンの事を話す長尾先生を見てから、希望が持てました。(それ以来ニコニコ動画も毎日見ています)こんな先生やイベルメクチンがあるなら、きっと良い方向に進むだろうと思いました。残念なのがその直後から長尾先生やイベルメクチンに対して急に風当たりが強くなったこと。この世の中が機能しない政治や利権に溢れているんだなって失望しました。長尾先生応援しています。周りの妨害に負けないでください!!もうテレビに呼ばれなくなっちゃうのかなって勝手な心配しています。とにかく暴れまくってください(良い意味で)応援しています。

Posted by ジュンイチ at 2021年08月18日 03:44 | 返信

バイキングを観た
ブラマヨは野々村真やつらい人の事を考えていた
他の出演者はエラい人や見えない大きな力、誹謗中傷を受けない事を考えていた

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 06:29 | 返信

先生、お疲れ様です。
先生がご提案されているように、多くの開業医さんが早期治療に参加され、ネットワークを早く作ってこの「緊急事態」が早く終わることを祈るばかりです。今回の記事を読んで、ふと思ったのですが、肥満と喫煙の他に、重症化因子は遺伝子解析されて判明しているのでしょうか(確かコロナチャンネルで仰っていたような記憶があるのですが、間違っていたらごめんなさい)。血液型がO型の人は、他の血液型の人に比べてコロナにかかりにくいという話を聞いたことがありますが、臨床現場でそのような印象はあるのでしょうか?(普通、輸血の必要があるとき以外は血液型を聞かれ無いと思いますが)またサイトカインストームや急性自己免疫疾患を起こしやすい人かどうか分かれば重症化の有無の目安になると思いますが、それを判定する方法はまだ見つかっていないのでしょうか?

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 06:57 | 返信

バイキング観た
坂上忍とヒロミは笑って話していた
ブラマヨはずっと怒って話していた

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 07:01 | 返信

長尾先生のイベルメクチン一回12mgの処方ではお医者さんにかかる程の症状のある人に対して用量が少なすぎると思うのですが?
FLCCCのI-MASS早期在宅医療プロトコルでは、イベルメクチン一日24mgを5日間とあります。
インドなどの試行錯誤で作られた処方なので間違いがないと思います。

Posted by 小松伸一 at 2021年08月18日 07:57 | 返信

先生毎日本当にありがとうございます。
チキンジョージのライヴ、今度こそ絶対やっていただきたいです。
万が一、10月初旬にまだコロナが収まっていない場合は、リモートオンリーでも良いのではないでしょうか?
そのように申し込み時から何か工夫して受け付けれたら良いですね。
あるいは、あえてYouTube無料配信で実況ライヴして、投げ銭やチキンジョージさんへの寄付の概要を貼り付けるなど、やり方は色々あります。この方法だと多くの方に見ていただけますね。後から観ることも、寄付もできるし。
とにかくどんな形でも、ライヴが開催できることを祈っております。
もちろん、お客さんも入って、それを実況ライヴ配信できたら一番最高です。

私も可能ならば参加したく、チケット販売のタイミングを今か今かと待っております!
秒で売り切れたりして!

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 08:01 | 返信

先生、田舎から応援してます。元気でます。

Posted by ピナ at 2021年08月18日 09:24 | 返信

バイキングにもミヤネ屋にも
#コロナを5類以下に
継続して投稿しています。
命がけでありがとうございます。

Posted by あおぞら at 2021年08月18日 09:39 | 返信

医者を目指し国家試験に合格でき、色んな研修を受け小さな自分の病院を開けたのが昨年、受付と正看護師と医師一人週一大学病院にアルバイト、そんな小さな病院でもコロナ患者診る事が本当に出来るんやろか❔と言っていましたが今日のこのブログを読んでと知らせました、やれることからやればと、まだ若いです一丁前に結婚していますが・・医師の志はまだ冷めていません。
もう、ワイドショーは観たくないです、仁木さんやら保守的な人たち。長尾先生は医者を辞めてもいいと全国ネットで言い腹くくってやってるのに。

今日のブログにも先生の叫びが見えました,ありがとうございます。少しでもコロナを診てくれる開業医を探してくれているのですね‥ありがとうございます。
私達が怖がらずに毎日を過ごせるように。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年08月18日 09:53 | 返信

長尾先生、毎日の激務本当にお疲れ様です。先生のブログのお陰でコロナの事が、本当に詳しくなりました。先生に一つ質問があります。夏の甲子園に出場している宮崎商業と東北学院の選手の中に、1人発熱者が出て、残りし4〜5人は無症状の陽性者との事。PCR検査は死滅したウイルスにも陽性反応をするそうですが、実際、無症状者は他人に感染させるものですか?

死滅したウイルスの無症状の陽性者で健康だったら出場を辞退する事はないと思うのですが?症状のある選手だけを隔離すれば良いだけですよね?

アメリカは、PCR検査の信頼性に問題があるとの事で年内で検査を中止するというニュースを見ました!もし無症状者が、他人に感染させないのであれば、国や政府分科会のやっている対策が大変な間違いで、取り返しのつかない事になります。

Posted by 丸山 博規 at 2021年08月18日 09:56 | 返信

今日も患者さんに寄り添っている長尾先生、毎日ありがとうございます。今日も優しさ溢れるブログに涙腺が緩みました。本当に、こんなにも寄り添って下さる先生がいらっしゃるのですね。「事件(コロナ)は会議室で起きてんじゃない!現場で起きているんだ!」と会議室にいらっしゃる政治家さん達に先生の変わりに言いたいです。夏のセトリまで考えていたライブが延期になってしまって本当に残念ですが、秋はライブが出来ると良いですね!近くだったら聞きに行きたかったです。(*´∀`)♪
you tubeで生配信とかいかがでしょうか?(先払い制の振り込みとかで)
早くコロナが収束する事を願っています。

Posted by よっしー at 2021年08月18日 10:01 | 返信

昨日首相の会見内容をネットで確認しましたが、横にいる役立たずの専門家の意見そのままで何も変わらない事に大失望。
1)5類引き下げはまだ時期尚早、慎重に(つまり今の1~2類のままでずっと継続)
2)イベルメクチンのイの字も出てこない
3)ワクチン一辺倒(しかし実際はワクチン供給も十分ではなく遅々として進まない)
首都圏では20~40代の基礎疾患のない普通の若者~中高年者がバタバタと重症化して搬送されICUがパンク・満床。
もはや救急崩壊状態なので、コロナ以外でも急病=在宅放置死が起こりうる状況。誰もが死を覚悟しなければならない。
5類引き下げする気全くないみたいなので、これでは、今までと同じで殆どの開業医はコロナ診療には参入しないでしょうね。
日本医師会からは毎年何億円?の政治献金がある、医師会が強硬に反対してる事は明白ではないでしょうか?
東京都医師会長さんだけはイベルメクチンを含めて頑張ってると思いますが。いかんせん抵抗勢力が半端ないですから。

Posted by マッドネス at 2021年08月18日 10:04 | 返信

昨日の在宅、ホテル療養者に向けた温かく適切なアドバイス、
そして今日の全国の医師に向けて、ご自身の体験から得た知識を惜しみなく発信される長尾先生は本当に人としてカッコいいし、こういう人を心から先生と敬いたいと思いました。

できない理由を探さず、行動しよう!は今の緊急事態の中において一番大事な事ですよね。
私自身もそうですが、守るべきものがあると(家族や職員、プライドなど)慎重になる気持ちも分かりますが、
全国のお医者様達、若い頃から沢山の時間やお金を勉強に費やし、大変な思いをして医師になられたんですよね。 人々の役に立ちたい、尊敬されたいと思って医師になられたんですよね。
もしかしたら代々医者の家系だから気づいたら目指していたという方も、少なくともご先祖様はそのような気持ちで医師を目指したのでは?その血が流れてます。

長尾先生と同じように、立ち上がって行動して頂けるお医者様が沢山出てきて頂けるのを切望します。 
子供達に将来こんなお医者様になりたい!と思えるような行動をしてください!

同じく先生と呼ばれる政治家の皆様、与野党関係なく国民の為に動ける人はいないんですか?

行動しない何かを守ってばかりの先生達、ダサいしカッコ悪いですよ!

長尾先生、今は本当に心身共に大変だと思います。
でも先生の存在がまだまだ日本も捨てたもんじゃないと思わせてくれています。
ありがとうございます。 
少し離れた東京から応援してます!

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 10:05 | 返信

メンツの問題もあるでしょうから、
5類、2類の択一論は不毛と思います。

特別2類あるいは特別5類とでもして、
コロナ診療に関わる開業医に
参加できる仕組みを。
開業医が応援で2類の病院を手伝ったり、
役割分担を決めて、
仕組みを運用できればよいと考えます。

私は、濃い緑茶と空気清浄で対応します。
あと、血管を強くする食事と運動の実践。

以上です。

Posted by たまねこ53号 at 2021年08月18日 10:21 | 返信

分科会の尾身さん、5類引き下げへは慎重な姿勢ですが、接種証明やらなんやらと「今それ必要か?」の議論。
2類ならばなぜ自宅療養なのか、ホテル療養なのか。病床圧迫なのか。
本当に見ていてイライラします。
声を上げていただいている長尾先生には感謝しています。

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 10:21 | 返信

お疲れ様です。

緊急事態宣言というぼやけた言葉が、もう脳を刺激しなくなっていますね。
ましてまんぼうなど、深海に沈んでいきそうです・・・・・↓
一番ショックを受けたのは、昨年2月家族が居た札幌で発令された時、その後はもう耳タコです。

この際非常事態宣言を新設して、トップは現場責任者、本当にわかる専門家が動ける体制が必要なのでは。
軍隊のない日本は、もう自衛隊を増強させるしか道はないのかなあ?

ところで先生はmRNAワクチンについての将来の展望もきちんと!発信されています。
どこにあるかは自分で探しましょう(笑)
私も身近な人を癌で亡くしていますので、オーダーメイド癌ワクチン出来て欲しいです。

苦しいときは皆恨みたくなりますが、ためにならない事は何一つないですよね。

Posted by まねきねこ at 2021年08月18日 12:23 | 返信

先生、毎日頭がさがります。先生の提言に賛同して動いてくれる開業医の先生がたくさん出てくることを、毎日願っています。それにしても、しっかり勉強している、いわゆる頭のよい方々、お医者様や官僚の方々。はどうしたんでしょうか。基本の基を忘れているのではないでしょうか。頭の良くない私でも、すぐにすべきは、早期治療。だとすぐに思ったのに。さっぱり理解できません。医療素人の私が、家族を守るべく必死で情報をとり、迷いながら色々うごいているのに。こんな庶民の気持ちを国はわかっているのでしょうか。

Posted by バンランコ at 2021年08月18日 01:11 | 返信

長尾先生
長尾先生のようなお医者さんが近くに増えてくれることを願っています。

コロナにかかった開業医の方が、自分自身で処方をされて(その時は確かアビガンだったと思います)、闘病されているのをテレビで見たとき、効くかもしれない薬は一般市民も本人の希望で(もちろん、何かあっても文句なんて言いません)処方してもらえたらどんなに安心だろうと思ったものです。あれから一年近く経ちます。

毎日本当にありがとうございます。
遠い地よりずっと応援していますm(_ _)m

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 01:58 | 返信

今朝、2類から5類への見直しに首相が慎重な姿勢を見せたという記事を読んで、ガッカリしました‥。
おまけに個人の自由が制限される方向の意見もあるようで、憤りを感じます。

長尾先生のように実際にコロナの患者様を診てらっしゃる方の意見がコロナ対策の政治に全く反映されないことが、悔しくてなりません。
大変な時期が続いてますが、引き続き応援してます。

Posted by 浮舟 at 2021年08月18日 03:00 | 返信

先生、お疲れ様です!

もしもの感染に備えて、ネットでイベルメクチンを購入しました。

服用量は、体重60キロに12ミリ、とのことですね。

これは、一回きりで良いのでしょうか?

ネットで調べましたら、1日一回を5日間服用との記載がありました。

先生のブログの中で、またお時間ある時にご教授頂けますと、ありがたいです!

同じようにネットで購入して備えている方も多いのではないでしょうか、、、、

使わずに済むように、と思っています!

Posted by はるさん at 2021年08月18日 03:10 | 返信

今日も患者さんに寄り添っている長尾先生、毎日ありがとうございます。今日も優しさ溢れるブログに涙腺が緩みました。本当に、こんなにも寄り添って下さる先生がいらっしゃるのですね。「事件(コロナ)は会議室で起きてんじゃない!現場で起きているんだ!」と会議室にいらっしゃる政治家さん達に先生の変わりに言いたいです。夏のセトリまで考えていたライブが延期になってしまって本当に残念ですが、秋はライブが出来ると良いですね!近くだったら聞きに行きたかったです。(*´∀`)♪
you tubeで生配信とかいかがでしょうか?(先払い制の振り込みとかで)
早くコロナが収束する事を願っています。

Posted by よっしー at 2021年08月18日 03:40 | 返信

ありがとう

Posted by アルプス at 2021年08月18日 04:08 | 返信

長尾先生、ほんとうにお疲れ様です。頭が下がります。
もうあと一押し二押しで全国の開業医さんたちが動いてくれそうな気もします。
動いて欲しいですね。

チキンジョージ、近かったら行きたいです。コロナ砂漠を通り抜ける勇気がありません。
どうぞ楽しく歌えますように。

Posted by 埼玉の みっちゃん at 2021年08月18日 04:45 | 返信

うちの市からの感染者報告のメールを見ますと、感染者数は増えていますが…無症状と軽症が、ほとんど。「無症状」5%、「軽症」90%、「中等症」4%、「重症」1%の割合で、数%の変動はあれど、これまでとほとんど変わりありません。
これは検査した時点での数値だと思いますので、これ以上病状が進行しないように、開業医の先生方のご協力が必要不可欠です。多くの国民の苦しみと不安を取り除いて、命を救っていただきたいです。よろしく御願い申し上げます。

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 05:09 | 返信

本日の閉会中審査でようやく厚労省がイベルメクチンに言及されましたね!
長尾先生のTVの反響が後押ししたのではないでしょうか。山が動いたようです。
地域外なので先生の診療は叶いませんが、陰ながら応援しております。
長尾先生、ありがとうございます!!

Posted by ワタナベ at 2021年08月18日 06:02 | 返信

本当に毎日ご苦労様です!
最近多くの医師が先生のブログや動画をSNSでシェアしているのを見かけることが増えました!
埼玉の病院でこんなことが起こっていたようです!
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cfe1b399c3f79ccf691acb1adc6440065da4076?fbclid=IwAR0Nopa7zJ-bqe3EFJHbBzsUFKXic7j4ymmpmCM0nU3lcvTGzXfcwyZ5vOM

少しでも多くの医師が立ち上がってくれることを願っております!

Posted by KEN at 2021年08月18日 06:42 | 返信

東京都民ですが、私の住む〇〇区のかかりつけ医の先生方も、動き出して下さってます\(^o^)/
少しずつ、良いように変化して来ています。

先生の魂からのメッセージが届き始めているようです♡
心から感謝致します☆彡

Posted by 小杉美雪 at 2021年08月18日 06:52 | 返信

先生の勇気と思いやりが心に響きます。

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 07:16 | 返信

長年にわたる一日もたゆまぬご尽力に、心から感謝申し上げます。
先生のブログを読むことが、日々の心の支えになっております。本当にありがとうございます。

今日、初めて書き込みさせていただきます。
アメリカでもそっくりの状況が発生していることを知り、ぜひお伝えしたいと思ったためです。
ワクチン旋風吹き荒れる中で、果敢に闘っている先生がおられます。

ピーター・マクロフ医師(Dr. Peter McCullough)
「早い段階での既存の薬の組合せで、劇的に回復させることができる」と説明するビデオをユーチューブに掲載したところ、1週間で規約違反として消されたそうです。

以下のサイトに、テキサス州上院で証言している映像があります。
ここに集う皆さまに、ぜひご覧いただきたいです。長尾先生は多忙を極めていらっしゃると存じますが、できればぜひ。
英語ですが、ユーチューブの設定で「字幕」オンにできます。

There's another way to end the pandemic. Doctors can knock covid out with treatment
「パンデミックを終わらせる別の方法がある(=ワクチン接種だけではない)。医師は『治療』でコロナをノックアウトできる」
https://www.todayville.com/edmonton/theres-another-way-to-end-the-pandemic-doctors-can-knock-covid-out-with-treatment/

マクロフ医師証言映像
https://www.youtube.com/watch?v=QAHi3lX3oGM&t=1079s
・医学専門誌には、どうしたわけかコロナ患者の「治療」に関する論文がない。ほぼ皆無。
・アメリカでは、感染した人への具体的なガイドラインが示されてこなかった。
テストセンターで陽性と判明したら、得られるアドバイスは「Go home and stay.自宅で静養しなさい」だけ。
そのため「自宅でなすすべもなく待機した末に重症化
 ⇒ 病院へ担ぎ込まれ、入院&死亡(hospitalization & death)」というパターンがあまりに多い。
自宅に帰れというのであれば、在宅での治療法(treatment at home)を示すべきである。
それが知らされていないため、みんな「コロナにかかったら治療法はない・何もできない」と思い込んでいる。
・しかし、治療法はあるのだ。
既存の入手可能な薬を4~6種類、医師の指導の下に組み合わせて使用することで、この「入院&死亡」パターンを85%削減できる。
85%とは、テキサス州マッキニー(McKinney)市とニューヨーク市でのリサーチで「50才以上・medical problemあり」の感染者を対象にした検証結果に基づく数値。

・ホワイトハウスのタスクフォースのメンバーには、実際に患者を診た医師が一人もいない。

・(映像12:15頃~)
テキサス州では80%の集団免疫(herd immunity)を達成している。
"People develop COVID have complete and durable immunity.
You can't beat natural immunity. You can't vaccinate on top of it and make it better."
「コロナ感染者は、完全で耐性のある免疫を獲得する。
自然免疫にまさるものはない。
そのうえにワクチン接種を重ねて、よりよくすることなどできない」

アメリカン・ジャーナル・オブ・メディシンに2021年1月掲載の論文。2021年1月
Pathophysiological Basis and Rationale for Early Outpatient Treatment of SARS-CoV-2 (COVID-19) Infection
https://www.amjmed.com/article/S0002-9343(20)30673-2/fulltext

Posted by ようらく at 2021年08月18日 07:37 | 返信

長尾先生応援しています!
去年からコロナに有効な情報を探していてけっこう前からイベルメクチン知ってました。
有効だったという情報ばかりだったのに今のイベルメクチン潰しが本当に怖いです、
私は個人で輸入したものを持っています。いざという時使うつもりです。

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 08:19 | 返信

動画・ブログいつも拝見しております。
今日のニュースで観ましたが、東京都大田区ではこんな動きがあるそうです。

療養者健康観察に地域の医師らが協力 保健所を支援 大田区
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210818/1000069055.html

8/10以来、先生には大変なことだったと思いますが、
潮目は変わってきているのかなと思います。
モーニングショー見ましても野戦病院設立等の出口論がまだ目立ちますが、
少なくとも地域パワーを結集できるような流れを作ることが、今の場合まず肝要なのかなと思いました。

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 08:52 | 返信

応援してるで

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 09:06 | 返信

長尾先生、今日も力強いメッセージありがとうございます。
今日紹介してくださった『できない理由ばかり探す人』は読み応えがありました。
新しい提案に対して、具体的に現状維持以外の解決策を出せない人は、反対する資格すらない!ましてや机上の空論ばかり語っている人は尚更。コロナは現場で起こっているのです。

Posted by 中性脂肪 at 2021年08月18日 10:08 | 返信

政府や分科会やマスコミにイライラする毎日ですが、先生の発信に毎日勇気や元気、そして知識をもらっています。
離れて暮らす家族にもこのブログを紹介しました。
本当にお忙しい中毎日発信していただきありがとうございます。

Posted by 匿名 at 2021年08月18日 10:30 | 返信

全国のお医者さま。
逃げないで、症状緩和、対処療養的なお薬をお願いします。

あまりにも辛すぎます。
助けてください。

Posted by 宮ちゃん at 2021年08月18日 10:31 | 返信

家族が癌になった時、色々調べて先生が終末期在宅医療の患者さんに寄り添われていることを知りました。
終末期医療だけでも命を削る思いでされているのに、コロナの患者さんまで24時間診てくださっている、本当にありがとうございます。
安全で安いイベルメクチンをなぜ政府は用意してくれないのかと腹も立ちます。自宅療養者がふえ、治療を受ける前になくなっていることを思うと、放置という殺人のようにも思います。コロナを診てくださっている先生方に、政府が十分な支援をしてほしいです。先生方が燃え尽きないように支援してほしい...。私たちの命は自分でも守らないといけませんが、何か委ねているような状態ですね。
そんな中、先生のアドバイスがとても心強く、優しさが心に滲みました。

Posted by 県民 at 2021年08月18日 10:34 | 返信

先生、初めまして。先生のことはTVやらなにやら拝見して知っておりましたが誹謗中傷に遭われていると本日初めて知りました。私たち一人ひとりのために、有難うございます。私もコロナに感染してしまったらイベルメクチンを処方してもらいたいと願っています。しかし私の住んでいる県ではどこの医師が処方できるのかも分かりません。調べますとそもそもが販売規制である状況。薬の承認、供給のためにも北里大学の治験の早期終了も願っています。すみません、私に出来る事は少ないですが、応援しています。

Posted by 伊藤 彩子 at 2021年08月18日 11:25 | 返信

長尾先生お疲れさまです。応援しております。
先生のユーモアを忘れない生き方からも、大事なことを学ばせて頂いています(動画を見て、芽生えの替え歌を聞きました!)ギスギスしたり不安に陥っている場合じゃない、母としてせめて家族を明るく照らさなきゃと思いました。

Posted by 初心者 at 2021年08月18日 11:43 | 返信

長尾先生、ピーター・マクロフ医師に関する話の続きです。

この医師について知ったのは、Association of American Physicians and Surgeons(全米内科医外科医協会、とでも訳すのでしょうか)のサイトからです。
ちなみに、この協会が約700名のアメリカ医師を対象に行ったアンケートでは、実に約70%もの医師が「fully vaccinatedしていない」と回答しているそうです。

このトップページ(https://aapsonline.org/)の新着情報
「Stand with Dr. Peter McCullough」によると、
コロナ患者に対する既存薬を組み合わせた早期治療の重要性を訴えているマクロフ医師が、どうしたわけか Baylor Scott and White Health という会社?医療団体?から訴えられており、厳しい攻撃にさらされている、とのこと。
https://aapsonline.org/stand-with-dr-peter-mccullough/

そのため、change.org では、マクロフ医師を支持し、ベイラースコット&ホワイトヘルスに訴訟の取り下げを求めようという署名運動が立ち上がっています。
We Stand in Solidarity with Dr. Peter McCullough MD
https://www.change.org/p/baylor-scott-and-white-health-we-stand-in-solidarity-with-dr-peter-mccullough-md

私は医療業界には無縁の者で、最近のワクワク動向をきっかけに興味をもってネットを見ているので業界事情がまったくわからないのですが、このベイラースコットというのは、ベイラー医科大学をその配下に含む巨大企業?

そして、ベイラー医科大学とはテキサス州ヒューストンにある私立医科大学で、どこかで名前を聞いたことがあるような…と思ったら、テレビやネットのワクワクキャンペーンでよく見かける「こ〇ナ〇」(〇=び)の先生方とつながりのある大学なのですね。

長尾先生と同じく、マクロフ医師も、目の前の患者を救おうと懸命に活動しておられただけなのに、何か巨大な影のしっぽを踏んでしまった。ということなのでしょうか。

(この書き込みはご迷惑がかかりそうな気がするので、非公開でかまいません。
長尾先生とクリニックの皆様の安全第一でお願いいたします。)

Posted by ようらく at 2021年08月18日 11:53 | 返信

長尾先生、何度も言います。ありがとう!!
そして、長尾先生からの勇気やアドバイスを受けて診療を始められる
開業医の先生方、ありがとう!!

Posted by そらまめ at 2021年08月19日 03:02 | 返信

初めて投稿させていただきます。週間医事新報で先生の記事はいつも拝見させていただいております。今の東京の感染状態(オーバーシュート)は、4月下旬からのインドと似ています。ワクチンでは収束は望めないと思います。イベルメクチンを戦略的に投入することが重要だと思います。関東圏で自宅で亡くなった方のニュースを聞きますとやるべき手段をしたのかと考えてしまします。イベルメクチンとアビガンを武器をして常備できたなら、新型コロナはただの風邪になると思います。残念ながらイベルメクチンの購入実績がないため、出荷調整という謎の壁に邪魔されて正規のイベルメクチンが入ってきません。個人輸入では12㎎50錠でも問題なく入手できるのですが、本当におかしな状況になっていると感じます。先生のご健康、ご活躍を祈念しております。

Posted by 田舎の開業医 at 2021年08月19日 07:45 | 返信

長尾先生、お忙しい中いつもありがとうございます。
往診、診察もある中でご自身のユーチューブやTV出演で皆さんに勇気を与えて下さり本当にありがとうございます!
私は「コロナの大罪」を読ませて頂き、長尾先生を知りました。
あの本の中で長尾先生のおっしゃられたことが一番心に響きました。
バイキングで医師を辞める覚悟で訴えられていたお姿にも感動しました。
いま、コロナ禍の日本の中で求められていることは覚悟を持った政治家と医師だと思います。
私は長尾先生の発言に日本の侍の魂を感じました。
腹を据えて何かをする、覚悟を持って挑むことが現代では失われてしまいました。
私は10人くらいのお医者様の本を読ませて頂き、自分の感覚に従い、シニアですが危険なワクチンは打たないつもりです。
薬の副作用を知っているからこそ、人類史はじめての遺伝子操作をするワクチンを身体の中にはいれませんが、何があってもこの考えは変えないという覚悟を持っています。

長尾先生もどうぞお身体をお大切に日本の侍として使命を果たされられますことを遠くよりお祈りさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いします。

Posted by ひらりん at 2021年08月19日 08:45 | 返信

先生が処方されている初期投与の薬(クラリス、カロナール、ムコダイン、メジコン)は、素人の私でも知っている薬で飲んだことがあるような薬です。診察した上で、患者さんの症状に合わせ組み合わせて処方されているのですね。要するに、気管支炎や肺炎になることを阻止さえすれば、重症にはなっていかない?死なない?あと思うのは、腸内環境をととのえることは、どの病気に対しても大事だと思うので、整腸剤とかは処方されないのかな?と。抗生剤を使うと腸内環境のバランスが崩れると聞いたことがあり、ビオフェルミンなどと一緒に処方されたことがあります。
先生、2回目の接種されたそうですね。今日は、御自分の体の声に耳を傾けて、御無理は決してなさらないように。夜は早めにおやすみくださいね。

Posted by 匿名 at 2021年08月19日 05:08 | 返信

軽症者には初期投与の薬で「肺炎」などに進まないようにすることで、重症化したり亡くなることが回避されるんではないか?と書きましたが…
患者さんによって症状が違うので…コロナによって血栓が出来たりもするので、血流的な対策も必要で…
薬だけでなく、先生が書いてらっしゃるように、ホテルや自宅療養中においての「適切な生活指導」も大事ですね!

Posted by 匿名 at 2021年08月19日 05:48 | 返信

先生、いつもお疲れ様です。先生の発信が多くの開業医の方に届きますように!応援しています!

Posted by たんぽぽ at 2021年08月19日 09:57 | 返信

長尾先生、毎日ほんとうにお疲れ様です。数日前にコロナちゃんねるを知って拝見し、コロナ治療の現状に驚きました。自分と家族の身は自分で守らないとと思い知り、イベルメクチンをネット注文しました。購入したのは、ペット用の通販薬局で販売されている、人間用と説明書きのジェネリック薬。なんのために税金払ってるんだと虚しい気持ちもありながら、自宅に放置された時の事を考え、お守りがわりに購入しました。届くのは2〜3週間先のようです。先生の情報発信が救う生命がたくさんあると思います。九州から感謝しています。負けずに頑張って下さい。

Posted by 匿名希望 at 2021年08月19日 10:49 | 返信

長尾先生本当にいつも困っている患者さん達を救ってくれてありがとうございます!!先生は希望の光だと思います。
自宅療養で何もして貰えずに亡くなる方が居るなんて辛すぎます。
何故か命を救う為に必死に頑張ってる人がいると足を引っ張る人が出てきますね(T_T)
この方達は自分が感染した時に自宅で見捨てられて良いってことなんですかね。
先生は、正しい事をしている!!
命を救ってるのに悲しいです。
私も家族も長尾先生の出ているTV見てファンになりました。
本当に凄い事をされていると思います。
何もしない傍観者が批判するなんておかしな話です。
お身体に気を付けて、これからも応援しています!!

Posted by Qoo at 2021年08月21日 12:27 | 返信

ネット上で今、デカドロンは出荷調整になっていると聞きました。本当でしょうか。
もしそうならとても困ります。デカドロンは私達既存の疾患患者にも必要な薬だからです。
真偽は何であれ、デカドロンはコロナ患者専用の薬ではない筈。それだけは確かだと思っています。
実際のところはどうなのでしょう。医療従事者としての責任ある見解を待っています。

Posted by 疑心暗鬼 at 2021年08月21日 11:32 | 返信

先生、世界は狂ったまま今年を終わりそうです...
ワクチン接種後の死亡、重篤な副反応が増えてもメディアも専門家と言われるてる医者も知らないふり....
無責任な発言をしている某大臣や専門家、コメンテーター達のことを私は絶対忘れません。
コロナで浮き彫りになった人間の恐ろしさをひしひしと感じながら今年一年を過ごしてきましたが
先生の話を聞いてる時が一番安心できます...
まともな話をしてくれる空間がごく僅か...地上波には無いですね
先生、スタッフの皆さん、寒くなってきましたのでお体ご自愛ください。
※このページを私はお守りにしてます。
いつまたこの頃の様になってしまうのかわからないので、自宅にイベを置いてます。今の所は一度も飲む状況には至ってません。
旦那が96kgとメタボなのでどれくらい飲めば効果ありそうか参考にさせてもらいます。
有り難うございます。

Posted by okojyo at 2021年12月07日 03:24 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会