このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ウイルスは株で政治は派閥で動的平衡を保とうとする

2021年10月01日(金)

岸田・新総裁の組閣劇に明け暮れた一日、だった。

緊急事態宣言も終わり、10月という新しい月、に。

なんとなくだけど、気分は「コロナ明け」、です。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



ウイルスの世界でも今、新しいリーダーを話し合っているのかな。


デルタ株が最大派閥であったけど、第六波ではどうなのか。

ミューやシータが、どこか派閥の名前に聞こえてしまう僕。


第六波では、ミューもシータもデルタ派には勝てなかった。

協議して一致結束しないと、デルタ派には及ばないのかな。



岸田氏は30年ぶりの宏池会からの総裁で、宮沢喜一氏以来と。

政界もいろんな不確定要素で巡り巡って、古参派閥に戻った。


福岡伸一さんの言葉を借りるならば、政界もまさに「動的平衡」、にある。

「永田町の一寸先は闇」とは、政治家もかけがえのない一瞬を生きている。


永田町の住人もウイルス的な生き方をする。

それを如実に示したのが、今回の総裁選だ。


一方、ウイルスとて、不確実性の中にある「動的平衡」という波に揺さぶられている。

ワクチンやイベルメクチンといった不確定要素に揺さぶられながら今後を模索している。


忘れられている政治の「野党」を、ウイルスの世界に喩えてみると

インフルエンザやノロやヘルペスウイルスに見えてくるから不思議。


どの党をどのウイルスに喩えるかは、ここでは書かないでおこう。

次の主役は様々な要素で決まるが、当面は安定政権のように映る。



第六波があるかないか、誰も分からない。

分かったように言うのは素人、だと思う。


5回あったことが6回あるか?

あるが8割で、ないが2割だ。



コロナ党の代表たちは、今、静かに会議中なのだ。

そう思いながら、一応、第六波に備えるべき時だ。


そう思って、拙書「ひとりも死なせん」を読んで欲しいな。

出版社から10月から三刷りが配本されるとの連絡を頂いた。



理想論とは知りながらも、新総裁の意外性に賭けてみたいなあ。

万馬券狙いの僕は何度期待を裏切られても馬券を買ってしまう。


昨日に続いて、一気に書いた拙文。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


月刊「公論」  2021年11月号  

岸田新総裁に望むこと            

コロナ対策の抜本的改革を   長尾和宏



嘘をつかない政治に  


政府要人はこの公論を読んでいると聞く。そこで今回、強い想いで岸田新総裁に望むことを書かせて頂く。総裁に届くことを強く願う。  


まずは、嘘をつかない政治に変えて欲しい。国民は、公文書の改ざんや隠蔽、虚偽答弁など嘘にまみれた政治に呆れ果てている。モリカケ事件がその象徴だが、自死された赤木さんと奥さまにどう向き合うのか注目する。身内をかばわなければならない気持ちは理解可能であるが、そうしたしがらみを超えて一人の人間として、「嘘の連鎖」に真摯に向き合い、断ち切って欲しい。国民の心に響く言葉と行動を期待している。  


いまや子供達も「嘘つきは政治家のはじまり」と言っている。どこの国でもどんな時代でも政治の劣化や腐敗は永遠の課題かもしれない。しかし「嘘」に慣れきってしまった国家の行く末は「衰退」しかない。しかし岸田総裁は国民の痛みや疑問に寄り添ってくれる政治家だと信じたい。



言論の自由を守れ!  


日本は今、深刻な言論の危機にある。具体的にはコロナに関する報道のなかで、ワクチンやイベルメクチンに関する情報は政府が意図的に隠ぺいしている。たとえば、現役のプロ野球選手がワクチン接種して1週間後に倒れて亡くなっても、「ワクチン接種」という情報は意図的に隠ぺいされている。ワクチン接種後の死亡者は厚労省の発表では、約1100人だがすべて「因果関係不明」となっている。「因果関係あり」で国家補償の対象になった人は皆無だ。そもそも「因果関係不明」と断じる根拠とは何だろう。解剖もせずに「不明」と断じる姿勢こそが、ワクチン分断を増幅している。まして、ワクチン死や副作用に関する言論弾圧は第二次世界大戦時の日本を思い出す。ネガテイブな情報を隠して朝から晩まで「ワクチン打て打てキャンペーン」に恐怖を覚える市民が増えている。  


一方、コロナにはイベルメクチンという特効薬がある。北里大学の大村智先生が発見し、抗寄生虫薬として多くの人の命を救った功績でノーベル賞を受賞した薬だ。イベルメクチンには抗ウイルス作用もあり、新型コロナにも有効である。コロナに対するイベルメクチンの臨床治験は60以上発表されていて、メタ解析でもその有効性が認められている。筆者もコロナ患者さん100人以上に処方して有効性を確認している。しかしイベルメクチン関連記事はテレビや新聞では報道管制がかかっていりようで誤った情報で有効性を握りつぶしてきた。


ネットメデイアではその単語を言うだけで直ちに削除されるという異常事態が1年以上続いている。まさに「言論の自由」という憲法違反が公然と続いているが放置されている。いや、おそらく政府が弾圧しているのだろう。なんのためか。それは新薬の利権、すなわちお金であろう。岸田内閣においては、憲法に書かれている「言論の自由」を真っ先に回復して欲しい。



コロナ対策の抜本的改革を  


安倍政権はコロナ禍の最中に倒れ、次に菅政権が誕生した。菅総理はアメリカに渡りワクチン確保に尽力されたが、1年半の我が国のコロナ対策を国民はどう採点するのだろうか。国民の採点は非常に厳しいものだと想像する。 筆者は町医者として1200人のコロナ患者を診断して600人のコロナ患者さんの自宅療養を24時間体制で支えてきた。昨年4月の第一波の時から「早期診断、即治療」を実践し、600人から亡くなった人はいない。


この1年半の活動をまとめた書籍「ひとりも、死なせへん」(ブックマン社)が9月14日に発売され重版を重ねている。本書は完全なドキュメンタリーである。「タラレバ」や「後出しジャンケン」ではないことは原本であるブログや500日以上毎日続けている「コロナチャンネル」という動画サイトをご覧頂ければ分かる。感染症病棟という最後の砦だけでなく、開業医による最初の砦の重要性を一貫して説いてきた。早期診断して即治療ができる開業医が増えれば重症者や死者を減らすことが可能である。


この8月、報道番組に数回出演し持論を訴えた結果、9月から多くの開業医がコロナ診療に協力するようになった。外来や往診で抗体カクテル療法を行うことも可能になった。 岸田氏は当選直後の挨拶で「自分は人の話をよく聞くことができる」と明言した。たしかに「聞く力」は政治家にとって大切な素養だ。それが本当であれば、まずは拙書を読んで欲しい。分科会や専門家集団の意見だけでなく、現場の意見にもっと耳を傾けて欲しい。これまでのコロナ対策と「真反対」のことばかり書いているので耳が痛いだろうが、不都合な現実を直視して欲しい。答えは常に現場にある。僕はこの本を100年後の日本人に向けて書いたつもりだった。なぜならコロナ禍のなか、多くの日本人がカミューの「ペスト」を読んだからだ。


「ペスト」も現場の記録である。現場を直視することで騒動を鎮静化できる。コロナ政策の抜本改革の第一はコロナを5類にすることだ。そのうえで、政策の目玉である経済安全保障を急ぐべきだ。



ーーーーーーーーーーーーーー



笑ってください。

こんな性格なんです。


今日、ある要人に1週間後、岸田新総裁にアポを依頼した。


「人の話をよく聞く」と言っておられるので、

僕の話を1分間だけ聞いて頂くだけで、十分。


10秒でも頂ければ、月刊公論の11月号のゲラと「ひとりも死なせへん」を、手渡せる。

皆さん、こんな小学生のような言動を笑うだろうけど、当の本人はいたって「本気」だ。


「聞く耳を持つ」とは聖徳太子の「和」に通じるところがある。

なんかしらあまり目立たない地道さに好感を抱くの僕は、ヘン?



と、ここまで書いたところで、組閣メンバーを見てガックリ。

「動的」どころか、「膠着」にしか見えない。センスが悪い。


なーんにも変わっていないことに、愕然としているアホな僕。




PS)

コロナチャンネル #509_


ワクチン接種後、体調不良を訴える人達をどうすればいいのか?  →こちら




10月のイベントのお知らせを3点ほど


1)つどい場さくらちゃんのオンライン講座が人気

  10月9日(土)14時からの鳥海房江さんのお話は必聴  →こちら


2)10月7日(木)の「地方の時代・映像祭」→こちら

  満席になり、競争率2~3倍になった抽選会も終了。

  幸運な当選者とお会いできるのが、楽しみです。


3)10月23日(土)はお医者さんにコロナの講演。→こちら

  この講演はリアルなので(10月だからね)楽しみだ。

  終了後は、淡路の魚を食べ酒を深く飲むのだろう。




  

 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先生、いつもブログの更新ありがとうございます(^-^)
昨日、アマゾンで、2冊目購入しました。三刷りが配本されるなんてすごいですね!!
私は、千葉県に住んでいるのですが、先生の映画の再上映は、千葉県でもするのでしょうか。見に行きたいです(^-^)

Posted by 三浦 まみ at 2021年10月01日 11:02 | 返信

こんにちは。

 アポイントがとれるといいですね。
 ウイルスもうんざりしますが、ワクチン騒ぎも、
うんざりします。
 どうやら8割が各区市町村のノルマのようで、
8割の目処がついたところは接種会場終了日を告知。
ついていないところは日程変更で、いつ終わるの?
 同調圧力をかける輩とは、私は付き合いません。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月01日 11:13 | 返信

先生、毎日の発信お疲れ様です&ありがとうございます。
行動力に敬服致します。
総裁に長尾先生の声、届いてほしい。
新千円札にのせる北里柴三郎先生の功績、もっと大事にしてほしい。
(ただ、初期処方薬の一つにしてくれってだけですが・・・・
 おかしなくらい妨害だらけ。
 もしかして本当に”特効薬”級に効いてしまいます??)

感染者激減で「感染する恐怖煽り」が効かなくなったためかここ数日はあまり大々的な流れは感じなかったのですが、Youtube規制のニュースを機に、ネットメディア(私は横断的にYahooニュース見てますが)でのmRNA押し、子ども感染の恐怖、接種者分離優遇策(ワクパスの単語あまり見ませんが)のニュース記事が一気に増えてきました。
”購入した新式ワクチンの消費”が主目的化してしまっていて、「mRNAはやっぱり嫌だから早々出そうな従来方式ワクチンを待つ」という意見まで含めて”反ワクチン”のレッテルを貼り煽っています。

先生と同じニコ動で配信されていた某公共放送に電凸してツッコミ入れる動画が面白いです。
「おたくは全国放送枠で全国民に現行ワクチンを打て打て言ってお勧めしていますが、そういう方針の会社であればもちろん皆さん接種していますよね?」と突っ込んでいます。
思わず口を滑らせた電話口職員からは
・職員の接種状況は全体割合等含めてお答えできない。
・社内では強く接種を要請されるような話は無い。
・職域接種は今検討していると聞いている(9月上旬!)

私はワクチン含む現代のおかしな状況は「製薬利権・災害利権(要はカネ)」と思っていますが、ちょくちょく出てくる綻びから漏れる情報や全体の情報統制的な動きを眺めていると、「トンデモナイ悪の組織が裏に居る」という陰謀論に傾倒する人が出るのも分かる気がします。

どうやらご先祖さまから引き継いだ免疫や、欧米程肥満に溢れていない健康国というバリアで感染そのものが比較にならない位低く耐えている日本です。
このアドバンテージを活かしつつ、清く・正しく皆が幸せに向かって欲しい。
一部の利権者だけが笑う世界は勘弁してほしい、悪さはせめて庶民に見えないところで健康や生活に影響しないところで勝手にやってくれ、という感じです。

Posted by のん at 2021年10月01日 11:17 | 返信

先生こんにちは。新総理に遭われるのですね。1分あればコロナの真髄を伝授できるでしょう。
総裁にそれを受け取れる度量と徳があればよいのですが。。。

シオノギとファイザーから新薬が出るそうですが、どちらも3CLプロテアーゼ阻害薬です。
それって、まんまイベルメクチンの作用基準ですよね。
闇が深すぎる。

枠ちんが下火になってきたら、今度は治療薬で儲けましょうって。
私たちは家畜かなんかですか?

いつかシリアの子供が言った言葉。私も言いたい。
「かみさまにいいつけてやるからな」

Posted by 匿名 at 2021年10月01日 11:42 | 返信

お疲れ様です。
7日のメイシアターは外れました😭
コロナ前より応援し尊敬しており、Facebook中心に援護射撃をし、花木教授も昨年より応援支持しておりイベルメクチンも予防薬として飲んでいます。
是非とも行きたいと申し込み初日朝一で申し込んだのに、ショックです😭
小ホール小さいねん💢
朝から愚痴です😭

Posted by M at 2021年10月01日 11:46 | 返信

長尾先生はじめまして。先週購入させて頂いた本が、入荷次第発送となったままで…しばらく届きそうになく、首を長くして待っている次第です。受験生の息子がワクチンを早く接種したいと申しており、私の思いとは真逆なのですが…もう18歳…決めるのは本人。親の同意はいらないとはいえ…未来ある若者が、安全性の確認が出来ていないワクチンを国を上げて接種推奨している事に違和感しか感じません。親としては子供の未来を守る責任があり、ワクチン反対ではなく、慎重に…と話しているのですが息子の気持ちは固く…
長々とまとまりの無い文章で申し訳ありませんが、長尾先生のようなお方の若年層へのワクチン接種に関して…メッセージなどを発信して頂けたら…と、切に願いコメントを寄せさせて頂きました。

Posted by 匿名 at 2021年10月01日 11:48 | 返信

追伸→ダブルケア、多重介護を始めて15年目です。
介護3の訪問診療の日にちを変更し、7日に備えました。
残念です←しつこい(笑)

Posted by M at 2021年10月01日 11:55 | 返信

新薬妄想中。イベルメクチンを粉々にして砂糖混ぜてカプセルに詰めて出すんちゃうか。で、散々売れた後、イベルメクチンのエビデンス出ました。効果ありました。っていうのとちゃうか~あ。妄想ですけど…

Posted by かわい at 2021年10月01日 12:39 | 返信

こんにちは。

 弱アルカリ性の細胞には、ウイルスが居着ません。
逆に、酸性だと居着いて増殖します。肥満や喫煙に
よって酸性の体になると、重症化しやすくなります。
人間の標準は、弱アルカリ性です。

 また、人間の血管は30歳ぐらいまでかかって、
成長します。高校生や大学生は成長途中です。
 海外の事例では、細かな血栓ができて、心筋炎や
脳炎、認知症を発症する若い世代が増えています。
ほとんどゼロレベルが数千倍に。MRIでは分からない
大きさなので、治療が遅れぎみになるようです。

 若い人を取り巻く環境はよくわからないのですが、
同調圧力があるのではないでしょうか。

以上です。

たまねこ53号から匿名への返信 at 2021年10月01日 12:52 | 返信

日本のトップはトップなりに大きな力には逆らえないことがたくさんあるのかもしれませんね。
岸田さんにとってやっと回ってきた首相へのチャンスと聞きます。 私なら(わたしはそこらの道端でつまずいているような人間なのに何を言う)少しでもその座に長くいたいと思うでしょう。長期政権への第一歩として 今一番国民にアピールできるのはコロナ収束ですよね。これもまた いろんな圧力でトップなのに思うようにできないことがありそうですよね。でも人間なんだから会いさえすれば意外と相性が良かったり 話が弾んだりすることもあり 先生の書籍を読んでくださることもあるかもしれませんね。政府は一方向を向いてコロナ対策をしていますが 周回遅れな気がします。岸田さんには(人の話をよく聞く)という一面を生かし多方向からの話を聞き 真逆な資料にも目を通して頂きたいです。10あることが10変わるのは無理でもせめて 素早くコロナ患者さんを最寄りのお医者さんに診て頂けるよう願っています。 夜のお墓が怖いという先生、頑張って。

Posted by TSUN at 2021年10月01日 01:16 | 返信

先生。曇りです関東の方たち気を付けてくださいね、台風の多い年は柿が豊作と言いました。
私は夕べ、スーパーのお寿司盛り合わせを買ってきて喜び勇んでペロリです。数時間後のたうち回りました、汗だく唇真っ白・・朝まで我慢して水分もとれません、大阪コープ病院に来院、良かった救急車もタクシーも頼まなくても歩いていけました。
お薬なしです・・私は痛み止めをギブミーと、でも先生はお薬はいりませんよと。・・私はポカリを少しずつ飲んでるだけです。食べないのが良いらしいです。
水分もちびッとだけ・・冷蔵庫にゴディバのスイーツがあるのです🤤口は致しいです。お腹が鳴っております。

なんでこんなことになったのか・・お腹が弱くなったのです朝から油もんでも平気でしたのに。
内科の待合室にワクチン予約受付中と・・張り紙が・・ありました。

先生11日のスポーツの日は無くなったのですねややこしい。

ぜくの意味調べよう~と。まだお腹シクシク・・一人暮らしは心細いです。
今日はお散歩取りやめました。長尾クリニックに行きたいなぁ~。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年10月01日 03:10 | 返信

長尾先生、こんにちは。

月刊「公論」のご執筆ありがとうございました。
先生が岸田新総裁に望んでいることは、私が望んでいることそのままです。よくぞ書いて下さりました。
本当に感謝申し上げます。

組閣メンバーは、確かにガッカリですが、岸田新総裁は一応応援してもらった義理を立てたのではと思っています。
義理を果たした所から、何か新しい改革を起こしてくれるような期待を私は持っています。

ちょっと都市伝説的な話にはなるのですが、
日本男子の中にはYAP(ヤップ)遺伝子という遺伝子を持っている人がいるそうです。
東アジア圏で持っているのは日本人だけだそうです。
(YAP遺伝子とは、自分を捨てて他人に尽くす遺伝子。そして自分を犠牲にしてでも他人を守るという守りの遺伝子。)

本当にそんな遺伝子を持っている人がいるなら、私は間違いなく長尾先生が持っておられると思っています。また岸田新総裁も持っておられるのではないかとも思っています。

先生と岸田新総裁が対面出来る事を私も祈っております。
これからもずっと応援しております。

Posted by はったん at 2021年10月01日 03:38 | 返信

今日の先生のブログも、本当に私の気持ちそのものでした。

「言論の自由!」の文章。
テレビや新聞、至るところに載せてほしいです!

なぜ政府は都合悪いことは隠蔽操作するのか...

いい事も悪い事も。
きちんと説明してこそ信頼ができる。
自分の都合のいい事しか言わない人は、裏があると疑うのが普通なのに。

日本人の「右に倣え」の人種に政府は救われているだけなのに、なぜその国民に正しい情報を出さないのか...

長尾先生!
しんどいですが、頑張ってください!!
そして、新総理にお会いできる事を祈っております。

いつの日か、講演などで直接会える日を願い、日々頑張ろうと思います。

Posted by 長尾先生!応援しています! at 2021年10月01日 03:56 | 返信

https://ameblo.jp/richardneversurrender/entry-12701262135.html

長尾先生
リチャードコシミズという、「ワクチンはユダヤ人が人口9割削減のために作った」という荒唐無稽で差別的な陰謀説を拡散している人物とその支持者に、思いっきりお仲間扱いされています。というより利用されています。

この人物もイベルメクチン推しです。それは良いのですが、他の陰謀説が差別的で、マイノリティを傷つけるものです。

お仲間扱いされて良いことは一つもありませんので、陰謀論の記事を書いてください。
よろしくおねがいします。

Posted by いやはや at 2021年10月01日 04:11 | 返信

スゴイ!先生、早速新総裁にアポをとられたなんて。
たしかに、話を聞く、ということを自分の売りにされていましたよね。
私も聞いてもらおうかな。
一国民じゃダメかなー
先生頑張ってください!

Posted by かーぷ at 2021年10月01日 04:33 | 返信

先生いつもありがとうございます。先生のブログを読むのが日課で毎日楽しみにしています。岸田総裁との面談が実現し、よく話しを聞いてくれる総裁である事を切望します。そして、イベルメクチンが一日も早く承認され、外来で経口薬として処方されるようになれば良いですね!今回日本の薬代行店を通してインドからイベルメクチンを個人輸入しましたが、イベルメクチンの箱ではなく、バラでビニール袋に入った物で、ロットナンバーはありましたが、薬に刻印がなく本物なのか正直わからず、飲んで良いのか迷います😅
日本の外来で処方されるようになれば安心ですよね👍スガノメクチンは実現しなかったので、キシダメクチン❣(笑)に期待します!

Posted by 長尾先生応援隊 at 2021年10月01日 04:41 | 返信

新体制 期待しないで 様子見る  秋の選挙の 一票握り
長尾先生が新総裁と対面できますように。様々の大きな力に絡めとられて、新総裁の志が萎まないように・・・
ウイルスは人間の出方を見て、巧妙に勢力拡大する気がします。素人が考えても無駄なのでしょうけど。
宣言全面解除早々、月初会議が本社招集になったサラリーマンを「オンラインでええやん。阿○ちゃう?」と呆れつつ、無事を祈って送り出しました。昼間に街(といっても小ぶりな街ですが)へ出たら、駅ナカのレストラン街のお客さんはマスクで待機か静かに食事中。皆さん概ね対策は継続しているようです。でも夜はどうなるのやら。
本屋さんに立ち寄ると、偶然素敵な笑顔の男性に出会い、浮気しました。行きの電車で広げた長尾先生の本に変わり、対面するは「お天道さまは見てる 尾畠春夫のことば」どんな状況でも生き抜く知恵と力と技をお持ちの方。子供がいたら諸々を伝授していただきたい位です。
長尾先生と尾畠さん、人として正しく生き、行動されるお二方の実の伴ったお言葉に、じんわり身体まで温まります。

ズルして得して満足出来る人はいいけど、ズルや見て見ぬ振り出来ない人は、不器用でも正直に。どんな地道なことでも、人が見てようと見てまいと、自分の中の仏さんが見てますから。正しいことを正しいと言える先生が、やっかみでなく素直に羨ましいですし、本当にカッコいいです。

Posted by taco at 2021年10月01日 04:59 | 返信

時期的に早め早めの対応をしていかないと…今冬どうなることやら…
長尾先生の発言力と行動力に感謝しております。
岸田新総裁はツイッターで「インフルエンザ同様の従来の医療体制〜」云々と発信されていますので、
聞く耳を持ってくださると期待しております。
総裁になったばかりで何かとお忙しいと思いますので、
リモート対談でも叶えばいいですよね!
岸田新総裁!国民の命を守るため、長尾先生との面会をよろしく御願い申し上げます!
長尾先生、いろいろ考えてくださって、ありがとうございます!!

Posted by 匿名 at 2021年10月01日 05:33 | 返信

先生、今日も更新ありがとうございます。

私は東京23区在住ですが、昨日夕飯の支度をしていましたら、地元代議士の広報カーが「イベルメクチン、イベルメクチン」と繰り返し言いながら通り過ぎて行きました。空耳か?と思い、早速その代議士さんの事務所に確認の電話をしましたらば、「はい、その通りです。アメリカでも既存の〇〇(忘れちゃいました)というお薬を、中等症患者さん向けに使っているという情報もあります・・・」とさらさらとお答えくださいましたよ。

先生のご努力は、こんな風に報われていますよ。友人達に「イベルメクチン~、って某代議士さんが宣伝してたよぉ~」と伝えましたら、本当にほっとした様子で喜んでくれました。
みんなお薬がないと思いこまされているんですよね。

先生がいなかったら、私も本当に心細くて、家族をどうやって守ろうかって、日々悩んでいたと思います。先生は、尼崎だけじゃなく、日本中の沢山の人々を救っておられますよ(*^-^*)

Posted by 雪ん子 at 2021年10月01日 05:46 | 返信

やっと本屋さんで、「一人も死なせへん」をゲットしました。¥1,653でした。
ゆっくり読みます。
岸田総理は、テレビで田崎さんという評論家が「真面目過ぎて、面白くも何ともない」と評して、皆で大笑いしました。
私は野田さんが良いと思ったのですけどね。
誰がやっても大変でしょうね。
総選挙は大変だ。

Posted by にゃんにゃん at 2021年10月01日 07:36 | 返信

>ここまで書いたところで、組閣メンバーを見てガックリ。
「動的」どころか、「膠着」にしか見えない。センスが悪い。

とみんな思ってますが、実はそれには深い意図があるのでは?と某岸田推しの方が、推察しておられました。曰く・・・周りに譲って譲って、岸田派を温存、いざこけた時に「あら~、すべりましたね、であれば、私のやりたいようにさせてください」と言えるような伏線を張っている、的なご説明でしたが・・・

とにかく永田町なんて単純じゃないですから、しばらくはお手並み拝見で行きましょう。
一喜一憂は身体に毒、先生は先生の真実を伝える事だけに、全集中ねッ(^_-)-☆

Posted by 雪ん子 at 2021年10月01日 08:00 | 返信

長尾先生、見て下さい。
https://note.com/nakamuraclinic/n/n83c70f93794c

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年10月01日 08:38 | 返信

長尾先生へ 連日お疲れ様でございます。有難うございます。先生が仰るように6回目はあると思って準備をしておくべきですね。イベルメクチンジェネリックが届きましたので、コロナ休息中ですが試しに早速1錠を空腹時に服用しました。すると、この一週間ほど胃が重く胃薬を飲みっぱなしだったのに…翌日何故か胃は快調になり又バクバク食べ始めています。そして鼻が少し詰まってマスクが息苦しく感じていましたが…これも又翌日スッキリ快調。関係あるのか無いのか分かりませんが、あれだけ重たかった胃が嘘の様です。イベルメクチンのお陰と勝手に思っております。岸田新総裁に会えると良いですね、そして想いが届くと良いなと国民の一人としてそう思います。先生の想いは国民の思いですから。北里研究所の臨床試験が春に終わり、来年の夏はマスクを外したい!鼻詰まりの私には夏のマスクは酸素不足で倒れそうです。コロナが落ち着いている今のうちに、休める時は休んで下さい。ご自愛くださいませ。応援続けます。

Posted by ちーさん at 2021年10月01日 08:43 | 返信

ワクチン後遺症、コロナ後遺症の治療について
長尾和宏院長のブログを毎日拝見させていただいています。
いろいろなためになるお話を毎日、ありがとうございます。

院長が後遺症治療の事についてあまりお話されておられないように思いました。

ご存知と思いますが、世界のイベルメクチン治療の
第一人者であるFLCCCの代表のピエールコリー先生の
I-RECOVERプロトコルでは
0.2-0.4mg/kgのIVMを1回/日、食事と共に3-5日継続服用となっています。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1439212167207653383
上記プロトコルの1ページには
「このプロトコルは、ワクチン接種後の炎症性症候群の治療にも使用され、同様の成功を収めています」
との記述があり、コロナ後遺症と同じ方法での治療がかかれています。

また、コリー先生の講演の中でも、後遺症治療にイベルメクチンを使って
1回か2回の服用で人生を取り戻せると言われています。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1432648997974392836

上記動画では、以下のように言われています。
37:02 この人達はとても悲惨です。
   このような人々にイベルメクチンを投与すると
   中には何ヶ月も、6~7ヶ月も苦しんでいる人もいます。
   それが、1回か2回のイベルメクチンの服用で
   彼らは人生を取り戻したように感じ、文字通り泣くのです。
http://jemta.sblo.jp/article/189010442.html


私はI-MASK+プロトコルにおいて、イベルメクチンによる
コロナ予防には毎週1錠飲まないといけないし、
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1437770107204222976

イベルメクチンの予防効果は86%であり、ワクチンの予防効果の方が優れています。
https://ivmmeta-com.translate.goog/?_x_tr_sl=en&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=nui

なのでワクチンとイベルメクチンは相補的だと思っていますので、両方使っています。

ただワクチンは表面のACE2を突破されたらそれでおしまいですが、
イベルメクチンは細胞侵入防止とともに、インポーチンによる核内侵入防止効果もあるようなので
作用機序が違うことでの効果が期待でき、
予防と早期治療と後遺症治療の3つの作用があるのがいいと思っています。
以上

Posted by 久我清 at 2021年10月01日 08:59 | 返信

先生のバカ!バカバカバカ!!!
ハズレちゃった、吹田の映画祭(泣
もう焼酎を煽るだけ煽ってやりましたよ

行きたかったなぁ
行ける方おめでとうございます🎉、どうぞ素敵なひと時を満喫できますように

Posted by 近隣市 at 2021年10月01日 09:09 | 返信

長尾先生へ
今の政府に、期待できる人はいません。
宣言が解除されても、ワクチン接種の後遺症も
コロナ後遺症として扱われるでしょう。

ワクチン接種した人優先の規制緩和。
10代接種者が不信な亡くなり方してますね。
衝動的な自殺?接種後の死亡。

長尾先生は千人ものワクチン接種後の死者が出る
ワクチンをまだ、中立な立場で見ていられますか?
ワクチンにリスクはつきもの、
そんな人体実験を認めれるのですか?

打つ、打たないは個人の判断と自己責任。
どんな後遺症が出ても、死亡しても自己責任。
そんなリスクあるワクチンを製造販売する会社は
無罪。
そう、思われますか?

どんな後遺症が出ても、死んでも
自分で打つ判断したなら、自業自得。
に、なるのでしょうか?

ワクチンは、人を救う目的でなく製薬会社が金儲けの
物にしか、過ぎない。
初めは人を救う目的であったはずなのに。

政治に利用した時点で、薬が毒薬に
なってしまった。

大村先生も言われてます。
政治に利用されたくない。と。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年10月01日 09:11 | 返信

先生 毎日ありがとうございます。

「下手くそな喋り 下手くそな歌で申し訳ないですけど。」

先生 いえいえとんでもございません。先生の人間味のある愛情のある 分かりやすい 飾らないひとつひとつの言葉 、説明。

そして いつもいつも字余りで
早口で無理やり押し込めてる
ユーモラスたっぷりの
替え歌。(天才すぎ!)泣けます。

ワクチンの副反応のこと
詳しく教えてくださって ありがとうございました。
私が 1番ワクチンを躊躇していた理由が 手足の痺れでした。
私は 乳がん治療薬のホルモン剤の副作用が 酷くて。 頭のてっぺんから 首と喉を通り だんだんと首から 肩から 内臓をまわって 足の指先まで 電気が全身に通電するように回って 呼吸も苦しくなりこのまま 息絶えるのでは無いかという苦しみに毎日 2年間耐えました。
関節の激痛。気絶するかと思う程の痛み苦しみ 。夜は導眠剤がないと 痛みと苦しさで眠れず 毎日このまま夜中に死ぬのではないかと思うほど 副作用に 苦しみました。2年間ほぼ引きこもり生活でした。
いまだに手足に痺れが残っています。私は長年日本一癌治療で有名な病院に通院していました。そこでオペをして頂き 抗がん剤治療 ホルモン治療と受けてきました。最高の医療をして頂けたことは感謝です。でも 主治医は 患者に寄り添って下さる方ではなく 私はいつも 虚しさを感じながら通院していました。薬の副反応にも 全く取り合ってくれませんでした。痺れが酷く 神経内科の医師にも あちこち相談しましたが 原因が分からないと たらい回しで途方にくれました。親身になって下さる医師に巡り会えず すっかり医者嫌い 医師に不信感が募りました。ずっと孤独でした。
「1人も死なせへん 」はまだ
手元に届かないので 先日図書館で先生の著書を 4冊ほど借りてきました。
「その医者のかかり方は損です」を拝読させて頂きました。
まさに その通りでした。
私は長年 有名な大きな病院に通いましたが 気持ちは大変に ストレスでした。医師と心から気持ちを通わせた事など1度もありません。
長尾先生のように 患者目線で 患者に寄り添って下さる先生は これまで1人も出会えておりません。


乳がんのホルモン治療は 抗がん剤治療よりも ずっと安全で副反応の少ない長年の 実績のある治療です。 それでも 私のように 酷い副反応が出る人もいます。
薬は体にいれてしまったら 取り出すことは なかなかできません。薬害は本当に恐ろしいです。
ワクチンの被害に遭われた方
亡くなられた方 何故 放置されたまま 隠蔽されたまま なのでしょう。
先生の 誠意ある対応に とても
信頼できます。
先生のような お医者様が 1人でも多く ワクチン被害で苦しんでいる方の 味方となり
情報を開示して 認めて 国にあげてほしいと切に願います。
沢山の国民が 知られず苦しんでいると思います。
先生の 誠意ある勇気ある 行動と発言に本当に 感謝しかありません。
先生こそ 本物のお医者様だと思います。

Posted by あずき at 2021年10月01日 11:16 | 返信

メルクが、インドのイ◯ルメクチンのジェネリック作ってる会社と業務提携したらしいよ。
で、新薬として何十倍の薬価をつけて、また儲けるのかな?いい加減にしろ!

ころざきからかわいへの返信 at 2021年10月01日 11:39 | 返信

愚か者が作った愚かな政策、そのせいで助かるはずの命が沢山失われた。偽りだけが何時でも真実…情報として聞かされている「真実」は偽りだった。今日の替え歌は鋭いですね、拍手。Youtubeの言論統制が更に厳しくなったらしいです。フォローしてるYoutuberのアカウントがバンされた。ただチャンネルのバンじゃなくグーグルアカウントのバン(アカバン)。ニコニコチャンネル、大丈夫なんかな? AIだけじゃなくて工作員もウロウロしてます。一度Youtubeにワクチンの批判コメントしたら30分たたないうちにヒステリックな反論が来ました。私のコメだけでなく、ワクに懐疑的なコメには全てその人物が執拗な反論。異様です。ニコチャンは今の所Youtubeよりは大分ましみたいですが、そのうちどうなるか案じています。そうなったら出版しかないけど、出版社も既に自由を失ってる場合もありうるらしいとかで、そうなると自分自身で出版社を持ってないと駄目らしい。何なのこの閉塞感。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年10月02日 12:04 | 返信

長尾先生が岸田総裁に会えると良いな!(^^)!
そして、長尾先生の言葉で先生の思いを伝えられたらと思っています
その後の事は自然に任せるしかないと思う
て言うのは、思うようにはなかなか行かない事の方が多い
でも、一介の町医者のありのまま見て欲しいし、町医者だからこそ、コロナ患者さんを最初から最後まで診ることが出来て、尚且つ、後遺症も診る事が出来ている。
また、あちらこちらで本音トークして、嫌な思いをされながらも、全国の医師会を動かしたのは本当の事だと思います
岸田総裁も人ならば、先生の事が心に残ると信じたいですし、岸田総裁は長尾先生の事をそれなりに知っているんじゃないかな
だって、長尾先生の足跡がそこら辺にある様に思うのだけど・・・(ここまでくると、誰の足跡か分からないことも多いけど)
ただ、中川会長の時の様に逃げられる事が無いと願っています
そして、そんな姿を見ているのは岸田総裁だけでなく、声に出さなくても出せない方々を勇気付けられて思うから
そんな、小さな小さな物語が時代を作っていくと思うから
例え、新閣僚メンバーに癒着しか見えなくても、本当に時代を動かしていくのは庶民だと思う
少なくとも、庶民の方が人数が圧倒的に多いし、あちらこちらで心を折られそうになりながらも、踏ん張って見える方々もあると信じたいです
長尾先生はいつも、目の前の人達に寄り添って来たし、そんな、先生の行動はご自分がアホだと思っていも周囲の人達にはどうだろう
長尾先生が本当にアホなら、長尾クリニックのスタッフからコロナ感染者を出していると思う
しかし、10月23日の淡路の魚にお酒、最高だね(*^。^*)

Posted by ナオミ at 2021年10月02日 08:39 | 返信

今年の春ごろの週刊東洋経済と思うのですけど、本の紹介で「アルベールカミユはペストを書くことでそのあとの不条理について書くことが目的であった」と書いてあってそうなのかと驚きました。
私の母は単純人間なので「アルジェリアのオランという町でペストが流行って、苦しんだが市民が立ち上がってペストを克」と言っていました。
でも問題はペストの後の全体主義とファシズムの方が怖いというテーマがアルベールカミユのテーマなんだそうです。
週刊東洋経済のあと、NHKの100分で名著の中沢省平著「果てしなき不条理との闘い」1000円の本は出版されました。
全体主義はソ連共産主義とドイツのナチスのファシズムや現在の世界中の中国やロシアや小さな国のファシズムです。
コロナ肺炎禍にかこつけてワクチンの強制とかPCR検査による保健所しばりとか、なにかとプライバシーを侵害する管理体制が気持ち悪いです。
中条省平氏はサルトルよりカミユのペスト以降の不条理を描いた「反抗的人間」のほうがファシズムの本質について鋭く感じ取っていると言っています。
エマニュエル・トッド氏も「パンデミック以降、米中激突と日本の最終選択」という朝日出版で(急拡大する全体主義のきょういとは)と題して人類の大転換と言っています。

Posted by にゃんにゃん at 2021年10月04日 04:02 | 返信

メルク社のモルヌピラビルは、変異原性が有るそうです。
変異原性=生物の遺伝情報に不可逆的な変化を引き起こす性質。
メルク、バイエル、モンサントは、生物化学兵器に特化した軍事産業です。
メルク社が開発したアスピリンをバイエルとモンサントが製造販売しています。
バイエルは、アウシュビッツでの虐殺の実行部隊でした。
メルク社のモルヌピラビルは、年内に日本調達へ軽症者向け特例承認されます。
コロナワクチンも特例承認ですが、当初不明だった副作用も、大分明らかになってきました。
それらは、設計された通りに忠実に働いている事(炎症と血栓)が解りました。

三毛猫からころざきへの返信 at 2021年10月08日 04:22 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会