このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ワクチン後遺症外来

2021年10月06日(水)

「コロナ後遺症外来」をやってるが、気が付けば

「ワクチン後遺症外来」のほうが多くなってきた。

ワクチンの相談ばかりで本来の診療に支障が出る。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



「コロナ後遺症外来」の看板は掲げているけども、

「ワクチン後遺症外来」の看板は掲げてはいない。


しかし「ワクチンを打って2~3週間して調子が悪い」

と訴える人が、後をたたず、大変なことになっている。



普通、「副反応」とは接種後1週間以内に出る症状であろう。

2~3種間以降に出る症状を勝手に「後遺症」と呼んでいる。


ただ因果関係に言及するのは、簡単ではない。

直接的な場合もあれば、間接的な場合もある。


因果関係を巡って訴訟になりそうなケースもあり、

難しいケースは大病院に紹介して精査してもらう。



政府や専門家やメデイアは今も「打て打てドンドン」一色。

しかし当院では「打ったらこんな事になりました」だらけ。



倦怠感

集中力の低下

めまい

頭痛

関節痛

手足のしびれ・・・



「コロナ後遺症」の症状と「ワクチン後遺症」の症状は似ている。

スパイク蛋白に対する免疫反応、という視点からは当然なのかな。


先日、ギランバレー症候群を疑う患者さんが受診されたが

ワクチンを接種して3週間してから種々の神経症状が出現。


ブレインフォグはコロナ後遺症として有名になったが、

ワクチン接種後にも同様な症状に悩む人がおられる。


高校生や中学生の親から接種の是非について相談される。

この質問に答えるのには時間がかかるので、本当に困る。


コロナ後遺症=感染したんだからしょうがない。

ワクチン後遺症=健康な人が死にそうになることは、次元が違う。


つまり、両者を比べること自体がおかしい、と思う。

ワクチン死やワクチン後遺症の実態調査は急務である。


ある病院では、脳出血が脳梗塞を上回ったという。(通常は1:5くらいか)

コロナで死ぬことと、ワクチンによる脳出血で死ぬことが同等なはずがない。


やはり、mRANワクチンは「強烈」である。

発想は斬新だが、臨床応用には慎重であるべき。


mRNAがノーベル賞を受賞するかも、という噂が立っているが、

もう少し長いスパンで評価しないとノーベル賞の威厳に関わる。




僕はもうコロナワクチンを打つことはない。

しかし自治体は、まだどんどん打っている。


ワクチン後遺症は、それを診る専門医療機関で診たほうがいいと思う。

公的機関で詳しくデータを取って調べないと、今のままでは良くない。


昨日に続き、新たな「公害」ないし「薬害」にならないか心配だ。

「いや、もうなっているじゃないか」、という声が聞こえてくる。


メリットよりもデメリットの方が大きいと判断されたら中止すべきだ。

個人的には若い世代にはワクチンは必要ないと、ずっと思っているが。


「なんでも外来」をやっていると必然的に「ワクチン後遺症相談」が増える。

この調子で増え続けると、「間違いなく大変な事態」に至ると危惧している。




PS)

コロナチャンネル #514_


コロナワクチン接種後の死・・・韓国の衝撃。 →こちら



お陰様で本が「4刷り」になりました!

応援して頂き、ありがとうございます!



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

夫婦の片方は2回接種済みです。
夫婦の両親も高齢者ですので、皆んな接種済みです。
皆んなの副反応等の様子を見ながら最後は私…
そして、子供達も…?いや、子供達は周りの大人達が打てば良いのかも?等と考えていました。
でも明らかに接種後に指が動かない…歩くのがしんどい…との親の変調を見る内に、これは…ワクチン大丈夫か?と考えると言うよりも「実感」していくようになりました。
ただ、これはワクチンのせい??なんて言える状況ではありません。直後でなければ、それに、もっと重篤ならば言えるけど…この程度なら様子見るしかない。高齢だし、ワクチン関係なく起きるかもしれないし…毎日そんな感じです。

でも、ネットで(それが全てと思ってはいけませんが)見ると、本当に怖い。
でも打ったなら、とにかく健康により気をつけるようにしよう!と切り替えました。
そして、子供達を守る為に、「打たない人」も必要だと。
もし、ワクチンを打っておけば良かったと後悔する時が来てしまっても、「きちんと打った人達」が子供達を守れます。

パイロットの方々も、フライトの時、食中毒での共倒れを防ぐために、皆さん別メニューを
食べられますから。そんな感じです。

Posted by やはり自分の子供を守りたい!! at 2021年10月06日 09:29 | 返信

こんにちは。

 リスクマネジメントの観点からすれば、リスクが
発現しての悪影響が例えば3のとき、リスク対応と
称して行った対策の悪影響が3を超えるような場合、
そのリスク対応は失敗と評価されるでしょう。

 今回のワクチン接種による後遺症の影響が長年
続くのであれば、失敗になるのかな。
 高齢者にとってはリスクを回避できたが、若者へ
リスク移転(とばっちり)されたと思います。
 若い人同士の情報流通で、どのようなコメントが
あるかは知りません。が、大人への信頼度は低い
だろうなぁ、と思います。

 2~3週間後。これは、キーワードだと考えています。
RNAの転写量と関係がありそうな気はしますが、さて。

以上です。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月06日 10:15 | 返信

動画も見ました。

先生のおっしゃる通り、このワクチンは副反応大きいですからね。
まだ日本で誰も使っていない時、先行した海外の情報で「頭痛と発熱で鎮痛剤飲まないとやってられなくて、半数くらい仕事休まないといけないほど」と聞いて、まさかーそんなキツいワクチンなんてあるのかね?と思っていたら本当でした。

ワクチン接種後の死亡については良く調べて欲しいと思いました。取り除くことができる原因であれば取り除く。例えば先生いつもおっしゃってるように、超高齢者、寝たきりなど弱い人に打たないだけで死者数はずいぶん違っていたと思います。
それ以外の死亡については、日常での死亡との比較です。例えばくも膜下出血や心筋梗塞なんかは、ワクチンに関係なく起こることがあります。たまたま起きた例はどのくらいの数になるか、個々には分からなくても比較で総数は分かるはずです。
例えば、今年インフルエンザワクチンを打った人が1週間以内にどのくらい亡くなるか(あらゆる死因で)カウントしても良いと思います。
または、ある一定数の人を1週間観察して死亡率を年齢別に出す。それとワクチン接種後との比較です。
その日常での死亡をマイナスしないと、本当のワクチンのせいで死亡と思われる数が出てこないと思います。
誰がワクチンのせいか分かるわけではないので、家族はモヤモヤが止まりませんが。
だから私はワクチン原因で1200人以上亡くなるではなくワクチン接種後亡くなってると考えています。

ちなみに、2009年の新型インフルエンザワクチンでは、1600万人接種して107人死亡報告がありました。

「2009年10月19日から2010年1月5日報告分までの推定接種者数は約1600万人であった。
死亡については2010年1月7日までに全107例が報告された。
死亡例の内訳は、接種後24時間以内19例(18%)、接種1日後15例(14%)、接種2日後13例(12%)、接種3日後・4日後各11例(10%)と接種後24時間以内をピークとして、それ以後、急速に減少しており、69例(64%)が接種4日後までに集中していた。
評価不能と判断されたのが73例であった。この時点で「関連あり」と判断された事例はなかった。」

先生のところにワクチンの後遺症で困って受診される方が多いのですね。深刻ですよね。

私も家族全員もワクチン接種していて、反対の立場ではないのですが、出来るだけ副反応が軽いワクチン早く出てきて欲しいと強く思っています。
3回目という話が持ち上がってきた時、年齢的にひょっとしたら打てるという話になるかもしれなく、その場合3つの選択肢があると思っていました。
1、自分が打ったファイザー 2、ノババックス 3、打たない

打った方が良いのならノババックスかなと思っていましたが、違うメーカーは打てないと聞いて、長尾先生は3回目は要らないとおっしゃってたこともあり、打たない可能性高いかなあと今は思っています。
その時の世の中、感染状況や、自分と同じ状況の他の人の感染のしやすさ、で考え変わるかもしれません。

先生の予想が外れて第6波が来なくて、コロナがいなくなってしまうのがベストですね。

Posted by じゅん at 2021年10月06日 10:35 | 返信

先生、いつも本当に勉強になるブログ有難うございます!先生が1年半前から訴えてきた5類引下げ。やっと理解されてきましたね! 嬉しいです!

今度は、ワクチン後遺症との闘いですね!先生も気の休まる暇がないですよね!いつも先生を応援していますので圧力に負けず頑張って下さいね!

Posted by しもつけの主水 at 2021年10月06日 10:38 | 返信

先生、「ひとりも、死なせへん」4刷りおめでとうございます。
わたしはきのう読み終わり、レビューも書いたんですけど
何が言いたいかわからない文章になりました。
なので自分のブログでちゃんともう一度感想とご本の紹介を書きました^^
ほんのわずかな読者数ですけど早速、読みたいです とコメントがあって嬉しかったです。

戦場で戦う、という表現がぴったりな記録に読んでいてドキドキしました。
あらためて長尾先生とクリニックのスタッフさん達は救いの神だと思います。
そして2020年8月の「7時間の夢」が頭から離れません。
頭痛がするほど泣きました。
先生の優しさの源はなんでしょう?
コロナなんてどうでもよくなりました(どうでもよくないけど)
わたしも優しくいたいと思います。
そして知っておかないといけないことの多さにこの歳で少し焦って来ました(先生より2つ下)

一日でも早く 新型コロナがふつうの風邪として共存できる社会になりますように
もっと大切なことを忘れてしまいませんように
ワクチンでこれ以上社会が歪められませんように

わたしは怖くてワクチンは打ちませんけど、息子意外は身内も友人もみーんな接種しました。
どうか無事でいられますように、と祈ることしかできません。
先生のご健康をお祈りします。

Posted by ema at 2021年10月06日 10:39 | 返信

先生のブログを読み、早速、「MINAMATA」の映画を観に行きました。感動しました。水俣病の事は、学校で学んだこと以外知らなかったので、自分が恥ずかしくなりました。写真家のユージン・スミスさん、素晴らしいです。今のワクチンのことと、重なってしまうのは私だけでしょうか。母は、子供の頃、注射針の使いまわしで、肝炎になりました。それ以来、国は信じてないと、ワクチンを打っていません。札幌の有名な漢方薬の先生に出会い、漢方薬を煎じ、普通の生活ができるようになったそうです。すごい昔の、話ですが。その先生は、昔に講演をやったり、素晴らしい先生でした。病院の薬を見せたら、知らない薬はないというくらい、必要な物、必要じゃない物に振り分けます。頭に全部入っているような感じです。医者はすぐ、切りたがるが先生の口癖で、本当にすごい先生だったのです。話がそれてしまいましたが、先生のお陰で、素晴らしい映画を観て、学ぶ事ができました。主人と観ました。ありがとうございます😊

Posted by 三浦まみ at 2021年10月06日 10:46 | 返信

先生、こんにちは。
忌憚のない情報発信、ありがとうございます。

知人友人に先生のことをお知らせしたい、夏からそう思いつつ、まずは友人一人に。
先生のご著書を配るなど、読者の皆さんはすでに実践されています。

当方、接種一択であった自分の父(80代前半)へは、私自身が接種しない判断をしたこと
について説得できておらず…父は頭が固いので、仕方がないです。
今後周囲に何とか啓発できないものかと、そんな思いに日々駆られています。

目下、ネット情報は検閲されていますが、情報収集ができなくはありません。

長尾先生と立場は違えど、副作用に苦しむかたが増えないように、以前から警鐘を鳴らし
啓発しようと命懸けで発信されている先生もいらっしゃいます。
時に表現が直接的で、反○○のカテゴリーに入れられがちですが、そこを差し引いても
貴重な情報として受け止めています。

その先生とは別ですが、こちらもブログのコメント欄に貼られたリンクから教えていただき、
定期的に閲覧していますが、今一度、読み直しているところです。

https://note.com/hiroshi_arakawa/n/nf4a58eda24e6

Posted by ウオーキングが好き at 2021年10月06日 10:46 | 返信

長尾先生へ 連日お疲れ様でございます。有難うございます。ワクチン、ワクチンって、こんなに治まっているっている時に打たせて、さて6波が到来した時には効き目が切れたので又打てでしょうか。これからの日本を担う子供たちにこれ以上負担を掛けないで欲しいです。コロナやワクチンの後遺症で悩まれている方を政府は想定内として扱っています。もし家族ならどうなんでしょうか?我が身に置き換えられなければ、ましてや国民のことなんて…。後遺症に悩まされる皆様への治療薬も開発されますことを祈ります。岡山の小田議員が本会議で長尾先生の名前を出し、イベルメクチンを推奨された動画を拝見いたしました。小田議員も長尾先生も素晴らしい!先生、また違った忙しさもおありになるようですが、ご自愛くださいませ。応援続けます。

Posted by ちーさん at 2021年10月06日 11:35 | 返信

先生 4刷りですか?すごい勢いですね!(拍手)
先生を求める人が 世の中 沢山いるという証ですね。おめでとうございます。世の中がいい方向に 行くことを切に願います。

「何も言えなくて2度目の夏」
途中から 涙が止まらなくなりました。(いい歌ですよね。大好きな歌です。)

長男(26)が 先日2回目摂取しました。1回目だって ずっと やめるように説得してたのですが、私には内緒で職域接種で予約をいれていました。私を心配させるからと黙っていました。息子も第5波以前は打たないと言ってたのですが
職場でも日に日に皆受け出して まして職域なので 打たないと立場がないから という理由でした。親として できる限り話し合い 先生のブログやニコ動も伝えたり ワクチンの危険性も 嫌という程話しましたが 本人は 結果打つことにしました。もうこれ以上 私には何もできないので 伝えることは
嫌がられるほど伝えたので
もう あとは息子が決めることなので しょうがないのです。
ただ自分の無力さと 社会の無責任さ 不条理に 悲しくて情けなくて 息子の健康を思う度に泣けました。
個々の貴重な命、健康なのに なぜ同調圧力や 打たないと決めることが非常識だとか 非国民だとか 肩身の狭い扱いになるのか …。
考えると不安と怒りで 泣けるので もう打ってしまったんだから なにも考えないでいようと 思っています。

主人も打っています。これから2人が 大丈夫なのか 不安でしょうがないです。
2人とも とても健康で 歯医者にたまに行くくらい で 医療費のかからない健康体なので。
先生も ずっと病気知らずとおっしゃっていましたよね。
ずっと 健康できた人が このワクチンの洗脳で 健康を害したり これから不安な人生を送るなんて なんて 納得のいかないことでしょう。

私の知人は 家族全員子供まで
打って 安心したと 喜んでいるので そういう方をみてると
私は 過剰に悲観しすぎなのかな?と 思ったりもします。

感染も落ち着いてきたから
2回目接種を 先延ばししてくれるかと思ったのですが
予約の関係で無理だと言われました。
職場での立場だとか 予約の関係で とか そんな事を優先でワクチンを打つなんて
私には 理解できませんでした。 健康に丈夫に育ってくれたのに…。
この母の悲しみを誰にも言えないので ここで吐き出させて頂きました。悲しいです…。

Posted by あずき at 2021年10月06日 11:39 | 返信

長尾先生の本日のワクチンレポート、接種後2~3週間経ってからの変調ということで、用心します。読んでてドキドキしてきました。でも「希望して」打ったんだからしょうがない。諦めて落ち着こう。
「希望者」って・・・無理やり「希望」させられてる人も沢山居るけど、国はそんなことお構いなしで、打て打てドンドン。外国のワクチンを沢山買う見返りは、何なんでしょう?日本って、いつもお金をイッパイ出さされてるなぁ。
これまで対面かオンラインでやり取りしてる人達には「ワクチンで調子が変わる人もいるらしいけど、何か変わりない?」とやんわり訊いてます。何も知らなければ、多少あっても気にしないのかもわかりませんが、特に変わりないようです。
ファイザー2回目で夫は2日間37度台を上下するも、実際の体温以上に強い倦怠感でした。元々高熱でも食欲はあるのでご飯は食べてましたが、年中絶好“腸”が珍しく2日間不通、4日経った今も快腸とはいかないようです。お腹の反応は、気にしぃな私の不安が伝播したのかも知れませんが、ワクチンがどんな風に身体に作用しているのか、見えるものなら見てみたいです。
ちなみに40~50代の男性で、1回目の後に痰の絡みの濃さや咳払いの回数が増えたな~と感じる人が何人かいます。過去か現役でいずれも喫煙歴がある人。私は酒もタバコも無しですが元々喉が弱く、空調が首元に当たるだけで喉がイガイガ、その敏感さが増したなと自覚。咳が出ないようお店や電車内では首元を覆い、いつも緑茶を携帯してます。
昨年来、マスクで顔を隠せるのをいいことに、前とはちょっと違うスタイルを楽しむようになりました。沈滞ムードを明るくしようという動きなのか、明るい色や柄物の服が増えたようです。秋冬物が並び始めた今、散歩を兼ねて街歩きを楽しむのも良いですよ。

Posted by taco at 2021年10月06日 11:53 | 返信

先生、お疲れ様です。

ワクチンを推進する専門家は、ワクチンと被害の因果関係が証明されないとたかを括っているのか、
無責任に言いたい放題で本当に腹が立ちます。

もし少しでも薬害が証明された場合は、彼らは全員職を辞すべき、
場合によっては裁判にかけられてもおかしくないと思います。

なぜ、謙虚に苦しんでいる人が出ているかもしれないと、ちょっとでも考えることはできないんでしょうかね。

ワクチンの恩恵のデータが山ほどあると頑なに言っているのですが、
素人から見ると信仰にしか見えません。

Posted by ゆ at 2021年10月06日 11:54 | 返信

長尾先生のblogを読んで、恐れていた事が現実になっていくことにひたすら恐怖と絶望を感じています
ワクチンに関しては前々から色々資料を集め、表には出てこない意見や先行している国のことも調べていました
どう、考えても圧倒的に死者が少ない日本には不要だろうと思っていました
不必要なワクチンは打たないでとの思いで、家族を説得するために丸一日かけて資料も作成
子供たちへも個別に母の思いと、ワクチンへの疑問を書いて送ったのに
世間一般の波風に揺られたらひとたまりもありません
実際、接種しなくては社会生活が送れないに等しくなります
このワクチンは絶対におかしいです
長尾先生があれほど主張されてきたイベルメクチンのことは全く認可せず、ワクチンへ追い込む政策
先生のご苦労もいかばかりか、と察します
が、長尾先生が頑張って、頑張って、あちらこちらで発信されてきたことが少しずつ浸透してきているように思えます

一人でも多くの人に先生の本を読んでほしい
テレビやマスコミに洗脳されてしまった方々も書籍という媒体で物の見方がひっくり返るのでは‼️と思います
アマゾンに書評をのせました
広く長くこの本が読まれますように

そして、先生も頑張ってください
先生のblogが今の私の支えとなっています
先生のあとをずっとついていきます
できたら、尼崎に引っ越ししたいくらいです

Posted by 11面みかん at 2021年10月06日 12:17 | 返信

主治医はワクチン打て派で日本全国10割接種を望ましいと考えてます。
定期的に通院してるんですがまだ打ってないのを知ってるので先月の定期検診ではきまずい雰囲気。
「5類にしたらどうでしょ」とだけ聞くと「それでは救えない人が出る」、と。
診察時間を質問コーナーにするのはアレなのでコロナの話はそれでおしまいにしました。
元々は遊び仲間でもあったのにコロナのせいで疎遠となりました。

韓国の事も先生のニコニコで知りました。
裏は取れませんでしたが韓国は日本よりも死者が1桁少ないです。
欧米より2桁か3桁少ないことになります。
リスクが少ないのにワクチンを打ってます。

今までブースター接種してるイスラエルに注目してましたが、
それより前に韓国で何か起きるんじゃないか、と。

Posted by ボッケニャンドリ at 2021年10月06日 12:22 | 返信

はい、ドンドン!…ってまるでわんこそばのようなワクチン接種宣伝。接種そのものではなくメディアの報道の仕方がずっと信じられなかった。こういう時こそそれを利用して新党が頑張ればいいのにそれすらない、それが怖い。今こそホリエモン選挙に出てほしい。

Posted by 匿名 at 2021年10月06日 12:32 | 返信

長尾先生

こんにちは。
超ご多忙にもかかわらず
毎日のブログ発信とニコ動アップ
ありがとうございます。

おかげさまで
信じるべきは何かがよくわかりました。

先生のブログに出会えたのはほんとに最近です。
それまでは感染症ムラの住人、
自称専門家の言葉に振り回されていたことに
気づかせて頂きました。

笑いあり、涙ありのニコ動は
先生の誠実なお人柄そのものですね!

さて、先日わたしの住む自治体で唯一
イベルの治験に参加している病院に
イベルを自費で処方して頂けないかと
尋ねてみました。(素人考えですみません。)

すると感染症科のお医者さんが電話口に
出てきてくださり(ここまではよかった)
「イベルメクチンはそこまで効果はないです。
それよりもワクチンを接種してください」
と言うではありませんか!!

それを聞いて思わずひっくり返りそうになりました。

と同時に
「もしや、政府寄りの病院が治験に参加して
データを捏造することもあり得るのでは、、、」
という疑念がむくむくと湧いてきました。

あくまで素人考えですが、、、
そうならないことを心から願います。

わたしは個人輸入して今は到着待ちの状況です。
お守りとして置いておきます。

尼崎の人たちが羨ましいです。
先生がいてくださる安心感だけで免疫力アップですよね。

新薬なんかいらない!
一日も早くイベルを全国民に配布しろー!!

先生、日本中の長尾先生応援団のためにも
お身体にはくれぐれも気をつけてください。

Posted by イベルマイラブ at 2021年10月06日 12:35 | 返信

先生 先程もコメントさせて頂きました。
先生にお聞きしたかったことを書き忘れました。

ネット上では ワクチン後のデトックス方法とか
でていますが 先生はどう思われますか?
また ワクチンの副反応にも
イベ が 効くとの意見を見ました。
先生が 差し支えないようでしたら 先生のお考えをニコ動などで 聞かせて頂けたら幸いです。
私は いま先生しか信じられる方はいないので 先生のアドバイスと発言だけが 頼りです。

Posted by あずき at 2021年10月06日 12:56 | 返信

ITの世界でも、新技術に飛びつくユーザーと枯れた技術を好むユーザーがいて、前者は往々にして後々収拾のつかない状態に陥ることが多いという話もあるようですが、今回のmRNAワクチンも似たようなものなのかもしれませんね。。
(かといって従来型の塩野義やノババックスの新コロワクチンなら大丈夫とか、通常10年かかるワクチン開発期間自体は同様に短くてもmRNA式よりは安心だろうと思い込んでしまうのもリスキーなのでしょうが。。)
 
手探り状態でのブースター接種採用や副反応の過小評価、メディアを駆使した印象形成、逆に報道しない自由を悪用した事実の揉み消しなど、行き当たりばったりの力技ばかりで、用意周到な練りに練ったプランに基づくものでは全くないように見受けられるのは、みずほ銀行の度重なるシステム障害が収拾のつかない事態(戦死者も多数の模様・・・)に陥ってるのと相通じるものがあるように見通され、暗澹たる気分にさせられてしまいます。。
 
訳の分からないものが現場にばかり飛んでくるというのはどの業界も共通のようで、『(長尾先生も大変だろうなぁ・・・)』などとつい他人事のように思いつつ、何故か宮沢賢治の手帳に書かれていたというあの文章が浮かんできました。。
 
 
 
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテイル
一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニワタシハナリタイ
 
南無無邊行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如來
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼佛
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩
 
 
 
雨にも負けず 風にも負けず
雪にも 夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち
欲はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に 玄米4合と 味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに よく見聞きし 分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の小さな茅葺き小屋にいて
東に病気の子どもあれば 行って 看病してやり
西に疲れた母あれば 行って その稲の束を負い
南に死にそうな人あれば 行って 怖がらなくてもいいと言い
北に喧嘩や 訴訟があれば つまらないからやめろと言い
日照りの時は 涙を流し
寒さの夏は おろおろ歩き
みんなにデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず
そういうものに わたしはなりたい
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月06日 02:39 | 返信

追加のコメントです。昨日、まみさん頑張ってくださいと書いて頂いた方ありがとうございます(^^)頑張ります😊先生、いつもニコ動とブログありがとうございます😄

Posted by 三浦 まみ at 2021年10月06日 02:47 | 返信

ワクチンが救世主の扱いになって数ヶ月。
「ワク」という文字を見るだけで動悸がするほどになりました...

政府、府知事、新聞もニュースも...
兎にも角にも「ワクチン」

いい治療薬がすでにあってもほとんど触れず「ワクチンさえ打てば」の考えがあまりに普及し過ぎ、恐怖すら感じます。
ワクチンの必要性がある人、高齢者にはメリットが多いとわかっています。
ですが、若い人にどんどん打つのはどうでしょう..

吉村知事は、企業のサポートで、20、30代の人がワクチン打てば商品が当たるとキャンペーンを始めました。
「税金は使っていません」と...

私は、捻出先がどこであれ、国や知事が率先してすることは正しい、と、なんの疑いや考えもせずどんどん打つのはおかしいと思うのです。

国や、知事が推すのなら。
きちんと、打った人のバックアップやサポートをするべきだと思うのです。

一人一人がワクチン打ったら、その後をQRコードなどでアンケートに入力し、全部国などに集約する。
副作用、死亡、など.
「打て打て」というのなら「打ったあと」まできちんとデータを集約して、発表すべきだと思うのです...

長尾先生のおっしゃる様に、「ワクチン後遺症」が多くいると思うのです。
「ワクチン後遺症センター」のようなものが、早急に必要だと思うのです。

(国や府の声に、同様の事を伝えても何も返事無しです...)

長尾先生の発信が、多くの人の目に、意識に届き、多くの犠牲者がいち早く救われますように...

Posted by 長尾先生!応援しています! at 2021年10月06日 02:48 | 返信

とても参考になりました。

Posted by 匿名 at 2021年10月06日 02:54 | 返信

長尾せんせいお疲れ様です。ご本、読み始めました。もっと早くこのブログに出会えていたら良かったのになあと思います。
ところで、今日の動画でおっしゃっていた韓国の死者数ですが、どちらの情報でしょうか。調べtると韓国のコロナ死者数は2500人程と出てくるのです。もし間違った情報が切り取られて流されてしまったら長尾せんせいの信用に傷がつくのではないかと心配です。

Posted by koto at 2021年10月06日 04:02 | 返信

先生。今緑地を歩いてきましたとても気持ちがよかった・・彼岸花が枯れて今はコスモスや萩や‥いろいろ、金木犀はまだでした。先生は花には興味はないですよね。ワクチンの後遺症なんてあってなるものかですよ・・これもMiNAMATAなどにも繋がりますね。うてうてと言ってる人たちには罪悪感はないのでしょうか?それかほんまに100%ワクチンを信じて加担してるのでしょうか?私はワクチン接種会所のボランティアでもいかへん頼まれても。
本間に長尾先生を信じて打たないを選んだ自分を褒めてあげたい、親友からも妹からも打たなあかんよ👏言われたけど・・
そうして二回予約してドタキャンして・・迷い迷ったけれど・・やはりもう腹くくったから・・。
ノーベル賞受賞者の方男性が多いですねそうして皆さん長生きですね。

あなたが噛んだ~~小指が痛い♪私も小学生でした、あの頃は歌番組が沢山ありましたから歌も覚えました。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年10月06日 04:16 | 返信

ワクチン接種して、初期妊娠は流産80%以上という時点で、論外なのですが。

ワクチンはスパイクタンパクを一気に最大量、しかも100倍作成するように改造されている(本来AとUだったところをCとGに入れ替えている)
前者のソースを忘れました(すみません。誰か学者先生の発言だったと思いますが)。
後者のソースは以下の論文です(PDFの8ページ目、「Another curious~」の箇所。)
https://dpbh.nv.gov/uploadedFiles/dpbhnvgov/content/Boards/BOH/Meetings/2021/SENEFF~1.PDF

要は、コロナ感染よりワクチンの方がSタンパクを大量に作るのです。
勿論、Sタンパクは血栓死を起こすなど有毒です。
https://forbesjapan.com/articles/detail/43300

なので、ワクチンの方がコロナより危険なのです(以前も貼った論文2つ)
https://link.springer.com/article/10.1007/s10654-021-00808-7
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S221475002100161X

Posted by 通りすがり at 2021年10月06日 04:40 | 返信

長尾先生のコメント欄に何人かの方々が書いてくださっていた岡山県議会での小田圭一議員の動画を見ました!!小田議員、よく言って下さいました!!感動しました!!
小田議員のFacebookに「岸田氏とは同じ頃に早大に通った仲間。」と書かれていました。今回の一般質問された内容を岸田総理に是非とも伝えてほしいです。


奈良県の植村よしふみ議員も奈良県議会9/28で「子供への接種勧奨は慎重に」と質問されています。
「県内累計約1万6千人がコロナ感染されたが20代未満の重症化・死亡割合は0%。一方、資料④厚労省は接種後に副反応疑いは9/10現在で10代の死亡1人、重篤が44人と発表。 故に健康児童にはコロナよりもワクチンのリスクが高い事を示している。子供への接種勧奨は慎重にと質問した。」


植村よしふみ議員Twitter
https://twitter.com/UemuraYoshifumi/status/1445558579096743939


小田議員や植村議員のように、全国の行政でも声をあげてくださっている議員さんがいるのじゃないかと思います。全国に広がってほしいです。そして一人でも多くの人に気づくきっかけとなってほしいです。良い方向へ動きだすよう、自分にできることは何かを考えて行動する時なのだと思っています。

Posted by 匿名 at 2021年10月06日 05:05 | 返信

長尾先生、お疲れさまです。
いつも最新の状況を発信して頂き本当にありがとうございます。
ワクチンについては私自身はいまだ信用のおけないものとして距離をおいて静観しております。
但し嫁はその母親が打ったからという事で既に2度打ちましたが。
先日26歳長女が「注射打とうとおもてんねん」と言ったので、酔った勢いもありかなりネガティブな情報を並べ立てて「とにかくまだ打つな」と話しました。テレビや新聞からしか情報を取っていない長女がそれをどう受け止めたのかわかりませんが、その後まだ動きはありません。恐らく会社の同僚や回りの友達などの中での孤立感があったのではないでしょうか。既に接種した嫁はワクチンのネガティブな情報を家庭で話すとそれが例え公的な情報(厚労省のHPデータ)であっても嫌がります。ワクチンで家族の間に微妙な距離が出来たみたいでとてもさみしいです。今回の先生のコメントは「やっぱりな」という感じですが、本当に国にはもっと情報を公にして調査を進めて、問題がありそうであれば撤退する勇気をもってほしいです。

Posted by toki at 2021年10月06日 05:14 | 返信

記事を興味深く見させていただいております。
テレビ、ラジオ、ネットニュースはこのワクチンについての死亡関係と後遺症についてなにひとつ語られていないのがおかしいと思います。
陰謀論とかデマとかは信じませんが今起こっているワクチンによると思われるこの現象はなぜ問題にならないのか疑問だらけです
デマと思いたいのですがこのまま接種者がどんどん亡くなってしまう事態が起こるのではないかと危惧しております。

Posted by コマップ at 2021年10月06日 05:16 | 返信

先生、毎日の副反応、後遺症で膨れ上がった外来、本当にお疲れ様です。ワクチン後遺症は、それを診る専門医療機関で診たほうがいい旨、これには私も全く賛成です。接種後の健康問題については都道府県が相談窓口業務を設けてあり、かかりつけ医又は接種医に受診が基本、その結果、必要あれば県指定の専門機関へ紹介となる仕組みのようですね。専門機関とは市立、県立病院、大学病院等が含まれるのでしょう。通常それらの病院は内科でも大抵は何々外来(糖尿病外来とか高血圧外来等)というふうに分けられているので、ワクチン接種後外来とかいう専門外来が新設されているのかしら、と思ったりしてます。でもそんな外来がまだ出来てない場合は内科総合外来で診るのでしょう。ワクチン後の死亡例を集めたレポートを厚労省のページから見ましたが、因果関係判定する専門医の判断材料も不足している場合が多いです。もう亡くなっちゃってるので追加の情報を得られないのでしょうけれど、ワクチン後遺症で受診する患者さんではやろうと思えば詳しい検査が出来るのだから、担当される医師の方は真摯に患者の訴えに耳を傾け、原因を突き止めようと努力してもらいたいです。でないとせっかく紹介された意味が無いし、専門機関としての責任も果たせないですから。そして必ず紹介してくれたかかりつけ医にきちんとフィードバックを忘れないで欲しいです。ブレインフォグをはじめ後遺症は一日やそこらで治る急性的なものではないので、ずっと専門機関に通院するのは患者さんの負担にもなるし、おそらくかかりつけ医の所へ精査の結果と共に戻される患者さんも多いでしょう。もしも訴訟になる場合の証拠データを揃えたりするのは専門医の仕事だと思いますが、一番患者さんに一番近く、患者さんをよくわかっているのはかかりつけ医であるので、コロナ後遺症、ワクチン後遺症についての各医師の見解は、大変大事であると思います。多分私がコロナ後遺症になったら迷わず長尾先生の所へ受診していると思うので(日本に帰省していたと仮定して)先生のご負担は今後もなかなか減らないかも知れませんが、どうかこのワクチン禍を乗り切ってください。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年10月06日 05:32 | 返信

これ以上m R N A被害が起きないように、どうか大々的に取り上げられ、もう苦しむ方が増えないように中止になり、従来型のワクチンが承認される日が、イベルメクチン、内服薬が、町医者で処方される日が来て欲しいと願います。未摂取で怯えながら生きるのではなく、気をつけつつ、楽しい気持ちで生きていきたい。
先生ずっとずっと応援しています。

Posted by 匿名 at 2021年10月06日 06:45 | 返信

コロナワクチン後遺症…
…かもしれないって思っちゃってる人って 結構、いらっしゃる。

これから、3回目をやろうとしているのに、
困ったものです。どうしたもんだろうね。。。と悩みます。

Posted by 宮ちゃん at 2021年10月06日 06:58 | 返信

今回のワクチン接種はなんか世界中で信じられない結果を招くような気がしています。
これほど現ワクチンのネガティブな面をメディアや政府が封殺しているのは、
長尾先生の言う通り利権の問題が絡んでいるんだろうけど、
実際、既に中枢の人は現ワクチンについての当初よりいま一つ思わしくない効果や
結構深刻な副作用の実態も把握しているはずで
それでも未だ次々打たせようとするのは利権を超えた何か目的があるんじゃないかとすら思う。
陰謀論とかは好きじゃないんですが、なんかいま本当におかしい。

Posted by イベル at 2021年10月06日 07:08 | 返信

今日もブログありがとうございます。
コロナチャンネルは毎晩見てます。
勉強になるし歌も大好きです。
先生が発信してくれるから頑張れます。
お体に気をつけて下さいね。
応援しています。

Posted by 石川 鈴 at 2021年10月06日 08:37 | 返信

YouTubeでイベルメクチンが効くことと処方箋を出すとの動画を本日見つけました。
一週間ほど前にアップロードしたようです。
YouTubeの検閲が少し緩くなったんでしょうかね?

https://youtu.be/9UZ1ZN5Ow2A

Posted by 匿名Big bridge at 2021年10月06日 08:59 | 返信

「ワクチンのメリットとデメリットが釣り合っていない」
長尾先生のおっしゃる通りです

それに関連することですが超過死亡という概念があります。
例年の死亡者数から著しく乖離した死者が発生していないか調べる手法です。
過去の死亡者数をもとに統計的手法を駆使すると95%予測区間という帯を計算できます。
今年の死亡者数がこの帯を上抜けすると超過死亡、すなわち何か良からぬ事態が
生じたことを示唆するわけです。

厚労省が発表した死亡者数のデータ(今回は2012年~2019年を採用)をもとに
95%予測区間の帯を算出し、今年の死亡者数の値をプロットしてみたところ
4月5月6月で超過死亡が発生していることが分かりました。
なにかよからぬ事態が発生したわけです。
※3月から一般医療従事者向け、5月から65歳以上高齢者向け接種が開始されてます

4月(超過死亡:約2千名)
https://dotup.org/uploda/dotup.org2610142.png
5月(超過死亡:約5千名)
https://dotup.org/uploda/dotup.org2610144.png
6月(超過死亡:約4千名)
https://dotup.org/uploda/dotup.org2610145.png

4~6月だけで計1万人超の超過死亡が発生しています。
1万人は95%予測区間の上限から計算したミニマムの値であって
実際はもっと多くの方が亡くなっているはずです。
コロナの死者数だけでは説明が付かないまさに広域災害クラスの死亡者数です。

以前長尾先生が「コロナで亡くなった知人の数とワクチン打って亡くなった知人の数がどっこいどっこい」
とブログでおっしゃっていましたがデータは長尾先生の感覚の正しさを裏付けています。

コロナで亡くなった方の数とワクチンの副作用で亡くなった方の数が同等か
下手したらワクチンの副作用死の方が多い。
私たちはとんでもない規模の薬害事件の渦中にいることになります。

Posted by 抹茶 at 2021年10月06日 09:12 | 返信

問題は、将来発生しうる被害を容易に想像できる人たちが政策を作っている点です。専門家は平気で嘘を付く。

世界各国がコロナ規制を強めたり、弱めたりしていますが、これは拷問の手法と全く同じです。相手に抵抗しようとする気を無くさせる最も効果的な手法。

新コロ・ワクチンの毒性については、荒川先生という方が、なぜ毒性をなくさなかったかという論考を発表しておられます。
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n28aae5e250ce

Posted by 憂国人 at 2021年10月06日 10:12 | 返信

いつも最前線の情報を、ありがとうございます。
ワクチン後遺症、あまりにも多すぎますね。
悪い情報をひたすら隠し、接種を進める政府、
外国から、余程強い圧力がかかっているのでしょうか…。

ワクチン接種率、今月中には7割を超える見通し…という記事を見ました。
子供の頃から予防接種を受けて、ワクチンが身近なものなっているので、
多くの日本人は、疑うことをしないんでしょうね。

日本は、農薬の使用量、食品添加物の数、ともに世界1位だそうです。
がん、心臓病、脳卒中が増えている原因は、
遺伝ではなく生活習慣、特に食べ物が影響しているのではないか?という説を信じています。
消費者が賢くなって、安全なものを選んで買うようにしないと、今後も変わらないと思います。
合成洗剤を使用して、川や海が汚染され…、その魚を食べ続けるのもコワイです。

添加物・薬品に無頓着な人が多いから、ワクチン接種率も高いのでしょう…。(泣)

Posted by 猫とピアノ at 2021年10月06日 10:32 | 返信

何も言えなくて夏の替え歌は懐かしかったです。5年前に亡くなった友人が、カラオケに行くといつも歌っていた歌です。

Posted by かーぷ at 2021年10月06日 10:36 | 返信

いつも拝見させていただき大変示唆に富んだご意見に賛同させていただいております。
さて、先生が勧められるイベルメクチンはマクロライド系抗生物質と位置づけされており、また同系統のクラリスも処方されておられるようです。個人的にマクロライド系抗生物質(特にクラリス)にアレルギーを持っていますが、他の処方はないのでしょうか?やはり新薬を待たなければいけないのでしょうか?当方、薬物過敏でワクチンどころではありません。感染したら運しかありません。

Posted by 匿名希望 at 2021年10月07日 01:23 | 返信

先日の返信読ませていただきました。

これは言うつもりはなかったのですが、自分の周り(身内の知人まで)では接種後3人のかたが亡くなっております。
うち2人は母の田舎の顔見知り程度のかたですが、お一人は接種2日後、もうお一人は2週間ほど経ってからだそうです。
お二人とも70代の女性で、7〜8月の事です。
厚労省に報告上がってるかまでは存じません。

そしてもう1人、知人の娘さん。
こちらは報告あがってないと思います。
なぜなら分科会の資料に該当するようなかたは見当たらないので。
※詳細はここには記せませんが、とてもお若いかたです。

だからというのも私の根底にはあること、否定しません。
特に若いかたたちにはベネフィットよりリスクが高い現行ワクチンは、推奨すべきではないという考え、想いです。
なので微力ながら今後も署名活動の拡散は続ける所存です。

ジョーからじゅんへの返信 at 2021年10月07日 02:02 | 返信

https://link.springer.com/article/10.1007/s10654-021-00808-7
https://youtu.be/ieYc5iDS0NI

データから読めるたった一つ、ハッキリしてる事実。
「摂取率の低い国や地域では、爆発的感染は起こっていない」です。

Posted by ジョー at 2021年10月07日 02:07 | 返信

先生、毎日投稿、ありがとうございます。
9月、アトピー性皮膚炎をもつ大学生息子のワクチン接種後の全身ブツブツについて投稿しました。現在、体調不良はないけれど、人にはとても見せられないような皮膚のままです。ワクチン副反応での皮膚炎、というのは数としては少ないのでしょうか?
街の皮膚科では全く治りません。ワクチン副反応外来で、皮膚炎を診てくださるような病院、治療薬、などの情報はないでしょうか。

Posted by くんちゃん at 2021年10月07日 03:12 | 返信

あずき様

息子さんが反対だったのにワクチン2回接種してしまった、その後の健康がとても心配、お気持ちはわかります。
私の息子も同じ26歳、自分の意思で8月に2回接種終わり、今とても元気にしております。

息子は2月にコロナに感染しました。東京の感染者がピークのおよそ1/20の時、全国での累計患者数が人口の1/200、東京でも1/140の時、周りではコロナになる人が聞いたこともなかったので、まさかうちが、とびっくりしました。感染者数が少ない時でもなる時はなるんだと思い知りました。
息子の症状は幸い重いものではなく、ワクチンを打った時のインフルエンザよりは症状は出ましたけど、通常のインフルエンザよりは軽かったです。熱が37度前後を行ったり来たり、喉の痛みがものすごく、頭痛もあり、ちょっとしつこい風邪という感じでした。
ホテルで6日間療養しましたが、その間、ものすごく心配でした。LINEで連絡をとっていましたが、返信が1時間なかっただけで、ホテルで倒れてるんじゃないか?と心臓がバクバクしました。本当に恐怖でした。
ホテルでも仕事をしていましたし、リモートでできる仕事であったので、結局発症から3週間仕事を休みました。発症から4ヶ月は後遺症が心配で、とにかく無理するな、だらだらして良いと言い聞かせました。後遺症は起きませんでした。

息子のワクチン接種については、迷いました。感染歴があるから副反応が大きく出るかもしれない、抗体が残っていればコロナにかかりにくくなる、そう思っていました。でも、2度感染する人がいるので、抗体調べて減ってたら打つのもありだね、そう話していました。
でも、息子は抗体調べるのもしなくて良いや、と言って7月末と8月の2回接種しました。
多分、2度目感染して、また会社休むなどしたくなかったんでしょうね。感染すると非常に面倒なのです。息子本人が決めたことです。
稀に起こることと言ってもゼロではないので、大きい副反応も心配しました。自分や夫、父も打っていますが、息子に対しては一番心配でした。息子には「心臓に変なことあったらすぐ言ってね」と言っておきました。1度目の翌日は腕が痛いだけで、2度目の翌日は38度前半の熱が出て、腰など節々が痛い痛いと言っていました。サイトカインめ!と思いましたが、1日で治りました。その後は何事もなく元気です。

あずきさんの親として、ワクチンの息子さんへの影響がとても心配なことと思います。でも、ワクチン接種後1ヶ月くらい何事もなければ、もう心配しなくて大丈夫だと思います。私も7月に接種完了してますが、体調はすこぶる良く、今後何か有害事象が自分に起こる気が全くしません。
もう打ってしまわれたら、クヨクヨすることなく、ワクチン接種で感染しにくくなる恩恵を感じて、のびのびと行動すれば、ワクチンの副反応が出ていない人に関してはワクチンの隠れたデメリットは相殺できると考えています。悪いものを打ってしまったらどうしようと考える方がストレスで健康に悪そうです。栄養や睡眠をとり、日光を浴びて外を歩けば長期的悪影響なんて跳ね返すと思っています。ですから息子さんなどもう打った方に、ワクチンのデメリットの話をしない方が良いと思います。それから毒ではないのでデトックスする方法はないです。水分を取って良く体を動かすことでしょうかね?ただし接種後1週間は激しい運動はやめた方が良いし、脱水に気をつけた方が良いです。
また、変なデマで、ワクチンのデトックスにはアルコールと聞いた人が夫にせっせとお酒を飲ませてると聞いて、危険だからやめてと注意しました。アルコールは脱水起こすので深酒は接種直後は禁止です。

ワクチンの副反応に苦しんでいる人は本当にいるので、それに当たってしまった人はすごくお辛いとは思うのですが。
でも、そればかりに目を向けてしまい、本当にワクチンは100害あって1利なしか?とも考えます。
ワクチンの副反応は目に見えます。でも打った時のメリットは目に見えにくいのです。私は接種して、全国のものすごい感染者数の時感染しませんでした。それはワクチンの効果かたまたま感染しなかっただけかは区別がつきません。
だからワクチンは副反応というデメリットだけがより大きく見えてしまうのです。
実際、第5波のピークでは、平成立石病院の院長が入院患者150人のうち149人は未接種だとおっしゃっていました。つまり、ワクチンは150人ほど出てもおかしくない入院患者をたった1人にした、と言えるのです(ワクチン接種率を5割と考えると)
コロナ患者を直接診ている医師なら誰もがワクチン効果は実感していると思います。長尾先生もそうです。
ですから、息子さんに関しては、「ワクチン効果で今後コロナにかかっても悪化することはないああ良かった」それは思ってください。
子どもがコロナにかかった時の不安、ワクチン打った後なんでもなくてもその後大丈夫か?という不安よりずっと大きかったです。これは家族が感染した者でないとわからない心境です。

長尾先生は、ワクチンの効果は十分に実感しながらも、ワクチンの副反応で苦しんでいる人たちが多いことにとても心を痛めていらっしゃいます。
私は、それもなんとかならないかと思っています。やっぱりワクチンが必要なら副反応ができるだけ出ない物が良いですね。早くワクチン後遺症に対して良い治療ができれば良いです。

それから若い人はコロナは風邪みたいなもの、ワクチンのメリットは少ない、という考えもあると思いますが、これは人によって違うとしか申し上げられません。コロナはかかってみないとどんな悪さをするかわからないのです。これが普通の風邪やインフルエンザと違うコロナのいやらしさです。
心筋炎もワクチンによるものより感染した時になる率の方がずっと多く、重いものになります。
ブレインフォグも問題になっています。
あるコロナ患者を診察している医師が書いていました。その人はコロナ後遺症の診察もよくしています。
「コロナにかかった患者を診察し、みていると、生きたか死んだかだけが基準でないのはよく理解できます。コロナの危険性を多くの人は、死ななきゃいいと思ってしまうのです。
コロナにかかってしばらく仕事を休んでいた患者が来ました。会社をクビになったそうです。もちろん、その人は生きています。しかし、体調面からすぐに仕事復帰ができないのです。
若い人であれば、受験の問題があります。感染したら2週間ぐらいの自宅待機になります。受験そのものをあきらめなければならなくなるかもしれません。
感染すれば死ななくても本当にさまざまな問題がでてきます。かかった人しか気づかないことでしょう。それも理解した上で、ワクチンリスクと比較してほしいのです。」

こういうコロナの後遺症で苦しんでいる人の存在をテレビでもたまにしか放送しません。でも軽いものも含めれば5割はなんらかの後遺症があるし、病院に通院するほど良くない人は1割だそうです。これは20代から40代に多いのです。
ですから、息子さんはそこまで考えて接種したのかはわかりませんが、同調圧力などではなく、ご自分で納得して接種したんだと信じてください。そしてワクチンによる大きな副反応や後遺症がなかったことに安心して、ワクチンによりコロナの嫌な症状を回避できることを喜んで欲しいと思います。もう息子さんは今後コロナ感染の後遺症で会社を辞める可能性はなくなったのです。

ワクチンは安全、メリットだけだから打った方が良いというつもりは毛頭ありません。
打ってみないとわからないというロシアンルーレットみたいのは本当に困ります。
でも、もう打ってしまった人は心配しない方が良いと思いました。のびのびしましょう。

じゅんからあずきへの返信 at 2021年10月07日 03:14 | 返信

ご多忙の中、情報発信ありがとうございます。
こんなニュースも以前読みました。

https://archive.is/XjngQ#selection-277.0-277.22

某大手検索エンジンで朝たまたま見付けて、夕方に続きを読もうと思ったら、ニュース自体削除されていました…。
思想的なものでもなく、ただただ事実を述べたニュースでさえも隠蔽されてしまうのだと、戦慄を覚えた日でした。
ワクチン(コロナウィルス?)が、一部のヘルペスウィルス(鬱の原因ともなる)を再活性化させるとの話もあります。
厚労省の有害事象の報告にも、自殺の案件がいくつかありますね。
基礎疾患なしの25歳の医療従事者がワクチン接種後に走行中の車から飛び降り、後続車に轢かれて亡くなられたニュースも6月当時はありました。(これも今削除されています汗)
ワクチンの後遺症は、精神面にも及ぶものがあるのかも知れませんね。

死亡者数や他国の情勢など情報源によって違うので、そこは地道に自分で調べて判断するしかないのですが、今は情報が溢れ過ぎて、何が本当なのか混乱状態です。
しかし、例え偏った情報でも知る権利はあると思うのですけどね。

自分自身で調べ、取捨選択し、大きな判断しなければならないという、本当に厄介な世の中になりました。
この様な偏向的な世の中ではコロナに罹っても、ワクチン打っても打たなくても打たされても皆被害者です。正直しんどいです。
が、先生の様な方が頑張っておられる!と思うと、足元にも及びませんが、強く生きなければ、と思う日々です。(^^)

いつも、先生の目に止まったらな、と短いコメントばかりでしたが、今日は長文となってしまいました。
失礼致しました。
今日も皆様お元気で‼︎

Posted by うずまさ at 2021年10月07日 03:23 | 返信

長尾先生の替え歌に癒やされます。気持ちが沈んでいる時でも、先生が歌い始めると、、、、笑ってします。先生がいるから頑張れています。いつもありがとうございます。

ワクチンの「後遺症」の専門医療機関は必要だと思います。

私は集団接種会場で1回目の接種をしました。接種後2週間たった頃に、胸が痛い、息するのが苦しいという症状がでてきました。まれに心筋炎もあると言うし、不安になり、自治体のワクチン接種担当に電話しましたが、ワクチンの副反応については「新型コロナウイルスワクチンに関する専門相談窓口」へ電話するようにと言われました。それから専門相談窓口に電話しましたが、電話にでられた担当者は「主治医に受診してください」と言います。私は「主治医がいないから集団接種会場で接種したんです」と言いましたが「それでは、大変申し訳ないのですが、ご自分のお住まいの市や保健所で病院を紹介してもらってください」、言われました。・・・ このような対応をされるだろうと想像してたけど、やはり、ほんとにその通りでした。
結局、自分で大きな病院に行き循環器内科と気道アレルギー科へ受診し、心電図、レントゲン、CT、血液検査などしました。息苦しさは喘息の症状のようで、吸入ステロイドを処方してもらいましたがワクチンの副反応なのかはわからないと言われました。

長尾先生がこうやって、接種後1週間以内に出る副反応とは違う、2~3種間以降に出る「ワクチン後遺症」で多くの方が受診されていることをお伝えくださり、やっぱり後遺症はあるんだなと思いました。
しかし、もし先生のブログを知らなかったら、誰にも理解されないまま、たまたま調子が悪くなった、ワクチン接種と重なっただけ、とモヤモヤしたままだったと思います。
とは言え、今もどこに相談したらいいのかは、わからないのですが。。

国はワクチン打て打てとは言いますが、接種後に体調が悪くなっても、病院の診察料、検査料、薬代も自己負担です。もし私が2回目を接種して今よりも症状が悪化してしまうと、どれくらいの治療費がかかるのだろうと不安です。体調面と金銭面から考えても2回目の接種はできずにいます。

Posted by 匿名 at 2021年10月07日 08:04 | 返信

長尾先生のブログや動画だけではなく、ここに書き込まれている方の情報や感想もものすごく勉強になっています。あずきさん、お気持ちはお察しします。
そもそもワクチン・予防接種はあくまでも「医療行為」なのであって、その人の意思や健康状態、科学・医学が根拠の中心にあるべきものですね。決して「感情・心理」や「社会環境・社会生活の有利不利」が中心になるべきものではないと思います。そうなれば、それはもはや「医療行為」とは呼べないとすら考えています(長尾先生はどう思われますか?)。
わたしも周囲の人に可能な範囲で、「厚労省 副反応 疑い」や「国内感染動向」「国内感染速報値」などの公共の情報を根拠に、安全性や有効性や必要性に対し強い疑いがある事を伝えて見ましたが、「分かる人には分かる、少なくとも検討や警戒はしてくれる。分らない人は決して分からないし、分るつもりもない」という感じでした。
世間には普通に「ワクチンいつ打つの?」って感覚の人が多いですね。
知人は「自分の子供が将来、こんなものを打たないと暮らしていけないことを思うと、可哀相になる・・・」とこぼす人もいてました。こういう思いの人は少なからずおられることと思います。

はじめのボタンの掛け違いですね一方は「新型コロナ・ウイルスは未知の病気、人類を脅かす最強の殺人ウイルス!人間の免疫は一切通用しない!治す方法がないものがどんどん感染拡大してる!」からの発想のスタートと、もう一方は「重症化リスクにも条件があるから誰でも危ないわけじゃない。テレビで誇張してるから感覚的にそう思うだけで、その根拠はあいまい。無自覚・無症状の人が大半だし、発症してても回復してる人は結構いてる。一定の重症者や死者がでるのはこれまでの病気も基本的に同じ事」という初めの前提が違う気がします。
それとテレビ・新聞を鵜呑みにする・しない。だとか。
利権がらみの話をすれば・・・それはここまでの長尾先生のブログに書いていますね。

変ですよね、アンネの日記を読み、ジャンヌ・ダルクが異端者として火あぶりで死刑になった最期を見れば誰でも涙し、ガリレオ・ガリレイの話をきけば「世間の考えと科学の新発見の差」、人々の誤解と真実の間で苦しむガリレオの姿に感情移入する。
でも、それなのに・・・みんな思う「新型コロナは怖い。何が何でも感染を防がないと。他に方法は無い。ワクチンしかない。反対する人間は反ワクチン主義者だ。カルト集団のトンデモ信者だ。だってテレビや新聞が連日言ってるじゃないか。」この件は決して疑わない。
一人一人にに、きっと悪意は無いのでしょう。でも本当に本当に悪い時代です。
その大多数の人には、確かに悪意は無いけど、本当の意味で関心も自覚も無いのでしょう。そもそも自分の考えに疑問を持つ事自体、結構エネルギーがいる事です。
結局「何となく怖いし不安だけど理解する事も辛気くさい。まわりにあわせる方が楽でいいし、かどが立たない」そういう雰囲気がなにより厄介ですね。

私はあずきさんがこの件をご存じだと言う事はとても大切な事だと思います。接種した後「何に気を付けたら良いか」「何をしてはいけないか」そもそも「コロナ禍」の病気と騒動はどういうものか・・・後々の為に情報を集めれますね。時が来れば、それはきっと活きると思いますよ。少なくとも私自身はそう考えています。
だから、長い目で見つつもその時々で何ができるかを考えたいと私は思っています。
あまり参考にならなかったらすいません。私自身も物事をよくカン違いする方なので。長文、大変失礼致しました。

加藤 圭亮からあずきへの返信 at 2021年10月07日 10:28 | 返信

じゅん様

見ず知らずの私に長文の大変詳しい内容のアドバイス頂き
心から感謝致します。
同い年の息子さんもいらして コロナ罹患まで 経験されてさぞや 大変にご不安だったと
お察しします。息子さんの経過は順調との事で本当に 良かったですね。安心しました。

じゅん様のおっしゃる通りだと思います。
打つことに決めた息子にはもう何も言わない事にしました。 私がネガティブな事ばかり 告げたら
息子の体に悪い影響が出てしまいそうで あとは 見守るだけにしています。(打った数日はこまめにLINEして 体調を聞き 気が気ではありませんでした。
2回目接種は まだ先日なので
当分まだ心配です。)

息子の職場 の方(50代)第5波の時 自宅待機中に孤独死されました。また もう1人の60代の方は 2週間高熱が下がらず
それでも自宅待機 現在 肺に重い後遺症が残り 社会復帰できていません。
息子の 目の前で2人の方が そのような状況になったので
職場は 皆恐怖に包まれ 全員 ワクチンを打ち始めました。息子は毎日満員電車で都内に通勤しており 一人暮らしです。
息子の状況から思えば ワクチンを打とうと思うのは 当たり前過ぎるほど 当たり前の環境だったと充分承知していました。
それでも 母親として 将来の未知のリスクが心配で 若者の重症化リスク等 あらゆる情報を求めて悩み続けました。
私が 接種を止めることで
万一 息子がコロナに罹患し もっと大変な事態になったらと
ワクチン打つことも 打たないことも 毎日毎日 夢でうなされるほど 息子のワクチン接種の事で 病むほど悩み続けました。
息子が 打つと決めた時は ひとり泣きました。

息子と同い年の子供を持つ 知り合いの母親 数名ですが
皆さん当たり前に子供に 打っていたので 私は ワクチンに懐疑的な事は一切隠していました。
主人も 最初は懐疑的で 職場で最後の1人になるまで 打たなかったのですが 第5波のときにさすがに 恐怖になり 打ちました。主人も毎日満員電車で 都内勤務です。
主人も 息子が 都内勤務なんだから 打つことのメリットの方が 大きいという意見なので
夫婦間でも もうワクチンの話はしていません。

長尾先生の このコメントの場でしか 吐けなくて 吐いてしまいました。
まさか じゅん様 から このような コメント頂くとは 思っていなかったので 驚きと感謝で
胸がいっぱいで 読んでいて 嗚咽してしまいました。
コロナで かなり自分が 参ってしまっているんだと思います。
長尾先生と巡り会えたことで
本当に 救われて 長尾先生には
感謝してもしきれません。
長尾先生との出会いから
真っ暗な暗やみの中に 先生が
光をともしてくれて 出口に
誘導してくださった そんな思いです。そして 先生が 「コロナは怖くない!!」と
コロナ脳で コロナとワクチンに 怯えてた私を 救ってくれました。またこのように
この場で じゅん様のように
コメント頂いて 励まして下さり この場を与えてくださった
長尾先生にも じゅん様 にも
感謝しかありません。

じゅん様のおっしゃる通り
ワクチン打ったから もう当分は安心だね!と息子に言ってあげつつ 心の中では 息子のこれからを見守り続けたいと思います。
温かい言葉 本当に 感謝致します。嬉しかったです。
じゅん様も 息子様も 御家族様も どうか ご自愛ください。

またこの場を与えてくださった
長尾先生 ありがとうございます。

あずきからじゅんへの返信 at 2021年10月07日 02:32 | 返信

加藤 圭亮様

はじめまして 見ず知らずの私の為に大変長文な ご丁寧な内容のコメント頂き 心から感謝致します。
私の気持ちに寄り添ってくださり 大変に温かく嬉しく感じました。

同じくして じゅん様からも
温かいコメント頂き おふたりから 私のコメントにお気遣い頂き 恐縮する思いと 思いがけないおふたりからの優しさに 涙がでました。

コロナ不安で 疲弊していた私に こんなに優しい方からコメント頂いて 感謝しかありません。
身に余る思いです。

ワクチンに関しては ほんとうに 各々 受け止め方は違うので
個人の選択を 尊重します。
ただ 我が子 息子に関しては どうしても 親としての思いが強く 何とか阻止したいという気持ちが強くなってしまいました。でも息子はもう 社会人 未成年では ないのですから 息子と散々話し合った末の
息子の下した結論だったので
もう 尊重するのみだと思っております。 ワクチンに関しては 夫婦間でも 意見が別れてしまったので 私は長尾先生のブログとニコ動と ここに集まる皆さんのコメントに いつも 学んだり励まされながら 日々なんとか 自分を保っていられています。
ワクチン接種が当たりまえの 風潮なので 、 不安視した意見は 口がさけても言えないので 静観して自分を抑えて過ごしております。
高校生の娘もいるのですが
毎日のように クラスでも打つ子が増えてきたらしく現在
クラスで 3分の1くらい 受けているそうで 先生が 毎日
「今日は 誰々がワクチンなので 休みです」 と出欠のとき言うそうです。娘も 「私も受けるの?」と 聞いてきたので
「受けないよ だからこれまで以上 感染予防してね」と
伝えてあります。

今回のコロナ禍は 長尾先生と巡り会えなければ ワクチンを打つしか方法はないと テレビの報道だけに 一喜一憂してきたと思います。
長尾先生の発信にふれ 目からウロコと言いますか 全く違う視点からの世の中の見方を変えた時
まさに私の中で腑に落ち 全てが納得出来ました。
長尾先生こそが真実を 身の危険を顧みず 世の為に発信してくださっていると 思いました。
主人に いくら長尾先生のことを話しても あまり反応がありません。主人は政府の取った策は この前代未聞の窮地の中では ワクチンを輸入することが最善だったんだ どんな事にも メリットデメリットはあるんだから ワクチンが普及したからこそ 日本はここまでの被害で済んだんだという考えなので 主人の意見は意見で尊重しています。

「あまり参考にならなかったらすいません。私自身も物事をよくカン違いする方なので。」

とんでもございません。
とても参考になりました。
また お優しいお人柄が文面から伺え 温かい気持ちになりました。
思いがけない 加藤 圭亮様からのコメント ほんとうに心から感謝致します。落ち込んでいた気持ちから救われました。
加藤 圭亮様も どうかご自愛くださいませ。

ありがとうございました。

Posted by あずき at 2021年10月07日 02:38 | 返信

あずきさんのお気持ち、痛いほどわかります。
私も同じような状況です。
夫と26歳の息子は接種済。認知症で入院中の実母、義両親、私の親戚、夫の親戚
皆接種済です。
やはり、若い息子のことが一番気掛かりで、今も、これから数年先も、きっとずっと心配です。
でも、接種済なのだから、ここは腹をくくって、感染しても重症化しない、そう信じることにしました。
接種しないことによる会社での立場、ストレスなど、息子の場合はそういったことの方が精神的に負担になる、とも
思い、本人が決めた後は、不安材料は発信せず、とにかくこまめに連絡していました。
私は田舎、息子は東京なので、何かあっても駆けつけることもできず、とにかく祈るような気持ちでした。
8月に2回目が終わり、幸い元気に過ごしております。

家族、親戚、皆接種済、これから私はどうしたものか・・・未だ悩んでおります。
打たないリスク、打つリスク、私にとってはどちらのリスクを覚悟すべきか・・・
既往症もあります。それ以来健康には気を付けて、食事や運動、自分なりに免疫力を上げる生活を心掛けている
つもりです。
でも、近所に信頼できるかかりつけ医がいませんので、悩ましいところです。

家族や友人間でもワクチンに対する考えは違う。でも、そのことで溝を作るのは避けたいですよね。
考えの違いは認め合い、その上で、支えあえたら嬉しいのですが・・・

とりとめのない文章になってしまいました。
要は、先のことは全世界の誰にもわからないことなので、今できるのは
心配しつつも、笑って、食べて、歩いて、歌って♪
そんな日常を大切に過ごすことなのでは、と私自信が毎日自分に言い聞かせて生きています。

長尾先生のブログのコメント欄が
こんな風に、同じような悩みを持つ人たちの交流の場になっていることにも感謝ですね。
長尾先生、ありがとうございます。

ついんずからあずきへの返信 at 2021年10月07日 04:06 | 返信

ついんず様

はじめまして。温かい心のこもったコメントありがとうございます。大変嬉しく感謝致します。
私と似たような環境の中
ついんず様も 心を痛めておられたとの事 。心中お察しします。
私には もう両家の親は 10年前には全員他界してしまい 義父が認知症でした。当時末っ子が まだ生まれたばかりだったので 育児と介護の両立で 自分がいっぱいいっぱいで 日々の記憶があまりありません。いつも 娘をおんぶして 義父の徘徊に付き合っておりました。警察にも何度もお世話になりました。
ただ このコロナ禍で 親が既に他界してくれてた事に 正直 安堵の思いです。(変な安心ですが…)
高齢者を抱えているだけでも このコロナ禍を生活するのは 本当に心労だと思います。


ついんず様 親族の中でおひとり 未接種なのですね
凄い覚悟の強い方だと思います。私は 実姉 実姉の娘(妊娠中)息子 (大学生)もワクチン懐疑的で受けません
義兄だけは ワクチンをすぐに受けました。家族にもワクチン打て打てといまだに強く勧めています。
妊娠中の姪っ子の旦那さんも都内勤務で 激務で出張も多いのですが 受けていません。
旦那さんのお母様も 医療事務の仕事をしていますが 未接種で 息子(姪っ子の旦那さん)に
前々から 接種しないよう言っていて 息子もそれを受け入れています。
姪っ子は 区役所に母子手帳をもらいに行った時 開口一番 すぐに接種するよう言われたそうです。
私には 26歳の長男以外に 23歳の次男(社会人)と 17歳の長女がいるのですが 2人とも打ちません。次男は車通勤なのと 会社自体 全くワクチンの話題がないらしく 同調圧力の無い ありがたい会社なので 次男は 今のところ受けない選択でいます。

ワクチンに対しては個々の価値観 置かれた状況なので 各自の判断が 尊重されるべきだと思います。
ただ 友人から ワクチン推進の
話題の長文のLINEが 来た時には 閉口しました。どちらかの議員さんや 専門家の方の ワクチン安全!推進!の
内容の記事を貼り付けて 「私も不安だったけど この方の話を聞いて イメージ変わったから家族全員受けたよ 私の周りにもまだ迷ってる人いるから
この話をしてるんだ 皆が誤解を解いて 安心して打って欲しいと思います」と 来たので 正直驚きました。(なんの活動家?だと思いました。)周りの友人を説得しているというので 私には全く理解できず。こういう方もいる事に驚きました。
私は 他人様には 何も言いません。責任が取れませんから。
また そこで溝ができても
いやなので。 息子にすら いくら親の立場だとしても 止めていいものなのかも 相当に悩み続けました。
正解は 「各自が出した答え」としか 今は言えないのかも知れません。打たない選択をした私自身も 数ヶ月後数年後 どうなるか 誰にも明日はわからない。だから 誰かの言葉で 周りの圧力に流されて 決めるのではなく 自分で決めなければ 近い将来 納得できないでしょうね。ただ 私の感じる限り これだけの情報社会なのに あまりにも 短絡的に こんなにも大事な選択を 簡単に決めている方が多いように見えてしまいます。下手に意見を言えば 非常識だとか 陰謀論を信じている 頭のおかしい人と 判断される事もとても悲しい事だと思います。(私は 子供たちには全員 赤ちゃんの頃のワクチンは受けてきました。)

ワクチンを打ってから 起きたことはどうしても ワクチンを打ったからじゃないかと 疑ってしまいがちで 打たなかった体と比べる事はできないですものね。
息子も 体力のある活発な健康体なので これからこの先 なにか起きたら どうしても
ワクチンを疑ってしまうと思います。
昨日 海外でモデルナ使用中止の記事がでましたね。
息子は 3日前に2度目接種をしました。 この記事が もう少し早く出てたら 先延ばししてくれたのかなと また心の中で思ってしまいました。もうあれこれ 思うのはやめようと 自分に言い聞かせても そこに気持ちがいつも行ってしまいます。もしかしたら 数年後あの時あんなに ヤキモキしたけど
結局 なんともなかったね!と
笑い話にできるよう 願っています。

コメント頂きありがとうございました。
長文になり 失礼しました。

このような 意見交換の場を与えてくださった 長尾先生
ありがとうございます。
先生の存在のおかげで ここに 同じ想いの方が集えてると思います。先生の存在は本当に大きいと思います。

ついんず様も 御家族様も どうかご自愛くださいませ。

あずきからついんずへの返信 at 2021年10月08日 07:56 | 返信

先生、配信ありがとうございます。また、皆様のご心配はまるで我が事のような気がしました。うちの場合友人の知人と地元の方が亡くなられ、職場の同僚がワクチン接種後に足のしびれが診療しても1月以上取れず、精神的なこともあって休職しました。息子は20代で熱は翌日だけ、1週間後に頭痛筋肉痛、病院ではコロナ陰性、それから関節痛になり、軽快するまで3週間かかりました。ワクチン関係先はマニュアル通りです。寄生虫のことも目にして症状が移り変わっているし、人生最大にバクバクしました。周りは幸せそうで、ネットは両極状態です。人々が精神的にぶれない日本独自の何かがあればいいな、先生と皆様のご健康をお祈り致します!

Posted by きょん at 2021年10月08日 09:58 | 返信

今朝こちらを開くと、温かいコメントのやり取りが増えていて有難く、横からおジャマ虫します。
皆さまのコメントに、私も本当に救われました。ワクチンで一番気を揉んでいたのが、
ずっと様々な情報を見知っているにも関わらず、近しい人が打つことに黙ったままでいること。

我が家は50代夫婦で、最近2回目を済ませました。それは自分達で決めた事なので良いのですが
私の実家に、成長を楽しみにしている高校生がいます。
お盆に日帰りした時、高校から接種を促す通知が来て、親が予約を入れたと知り、どうしたものかと。
その時は打つ前に不安を与えないよう「どうだったか教えて」と言うのが精一杯でした。
そこのコミュニティで暮らすのは彼らであり、私が離れた所からどうこう出来るものでもなく、
止めさせた方がいいのか、黙っているのは悪い事なのかと、悶々としてました。
同居する80代半ばの祖母と、介護職の父親が既に打っていることもあり、結局何も言わずです。

この夏に播磨地方から阪神地区に転勤になった夫、既に全員接種済みの職場で
「俺、最後の一人や」と気にしているのを、焦っていない私はその気持ちに沿い切れてなかったです。
済んだ今、夫は肩身の狭い思いから解放され、逆に私が今後の経過を独り気にする毎日です。
家族だからと無理に一つの考えに合わせようとしなくても、違いがあることを許容できればいいかな。
基本的な生活が大事なことには変わりなく、悶々する位なら「台所のシンクを磨く」か、
旬の滋味たっぷりの「お味噌汁」でも作って、ちょっと外に出て歩いて・・・ですね。

抱える思いや迷いを素直に綴って下さる方がいて、その迷いに寄り添って下さる方がいて、
読ませていただくうちに肩の力がスッと抜け、気持ちが楽になりました。感謝です。
長尾先生、ブログの管理も大変とは思いますが、
コメント欄をずっと閉じずにいて下さって有難うございます。

Posted by taco at 2021年10月08日 11:25 | 返信

はじめまして、あずきさん
私も同じように息子にワクチンやめるよう説得したけど止める事できなかった。
何度もケンカになり言い争った。
接種券が戦時中の赤紙に見える。

テレビで小学生の子供に接種させ親が安心してる姿みて辛い…
ちがうよ〜いま爆弾かかえて生きるのに安心じゃないのにって怒りが込み上がる

この先が不安で知れば知るほど解決策が見当たらない
もちろん健康管理は大事だけど免疫がおちて壊れる前にできる事はないか?

ビタミンD3、亜鉛などのサプリや松葉茶を飲んでるが
イベルメクチンも服用したら良いか?
情報が欲しいです。初めての体験だから誰も知らないと思うけど、やれる事したい!

ずっと泣いてばかりではいられない
お互いに頑張って明るい未来にしましょうね

りんごからあずきへの返信 at 2021年10月08日 04:04 | 返信

はじめまして!
テレビで長尾先生を観て色々な情報を知りました。
本を買って読んだりニコニコ動画で勉強して家族に伝え続けて
言い争いの毎日でした。
仕事関係で止める事できず旦那も息子も接種してしまった…
私は正しい情報に巡り会えず一回うけてしまった。
ずっと不安でビクビクしながら過ごしてます。

食事に気をつけてますが自己免疫力が下がっていくのかな…
サプリや松葉茶を飲んでるが薬も必要かな?

どうしたら良いんだろう自分が思考停止で与えられ脳だった。
気付けなかった自分が悪いけど何とかしたいです。

初めての経験で誰も知らないと思うけど何かできる事したい!
泣いてばかりいられない(いま涙とまらない)

Posted by りんご at 2021年10月08日 04:23 | 返信

感染者数が多い時は打とうか悩みましたがやっぱり恐くて断念。
長尾先生のブログとニコ動見てからはもう打つ気なし。
何か言われても恐くてムリ〜で押し通す!

Posted by 匿名 at 2021年10月08日 05:51 | 返信

りんご様
はじめまして 同じ母の思い。
心中お察しします。
喧嘩までされたとの事 わかります。私も息子とは 別居なので ワクチンに関しては 帯のような(笑)長い長い長文を LINEで 呪いのように(笑) 送り続けました。

溜まったLINEをみて 毎回息子は ギョッとしていた事でしょう。
心の中では 打ったら親子の縁を切る!! くらいの勢いでしたが 息子の社会的立場も思えば 強くも出れず 毎日毎日その事で頭を悩ませていました。

まさに私も 「赤紙」だと思っていました。戦時中 健康な息子を お国の為と万歳をして
送り出した母親たちの 引き裂かれるように気持ちを思いました。(主人には絶対言えません。大袈裟なと鼻で笑われます。)
私も息子も非国民でいいじゃないか!目を覚まして!なんでこれだけ言ってもわかってくれないの??と
歯がゆい思いでした。りんご様の 泣く思い 痛いほどわかります。コロナ禍になり 私も泣くことが増えました。
息子は ワクチンを打ったことで 私が泣いたことは知らないでしょう。息子にも大袈裟なと 笑われそうです。
家の壁のあちこちに 子供たちの小さい頃写真を飾ってあるのですが 見るたび 泣けます。
ずっと大切に育ててきたのに
泣…。と 思ってしまいます。

でも もう打ってしまったので
もう これからは 打ったことを忘れて(無理でしょうが 笑)
生活しようと 気持ちを切り替える努力をしようと している
最中です。(泣)
同じ思いをしてる母が ここには沢山いますね。
親の心子知らず。
でも もう戻れないので あとは
なるようにしかならないと
開き直ることしか できないと 思ってます。 りんご様も また
ご不安とか 愚痴をここで
語り合いましょう。
お仲間は沢山います

私も皆さんに励まされます。

打ってしまった限りは
もう メリットだけを信じて 行くしかないかな…。

じゅん様の アドバイスから 学びました。
色んな方の 価値観に励まされ 学ばせていただけるありがたい学びの場 憩いの場ですね。

りんご様のお気持ち痛いほどわかります。
私がりんご様を励ませるほど…。 私自身もまだまだ 同じ立場なので 一緒に 乗り越えていきましょう。
涙。

どうかご自愛ください。

あずきからりんごへの返信 at 2021年10月08日 08:27 | 返信

こちらのコメント欄ては、未接種者の方々の意見を拝読することができて、ザワザワしている気持ちが落ち着きます。ありがとうございます。
毎日、何名感染、重傷者および死亡者は未接種でした、と書かれた記事を見つけると、打ちたくないと思い続けるのがしんどくなり悩んでばかりです。
だけど厚労省の膨大な資料を読めば読むほど、ワクチンに対する恐怖が増していきます。あの資料はワクチンの安全性を強調していないように読み取れます。今朝の新聞で全国的にワクチン会場の縮小の記事がありました。いっそ品切ですと言ってくれたらスッキリするのかもしれません。

Posted by 匿名 at 2021年10月09日 01:06 | 返信

うずまさ様
貼り付けてくださった松江の内科の記事拝見しました。
やはり、ワクチン後に重い発疹、帯状疱疹、蜂窩織炎の方がいらっしゃるのですね。貴重な記事をありがとうございました。遠方なので残念です。
ワクチンを受けた息子からすると、自分で接種を決めたワクチンを悪く思いたくないので、ワクチンの副反応だと私が言うと喧嘩になりました。
が、全身どう見てもワクチンのせいだとしか思えません。

Posted by くんちゃん at 2021年10月09日 01:53 | 返信

こんにちは。はじめまして。

 インド政府が配布した家庭用医療キットを
Twitterで発信された方
(@Anoyorosi2017さん)がいます。
 で、配布物は、
パラセタモール錠
ビタミンC
マルチビタミン
亜鉛
ビタミンD3
イベルメクチン12mg(10錠) <-重要!
ドキシサイクリン100mg(10錠)
フェイスマスク
除菌剤
手袋
アルコールティッシュ
デジタル体温計
パルスオキシメーター
だそうです。

「天才か?そりゃコロナも終息するわ」とのコメント。

 私は、あと、空気清浄機でウイルス、細菌、花粉、
そして寄生虫を除去することが大事だと考えています。
 ウイルスは空気中にいます。細菌や寄生虫などに
くっついて。空気を吸わない訳にはいかないので、
空気をきれいにしましょ。

 それから、最近では接種前or後にイベルメクチンを
服用する方もいるようです。ワクチンにいる寄生虫だか
抗体だかによる副反応を抑えるために。接種記録だけが
目的になってるなーって思っています。
 イベルメクチン服用方法は、長尾先生もブログで示されて
います。FLCCCの診療ガイド(I-MASK+)もネットで
入手できます。

以上、ご参考まで。

たまねこ53号からりんごへの返信 at 2021年10月09日 09:29 | 返信

あずきさん お返事ありがとうございます。

私は心が弱くクヨクヨしてばかりでした。
今も返事を読みながら涙が止まりません…

頭では今できる事しようと今を精一杯に生きようと心がけてる
もうTVは観ませんがネットで5才な小さな子供のワクチンが始まろうとしてるのを
知りこの先0才にも接種が始まるかも知れない…

打たないと学校や塾に通えないから接種するって意味わからない
調べると、どんどん悪影響も解ってくる
怒りが込み上がりイライラしてしまう

新聞で子供ワクチン反対の署名を集める広告があり
私はネットから署名しました。
何とか赤ちゃん子供には打たなくても学校に通えるようにして欲しい
(希望する方だけしたら良いと思う)

この先に明るい未来が見えず辛いけど旦那や息子の前では愚痴を言うのはやめて
身体に優しい食事を作り支えておこうと思います!

話を理解される人がいなくて悲しかったけど、ここで皆のコメントを読み
同じ辛い思いをしてる人が沢山いるんだな〜

ありのまま今の世の中で生きるしかないんですね
落ち込んでもいいし泣いても怒ってもいい
流されても、また這い上がり明るい方へ心地よくなれるように生きようと思います。

りんごからあずきへの返信 at 2021年10月09日 11:27 | 返信

くんちゃん様へ

ご返信ありがとうございます。
もしかしたらワクチンの影響の可能性は0ではないと思います。
後遺症には、自己免疫低下や疾患からくるものが多く見られるので。
ただ、こういうのって本人が自分で情報を得て、納得して初めて気付くんですよね。
うちの家庭内や職場でも同じような感じです。まさに分断です。
ただ打った方でも自己免疫を信じて高めれば、ワクチンの影響にも打ち勝つことができるかも知れません。
ストレスでも免疫力が低下するようですので、喧嘩にならないようにする方が、快方に向かう可能性があるかも知れません。
今のところ対症療法しか無さそうですので、皮膚科の名医に診てもらうのがいいのかなと…すみません医師ではないので素人考えです。
ただ、くんちゃんさんが息子さんにアドバイスされているので、今は分かってくれなくても、他の人より気付くのはきっと早いはずです。
これからワクチンのまずかった部分が徐々に表に出て来ると思いますので、まずは息子さんを信じて、皆さんの免疫力高める事が今一番大事な事かなと思います。(^ ^)

Posted by うずまさ at 2021年10月09日 09:18 | 返信

総合病院に勤務する医療従事者です。自身も打って半年以上続く頭痛、不正出血に悩まされています。ここ一ヶ月ほどは本当に、ワクチン後遺症外来か?というほどワクチン後の不調での受診が多いです。不調という言葉で済ませていいのかという症状のかたも散見されます。医師たちはワクチンが原因かどうかはわからない。と口をそろえていいます。実際、わからないとしか言いようがないので。
我が子には打たせていませんが、クラスの大半は打っており同調圧力にめげそうになっています。健康には変えられないよ、打つ前の体には戻らないよ、と思いとどまらせています。
若年へのワクチン接種の推進はどうにか止めてもらいたいです。

Posted by ゆき at 2021年10月11日 07:35 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会