このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

閉じ込めるから悪化する!?

2021年09月05日(日)

10日間も、家やホテルや病室に閉じ込められる

ことによる「ストレス」は、計り知れないもの。

そのストレスで治るものも治らず、悪化する?

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 




「隔離」とは、隔離する行政側の言葉であり、

当事者にとっては「閉じ込められる」ことだ。


もっと簡単に言うならば、「牢屋」に入れらること。

そこから出たら、「脱走」と呼ばれ「逮捕」される。



無理やりに閉じ込められたら・・・


野生の動物を想像して欲しい。

元気が無くなり、死ぬものも。


人間も同じで、もの凄い「ストレス反応」が起きる。

それが病気を、かえって悪くする場合もある、のだ。


「拘禁」されているという嫌な情報は、脳下垂体がキャッチする。

その下垂体からはACTHというホルモンが出て、交感神経は緊張する。


その結果、副腎から「コルチゾール」というホルモンが分泌され

この場合は、免疫能を低下させたり、免疫の暴走を惹起させる。


その結果、発熱、倦怠感、頭痛、食欲不振、などの症状が出る。

特に発熱は収まらず「こもり熱」のような状態に陥ってしまう。



1~2日は寝ていてもいいが、10日間も寝ていたら、エコノミークラス症候群になる。

肺塞栓症で突然死するのは、病院でも手術翌朝に時々見られる光景で、珍しくない。


高齢者は10日間も抑制されて寝ていたら、認知機能低下とADLが低下するのは当然。

免疫能もさらに低下し、治るものも治らないどころかどんどん全身状態が悪化する。



この1年半、自宅療養やホテル療養を余儀なくされた500人を

診てきて、ずっと心のなかで思っていたことを、今夜は書こう。


それは、

閉じこめるから治るものも治らない、のではないか。


もちろん、拘禁反応には、かなりの個人差がある。

しかし、10日間の牢屋生活はかなりキツイと思う。


毎日、毎日、毎日、「熱が下がりません!」というメールが何人もから届く。

その度に、ラジオ体操、筋トレ、スクワット、腹式呼吸、ヨガ、を提案する。


外気を吸い、窓越しでもいいから紫外線を浴びることを、アホのひとつ覚えの

ように何度も何度も伝える理由は、ストレス反応をいかに和らげるのかである。



室内での運動は

1)病気を早く回復させるため

2)重症化を防ぐため

3)後遺症を予防するため



10日間ずっと寝ているよりも、1~2日後からは狭い部屋の中でも

ウロウロして運動したほうがストレスが減り早く改善すると思う。


同様の理由で肥満などのハイリスク者は、重症化を予防できるはず。

逆にいえば、閉じ込め続けることで重症化させている人が沢山いる。


そして、後遺症は治療よりも、「予防」が大切、だと思う。

隔離の開始時から、「後遺症予防」のための運動は始まる。


肺が縮まるのを防ぎ、脳に侵入したウイルスを自然免疫で追い出し、

後遺症をあの手この手で「予防」しないと、隔離解除後では遅い。



1年半前、僕は「ウイルス感染は歩くだけで勝てる!」という本を書いた。


歩行で自然免疫の増強

紫外線の感染予防効果

そして後遺症の予防も



みんな、馬鹿にした。

でも僕は今も本気だ。


ホテルや病院から出るだけで驚くように元気になった人を何人も見た。

家に着くまでのタクシーの中で、わずが30分で別人のように元気回復。


家族はみな「嘘だろう」と驚くが、

僕は「やっぱりね」と、満足する。


今、狭い自宅に病弱な両親が居るために自家用車に寝泊まりしている感染者がいる。

自家用車なのでいわば「キャンピングカー」のように自由に使い、移動もできる。


海辺や川辺や工業道路に車を停めて、そこで毎日、歩くことを指導している。

寝る時以外は、なるべく車の中にいずに、絶対に人の居ない場所を歩く様に。


もちろん、治療薬4種類は診断が確定した日から飲んで頂き、今日で5日目になる。

もう症状はほぼ無くなり軽快したところに、保健所から「ホテル空きました!」と。


「先生、どうしましょうか?」とショートメールが入った。

「じゃあ、まだ5日間もあるので入ってみて万一、悪くなったら車に戻るか?」



保健所はもちろん「自家用車療養」なんか知らない。

自宅療養だと思っている。そんな部屋も無いのにね。


その人と話していると、「キャンピングカーで、10日間ボッチキャンプ療養」

なんてプランがあったらいいのになあ、と思う。山の中で自由に散歩できるし。



いずれにせよ「移動の自由」を奪われるストレスを行政は軽視しすぎでは。

そのせいで悪くなっているのではないのか、という想像力を働かせるべき。



コロナ前、僕は「尊厳」の講演を年間、300回くらいしていた。

尊厳とは、「食事」「無痛」そして、「移動の自由」なのである。


果たして、コロナの名のもとに、また隔離という大義名分のもとに、

多くの感染者が移動の自由を奪われ、どんどん弱っていく(フレイル)。


感染していない施設入居者も1年半、紫外線をまったく浴びさせてもらえず、

どんどん弱って白くなってきて、いまだに面会さえ制限されていて心が痛む。



もうそろそろ、こんなこと言ってもいいだろう。


はっきり言って、この1年半のコロナ政策は根本の根本からオカシイ。


世界遺産ともいわれる国民皆保険制度を有する国において、

日本のコロナごときで重症化も人災なら、後遺症も人災だ。



新しいリーダーには僕の発信を目にして、

少しでもいいから考え直してて頂きたい。




PS)

コロナチャンネル #483_


ワクチンが生む「分断」に、どう向き合えばいいのだろう?  →こちら



YOU TUBEライブを御視聴頂いた200数十名の皆様、

今夜もありがとうございました!



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

イギリス在住です。
いとこ2人が外科医です。
心の底から応援しています。
コロナが終わるまで、毎日ブログ応援のクリック必ずします。
私自身は小さい男の子が3人いる母ですが。
クリックとブログを読むことしか今は出来ませんが、クリック毎日します!
コロナが終わりましたら、感謝を言いにお会いしに行きたいです。
心の底から応援して、全てが良くなるようにお祈りしております!

Posted by ローズ  at 2021年09月05日 06:12 | 返信

先生には頭脳も経験も想像力もあるけれどなんといっても優しさがすごい。みんながあんまり崇拝して持ち上げると正直少し引いてしまう自分もいたがやっぱり先生は信じられない程の考え、行動をしている。誰かが(養老先生?)特攻隊は本当にヒドイが「お前を死なせたくない」と泣いてくれる上官のためなら死ねると言っていた。私も先生の言う事ならたとえそれで何が起ころうと後悔はしない、むしろ良かったと思えるだろう。

Posted by 匿名 at 2021年09月05日 06:27 | 返信

長尾先生、朝から、先生の字余りのお歌に大笑いして、お腹を抱えて笑いました!そして、お話の内容に、ネットサーフィンで不安が充満してた心も、綺麗に晴れ渡りました〜♪誠にありがとうございます。では、今から、お仕事、先生の足元にも及びませんが、今日は最前線に立つ日、、明るい気持ちで、がんぱってきます。ありがとうございました。

Posted by ちまき555 at 2021年09月05日 07:39 | 返信

キャンピングカー療法かぁ〜そうなりますよね。
うちもそうなるかしら。。。。

昨日、赤ちゃんが、マスクを外したら泣く⁉︎とおっしゃってましたね。
「いない、いない、バァ〜!」の逆バージョンですね。
これは、昭和時代に出たあの口裂き女と一緒かぁ?

人との分断、、、人間がおかしくなってきますね。

Posted by 宮ちゃん at 2021年09月05日 07:52 | 返信

長尾先生、いつもブログを見ています。
また、動画は、メモ帳片手に聞いています。とてもわかりやすく、本当に心の支えです。
今朝も早朝から散歩してきました!

先日、「本当に必要ですか?子どもへのワクチン」という広告を、読売新聞の全国版(9/3)で見かけました。

長尾先生も「40-85歳の人にはメリットが大きいが...」とおっしゃっています。が、10代20代は...と..

なぜ未成年に、こんなにワクチンを推すのでしょうか?...
うちにも子どもがいますが、「みんなが打ち出すと自分も打たないといけないのか...」と悩んでいます...

ワクチンを打つのは、死を覚悟くらいの気持ちです...

もういい加減「ワクチンさえ打てば大丈夫」の楽観主義はやめて、治療薬や二類など、長尾先生の意見を政府が聞いてほしいです!

長尾先生!大変だと思いますが、どうか発信を続けてください!

若い世代へのワクチン...。怖いです...

Posted by 長尾先生!応援しています! at 2021年09月05日 08:29 | 返信

ワクチンに関しての動画 ありがとうございます。
今回のコロナに関しては 人体実験中の事もあり 長尾先生だけではなく
ワクチンメーカーも 是非は 発言できないですね。
ただ コロナワクチンに関しては ワクチン接種しても コロナにかかる。
だけど 重症化はしない。 
PCR検査は 陽性か陰性化の判断ができる。
つまり どちらも いつコロナにかかるかもしれないし 誰かにうつす可能性が
あるという事ですよね。
それなのに 分科会は 上記の2つをしていれば 病院の面会などを許可しようと
提言しています。
なんか 矛盾しているようにも思えますが。
私は政府が駅で配っている PCR検査をして陰性がでましたが それは 免罪符では
ないと思いました。
検査したその時に コロナにかかっていなかっただけ。
ワクチン打った人も かかる可能性も全然ありますから。 
分科会のエビデンスが全く わからないです。

Posted by シロクマ at 2021年09月05日 08:53 | 返信

森田先生とのYouTubeトーク、9月5日AM8:00で4810回視聴で~す(*^。^*)
動画をバンされる事無く、順調に伸びてま~す!
でさ、森田先生との、大・人・時・間を楽しめて良かったですね
森田先生と長尾先生がお二人で一緒にお酒を飲めたら

週刊大衆のさわりでなく、中身も遠慮なくトークが楽しめるのかな

まあ、とりあえず、一般公開の動画では少し、遠慮がちになってしまう場面もチラホラだったようにも思えますし、大人の男の時間も大切ですもんね( 一一)
でも、本当に軟骨丼、鹿児島まで食べに行けたら良いですね(*^^)v
私も行きたいよ~と、動画を見ながら思いました
秋は何をするにも最適な季節
長尾先生も頑張ってお勉強に精を出して下さい
長尾和宏オフィシャルサイト→メディア→一番下

「コロナ関連学術資料」

に、何故か「日本医師会 会員の先生方へ」の中川会長のお手紙まで掲載されている
それに、大村智先生の長尾先生宛のサインもあった
これからも、長尾先生のお勉強の時間も増えそうです(*^^)v
私は夏バテで体調を崩していたので、少しづつ、体力の回復に当たりたいので食欲の秋に重点を置きたいな
511の豚まんや焼売食べたいよ!(^^)!

Posted by ナオミ at 2021年09月05日 08:55 | 返信

ワクチンに関しての動画 ありがとうございます。
今回のコロナに関しては 人体実験中の事もあり 長尾先生だけではなく
ワクチンメーカーも 是非は 発言できないですね。
ただ コロナワクチンに関しては ワクチン接種しても コロナにかかる。
だけど 重症化はしない。 
PCR検査は 陽性か陰性化の判断ができる。
つまり どちらも いつコロナにかかるかもしれないし 誰かにうつす可能性が
あるという事ですよね。
それなのに 分科会は 上記の2つをしていれば 病院の面会などを許可しようと
提言しています。
なんか 矛盾しているようにも思えますが。
私は政府が駅で配っている PCR検査をして陰性がでましたが それは 免罪符では
ないと思いました。
検査したその時に コロナにかかっていなかっただけ。
ワクチン打った人も かかる可能性も全然ありますから。 
分科会のエビデンスが全く わからないです。

Posted by シロクマ at 2021年09月05日 09:20 | 返信

今が変わり目な気がする。洗濯物を干しながら、ふと、戦時中の人も戦争の事を考えながら洗濯物を干してたのかなあって思った。戦争のようにコロナ人災も語り継がれる、ヒーローになるなら今でしょ!!!

Posted by 匿名 at 2021年09月05日 09:29 | 返信

私は既に無症状感染していて、抗体を持っているのではないかと思っている。でも、濃厚接触者と認定されて隔離されるのは嫌だから、濃厚接触者とならないような行動をしている。
今は、自分の体の状態を注視して暮らすしかない。悪い兆候を感じたら、自宅療養をして、自分の免疫力を信じて(薬を飲まずに)安静にするだけだ。
隔離が嫌なら、とにかくPCR検査を受けなければいい。むやみに検査を求めるのは、病気になりたがっているとしか思えない。

Posted by 丘の上の変人 at 2021年09月05日 09:29 | 返信

先生、おはようございます。今朝の空は天高く馬肥ゆる秋です。
カツラの先生( ´艸`)金髪もありますよね、笑ってしまいます、どうしてカツラを?

今朝のワイドショーで亡くなる二日前の80代の自宅療養の患者さん訪問医師が・・「買って来たよ、カルピスやな」と言って飲ませてあげました。くちびる紫色で息苦しそうなお爺さんはごくごく飲んで「上手い上手い」と力強く言っていました。その後入院出来二日後に亡くなったと。悔しいです。政府が悪いです。皆殺されているんです。
尾身さんは緩和をするらしいですが本当に大丈夫なのですか?あの人も信用できません。
私は人生娘のお産以外は入院したことはありませんが、その時も動いていましたねオッパイ飲ませにとか・・ただ縫い目が痛くて、解らないでしょうね男子は。雨の日が続くと気がめいります、音楽懸けてお香やアロマをその日の気分で炊いて気分を盛り上げたり、長靴を履いて公園にお散歩。でも外に出るなと牢屋に入れられたらどうしましょう、、気が可笑しくなると思います、ネットで訴え続けますね世界中に。キリンの社長の本間の心因は何でしょう?ビートたけしさんを襲ったのもどなたの差し金でしょうね、ちっともニュースで出てないのですよ。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月05日 09:38 | 返信

初めてまして。
8月のミヤネ屋の件からブログを拝見するようになりました。

今では先生の発信が楽しみで大好きになってしまいました!
人間を生かすために人間らしく行動されている先生が、なぜ批判されるのでしょう。批判している暇なんかないはず。生きるためならば。

遠方から応援しています!!

Posted by ハタフミ at 2021年09月05日 09:45 | 返信

こんにちは。
私はスマホのアプリを信用できないので、
動画を見ていません。申し訳ありません。
不具合で勝手にアンインストールされました。

「分断」。私は、一緒にいて楽しい人や
安らげる人などと、お互いにいることができれば
よいと思います。ワクチン接種に限らず。
そうでなければ、お互いに関わらない。無駄な時間。

 霊感が働く人や自然志向の方は、ワクチン接種を
しない傾向にあるようにみえます。あと、猫好き。
 猫に限らず犬も、ワクチンの影響なのかは分かりませんが、
内臓を痛めることが増えていると、獣医師さんの
コメントがありました。
 私も、2回接種済みのレジの人から電磁波を感じる
ことがありました。電磁波避けのポケットダイオード、
20年来の使用です。その方には、電磁波の抜き方など、
教えましたよ。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年09月05日 10:07 | 返信

長尾先生いつもありがとうございます
いま、「病気の9割は歩くだけで治る」part2を読んでいます^^
昨年1年間ほぼ毎日50分歩いて、肝臓の数値が正常値になりました。
そして夏の間は暑くて休んでいたけど先月末からまた歩きはじめました。
空や植物、虫や鳥、風のにおいの変化も楽しいです。
歩いている時間にだんだんと「ありがとう」と思えること探しが習慣になりました。
落ち込んでいても腹が立つことがあっても歩きはじめたら、そのスイッチが入るようになって
家に着くとシャワーを浴びて体も心もスッキリです。
このコロナ禍で、夫と意見が分かれ情けない思いと感染の不安で気分がふさぎがちでしたけど
「今日も歩けてるから幸せ」と思えます。
そして何より幸運だったと実感したこと
コロナ禍でなかったらわたしには長尾先生を知る機会が無かったかもしれません。
先日、長尾先生に間接的でも出会えてとてもわたしは幸運だ、と歩きながら思いました。
情報をいただいて心が軽くなり、楽しい替え歌で楽しませていただいて感謝しています。
最近はオフィシャルサイトの方で雑誌、新聞を少しずつ読ませていただいています。
とても興味深いことばかりでつい時間を忘れてしまいます💦
Amazonから新刊が届くのも待ち遠しいです♪

ずっとずっと応援しています!

Posted by ema at 2021年09月05日 10:42 | 返信

長尾先生みんなのために本当にありがとうございます。帽子素敵でした💓
森田先生とのYouTubeライブでおっしゃられた「ただの風邪」「自然免疫」という言葉に少し不安感を感じてしまいました。
FLCCCでも書いてある『軽症のコロナ感染者でも重い後遺症が出ることもある』ことは、コロナがインフルエンザのような他のウイルスと違うってことじゃないのかと思います。デルタ株では若者・子供が多いですが、治って3ヶ月頃から心筋炎など後遺症が出ることの方がむしろ、コロナ闘病中より怖いと感じてしまいます。(ただの素人の意見です)

Posted by ねこまつげ at 2021年09月05日 10:48 | 返信

解放してくれ…解放してくれ…
今朝の先生のブログを読み数年前に亡くなった父の言葉がよみがえります。
家に帰りたい!ではなくまるでアルカイダかタリバンかに拘束されたみたいな言葉にびっくりしたのと同時に胸が痛みごめん それは無理やねん ごめんとしか言えず、心の奥の奥へ仕舞っていた苦しい場面を思い出します。

いわゆるガン難民 となり最後の二ヶ月あまり入院しましたが、看護師さんに10円玉を借りて友達に電話して談話室で楽しんだり、私との忘れていた過去の出来事への懺悔やあの世とこの世を行き来してる話など色んな意味で濃い時間でした。

その三年前に母が亡くなった時から、長尾先生の本を読み始めていましたが在宅医療など無理!!
長尾先生が担当医でしか出来ない事と思っていました。
現実にあのわがままな父を在宅で看病出来ることなど無理! 家で看取る知識など何もなくどんなに本を読んでも病気になったら病院で見てもらうという考えしかありませんでした。この頃やっと、数年先生のブログや本を勉強してやっと"寝たきりだったかも知れないけど、家で過ごせたのかも”と後悔することができますがもう遅し。

来月父の七回忌を迎えようとしているのに、あの苦しい言葉が思い出されます。

Posted by S子 at 2021年09月05日 10:50 | 返信

菅総理はバカだったんでしょうか、いや先生の主張を理解していたが巨大な圧力に屈したのでしょうか、自国民が開発したイベルメクチンという最強の武器を使わずに、間抜けた的外れな対策に終始し、ついにバンザイとは、恥知らずとしか言いようがありません、イベルメクチンの威力を先進国の日本が国際社会に証明することで、たくさんの命を救えたであろうし、そして菅義偉という日本の宰相は世界史に名を刻んだに違いないのに。

Posted by YOSHIZOU IDO at 2021年09月05日 11:00 | 返信

COVIDの感染拡大と蔓延でもっとも問題になったのが、行動制限・自粛を新たな生活様式として標準化したこと。
これは全体主義(ファシズム)の始まりと同時に、自由・民主主義の危機的状況の到来でもあります。
それを先導・扇動したのは他ならぬ、政府の分科会。政府が感染症の専門家にコロナ対策のすべてを丸投げした結果として、
首相会見で必ず同時に会見する分科会会長が首相より立場が上になってしまい、IOC会長がパラリンピックで再来日した時に首相を差し置いて公然と批判したのは記憶に新しい。しかしツイッターで20万人もの人々が支持しています。
つまり現時点で日本のリーダーはS首相ではなく事実上O会長であり、まずい事に国民の多くがそう勘違いしています。
すでに市中に蔓延してしまった感染症患者をいつまでも隔離しようとする現実離れした事を強行し続けるのがO会長なのです。
隔離する事が感染防止につながると妄信し、感染者の人権は無視で、感染者のメンタルがどうなろうが知った事ではない。
この態度は医療者としても失格ではないか? 新政府には一日も早く分科会の解体・殲滅を望みます。諸悪の根源です。

Posted by マッドネス at 2021年09月05日 11:17 | 返信

いつも、コロナチャンネルとBlog を読ませていただいています。
本当に先生の言われる通り、閉じ込められるのが、一番つらい。
コロナ関係者の、役人、医師、企業、戦いは尽きないと思いますが、時には、休憩を取りながら、元気で、無理のない発信をお願いします。

Posted by まどか at 2021年09月05日 11:33 | 返信

先生、いち早くその本読んで対策してきました。感謝です。
お陰で毎年ひく風邪にもかからず、恐怖心も消え今に至っています。
一応高齢の部類に入りますが自然免疫で元気です。
動くとメンタルも整いますね。私は風邪で解熱剤もお医者様にもお世話になりません。ひたすら汗かいて寝ます。今までこれで生きて来れたので、これからもこのまま。
先生のご活躍にブラボー!!5類になればいいのにな。。。密かな願い。

Posted by ベリー at 2021年09月05日 11:41 | 返信

長尾先生、今日もおつかれさまです。10日間も寝ていたら、動けなくなっちゃいますよね。施設や病院の面会制限も、胸が痛みます。どれ程家族に会いたいことか...。俯瞰すると日本は、ファクターXの存在、世界に冠たる国民皆保険制度と町や村の医院の存在、世界一真面目で衛生に気を付ける国民性など、先進国の中でも極めて優位で幸運な環境に恵まれていたにも関わらず、それらを政治行政が遂に生かすことができずに現在の医療崩壊と社会経済を棄損する事態となっています。残念無念です。日本はあらゆる分野で大きな世直しが必要ですね。

Posted by 小東洋 at 2021年09月05日 11:43 | 返信

いつも先生のブログを読み励まされています。万一のため通販でイベルジョン(ストロメクトールジェネリック・インド会社)を購入しましたが、信頼してよのでしょうか?

Posted by 藤本敏朗 at 2021年09月05日 12:07 | 返信

今日の替え歌も大笑いしました。こんな歌を歌えるのは先生だけですね。笑
大変で深刻な状況下で、このユーモア凄すぎる。尊敬します。
先生がかかりつけ医だったらな〜

Posted by miyu at 2021年09月05日 12:23 | 返信

今日のブログも、とても勉強になりました。安心感が得られ、もしもの時はこうすればいいのか!と前向きな気持ちになれました!

Posted by 小梅ちゃん at 2021年09月05日 12:28 | 返信

YouTubeライブ、楽しく拝見しました。
先生、被り物?で登場されたので、ロンブーの淳さんに見えました。(笑)
大村智先生の「ストックホルムへの廻り道」読んでみますね。

Posted by 猫とピアノ at 2021年09月05日 12:45 | 返信

以前先生から教えていただいた。リチャードコシミズさんの九州支部?の叔父様は予防にビタミンⅮを取って紫外線を浴びて免疫をあげてくださいと私に教えてくれました。
花嫁は~♪あの低音の声が好きでした。なんか切ない歌詞になっツてしまいましたね、今日は笑えませんでした。

毎日ありがとうございます。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月05日 12:59 | 返信

最晩年になって初めてICU室を経験した。鼻、両腕、指先、心臓、尿道にいろんなものをつけられ3日間を過ごした。4日目、車椅子で体重測定あり。4キロ減にはびっくりした。麻痺側も非麻痺側もふくらはぎは煎餅のように垂れていた。「寝たきり3日で認知症になる」というのもさもありなん。「72時間留置」とはまったく異なる環境だった。
突然「10日間隔離」ともなれば、心身ともに長尾先生言われる「ストレス反応」が襲い掛かる。しかも保健所から見捨てられ高熱・呼吸苦にさらされ独り息絶えるという地獄。「行政の不作為による保護責任者遺棄致死・故意殺人」として告発断罪されるべきだ。

ぼくは意識だけは鮮明だったので「2週間で歩行退院」という目標を立てた。まず尿道カテーテルを紙パンツに替えてもらい、ベッド上で両足の爪先上げ・かかと伸ばしを1日1000回心がけた(実際は数えていない)。入院16日目、理学療法士立会いのもと病院外周を平地歩行で1周、翌日退院となった。目標には3日及ばなかった。
「ウイルス感染は歩くだけで勝てる」(長尾先生)にあやかって、「脳梗塞後の歩行はかかと伸ばし・草履片足立ちで回復する」と言いたい。なんの医療介入もない「隔離10日・放置10日」は、極刑に等しい「拘禁・拘置」以外のなにものでもない。悶死するぐらいなら逮捕再拘禁を恐れず、「要・急の外出・移動」で闊歩していい。

Posted by 鍵山いさお at 2021年09月05日 01:08 | 返信

先生、今日もありがとうございます。
いつも納得のいくお話で、頭がすっきりします。
本当に、おっしゃる通りだと思います。
閉じ込められ、移動を制限される、それがどんなに不安を増長させ、免疫力を低下させるか・・・
私は閉じ込められた訳ではなく、普通の入院ですが、それですら、辛くて精神的に参りました。
今後、少しでも改善されて、長尾先生がずっと主張してこられた早期診断、即治療、
5類の扱いで病気を診てもらえるようになることを願っています。
自治体によっては、理想に近い体制が整いつつあるところもありますよね。
マスコミは、もっとそういうプラスな面を全力で報道して欲しいです。
国民を不安にさせ、絶望させるような報道はもうたくさんです。
長尾先生のコロナチャンネルを地上波で毎日見たら、皆が元気になれるのに、と思います。
これからも、頑張って下さい!!

Posted by ついんず at 2021年09月05日 04:01 | 返信

コロナ陽性反応から2週間経ちました。
自宅隔離も終わりました。
先生の書いておられること、本当にその通りです。
軽症と言っても、これでも軽症なの?というくらいあらゆる症状に苦しみました。
でも、少しでも元気な時にはストレッチしたりして、隔離終了したらなるべくスムーズに動けるように、
と思い、部屋で起き上がっているようにしました。
熱は、6日目くらいから下がり始めました。
でも、やはり気持ちがなかなか前に向けなかったです。
症状に苦しみながらの隔離、辛かった。
家族に迷惑をかけないよう、お腹減っても家族のタイミングを待ってメールしたり。
トイレだって、なるべく家族が行った後にしよう、とか。
自分が悪化するのか良くなるのかもわからない。
ただただベッドの上で苦しんでいました。
そんな中では、なかなか気持ちが保てなかった。
良くなる事だけを考えよう、と思いながらひたすら耐えていました。
辛かった。本当に辛かった。
そんな時に保健所からの電話、要らないと思った。
聞き取るのだけでもしんどいのに、メモ取らないといけない。
何の意味もない。ただ保健所が私の事を人数カウントするのためだけの電話。
パッと悪化して、パッと死んじゃえたら、とも思った。
先生の言っている事、本当に本当にわかります。

Posted by 海と山 at 2021年09月05日 05:14 | 返信

長尾先生、いつもお忙しい中、ブログや動画をあげてくださりありがとうございます。
今日の若者へのワクチン接種についての動画を拝見し、先生のご意見を参考にしながら、親として考えています。
私は今まで子供には数々のワクチンをうけさせています。どのワクチンでも、その都度、メリットとデメリットを自分なりに考えて、どうか子供に大きな副作用がでませんようにと祈りながら...


8月上旬、子供がコロナ陽性になりました。症状は全くなくて、無症状のまま、隔離期間10日を終えました。
我が子がコロナ陽性なり、症状無しという体験をした後、毎日のテレビを見ていて、感染者数が過去最多とか言うけれど、年代別の重傷者数や死亡者数が全然伝わってこないことに気がつきました。そこでネット検索をしてみると、下記のホームページに8月30日時点の年齢別死亡者数が載っていました。10代の死者はゼロでした!ビックリしました。知らなかったです。
ということは、毎日テレビで子供のコロナ陽性が増えていると流しているけど、死者がゼロなら子供のコロナの死亡率は下がっているのではないかな?と思います。(数字に弱いので間違いだったらすみません。)


新型コロナウィルス感染症の年齢別死亡者数(国立社会保障・人口問題研究所) 
http://www.ipss.go.jp/projects/j/Choju/covid19/index.asp


今、ブレークスルー感染が多くワクチンを接種しても感染するという報道も良く耳にしますし、10代の死者もゼロならば、今回は我が子の接種は見送ろうと思いました。
各家庭で考え方、状況が違うと思いますが、接種する、しないは、それぞれで考えて選択するしかないのだろうと思います。
子供に限らず、どの年代でもワクチンを接種する、しないを自分で考え、選択できるようであってほしいです。


分科会もワクチン接種者の行動制限緩和とかじゃなくて、長尾先生がずっと言われているように一刻も早くコロナを5類にして、早期発見、早期治療の体制を整えるということを提言してほしいです。

Posted by 匿名 at 2021年09月05日 05:20 | 返信

長尾先生へ 連日お疲れ様でございます。有難うございます。イベルメクチンの推奨を声に出してメディアで伝えて下さり、その為思わぬ反撃にもあいながらも医師として正しいと思われることを伝え続けて下さり、本当に感謝ばかりです。イベルメクチンとネットで検索すると、先生と同じようにご自身のブログでイベルメクチンを推奨されておられる医師を何名かお見受け致しました。本当に嘘で固められた世の中にうんざりしています。そんな時、先生のブログを拝見するとほっと致します。嘘が無いからです。ワクチンの後遺症は今後どうなるか分からない、未知ですから分からないはずです。コロナ蔓延に真摯に向き合う先生がおられる、その先生を応援することが人の道だと思っています。もし罹患したら、出来るだけ自宅、車中で、身体を動かし紫外線を浴びて自己免疫力を付ける、+後遺症の予防ですね。承知いたしました。さまざまな事があるかと思います。負けずに前進して下さいませ。応援し続けますから。ご自愛くださいませ。

Posted by ちーさん at 2021年09月05日 06:37 | 返信

今日、久し振りに日本に居る最初に就職した職場の同僚とネット電話で話したら、兵庫県はまだちょっとしか感染者減ってないと暗めの声。コロナ患者受け入れしてるH医大病院の検査技師なので緊張がずっと続いているらしい。重症者病棟の稼働率はまだ6割だそうだが、PCR検査してる微生物検査部門はめちゃ忙しく、1人増員したくらいでは追いつかないらしい。生理検査担当の彼女はワクチンも先行接種で3月に打ったが、9月で半年経つので3回目を打ちたいと思っているとの事。打った後の抗体価は基準値以上あったそうなので、そうむやみに打たないでも良いのでは?と言うも、自分が感染したら職場に迷惑かけるし、同居家族も出勤停止になるから、と。可哀想に、生真面目な人なのでストレス半端ないんだろうな。法治国家だけに日本は大変なんだなと改めて思いました。YouTubeライブでの長尾先生、思わずキヨシローさんかと見違えました。一度是非それ被ってRCサクセション歌ってください。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年09月05日 07:15 | 返信

名古屋の老健で看護課長をしています。
今年の4月入所者と職員合わせて30名のクラスターが発生しました。
認知症フロアーだったので安静が保てず、あっという間に感染拡大。
感染して発熱してもひたすら歩く入所者女性は入院せず元気になりました。
巷で言われている後遺症もなくお元気に生活されています。
先生の発信される内容は全て勉強になります。
イベルメクチンでの早期治療ができていたら、16名も入院する事は無かった
と思います。

Posted by 西川和枝 at 2021年09月05日 07:50 | 返信

こんばんは。臭いはバッチリ分かるのに急に何となく味が薄く感じる様になりました。検査するべきでしょうか?

Posted by 豆助 at 2021年09月05日 08:31 | 返信

長尾先生、いつもありがとうございます。
自粛自粛の生活、同調圧力、キツいです。
コロナの後遺症が怖いといいますが、大部分は先生が書かれたように、コロナに感染したことによる精神的ストレス、二週間近く家やホテルに閉じ込められたことによるストレスや体力の衰えによるものではないかと思います。
中学生の子どもがおりますが、学校にもろくに行けず、行事ばかり中止、相当なストレスを感じているようです。
先生の声が政府に届きますように。応援しています。

Posted by 匿名 at 2021年09月05日 09:15 | 返信

勇気ある先生頑張ってください。母100歳当方74歳です。東京から山梨県石和温泉に約1年半かくり状態。15年位前にドラッカーの
著書にナノロボットがやばいと書いてあったがこれだけは覚えている。アルコール、マスク(余っているものは医療関係者がない
時まわしたこともあった。)酸素濃度系、イベルメクチン12㎎*50錠*5ケを用意している。ワクチンは打っていない。持病高血圧
カルブロックを飲んでいます。気になるのはワクチン接種者がCvirusの媒体とならないか気になります。それゆえ予防処置として
イベルメクチンを処方することも考えている。大村先生のいる韮崎は車で20-30分ぐらいのところです。最後まで味方ですよ!!
https://zisintest.blog.ss-blog.jp/

Posted by 長坂修 at 2021年09月05日 09:31 | 返信

若い人へのワクチン接種、子宮頸がんワクチンの副反応の例から、遅延性で副反応が起こることもある、万が一副反応が起こったらと考えたら、打つ方も苦しむというお話を聞いて、そうだよなあ、と思いました。

特に10代の接種は考えると難しい問題ですね。本人の意思がちゃんとあってという場合はしてもいいのか、とか思いますね。
知っている10代の人で、白血病や血液の病気で骨髄移植後の人が3人います。2人はワクチン接種し、1人はこれから打つ予定です。そのように免疫的に弱い人はコロナに感染すると重篤化する可能性が結構あるのでワクチンが勧められます。彼らは数年後の安全性よりも、まず今を生き延びなければなりません。幸い副反応は軽かったです。
そういう人もいるので、10代の接種全面中止という動きにはなってほしくないです。

ジャンポケの斉藤さん、2度目の感染で41度の発熱、中等症IIになり酸素吸入をしてかなり苦しかったそうです。
自然感染の場合、抗体価はそれほど高くなく、3ヶ月くらいでかなり下がってしまいます。自然感染の方がしっかりした抗体がつくというのは間違いですので、自然感染の方が良いからと感染対策を怠るようなことはしていただきたくないですね。

Posted by じゅん at 2021年09月06日 12:00 | 返信

新コロワクチン接種券に同封された『新型コロナワクチン予防接種についての説明書』について、
とても興味深い文言の変遷があります。
中段の、『●本ワクチンの接種で〜〜以降とされています。』の
次の文章が、接種券到着月により(年齢により?)違っているのです。(他は同じです)

6月着:(60代)
『現時点では感染予防効果は明らかになっていません。』

7月着:(50代)
『現時点では感染予防効果は十分には明らかになっていません。』

8月着:(20代)
『また、感染を完全に予防できる訳ではありません』


我が家族三人それぞれに同封された説明書です。
これは、どう理解したらいいのかな?
要するに、予防接種という名の、予防不可能液体注入券って事になるのかな?
今後の文章はどう変わっていくのだろう。
もう家族がいないから確認出来なくて残念ですわ。
ちなみに、我が家は皆接種しません。(説明書は興味本位で読んだだけ)
夫→ワクチンに興味無し。
子→治験中で、中長期リスク不明だから。
私→ワクチン接種後の有害事象が多すぎる。
歩いて、美味しいご飯を作って食べて、笑って暮らそう。
プラス、長尾先生のブログと動画を見るのが日々の日課。
それが一番のワクチンだと思っています(o^^o)

Posted by 星の子 at 2021年09月06日 12:58 | 返信

森田先生とのコラボYouTube。
バーンとなってないですね。

本当に、長尾先生が狙われてるって感じですわ( ; ; )
長尾先生。自分の命を大事にしてください。お願い……

Posted by 宮ちゃん at 2021年09月06日 10:19 | 返信

いいね 押そうと思ったら上手くできないので、コメントで「いいね」を残します。
長尾院長、正しい事を声を上げて伝えてくださり、ありがとうございます!
微力ながら応援しています!

Posted by エリ at 2021年09月07日 02:06 | 返信

長尾先生
素晴らしいです。
心が晴れやかになります。
先生のハートがこもった文章が心に沁みます。
日焼けやシミに過敏な年頃(30代)ですが、太陽を浴びることと歩くことを意識してみます♪
宇野正美さんも同じことを仰っていました。
呼吸、日光、あともう一つなんだったかな、、
忘れてしまいましたが、それが大事なんだと(^^)
私の大好きな先生方は皆同じことを仰います。
引き寄せの法則ですね(^^)
毎晩こちらのブログを読んで、心を温めてから寝ることにしています。
長尾先生の健康と安全を願っておりますm(_ _)m
これからもご活躍を期待しております♪

Posted by あかり at 2021年09月07日 02:19 | 返信

長尾先生!いつもいつも応援しております。
ワクチン接種後に!私の知人友人が3人も、亡くなりました。集団接種場だったので厚労省にはカウントも、されず。そんな方が山程いるのではないかと。
コロナ禍はもう、大きな勢力と庶民との戦争のようにも感じます。
庶民の味方の長尾先生!
どうぞお身体を大切に庶民を、お救い下さい!

Posted by 匿名 at 2021年09月07日 02:35 | 返信

鍵山様、私の父も脊椎圧迫骨折で寝たきりなのに、なんやかんやで救急病院に数回入院しました。
その時は、尿道カテーテルを抜いて欲しいと看護師さんに頼んでいました。
なかなか看護師さんも忙しいので、受け付けて貰えず、自分で引き抜こうとして、叱られていました。
やはり紙パンツの方が良いのでしょう。
寝たきりでも父も生きていてくれたし、母もまだ元気だったなあと懐かしく思い出しました。

にゃんにゃんから鍵山いさおへの返信 at 2021年09月07日 02:57 | 返信

森田先生とのYoutubeライブ、今朝拝見しました。バンされてないです。
「バン、バン、バン」で思い出す曲の違いとか、
「けいはん」と聞けば、鹿児島なら「鶏飯」、関西は「京阪」かな。
先生方のトークに解れて、クスッとさせてもらいました。
テレビの報道番組は送り手のフィルターが掛かるから、鵜呑みにはせず
どんな風に伝えるのか、で見てますけど、見るの減ったな~。
貴重なライブトーク、アーカイブ視聴させていただけて、有難うございます。

Posted by taco at 2021年09月07日 10:33 | 返信

先生を尊敬しています。矢面に立って日本国民の為に真実を話してくださって涙が出ます。息子が医学部を目指しています。高3です。もともとは感謝される仕事がいいと思って志望しました。でも病院で必要のない治療を強制されたり、危険だと思うワクチンを打たされるのではないか、医者は善意では働けないのではないかと悩んでいました。先生のようなお医者様がいらっしゃる事が奇跡です。希望です。先生、長生きしてください。息子も先生に続いて善意の医者になりたいのです。感謝しています。元気でいてくださいね。

Posted by ななこ at 2021年09月09日 12:17 | 返信

イギリス在住です。
いとこ2人が外科医です。
心の底から応援しています。
コロナが終わるまで、毎日ブログ応援のクリック必ずします。
私自身は小さい男の子が3人いる母ですが。
クリックとブログを読むことしか今は出来ませんが、クリック毎日します!
コロナが終わりましたら、感謝を言いにお会いしに行きたいです。
心の底から応援して、全てが良くなるようにお祈りしております!

Posted by ローズ  at 2021年09月29日 05:37 | 返信

イギリス在住です。
いとこ2人が外科医です。
心の底から応援しています。
コロナが終わるまで、毎日ブログ応援のクリック必ずします。
私自身は小さい男の子が3人いる母ですが。
クリックとブログを読むことしか今は出来ませんが、クリック毎日します!
コロナが終わりましたら、感謝を言いにお会いしに行きたいです。
心の底から応援して、全てが良くなるようにお祈りしております!

Posted by ローズ  at 2021年10月10日 09:23 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会