このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

体力の限界に挑戦

2021年09月12日(日)

東京パラリンピックのようにカッコよくはないけど、

僕は僕なりに「63歳の体力の限界」に挑戦している。

ただ頑張ってもどうしようも無い事があるのも現実。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



深夜11時に、お看取り往診があった。

亡くなる1時間前まで食べて話していた。


毎日が尊厳死。


こんな話を病院の先生にいくらしても理解されない。

いや「不都合な真実は理解したくない」、のだろう。


午前1時半までクリニックで書類整理をして午前2時に帰宅。

そのまま、バタンキューで深い眠りに落ちた、、、ようだ。



午前7時。

どこかで電話が鳴っている、、、ようだ。


看護師からだった。

「患者さんが夜中に長尾先生に何度も電話しても出ないので深夜に3回訪問した」と。


ああ、またやってしまった。

あまりにも深い眠りのため電話の着信音に全く気が付かなかった、、、ようだ。


着信が数件。

あああああ・・・。やっちまった。


腎不全(透析中)+肝不全(肝性脳症)の患者さんが、「腹水を抜いてくれ」と。

「そもそも」から始めて、1日、カロリーメイトで断食して腹水を減らすと説明。


現代医学は、完全な縦割りで、機械的なアルゴリズムで、俯瞰する目などは無い。

透析は透析で肝臓は肝臓だけで、肝腎の「腹水」は両者の狭間で放置されている。


この患者さんの病態と対処法を、医者にプレゼンするだけでも、1時間はかかる。

電話で説明し、電話に出られなかったことを家族と看護師に謝罪し、往診を約束。



深い眠り(ノンレム睡眠)の最中に電話がかかってきても、反応ができない。

浅い眠り(レム睡眠)の時だけ起きるけど、毎晩、眠りにつくのが怖くなる。


よく見ると、夜中の3時に、コロナ患者さんからのSOSも入っていた。

慌てて電話をして、話もよく聞いて、こちらも「往診」を約束した。



考えてみれば、僕は、

600人の在宅患者さんの24時間管理(夜中の12時間は僕一人)と

600人のコロナ患者さんの24時間管理を、365日、続けているほぼ老人。


毎日、電話やメールで、10~20人のコロナ患者さんの相談に乗るが、

電話中に、1~3件電話が重なてしまうので、返信できない人もいる。


パソコンを開けると500通くらいのメールや問い合わせがあるが、

とても全部にお返事ができず、これも時々、怒られたり失敗したり。


体力の限界に挑戦をしているが、

「限界」を感じる今日この頃だ。




20年前、NYの世界貿易センタービルに飛行機が飛びこんだ。

早朝出勤していた3000人の人が亡くなり、その後、戦争で沢山の人が死んだ。


ご冥福をお祈り申し上げることしかできない。


いつも思うのだが、戦争で何万、何十万人の命が奪われている一方、

医師は目の前のひとつひとつの命に真摯に向き合わないといけない。


戦争は「仕方が無い」という為政者がいるが、僕は「人災」だと思う。

一方、僕が24時間管理する600+600人のうち「コロナ」も人災。


人災であるならなんとかしたいけども、そんな能力もなく、もがくだけ。

体力の限界に挑戦しても、「睡魔」という「限界」には絶対に勝てない。


でも、生きている限り、頑張らないといけない。

本当は、「できる範囲」でいいのだけど、その能力がない。




さて、一昨日は久しぶりに、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」の収録 に呼ばれた。


読売テレビは、大阪城址公園のすぐ横。

新社屋から は、大阪城ホールと、大阪城が見おろせ、大変気持ちのいいテレビ局だ。


今日収録分の放送日は、本日、9月12日14時からの予定。

元祖MCである、やしきたかじんさんの遺言に則って、人気番組であっ ても、

関西ローカルであるが、放送直後から、読売テレビのHPでネット 配信されるらしい。

関西以外の方は、是非、それをご覧いただきたい。


本日の出演者は、 門田隆将さん、竹田恒泰さん、須田慎一郎さん、豊田真由子さん、

宮家邦彦さん、舛添要一さん、溝口紀子さん、丸田佳奈さんといった面々。

僕は、レギュラー雛壇ではなく、前回に続いてゲストとしての出演。

僕の前に総裁選について のコーナーがあり、そちらのゲストはジャーナリストの橋本五郎さん。

今までも、何度かご一緒した記憶があるが、橋本五郎さんお話を聞いて益々、ファンになった。


「ズバリ、次の総裁は誰なんだ?」と切り込む須田慎一郎さんに対し、

「ジャーナリストは予想屋ではない。

候補者それぞれがどんな考えを持って どんな政治を行うかを話することが仕事だ!」と切り返し、

須田さんは、「どうもすみませんでした」と謝っていた。 本当にそうだと思った。


同様に、医者とて、予想屋ではない。 「次の波はいつか?」とか、

「いつ収束するのか?」とか、聞かれるが、 そんなのはコロナウイルスの気分次第。

答えられるわけがない。

そうではなくて、現状、医療者として何が最善かをお話することが誠実な 振る舞いであると考える。


今日、たった30分の収録で、僕に与えられたお題は、二つ。

「2類から5類の変更、いつ可能か?」と、 「イベルメクチン処方」について、である。


収録前、たくさんのディレクターさんや、制作スタッフさんたちが、 僕の楽屋を訪れて、

異口同音にこう仰る・・・・・・。

「長尾先生、僕も、先生のイベルメクチン処方には賛成ではありますが、

いかんせんテレビなので、両論併記ということでいきますね。 単に、

一つの薬を推しているように視聴者から思われては、テレビ局 としては非常にマズいので・・・

あえて、反対意見も紹介しますので」 なんと誠実な対応だろうか!


僕はこう答える。 「もちろんそれはわかっています。僕はいろいろ喋ると思いますが、

適当に切っていただいてかまいませんよ」 「いえいえ、極力きらない方向でいきますよ!

僕たちは、東京のテレビ局とは違いますから、本当のことはちゃんと 伝えたいんです!」

さすが、やしきたかじんDNA(本当は、RNAと言うべきだが)を持ったスタッフたちだ。


ちなみに本日、辛坊さんはまだMCに復帰していなかった。残念。

しかし、いざ、収録が始まると、僕が言いたいことは、ほとんど、

喋りのうまいレギュラー陣さんたちが話してくれている。


まずは、門田隆将さんが、「長尾先生が8月にBSフジのプライムニュース に出てすぐに、

東京都医師会会長の尾崎さんが、イベルメクチンの治験を 決断した!

長尾先生がこの8月に国を大きく動かしたんだ!」 と切り出してくださった。


僕は前にも書いたけれど門田さんとは、飯を食ったことも、お茶を一緒に 飲んだことすらない。

なんでこんなに応援してくださるのか、僕としても、恐縮しきりである。


そして、なぜ、安部前首相が約束したアビガンが未だ認証されないかという 議題になり、

舛添さんが話し始める。


「イベルメクチンにしろ、アビガンにしろ、日本初の薬だからこそ承認され ない。

そこには、いろいろと言えない闇がある」と。

皆さん、もうアビガンについては記憶の彼方かもしれない。

アビガンのはじまりは、2014年のこと。


日本の企業である富士フィルム 富山化学が、従来の薬が効かない新型インフルエンザ向けに製造し、

承認さ れた薬で、細胞に入りこんだウイルスの増殖を抑える作用がある。

これが、新型コロナに関しても有効であるとし、富士フイルム富山化学が 2020年3月から、

コロナの治験を始めたと聞いている。

安倍さんが首相を辞任する前、肝いりで入れ込んでいたのが、この薬である。


以下は、昨年春の、安倍さんの記者会見の発言から。 「アビガンを含む3つの薬について、新型コロナウイルスに有効性があるか どうかを見極めるため、観察研究としての患者への投与を既にスタートして います」(2月29日) 「アビガンには海外の多くの国から関心が寄せられており、今後、希望する 国々と協力しながら臨床研究を拡大するとともに、薬の増産をスタートします」 (3月28日)

「アビガンの備蓄量を現在の3倍、200万人分まで拡大します」(4月7日)

そして安倍さんは、約1億3000万ドルの予算を確保し、世界数10カ国に対して、

アビガンの無償提供をすると言っていたと記憶しているが果たして...‥?


僕自身、昨年4月のブログにこんなことを書いた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2020年4月18日 メイドインジャパンのアビガン。米国は、デムレシビルに賭ける。 政府は沢山の諸外国にアビガンを配っている。 外国でアビガンの臨床治験をやっているのだ。 それならば、医療従事者に持たせてはどうか。 「ヤバイ!と思ったら自己責任でアビガンを飲む」 もし副作用があったらどうするかどうするか? 妊婦さんは気を付けるけどそれはいいのでは。 なぜなら、アビガンはインフルに保険承認された。 未承認薬ではなく、既存薬の適応拡大なのだ。


エクモを回してくれている臨床工学士には、 PTSDが多発して大変なことになるだろう。

労働衛生的に、とても容認できない労働環境で頑張っている。

せめて「アビガン」を持っているだけでも精神安定剤になる。

看護師さんも同じ事だ。まさに大量離職となる。

「手上げした人に10万円」を配るのであれば 「手上げした医療従事者にアビガン」を配ってほしい。

10万円よりも、はるかに安い投資だ。 なんでそんなこともできんのかが不思議。

「診療報酬2倍に増やす」なんて調子いい事ばかり 言っているけども、

無茶苦茶な規則を正す方が先だ。

アベノマスクよりアビガンを! PCR検査よりも、アビガンを! 医療崩壊の前に、アビガンを!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しかし結局、僕たち開業医がアビガンを手にすることはなく、今に至る。

そんな中、たった3週間後にイベルメクチン有効とのニュースが舞い込み

僕も昨年5月1日には、ブログでこんなことを書いた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2020年5月1日 いくつかの特効薬の候補があがっている。 アメリカでは、レムデシビルの株が上昇。 一方、日本では、実に意外な薬が候補に。 こんな研究、大好き。 大村先生、もう1回、ノーベル賞取って! なぜ、コロナが血栓を作り易いのか?そこに大きなヒントがある、 と私は思う。

特効薬は意外なところから発見される可能性がある。 特効薬ができれば、この騒動は確実に収束するはず。 今は、時間稼ぎ。我慢のしどころ。 東京では、人口の6%が抗体を持っているという。

日赤のデータが今月公表されるので楽しみである。 最終的に60%が感染するとので 6%であれば、

まだ一合目である。 でも、一歩前進? いや、まだ。明確ではない。日赤の発表が大きな道標に。

春は近い。いや、知らない間に桜は散った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


繰り返すが、これは僕の、昨年5月1日のブログである。 あれから1年4カ月あまり。

ほぼ、ワクチン接種以外は何も状況が 変わっていないことがわかる(泣)

これを踏まえての、今日の、 「イベルメクチンにしろアビガンにしろ、日本初の薬だからこそ承認され ない。そこには、いろいろと言えない闇がある」いう、舛添さんの発言。

すかさずまた、須田のオジキが舛添さんに突っ込む。


「なんですか舛添さん、その含んだ言い方は! 元厚労大臣なんだから もっとちゃんと言ってくださいよ!」と・・・・・。


僕がもしも橋本五郎さんくらい老獪であったなら、加勢していたところ だが、僕は押し黙っていた。

そこで医師の丸田さん(リモート出演)が話題を継いで、 「いろいろ治験をクリアしないといけないから......医療の世界には、 EBMというものがありまして......」と、教科書通りの生真面目発言を してお茶を濁していたが、須田さんは納得しない。 あのね、須田さん。

須田さんもわかっていて確信犯だと思うけれど、 テレビで言えないから「闇」なんだ・・・・・。


しかし、イベルメクチンとアビガンは同じような状況に見えていながら 事情はまったく違っている。

イベルメクチンにはすでに海外各国で使用 され、エビデンスを証明した論文もすでに60以上ある。

昨日再び、北里大学大村研究所の花木教授と対談の機会を設けて頂いた が、

イベルメクチンへの悪意あるネガティブキャンペーンの数々を耳にし、 呆然とするばかりである。


先週もこのメルマガで触れたが、なぜ「ワクチン推進派」と称する医師や 評論家やジャーナリストが、

イベルメクチンを目の敵にするのか・・・。

「馬用のイベルメクチンで中毒者が著しく増えている」という海外の胡散 臭いネットニュースをわざわざ「馬用」という単語を外して中毒のみを強 調し、僕を攻撃する匿名の人たち。

それを鵜呑みにする市民。 これは、そもそもの記事が、悪意ある捏造記事だ。


やはり、この薬の誤解を解かなくては・・・と僕は決意をしたところだ。

イベルメクチンの今後に、光が見えた週末だった。

しかし、たった30分の収録で、そこまでの話は、テレビではできやしない。

まずは、年内に書籍でしっかりとまとめたいと考えている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




いよいよ発売!!!


『ひとりも、死なせへん コロナ禍と闘う尼崎の町医者、551日の壮絶日記』 こちら


おそらく、今日、予約段階で売り切れになるだろう。

興味のある方は、是非、読んで欲しい。



考えてみれば、このブログも2007年から14年間、毎日続けている。

朝日新聞アピタルの連載も、2000日連続で1日も休ます続けた。

同時並行の産経新聞などの連載も、頼まれるままに続けている。

コロナチャンネルもYOU TUBEからニコ動に移動して500日連続・・・・


頑張り屋さんだけど、1年後に生きている気がしない。

そう思うとまた頑張ってしまう、という悪循環に陥る。



そう思って、今日の短いオンエアを観て下さい。



PS)

コロナチャンネル #490_


保健所と医療の連携なんて、全然できないよ(泣)  →こちら




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

御著書、予約しましたーー!!
本当に腹立たしいです。なんなんでしょうね…。この国は一体どうなっているのか??どーせまた今度の総裁選もロクでもないのが当選…なんでしょうね。最前線で戦う心ある人達がどんどん折れていくのを私達一般市民は、ほぞを噛みながら見ているしかないんでしょうか。何かできることはないんでしょうか。祈ることしかできてない自分が情け無く、悲しいです。どうぞ神様、先生のお身体だけはお救い下さい。

Posted by 匿名 at 2021年09月12日 09:58 | 返信

はじめまして、長尾先生の本は、ほとんど読ませてもらってます。歩いています。イベルメワクチンも購入しました。ワクチンは、うってないです。自分は、61さいですが、退職後突然自律神経になり、毎日苦しんでます。吐き気、息苦しさ、不眠症、薬リーゼ、マイスリーを毎日のんでいたら、3ヶ月で、目が痛くなりたまらなくなり、減薬したいですが、薬をへらすと、苦しくなります。良い方法は、ないものですか?整体には、通っています。自律神経は、歩くのが一番らしいので6000歩は、毎日歩いています。

Posted by 藤野明弘 at 2021年09月12日 10:05 | 返信

おはようございます☺️
先生 毎日お疲れ様です
今日は貴重な御話しありがとうございます
最後の1年後には生きてる気がしないというぐらいお疲れになっているのですね
先生のお蔭で直接的にも間接的にも沢山の命が助かっています
先生の言葉や行動で日本の医療態勢も変わり始めて、少しづつですが良い方向に
進んでいるのではないでしょうか。
本当に本当に心から感謝申し上げます🙇

Posted by masako at 2021年09月12日 10:24 | 返信

先生、大変お疲れ様です!
いつも発信ありがとうございます。

医療の縦割り、本当にそうですね。

先日、家族の付き添いで総合病院の循環器の先生に「この状態はこの数値とも関係しますか?」とお聞きしたら「腎臓は専門外なんだよね」と言われました。

知ったかぶりをされるよりはいいのですが、驚きました。

昔、お腹が痛くて近所のおじいちゃん医師に診て頂いた時、お腹を打診して全体を観察して診察頂いたのが懐かしいです。

そのような体全体を診てくれるお医者様は貴重ですね。

先生、本当にご無理のないようになさってほしいです。
本日のそこまで言って委員会、楽しみにしています。

Posted by 匿名 at 2021年09月12日 10:24 | 返信

長尾先生、体力の限界には挑戦せんといてください…。
せめて第5波が収束すればちょっとは休めるのに…。
とにかく無理したらダメです、みんなの長尾先生なんやから…(;_;)

Posted by 中性脂肪 at 2021年09月12日 10:24 | 返信

電話にも気づかず爆睡、まるで勝手にブレーカー落ちるみたいですね。
そうでもしないと、どうにも止まらない先生が壊れちゃいますもん。

使いすぎた脳を休ませるには、浅い眠りではだめで、気絶した状態になるとか。
最近読んだ、岸田奈美さんの「もうあかんわ日記」にそんなことが書いてありました。
コロナ禍の中、ご実家のお母様が発熱した時に「かかりつけ医に かかれない」状況も。
それから、ダウン症の弟さんと認知症のおばあ様との同居の日々が、
大変なのにユーモラスな文章で書かれていて、笑い泣きしました。
あ、「ひとりも、死なせへん」もちゃんと予約してますからねーー!

「そこまで言って委員会」リアルタイム視聴できないので録画して必ず見ます。
先生がちょっと教えて下さったスタジオの様子、パネラーさん達の表情が思い浮かびますね。
益々楽しみだし、コメント欄の反響も楽しみです(o^―^o)

Posted by taco at 2021年09月12日 11:41 | 返信

長尾先生、いつもありがとうございます
今日のそこまで言って委員会楽しみにしています!
録画予約もしたし、オンタイムでも見る予定です。
本も予約しました!
先日友人と話したら、「ワクチンは変異種に効いてるかもわからないし
怖いけど、ワクチンパスポートが始まるから打とうかな。。」
と言っていました。そんな風に思う人が出てくるのだなと。。
テレビを見ていると、高齢者のワクチン接種のあとは
50代問題!と言い、次は20代30代が重症化!と言い
次は妊婦!妊婦が〜!と言い、きっと次は子どもが〜って言うだろう
と思っていたら、案の定子どもも重症化!と言い始めています。
そしてたたみかけるように、ワクチンを打てば旅行が割引!
部活も出来る!ワクチン打てば自由が戻る!。。と
私には、どこかで見た通販番組に見えてきました。。

ワクチンって、何のためにあるんでしょうか⁈

ワクチン打てば自由が戻ると言いますが、逆を返せば打たなければ自由はないよ
と言っているのです。実際に欧米はそのキャンペーンをすでにやっているから驚きます。
この先、日本もワクチンを打たなければ自由のない世界がやってくるんだなと
やがてワクチンの継続接種が当たり前の世の中に変えようと
世界が団結して進んでいるように見えます。
暗澹たる気持ちですが、それでももう仕方ないと受け入れる自分もいます。
私には、治療に軸足を置いてくださる長尾先生たちが、心の灯となっています。
どうかこれからも気をつけてご活躍下さい。先生を応援しています!

Posted by ぴーすけ at 2021年09月12日 11:44 | 返信

先生。それは辛過ぎる現実ですね、きっとご家族も心配しているでしょう、コロナが無かったら少しはましなんでしょうか❔夜中の往診は先生しか駄目なんですか?でもこの体制は少なくとも後何年後かには無くなるのですよね?こんなに辛い在宅医療だったら後を引き継いでくれるお医者さんは居てはるのでしょうか?苦しいです。私より先に逝ってしまうのは辞めて下さいね、怒りますよ。
娘が高校の時厳しい部活始発から最終が毎日、1日オフの日朝目が覚めたらまだうす暗く、ヤッタ―ーテレビを点けたらサザエさんが始まっていました・・損をした気分でした。
10年前に娘とニューヨーク貿易センター跡地に行って来ました、身体が震えました何か感じるものがありました。ニューヨークに行くからには手を合わせに行こと遊ぶ前に先ず。今のコロナもテロですね戦争ですね。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月12日 11:58 | 返信

ワクチン一本足打法が間違ったのでしょうね。
集団免疫+二重盲検試験が抜け穴だらけで、ある意味学説信仰
今では、ビタミンD不足を補うくらいの効果しかなかったのに、
副作用死が多すぎです。
その信仰が接種証明か陰性証明なんて、無症状感染者の中に無防備に陰性者を放り込むような
悪政が世界の反発を招いています。

この学説信仰は陰謀と呼ばれて仕方ない。

Posted by ひゃま at 2021年09月12日 12:02 | 返信

先生。それは辛過ぎる現実ですね、きっとご家族も心配しているでしょう、コロナが無かったら少しはましなんでしょうか❔夜中の往診は先生しか駄目なんですか?でもこの体制は少なくとも後何年後かには無くなるのですよね?こんなに辛い在宅医療だったら後を引き継いでくれるお医者さんは居てはるのでしょうか?苦しいです。私より先に逝ってしまうのは辞めて下さいね、怒りますよ。
娘が高校の時厳しい部活始発から最終が毎日、1日オフの日朝目が覚めたらまだうす暗く、ヤッタ―ーテレビを点けたらサザエさんが始まっていました・・損をした気分でした。
10年前に娘とニューヨーク貿易センター跡地に行って来ました、身体が震えました何か感じるものがありました。ニューヨークに行くからには手を合わせに行こと思いました。先生、いくらお医者さんでも自分の命を大切にしてくださいね。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月12日 12:09 | 返信

お疲れ様です。いつも先生に光を見ています。
生きて下さい。近いうちに必ずコロナが収束しますように。そしたら、又この現状を振り返り映画を作って下さい。出演して下さい。
夜勤にどなたかDr.を置けないのでしょうか?休んで下さい。寝て下さい。
先生が倒れられたら、残された患者は行き場を失います。先生一人の身体ではないです。
お身体に気を付けて下さい。お願いします。

Posted by M at 2021年09月12日 12:31 | 返信

長尾先生、「そこまで言って委員会」見ました。
イベルメクチンの早期使用、5類への引き下げが
少しでも早く実施されるように願うばかりです。
長尾先生の命がけのメッセージが少しでも多くの皆様に届くことをねがいます。
新刊予約しました。楽しみにしています。

Posted by 井澤新子 at 2021年09月12日 02:31 | 返信

先生、拝見させていただきました、秋らしい色のツィードのスーツお洒落でしたビジャンのスーツですか?
皆さんいい方達でしたね舛添さんも今日はよかった。何か裏があるんやなと国民の皆さんが感じてくれたら嬉しいですね。昔おかっぱ頭の叔母様よくどなたかと喧嘩してましたね。先生お疲れ様でした、早く辛坊さん出てきて色々喋って。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月12日 02:35 | 返信

出演者の援護射撃素晴らしかったです。
みんな気持ちは同じですね。
ただ短い。コロナ脳の人に伝わることを切に願います。
思わず拍手をしてしまいました。
TVに映る先生がかっこよかった!

先生の替え歌、大好きです。優しい声が心地よい。
歌は心を元気にする。エンタメ業界頑張れ!
いつも一緒にコロナチャンネルの手しています。楽しいんだなぁこれが。
元気があれば何でもできる。
先生お体ご自愛下さい。
どんな時も応援しています。えいえいおー

Posted by りんごともも at 2021年09月12日 02:50 | 返信

関西は「正義のミカタ」といい、まだマシな番組があってうらやましい。
在京テレビは本当に偏りがひどいですからね。
日本が今どれだけ危機的状況か伝えることもなく国民総お花畑状態なのが怖いです。
今日もぽちっとね♫

Posted by はなこ at 2021年09月12日 02:55 | 返信

そこまで言って委員会 拝見しました。
診療姿もカッコいいですが、
スーツ姿でビシッと決めた先生 素敵でした。
いつかコロナが収束したら、こちらの地方にも講演会来てくれたらいいなあ。
私の夢、です。
お忙しい日々、どうかご自愛ください。

Posted by 匿名ですが at 2021年09月12日 02:55 | 返信

長尾先生、新刊予約しました。読むのか楽しみです。
番組、今、観ました。ひな壇が喋る喋る!
長尾先生がいらして番組の空気がグッと熱くなりましたね。
「皆さん洗脳されています。」と先生は言ってくださいました。
「検疫は厳しく。」も言ってくださいました。
先生のお話だけを聞いていたかったなー。
日本製の薬イベルメクチンやアビガンで治療できない今の日本。おかしい。
こんな政治がおすすめしまくってるワクチンだから打たない。
為政者たちはご自身がコロナになったらいち早くこの未承認の薬を使うんでしょうか。

Posted by ままっち at 2021年09月12日 02:57 | 返信

こんにちは。
失礼を承知で申し上げますが、
先生一人でしか患者さんの対応ができないのであれば、
先生が倒れて困るのは、患者さんや医院のみなさん。
睡眠時間をとれるようにしてください。

軍隊とか誘拐犯との交渉など、24時間態勢ですが、
休憩をとることも任務だそうです。8時間。
では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年09月12日 03:06 | 返信

初めて、投稿します。
長尾先生の、ご活躍を、ネット動画で知りました。現在、コロナ関連の多くの情報が、Youtubeから削除され、ワクチンの危険性、イベルメクチンの有効性が、隠蔽されています。
そのため、日本では、有志の方達が、ニコニコ動画などに、国内外で公表された貴重な動画をアップロードして、この問題を、医療の問題から政治の問題にすり替えようとしている政府、また、その、お抱えプロパガンダ機関と
なっている記者クラブのメディアの一方的な情報隠蔽、情報操作に対抗してくれています。
海外の医師や学者達も、Youtubeではなく、一般の人達に真実を伝えるために、ランブルや、brighteonなどの動画サイトを使っています。以下は、その一例です。
https://www.brighteon.com/channels/orwellito
長尾先生は、ワクチンの危険性については、中立的な立場をとられたうえで、イベルメクチンを推奨されているようですね?これが、ワクチンを完全に断罪する医師なら、テレビにも出演
させてもらえず、イベルメクチンについて、放送にのせることもできなかったかもしれないことを思うと、結果オーライで、政府のゴリ押しを引っ込めさせるのも、大変そうだなと思う次第です。ただ、もはや世界は、ワクチン接種の被害者で、あふれかえっており、元ジョンホプキンス大学の教授までもが、ワクチンメーカーの成分表に無掲載の危険な毒物が多数、混入されていることを、公表されました。その中には、ワクチンを作ることが不可能とされる寄生虫まで混入されていました。イベルメクチンが寄生虫駆除剤としても有効で、かつ、コロナ予防、治療薬としても有効という事実と、合致します。また、イタイイタイ病を引き起こすカドミも混入され、最近、ワクチン接種者の顔面麻痺に加え、四肢の麻痺が、ワクチンによって起きる致命的被害と認定されたようです。このほか、すべてのワクチンには、やはり、水俣病で有名な水銀を主成分とする添加物が混入されていることも、医師、学者の間で暴露されており、コロナワクチンに限らず、すべてのワクチン被害者に、重篤な記憶喪失、自閉症などが報告されていますが、これは、ワクチンの水銀が、脳内シナプスを破壊するため、脳内が、スポンジ状になっているからだという恐ろしい実験データも、すでに公表されています。更に、恐ろしいことに、酸化グラフェンという磁石のような機能を持つ粒子が混入されており、透明な液体に電極を通すと、黒い固まりとなって出現し、外部からの磁性に反応することがバレています。ほかにも、DNA配列を変えれば、赤血球が破壊されることは、とっくの昔に、分子生物学の学者によって、発表されていることですが、そのように遺伝子配列を変える成分も、ワクチンに混入されていることから、ワクチン接種者の多くが、無残なまでの血栓症で、地獄の苦しみを余儀なくされていることは、ご承知の通りです。問題は、このようなワクチン接種者の体内で、スパイク蛋白という毒が増産され、未摂取者に移すことによって、血栓や、発熱といった、コロナ症状を感染させていることです。これに対抗するのが、イベルメクチンであり、ビタミンDであり、亜鉛であるということなのですが、今や、悪質なことに、特に、酸化グラフェンは、米国産の食肉、日本では、ネッスルが販売するミネラルウォーターなど、飲食物にまで、混入されています。
全ての食品、飲料水などに、電極を通す、磁性検査を実施して、酸化グラフェンが混入されていないか、表示義務を課すべきです。
最後に、イベルメクチンの飲み方は、FLCCCの
プロトコルを参考にする人が多いようですが、体重50~60kgで、1回12mgは、日本人には、量が多すぎるような気がします。
特に、予防、軽傷者については、長尾先生のほうでも、イベルメクチン療法に賛同される医師、学会などと協力して、日本人向け処方箋を作っていただけると、ありがたいのですが。
先生の、今後の、ご活躍、また、一刻も早い、コロナ茶番劇の終息を祈願いたします。

Posted by 政治家やフェイクニュースは医者ではない at 2021年09月12日 03:17 | 返信

ワクチンパスポートに通販番組。ホントそうですね。バカな人から餌食になる。せめて大切な人を守りたい!!!

匿名からぴーすけへの返信 at 2021年09月12日 03:20 | 返信

TV拝見しました。
舛添さんとの掛け合いにドキドキしていましたがやはりそこはTV。
ぶっちゃけたお話は続かず厚労省の思惑、利権など想像するばかりです。
いつもの笑顔で登場してくれて(とても忙しく辛い事もあるでしょうけど)
先生のおかげで世の中少しずつ良い方向に進んでいるのですよね。
ありがとうございます。ただ先生のお身体が心配です。
全国で応援しています。
どうか医者の無用心となりませんように。

Posted by 応援しています at 2021年09月12日 03:52 | 返信

土日もお疲れ様でした🐾

551日がどうしてもココイチ=CoCo壱を
連想させるので

やっぱりカレー🍛がコロナには効くのでは
と思ってしまいました。

確かに頑張り屋さんと言う言葉は先生の為に
ある様な言葉ですね。

お体ご自愛下さいね🌺

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年09月12日 04:38 | 返信

委員会拝見しました。割といい時間帯に持ってきて下さり、力を入れているのが分かりました。両論併記なので丸田医師のご意見は仕方ないですね。避けては通れない問題ですので。しかしまぁご本人を前に超失礼な人格攻撃のご発言があり、あれはちょっとどうか、もっと他に言いようがあるのにと思いました。入れ知恵されてるんかい?先生は冷静に対応されていてさすがでした。
門田さんは長尾先生を非常に買っておられるのですね。これは、良いロックオンだと思います。門田さんに数年後に長尾先生のノンフィクション書籍出してもらいたいなぁ。先生が四国はお大師さんお膝元で生誕して阪神間に来られた経緯であるとか、池府時代からお父様のご不幸ののち上京されて医師になられたところも力を抜かず書き残して欲しい。
今日、門田さんがほとんど先生の代弁を正確にされているのを聞いてそういう想いが強まりました。
門田さんにもプッシュしようかな。

ところで予想していたことですが、例の東京の女医さん、長尾先生を貶めようと、委員会の放送直後からネットのクズみたいな情報に飛びついて必死です。長尾クリニックが実に6000回のワクチン接種に協力し、8月19日に先生の2回目接種をもってワクチン業務から退いたことなどつゆ知らず、尼崎市ホームページの9月度の市内ワクチン接種可能な病院リストに載っていないからって、「コロナ患者を日本一診たとテレビで豪語し、イベルメクチンのおかげで誰も重症化しなかったとほざいている長尾和宏さんのクリニックがコロナワクチン接種医療機関になっていない件」とTwitterでほざき、先生が反ワクチン署名もしたらしい。証拠を探せと大号令です。
もちろん、ネットリテラシーの低そうな怪しげな方がチョロっと集まる程度です。
何か言ってやろうかと思いましたが、もう少し恥をかいていただいた方が良いと判断しスルーします。
なんであれほど必死なんだろう。ホント、好きなんかな笑
先生は花木教授などマトモな方々との連携をますます強めて下さい。

ところで及川幸久さんのニコ動にご出演されるとのこと、とても嬉しく思います。及川さんも長いこと先生に片思いで、ひたすらリサーチして発信されていました。しかしながら時たま少し勘違いして発信されてる感も否めませんでしたので、あんなに好意的に発信してるんだからお互いに繋がってもっと正確に長尾先生のこと伝えて欲しいなぁと思ってましたらば、すでにお見合いは成立されてるとのこと。
私が願うこと結構叶っていて嬉しいです!
及川さんのチャンネルも有料会員で拝見していますので先生がご出演の会は必ず生放送で診させていただきますね!

Posted by 匿名 at 2021年09月12日 05:08 | 返信

はじめまして。先生のブログを見ないと1日が始まりません(^_^)お歌は中毒性がありますね!
テレビ観ましたよ。あの時間内にたくさんのパネラーの方とお話って、先生の言いたい事の3分の1も伝わらな〜い♪気がしますので、なんか消化不良気味です。お疲れ様でございました。
先生に無理をされませんようにと願うも、無理をしなきゃできないことばかりですね。どうかお身体ご自愛くださいね。そしてまたお歌を楽しみにお待ちしております。あ、本予約しなきゃ💧

Posted by シオシオ at 2021年09月12日 05:50 | 返信

アメリカのイベルメクチンを悪く言う記事、あれは虚偽です。

「イベルメクチンを大量に服用した患者が押し寄せたとされる病院」という勤務医が投稿したと主張するデマですが、
その病院のWEBサイトを開くと、ポップアップで次のように表示されました。
「当院では、その投稿した医師(派遣医師との事。医療バイトの事か?)は2ヶ月勤務していません。イベルメクチンに関連する患者は1人もいません。」

まーイベルメクチンを悪く言う場合は100%、ワクチンを良く言う場合は90%がデマなので、
最初からデマだと思っていましたが。
敵がイベルメクチンを特に嫌うという事は、この薬に劇的な効果があるという事なのでしょう。

Posted by 通りすがり at 2021年09月12日 05:53 | 返信

先生が24時間体制で管理されている患者さんのうち、半数の600人はコロナの方という事実に驚愕です。せめてこれが無かったら、コロナ以外の在宅患者さんに専念出来るのに。しかもそうなったのは人が作った法規やシステムに起因している。
昨日の動画でのワクチン後発熱患者でのPCR陽性、つまりコロナ発症が増えている件、私にはある推論が浮かびました。
コロナパンデミックも2年目に入り、ましてデルタ株の感染力の強さもあって、外に出て人と接触する機会の多い、多くの働き盛りの年齢層では既にウイルスに感染し、自分自身の自然免疫力により発症には至らず、比較的長期に渡り、ウイルスと共存状態で過ごして来たのではないかという事です。そのような人がmRNAワクチンを打ったところ、免疫機構に何らかの異常が起こった結果、免疫の低下を招き、それまで悪さをせず、細胞の中で潜伏していたCovid−19ウイルスが、活動を開始し、急にどんどん増え始め、発症に至った、というシナリオです。外国でも先生が経験されているような現象があるように聞きますので、今後何処かの研究者が解明してくれないかなと待っているところです。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年09月12日 06:54 | 返信

「そこまで」見ました。一人の女医以外は、みんな本当の事わかっているようで、でも本当の事を言えないような雰囲気でしたね。

ワクパスも酷いもので、ワクチンを打たなければもう普通の生活は出来ないようですね。
そして一旦選挙だから落ち着かせ、また冬に第6波が来て「ワクチン ワクチン」と叫ぶのでしょうね。
3回目、4回目とワクチンを打ち続け、最後はたぶん有料・・・。でも打たないと普通の生活は出来ない。
やっていることが見え見えで、もう うんざりです。

最後の行動制限解除の質問が、ワクパスとのセットであることが隠されており、少しミスリードされているように感じました。

先生は我々の光です。あまり無理をせず、お体を大切にマイペースで頑張ってください。

Posted by ころころ at 2021年09月12日 07:02 | 返信

長尾先生、先生は、もうご自身を責めないで下さい。限界って 声を出される時点で、第三者が見てもう、完全に タオル 投げないといけないとこ越してる気がいたします。あと5年とかも ダメダメ、ずーっと、長生先生でいて下さい。
 もう、先生の代診を決まった時間に置かれて 必ず睡眠はとって下さい。先生が居てくださらないと、今後まだまだ 医学会は、、、 私たち市民は不安です。
 私は 24時間営業の総合病院の外来看護師ですがそのため何時でも患者さんがやって来られ 先生の場合とは異なりますが、どうして、夕方まで受診されなかったのか?きて当たり前に普通以上の治療を希望されることもありますが やはり 然るべき時間 (例えば、いざ、酸素投与となって手配できる時間、今からすぐ点滴できるか先生が起きていつでもでれるか?) を逆算して動けなかったのかなあ、と思うことが多いです。

先生の患者様はそんな非常識な方々でないのは十分お察しできるのと、今回のコロナ、隔離下での不安で潰れそうになっている患者さんの気持ちもわかりますので、そこは違うで、!と言われるのも十分わかるのですが、、
お一人でされている対応なので もう、限界にあると、改めて今、良く ここでお伝えいただけてよかったと、

これから、長尾先生を 護ってくださる方法へ 急遽移行させないと 先生が壊れる。。。
どなたか 先生の代わり。どうか先生からもそうして今は、睡眠を7時間は必ずとってくださいね。

Posted by 匿名t at 2021年09月12日 07:41 | 返信

そこまで言って委員会、しっかり、観ていました。
長尾先生の敵がいっぱいいるかもしれないけど、味方もいっぱいいます。

無駄死にはしちゃ〜いけない!応援してます。
わたしは、わたしのできることをやっていくわ〜♪
出る釘打たれる。。。。。痛いけど、負けない!

Posted by 宮ちゃん at 2021年09月12日 07:48 | 返信

今日は、ばっちり観ました。
長尾先生は、新型インフルエンザと最近のコロナ肺炎で長年の臨床治療から、「5類にして保健所と医療の連携を」と仰って、治療薬もアビガンやイベルメクチン等、多様なお薬を使って24時間近く治療経験が、おありだから仰ることが的確だと思いました。
厚生省や保健所の管理者からはEBM、EBMといわれますけど、患者さんがバタバタ死んで行く現状です。
何とか現場のお医者さんの意見を受け止めてほしいと思いました。
長尾クリニックの皆様も、お元気で頑張って下さい。

Posted by にゃんにゃん at 2021年09月12日 08:06 | 返信

世の中は変わりつつある。
イギリスは、ワクチンパスポート案が無くなり、3回目のワクチン接種は、本当に必要な人以外は、特に接種する必要はない、また 12歳から15歳の子供ワクチン接種を強制しないことになりました。

ワクチンパスポートについての記事
https://www.bbc.co.uk/news/uk-58535258

Posted by M from London at 2021年09月12日 08:06 | 返信

連投すみません。動画見ました。
動画のコメントを御覧頂ければわかりますが、いつもの賞賛コメント9割とは違い、反対コメント多数となっています。
私もデジタル庁やマイナンバーに反対です。反対する理由は、政府は悪用しかしないからです。

ワクチンを妊婦や子供や若者に勧め、イベルメクチンを排除するような政府が信用できますか?

CDCなどのデータを見るに、死者・重傷者は、過剰な肥満、特定の基礎疾患持ちなどが、ほとんどのようです。
それ以外の健常者にはイベルメクチンを投与すれば済む話なのは、先生が私どもに教えて下さった事です。
それでもなぜワクチンなのか?私は陰謀論は嫌いなので、普通に「利権」だと考えます。
デジタル庁とワクチンを結びつければ、フランスのようなワクチンパスポートを使った地獄が出来上がるだけです。いやそれ以上の監視国家かもしれません。
デジタル庁もマイナンバーも遺伝子ワクチン(先生も既に疑問を感じておられるのでは?)も叩き潰す必要があります。

なお以下の、ルイ・パストゥール医学研究センター主席研究員 医師・医学博士の犬房先生の6分弱の動画をぜひ御覧下さい。初期妊娠でのワクチン接種は流産率80%以上です(私も論文を拝見し、計算しましたが、全くその通りでした)
https://www.youtube.com/watch?v=5nWaGdNcSas

Posted by 通りすがり at 2021年09月12日 08:09 | 返信

そこまで言って委員会、しっかり、観ていました。
長尾先生の敵がいっぱいいるかもしれないけど、味方もいっぱいいます。

無駄死にはしちゃ〜いけない!応援してます。
わたしは、わたしのできることをやっていくわ〜♪
出る釘打たれる。。。。。痛いけど、負けない!

Posted by 宮ちゃん at 2021年09月12日 08:24 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。

先日のニコ動を見て、ついに先生壊れてしまった…?と笑ってました。
動画では大体お元気そうに見えます。睡眠は勝負する事でもありませんし、患者さん達も好きで夜中に連絡している訳では無いと思うので、やむを得ない状況が続いているのだなと読ませて頂きました。

先生とイベルメクチンが出会ったのは運命だと思います。知り合いがコロナ後遺症で、何週間も鼻炎と嗅覚障害が続いていたのですが、あまりに辛すぎて試しにと湿らせた綿棒でイベルメクチンを微量含ませて、鼻腔を擦ったそうです。直後擦った患部が熱くなった後、1時間以内に鼻水が止まり始め、3時間程で炎症が和らぎ、4時間程度で鼻水はすっかり止まり炎症の痛みも9割程度消えてしまった…との事でした。味覚も順調に回復…。本当にけったいな薬!!、これなら製薬会社の圧力やイベルメクチンネガティブキャンペーンもわかる、とまで話していました。もう治療薬というより、コロナウィルス消毒薬…。
市民は先生の様な優しい町医者に誰でも治して欲しいと思っているはず。でもワクチンの事ばかりや規制の事ばかり、管理する事しか頭にない行政には、相当ウンザリし始めている。いつかコロナ騒動が終わったら全部明らかになると思います。
夜だけでも患者さんも先生も、ゆっくりと休養が取れます様に、お祈り致します。

Posted by 光のチンアナゴ at 2021年09月12日 09:37 | 返信

「アパルトヘイト」これは何年も前の南アフリカ共和国の話ではない。いま実際に世界中に拡散しようとしている事である。
「感染者」「ワクチン未接種者」に対するヘイト活動と差別意識の拡散。それはファシズムの勃興の悪夢に他ならない。
感染者を法律により隔離して、ワクチン未接種者を解雇して社会から抹殺する。あるいは非国民扱いする。
非国民扱いされまいとワクチンファシズムによる社会の同調圧力によって人々は我先にとワクチン接種に殺到している。
このワクチンファシズムがアパルトヘイトと同じ事だと認識している人権意識の高い多くの米国民はワクチン接種を拒否しているのが現実。ワクチンの効果が限定的である事が判明してそれを後押ししている。もはや米国では誰も接種したがらない余りモノのワクチンを日本は有難く購入して、3回目だとドヤ顔で申す、ワクチン担当相。こんな人物が新首相になられたら大変。
感染症予防より大事なモノがある。それは人権。人としてのプライド、他人を尊重する心。
ワクチンファシズムのためのCOVIDの2類以上指定。それはまさに人権蹂躙の危機を意味するのだろう。

Posted by マッドネス at 2021年09月12日 09:40 | 返信

先生がみんなの希望😌
どうかお身体を大切に💦

Posted by 匿名 at 2021年09月12日 09:40 | 返信

長尾先生お疲れ様です。こんな言い方は良くないとは思いますがワクチン接種者は自己責任で安全が保証されてない治験に参加したのです。テレビや新聞から流される嘘情報や政府を信じて、自ら考え調べると言う事を怠り。それによって先生がダウンしたら、他に診なければならない患者迄犠牲になってしまうのです。ニコニコ動画やってるなら、沢山情報有りますので見て下さい。ワクチン接種者が感染を拡げる事、パンデミックが10年以上前から計画されていた事を。頑張ってる先生にこんな事は言いたくないですが、先生が接種したワクチンの中にスパイクタンパクが入っているので、ワクチン接種した瞬間に感染者になるのです。

Posted by 玉熊正子 at 2021年09月12日 10:28 | 返信

長尾先生のつらい気持ちが、文章越しに滲んで伝わってきます。
先生、いつも、おおくの人々のために、本当にありがとうございます。
私は先生のことはTwitterで知り、そしてお会いしたことはないのですが、
先生の言葉には長らく、励まされてきました。
医師としての悩み、信念、想いを知る事ができて、とても嬉しく思っています。
文章越しでも誰かの心を元気づけてくれるお医者さんは中々いないです。
いつも、本当に、ありがとうございます。
やっぱり、こういう人が"みんなのお医者さん"なんだなあ、としみじみ思います。
お体をご自愛ください。先生がひとりでつらいのは、いやなので、どうにかこうにか、どこかでお休みを取って欲しいです。

Posted by こんちゃん at 2021年09月12日 10:30 | 返信

テレビ出演、お疲れさまでした。
真実を話すと恐ろしい世界なので心配でしたが、
「闇」については濁すことができたので、今回は大丈夫ですよね。
先生のブログやコロナチャンネルを1人でも多くの方に見ていただきたいです。
そして、世の中の異常事態に早く気付いてほしいです。

先生のお仕事、ハードすぎて心配です。
夜勤対応だけ、当番制にするのはダメでしょうか?

Posted by 猫とピアノ at 2021年09月12日 10:54 | 返信

1年後生きている気がしないなんて!そんなん!絶対の絶対にダメです!!!ピーーーーーー←笛
いつもは読んでるだけだけど、先生の悲しい言葉にコメントしました。

先生の存在は光なんです。
先生の目の前の患者さんに真摯に向き合ってる心意気やお言葉を初めて知った日は感動しすぎて心臓が止まりそうでした。
これ程に天命が医師だと思える方は「居そうでなかなか居ない」と言う悲しい現実をコロナ時代に見てしまいました。

「風邪を引いたら掛かりつけのクリニックに行く!」この常識がひっくり返ったまんまの今の日本!
現実にはもうクリニックで診てもよくなってるそうですけど、クリニックの前の張り紙やホームページには
発熱患者は発熱外来へ!みたいな案内がされたまんまです。
おかしいです。おちおち熱も出せません!
風邪を引いてもお医者さんが知識や治療を売ってもくれない!{コロナが流行り出してからはまだ熱出してないから現実はわかりませんけど}
日本ってこんな国だったんだぁ〜と心底残念に思っています。
政府もお医者さんも国民も感染症に脆弱すぎますね。

長尾先生が7000人くらい居たら良かったのにーーー!!!
兵庫の尼崎じゃない市からだけど応援してます!!!
フレーーーーフレーーーー!!!
先生!本当にお身体お大事に!!!

Posted by アヤノ at 2021年09月12日 11:01 | 返信

いつもありがとうございます。
長尾先生に勇気づけられ、希望を持つことができています。
いろんなこと調べれば調べるほど怖くて不安で眠れなくなります。
でも先生の言葉、行動が 私たちの希望となっていることを
忘れないでください。本当にありがとうございます。
私だけでなく私の家族、友人、沢山の人たちを救っています。
毎晩眠れるように最近はメラトニンを1mg飲んでいます。
体も気持ちも楽になります。そして朝起きたら先生のブログを
読んで歌を聴いています♪ 日光を浴びてウォーキングも!
先生の言葉の詰まった本を予約しますね!!

Posted by 負けるな長尾先生! at 2021年09月12日 11:08 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
先生TV拝見しましたよ!須田先生がすごい理解者であってくださって良かったです。保健所外し、これも声高に言えない事なんですね。論点は、次第にアビガンの事で、知らなかった、アビガンの闇でイベルメクチンを例えておられたのかなと感じました。いつもの長尾先生が、TVに出られてやはり大興奮しました。とっても紳士で素敵でした!色々な攻撃もうけられて、本当に大変な中のご出演おつかれさまでした。

先程は、先生がこのままだと倒れるのではと心配な余り、代わりの先生をと、投稿しました。しかし、先生は コロナの前からずーっと今までも未明などにも、息を引き取られる患者様家族様からの連絡も 24時間受けておられて、、そうしてずっとやって来られていたのだな。そこに気づき、改めて訪問医、町医者の先生になられた覚悟に気付きました。それでも、過酷すぎる!、本当に今コロナのせいで、今までの数十倍ぐらいの時間をかけなくなって負担が強いられておられるのですね。。
  本当どうしたらいいのか、どうか、長尾先生に負担が集中しないように開業医の先生方が動かれますことを祈る思いです。

h

Posted by 匿名t at 2021年09月12日 11:32 | 返信

ファイザーと各国政府の不平等条約|中村 篤史/ナカムラクリニック|note(ノート)
https://note.com/nakamuraclinic/n/n83c70f93794c

Posted by 玉熊正子 at 2021年09月13日 07:01 | 返信

長尾先生へ 連日お疲れ様です。有難うございます。『〜委員会』拝見致しました。皆様イベルメクチンが治療薬と分かっているんだなっと思いました。ただ、先生のように本気で国や医師会を相手にしようとしないのは、身の保身なのかも知れませんね。治験が進まない理由も利権と知った上でそれ以上に何もしない、政治とはそう言うものかと改めて元政治家を見てそう思いました。それが少し残念だったことと、女医が教科書通りでないと先生に対抗できないんだなと思えました。対抗する相手は長尾先生ではなくコロナだと思いました。あと先生がカッコ良かった。凛としていらして、これぞ医師。さまざまな嫉妬や妬み、競争心丸出しの医師、さまざまいても外野のことは気にせず先生の思うがままに。ご自愛くださいませ。応援しています。

Posted by ちーさん at 2021年09月13日 07:07 | 返信

先生、どうかどうか、ゆっくり眠ってご自愛なさってください。
時にはお休みしてください。
先生が倒れちゃったら、沢山の人達が困りますよ、この国がもっともっとおかしくなりますよ。
毎日毎日、先生のブログと動画で、なんとか前向きに気持ちを保っています。ありがとうございます。

Posted by 小杉美雪 at 2021年09月13日 07:56 | 返信

「そこまで言って委員会」拝見しました。ご出演、お疲れ様でした。
長尾先生がお話し易いよう、パネラーさんが役割を担って下さった感じがしました。心強い。
丸田先生、コロナに限らないこれまでの医療のことがあってのご発言なんだろうな~
・・・って、ん?お隣に座る須田さんの質問が気になる。引きの画でも何回も映るし。
舛添さんや豊田さんの、何とも含みを持たせた治療薬承認の話があれで精一杯なら、
オジキの質問は??取り上げられてカットなのかな、スルーされたのかな~~~
(これまでブログやコメント欄で、色んな話を教えて頂いてるので、あれやらこれやら
 想像はしますけど)
先生、ダブルのボタン留めた立ち姿が素敵でしたヨ(*^-^*)

Posted by taco at 2021年09月13日 11:41 | 返信

先生、お疲れのところ、毎日ありがとうございます。
先生のブログで一日の元気を貰い、夜を迎える・・・そんな毎日です。
でも、お願いです。
先生を頼りにしている皆のために、なんてことよりも
ご自身のために、どうか休む時間を作って下さい。
その為にブログがお休みになっても、私たちは大丈夫です!!
先生の言葉はブログにも、書籍にも、コロナチャンネルにも、詰まっているし
一人一人の心の中に貯金されてます。

人はたくさんの人に支えられて生きています。
でも、自分を救えるのは自分だけ、そう思います。
どうか、ご自身をお大事に、これ以上の無理をされませんように。

神様、先生をお守りくださいね!!

Posted by ついんず at 2021年09月13日 12:14 | 返信

読売テレビは私の住んでいる地域では放送されないので、ネットで見られるとの情報、本当に有難かったです。
早速拝見しましたが、舛添さんのように裏事情を理解されている方もいらっしゃるのですね。
これが全国ネットで放送されないことが残念ですが、ここまで切り込んでくるような情報番組があることに、救いを覚えました。

先日、youtubeライブを長尾先生とご一緒にされていた森田先生が動画を「BAN覚悟で残しておく」とTwitterで呟いてらっしゃいました。
長尾先生のように、コロナ患者と日々向き合っている方の意見がBANされる可能性が高いというこの世界に、失望を覚えます。
この国には言論の自由はないのでしょうか…。他国の利権が絡んでくるとここまでされるのかと、某国に不信感を覚えます。

本、ネットで予約しました!届くのが楽しみです。
楽天ブックスで部門3位になってました!
ブログの読者さんがこの本を購入し、ベストセラーになることで、少しでもこの日本が変わっていくと良いですね。
551、気付きませんでした(笑)

Posted by 浮舟 at 2021年09月13日 03:42 | 返信

「岬巡り」という歌は、山本こうたろうという人の作曲なのですか?
青春時代に聞いたことあります。
長尾先生の子供時代ですね。
いい曲ですね。
長尾先生の編曲では笑っちゃいます。

Posted by にゃんにゃん at 2021年09月17日 09:49 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会