このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

インフルワクチン接種が始まる

2021年10月08日(金)

先週からインフルワクチン接種が開始。

コロナ禍のなか静かに接種をしている。

この冬は大流行するという予測もある。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



インフルが流行れば、コロナが減る。


その意味ではインフル君に頑張ってもらい

コロナ君を撲滅して欲しいと、思っている。


だから、インフルさクチンを打ってしまうと

インフル君の活躍の場を奪ってしまう懸念も。


そんななか、コロナワクチンの三回接種よりも

インフルの1回接種のほうがコロナに有効との報道が。


「コロナワクチン3回目より、インフルワクチンが効く」

は本当なのか(NEWSポストセブン) →こちら



うーん、人間関係と同様に

ウイルス関係も実に複雑だ。


政治の世界と同じで、ウイルスの世界も昨日の敵は

今日の味方、のような気がしてきた。



一方、この冬はインフルが大流行して死者が沢山出るという予測もある。

だからインフルワクチンをちゃんと打っておきましょうね、と。


救いは、インフルワクチンがmRNAワクチンで無い事。

まあ、効きは悪くても安全性が高いほうが今は安心だ。


今、コロナと認定されると保健所から拉致されるので発熱しても

医療機関を受診しない人が増えていると聞く。まあ、当然かもね。


すると、コロナにせよインフルにせよ、診断が遅れたために

「即治療」ができない人が増える可能性がある。


その結果、インフル死亡者1万人でコロナ死亡者2千人なんて

ことにならないか心配している人もいる。


コロナ=1類相当

インフル=5類、

と法的位置づけが違う感染症が同時流行すると大混乱に陥る。


発熱患者お断り、ということで通常肺炎や盲腸や胆嚢炎で

死ぬ人が増えてしまう可能性もあるのだ。


だから今のうちに、コロナを普通に診療できるようにしましょう(つまり5類ね)

と1年半からずっと主張しているが、分科会は全員一致で「いやいやまだ早い」と。


コロナを1類指定にしたままだとコロナで命を落とす人が減らないだけでなく、

コロナ以外の発熱疾患(インフルも含む)で命を落とす人が増える可能性がある。


つまり、「新しい形の医療崩壊」である。

僕はそれを懸念しているのだ。


俯瞰的総合的に医療業界を見れる人が皆無であるこの国

において、悪法が放置されると、何一ついいことがない。


だから今すぐに、5類にすべき。


まだ分からない!という人がいれば、至急、

「ひとりも死なせへん」を読んで欲しい。


本当は政治家全員に読んで欲しいのだけどねえ。

岸田さんは今日はアポを取ることはできなかった。




今朝は、ロサンジェルス映画祭の舞台挨拶をオンラインでした。

その後「けったいな町医者」と「痛くない死に方」が上映された。


もしもなにか賞を受賞したなら、11日朝にもオンラインで舞台挨拶する。

ZOOMというコロナが編み出した文明の利器での挨拶は不思議な感覚だ。



昨日は「地方の時代映像祭」で、水野晶子さんと1時間のトークショー。

映画を愛する人たちとの語らいは、コロナを忘れて実に楽しい一夜に。




PS)

コロナチャンネル #516_


ワクチンを「打てない人」にも、「打った人」にも怒られました  →こちら



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

今後相当ワクチンが余ってきて、消費期限が近づくと、
またまた打て打てキャンぺーんが始まるんではないだろうか。。。
厚生労働省は、副反応や死亡者のデーターが集まってるににかかわらず、いつまでワクチンを調達し続けるのか疑問です。


厚生労働省は8日、令和4年1月から1億2千万回分の新型コロナウイルスワクチンの追加供給を受ける契約を米製薬大手ファイザーと結んだと発表した。契約は7日付。後藤茂之厚労相は8日の記者会見で「円滑なワクチンの提供に向け取り組む」と述べた。

追加のワクチン供給をめぐり、政府は来年以降に米モデルナ製5千万回分、米ノババックス製1億5千万回分の供給を受ける契約を、日本での流通を担う武田薬品工業などと結んでいる。

厚労省はワクチンの3回目の追加接種をする方針を9月に決定。年内の実施も視野に対象者などの検討を進める考えで、新たに供給されるワクチンも使用される見通し。

Posted by あまっこ1974 at 2021年10月08日 12:43 | 返信

昨日の敵は今日の味方は医療や福祉の分野には
ないと思います。
敵も味方なく患者さんや利用者さんに向き合うだけだと
思います🐾

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年10月08日 12:55 | 返信

いつも正直にすべてを語っていただき、ありがとうございます。
コロナチャンネル、見ました。
打ったことを責める人のコメント、酷いですね…。
お門違いの八つ当たりをしているだけ。 
長尾先生は、これからもご自分の信じる道を堂々と歩まれてください。
心から応援しています。

Posted by 織川 at 2021年10月08日 01:05 | 返信

先日、高齢の両親の月1の定期診察に付き添い、主治医から
「インフルエンザの予約是非して行って下さいね。」
「今冬は流行りそうですし、予防接種の数も少ないようなので」
と言われました。で、何も疑いもなく親は予約しました。
来月に接種予定です。
私は、正直、そんなにバンバンと色んな注射打って大丈夫かな?高齢者が。
インフルエンザが流行るのは何故?流行らせようとしてる?予防接種ビジネスは蜜の味?
などと、ひねくれた考えで頭いっぱいになりました。
すみません。先生に吐き出してしまいましたが…
もう何がなんだかわかりません。若者へのコロナワクチンも日本は立ち止まる事もしないみたいですし、地震は起きるし…
もう、自分、自分の家族、親達、兄弟達…自分の周りが毎日元気に出掛けて、無事に帰る事だけを祈り日々これまで通り乗り切って行きたいと思います。

Posted by 何が良いのかわかりません子 at 2021年10月08日 01:11 | 返信

そうなんですね〜未摂取ですが、もうビクビクしないでも、医師会の先生なら診てもらえて早期治療出来るなんて、ほんと救われる嬉しいです。長尾先生方のお陰で変わってきたのですね。
情報が入って来ないので、先生のブログ、ニコニコ動画が頼りです。

Posted by 匿名 at 2021年10月08日 01:59 | 返信

母が入院した。大学病院は面会禁止。
いいかげんコロナを指定感染症から外してくれ!!!
なぜ変わらないの?なぜ終わらないの?
ここに書いてもしかたないけど・・・
長尾先生なら聞いてくれそうな気がして・・・
母に会いたいよ。

Posted by kaoru at 2021年10月08日 02:14 | 返信

今まで本なんて読まなかったのにコロナ騒ぎになってマスクの事や免疫に関する本を何冊か読みました。
命、生活、自由を守る行動です。

その中でこの前の冬にインフルエンザが流行らなかった理由、
それはウイルス干渉だったかもというのを本やネットで読みました。
日本感染症学会がインフルが流行ると言うということはコロナの第6波は来ないという予想なんでしょうかねぇ。


映画が受賞すればマスコミは無視出来ないでしょうね。
その時の先生のコメントが楽しみです。

Posted by ボッケニャンドリ at 2021年10月08日 02:20 | 返信

尼崎ではコロナもインフルも流行りそう。顎マスク鼻マスクノーマスク多過ぎて。両方に同時感染する人もいそうですね。兵庫で1番に医療崩壊しそうだ。

Posted by 尼っ子 at 2021年10月08日 03:06 | 返信

先生の見られた映画 MINAMATA 見てきました。老け役のジョニーデップ、素敵です。彼は主演とプロデューサーもしています。役のユージン スミスは59歳で亡くなっています。という事は映画設定の71年ころ実は52歳、ジョニーデップの実年齢より、若かったんですね。動いて注目を集めれば事態は変えられる。感情的にならずに、訴えたいことに集中する。今とどうしてもリンクしてみてしまいます。彼が犠牲を払いながら撮った写真は、ライフ誌を飾り、水俣を世界に知らしめ、当時連日ニュースで様々な報道がされました。(ライフ誌は72年,廃刊)でも、今と決定的に違うのは、ジャーナリズムがまだ機能していたことです。今は、お上の気にいらないことは、報道されず、無い事になっています。家で調べましたが、アメリカではこの映画は宣伝されず埋もれ、日本では水俣市が後援を断ったとありました。本当に人間界は中々複雑です。監督は、アンドリュー レヴィタス 40台の方です。私が観に行った日が、最終日でした。ご覧になりたい方は、お早めをお勧めします。

Posted by 原田 at 2021年10月08日 03:15 | 返信

先生いつもありがとうございます。
去年はインフルエンザが少なかったと言われてますが、去年は厚労省からインフルエンザの検査はしてはいけない。とのお達しがあったとも聞きます。
先生、そうなんですか?
そしたらインフルエンザが見つからないのは当たり前だと思うし、インフルエンザなのにPCRでコロナにされてしまっていた。とかではないのですか?
素人意見ですいませんf(^^;

Posted by ざくろ酢 at 2021年10月08日 03:28 | 返信

こんにちは。

 標題、イベルメクチン接種が始まる、と
読んでしまいました。
 いかれてますね、わたくし。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月08日 03:43 | 返信

はじめまして、ずっとYouTubeとニコニコ動画で拝見させていただいてました。
このコロナ騒動で、ずっと実際の現場で本当に患者さんの事を思って治療に当たられていた長尾先生の事を知り、胸が熱くなりました。 先生の治療方針にものすごく納得できましたし、イベについても開発された大村博士があとは政治の問題とおっしゃっていたので、私も与党側にいる政治家の方達に働きかけてみました。そこの党は縦の連携もスムーズで、1人の声を聞くという事を普段から聞いていたからです。 長尾先生の地域の議員さんと、北里大学病院のある地域の議員さんに、まずは現場の先生達の声を聞いて、イベを現場で実際に使っている効果を教えてもらって、国側の議員にあげてくださいとお願いしました。 そして、そこの党首の事務所、党本部に連絡をして、両地方議員さんにお願いした旨を伝え、そちらからも地方議員さんに連絡を取ってみてくださいとお願いしてみました。 でも、動いてはくれませんでした。 私の地元の議員さんにも伝えましたが、国会議員からのイベを使わない理由が長々書かれた文章が送られてきました。国民の声を反映させるのではなく、こちらを納得させようとする姿勢なのでしょう。長尾先生ご自身が厚労省に働きかけいた事も知っていました。しかし、田村大臣の発言もイベを否定しないものの、積極的に動く気配がないんだなとわかり、政治に対してもまた見方が変わりました。 でも、国民だってわかってるんだよ!!って事を1人でも多くの人が伝える事は大事だと思うので、良かったと思っています。
世界が大変な事態になりましたが、先生の様な素晴らしいドクターを知ることができ、色々勉強になりました。 コロナ禍において 最前線で闘って 、トップランナーとして国民に明かりを灯そうとしてくださった事は一生忘れません。日本の誇りです。 古川先生の素晴らしい記事も読ませていただきましたが、長尾先生の様なドクターを目指す若い方が沢山出てくる事も祈ります。 これからも応援させていただきます^_^

Posted by さとちゃん at 2021年10月08日 04:03 | 返信

長尾先生、いつもありがとうございます。
主要メディアでは「今年はインフルエンザが大流行する」とまたまた不安拡大させようと煽っていますね。でも今の仕組みでいくと、発熱したらやっぱり限られた施設の「発熱外来」なんですよ。新型コロナかインフルエンザか分からないからなんでしょうけど、従来のかかりつけ医に気軽に行けないんですよね。いまだに地元では「診察拒否」です。本当にインフルエンザが流行したら、これってまた大混乱ですよね? 法改正(5類落とし)を急ぐべきだと思います。
じゃあ、自分でなんとかなるかと思い立ち、検査キットは手に入るんかと検索したら、あるある! もうすでに新型コロナとインフルエンザを同時に1つの検体でできる検査キットが一般用として市場にたくさん出ていました! なんていうか、もう、どこまでも商売なんですね。

Posted by まめとら at 2021年10月08日 04:07 | 返信

(このコメントは長尾先生にお読み頂ければ結構ですので、掲載されなくても大丈夫です)


インフル減少のトリックはPCR検査と医療機関の受診拒否が大きく関係していると思います。
「インフルエンザ累積推計受診者数」は以下のようになっています。


2018-2019 : 1209.9万人
2019-2020 : 728.5万人
2020-2021 : 1.4万人


引用元: インフルエンザ、現行調査で初の流行なし 今シーズン激減したわけは? - ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/202103/310155/


PCR検査は兼ねてよりインフルエンザなども陽性になることは知られています。
それを踏まえ上記の数字を見れば、本来インフル患者の人間がPCR検査によってコロナ患者とされてしまっていることは容易に推察できます。
さらに熱が出た人間を受診拒否する病院が多いとなれば、インフルと診断される数が減るのは当たり前です。


そして私はインフルエンザワクチンも大変疑わしいものであると思っています。


というのも、身近にクルーズ船で働いている人がいるのですが、クルーズ中にインフルエンザワクチンを職域接種したところ、それまで皆健康だったにもかかわらず突然インフルエンザが船内で流行ったらしいです。
クルーズ中の船内で起きた出来事であり、どう考えてもワクチン以外あり得ません。


インフルエンザワクチンは不活化ワクチンであり、無毒化されたウイルスを注入しているという話ですが、ではなぜ上記のような問題が起こったのか。
実際に注入されているワクチンが本当に不活化ワクチンなのかどうかは我々には分かりません。
しかも「ワクチンを接種しても発症する場合がある」ということが何故か受け入れられているために、不思議と騒動になることもありません。


最近なぜかインフルワクチンが異常なまでに推進されているらしいですが、この狙いは「インフルワクチンによってインフル患者を増やし、身の回りに体調不良の人間を増やして恐怖を煽り、PCR検査の実施数と陽性率を上げ、さらなるパンデミックによりコロナワクチン・経口型の新薬の推進を行うため」だと私は考えています。


正直こんな予想はハズレて欲しいと願いますが、オリンピックと同時にPCR検査の実施数を底上げし、オリンピックの影響というハッタリでパンデミックを演出していることが公的データでも露骨に明らかになっていますし、そもそもCt値次第でどうにでもなります。


新型コロナウイルス 日本国内の感染者数・死者数・重症者数データ|NHK特設サイト
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/


長尾先生が実施しておられる、Ct値を高めにして受診されたい方を皆救うというスタンスは、患者を救うためには致し方ないと思います。
この問題の根本的な解決は、長尾先生も仰っている通り、5類に変更して症状に対して当たり前の治療をすることであり、コロナの有無をPCR検査で判断して、結果次第でまともに治療も受けられない現状が異常です。


私はこのPCR検査のでたらめさと未だにウイルスが単離できていない事実から、現在の自然界に新型コロナウイルスというものは存在しないと思っていますが(人工遺伝子としては存在すると思っています)、コロナ騒動当初から現在に至るまでイベルメクチンがPCR検査の陽性率を下げるものとして有効なことは事実であり、この事実を鑑みるに、恐らくイベルメクチンはインフルにも効きます。


これからインフルワクチンによってインフルエンザが流行し、いわゆるコロナ患者が増えて長尾先生のクリニックもお忙しくなるかとは思いますが、どうかお体ご自愛下さい。


これからも応援しております。

Posted by rn at 2021年10月08日 05:52 | 返信

先生。こちらはまだインフルエンザは配給されていないようです・・インフルエンザは打ちたいと思います。何故か。

凄いですねエキサイティング、ブラボ~。ロサンジェルス映画祭ノミネートですか?凄い・・先生。おめでとうございます。

受賞されます様に、そうすれば5類やイベルメクチンの道が開ける、近くなるわね。

レットカーペット歩きに行ってくださいね、なんか泣けてきます。

妹から電話、母は元気にわがまま言っているみたいです。妹も一年に二回ぐらい渋り腹になり一時間ほどトイレにこもるみたいです・・遺伝でしょうかね。義理の年上の弟のお姉さんが二月に乳癌と他多数の癌で亡くなったと聞かされました、若いころに神経を病んでしまい神経科の病院に入院していました。コロナになって1年半顔を観に行かなかった間に癌に持っていかれてたと言っていました、妹は在宅で看護するつもりでいたそうです。
祖母の畑は今は弟がお野菜を作っていますが、そろそろサツマイモの収穫祭・・でイノシシの登場・・明日夫婦で芋ほりに行くみたいです、やられる前にやるとかです。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年10月08日 06:44 | 返信

毎日、動画も合わせて楽しく拝見させて頂いております。
コメントに鼻うがいなどのお話がありましたので
ご参考までに、こちらのサイトをどうぞ。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/141/7/141_20-00242/_pdf
小茂田昌代先生が疥癬の患者さんのためにイベルメクチンでいろんなチャレンジをされています。
とくに肝機能の衰えている高齢者や、イベルメクチンを飲めない幼児・妊婦さんのために
イベルメクチンを溶かした入浴法を考え、実験し、疥癬の治療に成功されています。
イベルメクチンを溶かした鼻うがい薬が発売されたらいいかも!ですね。
コロナもインフルも治って、ついでに咽頭癌まで治ったりして!なーんて(*´ω`*)

Posted by 北海道民 at 2021年10月08日 07:34 | 返信

ロサンジェルスの映画祭だぁ〜( ^∀^)♪
すごすぎます。
コロちゃん時代じゃなかったら、ロスだね。。ロスに追っかけてたかもしれない。。。はい。
嬉しいです。

コロナさんとインフルさんの発熱の違いなんて、ないですよね。
これは、本当に困った。
どっちもPPEを着用の出動か?
コロナとインフルの両方の検査を行うってことになるのでしょうか。。。そうですよね。

覚悟ですね。

Posted by 宮ちゃん at 2021年10月08日 07:51 | 返信

先生、いつも更新ありがとうございます。
本当にね、みなさん、自分自身に備わった自然の免疫力をすっかり忘れてますね。メディアに洗脳され過ぎですわぁ。
正直、日々の暮らしの中で自分の免疫力を上げる方法はいくらでもある筈。

大都会のオフィス街以外は、ちょっと歩けば、密にもならない、緑豊かな自然が必ずあるでしょう。
堂々と、マスクも外して、日差し降り注ぐ中、木々の葉擦れの音に耳を澄ませ、そよぐ風に季節の香りをかいで、胸いっぱいに深呼吸したらいいですよ。ちょっと歩けばそんな場所はいっぱいありますよね。

無農薬、無添加の味噌を探す、ぬか漬けを自分で漬ける、毎日キノコを食べる・・・免疫力を上げる食事とか検索すれば、いくらでも出てきます。

「打ちたくても打てない」ではなく「ワク打たなくても、自分の身体は自分で守れる」という意識に変換して欲しいですね。

毎日ハードスケジュールで頑張っている長尾先生に、あれこれ質問している暇が有ったら、自分で情報を集めて、勉強したら良いと思いましたわぁ~(-_-;)

Posted by 雪ん子 at 2021年10月08日 07:52 | 返信

先生いつもありがとうございます。

最近色々疑問に思う事を調べていましたら、日本というのはもうだいぶ世界の権力者に乗っ取られているということがわかりました。さしずめ株式会社日本という感じでしょうか。世界の権力者が株主様なので厚労省も言う事を聞かないといけないようですね。だからワクチンを進めるのでしょう。小泉内閣時代に郵政民営化などあの頃くらいから日本がおかしくなり始めてきた。国民なんて大事じゃなく、株主様の言うことを聞いてるということです。原発もそうです。もう日本はだいぶ骨抜きにされてきてしまった。もう間に合わないかもしれないけど、今度の選挙は日本の行く末を決める選挙だと言うことです。今の政府は危ないと感じます。

Posted by 匿名 at 2021年10月08日 08:34 | 返信

長尾先生お疲れさまです。

息苦しい世の中ですね。
医師は神様ではなく、一人の人間として患者と向き合ってるのに。

何が正しいかなど分からない状態で始まったこと、大事なのは分岐点がきた時により良い選択をするだけだと思います。
そこでまた道を誤ってた事に気づいたら、また改める。頭下げる。
これしかできないです。

「病は気から」。
遠縁の叔父の話ですが、肺癌で2年の余命宣告されてから10年以上、充実した人生を全うしました。
とにかく生きる事に前向きで、病人とは思えないほど生き生きとしてました。
最期は、穏やかに眠りに就くように息を引き取ったそうです。

なかなか難しいご時世だとは思いますがストレス溜めないことが、心も身体の健康の為にも大事ですね。

Posted by ジョー at 2021年10月08日 09:20 | 返信

先生、ニコ動見ました(^^)先生のお陰で、早期診断、即治療してくれる病院が探せばいることがわかりとても勉強になりました!先生のお陰です!ありがとうございます!そして、ワクチンを先生が打ったことへの批判、とてもびっくりしました。とても悲しくなります。先生、いつでも応援しています!!

Posted by 三浦 まみ at 2021年10月08日 09:38 | 返信

8月頃の昼の番組で観て以来、大ファンになりました。今は一切テレビをみなくなりましたが、先生のブログがたのしみです。お体お大事にしてください。ニコ動画に、政府側の人がコメントするようになりましたね。気お気になさらないでください。ほとんどの方は先生を信じています。

Posted by 匿名 at 2021年10月08日 10:55 | 返信

rn at様のお考えに同感です。インフルエンザのワクチンもたいへん疑わしい。毎年律儀にインフルエンザワクチン打ってる友人毎年インフルエンザにかかって高熱出していた。打ってもかかるからと打つのをやめたらインフルエンザに罹らなくなった。もー一体全体どう言うことか。私たちはいろんな医療のことでだいぶ騙されてきたように感じる。もう国なんて全く信じれない。どなたかがここで仰ってた原発事故の件でも息を吐くような嘘をつく。国民より経済重視お金重視とある団体の方もおっしゃっていた。もう自分の身は自分で守ると言うとこまでこの国においてはきてしまっている。ワクチンパスポートもそんな事を平気で推し進めるなら今度の選挙は絶対に危険な政党には入れてはならないと思う。

匿名からrnへの返信 at 2021年10月08日 11:01 | 返信

 福岡県朝倉市在住の宮脇といいます。長尾先生と同じ1958年生まれです。3年前に中学校教員を定年退職した時に、「病気の9割は歩くだけで治る!」を読ませていただき、いたく感動しました。金儲けじゃないお医者さんがこの世にいてるんやなぁと思うたわけですねん。
 ずっと部活の顧問してましたさかい、腰を痛めて、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を患い、間歇性跛行してますけど、毎日歩いてますねん。最初は一日に8~9km歩いてましたが、今は無理せず、何回か休みながら、4~5kmに落としましてん。あの本がなかったら、歩かずに今は大変なことになってたんやないかと思うてます。ありがとうございます。薬はサインバルタのジェネリックをのんでます。
 そして、コロナになって関係本を5~6冊読みましたが、最近、先生の「ひとりも、死なせへん」を読んで、先生の偉さと本物さが、ごっつう分かりました。医学に無知な私でも、何が真実か判ります。岸田新総理が今日、所信表明演説で、法改正を考えている、言いましてん。あれが、5類にするということと、イベルメクチンも積極的に推奨する、いうことになってほしくて、読んで貰えぬとは判ってますが、岸田総理のインスタとツイッターにその旨、投稿しました。そして尼崎の長尾先生の本とブログを読んでほしいと。先生、寝らなあきまへんで。わても現役時、忙しくて1.5時間や3時間睡眠で教員やってました。早死にするような気がしますねん。先生は、夜も在宅医療やお見取りがあって、深夜に王将で飯食ったりした挙げ句、2時や3時の丑三つ時にこのブログを書いてはります。患者さんにとりましては、ごっつう有難いことですし、お医者の鑑ではありますが、このままだと先生は死んでまうで。そら、あきまへん。殉職になってまう。
 ほんの少しでもいいので、睡眠を多くしなはれや。そして、一刻も早く、岸田はんと先生がお話しできること、尾身さんたち専門家?や保健所ではなく、長尾先生とその仲間たち、即ち、最前線でコロナと対峙してる町医者の方々の思いが国政に届き、国民の命がひとりでも助かることを祈ってます。福岡県にもし、先生のような熱血のお医者がいたら教えてほしいですわ。
 わてが尼崎にいたら、長尾クリニックをかかりつけ医にして、看取ってもらいたいですわ。
長文堪忍しておくれやす。どうぞ、身体にお気を付けて、お仕事を御精励ください。
 

Posted by 宮脇慎一郎 at 2021年10月08日 11:01 | 返信

 福岡県朝倉市在住の宮脇といいます。長尾先生と同じ1958年生まれです。3年前に中学校教員を定年退職した時に、「病気の9割は歩くだけで治る!」を読ませていただき、いたく感動しました。金儲けじゃないお医者さんがこの世にいてるんやなぁと思うたわけですねん。
 ずっと部活の顧問してましたさかい、腰を痛めて、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を患い、間歇性跛行してますけど、毎日歩いてますねん。最初は一日に8~9km歩いてましたが、今は無理せず、何回か休みながら、4~5kmに落としましてん。あの本がなかったら、歩かずに今は大変なことになってたんやないかと思うてます。ありがとうございます。薬はサインバルタのジェネリックをのんでます。
 そして、コロナになって関係本を5~6冊読みましたが、最近、先生の「ひとりも、死なせへん」を読んで、先生の偉さと本物さが、ごっつう分かりました。医学に無知な私でも、何が真実か判ります。岸田新総理が今日、所信表明演説で、法改正を考えている、言いましてん。あれが、5類にするということと、イベルメクチンも積極的に推奨する、いうことになってほしくて、読んで貰えぬとは判ってますが、岸田総理のインスタとツイッターにその旨、投稿しました。そして尼崎の長尾先生の本とブログを読んでほしいと。先生、寝らなあきまへんで。わても現役時、忙しくて1.5時間や3時間睡眠で教員やってました。早死にするような気がしますねん。先生は、夜も在宅医療やお見取りがあって、深夜に王将で飯食ったりした挙げ句、2時や3時の丑三つ時にこのブログを書いてはります。患者さんにとりましては、ごっつう有難いことですし、お医者の鑑ではありますが、このままだと先生は死んでまうで。そら、あきまへん。殉職になってまう。
 ほんの少しでもいいので、睡眠を多くしなはれや。そして、一刻も早く、岸田はんと先生がお話しできること、尾身さんたち専門家?や保健所ではなく、長尾先生とその仲間たち、即ち、最前線でコロナと対峙してる町医者の方々の思いが国政に届き、国民の命がひとりでも助かることを祈ってます。福岡県にもし、先生のような熱血のお医者がいたら教えてほしいですわ。
 わてが尼崎にいたら、長尾クリニックをかかりつけ医にして、看取ってもらいたいですわ。
長文堪忍しておくれやす。どうぞ、身体にお気を付けて、お仕事を御精励ください。
 

Posted by 宮脇慎一郎 at 2021年10月08日 11:02 | 返信

忘れていいのよ、そうだこんな歌も昔あったなあと思い出しました。長尾先生、音域広いですね。最後の転調からは、一段と上がるので大丈夫かなあと思いつつ見てましたが、裏声使われずに歌い切っておられ、さすがです。指先の冷たい女…の所、ホントなんかなと思い、検索したら、指が冷えていると酸素飽和度が正確に測れないことがあります、とあり、納得。歌の中でもしれっとパルスオキシメーターの使い方の注意点に触れられるあたり、先生らしいです。手を振るあなたに心は乱れる、どうか打たないで、一度は覚悟し、諦めた筈なのに、本音がひとたび溢れるともう止まらない。ワクチンを大切な人に打ってほしくない、でも相手の決心を尊重し、自分を制しようとする葛藤が生々しく表された今日の替え歌、圧巻でした。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年10月08日 11:07 | 返信

長尾先生へ

 私はワクチン接種、未接種者です。
理由はファイザーがかつて、出した薬が危険であったことを知りそのファイザーが造ったワクチンなんか怖くて打てない、と思ったことと、
コロナのワクチンは自己免疫力を失くしていくワクチンであることを
知ったからです。

今、ワクチン接種した人がコロナに感染してるのは、やはりワクチン接種による自己免疫力の低下が原因でないかと、
ワクチンはそもそも、どのワクチンも人間が本来持つ自己免疫力を低下させてしまうものかと私なりに解釈しています。
私の場合、自分の直感、これしか信じていません。

だから、ワクチン接種よりも、何よりも
自分の本能と直感を信じています。

だから、ワクチンや薬に頼らず
自己免疫力を高める生活習慣、を大事にしています。

田舎育ちなので、和食中心、休みには外に出て身体を動かす。
自分なりのストレス発散をする。

私は医療機関で働くまでインフルエンザワクチン接種はしませんでした。
50歳過ぎて医療機関で勤め始めインフルエンザワクチン接種を受けました。
2日後今まで味わったことのない激しい頭痛、それも平熱で。
2日仕事休みました。
B型肝炎ワクチン接種も期間あけ3回接種しました。
しばらくして原因不明の湿疹と目が片方だけ腫れる
痛くも痒くもない、皮膚科に行けど原因不明。

ワクチン接種が原因かどうか分かりませんが
ワクチン接種して良かったと思えません。

ワクチンは必要か?
賛否あって当然かと。

ただ、打たないと安全性が分からないなら
必要ないかと。
博打ですよね。

私は自己免疫力で死ねたら本望です。

Posted by むつみ at 2021年10月08日 11:23 | 返信

kaoruさんへ
大学病院に父が入院した時、主治医が
面会が何より元気になるのでたくさん来てあげて下さい。と言っていたのを思い出しています。
kaoruさんの居たたまれない気持ちが伝わってきます。私も同じ気持ちです。
本当にどうにかならないのか怒りがこみ上げてきます。
お母様の退院を私も心待ちにしています。

Posted by りんごともも at 2021年10月08日 11:56 | 返信

インフルエンザワクチンは、3年前、職域接種のときに打ちました。
事前に「インフルエンザワクチン 副作用 安全性 効果」など、インターネットで かなり検索しました。
特に悪い情報はなく、効くという話ばかりでした。
「副作用については、かなり調べても出てこなかったので 分からない。迷ったけど、電車通勤なので打とうと思う。」と周りに伝えました。
当時から政府を信用していなかったのですが、
製薬会社の利権のことまでは、考えたことがありませんでした。

今は、全てのワクチンに対して、疑うようになってしまいました。(苦笑)
製薬会社のために、いかにも効くような論文を書いている「○%以上の効果など…(実は数字のからくりがある)」という本も読んだからです。
健康な人全てが対象なので、儲かりますよね。
もう、自然免疫と薬でいいじゃないか…って思います。

Posted by 猫とピアノ at 2021年10月09日 12:17 | 返信

いつもいつも本当にありがとうございます。先生の考えに賛同し、行動に感銘を受けております。心から応援しています。これから第6波がやって来て、ワクチンの効果が薄れてきたからブースター打ちましょう、強制接種しましょうという流れになるのではと懸念しています。ご存知と思いますが、コロワクの危険性については下記のサイトに詳しく書かれております(とても長いですが(^^;)。最後の方に、コロワクを接種した人は、他のいかなるワクチンも打たないようにとあります。これからインフルワクを打つ人も増えて来ると思いますが、コロワクの後遺症を増幅させないことを願っています。https://gamp.ameblo.jp/tony-9/entry-12683011807.html?__twitter_impression=true&s=06

Posted by Nov at 2021年10月09日 06:20 | 返信

言い訳、言い訳、って責める人って一体何が言いたいんでしょう?言い訳=説明。先生は求められたから説明しただけなのにそれがわからないんでしょうか?こういう人って身の回りにもいて議論にならない。頭が悪いとはこういう人をいうのでしょう。誠実に対処してもわからないのだから気にする必要はありません。そういう人はきっとヒマだから付き合ってると先生の貴重な時間が奪われてしまいます。スルースルーでいきましょう。わかる人にはわかります。

Posted by 匿名 at 2021年10月09日 12:12 | 返信

宮脇慎一郎さんのコメントに賛同です。
長尾先生には長生きして頂かなければ、
長尾先生へのコメントはすごく色んな方々の勉強になる内容が
あり、毎日勉強させて頂いてます。

内海さんの削除された動画を載せて頂いた方、本当にありがとうございます。
内海さんのお話に嘘はないと感じました。
自分だけ、自分の家族だけ打たなければいい、
そういう問題でもなく、世界の人々が今のワクチンに反対の決意を
立ち上げる時が今だと思います。

3回目からのワクチンを阻止すること。
打たない決意を国民でかためる。
内海さんの動画も国民の皆さんに見て頂きたいです。

岡山県議会の質疑の動画もテレビで報道してほしいです。
小田さんの弁論を日本国民に聞いて欲しいです。

Posted by むつみ at 2021年10月09日 08:33 | 返信

未知のコロナウィルス発生当初から、寝る間も惜しんで治療に奔走されていた先生は悪くないと思います。
ご自身も接種されており、当然のようにワクチン接種に当たったのは仕方がない事だと思います。
同意書にサインして打ってもらったのに、後で文句を言うのはお門違いだと思います。
ただ、高齢者は様々な手段で情報が得られないので不公平感はありますが、重症化率を減らすと言うことではメリットがあったので、例え危険性を提示したとしても、当時の状況ではほとんどの人が接種を希望した事でしょう。
コロナ患者を受け入れず、じっくり分析がてきる環境にある同業者、時間のある一般人と一緒にしては駄目だと思います。
3回目は打ちません、と宣言された事で十分だと思います。
先生に救われた、また今後も救われる人は大勢いると思います。
応援しています!!

Posted by うすまさ at 2021年10月10日 12:12 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会