このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

総裁選と日本医師会長選

2021年09月18日(土)

永田町は、総裁選で、たいへん盛り上がっている。

でも派閥選挙が民意を代弁しているとは思えない。

一方、日本医師会長選挙も総裁選とそっくり、だ。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



「日本医師会長はどのようにして決まるのか?」


メデイアからよく聞かれる質問だ。


それは、総裁になる選挙とよく似た仕組みで決まる。


政治は

国政

県政

市政があり、三重構造になっている。


それぞれに議員さんがいる。


一方、医師会も

日本医師会

都道府県医師会

市町村医師会があり、三重構造になっている。



市会議員=市町村医師会の理事

県会議員=都道府県医師会の理事

国会議員=日本医師会の理事、に相当する。



日本医師会の会長選挙に投票権を持っているのは

都道府県医師会の医師会長と有力理事以上である。


その数はたしか数百名であると思うが、総裁選の投票数とどこか近い。

つまり、日本医師会長は「代議員選挙」で会長も副会長も選ばれてる。


永田町と医師会の違いは、

市も県も国も「議員」さんはすべて直接選挙であるが、

都道府県医師会や日本医師会の理事は、代議員選挙である点だ。


総裁選は、「党員票」という「民意」が少し反映される仕組みがあるのだが、

医師会長選は完全な代議員選挙なので、末端の意見が反映される余地は皆無。



総裁選を見ていて思うのは、大統領選のような直接選挙の要素がもっとあったらいいな。

もしも「国民全員で総理大臣を選ぶ」となれば、みんな真剣に政治を考えるだろうのに。


日本医師会長は数百人の代議員選挙なので、99%以上の医師会員には投票権がない。

だから講演会など、で勤務医に「日本医師会長の名前」を聞いても99%が知らない。


総理大臣の名前を知らない人はまずいない(認知症の方は除く)だろうが、

日本医師会長の名前を知らない医師会員は、僕の想像では全会員の7~8割かな。


だから、コロナ対応で「○○会長は何をしているのだ!」と怒る市民がいるが、

そもそも多くの会員は名前も知らないし、投票権などの権利も全く無い、のだ。



「長尾先生、会長選に立候補して」と言われるが、0票である確率が100%なのだ。

ただ立候補だけはできる。10年以上前に0票狙いで立候補した医者がいたと記憶する。



総裁選を見ていて、国民はモヤモヤするだろうが、

日本医師会長選は、一般会員は完全に蚊帳の外なので、モヤモヤどころか関心すらない。


だから国政選挙のほうがリーダー選びの仕組みとして、まだましかもね。

日本医師会長選挙の仕組みは超原始的で、どこか別世界のお話にうつる。


その日本医師会の会長が、メデイアで勝手にあれこれ発言しているが、

僕たち一般会員とはなんの関係も無いことだけは、理解して欲しいよ。


ちなみに、分科会や専門家会議も選挙はなく、基本的に

誰かがどこかで勝手に決めているだけで、詳細は不明だ。


それにしても、各候補のコロナ対策を聞いていて驚いた。


「抗原キットを配る」、「パルスオキシメーターを配る」

「赤ちゃんにもワクチンを」、「病床を確保する」・・・


なんじゃこりゃ。

1年半もあって、こんだけしか考えていない人がリーダーになるの?


イベルの「イ」の字も、早期診断の「早」も無い。

誰でも検査なんて、まだ言っているの?


結局、ワクチンと病床以外、なんにも考えていないことがよーくわかった。

だめだこりゃ、今や素人でもバレバレ。せめて拙書を読んでくれたらなあ。


永田町も改革が必要だけど、

医師会はもっと改革が必要、だと感じる。



今夜、なんでこんなことを書くのか。


それは、数年後に起こるかもしれない「コロナ裁判」を想像しているからだ。


「なぜあんなアホな政策が続いたのか。甚大な被害の責任は誰にあるのか」裁判、だ。


第二次世界大戦後の「東京裁判」を思い出して欲しい。

A級戦犯が認定されて、処罰された。


実は、「コロナ裁判」は想像上の話での小説のネタでもなく、すでに起きている話。


僕の元には、市民派弁護士が中心となる団体から

「コロナ訴訟」の「訴状原案」がもう届いている。


1)ダイアモンドプリンセス号での罪

2)まだ効果が未知のワクチンを打った罪、

3)1類相当に指定した罪、などが書かれていた。


コロナ禍を「人災」と捉え、責任を追及しようとする人達が既にいるのだ。


だから、余計に「長尾は不都合だ」と思う人が沢山いる。

そう、僕の書籍は、「政治の無作為」の証拠物件なのだ。


不都合な真実が、400ページに渡り記録されている。

僕の日記に過ぎないが、時間が経てば、貴重なリアルタイム記録になる。


東京裁判ではA級戦犯は処刑された。

では、コロナ裁判がはどうなるのか。



一つだけ言えることは、権力者の責任は重い。


僕が「5類外しに医師免許をかける」と言った理由が分かる人は少ない、だろう。

しかしある程度の地位にいる者は、自分の言動に責任を持つことは当たり前、だ。



以上、僕の「ひとりも、死なせへん」出版に賭ける想いの一端を

知って頂ければ幸いだ。今、頑張って「増刷」しているそうです。




PS)

コロナチャンネル #496


早期診断 早期介入... 東京・墨田区が死者ゼロにできた理由  →こちら




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

コロナ禍で感じている違和感を明確に言語化してくださり、
更に沢山の知識や励ましを与えて下さっている
先生の著作だからこそ拝読したいと思い購入しましたが、
「政治の無作為」の証拠物件、と表現いただき
購入して良かったと一層感じました。
恥ずかしながらこれまで全くと言っていいほど政治に興味を
持ってこなかった私が、こんなに政治に憤りを感じたのは
このコロナ「騒動」が初めてだからです。
どのくらい先になるか分かりませんが、一国民として
この騒ぎを必ず振り返ってもらい、いつ何がどう間違って
いたのかを必ず追及したいという思いです。

Posted by Miffy at 2021年09月18日 01:37 | 返信

コロナ裁判ですか。弁護士さん達が動いているのですね。正義は勝つ、とホッとするような怖いような話です。政治家だけではなくNHKをはじめとするメディア関係者の罪もしっかり裁かれてほしい。利権のため無責任に不安を煽り正しい情報を意図的に隠し操作してきた報道の罪は本当に重い。弁護士さんに頑張ってほしいです!!!

Posted by 匿名 at 2021年09月18日 02:29 | 返信

先日大きな書店に行ったらコロナ人災関連のコーナーがあり私の好きな先生達の最新刊が並んでいて、この有名書店には制限がかかっていないんだと安心しました。(民主国家の日本でこんな気持ちになる事自体おかしいのですが。)この2年で傷ついた日本。さあどんどんウミを出して傷を治していきましょう!

Posted by 匿名 at 2021年09月18日 03:05 | 返信

自民党総裁選や医師会長選挙は、公職選挙法に該当しないので、いくらでも現ナマが飛び交う世界でしょう。
個人的見解を言うと、自国のリーダーは直接一般市民が投票して決めるというのが民主主義の基本だと思いますね。そういう意味では国民投票による大統領制がいいのかも。議員や医師会はカネとコネがすべてでしょうから。カネもコネもない人は立候補しても当選の可能性ゼロ。この状況に関してだけ言うと、C国K産党の体制とあまり変わらないのではないか?
自民党総裁選に参加するためには会費払って自民党員になればいいので、まだ一般市民に参加するチャンスがあります。しかし、医師会長選挙は、多額の会費払ってる医師会員でもほとんどが参加できません。だからほとんどの会員は自分に関係ない。
だからこそあれだけの不祥事起こしても降ろされる事はないのでしょう。まだ直接審判受ける自民党の方がマシです。
直接審判を受けないリーダーというのはカネとコネで好き放題やりますので、どんどん独裁者になっていきます。
いくら一般市民や開業医が医療体制に不満であっても、選挙によって審判を下して変えるチャンスすらないわけです。

Posted by マッドネス at 2021年09月18日 04:10 | 返信

ミーさんがコメントで教えてくださったニコニコ動画を観ました。

本当に驚愕の内容でした。ミーさんありがとう!
消される前に、皆さん早く観てください。
これが真実、必見です。


ニコニコ動画
虎ノ門ニュース『イベルメクチンの真相』
https://nico.ms/sm39348603

Posted by みるく at 2021年09月18日 06:01 | 返信

国民はそのコロナ裁判で選挙望むだろうから、総裁選のニコニコ候補者はズレてますよね?

ってことで、先生の「スガルメクチン」に対抗して、「クバル5-ALA」を提唱します。

これこそはと信じられる何かを探していたけれど
正義が社会を救えないなら
5-ALAしかないでしょう
https://note.com/s_hyama/n/n395b5e195d23

Posted by ひゃま at 2021年09月18日 06:25 | 返信

本届きました。ありがとうございます!少しづつ読んでいきます。鳥越さんとの動画や虎ノ門ニュースの有本さんの話しも。鳥越さんは久しぶりに元気な姿を見てそれも先生と、、良かったです。今度TVに出られる時は先生の映画痛くない死に方の宣伝もしてくださいね。ご飯炊きの土鍋を買いました。おいしいご飯が食べれて幸せです。太りそうです。🎶

Posted by iruka at 2021年09月18日 06:51 | 返信

先生いつも発信ありがとうございます。勉強させていただいております。
私も数年後、世の中で色々な訴訟が起こりそうだなと思ってます。
早く子供たちや若い人のために自粛ばかりでない世の中に
ならないかなぁ。毎日下を向いてしまいそうなんですが
昨日桑田佳祐さんの記事を読んで自分達世代が若い人たちに暗い顔や
希望のないような顔を、見せてはいけないよねってそれに近いことを
おっしゃってる文を読んで、ハッと思いました。
子供二人いますがやっぱりお手本になるように前を向いていかなくちゃ!

(昨日温泉の成分で群馬県の大学が研究してると教えていただいた方ありがとう
がとうございました。)

Posted by ゆう at 2021年09月18日 07:38 | 返信

先生の活動には本当に敬服しているのですが、政府批判については自分は違う意見です。例えばいきなり五類に落とすとどうなるか、政府はしっかりシミュレートはしているはずです。

現在の国民の行動様式は例えば1割がガチガチ自粛、2割が結構きつい自粛、4割がほどほどの自粛、2割が突っ込みどころの多い自粛、1割がノー自粛、となっているとします。五類にして自粛解除となったらほどほど自粛している人が突っ込みどころの多い自粛に移行、2割の突っ込みどころの多い自粛の人がノー自粛に移行、となって、自粛しない人が3倍に増えることになります。

もし1割のノー自粛の人がコロナを広げているとしたら、それが3倍になるわけですから、かなり怖いと思います。それはさすがにまずいので、現在は新型コロナの診療態勢も表立って変えず、緊急事態宣言を解除してもそこそこ自粛してくれそうな空気を保つようにと考えているでしょう。

実際診療態勢は水面下で変わっていますし(保健所外しの方向、クリニックでも診療推奨)、実質五類相当になるのもそう遠くないように思えます。もちろんそのように変えてもクリニックや小規模病院では十分新型コロナに対応することなく、長尾先生のような思い切った治療戦略もとらない(早期のステロイド投与さえ賛否両論あります)、そのような事態も想定しているでしょう。

政府は自粛疲れを意図的に作って、その状況でどのように感染状況が変わるか観察してきたようにも思えます。自分が政治をする立場であれば、このような方法しか考えられないとも思います。唯一野戦病院を作るべきだったかなとは思いますが、そこで働く人たちが確保できるのか、燃え尽きないか、とかいろいろ考えます。

このように考えると訴訟しても到底勝てるとは思えません。

逆にこうしておけばよかった、というのは今までの医療機関に対しての締め付けです。財政面でもそうですし、無駄な「きっちり診療するためだけの」仕事が増え、と普通の仕事だけでもぎりぎりでしょう。あれやこれやで締め付けられ、ほとんどの医療機関には余裕がありません。一つ何かが起こったら(院長の感染、院内感染、など)一気に立ちゆかなくなるところはたくさんあるでしょう。

普通に考えたらかかりつけの患者さんに対して「発熱は一切診察しません」は信頼を失うはずですが、それでもそうしたところは多いと思います。本当に切羽詰まっての判断でしょう。

こんなに締め付けて、有事の際は最大限に協力せよと言われても「無理」となるのは不思議でも何でもありません。もちろんこれは政府というよりも厚生労働省や財務省関連の問題です。

今回の新型コロナ騒動をを教訓に、クリニックに対してはもっと締め付けを強化して、新規開業なんて事実上無理なようにして、代わりに公立の病院を作って十分に国や自治体の意向が反映されるようにする、なんてこともあるかもしれません。私が偉い人だったらそうします。そうなると自分のような藪医者なんて一番に淘汰されるでしょうけども。

Posted by 広島の赤牛 at 2021年09月18日 08:51 | 返信

先生、今日もありがとうございます。
昨日本が届き、早速読み始まました。
時系列を追って書いてあるので、その時の自分を思い出しながら読んでいると、いかに何も考えず
マスコミに洗脳され、コロナ脳になっていたかが認識できました。
それと同時に、自分の頭でこのコロナ禍のことをしっかりと考えるきっかけを作って下さった先生との
出会いに感謝しています。

「ひとりも、死なせへん」出版に賭ける想い、先生のこの言葉を今読んで
一段と気持ちが引き締まりました!!
心して読み続けますね。

平和ボケで50過ぎまで生きてきましたが、残りの人生、もう少し視野を広げ
勉強して、ちゃんと自分の頭で考えて生きていきたいと思います。

先生との出会いに本当に感謝です。

Posted by ついんず at 2021年09月18日 09:00 | 返信

おはようございます。今回の替え歌、選曲もお歌もさらに笑撃。コーヒー吹きました(笑)
毎日のように、自治体の新たな取り組み、保健所の負担軽減など、報道されるようになりました。
良かった良かった、でも長尾先生はとっくの昔にやってるよ、と毎回突っ込んでます。
なんで今までかかったのかな。先生が8月にテレビで仰らなかったら、今も開業医立ち上がらず?

2012年1月21日のブログ、歪む医療(その1)(その2)を読みました。
9年前から改善されているのか、過去ログ辿りはそこまでなので分かりませんが、
昔からの流れがあって、今のコロナ対応の迷走につながっているのだと思いました。

「ひとりも、死なせへん」オトコマエの表紙にカバー被せず、電車で広げてます。
誰か見てくれないかなぁ・・・あー皆スマホに俯き族だ~週刊誌の中吊り広告撤退も止む無し。
紙の本はいいですね。どこでも読みたい所にパッと飛べますし、落ち着いて読めますから。

Posted by taco at 2021年09月18日 09:34 | 返信

先生は本当に偉大です✨

Posted by 匿名 at 2021年09月18日 09:37 | 返信

いつも、為になるお話をありがとうございます。
毎日、なるほど~と、気付きがたくさん!です。
「ひとりも、死なせへん」Amazonから数日前に届きました。
先生のブログを毎日拝見するようなったのは先月から…なので、
本にしてまとめて下さって嬉しいです。
ページ数があるので、少しずつ読ませていただきます。
コロナチャンネルも、遡って「#1」から拝見しています。
コロナ騒動が始まった頃から、先生の意見は今とほとんど変わらず、
早くから「コロナは早期治療すれば怖くない」と訴えてらっしゃいますね。
自然免疫が大切な話も聞けて、とても役立っています。

Posted by 猫とピアノ at 2021年09月18日 10:08 | 返信

こんにちは。
毎日のように、コロナやワクチンのことを
聞くのは、正直、面白くありません。
オリパラ終了後は、ほとんど無関心です。
と言いたいのですが、なかなか。

埼玉県の大野知事twitterによると、
重症患者131名だったのが、昨日は103名。
その間の死亡者が28名。
まだまだ治療法が確立できていないのか、と
思うのですが、どうなのでしょう。

以上です。

Posted by たまねこ53号 at 2021年09月18日 10:17 | 返信

先生、本読みました。アマゾンにも星5つつけてレビュー書き込みしました。ミジンコパワーですが、心底応援しています。
美味しいもの食べて、歌って、体力つけて、この難局を
みんなで乗り越えられたら┅と思っています。

Posted by 匿名 at 2021年09月18日 10:36 | 返信

ミーさんがコメントで教えてくださったニコニコ動画、今拝見しました。
私はお守りに個人輸入でイベルメクチン買って、間もなく届く予定です。
全国で同じような方がたくさんいるのでは、と思います。
治験、全国で希望を募ったら、かなり集まるのでは、と思いますが・・・そんなに簡単なことではないのでしょうか。
素人なので、的外れなことを言っていたらすみません。

イベルメクチン叩きが、悔しくて、悲しくて、腹が立って・・・
日本の宝、イベルメクチンがどうか陽の目を浴びてたくさんの人を救えますように!!

Posted by ついんず at 2021年09月18日 11:16 | 返信

長尾先生提唱の「コロナ裁判」。中途でもすぐ始めよう。検証は、終わってから始めるものではない。
鳴り物入りのデジタル庁。官邸IT戦略室・週1会議の公文書(録音・議事録)は順次廃棄され残していない。
その点、『和の町医者日記』は、「改竄」も「破棄」もない。日々、生き続ける!
スカなら、「ゲンバツ」も「センニン」も事後訂正せず、こっそり消去、忘却の彼方。
アホ・スカ政権の公文書改ざん・公文書破棄。「8.15」戦時記録の焼却騒動以来の日本的伝統だ。

米軍アフガン占領20年。「総括なし」にならって、小泉以来のアフガン参戦日本の「総括もない」。
巨額の軍事投資と人間の血を染み込ませたまま。自衛隊の中東基地は撤去の気配すらない。
「自衛隊派遣は百害あって一利なし」(国会での中村哲証言)。師の遺骸が空港に到着したとき閣僚の姿なし。
自民総裁選。「生活保護を求める、さもしい人間」と揶揄したお方が、「敵基地攻撃」の雄たけび。
ヤポネシアにも「巨大災害」がカウントダウンに入っている。「迎撃できないイージス2機」に1兆円も。

ある友人から「人生残り少なってきたので別便のものを受け取ってほしい」との手紙が届いた。
何年か前には「これで最後になるので、会いに来た」という友人もいた。
ひとのことは言えない。ぼくも同類だ。「自衛隊を解体し防災省に改編せよ」を伝えたい。

Posted by 鍵山いさお at 2021年09月18日 12:20 | 返信

出版・重版おめでとうございます。1冊、買わせて頂きました。
高リスク者への重症化予防として始まった治験ワクチン接種が、その後徐々に年齢を下げはじめて自分(40代半ば)が対象になる話題が出てきたころから、”その薬しか解決策は無いのか?”と疑問に思いいろいろ検索していて長尾先生にたどり着きました。
それ以来、ブログも動画もチェックの日々です。
アビガンやイベルメクチンは先生の言葉を信じ・・・というよりは北里大学の資料や海外お情報、実事例なども漁り倒して「早期投薬でウィルス増殖阻害効果を使う」とこと理解しました。
その後イべを個人輸入し1錠(12mg)を試して体質影響を見た後は、”感染時のお守り”として常備しています。

任意接種が形骸化し、メディアではリスク情報よりメリットと打つ意義が並び、イベルメクチンやアビガンはどうみてもおかしいくらいにネガティブ報道が並ぶ様を見て”なにかがおかしい”と感じました。
そして今、我が子(中学生、高校生)の年齢にまで広がっています。
重症化・死亡リスクも低く、長期的影響も不明なものを、彼らより老い先短い私の判断や強制で打たせるなど愚の骨頂、ハッキリ言って嫌です。
先生も懸念されておられる様な、要は薬害問題などに万一掛かってしまった場合(生命の危機で無くとも、慢性的に続く体調面のネガティブなど)など起きた日には、強制した自分が正気を保って生きていける自身が無い。
つまり、彼らのリスクに責任が負えない以上、どちらかというと本人が(周りが打つから・・・程度で)希望しても止める意識です。
もちろん、これが任意接種の建前のもとで同調圧を使って打たせるものでなく、”長期リスク含めて国が責任・保証をするから強制接種します”であればもう少し気持ちの変化もあるかもしれません。

そういう意味では、国民を同調圧分断・・・というよりは接種強制のための道具として「ワクパス」などを使うことに付いては、正直同調して頂きたくはなかったです。
もしかして、多少なりとも手を緩めないと・・・・という”圧”でもあったのかと心配します(笑)

予防(マスク、手洗い)しながら経済も戻す、風邪っぽい症状が見えたら”初期の増殖抑制薬で対処”。それでも悪化したら今やってる強い薬、集中治療と進む体制。
まさに先生が”5類で収束”と言っているロジックではないでしょうか?
誰が何時効果切れしてるかも分からない「ワクパス」とまだまだ初期放置が続く現行医療体制で収束はするでしょうか?
(そもそも効果あっても完全バリアでは無いので、発症なし感染源にはなりうりますね)

先生がわかれば、ブログや動画で取り上げていただければ・・・ですが
現在のワクチン(F社)は2023/5まで治験中(ググれば6月あたりの主要媒体でもニュースで扱っています)ですが、下記をふと思いました。
治験中、ということはそもそもフラセボや濃度や成分の違う効果を試験するグループで「実験」をするものではないのでしょうか?
濃度云々は無くても、フラセボが交じると、そもそも効果全くない人が相当居たり?

Posted by 同調圧を消してほしい。 at 2021年09月18日 12:24 | 返信

先生。私は朝帰りをしました。台風の時には孫たちの所に避難です。
小さい頃は台風が来ると早めのお風呂、おにぎり、ラジオにろうそく、そうして大きな台風の時には高台にある親戚の家に母や祖母におんぶされて避難をします男たちは家に残ります。ですので台風や地震、雷、火事・・(爺)・・・幽霊・爬虫類が大の苦手なのです・・この年になっても。

日本医師会長任期は何でしょうか?お寿司デートの人ですね。大学病院の教授選でさえ対外やのに・・中川さんの後ろに誰かがいてはるんでしょうね、・・きっと。

岸和田だんじりしていますよ・・知り合いは岸和田に住んでいますが昔から地元名は言いにくいと言ってました。
先生は岸和田だんじり見たことありますか?
これからの世の中の流れが楽しみでもあります。A級戦犯。祖母はとても頭もいい人で優れていました。世界情勢の事も色々知識を持って独り言のように色々話していました。

古い大きな図書館にでもいるよな間隔で祖母の話を聞いていました。ラジオで聞く歌舞伎や落語も好きでした。特に一丁目一番地・・幼稚園の頃。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月18日 12:30 | 返信

こんにちは👋😃
今 ニコニコ動画で今日の替え歌 コネを聞きました。
いつもユーモアたっぷりの先生の替え歌ですが、その中に先生の心の叫びというか
総理大臣になってイベルメクチンを全国民に届けたい、コネを使ってでも皆んなを助けたいって
いう思いにとても感動しました。本当に涙が出ました。

いつも貴重な発信有難うございます

Posted by masako at 2021年09月18日 12:30 | 返信

テレビ局関係者の皆さん!https://nico.ms/sm39348603
必ず観なければいけません。あなた達もアクの片棒を担がされていますよ。少しでも罪を軽くしたいならいち早く公共の電波で隠さず論議するべきです。知っててやってる事は必ずバレます、最終的に不幸になるのは誰だかわかります?国民はバカじゃないし今は戦時中と違ってネットがある。エラくて古臭いセンセイはわかっていない、そんな人の言う事を聞いていたらあなた達も裁かれる。東京裁判の勉強もした方が身の為だと思いますよ。

Posted by 匿名 at 2021年09月18日 12:52 | 返信

長尾先生、おつかれさまです。先生の日記本を読み始めました。
東京裁判は、戦勝国による完全なリンチで、裁判の手続きも内容も国際法に反したものです。
A級戦犯のA級とは、「平和に対する罪」という項目を戦勝国側が無理くり作ったもので、A,B,Cは罪の重さを表すものではなく単なる項目の違いです。「級」と言う誤訳によって、罪の重さを示すかのように誤解されているだけです。

Posted by 小東洋 at 2021年09月18日 12:57 | 返信

先生多忙の中、ご活動ご苦労様です。

先生の以前感じておられた、「今の政府は国民の命を本気で守ろうとしているとは思えない」的な感慨に共感しています。
ただし、それに気づいてNO!という意志を持っている人たちも世界中に相当数いるようです。
このコロナ騒動に何かしらの良心的な良い企みがあるのかもしれないと様子見していたのですが、この2年の状況証拠は、隠れている世界統治者たちの利己的な支配欲を推進するための計画的な犯行であると判断せざるを得なくなりました。
安全が確認されていない(酸化グラフェン等の毒入り)ワクチンを良心的な者たちも巻き込み全人類に無差別接種しようとするような行為は大量破壊兵器を使った無差別先制攻撃とほとんど変わりません。
あまり知られていないようですが、最近、マダガスカルの大統領が国民へのワクチン接種を拒んだために、暗殺されかけたそうです。
しかもコロナ治療薬としてマダガスカル国内で使っていたヨモギに似た植物から作ったコロナ治療薬に少量の毒を混ぜれば2000万ドル賄賂提供するというような申し出を「WHO」から受けたことをマダガスカル大統領自身が暴露したという情報があります。
マダガスカルの大統領はまだ生きているようなので、これがデマであれば自ら否定されているはずなので真実の可能性が非常に高いと思われます。
本人に確認すれば知られたくない真実がわかってしまう状況なので暗殺しようとしていると考えれば辻褄が合います。
WHOはイベルメクチンにも否定的でインドから不当に患者を危機に晒したとして告発されてもいます。
つまり、私たちの国は敗戦国としてそんなとんでもない世界機関に故意に毒を盛られていると警戒する必要があります。
現在の日本も敗戦国としてそうした世界統治者たちの利己的な支配欲の餌食にされかかっていると警戒し対策してゆく必要があるでしょう。
これから出てくる首相や政府にはそうした「利己的な支配者たちの毒」がいずれの選挙の選択肢にも含まれている可能性があります。ワクチン接種をもうやめようという首相候補や政党はほとんどありません。
しかしブラジル大統領やマダガスカル大統領などはやめようと言っていますのでやってやれないことではないわけですが、日本はやばいですね。
このまま敗戦国だから仕方がない…根性で行けば、選挙があっても選択できる選択肢に全てそうした「毒」が入れられているという状況が今後発生し続ける可能性があります。
「あらゆる魂に平和的な自治権を真摯に保障提供しようとしていない選択肢」には全てそうした毒が入っていると判断すべきでしょう。
現状、WHOやアメリカの二大政党のトップや日本政府や大手マスコミやGoogleなどの大企業やその傘下の製薬会社は全て信用できませんね。
全て利己的で残酷な支配欲を持っている隠れている世界統治者たちの代理支配者や従属たちだと思われます。
イベルメクチンもメルク社経由のものはマダガスカルの例のように少量の副作用が出る毒を混ぜられるリスクがあると思われます。
インドなどWHOにNOと言える国が製造しているジェネリック薬を輸入して使わせてもらうか、良心的な国内企業で製造されたものを使うべきだと思われます。

以下のURLはマダガスカル大統領とWHOの話など

https://ameblo.jp/zsunsun55z/entry-12692505696.html

Posted by 匿名 at 2021年09月18日 01:03 | 返信

スミマセン先生。横入り・ミーさん。みるくさん、今見ました虎ノ門ニュース、イベルメクチンの真相。
大バカ者ですよね‥A級戦犯に値しますね、だれがわざわざ書き換えるのか・・
東大より私は一橋が好きだわ私。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年09月18日 01:28 | 返信

明日19日(日)夜9時から、NHKスペシャル「新型コロナ 市民と専門家の緊急対話」
1000人規模の緊急アンケートをもとに、分科会会長ら専門家と市民が本音で語り合い、
長引くコロナ危機を乗り越えるための方策を探っていく・・・番組があるようですね。
今日のニコ動、長尾先生の「ねえねえ」の呼びかけに沿うような話は、出て来るか否か?
(またまた替え歌の選曲にビックリです!)
昨日の「SONGS」は桑田佳祐スペシャル、
スタジオライブ中にテロップで流れる、桑田さんの歌詞が一層心に染みました。
いい音楽を生で楽しめる日、好きなアーティストと同じ空間で盛り上がれる日、
長尾先生がライブハウスで、思いっ切り歌える日、早く来い来い。

Posted by taco at 2021年09月18日 04:05 | 返信

日本医師会会長選は政権に忖度しない物言う中川会長を応援していたので、良かったと思っています。
如何に自治体の長と医師会の長のタッグが大切かと今回思いました。
昨年初頭より本当にいつまでダラダラするのかと、現に実績のある自治体を何故見習わないのかと。
何度も何度も初期受診検査治療薬と。初期にウイルスを叩かないとと。
発熱外来を非公開にするのもおかしい話。
クリニックが発熱外来で患者を診る度、手当てが減り収入が減ると言う馬鹿な制度。

先生❗️頑張って下さい❗️好きですよ😊

Posted by M at 2021年09月18日 04:16 | 返信

先生、替え歌の天才ですね!

ダジャレとかそういうユーモアのあることが即席でできる方
凄いなと思いますし先生の頭の中どうなってるの?と興味津々です。

最初、歌はええわー(遠慮の方)と思っていたのですが
一度聞くとはまってしまい毎回楽しみにしています。

先生の笑顔と替え歌の妙で思わず「あはは」と笑ってしまうことも多く
最近笑うことも減っていたので「先生、元気くれてありがとう」という
気持でいっぱいです。

Posted by 匿名 at 2021年09月18日 05:12 | 返信

今日の替え歌!を超えるものはででくるのでしょうか。面白過ぎます。氣志團ですか。ワン ナイト カーニバル?原曲を知らないので、このあと調べます。いつもありがとうございます。

Posted by 原田 at 2021年09月18日 06:40 | 返信

あー今日も先生の患者さんを救いたいという一途な思い伝わってきました👍
政府に届きますように。

Posted by 長尾先生応援部員 at 2021年09月18日 07:14 | 返信

日本エンドオブライフ学会の市民公開講座に、オンラインで参加しました。
生の長尾先生が出てくる〜と思って、楽しみにしていましが、、、、
はい。長尾先生は忙しかったのです。。。。。録画でした。
それでも、
「映画を観た人〜?」と問いかけらた時は、ちゃんと手を上げましたよ。はい!

痛くない死に方とけったいな町医者の映画…
世界に羽ばたいてくださーいと叫んでいます。
DVDになりますよね。
コロナ禍になった今、ホントに在宅療養だと思っています。
みなさんに、おうちだって、ちゃんと過ごせることを知っていただきたいですし、
実は、おうちがいいよって、声を大にして言いたいです。
やっぱり、自分のことを一番、わかってくれてイル人が最期までそばにいて欲しいですよね。

Posted by 宮ちゃん at 2021年09月18日 08:47 | 返信

コメントから
>現在のワクチン(F社)は2023/5まで治験中(ググれば6月あたりの主要媒体でもニュースで扱っています)ですが、下記をふと思いました。
治験中、ということはそもそもフラセボや濃度や成分の違う効果を試験するグループで「実験」をするものではないのでしょうか?
濃度云々は無くても、フラセボが交じると、そもそも効果全くない人が相当居たり?

治験中ということで、勘違いされている人がいると思いますが、
安全性と効果があることを確認する治験は終わっています。効果がどこまで続くかの治験は続いています(これは観察期間が長くなりますから)。
最初の段階は終わってるのでプラセボは入っていないです。

厚労省のHPを見てください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html

ファイザー社のコロナワクチンについて、というページの有効性について、安全性について、の臨床試験についてのさらに詳しい情報、というのをクリック
すると、海外及び日本での臨床試験のデータが見られます。
プラセボを使ったものは、ちゃんと書いてあります。

昨日、NHKで平成立石病院の院長が、入院患者150人のうち、未接種者は149人だと言ってました。入院要請を断らなくてはいけない時はとても悔しかったそうです。
「ワクチン打ってほしいんですよね」「特に肥満の人、タバコを吸っている人は」
心からの言葉に感じました。

イベルメクチン臨床試験情報です。

https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCT2031200120

◇参加医療機関など◇
・苫小牧市立病院(北海道)

・北里大学病院 臨床研究部(港区)

・東京都立墨東病院(墨田区)

・東京警察病院(中野区)

・荻窪病院(杉並区)

・聖路加国際病院(中央区)

・東京西徳洲会病院(昭島市)

・北里大学メディカルセンター(埼玉)

・ふじみの救急病院(埼玉)

・成田赤十字病院(千葉)

・北里大学病院 膠原病・感染内科(神奈川)

・湘南藤沢徳洲会病院(神奈川)

・相模原協同病院(神奈川)

・木沢記念病院(岐阜)

・宇治徳洲会病院(京都)

・舞鶴医療センター(京都)

・滋賀医科大学(滋賀)

・岡山大学病院(岡山)

・岡山労災病院(岡山)

・岡山市立市民病院(岡山)

・広島大学病院(広島)

ー以上、2021/09/17時点の参加機関ー

鹿野先生のふじみのも参加してますね。
2月に弟がコロナで入院してた病院もあります。その時に治験(プラセボと半々)をやったけどなんだったのでしょう?私はイベルメクチンだと予想してましたが。

Posted by じゅん at 2021年09月18日 09:24 | 返信

あー今日も先生の患者さんを救いたいという一途な思い伝わってきました👍
政府に届きますように。

Posted by 長尾先生応援部員 at 2021年09月18日 09:50 | 返信

インドでは、イベルメクチンを妨害したWHOのインド人科学者に対し、弁護士会が殺人罪などでcalled for actionしたそうです(URLに貼ります)。called for actionは、注意勧告を求めたのにすぎないのか、起訴したのか、色々な意味に訳せます。
なお、製薬会社は治験中のものを治験中と言って出してきたので罪に問われる事はないでしょう。
一方、「ワクチンで誰も死んでいない」と明らかにウソを言った政治家やマスコミ達は、果たして無罪となるでしょうか。

Posted by 通りすがり at 2021年09月18日 10:31 | 返信

先生、いつも発信ありがとうございます。
先生の新しい本、ブログの中身かあ、と思い、予約を躊躇っていましたが、今日のブログを読みまして、なるほど、この日記が証拠になるんですね。
そして、本当に医師生命をかけてくださっているんですね。
増販の本は、私も買わせていただきますね。
あと、「赤ちゃんにもワクチンを」と言っている候補者さんがいるのは、恐ろしくなりました。

Posted by かーぷ at 2021年09月18日 11:05 | 返信

動画を拝見しました。まあ、墨田区モデルは早くも新型コロナ・ウィルスは未知の病や不治の病を引き起こす「史上最凶の殺人ウィルス」でも何でもない事を証明しましたね。「5類に変更どうおもいますか?」というより、5類に格下げすれば「墨田区モデル」がごく当たり前になるだけでしょう(これは以前から長尾先生が再三再四繰り返し強く主張してきた事ですし、他の自粛に反対する医師や科学者、評論家、作家もおおむねこのことを主張していましたね)。最近「抗体カクテル療法」をよく新聞で見かけます。イベルメクチンとは行きませんが、一定の効果が期待できるものが導入され始めたように思います。菅首相の置き土産か、将来的な自己保身かはわかりませんが、「少し空気が変わったな」とは思います。そして弁護士たちの戦いですね。初めて知りました。以前も「グロ-バル・ダイニング訴訟」の話を聞いたことがありますが、結局その裁判の席で東京都は「緊急事態」と「時短営業と感染抑止効果」に科学的根拠は示せなかったと言います。今回も、恐らくそうなるでしょう。しかし本来、この戦犯達はニュルンベルク裁判の「人道の罪」に問われてもおかしくないですよ。経済被害はオイルショック、バブル経済崩壊、リーマンショック、東日本大震災や熊本大震災よりも今回のコロナ禍が一番大きかったと言いますし、何より患者への差別や偏見を助長し、子供や若者の人生を狂わせた。医療逼迫も実は「空き病床の架空補助金」問題が残っているし、治験中のmRNAワクチンを推奨し、副反応報告の重症例や死亡件数にはメディアは一言も触れず、年齢別の死亡者割合と死亡リスクの差を一切説明しないのにただ一律に接種をすすめ、ワクチンパスポート導入や追加接種までやろうとしている。しかも学生にまで!「有罪」ですよ、こんなの。・・・しかしメディアは隠ぺいするでしょうね。                                   まさに「凡庸な悪」!!人類の歴史の永遠の宿敵、人間の真の敵!ソクラテスを殺したのも、イエスを十字架に付けたのも、自分は善良な人間と疑わない自覚無き人々と、権力者の自己保身、御用学者達がその両者に入れ知恵し、煽動する。そして当事者は「命令だからやっただけ。仕事だからやっただけ」・・・この自己欺瞞!!                           これから先、今の日本の大人たちは「いじめはいけない」「仲間外れはいけない」「差別はいけない」「嘘をついてはいけない」「他人の言う事をうのみにするな」「弱い人の気持ちもちゃんと考えないといけない」「問題意識を持つことは良い事だ」「真実は大事だ」「勇気は大切だ」・・・子供たちにそんな事を言う資格が本当にあるのかがとても疑問なんです。                                           最近、日本人なのにやたらフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」やレ・ミゼラブルの「民衆の歌」を聞きたくなります。「人々の自由を守り、尊厳を守ろう!人生を守ろう!大切な物・愛する人達を守り抜くために闘おう!」と言う歌詞に何か励まされてしまいます。

Posted by 加藤圭亮 at 2021年09月18日 11:29 | 返信

長尾先生、お忙しいなか、いつもブログを更新してくださり、ほんとうにありがとうございます。

先生のブログや動画からいろいろ教えていただいております。

このたびのブログに載っていた「コロナ裁判」に目が吸い寄せられました。弁護士のかたが動いてくださっているのですね。

もういい加減にコロナを終わらせたいのは、大人だけではありません。わたしの勤務先は小学校です。こどもたちがまじめにマスクをして頑張っていますが、もうそろそろ限界ではないかと見ています。行事や少年団の活動が制限され、延期され、勉強ばかりでうんざり、疲れた、つまんないなどの発言がぼちぼち出てきました。高学年のこどもたちの表情は覇気がないように思われます。そして、ここにきて、こどもへの未知のワクチン接種がはじまりました。どんどん打ってほしいとの記事も見かけております。

こどもたちの毎日、未来をこの国のエライひとたちはどう考えているのでしょうか。

はやく5類にしてほしい、裁判でこどもたちの良き未来を勝ち取ってほしいと切に願っております。

長尾先生、わたしたちのためにたくさんの仕事をしてくださり、感謝するばかりです。これからもよろしくお願いします。なにとぞご自愛くださいませ。

Posted by ひいずみさちこ at 2021年09月19日 12:27 | 返信

コロナ裁判。本当に話があるんですね。少し希望が見えた気がしました。先生、ブログされてて本当に良かった。もう、色んな観点からおかしい事が多過ぎました。最初から。PCRの使い方にしても、報道の仕方も、ワクチン開発も、承認の方法も、ワクチンによる分断社会も、自粛による経済的損失、メンタルへの害。数え切れません。この責任は誰が取るのか。処刑されるのは誰なのか? WHO? 政府? ナントカ財団? 判決出るのはいつ? それを見届けるまでは死ねないです。私の年だと平均余命はあと25年なので、それまでに決着つくと良いけど。でも長期的なワクチンの害(自己免疫疾患、癌など慢性的なもの)とか影響現れるのに最低5から10年、その因果関係を証明するのにリサーチ必要とかになったらさらに10年くらいかかったりして。ぎりぎりかな。なるたけ認知症にならないように頑張ろう。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年09月19日 12:54 | 返信

情報発信ありがとうございます。応援します。


政府、その他関係機関のコロナ禍での対応は、後に裁かれてしかるべき部分もあるのかと思いますが、
東京裁判を引き合いに出すことは性質が違う事象と思いましたので、その箇所に違和感を感じてのコメントです。


パール判事の見解やその後のマッカーサーの米議会での証言など、日本への擁護意見もあった事実をふまえれば、
戦勝国が敗戦国を占領下に置いた状態で一方的に下した東京裁判での判決は、判決を受け入れたといえど、
当時の日本の国民感情からしても容易に白か黒かを判断できる性質のものではなかったかと推測します。


東京裁判において、アメリカの行った2度の原爆投下は「不問」とされています。


(アメリカに)「逆らえば、殺されるか、犯罪者に仕立て上げられる。」と先生は前記事でご主張されておられましたが、その視点で東京裁判を再考してみては。

「平和ボケもそろそろ終わりにして、備えるべき、だ。」
です。

Posted by 通りすがり at 2021年09月19日 07:34 | 返信

先生毎日お疲れ様です。
初めてコメントさせていただきます。

「そこまでいって委員会」で先生とご一緒に出演されていた門田さんの動画を、
つい先程見ました。
そこで、コロナ対策のお話の中で、なんと長尾先生のお名前が出てきて、
うれしくなりました。
高市早苗さんとの対談動画でした。
リンクを貼っておくので、お時間もしあったら見てみてください。

【高市早苗vs門田隆将】メディアのレッテル貼りに負けるな!【WiLL増刊号#635】
https://www.youtube.com/watch?v=bq6ZLbx2T2s

動画は前半後半に分かれてるそうで、
私が見たのは後半でした。
先生のお話が出てくるのはこの動画後半あたりかな。
この動画でも門田さんは先生のこと褒めてらっしゃいましたよ。

私もご著書待っている最中です。
これからも応援しています!

Posted by まい at 2021年09月19日 11:46 | 返信

先生、お疲れ様です。

これは朗報ですね。

世界各地でも同様の訴訟は始まっていると聞きます。
ぜひ良い結果につながって欲しいですね。

国や国民を自分たちの思い通りにして、利益を得ようとする連中はよく統制が取れていると思います。
やられっぱなしにならないためには、こちらも協力する必要があると思いますが、
胡散臭い連中も混ざってくるのでこれもなかなか大変ですが。

立場のある人たちの協力が一番力になると思いますが、洗脳はより強固ですね。

Posted by ゆ at 2021年09月19日 06:01 | 返信

長尾先生 今日は。
「けったいな町医者」を観てからファンになっています。「ひとりも死なせへん」も早速購入し、斜め読みしています。
早期発見、早期治療が必要なことは他の病気同様だと思います。そのために医療を提供するのではない保健所の関与を下げるべきもそのとおりだと思います。ただ、そのことが2類から5類へとなるのかどうかは素人にはよく分りません。そもそも、感染症法の解説書もないし、マスコミの記事もなほとんどないので調べようがありません。
ところで、墨田区はコロナ死亡者ゼロと言われていますが、墨田区の公式サイトでは17日現在49人となっていますので、この点は誤りではないでしょうか。
https://www.city.sumida.lg.jp/kenko_fukushi/kenko/kansensyou_yobou/kansensyou/corona-kansensya.html

Posted by ボウフラ一蹴 at 2021年09月20日 01:47 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会