このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

減ってはいるが、まだ1日中、コロナだらけ

2021年09月06日(月)

東京はピークアウトしたようだ。

当院の検査数や陽性者も減少中。

しかし終日、コロナ相談に終始。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



知り合いや、知り合いの知り合いや、そのまた知り合いなど、

コロナに関するあらゆる問い合わせに1日中、追われていた。


古い知人がどんどん僕に問い合わせてくるということは、

まだまだ開業医がコロナに対応していないことの裏返し。



でも、もうちょっとのような気がする。


m3の調査では、43%の開業医が対応しない、と回答しているが、

逆にいうと、57%の開業医はコロナを診るという様に大きく変化。




最近の傾向をまとめてみる。


1)若年層と中高年層の、二峰性になっている。

  やはり20代が多い。


2)中高年層の感染者のほとんどが、ワクチン未接種。

  ブレイクスルー感染もあるが、高齢者はワクチン効果を実感する。


3)ワクチン非接種&ステイホーム、という人が次々と感染している。

  紫外線不足(=ビタミンD不足)の人が多い。すなわち色白の人。


4)酸素飽和度が正常でも呼吸器症状が強いので、CTを撮ると全例に肺炎像がある。

  正直、デルタ株では重症度を酸素飽和度だけでなく総合的に判断すべき。


5)デルタ株は、下痢などの消化器症状が多い。またさまざまな皮疹が多い。

  臨床的には、インフル+ノロ、というけったいなリンS尿症状を呈する。


6)家族内感染は必然。一人が感染すると、どんどんうつっていき全滅家族に。

  しかし子供は心配ないので、治療はあまりしない。


7)相変わらず、喫煙者の感染者が多い。

  全員に「これを機に禁煙を」と説得。


8)保健所は今も積極的疫学調査(濃厚接触者の追跡)を熱心にしている。

  報道では「一部諦めた」かのようになっているが実際にはやっている。


9)軽症者は発症して1週間目にホテル療養に移っている。

  治っている人も機械的に1週間程度の隔離をされている。


10)僕が入院が必要だと判断した患者さんは2日後くらいに入院できている。

   関西は、GWの第四波でいろいろ学習し、対応開業医も増えてきて改善。




この1年間の当院の発熱外来の集計が出た。


2020年9月1日から2021年8月31日までの、1年間で

行政検査 2567件

陽性者  779人

陽性率  30.3%


1年間の通算陽性率が、30%を越えているのは凄い数字。

この数字だけでも、いかに過酷な現場か想像できるだろう。


この上に、他所で検査して陽性と言われた患者さんも全部、診てきた。

昨年9月までの200人、そしてその後の1年で200人以上の計400人以上。


結局、当院は、1200人弱のコロナ患者さんに関わってきたことになる。


そのうち、お亡くなりになられた方は、

僕ではない医師が診た翌日に自宅で亡くなって警察の検視になった90代の方と、

入院先で亡くなられた(保健所は教えないので噂で。年齢不明)の2名、である。


一方、僕の携帯電話を教えて自宅療養の支援を行ってきた約600名の患者さんの中で

入院加療に移行した方を含めて、亡くなった(当院が死亡診断書を書いた)人は、ゼロ。


初診時酸素飽和度が60%だった2人も、1週間の在宅での治療をして、救命できている。


僕が関わった限りは「ひとりも、死なせへん」と思って頑張ってきたけど、

ここまでの1年半で、ひとりも死んでいないことは事実、である。


「軽症しか診ていないから」と言う専門家がいるが、入院できない重症者も診てきた。

僕たちは、当院に来たものは全部診る、断らない医療なので、患者を選ぶことはない。



往診はほぼ僕一人でやってきた。

訪問看護もほぼ一人、であった。


通常診療や通常在宅も沢山あるので、片手間でコロナ対応をしないといけない。

他のスタッフ達はそちらに専念してもらうだけで充分だ。もちろん僕もやるが。


今夜も深夜の往診をしていた。

転倒後の大腿骨骨折だった。


僕達の意識のなかで通常診療は9割で、コロナ対応は1割、というウエイト配分。

決してコロナだけをやっているのではなく、片手間に仕方なくやっているだけ。


町医者でも、片手間でも、ワクチン接種と同時並行でも、やろうと思えばできる。

しかし、それについてくるスタッフが一番大変であったことは、言うまでもない。


でも、誰ひとり、辞めなかったし、

誰ひとり、コロナに感染せず、だ。


これは、皆様の温かい応援や、神様に守られているからと感謝申し上げます。

神様から「長尾はヘンやけどまあいいか」と、言われているような気がする。



でも、こんな繰り返し(緊急事態宣言やマンボウ)をどこまでやるのだろうね。

まだまだ、こんな無為な日々が続くと思うと疲れるし、職員の士気に影響する。


そう思って、今年になってからメデイアからお声がかかれば、応じてきた。

叩かれてもいいので、自分たちが日々やっていることを淡々と述べてきた。


5類にしたらいいというのは、保健所外しのこと。

保健所に遠慮せずにどんどん治療をすればいいよ。


おかしいのは、「5類なんてとんでもない」と批難していた人が自分がコロナになると、

180度変わって、「お願い助けて!イベルメクチンを!」と、僕にすがってくることだ。



僕は、評論家ではなく、現場の医療職。

SNSでの騒ぎをいちいちメールしてくる人がいるが、そんなのどうでもいい話。


どうすれば、地域の患者さんと子供たちが安心できるのか、

どうすれば、愛する日本の国力を奪われないかを考えてる。


ブログを読んでくださっている皆様と一緒に模索したい。


毎日、2つのクリック、有難う御座います!!!




PS)

コロナチャンネル #484_


ビタミンDが、なぜ免疫機能に有効なのか?  →こちら



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

お世話様です。先生の情報が頼りです。大枚1万円弱を払って、イベルメクチンを個人輸入しました。ワクチンは打つつもりはありません。

Posted by 後藤美博 at 2021年09月06日 04:06 | 返信

いつもありがとうございます。
40歳、夫婦でワクチンは打っていません。
でもだんだん同調圧力に負けそうです。
ワクチンを打っていない人がやはりなりやすいのでしょうか?
高齢者は激減しているので、やはりワクチンの効果はあるのでしょうか?
子供も居ますので悩みます。

Posted by 早田 at 2021年09月06日 04:56 | 返信

「5類なんてとんでもない」と批難していた人が自分がコロナになると、180度変わって、「お願い助けて!イベルメクチンを!」と、僕にすがってくる、、、やっぱりね。先生を叩くみなさん、きいてますかあー!!!

Posted by 匿名 at 2021年09月06日 06:39 | 返信

先生のようなお医者が近くにいると安心ですね!私は東京ですが、先生の発信に希望をもらっています。いつもありがとうございます。
動画のビタミンDの話、ためになりました。世の中、うつされるだのうつすだのばかり言ってますが、食事など基本的な体調管理の重要性をもっと強調すべきと思います。あと、少し前の動画ですが「翼をください」、今の日本が悲しすぎて泣けました!

Posted by fumi at 2021年09月06日 06:47 | 返信

森田先生とのライブ、興味深いお話をありがとうございました
中で長尾先生が大村先生の資料をこちら(?)に置いてあると仰ってたので訪問しました
しかし、最近目が悪くなり中々見つけられません
ご多忙中申し訳ありませんが資料集の置き場を教えて頂きたく伺いました
宜しくお願いします

Posted by しょうこパパ at 2021年09月06日 07:44 | 返信

日本の明るい未来のため、心から応援しています!!

無学な人々の心ない罵倒や、私利私欲しか考えない方々にどうか負けないで下さい。

あなたのような方が日本の未来を切り拓くパイオニアになってほしい!!

Posted by 横山耕次 at 2021年09月06日 07:50 | 返信

リアルタイムでは見れませんでしたが、You Tube 見てきましたよー。
9月6日9:05現在Banされてませんから大丈夫なんじゃないでしょうか?
コロナになるまでこんな情報統制されることがあるなんて思ってもいませんでした。
先生の判断でお薬も処方してもらえると思っていたのにこんな日本だったとは全てコロナが現実をさらけ出しましたよね。
日本を思って患者さんを思って頑張って下さっている先生には本当に感謝です。
先生は根が本当に優しいんですね。You Tube 見てかんじました。優しい人大好きです❤️
これからも応援しています☺️💕

Posted by 長尾先生応援部員 at 2021年09月06日 09:12 | 返信

初めて長尾先生のブログにお邪魔しました。YouTubeで拝見していました。先生の事を知ってもらいたくて周りの人にYouTubeや記事をLINEで送ったりしていました。春頃に初めて先生の記事をyahooニュースに掲載された時は初めて先生の事を知りましたが、本当に希望の光が少し見えたと思って泣きそうになりました。まだまだ先生のこと知らない人は多いです。もっと広めていきたいです。先生のブログ、医療現場がそのまま伝わってきました!素晴らしい情報です。先生は本当に希望の光です。これからもフォローしていきます。応援しています。

Posted by 山下敦子 at 2021年09月06日 09:38 | 返信

先生、毎日ありがとうございます。
そして、長尾クリニックのすべてのスタッフの皆様、ありがとうございます。
遠く離れた田舎から、毎日応援しています。
毎日クリックして、知人や友人にできる限り先生の考えを拡散します!!
季節の変わり目、どうかお身体に気を付けて・・・
目の前の患者さんのために、長尾クリニック一丸となって、頑張って下さい。

Posted by ついんず at 2021年09月06日 09:38 | 返信

ベストケンコー社(在台湾)のイベルメクチン剤を大腸癌手術をした中高年に12錠だけプレゼントしました。
映画のポスターも張ってもらったし、お礼も兼ねて。
それで思い出しました。以外な病院でイベルメクチンを出していらっしゃる。
宝塚市民病院の院長先生は、真面目過ぎるほど真面目な先生で、「薬剤の多重投与ポリファーマシーに反対」のお立場で宝塚市薬剤師会と提携して「薬剤をできるだけ少なくする運動」の取り組んでいらっしゃったとテレビで何回も放映していました。その宝塚市民病院にコロナ患者さんも当然沢山いらっしゃったわけで、それで看護師さんも一人だけ罹患の疑いのある方も出たわけです。するとすぐさま「看護師がコロナに罹患しているのに報告していない」という攻撃があったように聞いています。そういう経緯があったからでしょうか、宝塚市民病院でイベルメクチンを投与して下さる場合もあるようです。ただし本当にコロナに罹患して他に治療方法が無いケースに限るのではないかと私は想像しています。もちろん紹介状もいると思うし。イベルメクチンで検索したいたら我が町の市民病院が載っていたのでびっくりしました。もちろん日本製のお薬です。

Posted by にゃんにゃん at 2021年09月06日 09:52 | 返信

先生、おはようございます。「長尾はヘンやけどまあいいか」・・何にもヘンではないですけろ。二回も生前葬したりするところぐらいかしらん?私もまだ長尾先生ファンでは新座門ですから解りませんが。

先生の事散々避難していた、ハゲちゃびんのおっさん自分がコロナにかかったら助けてですと。どの面下げて(口が悪くてすみません)
先生の事やから助けてやったのでしょ?腹立つわ・・。
昨日初めてYouTubeで長尾先生の言っている事がおかしい。とどうたらこおたら、とほざいてるを見て、私もコメントで返ししてやりました。血圧上がりました。本人の先生がこんなのを見たら・・情けないやろなとか・・言い返す気力もないですよね、医師でもないおっさんでした(# ゚Д゚)こんなあほな記事は見ないが勝ちです。

今日も素晴らしい秋の空晴天です。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月06日 09:59 | 返信

「誰ひとり、コロナに感染せず、だ。」

とても良い事で、今からもそう願っています!

ただ…、、今からの冬の季節を考えたら不安しかないですね。

そして、沖縄うるま市の病院での事が、気になります。何故そんな感染どころか死亡までいくのでしょう。
64名もまとめて亡くならている事を、もっともっと検証し対策をテレビ等で伝えてほしい。
64名も亡くなられた事象があったわりには楽観な雰囲気が不安に思うところです、わたしらは。
楽観ていうか、流してるっていうか…。

Posted by ktk at 2021年09月06日 10:00 | 返信

整理されたデータの裏では、
長尾先生とスタッフの方々が、時に涙しながら凌いで来られた、膨大な労力を想います。
先生は決してワンマンじゃなくて、ちゃんと周りを労われる「おかげさま」の方。
誰一人辞めてない、それだけでも長尾先生のお人柄の現れですね。
それにしても、先生の活動量は並外れているというか、頭の回転がケタ外れというか
人間のポテンシャルってどこまであるんだろうと、不思議です。

国や自治体のトップ、専門家のエライ方々、ずっと異常な緊張状態が続く中で、
冷静に物事を見極めて判断することが出来るものだろうか、大丈夫かな?
舵取りを間違われてないか心配です。緊急事態宣言は延長のようですし。

ヘルパーをしている友人が、職場から接種証明を求められたそうです。
身体介助でなく掃除や買い物といった生活サポートでも、人の家に入る以上は必須だそうで
未接種がわかると責任者の方は即、別のヘルパーさんが行くよう手配したとのこと。
友人は体調のこともありワクチンは見送りたいので、辞めることになりました。
仕方ないと諦めているようです・・・聞いた私はもうすぐ1回目を控える身ですが、
友人には「身体のことも気になるし、無理して打つことないよ」と言いました。

毎日、若者向けの接種会場が取材され、当たった外れたと、一喜一憂の報道
人の心理として、打てないとなると益々打ちたくなるやん・・・煽りやん・・・

Posted by taco at 2021年09月06日 10:58 | 返信

医療者として、必要な医療(今すべきこと)を提供したいだけだと。批評とか、どういわれるとかいらないし、プロとしての使命と倫理観の中で責任もってしていること・・・と私自身も思っています。

Posted by nurse at 2021年09月06日 11:04 | 返信

毎日先生のブログからいっぱい元気をいただいております(*^-^*)

わずかひと月で、色々な事が変化して、やっぱりテレビって凄い媒体ですね
と同時に、日々患者さん達と真剣に向き合い、お言葉の通り「一人も死なせない」というお姿が沢山の人々のハートに届いて、どんどんその輪が広がっている、その流れを起こしている先生も、本当に凄い

尾崎会長がBSフジでご一緒されていた時に、先生の事を「スーパーマン」と評していたのを、ブログを読む度に、思い出し深く納得しています

数十冊のご著書を持つ、精神科医の越智啓子先生も、「歩くだけで治る」を取り上げておられましたよ

くれぐれもご自愛なさり、益々ご活躍ください

新刊も楽しみにしております

Posted by 小杉美雪 at 2021年09月06日 01:07 | 返信

先生おつかれさまです*
さきほどYouTubeで森田先生とのぶっちゃけトークを見て来ました!
バン!されていなくてよかった~~~
大切なお話がたくさん聞けて興味津々 そして楽しい。
また一人、素敵な先生を知ることができました ありがとうございます。
大村教授の本も注文しましたし、オフィシャルサイトのコロナ関連学術資料も読んでみました。
わたしの手元にはきのうストロメクトールが12mg分届きました、心強いです。
本当のことを教えてもらう、ということがこんなに目の前が開ける感覚なんだ、と感じます。
知りたい、知りたい、の毎日です(いろんな面で)

先月から補中益気湯、ビタミンDサプリ、5-ALAサプリ、を飲んでいます。
あとは先生がおっしゃっていた食品を摂るよう心がけます!

先生は神様に守られていますね、絶対に^^
応援してます!

Posted by ema at 2021年09月06日 01:29 | 返信

 毎日の先生の丁寧なご報告を読んでいると、私も最前線にいるような気になってきます。(おこがましいようですが・・)。テレビやネットの記事だけではこんな情報どこにも載りません。毎日「今日はどこそこの保育園でクラスター発生」「何十回電話してもつながらず」みたいなことだけです。クラスターやからどうなん?園児の症状は?つながらん原因はなんやと思うの?・・・書いてる人気づけよ!と突っ込みたくなります。こんなニュースばっかりテレビで見ている主人に「いい加減にくだらんニュース垂れ流すのやめたら?」と言いました。突っ込むとこを間違えた??いえ、気付かない人は身近にいるのです。
 ところで、昨日はヤフーニュースに先生のお顔が出てきてビックリしました。ちょっと若すぎですけど!写真が「本人提供」とあって、なんや先生のギャグか!と納得。今度の御本の宣伝兼ねてましたね。本の表紙の写真。いいですわ。年相応やし。友人に買って、読んで!と宣伝しときました。私、先生の「安楽死特区」前に読んでいたのに、つい最近先生やったと知りました。こんだけのブログ書かはるのも、作家としての顔をお持ちやったんやと納得しました。

Posted by モウチャン at 2021年09月06日 02:35 | 返信

毎日の先生のブログが、心の支えです。

少し先生の意見が聞きたいです。
「子宮頚がんワクチン」が再び国が推奨し始めました。

うちの上の子が中学の頃、推奨されていたのですが、副作用問題で怖くて、打たずでした。
が、最近、急に「接種のお知らせ」が下の子に届き始めました...

長尾先生の以前の「子宮頚がんワクチン」のブログも見ました。

コロナワクチンのタイミングに、子宮頚がんワクチンを入れてくる...

また悩みが増えてしまいました...

先生の考えを載せて頂けたら幸いです...

Posted by 長尾先生!応援しています! at 2021年09月06日 02:57 | 返信

先生こんにちは 2回目の投稿です。個人輸入でイベルメクチン届きました。サンファーマ社の物なので調べたところ安心していいと思いました。それでも私は日々ワクチンの同調圧力に心が揺らいでしまい 私自身は ワクチンは元々打ちたくないのすが世の中の動きを見ていると 打たないと重症化してしまうのか不安になってしまいます。先生の動画にも最近の患者さんは未接種の中高年の方とおっしゃっていたのが 私の中で引っかかってしまい。私は50歳です。やはりワクチンは とりあえず打っておいて イベルメクチンは症状が出た時のお守りとして常備すべきなのか 毎日のように 色々と悩んでしまいます。家族4人 夫婦社会人 高校生と 暮らしていますので 家庭内感染が怖く リビングではマスクをして 常に換気しています。ワクチンをしないで感染した場合 中高年は重症化しやすいのでしょうか?すぐにイベルメクチンを飲めば大丈夫なのか 初歩的な疑問なのかもしれませんが 中高年はワクチンもした上でイベルメクチンなのか先生に 教えて頂きたいと思います。
そして 先生毎日ブログ 動画楽しみにみています。ここの皆さんのコメント欄にもいつも励まされています先生と皆さんに感謝しかないです。

Posted by あずき at 2021年09月06日 03:49 | 返信

長尾先生のコロナチャンネルは本当に医学のわからない私には
勉強になります。
早く5類にしてインフルエンザと同様にしないと経済がダメになります。
菅総理も退陣ですがらもう少し先生の意見を理解できる総理大臣になってもらわないと
日本はどうなることやらいつまで保健所管轄で行くつもりですか?
先生のコロナチャンネル毎日楽しみです。
それから替え歌も55歳の私も知っている曲が多くて
これからも応援しています。

Posted by 富田林零細企業のおっさん at 2021年09月06日 04:27 | 返信

ありがとうございます。とにかくほんとに、ありがとうございます。

Posted by 匿名 at 2021年09月06日 05:08 | 返信

宇崎竜童さん作曲プレイバックですね。馬鹿にしないでよ~じゃじゃじゃん♪
20年ほど前お盆に伊勢志摩の実家に、母親と妹が「今年はダニが出て噛まれまくってる、薬も炊いたしお布団も干したりしてようやく収まって来たと妹は別の家なのに不思議な年でした。痒くてかきむしった後が凄いのですよ。
私達は噛まれませんでした。
それと娘が赤ちゃんの時しもやけで手は真っ赤、生駒だから寒かったのかしらん?主人の親は九州の人、なんか黒い瓶に入った温泉の元、六一○ハップを持ってきました、しもやけや水虫にもいいとか?超臭くて最悪、効いたのかどうなのか。。この名前が懐かしかったです。爽やかな公園を歩いてきました・・もう鳩さん達に餌槍は辞めました。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月06日 05:57 | 返信

先生今日もお疲れ様です。そして、発信ありがとうございます!ビタミンD不足が関連しているんですね。鮭をとりつつ、積極的に日光浴したいと思います!私はすっかり先生の虜で、先日先生の書籍を購入しました。読むのがすごく楽しみです!!!

Posted by わいわいファミリー at 2021年09月06日 06:59 | 返信

いつもお疲れさまです。長尾先生は、神様に好かれているんだと思います。
「イベルメクチン」の治験が、岡山大学病院でも始まるそうですね。
期待しましたが、初回1回だけの内服…と書いてあるので、
効かないという結果に終わってしまわないか?心配です。

Posted by 猫とピアノ at 2021年09月06日 06:59 | 返信

普段はガンのターミナルステージの患者さんをたくさん看取りしている先生が、ことCOVIDが相手だと「1人も死なさへん」と言うわけですから、感染症は早期診断・早期治療がいかに大事かという事ですね。
感染症というのはすべての病気の中では数少ない本当の意味で治せる病気のはずなのですが、2類以上指定感染症という法律が、保健所によって医療介入を妨害しているわけです。保健所の介在がこのまま持続する限り、感染者の医療難民化はやまないでしょうし、自宅放置される重症者も減らない。COVID以外の救急医療の危機的状況もずっと続くわけです。
このままだとCOVID最前線はもちろん、すべての医療従事者の士気も下がる、一般市民はコロナに怯え続ける事になる。
いつまでもかかりつけ医・近所の開業医は診てくれない、治療薬はない、という状況では日本は医療のみならず、経済も社会も崩壊していくことでしょう。当然自殺も増えるし、ストレスによる別の病気も増える。
分科会や専門家の面々はこのままコロナ禍が延々と続く事を望んでいるのかも。そのための保健所なのでしょうか?

Posted by マッドネス at 2021年09月06日 08:18 | 返信

先生の行動に、感謝しています。
初期治療が大事だということ、もっと広まって欲しい。

ワクチンパスポートもイヤですけど、義務化になったらと思うと恐ろしいです。
この辺も、世の中に訴えて欲しいです。
国も恐ろしいけど、国民が目覚めてないのが恐ろしい。
世論を変えなければ。

Posted by ポニー at 2021年09月06日 09:14 | 返信

先生お疲れ様でございます。先生は本当スーパーマンですね。毎日毎日涼しいお顔で疲れたお顔ひとつも見せずこちらまで元気をもらいます。先生の今日のブログを読み、どうすれば地域の患者さんと子供達が安心できるか、どうすれば愛する日本の国力を奪われないかを考えてる、私はこのお言葉に涙が溢れそうになりました。いまの日本は目を覆いたくなるような状態に陥って、国もワクチンしか頭がなく、政治は混乱し、なになに派閥の重鎮のとか、世襲議員の党内人事で涙する、コロナ無策で何人も亡くなり、今もなお苦しんでる方がいらっしゃるまたワクチン後の異常な死亡率そんな国民のことより党内の権力闘争ばかりの政治家達にテレビ放映。もう見たくもない。何かある世襲議員をいやに持ち上げてる報道、絶対なってほしくない。もうそんな地位や名誉ばかりの金の亡者の政治家はもう結構。、長尾先生のような本当に国民の事を考えて頂ける政治家が出てくる事を切に願う。

Posted by 大天使ミカエル at 2021年09月06日 09:46 | 返信

長尾先生、毎日、毎日、毎日お疲れ様です。
先生の頑張りはきっと天に通じています。八百万の神様が守ってくれていますよ。
楽しい替え歌、かなり字余りだけど笑えます。私たちはせめて風邪引かないようにしますね。

Posted by 匿名 at 2021年09月06日 09:56 | 返信

長尾先生、いつもありがとうございます。先生は日本の希望です♪ 尊敬しております。

今年の3月から6月の超過死亡者数は、前年比、27790人と、過去8年と比較しても大幅に増加しています(厚労省データより)
R2年は前年比 5547人減。
R1年は前年比 8075人増。
H30年は前年比 1750人増。
H29年は前年比 12857人増。
H28年は前年比 4583人増。
H27年は前年比 3964人増。
H26年は前年比 3010人増。
H25年は前年比 4858人増。

今年 3月は 前年比 4418人増、4月は 4807人増、5月は 10254人増、6月は 8311人増です。
5月が特に多く、続いて6月が多くなっています。
今年3月から6月までのコロナ死は 6887人ですが、これはPCR検査で陽性だっただけですよね?

東日本大震災の死亡者数 18427人よりもずっと多い方が、ここ数カ月でお亡くなりになっています。
原因は何か考えられますでしょうか?
高齢者の接種が 4月12日から始まっています。
私には原因がワクチンしか考えられないです。

詳しくはこちらをご覧ください。13分の動画です。【2021年6月】超過死亡が3万人以上増えている件 - YouTube

Posted by 長尾です♪ at 2021年09月06日 10:14 | 返信

「通常診療は9割で、コロナ対応は1割」。
長尾先生のこのスタンス、このバランス感覚。
読者のみなさん! このスタンス、このバランス感覚でいきませんか。
これこそ、「コロナパンデミック3年」と共生する、極意ではないでしょうか。
ぼくは「通常仕事9割、フィットネス1割」の感覚です。
コロナ到来で変わったこと。「屋内でのフイットネス」が「屋外でのフィットネス」に。
「歩行禅」というのがありますが、屋外で「1畳の場」があれば十分です。
中身は、ヨーガの「ふいご呼吸」や、太極拳の「スワイショウ」、棒術の「肩甲骨まわし」。
ひとさまが通行する「街頭」でのデモンストレーションも兼ねています。
野外ですので、もちろん「ノーマスク・素足ゾウリ」です。
家を出る前「塩湯・鼻うがい」。帰宅しても「塩湯・鼻うがい」。
これで、鼻腔から肛門にいたる「IgA粘膜免疫ネットワーク」を補強します。
「ひとりも死なせへん」(長尾先生)に呼応して、「野外でフィットネス」。

Posted by 鍵山いさお at 2021年09月06日 10:32 | 返信

長尾先生へ 連日お疲れ様でございます。有難うございます。早速、ビタミンⅮ3、C、亜鉛のサプリを購入致しました。私はワクチンより自己免疫力を高めたいと思います。情報提供を有難うございます。
一刻も早く、イベルメクチンが個人の希望で、予防のためでも処方して頂けるようになることを祈ります。それは「国民一人も死なせへん」ことに繋がります、絶対に!!!治験が進むことを切望致します。
しかし、5類落としを批判しておきながら、罹患するとイベルメクチンを要求するなんて、藁にも縋る思いなのでしょうね、そして本当は心のどこかで、イベルメクチンは効くと思っているのでしょうね。
最後の先生の2つの「どうすれば…」ですが、公明正大に、常に自分以外のお人のために尽くされている・・・・それ以上に…何を…。
私は今まで通りのブレないご意思を発信し続けて欲しいです!!!応援し続けますから。ご自愛くださいませ。

Posted by ちーさん at 2021年09月06日 11:24 | 返信

先生、お疲れ様です!

2回目の投稿です。
先生のブログを知って、お盆明け以降、
二つのクリック、押さずにはいられません!

長い戦いですが、微々たるものですが、
勿論応援継続させていただきます!!!

長尾先生、ファイト!

Posted by うちむら at 2021年09月06日 11:24 | 返信

コロナ関連学術資料(LIVEで話されていた資料は、こちら↓では?)
http://www.drnagao.com/media/corona_document

Posted by 匿名 at 2021年09月07日 12:39 | 返信

初めて書き込ませていただきます。
長尾先生のブログとお話、毎日読んで聞いて、
参考にさせていただいております。
本当にありがとうございます。
そして、ツラいことがあったため、聞いてください。
私は、とても珍しい病気で通院をしております。
その病気は悪性ではないため研究があまりすすんでおらず、
自己免疫疾患とも関わりがあるかもと言われている病気で、
お医者さんによって治療方針が様々です。
ですので、最初に受診したお医者さんの治療方針に、
どうしても納得がいかず、今の病院に転院しました。
治療方針も合い、
時間はかかるが、地道に治していきましょうと言っていただき、
とても信頼しておりました。
ところが、コロナワクチンの接種が始まるや否や、
「ワクチン打った?」と聞かれ、
まだワクチン自体が心配なので様子見を、と申したところ、
「マジか!反ワクチンだ」と言われ、衝撃を受けました。
その後「反ワクチンの医者がわーわー言ってるけどデタラメ」や
「科学的根拠がある」「今の病気よりコロナ考えて!」など、
散々言われ、涙目になりながら、病室をあとにしました。
私はインフルエンザなどはワクチンを打っていましたし、
反ワクチンではありません、コロナも怖いです。
今回の新しい方式のコロナワクチンが怖いので様子見をしています。
自己免疫疾患の副作用があるとも聞きました。
調べれば調べるほど疑問が増えます。
なのに、なぜあのように言われなければならなかったのか。
そもそもあまりわかっていない病気で通院しているのに、
その病気の患者に対し、自信満々にワクチンを打って大丈夫、と言えるのか。
いろいろ調べた上で判断していますし、まだよくわからないというのが
正解だと思うのですが、科学的根拠がある、などと強く言われ、
しかし、医者と患者という立場ではどうしてもこちらが弱くなってしまいます。
家に帰ってからもその事ばかり考えてしまい、何も手につかず、
次の通院が怖くなり、過呼吸を起こしました。
その次の処置でも話に出され、怖かったので苦笑いでごまかしました。
そしてまた次の処置のときにもやはり
「ワクチン打った?」と聞かれ、
もう逃げられなかったので、怖いので打ちたくないんです、と言ったら
「そうやって他の人が打つのを待ってる」「あなたみたいな人がいるから感染が止まらない」「ワクチンで人が亡くなったなんて、あれ全部間違ってるから。あれは自然死」「ちゃんと考えて!」
と、ほぼ恫喝のような言い方をされました。
となりで聞いていた看護師も、腕を組んでうんうん頷いており、
病室で一人なにも言えず、ただ硬直してしまいました。
病室を出てからは、泣くことしかできず、
付き添いで来ていた夫が受付に抗議をしてくれたのですが、
謝罪の電話等、なにもありませんでした。
処置をしてもらえなかったら、と思い、
強くも言い返せませんでしたし、
どちらにしろ、もう怖くて行けなくなりました。
この病気の治療が出来なくなってしまいました。
新しい病院を探すにも、珍しい病気ですので、
インターネットで調べるにも限界があります。
しかも、この地にはこの4月から引っ越してきたばかり、誰に聞くこともできません。
そして、インターネットで良さそうなところを見つけても、
また同じような目に遭うのでは、と思うと、恐怖を感じてしまい、
どこにも予約を出来ないでいます。
事あるごとに思い出して泣けてしまい、途方に暮れています。
もう私の病気は治せないのでしょうか。
医者の意向に沿い、ワクチンを接種しないと治療が受けづらくなる、
こんなことがあって良いのでしょうか。
そもそも任意であるはずなのに、医者という立場を使い、
ほぼ強制されるワクチン接種。
まさかこんな目に遭うとは思ってもいませんでした。

患者の気持ちに寄り添ってくれる長尾先生の診察を受けられたら
どんなに幸せかと、思います。
毎日調べては途方に暮れ、疲れてしまいました。
夜中に寝られない中、長尾先生のブログを読み、
動画を見て、ホッとしてから寝ています。
これからも、応援しています。
長々と失礼致しました。

Posted by でむ at 2021年09月07日 01:04 | 返信

私は、もしかして夢でも見てたのかしら?と思って検索したら出てきました。
「イベルメクチンを処方してくれるお医者さん」で検索したら、「自然療法クラブのお部屋」にイベルメクチンを処方してくれる病院、クリニック等、北海道から沖縄まで、日本全国で23ヶ所載っていました。
宝塚市民病院も、載っていました。よかった!!

Posted by にゃんにゃん at 2021年09月07日 02:47 | 返信

こんにちは。
先生ではなくて、ごめんなさい。
とてもつらい想いをされたと思いました。
他にも、透析の方で同じような目にあった話を
twitterで読んだことがあります。

天然塩と水で体の調子を整える本をお知らせします。
1.「病気を治す飲水法」(F.バトマンゲリジ)
2.「なぜ塩と水だけで、あらゆる病気が癒え、
  若返るのか」(ユージェル.アイデミール)

amazon で購入できますので、書評などをご覧になって、
興味をもたれましたら、ご確認ください。
よくなりますように。

では。

たまねこ53号からでむへの返信 at 2021年09月07日 08:24 | 返信

長尾先生を死なせへん!
追加でそれだけ言いたかった(o^^o)

Posted by Junko at 2021年09月07日 09:12 | 返信

先生のご尽力、頭があがりません。
くれぐれもご自身のお身体を少しでも労わる時間を持っていただけますように・・・

さて少々苦言をお許しください。
最近のここの皆様のコメントを拝見し、少し怖い傾向だな・・・と危惧しております。

ワクチン接種の是非。
イベルメクチンの個人輸入。

ワクチンを打った方がいいのか?
イベルメクチンはどのように服薬すればいいのか?
をここのコメントでも度々拝見します。

あたり前のことですが、選択決定の権利は自己にあります。
情報を得ることは、責任も同時に得るということです。
これをしっかりと肝に銘じて行動することが必要だと感じます。

先生は365日触れて看て聴いて得た情報を発信しているのみです。
主治医でもない、見たこともない方を診断するほど、廃れた医者ではありません。

それを「長尾先生が言ったから・書いていたから」
すべてが正しいと判断しても良いのでしょうか?

あまりにも安易に考えすぎていないか?
先生に対しても失礼すぎないか?と感じる次第です。

Posted by ままさん at 2021年09月07日 11:21 | 返信

コメントを読んで、本当に「少数派が泣きを見る世の中...」だと思いました.

うちの子も、血栓が出来る免疫疾患持ちです。
日常には支障がないのですが、原因もわからず突然足に激痛が走り、数日間歩けません...

ワクチン、打たないと本人は言いますが、大きな病院しかわからない病気なので、認知度が低く...
学校とかで必須にされないか...と不安で仕方ありません。

「打つ、打たないは本人の意思」というのに、煽る世間...
絶対おかしいと思います...
直接、公の機関に相談して変わる事を願うしかないのでしょうか...

「打てない、打たない」人の生きにくい世の中はおかしいです..

匿名からでむへの返信 at 2021年09月07日 11:29 | 返信

長尾先生いつも情報発信ありがとうございます。
最近イベルメクチンを知り早速個人輸入をしてみました。
実母が、ワクチン接種2回目打ってから5日後脳出血で病院に運ばれました。
右半身附随で今リハビリ中です。
本人はワクチンの影響と考えています。
なので母親にもイベルメクチンをおすそ分けしようと考えてます。
普通に考えたらまずは、治療ですよね。
応援してます。圧力に負けず頑張って下さい!

Posted by ぷーさん at 2021年09月07日 06:27 | 返信

子どもに「嘘をついてはダメ」「差別をしてはダメ」「みんな仲良く」
そう教えている大人が、嘘や隠し事をしたり、差別したり、諍いをする。
大人達の迷走で自由が狭められて、楽しいことがどんどん削られていく。
それでも毎日を生きている子供達は、頑張ってると思います。
可哀そう、でなくて、よく頑張ってるねと褒めたい。
そして、大人も子どもも一緒になって、どうすれば良いのか考える。
先生が仰っていた「まじくる」という言葉を思い出しました。
大人も子どももまじくって、コロナ禍の生き方を考えられたらいいです。

Posted by taco at 2021年09月07日 09:05 | 返信

初めての投稿ですが、いつも拝見させてもらってます。
私は日本に生まれて良かった。と、ずっと思っていました
1年半前までは。
コロナ禍になり、政府と国民との温度差や距離感を日増しに感じ、国は国民のためにあるわけではないんだと、政府は国民のために動いてくれてるわけではなかったんだと思い、不信感でいっぱいになりました。
そんな中、先生のようなお医者様がいてくださり、ホッとしました。
私は関東に住んでいるため、先生に診てもらう事はできませんが、1人でも多くの人が先生に診てもらい快方に向かってくれたらいいなと思います。
先生もスタッフの方も大変だと思いますが、お体に気をつけて、これからも国民の為にご尽力ください。

Posted by 3人の母 at 2021年09月07日 10:15 | 返信

先生の笑顔と声を聴いてるだけで元気が湧いてきます。
ありがとうございます。私はイベルメクチンを信じています。
過去20年間副作用事故が起こっていないのに承認しないのは
不思議でなりません。インドが何よりの証拠です。
でも個人開業医で密かにイベルメクチンを使用し始めたところが
あるって書き込みを読んだことがあります。
長尾先生、お体に気を付けて頑張ってくださいませ。

Posted by 白鷺武夫(81歳) at 2021年09月09日 01:22 | 返信

長尾先生に最強の協力者現る(虎の門ニュース・有本 香氏、‘21,9,16(後半))
イベルメクチンを使用させない不当性につてジャーナリストの有本香氏が
安倍前総理に直談判されました。今後どのように展開して行くのか楽しみです。
これも長尾先生の長期間にわたるご努力が、有本香氏の胸に響いたものとおもいます。
尚、Youtubeではこの部分がカットされ、ニコニコ動画、またはopenrecでないと
見ることはできません。

Posted by 白鷺武夫 at 2021年09月16日 12:23 | 返信

     ネットテレビでのチャット仲間が書き込んでくれた文章を拝借しました。

*イベルメクチンを妨害しているのはワクチン利権、新薬利権、

*某社の販売まじかのイベルパクリ新薬で2万円だそうです。
インドだと市販のイベルメクチンは1錠1ドルだそうです。

*某社が間もなく販売する経口薬の分子構造を見ました。イベルメクチンの構造とそっくりそのままで、
ほんの一部のエステルを極似たエステルに置き換えた構造でした。笑っちゃいました。製薬会社が良くやる手だそうです。と

Posted by 白鷺武夫 at 2021年10月05日 11:02 | 返信

私の勝負メシ(コロナ対策)

※起床後スグに
*誤嚥防止用意をしてから
『ぱ・た・か・ら』・・・大きい声で。
*甘酒 + 野菜ジュース・・10回噛んでから飲み込む。
*マルチビタミン&ミネラル
*ビタミンーD 1T
*亜鉛 1T
*ビオフェルミン
ローヤルゼリー
*5-ALA 50㎎×2capsule

※ 朝食 & 夕食
*20種類のカット野菜・味噌で煮付ける
*肉を入れる    ・味噌で煮付ける
*味付けアゲ・・・  味噌で煮付ける
*生わかめ・・・・甘酢で
*青さのり・・・・甘酢で
*もずく
*メカブ
*納豆
*ヨーグルト
*その他1~2品目

※食後
*コーヒー:クリープではなく乳幼児用の粉末ミルク
*カテキン緑茶。1分間口中で含んで飲むと
        ウイルスは1/100に死滅する。
電車で外出時は必ず持参する。
注1・甘酒にはコロナウイルスの特効薬である
   5-アミノレブリン酸が600#/100g含有(断トツ)。
  ・納豆には25#/100g含有。
#印:単位はマイクログラム。

Posted by 白鷺武夫 at 2021年10月08日 05:50 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会