このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

東京都医師会から変わる

2021年08月23日(月)

第四波は、大阪・兵庫が惨状だったが、僕達は学んだ。

第五波は、東京が第四波時の大阪・兵庫と同じ状況に。

しかし東京都医師会が明確なメッセージを発している。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



先々週、尾崎会長は

・開業医がコロナを診る

・在宅医療で対応する

・初期治療もする、などを発信された。


これは、180度方向転換、である。


東京都医師会を受けて先週は、大阪府医師会の

茂松会長も、尾崎会長と同様の発信をなされた。


東京と大阪が変われば、全国の医師会に波及する。


自宅療養の「コロナ患者」急増で医師会の尻に火 

全国ベースの見守り体制を実現するには(デイリー新潮) →こちら


まあ、火をつけたのは僕かもしれない。

日本医師会からの発信が無いのは残念。


開業医の任務はふたつ。


1 開業医によるオンライン診療による早期投薬

2 在宅医による中等度Ⅱ以上の方への治療介入



この2つを同時にやるクリニックもある。

どちらかだけをやるクリニックも、ある。


在宅医療のカリスマである佐々木先生は、全国から

20人ほどの在宅医を招集して在宅医療を提供してる。


報道特集で観たひなた在宅クリニックの田代医師(32歳)は、

大昔の自分を観ているような気分がした。年齢は丁度半分だ。


第三波の時に書いたが、「認知症の人」や「独居の方」や「障碍者」

への在宅支援を地域のチームで提供し、命を守らないといけなない。


医師会と保健所の連携も各地で進んでいる。

徐々にではあるが前に進みつつあると思う。


今後は、この動きを加速させること、だ。

防波堤を強化し最初の砦で中等症や重症化を予防できれば理想的。


コロナ診療医療機関の公表も急がれる。

市民が医師を選べるようにすべきだ。


相変わらず、全国から沢山の問い合わせを頂くが、事務員の返信がつい付かない。

どうか、地域のかかりつけ医か保健所にメールか電話などで問い合わせて欲しい。


当院では、20代と家族内感染が中心で高齢者感染者はほぼ見かけなくなった。

高齢者問題から20代問題に完全にシフトしたので、対策を練り直さないとね。


家族内感染は、家族6人の感染などを診るが、子供は元気なので投薬不要が多い。

今後、子供→親、という感染経路が激増することは間違いない。(現在進行形)


20代は、CT検査をすれば全員肺炎を起こしているのに、酸素は97%以上もある。

93%という基準は再考の余地ありで、ハイリスク者は、CTの方が優れている。


相変わらずイベルメクチンの問い合わせが絶えないが、当院も枯渇。

全国の薬局でもほとんど流通していないので、 どうしようもない。


「北里大学教授が開発した  コロナワクチンより効く薬!?  

 〜しかし、強引に握り潰したWHOの闇」 (8月24日23:59まで)  →こちら


多くの国民のこうした疑問は東京都医師会がコロナと診断された時点で

100人ずつ無作為に分けて投与して、その「感触」を公表して欲しい。



PS)

コロナチャンネル #470_


今こそ変革!感染しない社会から、感染してもOKな社会へ!  →こちら



明朝はTBSラジオの生島ヒロシさんの番組(6:00~6:30)で

妊婦さんが感染した時の対応や、現在の感染動向などをお話しする予定。


相変わらず、誹謗中傷や脅迫が続いている。

突然消えたら、「殺られた」と、思ってね。


尾崎先生も立場は違えど、「同志」、である。

お互い命を懸けて闘っている。今週また逢う。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

こんにちは。
高齢者から20代に変わってきた、と
いうのは貴重な情報だと考えます。
8月10日頃から、ウイルスの特性が変わったと
私は理解します。

行き帰りの道順は幾つか用意して、
ランダムにする方もいます。
偽札検知器製造の技術者の方とか。
では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年08月23日 09:42 | 返信

19日に神奈川の山本先生のZOOM講演でイベルメクチンの事をしり、先生を知りました。
患者さんを救って下さって有難うございます。この政府の異常さに怒っている退職者です。頑張って下さい。
出来る事があればいたします。書いて頂きたい事はお知らせ下さい。ブログとツイッターはあります。

Posted by 龍田しづか at 2021年08月23日 10:11 | 返信

先生、おはようございます。昨日のブログか更新されないので・・もしや、もしやと・・。そんなことは絶対にないですけどね先に動画を観たり。専門的な事は解らないので・・先生のゆう事を調べてお勉強してついてゆくだけ、昨日は婿に家族分イベルメクチン購入するようにと。今日のヤフーニュースのコメントに長尾先生の事を紹介されいる方がいました。
先生、今は晴れていいお天気です。大阪ロックダウンみたいになったらばどうしましょう・・ある意味実験ですね。
ワクチン打ってない人も安心できる日常を・・です。

脅迫とはどんな・・もうイベルメクチンを口にするなですか?

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年08月23日 10:22 | 返信

長尾先生、おはようございます。
初めてコメントさせて貰います。
先生がずっと言ってきた事が、やっと届いて変わろうとしてるんですね。
このままどんどん、加速してして行って欲しいですね!

人の命<お金とは…
ワクワク💉の事については、他の方がYouTubeで発信されているのを観て、安全性の保証もされていないワクワク💉なんか打ちたくない!と私自身は打たないと決めましたが
母親が1回目を打った後だったのですが、このワクワク💉は
こういう物やで?と色々とはなし、ワクワク💉接種後に吐き気や頭痛があったので母親の身体の事も考えて
私としてはやめた方がいいと思うと
母親も自分なりに考えて2回目接種はやめました。
長尾先生もワクワク💉接種されているので心配です。
それにワクワク💉以外でも先生の身の危険もかなり心配です…
誹謗中傷などで、精神的に辛いと思いますが
長尾先生の事応援してる味方の人達がいるので!!

Posted by 紅葉 at 2021年08月23日 10:38 | 返信

長尾先生、いつもありがとうございます。
何もできませんが、ブログランキングボタンを押させていただいています。
ブログもニコニコ動画も拝見しとても励みになっておりますが
どうかくれぐれも無理はなさらないでくださいね。
以前のYouTube動画に比べて、お顔色が優れない気がして少し心配です。
どうか少しでも多く休養を取られて下さい。


都内在住なので、東京都にも良い影響を与えてくださっていること感謝いたします。
今後も心から応援しております。

Posted by Miffy at 2021年08月23日 10:41 | 返信

 ここ数日の先生のコメントがいつになくちょっと投げやりで心配していました。「僕が一人でがんばってます」というつもりはないのでしょうが、そういう風に聞こえます。私は基本的には先生のおっしゃってることに大賛成ですが、どっか引っかかるのは、開業医全部が先生のように動けないし、病院の規模も違うからもうちょっと具体的に、できる病院とできない病院の線引きした方がいいとい思うのです。そしてできる病院の名前をちゃんとあげて欲しい。患者が選べるように。それから使える薬も、今はインフルエンザのタミフルのような特効薬がないので、先生推薦のイベルメクチン以外に具体的にこういう薬が使えます。というのもまとめて発信してから、ちゃんとしたルートで「開業医からの提言」として政府にやって欲しい。ちゃんとしたルートというのは開業医がまとまって欲しいということです。今のようにばらばらに「ここではやってる人がいます」発信ではダメです。今はテレビに出たことで、残念ながら長尾先生個人の発信になっているところが弱いんです。正直に言います。先生の素敵なキャラクターも好む人とそうでない人に分かれます。今日のブログでは、尾崎会長を同志とおっしゃってるようなので、ぜひそこのところを話し合ってください。
 

Posted by モウチャン at 2021年08月23日 11:18 | 返信

尾崎会長が発信された
・開業医がコロナを診る
・在宅医療で対応する
・初期治療もする

 これは今まで長尾先生がやってこられたことですね。長尾先生は多くの症例を見てきた経験かあるので診断・治療がスムーズに進められていると思いますが、急に始めるとなると診断・治療が遅れますね。そこで各医院にこれを導入したらいいのではないでしょうか?

【AIアプリで診断】
https://t.co/uLY9epw5CL?amp=1

 この記事が出されたのは2020.2.6です。当時発信していますが、知ってる医師はいないのか…と思う程使っているということを聞きません。こちらは患者のCT画像を解析してコロナウイルスかを判断してくれるアプリです。PCR 検査をしなくても

CT→アプリ診断→投薬
(アビガン又はイベルメクチン、場合によっては重症化を防ぐためにトシリズマブも投与する)

と早期治療が出来ます。

 1人でも多くの患者を診れるように、医療が逼迫しないように、使えるものは使った方がいいと思います!

※アビガンはイベルメクチンより薬価が高いですが、耐性ウイルスを生じないので、変異ウイルスに有効です。

Posted by a.c. at 2021年08月23日 11:26 | 返信

いつもブログや動画ありがとうございますm(__)m

気持ちが衰え行く中、先生のブログと動画が生きる希望です。
多く人がコロナで命を落としている中で、国民を助けたいと身を粉にして診療して下さる長尾先生の命までもが...なんて、あってはなりません!
私たちは無力かもしれませんが応援してます。祈っています。
先生の尽力がいつか必ず届きますように...。

Posted by めるめる at 2021年08月23日 11:43 | 返信

一つ前の記事に書こうと思ってましたが、ふじみの先生の話を忘れないうちにと思って昨日のは違う話題のコメントをしました。
1000人近くの死亡者について、、コロナにならないように良かれと思って打ったワクチンで命を落としたのであれば、これだけ無念なことはありません。

私は原田陽平さんのブログも時々読んでいますが、お父さんがワクチン接種後40台の高熱が3日間は続き発疹が出て重篤になりました(今は回復しておられます)この場合も経過から言ってワクチンの副反応とどう考えても思いますよね。
それが有耶無耶で因果関係不明というのは、どうしちゃったんだろうと思っています。

私は他の人に「ワクチンで死亡例や後遺症が残るほどの重症例が出てはいけない」と言ったことがあります。
例えば、ある病気で死ぬ率が1万人に1人、それを防ぐワクチンでの死亡が10万人に1人だとします。海外では、病気で死ぬ率の方が高いのだからワクチンにはメリットがある、という考え方をよくします。日本でもそんな傾向ありますよね。
でも、私はその考え方はダメだと思っています。10万人に1人でも、その人にとっては1/1です。起こってはならないのです。

アストラゼネカのワクチンでは、20万人に1人血栓ができるという報告があり、ヨーロッパの一部の国では禁止になったり年齢制限が設けられています。その海外の報告の20万人に1人のことを報道したときに(日本でどのワクチンも使われる前)テレ朝の玉川さんは「20万人に1人というのは、6000万人打てば300にんに血栓ができるってことでしょう?今の日本ではそんなの受け入れられませんよ」と言ってました。
でも、今そんなことテレビで言う人いませんよね。
一つには厚労省での扱いが、ファイザー、モデルナの有害事象と見られることが、アストラゼネカの血栓ほど因果関係があるとは思われてない、ということかなと思いました。

でも、ワクチンを打った後に1000人くらい亡くなってる、これは問題にしないの?と言う人がたくさんいます。
これは本当にどっちかわからない例をいっぱい含んでいると思います。

ワクチン接種後の死亡について、二つに分けて考えようと思いました。
一つは、超高齢の方や、寝たきりなど弱ってる方について。このワクチンは刺激が強いので、体調を崩して死期を早めた例はあると思います。80歳代が最多、次に90代の死亡例が多いので、長尾先生が書かれた通り95歳以上の人は打つべきじゃないとはっきり厚労省はアナウンスすべきですね。また、寝たきりなど抵抗力の弱い人もです。

ワクチン危ない、中止ではなく、どういう人がワクチン受けるべきではないかを明確にしてワクチン後の死亡者数を減らしていくことが大事だと思います。造影剤アレルギーで亡くなる人は年に何人もいますが、造影剤全面禁止ではなく、ダメな人を漏れなく除外することが最重要とされてます。

その下の年齢層になると、くも膜下出血や心筋梗塞の数が増えてきます。ワクチンに関係なく、このような症状で倒れることはそれほど珍しいことではないと思う人もいると思います。
もし、くも膜下出血などがワクチンを打ってから1週間後に起こったとしたら、家族は100%ワクチンのせいだと思ってしまいますよね。でも、本当はたまたまかも知れない。ワクチンを打たなかったその人と比べることが出来ないから、どっちかわからないのです。
でも、ワクチンのせいでもせいでなくても、大事な家族を亡くした悲しさ、悔しさには変わりがありません。それに加えて、もしかしたらワクチンのせいかも知れないというモヤモヤが残ります。
だから真実はわからないとしても受けない方が良かったと思うでしょうね。

インフルエンザワクチンではこんなに死亡者は出ないと引き合いに出す人もいます。5000万人受けて6人だったと思います。でも、この数はインフルエンザワクチンが原因と確定している数です。
2009年に新型インフルエンザの新しいワクチンが出てきたときに同じように、厚労省に報告しています。その時は6人どころじゃなくてずっと多いです。
本当は、今の1000人くらいの死亡者も時間をかけて原因究明、もし関係がありそうなら補償すべきです。(補償しても亡くなった人はかえってきませんが)また調査した結果わかったことを途中経過でも良いから公表すべきだと思います。
手放しで安全だと政府が言うから、「いや、たくさ亡くなっているでしょう、隠している」と余計思われるのです。全部包み隠さず、こういう例もあると言うべきですよね。マスコミも伝えて欲しいです。それを見て受けるか受けないか判断すれば良いのです。

もし、このコメントを読んでいる人で「ワクチン受けたいけど予約がまだ取れない」とか「ワクチンを受けたいけど突然死が怖い」「ワクチン打つのは2ヶ月先だから心配」という人がいたら、一つ提案します。
その受けられない時間を利用して、脳ドックや心エコーなどを受けると良いと思います。そこで破裂の可能性がある動脈瘤が見つかったり、詰まりそうな冠動脈が見つかったら、ワクチンよりもそちらの治療を優先してください。
異常がなければ、くも膜下出血や心筋梗塞がすぐ起こる可能性が殆どなくなりますので、ワクチンを打った後の急死の確率を下げることができます。
地域によっては、脳疾患や心臓病での救急搬送にも支障が出ているところもあります。ワクチンのためというのでなくても、検査しとくことは良いと思います。糖尿病や高血圧の方は特に考えてみてください。
何も異常のない血管で、ワクチンによって死に至るような異変が起こるとはあまり考えていませんが、破裂しそうな動脈瘤や詰まりそうな冠動脈に対し、ワクチンが最後の一押しになってしまう可能性はあると思います。
ワクチン前に是非詳しい検査を、と自分しか言ってないな、と思いながら書いています。

インフルエンザワクチンくらい副反応が軽いワクチンの開発、あるいは量を日本人の体格に合わせて減量するなど、安全な方向に動いてほしいと思います。

長尾先生、目上の先生から呑気な電話がかかってくるのも腹立ちますね。全部留守電にして、患者対応に追われて出られません、ということにしたらいかがでしょうか?患者さんからの大事な電話はシュートメッセージにしてもらってますよね。

Posted by じゅん at 2021年08月23日 11:50 | 返信

いい流れが少しづつあるとの事、良かったです。
しかし政府は相変わらず。どうして菅さんは決断出来ないのか。庶民の命より金儲けの輩が世界にいて、逆らう勇気がないのかなとか感じます。

逆に全国に勇気ある医師が何人もいたことを知れて嬉しい。
長尾先生はじめ皆さんに大事ない事を祈っております。

Posted by nori at 2021年08月23日 12:15 | 返信

長尾先生
いつも長尾先生のブログで元気と勇気をいただいています。
私はまだ感染していませんが、伊丹市の長尾先生のようにいてくださる診療所があるか探しましたがみつかりません。
ほとんどが発熱ある場合はまず保健所へ。ってなっています。市のHPでは『発熱があればまずかかりつけ医に』、となっており、入口からたらいまわしです・・・
クリニックは喜んでワクチン打つがコロナ患者は診ない現実。不信感が募る毎日です。
隣の尼崎市がうらやましいです。
コロナを診るクリニックを公表し、熱がでたらすぐに近くを探し予約なしで診てもらえる。そんな日が来てほしい。

Posted by まー at 2021年08月23日 12:15 | 返信

一つ前の記事に書こうと思ってましたが、ふじみの先生の話を忘れないうちにと思って昨日のは違う話題のコメントをしました。
1000人近くの死亡者について、、コロナにならないように良かれと思って打ったワクチンで命を落としたのであれば、これだけ無念なことはありません。

私は原田陽平さんのブログも時々読んでいますが、お父さんがワクチン接種後40台の高熱が3日間は続き発疹が出て重篤になりました(今は回復しておられます)この場合も経過から言ってワクチンの副反応とどう考えても思いますよね。
それが有耶無耶で因果関係不明というのは、どうしちゃったんだろうと思っています。

私は他の人に「ワクチンで死亡例や後遺症が残るほどの重症例が出てはいけない」と言ったことがあります。
例えば、ある病気で死ぬ率が1万人に1人、それを防ぐワクチンでの死亡が10万人に1人だとします。海外では、病気で死ぬ率の方が高いのだからワクチンにはメリットがある、という考え方をよくします。日本でもそんな傾向ありますよね。
でも、私はその考え方はダメだと思っています。10万人に1人でも、その人にとっては1/1です。起こってはならないのです。

アストラゼネカのワクチンでは、20万人に1人血栓ができるという報告があり、ヨーロッパの一部の国では禁止になったり年齢制限が設けられています。その海外の報告の20万人に1人のことを報道したときに(日本でどのワクチンも使われる前)テレ朝の玉川さんは「20万人に1人というのは、6000万人打てば300にんに血栓ができるってことでしょう?今の日本ではそんなの受け入れられませんよ」と言ってました。
でも、今そんなことテレビで言う人いませんよね。
一つには厚労省での扱いが、ファイザー、モデルナの有害事象と見られることが、アストラゼネカの血栓ほど因果関係があるとは思われてない、ということかなと思いました。

でも、ワクチンを打った後に1000人くらい亡くなってる、これは問題にしないの?と言う人がたくさんいます。
これは本当にどっちかわからない例をいっぱい含んでいると思います。

ワクチン接種後の死亡について、二つに分けて考えようと思いました。
一つは、超高齢の方や、寝たきりなど弱ってる方について。このワクチンは刺激が強いので、体調を崩して死期を早めた例はあると思います。80歳代が最多、次に90代の死亡例が多いので、長尾先生が書かれた通り95歳以上の人は打つべきじゃないとはっきり厚労省はアナウンスすべきですね。また、寝たきりなど抵抗力の弱い人もです。

ワクチン危ない、中止ではなく、どういう人がワクチン受けるべきではないかを明確にしてワクチン後の死亡者数を減らしていくことが大事だと思います。造影剤アレルギーで亡くなる人は年に何人もいますが、造影剤全面禁止ではなく、ダメな人を漏れなく除外することが最重要とされてます。

その下の年齢層になると、くも膜下出血や心筋梗塞の数が増えてきます。ワクチンに関係なく、このような症状で倒れることはそれほど珍しいことではないと思う人もいると思います。
もし、くも膜下出血などがワクチンを打ってから1週間後に起こったとしたら、家族は100%ワクチンのせいだと思ってしまいますよね。でも、本当はたまたまかも知れない。ワクチンを打たなかったその人と比べることが出来ないから、どっちかわからないのです。
でも、ワクチンのせいでもせいでなくても、大事な家族を亡くした悲しさ、悔しさには変わりがありません。それに加えて、もしかしたらワクチンのせいかも知れないというモヤモヤが残ります。
だから真実はわからないとしても受けない方が良かったと思うでしょうね。

インフルエンザワクチンではこんなに死亡者は出ないと引き合いに出す人もいます。5000万人受けて6人だったと思います。でも、この数はインフルエンザワクチンが原因と確定している数です。
2009年に新型インフルエンザの新しいワクチンが出てきたときに同じように、厚労省に報告しています。その時は6人どころじゃなくてずっと多いです。
本当は、今の1000人くらいの死亡者も時間をかけて原因究明、もし関係がありそうなら補償すべきです。(補償しても亡くなった人はかえってきませんが)また調査した結果わかったことを途中経過でも良いから公表すべきだと思います。
手放しで安全だと政府が言うから、「いや、たくさ亡くなっているでしょう、隠している」と余計思われるのです。全部包み隠さず、こういう例もあると言うべきですよね。マスコミも伝えて欲しいです。それを見て受けるか受けないか判断すれば良いのです。

もし、このコメントを読んでいる人で「ワクチン受けたいけど予約がまだ取れない」とか「ワクチンを受けたいけど突然死が怖い」「ワクチン打つのは2ヶ月先だから心配」という人がいたら、一つ提案します。
その受けられない時間を利用して、脳ドックや心エコーなどを受けると良いと思います。そこで破裂の可能性がある動脈瘤が見つかったり、詰まりそうな冠動脈が見つかったら、ワクチンよりもそちらの治療を優先してください。
異常がなければ、くも膜下出血や心筋梗塞がすぐ起こる可能性が殆どなくなりますので、ワクチンを打った後の急死の確率を下げることができます。
地域によっては、脳疾患や心臓病での救急搬送にも支障が出ているところもあります。ワクチンのためというのでなくても、検査しとくことは良いと思います。糖尿病や高血圧の方は特に考えてみてください。
何も異常のない血管で、ワクチンによって死に至るような異変が起こるとはあまり考えていませんが、破裂しそうな動脈瘤や詰まりそうな冠動脈に対し、ワクチンが最後の一押しになってしまう可能性はあると思います。
ワクチン前に是非詳しい検査を、と自分しか言ってないな、と思いながら書いています。

インフルエンザワクチンくらい副反応が軽いワクチンの開発、あるいは量を日本人の体格に合わせて減量するなど、安全な方向に動いてほしいと思います。

長尾先生、目上の先生から呑気な電話がかかってくるのも腹立ちますね。全部留守電にして、患者対応に追われて出られません、ということにしたらいかがでしょうか?患者さんからの大事な電話はシュートメッセージにしてもらってますよね。

Posted by じゅん at 2021年08月23日 12:19 | 返信

大丈夫です。
殺されません‼️
今は長尾先生以外にも異を唱えてる人達が多くいるので。
あまり頑張らずにご自身を大切にしてください!
今は自分を大切にするときです。
一人で頑張らないことですよ🧡お祈りしてます‼️

Posted by 未来 at 2021年08月23日 12:38 | 返信

今日の動画と替え歌を聴いていて先生の心の叫びが痛いほどに伝わってもう泣けて泣けて😭😭
私は医師じゃないけれど、同じ思いです。
気がつけば日本国民は政府に見捨てられていた。自分で自分の命を守らなければならなくなっていた。
国民皆保険一体どこに行った?治療してもらえない人が今日も沢山溢れてくる。
先生、先生は先生の身を守りながら納得できる方法を探って下さいね。

Posted by 長尾先生応援部員 at 2021年08月23日 12:43 | 返信

先生、以前からずっと応援しています。
感染しない社会から感染してもOKな社会へ!正にです。
これからもずっと応援しています(⑅︎•ॢ◡︎•ॢ).。*♥︎

Posted by 吉村路子 at 2021年08月23日 01:09 | 返信

命がけで頑張って下さっています長尾先生
又同士の方々、どうか生かされていきます様に
と願っています
リーマンさんより、後半年の辛抱だとの事です
明けない夜はない、でも生かされてこそと思います
祈る事しか出来ないものですが、とにかく応援しています

Posted by いちほ at 2021年08月23日 01:25 | 返信

先生、今日もありがとうございます。
東京、大阪が動き出した。次は全国へ・・・
私は日本で一番高齢化、過疎化が進んでいるといわれている田舎に住んでいます。
長尾先生の言葉を支えに毎日頑張っています。

生きるって切ないね・・・過去のブログで先生が呟いておられました。
本当にそう思います。
でも、生かされていることに感謝・・・感謝を忘れずに今を大切に過ごします。

ネットでも誹謗中傷より、先生を応援する声の方が目につきますよ!!これから、どんどん増えてくると思います。だって、目の前の患者さんとずっと向き合い最善を尽くしてこられた先生の言葉には、嘘がない。それは、お会いしたことがなく、ブログやテレビでしか先生の言葉を聞くことができない私や、周りの友人たちにも十分分かります。
どうか、全国の長尾先生応援団を信じて下さい!!
私たちは応援し続けますよ!

Posted by ついんず at 2021年08月23日 01:30 | 返信

診察不可能地域の人からの問い合わせ…「業務妨害」並みになっていることに気づいて頂きたいですよね。
毎日、先生が無事か?ブログに来て確認してます。どうか御無事で!!

Posted by 匿名 at 2021年08月23日 01:52 | 返信

長尾先生、勇気あるご活動、どうもありがとうございます。

以前の先生のイベルメクチンについての見解の記事のおかげでワクチンを打たないという選択ができました。
心より感謝いたします。

ただ気がかりなことがあって、それはこの新型コロナ騒動の健康被害の根本原因がウイルスではないのではないかと感じることです。
そもそも世界中どこにも新型コロナウイルスの存在証明ができているところがないというのがそもそもおかしすぎます。存在証明がないものを、さもあるようにマスコミでは言っています。

そこで状況証拠からコロナパンデミックの本当の原因を一年以上ずっといろいろ考えていたのですが、以下のような仮説が生まれましたので、当方医学知識においては未熟とはいえ、以下のように考えれば現在の状態について、いろいろつじつまが合うような気がしたので、先生に検証してもらえないかと思いました。

仮説といいますのは、

巷では、まず新型コロナウイルス感染症ありきで、まず人がウイルスに感染し、そのウイルスが体内で肉体を攻撃しはじめて、その結果健康被害や死亡者が出ているのだと信じられていますが、実はそうではなく、まず体の免疫機能が先に何らかの方法で破壊され、その結果、各種の雑菌類が体内で暴走的に繁殖し、その結果、その免疫力低下で増殖した雑菌類の遺伝子の断片をPCR検査が拾って陽性判定となり、by病的症状が発生している……のに、それを存在してもいない新型コロナウイルスというものが生み出した健康被害だとWHOや政府や厚労省が嘘をついて本当の健康被害の根本原因を隠している可能性が高いという仮説です。

つまり、根本原因は、「免疫機能の破壊」であって、そこからありとあらゆる感染症的な健康被害が発生しているという理解です。

どうも、ロシアが新型コロナ感染死亡者を解剖して詳しく調べた結果、ウイルスは全く見つからず、細胞がなぜか放射線(電磁波)を浴びていて、その結果、血栓などが生じたりして死亡したという結論を出したらしいのです。

さらにイタリアなどからの情報ですが、ワクチンの成分の中に公的に成分として表記されていない「酸化グラフェン」という体内で磁化し電磁波でコントロールできる妙な物質が多量に含まれていたという情報もあります。
そして電磁波や磁力などでその酸化グラフェンの微粒子が(遠隔)コントロールできるらしいのです。

であるならば、ワクチン死亡者が増えているのは、人間には感知できない電磁波で体内に入れられた酸化グラフェンをコントロールして健康被害を生み出しているから……というような仮説も成り立つのでは……と思った次第です。

そう考えれば、ワクチンを打った人すべてに健康被害が発生しないで、ワクチンを打った一部の人だけに健康被害や死亡などの現象が、時間差をもって発生していることとつじつまが合うように思った次第です。
もしワクチンが明らかな単なる毒であれば、ほぼ全員が死亡したり、重篤化するはずです。
つまり、電磁波のようなもので、個別に体内ワクチン成分である酸化グラフェンなるものを遠隔操作できるなら、ワクチン接種後、後から選択的に殺したい者だけを気づかれずに殺すような……そうしたことも可能になると思いました。
そして、そう考えないとこの一年半のコロナパンデミックの状況証拠をつじつまがあうように説明できないのではないかと……
もし、電波暗室で生活する人たち複数が、なぜか全くコロナ感染者にならないとなれば、そうした検証方法で真実は確認できるでしょう。
これはあくまで仮設ですが、すでにワクチンを打たれてしまっている以上、できるなら念のために避難用の電波暗室を確保しておくことをお勧めします。

先生のような良心的な方が危険ワクチンを打たなければしょうがないというような状況が発生していることに強い憤りを感じています。

この仮説が全くの見当違いであれば、どうかご容赦くださいませ。

Posted by ゆう at 2021年08月23日 02:08 | 返信

長尾先生、大丈夫ですか?
脅迫などをする輩は、まともな人間ではありません。
法律に背いています、逮捕されるべきです。
反論して意見交換すればいいだけのことを
力に任せて、他国の大統領のように狙っているなんて
恐ろしいことです。警察に相談してください。

よほど、真実を突かれて苛立っているのでしょうね。
イベルメクチンは効く。しかし、安くて儲からない。
だから、メルク社は、あえて効かないと言う。
効果あると都合が悪いから。
5類にして、インフルエンザのように扱えば
誰も怖がらない。村八分も起こさないですむ。
そうなると、緊急事態宣言はだせない。
病院ベッドの補助金も貰えなくなる。
ワクチンも打たせられない。
そうなると、製薬会社は儲からない。
今後半年ごとに打たせたい計画が、潰れる。
利権、利権、利権の渦です。
国民、庶民のことなど考えてはくれません。

長尾先生は、人を助けたい、治したいだけ。

それすらを、利権のために邪魔するなんて
巨大製薬会社と繋がっている政治家や、医師や
マスメディア、、。もう、私達一人一人が結束しないと
ダメな時代がきましたね。

コロナは感染症だけの問題ではないですね。
コロナは政治、国策、○○兵器???
国民皆んなが、一斉に目覚めないといけませんね。

Posted by さくらじま at 2021年08月23日 02:08 | 返信

コロナに感染してもOKな社会へ! に、
激しく同意で首を上下にフリフリ、運動になります。

今日も、志ある先生方のお仕事がちゃんと回っているのか、心配で。
でも、心配しすぎて自滅してはいけませんね。
昨日、交差点で、スマホ見ながらゆっくり横断歩道を渡る人達を、
ジリジリしながら待っている時(前見てサッサ渡ってちょ~だ~い)
斜め前に停止しているトラックの後ろに貼ってあった、一言ステッカー。
「心配は すればするほど わいてくる」
不思議なタイミングでいい言葉に出会えて有難し、です。

Posted by taco at 2021年08月23日 02:54 | 返信

明日朝の生島ヒロシさんのおはよう一直線ご出演\(^o^)/
楽しみにしておりますね(*´∀`*)
東京のかかりつけ医の皆さんも、先生のお陰で、動きはじめています
先生に賛同して、医師としての本来の姿に立ち返って、がんばってます
誹謗中傷より、感謝と称賛の方が上回ってます

Posted by 小杉美雪 at 2021年08月23日 03:00 | 返信

長尾先生、余り、哀しい顔はしないで下さい(._.)
気のせいなら良いけど、長尾先生のコロナ本(私はアマゾンで予約しました)

「ひとりも、死なせへん~コロナ禍と闘う尼崎の町医者、551日の壮絶日記」

この本の表紙を見た時、悲しかった
なぜだか、分からないけど、悲しかった
助けを求めてくる人達に必死になって、医師として応えただけなのに、ただ、それだけなのに・・・
誹謗中傷の中、「同士」と呼べる方が増えてきているのが救いだと思うし、別に日本医師からの発信が無くてもいいじゃんと、思ってしまします
間違っているかもしれないけど、一人ひとりが「名もなき英雄」で良いと思う
誰に言われるわけでなく、誰に頼まれるわけでなく、只々、一人ひとりが目の前の事に、出来る事からさせて頂くだけ・・・
「医事新法社」の町医者で行こう!!が一般の方も読める事、尾崎先生とお逢いになること等々、今迄、先生がして来れれたことが少しずつ、芽を出してきていると思っています
だからこそ、先生が自分の意志で医師を辞めると思わない限り、辞めて欲しくはありません
本音、医者を辞めて歌手デビューでも吉本興業でも良いと思うけど
長尾先生の替え歌、最高だと思う
でも、別に替え歌で無くても良いけど
ホント、メルマガの2021年第33号のウイルスの種類で、吹き出して笑ってしまったもんね
そして、素人の私でも解らないなりに、こんななのかなぁ~って想像してしまいました
「イベルメクチン」「第5類」がYouTubeでは禁止用語だなんて、何処か悲しい
ありのままを発信しているだけと、私は信じています

Posted by ナオミ at 2021年08月23日 04:20 | 返信

長尾先生お疲れ様です。
毎日ブログ拝見しています。読んでいると、こんな方々がおられるのかと、いつも涙が出そうになります。
私は医療関係者ではありませんが、先生方に恥じぬよう、出来ることを頑張っていきます。
もちろん、うがい・手洗いはしっかりと。
長尾先生への誹謗中傷を打消すだけの応援の気持ちを送りたいでさす。
みんなで協力してこの国難を乗り越えましょう。

Posted by 松原 at 2021年08月23日 04:30 | 返信

「北里大学教授が開発した、コロナワクチンより効く薬!?」の動画ですが、
これは24日までだと購入割引がある動画以下の情報商品の要するにオマケで、これだと先生がこの「国際機関のカラクリ WHO編」という情報商品をお薦めしている形になりますが大丈夫ですか?

いわゆる「陰謀論」というカテゴリーに近いものだと思いますが、まぁ8割以上は参考になる事実ではないかと個人的には思います。先生が受けている受難の理由でもあります。
私はこの商品を3000円安い10,780円で明日までに購入しても良いなと思います。良くまとまっている商品なので。
そこで言われることを100%信じたり受け入れるのではなく、自分のリテラシーに照らし合わせて内容は吟味するつもりです。しかし、このような情報に接したことのない人は「猛毒注意!」ですね。

100%返金保証もあるようですし、怖いもの見たさで購入して後悔したら、躊躇なくキャンセルして返金していただけばよろし。ちなみにこの会社の商品、私はこれまでにいくつか購入しました。そしてキャンセルした事もあります。
カスタマーサポートに電話を入れるだけで、丁寧に対応してくれました。一旦入金した代金の返金は1ヶ月後くらいです。

先生、もしこの投稿が不適切ならアップしないで下さい。

Posted by 匿名 at 2021年08月23日 04:43 | 返信

いつも拝見させていただいてます。
おいぼれ保健師です。
正直どこの保健所職員もずっと「早く5類になってくれ~~~」と祈ってます。
なので、メディアでおっしゃっていただいた先生には感謝しております。
聞き取り調査、感染者1人1時間かかります。勤務時間内に何件さばけると思います?(もちろん時間外も休みもなくずっと仕事してますが)
電話の後は書類(何枚もあります、もちろん手書き。多すぎてPCで打つ方が逆に時間かかります)整えて管外へ依頼、管内は集団担当者へ、濃厚接触者への連絡(自宅待機の説明)と検査の調整、健康観察の電話、療養解除の健康確認と電話・・・の間にクレーム対応(だいたい電話かけると相談から文句に変わります。私たちではどうしようもない問題ばかり)時には嘘つく感染者もいます(辻褄合わなくなり発覚)
仕事多すぎ!
これだけ感染者が出れば、保健所は絶望の毎日。
保健所の仕事でできることは隔離だけ。
診断後は医療介入しかないんです。
医者でもないのに電話だけで健康観察なんて・・・その仕事をずっと保健所がしていたのもおかしな話。
関東は品川モデルや他にもいろいろ早期に医療介入する動きが出てきました。
一筋の希望の光・・・やっと
メンタルの疾患のおっちゃんが「どこが医療逼迫やねん!○○病院なんかガラガラやないか!」と怒って電話かけてきたのは1年前。
ひとつ申し上げたいのは、派遣が仕事できないみたいな言い方はやめてくださいませんか?
先生がおっしゃるようなことは患者さんに絶対伝えないです(ステロイドやめろとか下痢でも食べろとか)
なぜなら、仕事できない人やそんなミスをする派遣はすぐ首になるからです。
先生のブログやニコ動見て、励まされたり共感したり(時にはイラっとすることもありますが)
勉強させていただいてます。私は阪神間ではありませんが、医療機関に迷惑かけぬよう頑張ります。

Posted by koron at 2021年08月23日 04:49 | 返信

あなただけが希望の光です。
国民を分断した罪もコロナがもたらしたものです。
情報が錯綜しており誹謗中傷する人間がいるのは悲しい事ですが、
私もおやじと意見が分かれておりしょうがないのかとあきらめております。
しかし最後に勝つのは真実であり真実に国民は救われるのだと思っています。
応援してます。
頑張って下さい。
でも少しはご自愛ください。

Posted by toki at 2021年08月23日 05:11 | 返信

今日の動画、タクシー会社の社長のお話、社長も立派ですが、その社長に手を差し伸べようと考えている先生も素晴らしいです・・又その社長ばっかり・・と、すねる市民が出てくるでしょうかね💦
最近の先生は涙もろい様な気がしますね。疲れているのですね。楽しみにしていたチキンジョージも取り下げ・・塞ぎますね、私ならグレます。( ´艸`)

最近ワクチン安全やとかイベルメクチンは危ないと話してるYouTubeに何をおっしゃてるのコメントすると、いいね!が着く様になりました、ちょいと嬉しいです。先生の受け売りなのですが。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年08月23日 05:18 | 返信

私自身は、このブログに出会うまではイベルメクチンに懐疑的な人間でした。というよりどちらかと言えば否定派でした。
しかし先生のブログを読むうちに、現場レベルで効いているという報告が出ているのにそれを伝聞だけで否定するのはどうなのか?という気持ちが湧いてきました。また、あまりにもバッシングの酷さに違和感も覚えました。明らかに批判とか指摘とかのレベルを超えているように思います。
それにしても空気って怖いですよね。何でもかつての戦争に例えるのはあまり好きではありませんが、80年前もこんな感じだったんでしょうかね。
明らかに誤った方向に進んでいるのに、それを止められないというのは本当に恐怖でしかありません。
私自身は尼崎からは遠く離れたところに住んでるので先生に診てもらうことはないでしょうが、ブログで書かれてることを実践して健康的に過ごしていきたいと思います。どうかお身体に気をつけてください。応援しています。

Posted by 匿名 at 2021年08月23日 07:09 | 返信

  こんにちは いつもブログやコロナチャンネルを拝見してます
 動画を見ながら涙が出てきます 先生のおっしゃる事が良く分かります イベルメクチンがなかなか承認されない理由もWHOのことも動画で余計に理解出来ました 有り難うございます
お体に気をつけてニコニコ動画配信をお願いします

Posted by 西澤 たき江    山梨県 at 2021年08月23日 07:11 | 返信

ずっとずっと祈っています。

お天道様はみています。

Posted by Ryujin no tukai at 2021年08月23日 07:43 | 返信

長尾先生、コロナチャンネルもサイコーです。最後も替え歌、思わずハハハって笑っちゃいます。もうダメかも、って弱音はきながら、歌い出す先生が大好きです。コロナが落ち着いたら、九州から旅行がてら、先生の病院で健康診断してもらおうと思います。頑張ってね。応援してます!

Posted by 匿名 at 2021年08月23日 08:40 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。

開業医の先生でコロナ治療でイベルメクチンを
使用している先生は他にもいるんですね。
賛同してはるんですね

でも、5類に下げること提案しているのは
長尾先生だけなんですね。

尾崎会長も5類に下げるべき、とは
言ってないですよね。

私は先生の本当の味方は5類に下げるべきと言える先生と
思っています。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年08月23日 09:13 | 返信

いつもニコニコ動画を拝見しており、ブログの事は存じ上げてませんでした。
先生の勇気ある発言に心を打たれました。
24時間、気が休まる時間などありませんよね。
どうかどうか体調崩されませんように。
心から祈っています。
これから毎日応援クリックをさせていただきます。
他に先生のお力になれる事がありましたら、ブログで伝えてください。
名古屋から応援してます。

Posted by 大浦 知江子 at 2021年08月23日 09:22 | 返信

WHOさまのお話は衝撃的です。
人の命をなんだと思っているのか!…やってられないです

Posted by 宮ちゃん at 2021年08月23日 09:56 | 返信

長尾先生
応援しています。
私も自分なりに、「5類にしようよ~♪」を発信し続けます。
目の前の人に安心してもらえるように頑張ります。
やりきれないけれども、みんなで生き延びましょう。

Posted by sue at 2021年08月24日 12:05 | 返信

いつも応援してます!!コロナを乗り切りましょう!

Posted by ぴーちゃん at 2021年08月24日 12:05 | 返信

日本の第5波、デルタ株は今までとはレベルが違うと医者はみな口揃えて言いますね。従来株と比較した細胞破壊実験でも、
デルタ株増殖、細胞破壊が従来の何倍も強い、これでは若者でも重症化してしまうと納得できます。
5月に医療崩壊していたデルタ株発祥地、インドでは現在は国民の80%弱の9億人が自然免疫を獲得(ワクチン接種率は10%)500万人近くもの死者を出した上で、現在は平和を取り戻しているそうです。
もしワクチン接種ナシで自然免疫で収束させるというなら、日本でも高齢者中心に50~60万人近くの死者が出たはずです。
日本は高齢者・医療従事者の90%以上が接種済みだったので、この程度の被害者で済んでるワケです。
日本のワクチン死は1000件だと死に至らない病は5000件くらいはあるはず。それでも欧米よりははるかに少ない。
たしかにmRNAワクチン被害者が多いのは事実ですが、もしワクチン接種がなければ想像を絶する悲惨な状況だったはず。
イベルメクチン、ロナプリーブを開業医が処方できないのであれば、ワクチンしかすがるモノは他にないのが現実では?

Posted by マッドネス at 2021年08月24日 12:40 | 返信

先生、お疲れ様です。いつも応援しています!

Posted by たんぽぽ at 2021年08月24日 12:44 | 返信

毎日お疲れ様でございます。先生は実際にイベルメクチンを使用し効果を確認されている。大丈夫だと言われているのに、それを反対する誹謗中傷する輩達は一体なんなんでしょう。一言でこのイベルメクチンが効いたら損する人達。この薬も圧力がかかって日本では入手できないなんてその圧力は国なのならもうこの国は一体国民をどうしようとしているのでしょうか。理解ができません。テレビでもワクチン一択で放映し、副作用も全く大々的に報じない。普通なら人道的にさっさとこの薬を使うのが筋なのに、おかしいとしかいいようがない。感染爆発わかっていながらオリンピックを開催し案の定今の事態は散々な結果。お金のためなら人の命も惜しまずの国。国民は国の為に税金納めているのに、その国が国民を殺そうとしている。

Posted by マリア at 2021年08月24日 03:14 | 返信

長尾先生へ 連日お疲れ様でございます、有難うございます。WHOの正体?動画拝見致しました。無知を智に変えるとはこういう事かと思いながら拝見いたしました。トランプ氏の選択はある意味正しかったのかもしれません。しかし、落胆などしている暇などありませんね。国民の意思も知ってもらいたいので日本医師会など「ご意見ご要望」を書き込み出来る機関のホームページには、書き込みを続けたいと思います。模索しながらですが、そのように私にも出来ることをやって行こうと思います。政府にイベルメクチンを推奨して頂き、全国民の不安を解消して頂きたい。毎日、ずっと応援しています。どうかご自愛くださいませ。

Posted by ちーさん at 2021年08月24日 04:44 | 返信

有名なYouTuberのヒカルさんが言ってました。
アンチなコメントは削除する。
見ないこと。
暫く嫌なことはしないこと。
コメントも見ない。
コメント出来ないようにするとか
工夫してみてください🧡

Posted by 未来 at 2021年08月24日 05:53 | 返信

毎日、毎日 読んでます。ありがとうございます。尊敬する白洲次郎さんも「現場人」でした。
先日、親戚の看護師にイベルメクチンの話をしたら、「このへんで皮膚科領域のクスリを出す先生なんかいないよ!」
と逆ギレ?(コロナ指定病院で働いているので、悔しい思いがあったのでしょう)
私は、医療従事者でもなんでもありませんので、説得力に欠けます。
SNS等で発信していますが、いいね数が少ないです。(共有されないのか、同調圧力に負けているのか)
地道に伝えていくしかないのでしょうか。

Posted by nyannyan at 2021年08月24日 09:10 | 返信

今朝 生島さんのラジオ聞きました。
他の先生方の賛同が少ないとの事 イベルメクチン入手困難との事
難題ばかりですが、長尾先生頑張って下さい。
世界的な臨床実績とエビデンスを何故無視するのか?
政府関係者は動かないのでしょうか?

分からないことばかりですが、先生が体調崩したら更に大変です。
患者さんのためにも呉々もご自愛ください。

Posted by もも爺 at 2021年08月24日 10:16 | 返信

長尾クリニック院長が言っていることを知らないひとにしってほしいです。いつかはウイルスと生きていかなきゃいけないだと思います。

Posted by こよ at 2021年08月24日 10:31 | 返信

毎日お疲れ様でございます。先生は実際にイベルメクチンを使用し効果を確認されている。大丈夫だと言われているのに、それを反対する誹謗中傷する輩達は一体なんなんでしょう。一言でこのイベルメクチンが効いたら損する人達。この薬も圧力がかかって日本では入手できないなんてその圧力は国なのならもうこの国は一体国民をどうしようとしているのでしょうか。理解ができません。テレビでもワクチン一択で放映し、副作用も全く大々的に報じない。普通なら人道的にさっさとこの薬を使うのが筋なのに、おかしいとしかいいようがない。感染爆発わかっていながらオリンピックを開催し案の定今の事態は散々な結果。お金のためなら人の命も惜しまずの国。国民は国の為に税金納めているのに、その国が国民を殺そうとしている。

Posted by マリア at 2021年08月24日 01:20 | 返信

長尾先生、何時もブログと動画、拝見させて頂いてます。
ブログと動画が、更新されていないので、長尾先生のお体を、心配しております。
何事も無いことを、お祈りしています。ブログの更新と動画楽しみにしてます。

Posted by 実奈子 at 2021年08月24日 02:56 | 返信

毎日ありがとうございます。
ニコ動で言われたイベルメクチンの輸入の件ですが、先生のお考えに賛同する人は多いと思います。
クラウドファンディングで、資金を集めてみてはいかがですか。
私も個人輸入サイトで注文したばかりです。使うかどうかはわかりませんが、お守り代わりてす。

Posted by ミウミウ at 2021年08月24日 06:25 | 返信

初めまして。
憂國Wiki管理人と申します。
いつもイベルメクチンその他の情報発信、ありがとうございます。
当方でも、8月2日に次のページを作成して周知し、更新しております。

イベルメクチン新型コロナ治療適用促進情報
https://wiki.yuukoku.jp/?e217704cbc

本日ページを更新し、先生のニコ動の動画と本記事を含む記事を参照記事に追加させていただきました。
微力ながら応援させていただきます。

Posted by 憂國Wiki at 2021年08月25日 01:17 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会