このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

生きた人を乗せるのをやめて死んだ人を乗せる

2021年10月10日(日)

尼崎のタクシーの運転手さんとの会話だ。

コロナ禍で給料は半減どころか8万円に。

それではやっていけない、と辞める人も。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



タクシー運転手の給与は、20万円から8万円に。

8万円から保険料などを引かれて手取りは4万円。


年金を支給されている人はなんとか暮らせる。

しかし年金の無い人は4万円だと生活できない。


だから転職するしかない。

どこに?


今、一番確実な成長産業とは、「葬儀業界」である。


現在、年間130万人の死者数が、2040年には170万人に確実になる。

人間は必ず死ぬので「お客さん」は確実に増えることが約束されている。


自宅や施設や病院で亡くなると、たとえ家族葬であっても必ず

「移動」が必要で、許可を得た葬儀社の車でないと運べない。


だから遺体運搬車の運転手は、仕事が増えることが約束されている。


かくして、タクシー運転手→葬儀社運転手、の転職者が多いそうだ。


つまり、生きた人を乗せるよりも死んだ人を乗せたほうが堅い、のだ。


特に若い運転手は、タクシーに見切りをつけてさっさと葬儀社に転職するという。


生者相手よりも死者相手の仕事の方が有望な国なんだ。

別に葬儀社が悪いわけではないけども、考えさされる。


もちろん、「介護」などの成長産業もあるが、免許を取らないと

いけないが、還暦前後になって学校に行くこともできないという。



うーん、とため息をついているうちに目的地に着いた。


この話は、我がニッポンの現状を象徴している。

不景気の波が襲っているのでなんとかしないと。



ではどうするべきか。


まずは給料を上げないといけない。デフレ脱却である。

でも日本人の月給は上がらないどころか、減っている。


勤務医の給与も、僕が医者になった37年前と全く同じだ。

諸外国の給与は、すべて5割~50割も上昇しているのに。


そのためには、国が国債を発行し国民にお金をバラまかなければいけない。

と専門家が言っていた。しかし「それは良くない」との意見もあり相反する。



1)国の赤字が増えても気にせずにバンバン国債を発行する

2)国の赤字が凄いのでそんなことをせずに、現状を容認する。


今後の政治は、1)か2)の議論になることは確実だ。


いずれにせよ、少子化を止めないといけないのだが、

そのためにはやはり、給料を上げないと無理だろう。


永田町はそんな議論で一杯だった。

コロナ対策など余り話していない。


しかし、人々の洗脳が解かれ日常を取り戻すことが優先する。

その第一歩が、「コロナを5類にする」ことだと思うのだが。


僕が、「今すぐ5類に」という理由を分かって頂ければ幸いだ。

分科会は「そのうちに」なんて言っているが、いったいいつ?


国内経済と外交防衛が最優先課題である。

コロナなんてもう解決しているはずなのに、感染症ムラが収束させない。


そんな想いで書籍やブログで発信しているが、政治はなかなか変わらない。


昨日、ある政治家に「5類になる条件とは?」と聞いてみたら

答えは単純明快だった。「国民みんながそう思ったら」だと。


そう、このブログの読者の多くは5類に賛成してくれている。

だから僕の「ひとりも、死なせへん」を応援してくれている。


「死なせへん」の意味とは、「コロナ死」だけではない。

自己破産や自暴自棄や自殺による死も減らすという意味。


僕は、尼崎の下町で低賃金でも一生懸命働いている人たちを知っている。

だからこそ「今すぐ5類に!」と医師免許を賭けて提言しているのだが。


もっとはっきり言えば、経済的困窮で死なせへん!

コロナなんかで死なせへん、のはもはや当然である。


医師免許を賭けても、そうしてもらえないのなら、

賭ける意味もないし、まさに「空論」にすぎない。



今週、再度、国のリーダーに以上の提言するオファーをするが、

衆議院選挙が近いのでまず無理だろうなと、なかば諦めている。


こんな日本の行き先って、どうなるのだろう?


僕はあと10年か20年で死ぬからいいけど、今日生まれた赤ちゃんの将来は?

76年前、国のために命を懸けた人達を思い出し、もう少しふんばらないと。




PS)

コロナチャンネル #518_


新薬誕生のウラで、良い薬が消されていく  →こちら




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

コロナを「5類」にして「イベルメクチン」をコロナ治療薬として正式に認可して使用する!などを公約に掲げる。それを推しているコロナ治療をしている先生と対談する…などをすれば、衆院選当選!するかも〜なーんてね。政治家の皆様には、忙しくても「聞く耳を持つ」!!姿勢を見せていただきたいです。真実を話す政治家、正しいことを実行する政治家は誰か?国民は、これまでと違い、とてもシビアな目で政治家の言動を見ていると思います。期待に応えてくださるだろう方を見極めようと。誰もが、健康でありたいし安心して暮らしたいと思っていると思います。同じことを繰り返さないでいただきたいです。政治家の皆様にお願いしたいことは、間違ったやり方で、これ以上犠牲者を出さないでください。国民の命を守ってください!お願い致します。政治家の方と長尾先生の面会が叶いますように☆彡

Posted by 匿名 at 2021年10月10日 02:39 | 返信

1)国の赤字が増えても気にせずにバンバン国債を発行する
2)国の赤字が凄いのでそんなことをせずに、現状を容認する。
当面は1)が正解だと思います。

現代貨幣理論(MMT)をどう解釈するか、まずは「国債=国の借金=国民が負担」との誤った認識を無くさないといけませんね。
池上某氏の刷り込みによって多くの真面目で従順な国民が緊縮財政に慣れてしまってます。
ワクチン接種の拡大も、日本人のこの国民性があればこそだったのでしょう。

自民党の多くの政治家は財務省の意向に逆らえない。これが異状なのですが。
高市氏の台頭や、しがらみのない若手が育てばまだ未来はありそうな気はします。

立憲民主党も既得権益まみれ、野党第一党のポジションが一番楽で本気で政権獲る気はない。
共産党との共闘やめれないですし。

国民民主党の玉木代表は、MMTを理解して経済政策は一番まともそうです。
高市氏や若手議員と手を取り合って行けたら、まだ日本の未来はありそうです。
ただ玉木氏は論戦に弱いイメージです(笑)

あくまでも個人の感想ですm(__)m

Posted by ジョー at 2021年10月10日 04:33 | 返信

コロナチャンネル「新薬誕生のウラで、良い薬が消されていく」を見ました。

世の中これでまた大騒ぎになるでしょう!

ブログの読者には新しいお話ではありませんが、初めて聞いたた方は驚かれるでしょう。
国会議員の皆様、知事の皆様、政党の幹部のみなさま、どうかこの安価で良い薬を皆が使えるようにしてください。

Posted by ムツミ at 2021年10月10日 05:18 | 返信

新政権がまずやることは感染症ムラ、厚労省医系技官、分科会、JCHOにメスを入れることです。
厚労大臣がなぜか元財務官僚の方が任命されましたね。感染症ムラの不当な汚れたカネの流れをすべて暴いて修正してほしい。
厚労大臣の命令でまずJCHOの病床をすべてコロナ専門に切り替え、医師・看護師も充足させるべきです。そして入院必要な患者はここで確実に受けて早期から治療導入する。決して二度と悲惨な在宅放置死を出さないようにしてほしい。
患者が早期から治療導入できれば、人工呼吸器・エクモでICUを長期占拠する重症化患者も激減するはずです。
新政権は「新自由主義からの脱却」「再分配」を掲げています。これをぜひ実現させてほしいです。
実労働を全くやらない株主だけが儲かり、労働者・技術者に十分な給与が与えられないような社会は崩壊していきます。
働いても働いても我が暮らしが一向に楽にならないような政策では、今後も希望を失った自殺者が激増していくだけです。
コロナで疲弊しきったこの社会で、未だに企業間競争・弱肉強食政策では、血も涙もない国家としか言いようがないです。

Posted by マッドネス at 2021年10月10日 06:46 | 返信

長尾先生、いつも勉強になります。
ひとりも死なせへんも購入して、読み始めています。
昨日10月9日の中日新聞にイベルメクチンの文字があってびっくりしました。
先生のおっしゃる興和の臨床治験を開始するとの
小さい記事でしたが、どこも隠蔽する中で何で出せたんかなと
思いました。
興和が名古屋の会社なようだからか、中日新聞という地方紙だからかな。
でも東海地方の人はほとんどが中日新聞なんですよ。
ワクチン打たなくてもいい、初期治療で治る病気だと
早くみんなが気付く事を願います。
もちろん重症化する人、亡くなる人もいますが、何の病気も
そうですよね。ここ10年で、たくさん30代40代の病気で
亡くなる知り合いを見てきたのもあり、高齢者が
亡くなるのは自然だと思います。

Posted by 虎吉 at 2021年10月10日 06:59 | 返信

長尾先生の勧める5類に変更反対する本当の理由が、イマイチ分かりません。分科会が「そのうちに」と延ばす理由は❔全国の医師の意見は❔何事も賛否両論は伴うけど私利私欲で物事を判断しないで欲しいですね。人の命はリセット出来ないのだから。僻地勤務や自らも癌に侵されながら患者に向き合い診察をする医師には頭が下がります。私の周りにも緩和ケア医として奮闘している医師やボランティアの方が何人かいて本当に尊敬しています。或る医師は医学生時代に「死生学」を教授したアルフォンス・デーケン氏の教えが印象的だったとか。人生の中で、どういう人と出逢うかで生き方が変わる事も実感しています。どうぞ諦めずに国のリーダーとオファーして下さい!政治家にとっては衆議院選挙も大事かも知れないが、今、長尾先生に逢わずに医療問題を先延ばしにしてたら日本は滅びますよと言っても過言じゃない。コロナ感染はもちろんのこと経済的に精神的に不安になってる国民の気持ちを代弁して下さいませ。

Posted by agunes at 2021年10月10日 07:00 | 返信

みんな思ってると思います。
近くの病院で診てもらえたら、治療薬もらえたら、どれだけ安心出来るか。
このまま6波が来たら怖い。
精神的にも生活も苦しい。
先生どうか頑張って5類の声をリーダーに。

Posted by 匿名 at 2021年10月10日 07:40 | 返信

いつも先生のブログは心が温かくなります。
だから毎日楽しみなんです💝
今日も明日もお体に気をつけて頑張って下さい。

Posted by 長尾先生応援部員 at 2021年10月10日 08:04 | 返信

お疲れさまです。
岸田首相がコロナ対応病院を視察・激励とか。
あ〜、何も変わらないな、このまま6波来たらまた自宅放置されそうだなぁ〜とぼんやり思いました。
長尾先生の話を聞けっつーのよ。
人生折り返しを過ぎてから学校の教科書ではなく日本人目線の歴史を知るようになりました。
つくづく思うのが、先人たちの多くはいろんな脅威に晒されながらとにかくこの国を守りこの国が続いていくことを第一に考えていたのだなと思いました。
敗戦後の日本人はGHQ検閲のマスコミ報道・教育により愛国心も失わされ個人主義に染まり、国のことより自分の損得で物事を考える人が圧倒的に多くなったように思います。
自分の利益のためなら日本のことなどどうでもいい。
政治家・官僚・教育者・経済界、日本を動かしていく方たちがこういう状況なのでどうしようもないですね。
就任間もないですが岸田さんには不安しかない。

Posted by はなこ at 2021年10月10日 08:51 | 返信

この掲示板に集う良識ある賢い皆さまにお願いがあります。
皆さんのお知恵を貸してください!

どうしてわたしたちが
ここまで長尾先生を応援したくなるのでしょうか。。

それはご自身の職を賭けてまでわたしたち庶民を助けようと
ムラの悪と闘い続けてくださる
先生の正義感に心を奪われるからだと思います。
まさに悪と闘うスーパーヒーロー。

わたしは
長尾先生の存在自体今年の8月まで全く知りませんでした。
ネットの情報だけを信じ、ムラの悪に洗脳されていた1人です。
当然「イベルメクチン」なんてお薬名を聞いたこともなかったですし、
5類とか2類とか考えたこともなかったです。

そんな人が日本中にまだまだいっぱいいると思います。

今日のブログの内容から気づいたことがあります。
【ある政治家に「5類になる条件とは?」と聞いてみたら
答えは単純明快だった。「国民みんながそう思ったら」だと。】

わたしも絶対これだろうな、、と考えていました。
政治家は票集めのために民意に敏感なんでしょうね!

「ひとりも、死なせへん」を買ってレビューをするのはもちろん、
世論の力で国を動かすことは決して不可能なことではないと思います。

そのために皆さんのお知恵を是非お貸しください。
この掲示板をお借りしてたくさんのご意見やアイデアを
書き込んで頂けましたら嬉しいです。

悪と闘ってくださる長尾先生のお力添えが出来るよう
わたしたちには何が出来るでしょうか?
皆さんで一緒に考えてみませんか?

一人ひとりの力は小さくても
みんなの力を合わせれば絶対5類に出来ると信じています。

「長尾先生をひとりぼっちにはさせへん」
民意の力で5類にしましょう。

一人でもたくさんの方からのご意見をお待ちしています。

(ちなみにわたしは京都市在住の主婦です。)

Posted by イベルマイラブ at 2021年10月10日 08:56 | 返信

こんにちは。

 「国民みんながそう思ったら」。5類のメリットは
正直に言って分かりづらいです。

 わてらの商売、儲かるようになる?
 学校でお友達いっぱいできるかなぁ?
 (ワクチン接種しないと仲間外れ)
 歳出、減る?、などなど。

 無駄な手数が減れば、営業機会が増えるし、
いろんな経験もできるし、支出も減るでしょうけど。
医療業界の言葉や都合で報道されている範疇に
とどまっているように思います。
 協力金や支援金などの歳出がなくとも、営業できる
ための施策としての5類。

 話は変わりまして。
 コロナ後遺症、ワクチン後遺症での倦怠感。
鉄分の不足を疑っております。
 もともとは正常だったのが酸化グラフェンに
ヘモグロビンを奪われている。そう考えています。
 で、酸化グラフェンは大きくなって電磁力をより
もつようになる。細胞には、酸素が届かない。
 接種者の血液を顕微鏡でみた画像と、注射器の
中では電磁力がなかったであろうことを組み合わせての
邪推です。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月10日 09:01 | 返信

昨日の尼崎の感染者の年代が高齢者が1番多いということはワクチン効果切れた高齢者にシフトした事を示すのか。六波は既に始まっており感染者は高齢者中心になるだろう。先生はウィズコロナを選択するようだが間違いだとハッキリ言っておく。科学的観点からゼロコロナでなければ意味がない。後遺症の問題は全年代に降り注ぐからだ。若い世代に後遺症を抱えて生きていけと言うのか?バカバカしい。ふざけるなと言っておく。日本は島国なのでゼロコロナが出来る可能性はいくらでもある。日本は恵まれているのに利権でそうしないのだろう。どうせこのコメントも載せないんだろうね。先生は自分の考えと同じイエスマンが好きなようですので。コロナ患者を診てくれる事は感謝してますが5類だけは絶対に反対だ。

Posted by 尼っ子 at 2021年10月10日 09:03 | 返信

「76年前、国のため命を懸けた人達」! 
関西で「野坂昭如」や「やしきたかじん」を知らない世代も、多くなった。
かたや1930年生まれ、かたや1949年生まれ。かたや「焼け跡闇市派」、かたや「戦争を知らない派」。
「戦争を知らない子どもたち♪」という歌詞を聴いた読者はおられるだろうか。
この「差」は大きい。「深くて暗い河がある♪」!
「76年前、国のために命を懸けた人達」って、だれのこと?
アキヒト?トウジョウ?  沖縄人? 広島長崎県人?
「戦争を知らない世代」とは、つまるところ「日本近代を知らない」ということ。
「戦前76年」と「戦後76年」は、断絶していない。
「国防」って、なに? 尖閣をめぐって「第2次日中戦争」を準備すること?
それとも「北方4島」をめぐって「第4次日露戦争」を準備すること?
「戦争を知らない政治家たち」と「戦争を知らない日本国民」。
「歴史を学ばない政治家たち」と「歴史を学ばない日本国民」。
日中ロの国民みなさん。「戦争に懸ける」自国政府の野望を打ち破ろう!
地球市民として、手を結ぼう!
「ぼくはあと10年か20年で死ぬからいいけど、76年前、国のために殺された人たちを想い出し、
もう少し踏ん張らないと」

Posted by 鍵山いさお at 2021年10月10日 09:05 | 返信

先生 「恋人も濡れる街角」
私の大大好きな歌です。
先生が選曲してくれて 嬉しかったです。

また8日のニコ動で「ブログに賢い人で埋め尽くされてる」先生にそんなふうにお褒め頂いて(私の事ではないかもしれないけど 笑)
先生がこのコメント欄 お忙しい中でも目を通してくださっている事が心から嬉しいです。
先生と繋がっていることが 私の1番の安心です。

政治家の方たちが 見てくださっているなら
どうか 私たち庶民の生の赤裸々な 現場の声を 嘆きを悲しみを不安を どうか他人事とせず 我が身の事として受け止めて頂きたいです。人の命をお金と比べないでください。


私はコロナ禍になって 日本が大っ嫌いになりました。日本ってこんな国だったんだと絶望しました。私がこれまで無知だったのでしょう。知ろうともしなかったのでしょう。
コロナ禍で初めて長尾先生と出会ったことで 気づかせて頂きました。

子供を産んだことを後悔しました 子供たちの未来を思うと こんな国にあなた達を残してごめんね
こんなコロナ禍になる事も思いもせず こんな渦中に 巻き込んでごめんね。
子供を産まなければ私1人が苦しむだけで
終わったのにとまで 考えてしまいました。それくらい日々絶望しました。自殺者が増えて当たり前だと思いました。

そんな真っ暗な気持ちの中
たまたま見たテレビに 長尾先生が出演されてました。
「すがのめくちん」なんて ボケて説明してて ふざけててなんか 変なお医者さんだなぁと
最初は思いました(先生!ごめんなさい)
でもそのあと 先生の事を知れば知るほど 先生の素晴らしさを知って 絶望だった私を救ってくれました。
政治家の方たちに 私たち庶民がどれほど 長尾先生に救れたか このブログの一つ一つのコメントを読んで (ほんとに読んでください!) 長尾先生の素晴らしい存在に気づいてほしいです。
コメント欄に多数ありますが
先生 ご無理をなさらないでください。先生は日本にとって
無くてはならない存在なんです。先生はずっとずっとお元気で いてほしいんです。
先生 体を休めてください。
どうかどうか 先生がいつまでも健康でありますように。

Posted by あずき at 2021年10月10日 09:07 | 返信

今日もブログありがとうございます。

イベルメクチンの承認実現に向け、国民の一人として
声をあげていきたいと思います。

生の声が一番、明日から市役所、県、厚労省に
電話をかけまくります。

Posted by ヨシノ at 2021年10月10日 09:53 | 返信

先生、おはようございます☀
昔はよくタクシーにお世話になりました、友人の旦那さんとこがタクシー会社を経営していましたが大丈夫なのか知らん・・有名なお好み焼きやさんも何店舗か閉店したとテレビで言ってました、みんな友人は引退して代変わりしていますが。格闘家はトラックに乗っています・・
タクシー乗るのも怖いと以前は娘も言ってましたから。ごめんねこれからは又盛大のせてもらいます、運転手さん。
大昔は11時を回ると新地の中にタクシーが入ってこれてお店の人が捕まえてくれる・・そんな世の中に早く戻ってほしいですね。

勤務医の時友人はお金がないお金がないとこぼしていました・・
むつみ様、情報ありがとうございます寝起きに見させていただきました。イベルメクチンパック。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年10月10日 09:54 | 返信

長尾先生のブログとお話、そして先生の歌を毎日とても楽しみにしております。勉強になります。
ワクチンのことなのですが、私は1回目でも副反応が強く出て苦しかったので、2回目は打ちたくないのですが、打たないと十分な抗体がつかないこと以外に健康に良くないことがあるのでしょうか。(あまりにも2回を推奨しているため)
3回目を推奨しているのは、ずっと打ち続けないと健康に良くないことが起こるからでしょうか?コロナもですが、ワクチンについてもわからないことが多くとても不安です。打たなくても打っても不安なワクチン、本当に疲れます。

Posted by 匿名 at 2021年10月10日 09:56 | 返信

     永田町はそんな議論で一杯だった。
     コロナ対策など余り話していない。

これが本当なら絶対に許せない!多くの人を苦しめている感染症対策にきっちりとけじめをつけるべき!
「コロナはブームが終わったから話しのネタにならないよねー。どうせ国民も忘れるよ。」ぐらいの感覚ですか?医療現場を知っているのか?
弱っている患者の傍に居られない家族の気持ちを考えたことがあるのか?
感染症対策を終わらせるとはっきりと言ってください。病院の面会ができるようにしてください。患者と家族の会う自由を奪わないでください。病院のスタッフは「お気持ちは分かりますけど、決まりなので」と言う。感染症対策とゆう言葉はそんなに効力のあるものなのですか?不思議ですね。水戸黄門の印籠のように、みんなひれ伏してしまう。

長尾先生の「ひとりも死なせへん」はもっと深い意味だったのですね。その想いはブログにも生きいて、私はここに書くことで救われています。

Posted by kaoru at 2021年10月10日 10:10 | 返信

いつもありがとうございます。

テレビも衆議院選の話題の時間が増えて、、さらに、外には、人が増えて、、
なんだかな。と思いながら、今日もお仕事しています。

問題、課題を先送りにして、今さえ良ければ、いいさぁ〜♪なんて、思っていたら、
また、たいへんなことが起きてくると思うといいさぁ〜♪なんて、思えない。

なんとかしなきゃね…と思います。

Posted by 宮ちゃん at 2021年10月10日 10:12 | 返信

先生いつもありがとうございます。
選挙が近いからこそ5類にした方が支持率アップ!!
あ、国民の大半がコロナ怖い怖い病やからアカンか(^o^;
歯がゆいわぁーーー!!!

Posted by ざくろ酢 at 2021年10月10日 10:20 | 返信

長尾先生尊敬しています。私達の希望です。
情報が規制されていますが、ワクチン後の死亡や後遺症の情報はネット記事にたまに出ます。しかし、誰も周りは気にしていないか知らない。親が医者でも子どもに打たせている。早く打った家庭を「やるじゃん」なんて発言する子供もいます。理解に苦しみます。医療従事者のがワクチン接種について強い信念、いや疑いもしないのでしょうか。息子が医学部を目指していいのか、ワクチン強要されてしまうのか悩みます。コロナが自滅した事を祈ります。

Posted by ななこ at 2021年10月10日 11:12 | 返信

尼崎の人たちの身体だけじゃなく生活も背負って戦う、長尾先生。
病を診るだけでなく人を診て下さるお医者様だからこそ、応援したくなります。

低賃金労働、お客側は安い方が嬉しいけど、安さの裏には、働きに見合わない賃金で雇われ、
雇用調整に便利よく使われてしまう、非正規の労働者がいることも。規制緩和も良し悪しです。
月末の投票、ぜひ若い世代の人たちにも、一票を投じて欲しいです。

Posted by taco at 2021年10月10日 11:12 | 返信

先生 以前にも コメントしましたけど
先生がワクチン打ったことを誹謗中傷する方たち
呆れますね。先生のニコ動見ながら 唇がワナワナしてしまって すぐさまコメント入れてしまったんですけど(笑)
あとから思い返しても まだフツフツと怒りが湧いてしまいます。
なのでまたコメントしてますね(しつこい 笑)
(先生を攻撃する人が許せません。)
先生が1件1件家を回って 拒否してる人に押さえつけてワクチンを打って回ったなら 誹謗中傷されるべき行動ですけど(ありえへんありえへん 笑)

望む人が 自ら望んで
足を運んで 署名して 理解して受けたのに 任意の希望者のみのワクチンに対して
医療行為として 協力しただけの医師に 怒りの矛先を向けるとはなんとも暇というか 情けないと言うか。
思考力停止してるんでしょうね。
ほかのお医者様のブログにもワクチン接種なんて 通常の医療の時間を割いて 予約を受けて 手間が大変だから 本当はやりたくないと 呟いていた方いました。お医者様は ほんとうに大変なお仕事ですね。

先生がワクチンを打たれた後も 今現在 体調を崩されることなく 精力的に活動されてるお姿が 家族がワクチンを打ってしまった不安が すこし軽減します。

先生 どうかご自愛ください。

Posted by あずき at 2021年10月10日 11:35 | 返信

お疲れ様でございます。この国の国民の資産が凄いので外国資本は狙っています。
最近も政府が保有の郵政の株を売りましたね。そこに預けているおばあさんお爺さん達のお金が狙われてる。日本は外国資本のお得意様に成り下がって言うことを聞かなければならなくなってますね。
これ本当国力が弱ってると先生が以前おっしゃっているけどこう言う事が今まで行われてきてこんな日本になってしまった。何でもかんでも民営化という事はしてはいけないんだと言う事を国民が気づかなければならない。年金だって運用してるけど日本が売られてしまってるのに本当に大丈夫なんかと叫びたい。
年金がだんだん少なくなってきているのも運用という言葉で抜かれていってるように思う。結局年金の運用もうまくいかなくなり、資金がないのでコロナワクチンで早くおばあさんはあの世へ行ってもらいましょうと言う事を企てたようにも感じる。
高齢のおばあさんのコロナワクチンの死者がすごく多い。一部の県知事や市長がバンバンワクチン推し進めるてる状態は異様とも思えた。こんな副作用の酷いワクチンを。それでもいまだに推し進める。異常。えー加減こんな副作用の多いワクチンストップしろと国に詰め寄りたい。

Posted by 匿名 at 2021年10月10日 11:48 | 返信

長尾先生がコメント欄を学校として考えてもよいようなご意見があったので、重要な理解がなされていると思われた過去のmさんのコメントにコメントさせていただきます。

私からのコメントは、

コメント:    として書いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>インフル減少のトリックはPCR検査と医療機関の受診拒否が大きく関係していると思います。
「インフルエンザ累積推計受診者数」は以下のようになっています。


2018-2019 : 1209.9万人
2019-2020 : 728.5万人
2020-2021 : 1.4万人


引用元: インフルエンザ、現行調査で初の流行なし 今シーズン激減したわけは? - ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/202103/310155/


PCR検査は兼ねてよりインフルエンザなども陽性になることは知られています。
それを踏まえ上記の数字を見れば、本来インフル患者の人間がPCR検査によってコロナ患者とされてしまっていることは容易に推察できます。
さらに熱が出た人間を受診拒否する病院が多いとなれば、インフルと診断される数が減るのは当たり前です。


そして私はインフルエンザワクチンも大変疑わしいものであると思っています。


というのも、身近にクルーズ船で働いている人がいるのですが、クルーズ中にインフルエンザワクチンを職域接種したところ、それまで皆健康だったにもかかわらず突然インフルエンザが船内で流行ったらしいです。
クルーズ中の船内で起きた出来事であり、どう考えてもワクチン以外あり得ません。


コメント:専門家でなくても、権威がなくても治験と言う名前が付かなくても、こうした事実があるならば、それはもう治験と同等の価値がある情報です。
世界全体規模での政府やマスコミや大企業による言論統制がなされている現状では、そうした者たちのお抱えの専門家や企業の出してくる支配者側に都合の良いような治験データは逆に信用すべきではないという状況になっています。
今後は、最前線で命がけで人々の安全と幸せを目指しているような人たちが確認して発信する情報でなければ信用できない状況かと思われます。
確信犯で嘘ニュースや嘘データをどんどん出してきていますから、皆さん、本当に情報統制には注意しましょう。
コロナよりも、情報統制の方がはるかに危険です。


>インフルエンザワクチンは不活化ワクチンであり、無毒化されたウイルスを注入しているという話ですが、ではなぜ上記のような問題が起こったのか。
実際に注入されているワクチンが本当に不活化ワクチンなのかどうかは我々には分かりません。
しかも「ワクチンを接種しても発症する場合がある」ということが何故か受け入れられているために、不思議と騒動になることもありません。


最近なぜかインフルワクチンが異常なまでに推進されているらしいですが、この狙いは「インフルワクチンによってインフル患者を増やし、身の回りに体調不良の人間を増やして恐怖を煽り、PCR検査の実施数と陽性率を上げ、さらなるパンデミックによりコロナワクチン・経口型の新薬の推進を行うため」だと私は考えています。

コメント:コロナ騒動の目的は、状況証拠からワクチンを接種するためだと、聡明な多くの人たちは
既に気づいています。
それがお金もうけの利権のためだという意見も多いですが、確かにそうした側面もあるとはいえ、主目的は、ワクチン毒によって人間を遠隔操作し、その命や健康状態や心を操り人形のように支配操作するためであると推測されます。
そうでなければ、これほどまでに大がかりな騒動を捏造する理由がありません。
つまり、人類の恣意的な選別や支配を無理やり実行すると支配層が身勝手に私たちに何の相談もなく決めたのでしょう。長尾先生やその他の良心的な人々に対してすら、そのような身勝手な暴力行為を断行したわけです。
ただ、長尾先生の患者さんは一人も死んでいない……という状況から、私は、この騒動の仕掛け人たちが完全に良心を失ってはいない可能性があると見ています。
長尾先生のような善意で勇気のあるお医者さんの患者を遠隔操作で殺したくないと思っているふしがあるからです。
あくまで、これは仮説です。
しかし、ワクチンで死亡や後遺症が発生する人がいたり、いなかったり……という状況を説明するには、ワクチンが遠隔操作でコントロールできる毒であると仮定しなければ、うまく説明できないのです。
急に、感染者が激減した理由にも、そうした背景があると考えれば、説明がつきます。
つまり、いったん、ワクチンの毒化操作を休止したと考えれば。
新型コロナウイルス感染症とワクチン後遺症の症状が似ていて、しかもその症状が多種多様であるという
理由も、その毒化の程度のコントロールが遠隔操作できるとすれば説明がつきます。
新型コロナウイルスの分離特定ができず、被害者も大量に発生し、PCRの嘘も使えなくなってきたので、コロナワクチンは使いにくくなったので、インフルエンザワクチンやその他のワクチンにその遠隔操作毒を入れればいい……などと考えている可能性が高いと思われます。
よって、今後当分は、ほぼすべてのワクチン類が危険だということになるかと思われます。
そして、実は、その遠隔操作毒は、酸化グラフェンだとも言われていますが、その酸化グラフェンはワクチン以外の食品、飲料品、マスク、下着……その他多くのものに混入されているという話もあり、さらに空から散布しているという話もあるので、ワクチンを打っていない人でもおかしな症状がでる……というのは今まで人類全体にそうした毒成分がこっそりと入れ続けられてきた可能性があると思われます。
つまり、そうした毒類の検査をしなければならないということですね。
体の中の毒成分と食品、水、大気……の毒成分は、死亡者や重篤化している人たちの体を調べればわかると予想されます。
だから、コロナウイルスを探しても、見つからなくて、毒成分を探す必要があるのだと思われます。
そしてその毒成分とは、ワクチンの中に含まれている成分ということになるでしょう。


>正直こんな予想はハズレて欲しいと願いますが、オリンピックと同時にPCR検査の実施数を底上げし、オリンピックの影響というハッタリでパンデミックを演出していることが公的データでも露骨に明らかになっていますし、そもそもCt値次第でどうにでもなります。


コメント:パンデミックは、結局、遠隔操作毒を人類に打つために自作自演で捏造された演劇だったということになると思われます。
そのために、どうしたって一定の数の陽性者が出るPCR検査を使い、それを感染者だと嘘を報道し、人々が自力でその存在をすぐに確認できないコロナウイルスが健康被害の原因だということにし、それがおかしいことを知っている専門家や医師や議員や大統領の口を封じ、言論統制してきた……している……と理解すべきでしょう。
私は、そうした行いを悔い改めてもらうためにこうした理解を提供しています。
この騒動を実行している者たちには、自分たちの正当性を説明する機会がいくらでもあります。
少なくとも、
イベルメクチンのような安全であることがわかっている薬を、叩き続ける限り、不条理な言論統制を続ける限り、良心的な魂たちから自由をはく奪する限り、こうした疑いは晴れません。


新型コロナウイルス 日本国内の感染者数・死者数・重症者数データ|NHK特設サイト
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/


長尾先生が実施しておられる、Ct値を高めにして受診されたい方を皆救うというスタンスは、患者を救うためには致し方ないと思います。
この問題の根本的な解決は、長尾先生も仰っている通り、5類に変更して症状に対して当たり前の治療をすることであり、コロナの有無をPCR検査で判断して、結果次第でまともに治療も受けられない現状が異常です。


私はこのPCR検査のでたらめさと未だにウイルスが単離できていない事実から、現在の自然界に新型コロナウイルスというものは存在しないと思っていますが(人工遺伝子としては存在すると思っています)、コロナ騒動当初から現在に至るまでイベルメクチンがPCR検査の陽性率を下げるものとして有効なことは事実であり、この事実を鑑みるに、恐らくイベルメクチンはインフルにも効きます。

コメント:彼らがワクチンに何でも好きな成分を入れることができる状態である以上、その全成分検査がなされていない以上、急に成分を変えられる可能性もあるので、絶対ではないにしろ、高確率でインフルエンザにも効く可能性が高いですね。


>これからインフルワクチンによってインフルエンザが流行し、いわゆるコロナ患者が増えて長尾先生のクリニックもお忙しくなるかとは思いますが、どうかお体ご自愛下さい。

コメント:ほんとに、ご自愛ください! 

mさん、先生、貴重な情報やご理解やご活動、ありがとうございます。

ここのコメント欄が、「皆に素晴らしい世界の実現」のための良い学校のようになればいいですね。

ちなみに、昔あった、匿名投稿できる ヤフー掲示板も、2チャンネル掲示板も、支配者側勢力に消されてしまいました。
その頃から、こうした騒動を予定して、通信検閲や情報統制を計画してきたのでしょう。
通信の検閲はこれをしてはならない という日本国憲法の条文は、相当前から平気で無視されています。
コロナ騒動の背景には、そうした全人類に対して、友人としてではなく、一方的に支配すべき奴隷や家畜に対するような支配管理を目論む者たちが存在しているということです。
ただ、彼らの中にも、特に中間管理職的な者たちには、良心を完全に失っていない者も一部存在している可能性が高いので、そうした者たちへの説得の意味も含めてコメントを書いています。

私たち魂全員がその気になれば、魂全員が平和的に自治でき、いろいろ無数の平和的な娯楽を無限に楽しめる世界にすることもできるのだということです。
こうした一方的な世界統治は、支配者側にとっても長い目でみれば、明らかな自傷行為、自殺行為です。

皆が救われる方向へ、世界の進路を変えましょう。

Posted by Y at 2021年10月10日 01:10 | 返信

長尾先生、毎日毎日本当にお疲れ様です。
今日のお話、全くその通りだと思います。今に始まった事ではないですが、お偉い様方のやられること考えることは一般庶民からはかけ離れていますね。どこまでも自分優先。確かに、国のトップともなれば諸外国との関係上、否応なくやらねばならんこともあるのでしょう。が、それよりすこーし下の、でもって我々よりはずっと上にいらっしゃる方々はとことん自分優先。死んだらもって行けるんですかね(笑)わかんないから死ぬまではこの世での最高級を求めるのでしょうか?私の仕事は毎日未来の大人たちに勉強を教える仕事。40半ばを超え子ナシなので我が子と思って接しています。彼等に社会科の授業は、道徳の授業は何と教えていったらよいでしょう。何だかなぁの大人たちを見習えとはとても言えません。まぁ、自分自身も何だかなぁなので仕方ないけど。でも、少なくとも他を思いやる心は伝えていかなくてはいけませんね。ナンテ、実は子ども達の方がしっかりしてたりして。見習わなきゃいけないのは自分の方でした(笑)

Posted by 匿名 at 2021年10月10日 01:40 | 返信

https://rumble.com/vng6gp--real-reason-why-covid-19-cases-drop-dramatically-in-japan.html
https://welovetrump.com/2021/10/06/covid-19-cases-plummet-in-japan-read-the-analysis-mainstream-media-wont-tell-you/
ちょっと面白い考察を発見しました。日本のコロナ感染者(PCR陽性なのか実際の感染なのか不明ですが)が減ったのは、9月にイベルメクチンを処方しはじめたから、という分析です。
ワクチンのせいで患者が増えたのは、イスラエルやモンゴルの例を見ればわかるので、これは予想通りでした。
一方、減ったのは、何かごまかしているのか、季節要因かわからずにいたのですが、イベルメクチンとの事です。
イベルメクチンを処方しているのは、先生をはじめとするごく限られたまともな医師だけだと思っていたので、大勢に影響はないと思っていたのですが。
実際には大勢に影響を及ぼすほど、全国的に行われていたのでしょうか?

もし御存知であれば、ブログなり動画なりで取り上げて頂ければ幸いです。

まー全国的にイベルメクチン投与していたのであれば、収まったのも納得できます。
インドやアフリカの例を見るに、とてつもない効果があるようにしか見えませんので。

Posted by 通りすがり at 2021年10月10日 01:48 | 返信

コーワの二重盲検。もしもコロナになったら是非とも参加したいです。
もちろんハズレのプラセボでも構いません。

Posted by 匿名 at 2021年10月10日 02:35 | 返信

長尾先生、ご多忙のなかいつも発信して下さり、ありがとうございます。

是非5類へのお話を国のリーダーにお伝えいただきたいです。
そして先生が仰る様に若い世代に治験のワクチンはいらないです。集団接種会場に空きがあるから若い人どうぞと言っています。
現在、国内でもワクチンを打った人,打っていない人の間に溝がありますね。
この溝を深める様なワクチンパスポートも導入を見合わせていただきたいと思います。
内容的には、日本は海外のような厳しさはないと言われていますが、内閣府の原案には接種者は5人以上の会食を許可する
等あり、溝が深まることは目に見えています。
職場に来られる若いお母さんは第2子を希望するため、ワクチンは打っていませんと。
私も日本の将来を担う宝を守りたいと思います。
現在内閣府がパスポートについて意見を募っているので、こちらに述べようと思います。
先生、リーダーヘ5類へのお話をされる際、若者への圧力やパスポートの中止もお願いしたいと思います。
よろしくお願い致します。

先生の睡眠不足が少しでも解消される事を思っています。
ご自愛ください。

Posted by h.k at 2021年10月10日 02:50 | 返信

長尾先生へ 連日お疲れ様でございます。有難うございます。沢山の素晴らしい薬が消えて行っていたのですね。病院で処方される薬を疑いもなく、問いかける知識もなく戴いて帰る人が殆どだと思います。このようにコロナチャンネルで教えて頂けると、今後新薬が出る時に、これまでの薬より効能が良くなったのか、安全なのかなどを思考できますし、その様なニュースを関心持って聞けると思います、有難うございます。この度のコロナ治療薬については、薬の仕組みが分からないなりに理解しようとしているのと、自分が信用できる研究機関の意見を軸とするようになりました。例えば長尾先生や北里研究所の仰ることを信頼すると言うことです。この度のコロナ過で製薬会社やそれを取巻く利権。人を助けるはずの薬が、人の命より其々の利益、利権を優先する現実を目の当たりにして、憤りを感じました。世界中の人が又元の生活に戻れるように次期総裁には知恵を絞りだして、リーダーシップを取って頂きたく思います。お時間の許す限りお休みくださいませ。応援続けます。

Posted by ちーさん at 2021年10月10日 03:08 | 返信

先生、毎日ありがとうございます。
私の住むところは、今日は真夏の暑さに逆戻り・・・歩くにはちょっとしんどい天気です。

こんな日本の行き先って、どうなるのだろう?
私の息子や甥っ子や姪っ子・・・周りにいる20代の若者の
「こんな日本だから、長生きするより、とりあえず今・・・」という声を聞くたびに
胸が苦しくなり、どうしようもない無力感に襲われ、下手をすると
自分のこれから生きる気力さえ奪われそうになります。
コロナ禍で、そういった傾向が増々ひどくなったように思います。

でも、先生が命を縮めるような過酷で多忙な毎日の中で、こうやって一生懸命発信して下さり
更には、何とか良い方向へ変えていこうと、政府や各方面へ働きかけてくだっさている姿を見ると
弱音を吐いてる場合じゃありませんね。

先日は関東で大きな地震もありました。
今、元気で日常を過ごせることに感謝して、前を向いて、過ごすこと。
私たち大人が希望を捨てていては、若者だって明るい未来を想像できなくなりますよね。

だから、毎日先生のブログとニコニコ動画で元気を貰って、私なりに頑張ります。
400ページの厚い本も読み終えました。
そこに真実があり、先生のぶれない想い、願いがあふれていました。
たくさんの人に読んで欲しいです。

Posted by spring at 2021年10月10日 03:08 | 返信

これもワクチン被害ですね。

政府がやらないといけないのは、公衆衛生、

イベルメクチンがコロナを終息させ、ワクチンが終息できないのは
この無症状感染者のウイルスを消毒できるかどうかね。

だから終息されると、まるでワクチンの出番はないので、デマを流されるの

医者がやらないといけないのは、治療

これがワクチンだよりで、医者の仕事をとって、やるべきことやってないので、経済の二次被害を拡大してます。

Posted by ひゃま at 2021年10月10日 03:21 | 返信

先生今日も更新ありがとうございます。
知れば知るほど、つくづくと闇は深いのだなぁ~と思い知らされます。
利権の為に、人々の経済活動も、心身の健康も、命までもがみすみす奪われていく・・・
そんな事が白昼堂々、世界中のそこかしこで起こっているかと思うと、やり切れないです。

つい最近も、とある芸能人(40代男性)が自分も接種したし、12歳の息子もした、と、SNSでシェアしたら、子供にも打つなんて酷い、とか非難が殺到したらしく、その反応に『ちゃんと家族で話し合ってそう決めた。人の事になんで口出すんだ』と反発しておられました。

『家族』で何を話し合ったのだろうと、その中長期的な影響がまだ分からない治験中の「人体実験」である事、沢山の方がその後後遺症に苦しんでいる事、10代の子も接種後死亡したり(厚生省HPに載ってますね)、後遺症で投稿もままならない子もいたりとか、そういう事もちゃんと子供に親として説明したのだろうか?
連日の打て打て大合唱で、不都合な真実は一切触れないマスコミに、本当に洗脳されてますね。

でもきっとこれもまたこの地球にとっては必要な大掃除かも知れません。
立ち止まって考え、自分で真実に気が付く人たちもいれば、言われるがままに流される人もいる。
それはそれで地球にとっては、必要な自浄作用なのかも知れません。
最近はそう割り切っちゃった方が良いのかも・・・とか思い始めています。

Posted by 雪ん子 at 2021年10月10日 03:59 | 返信

長尾先生へ
 デジタル庁の設立について
国際ジャーナリストの堤未果さんの最新本「デジタルファシズム」に
菅総理が早くに立ち上げたデジタル庁の意味が詳しく書かれています。
その中より、抜粋して
 2021年1月、「グレートリセット」をテーマにコロ禍でオンライン開催されたダボスアジェンダの席で菅総理は日本のポストコロナのビジョンのひとつとして、デジタル改革の実現を宣言している

それは、デジタル化の遅れを取り戻すべくデジタル庁創設をはじめとして、地自体や民間企業も含め官民あげてのデジタル化改革を揚げ、日本も世界に足並み揃えて、グレートリセットをやりますよ、というアピールだった。

また、本の表示には

コロナ禍の裏で、デジタル改革という名のもとに恐るべき「売国ビジネス 」が進んでいるのをご存知だろうか?
アマゾン、グーグル、ファーウェイをはじめ米中巨大テック企業が、行政、金融、教育という、日本の心臓部を狙っている。

デジタル庁、スーパーシティ(改正国家戦略特区)、キャッシュレス化、オンライン教育、マイナンバー…そこから浮かび上がるのは日本が丸ごと外資なに支配されるXデーが、刻々と近づいている現実だ。

果たして私達は「今だけ、金だけ、自分だけ」の強欲ゲームから抜け出すことができるのか?

     以上、堤未果さんの言葉を
紹介しました。

デジタル庁、私は日本に必要だろうか。
とデジタル庁が簡単に総理の一言で設立されたこと、
デジタル庁の目的が明確に国民に説明されただろうか

と疑問です。
コロナとデジタル庁の同時進行に、コロナ問題が単なる感染症問題でないこと感じます。

長尾先生にもぜひ、堤未果さんのこの本を手にしてもらいたいです。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年10月10日 04:00 | 返信

生活のために転職しないといけない状況に追い込まれるのは、本当に辛いことだと思います。
我慢することなく、誰もがやりたいことを実現できる世の中…、早くそうなって欲しいです。

尾身会長は、コロナ騒動を続けたいようですから、
政治を変えるには、国民が気が付いて声を上げるしかないですね。
メディアからの洗脳を解く・気付くには、長尾先生のブログ読者になることが一番です。
最前線の医療現場の声が、一番信頼できます。

私が長尾先生のコロナチャンネルとブログの読者になったのは8月からなので、まだ新米ですが、
あっという間に「コロナ怖い怖い病」から、脱出できました。
今は、過去の「コロナチャンネル」を遡って見ることに夢中です。
YouTubeで、ショパン国際コンクールの中継を見ることにも忙しく、なかなか追い付けません。
時間かかりそうですが、楽しみに取っておきます。

#173 コロナとお金の話。貰えるもんは貰っとこう、同情するなら寄付をしよう。
https://www.youtube.com/watch?v=lpH1f0JrwC0
本の印税を全て寄付された先生…、優しさに感動しました。心から尊敬しています。

Posted by 猫とピアノ at 2021年10月10日 04:15 | 返信

いつもありがとうございます。

テレビも衆議院選の話題の時間が増えて、、さらに、外には、人が増えて、、
なんだかな。と思いながら、今日もお仕事しています。

問題、課題を先送りにして、今さえ良ければ、いいさぁ〜♪なんて、思っていたら、
また、たいへんなことが起きてくると思うといいさぁ〜♪なんて、思えない。

なんとかしなきゃね…と思います。

Posted by 宮ちゃん at 2021年10月10日 04:45 | 返信

このブログを前から読んでいる方は、最初から先生のワクチンへの苦しいお気持ち、行間から受け止めていると思います。言いやすい所への文句の為の文句、お門違いの非難にはびっくりです。心を痛めませんように。いつも、ありがとうございます。

Posted by 原田 at 2021年10月10日 04:55 | 返信

ニコニコ動画観ました。カラオケ観てた時に、娘から「何でおじさんの歌ってるの観てるの??」とつっこまれたので、途中で辞めてしまいましたが(笑)
コーワの治験のニュースを以前見てから、コーワさんにも直接メール送った事あるんです。
治験に参加するにはどうすれば良いのか?って聞きました。
まだその頃は治験をするとの発表のみでしたので、コーワさんからどこで参加できるかの詳しい回答は貰えませんでしたが。
あれから何波過ぎた事でしょうか…ようやく動きだしたのですよね?
地元の企業が世の中の製薬会社を敵に回してでも頑張ってくれるとの事で、
名古屋に生まれ、名古屋で育ち、名古屋で子育てもしている私としましては
コーワさんの力になりたい!と思っています。先生からもそんな名古屋人がいる!ってことを伝えてください!
また協力方法とかわかりましたら、こちらの先生のブログででも、ご紹介いただけたら幸いです!

Posted by 名古屋です!コーワ応援します! at 2021年10月10日 05:07 | 返信

先生こんばんは。
今日の新規東京感染者報告数は60人でした!!
もう収束なのでは?と思います。そもそも収束の条件は何でしょうか…(終息?)
今なら5類にしてもいいと思いますが、なかなか進まないですね。
補助金だよりの病院がこのまま続けたいからなのかな?
当院も当日入院の患者さんには全員PCR検査をし、結果が出るまで隔離。PPE対応、食事はディスポ使用。トイレ付の個室じゃない場合はポータブルを使用している。そこまでする必要あるのか・・・と思いますが、何かあったら。と思うとやめることもできない状況です。現場の看護師さんたちの負担が増えるだけ。今の所、感染者は出ていません。
真面目な方たちはなかなか「やめどき」がわからないのかもしれないです(涙)

Posted by 管理栄養士@東京 at 2021年10月10日 05:51 | 返信

どちらもあるように、色々な人の意見を聞いて思います。高額医療費。カクテル療法は10万以上かかる云々。医療費問題等。ブログで記事にしていただけると幸いです。

Posted by 5類のメリット、デメリット at 2021年10月10日 06:15 | 返信

ワクチン接種者にコロナ発症、重症者が多発するニュース、ワクチンパスポート(接種証明)(を国内向けだけ)廃止のニュースを見て、気を緩めている方も多いかと思いますので、逆方向のネタをご提供します。

リトアニアで導入した接種証明(機会パスポート」を拒否すると、生活する上で様々な機会を失う。医療課介護、銀行、社保の相談への出入りまで制限を受ける。
Covid Pass in Lithuania and throughout Europe:
How recent vaccine mandate laws have upended my family's life
18-Sep-21
https://txti.es/covid-pass/images

Posted by 憂国人 at 2021年10月10日 06:34 | 返信

最近、草刈正雄さんが語る心臓病のCMが気になるのですが、ワクチン接種の後遺症で心臓への負担が取り沙汰される事への予防線のような気がしています。

高齢者施設で接種後に急に老け込んだと感じた看護職員さんの声を聞きます。
私のご近所さんにも、少し老けた?様に見える人が増えているように感じます。

長尾先生の周りでは如何でしょうか?
.

Posted by 神無月 at 2021年10月10日 09:43 | 返信

知っているブロガーさんで、コロナ感染の後遺症に苦しんでいた人がいました。ちょっと歩くと息切れがして、倦怠感がものすごく会社も長い間休んでいました。
ある開業医が「あきらめるというか受け入れるを推奨してますが、中々納得いかずに幸せの青い鳥を探そうとする人も少なくないようです。後遺症、副作用に 良い治療はないです」と書いてたのを読み、その方ともう一人後遺症に悩んでいた人がとてもショックを受けてしまいました。
まだ、後遺症については分からないことが多いのですが、長尾先生をはじめ、立ち向かおうとしているお医者様がたが本当に頑張って良くしてあげようと努力していらっしゃいます。どんどんこれから良い治療法出てくると思います。
その方は良くなってきて今は会社に通っています。長尾先生の後遺症の記事と、動画を勧めたら読んでくださいました。そして

>とても真摯で分かりやすく、患者さんに寄り添った先生ですね。
ニコニコ動画の先生の歌がお上手で切なくて楽しいです。

こう感想を書いてくださいました。自分が褒められたように嬉しかったです。

コロナ後遺症、ワクチン後遺症、どちらも良い治療が出てくると良いですね。
ワクチン後遺症は打った人あたりの頻度は高くないかもしれないのに、どうしてたくさんいる感じなのだろう?考えてみました。

今接種が8000万人として、0.3%の人にワクチン後遺症が出るとすると24万人です。
コロナ感染者が170万人として、コロナ後遺症が5割出て、病院に行くくらいの症状が1割の人に出るとすると17万人です。
分母の違いなのです。
ですから、レアのように思えても接種者が多いと数は増えてきます。感染があまり起こってない国では逆転がある可能性もあるのです。

コロナのことを考える時、かかった人ではという視点と、国民全体での確率は(罹患率×それが起こる確率)という視点では違ってきてしまいます。
私のように家族が感染していたり、コロナ患者を実際にみてる医師の多くは前者の視点になることが多いです。
また、まだ感染していない人は後者の視点になると思います。長尾先生はそちらの見方もできるのです。

やはり感染の拡大状況による、と言えるでしょう。例えば、今全く感染者がいないある県では、今後流行がなければ、未接種でも全く感染せず、接種した人は副反応だけ出るということになってしまいます。
ですからどの程度の感染状況かというのもワクチンのデメリットを考える上で必要ですね。

イベルメクチンは薬価が安い、だから儲けが少なく、製薬会社は儲けが多い新薬を売りたがるんじゃないか?そういうことって他の薬剤でもありそうですね。
経口抗がん剤は、世代があって、ゼローダの一世代前がフルツロン、TS1の一世代前がUFTです。後発のものが効果は増していると思いますが、副作用ももれなく強くなっています。ゼローダは足が痛んで歩きづらくなり、TS1は消化器症状が強くて挫折する人がいます。
がんの手術後の再発予防の時や、再発して長く抗がん剤を使っていく時には、効果はそこそこでも副作用はとにかく軽いものをと望む人がいます。そういう時に、こういう古い抗がん剤は良いのですが、あまり提案する先生いませんよね。薬価も安いから製薬会社もプッシュしません。
UFTは効かないと一度日本で言われて、そんなの使ってるのは日本の恥とまで言う医師がいました。ところが
海外で有効だとわかり、日本で保険薬になったのです。

>ランセット・Lansetという、
極めて信頼性の高い医学雑誌に、
進行胃癌の手術後に、
内服のTS-1やUFTだけで経過を観た患者群と、
パクリタキセルを追加注入した患者群で、
3年後の生存確率に、
統計学的に有意な差は出ていないことが報告されていました。

そのように海外で認められて、返り咲いた日本の薬もあります。
自分の母が乳がんになった時に、手術後ホルモン剤と共に2年間経口抗がん剤を飲んでいました。副作用は全くなく母はあまりの楽さに「これ本当に効くのかねえ?」と疑っているくらいでした。そのせいかよくわかりませんが再発しないで済みました。
最近の乳がん患者のブログなど見ますと、術後、点滴の脱毛のある抗がん剤やってる人も多いです。母の飲んでたような楽な抗がん剤はどこに行ってしまったのでしょう?多分フルツロンだと思います。
古くて安い薬にも良い薬があります。長尾先生、そういうのいっぱい知ってそうだと思います。

イベルメクチンのことでそのことを思い出しました。

Posted by じゅん at 2021年10月10日 11:34 | 返信

 長尾先生、今日もお疲れ様です。
 
 コロナ、本当にイヤにになりますね。イベルメクチン、そんなに効く薬があるのに利権の為に使われないなんて、アホみたいですね。
 
 コロナで失ったものは多いですが、私個人的に得たと思えることが2個あります。まず、自分で調べて考えることがいかに大切かを再確認できたこと、そして長尾先生の存在を知ることが出来たことです。長尾先生を知ったことによって、医療に向き合う姿勢が変わり、健康で長生きできる可能性が増えたと思います。先生はいろいろと本を出されているようなので、今後購入して参考にしていこうと思います。

 なかなか尊敬できる人に出会うことはないですが、長尾先生は尊敬できるし、カッコイイですね。総理大臣になってほしいです。
 
 これからもお体に気をつけて、国民のためになる情報を発信し続けて下さい。

Posted by 匿名 at 2021年10月10日 11:56 | 返信

薬は毒の側面があります。効能とともに副作用もあり、いいところどりはできない。
それはワクチンも同じなのかなと感じます。以前に先生が記事にされていましたけど、
ワクチンと、飛行機事故の確率の例え、わかりやすかったです。
コロナ騒ぎが起きて、現場をみた医者がこれはこれまでの病気と違う。
患者になった人もこれまで経験したことのない。耐え難いという表現。
もう収束と思って、人の流れが動くとまた蔓延するパターン。収束本当に?
収束しつつあるなら、5類は賛成ですが、5類と現在のいいとこどりはできない?
そういう風に臨機応変に組み合わせて、5類に落とせばいいという著名人の意見が一番しっくりきます。
そのまま5類落としは、正直不安が残ります。この不安は杞憂ですか?

Posted by 薬とワクチン at 2021年10月11日 12:44 | 返信

こんばんは。長尾先生のブログと動画を拝見させて頂くのが、コロナ禍の楽しみの一つとなりました。
私は自宅に外国から購入したイベルメクチンを御守りがわりに置いています。
外国から薬を購入するなんて人生はじめての事で、ポチるボタンを押す時に
日本の対応の遅さになんとも失望した事が印象に残っています。
私が購入に至ったのは身内が濃厚接触者扱いになり、ワクチンは未接種、基礎疾患あり、高齢だった為
ひどく心配して、まず自宅の近くの内科や皮膚科にイベルメクチンを処方してもらえるか
10件以上尋ねて見ましたが、どこも処方されておらず、そもそも薬が無いとの事でした。
そこで輸入をはじめて考えましたが、何をどうしたら良いか分からず
とりあえずネットで調べて、納得いくまで説明してくれた業者から
購入することに決めました。
購入の決め手は長尾先生の発信はもちろん、
インド人の一般の方にお話しを伺えた事も決め手となりました。
私はコロナ前から趣味でオンライン英会話をしており、
インドに住むインド人の英語の先生からイベルメクチンについて知ってる事を教えて欲しいと
7.8人の先生に尋ねて見ました。
お住まいの地域によって全く知らない先生もいれば、
ご家族がかかった時にお医者さんが処方してくれて
すぐに治ったと言う話を何人かから聞き、
お医者さんが処方してくれるんだ、インドは何て進んでいるだろうと
愕然としました。
同時に免疫力を上げる薬だと言う事もおっしゃっていました。
それがどういう事かわからなかったのですが、
腸内の環境をよくするから、
善玉菌が働き安くなるのかな?なんて。
インドではイベルメクチンを承認する州、しない州あり、
しない州は弁護団がWHOを訴えたニュースもあるのに、
日本は全国都道府県、右向け右のような政策が
内心気持ち悪いです。
日本ではきっと非国民扱いされるんだろうから
大人しくしているんでしょうね。

別に住む家族で分断しています。
悲しいことです。

Posted by シロ at 2021年10月11日 12:58 | 返信

長尾先生へ
イベルメクチンについての海外の情報です。先生は詳しくご存知かと思いますが有益な情報と思ったので。貼ってみます。動画は削除の可能性があるとの事。
お忙しい中かなりの情報量で申し訳ありません。内容的にこちらのブログでの承認は難しいかな?と思っています。なので承認を希望するものではないです。
https://kamogawakosuke.info/2021/10/10/no-1339%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a0%b1%e9%81%93%e7%ae%a1%e5%88%b6/

Posted by ターニャ at 2021年10月11日 10:03 | 返信

シロさま

>別に住む家族で分断しています。
悲しいことです。

お気持ち大変よくわかります。
うちも去年結婚して遠くに暮らす娘と永らく会えずにいます。
その上、ワクチン接種のことで意見が合わず
分断状態、、悲しいことです。

会って話せば分かり合えることでも
会えないことで何だかギクシャクしてしまいます。

長尾先生に希望の光を見せて頂くことで
いつか又分かり合える日が来る!と
前向きに考えられるようになりました。

わたしも個人輸入でイベルメクチンを
購入しお守りとして置いています。

早期診断、即治療が
一日も早く受けられるようになって欲しいですね!

匿名からシロへの返信 at 2021年10月11日 02:01 | 返信

匿名様 メッセージをありがとうございます!
妹とは同じくワクチンやイベルメクチンの事で捉え方が違っています。
ですが世の中が変わったときに会って何気ないやりとりができると信じています・
今できる範囲で楽しめることを楽しみ、穏やかに毎日を過ごせるとよいですね。

シロから匿名への返信 at 2021年10月12日 04:29 | 返信

私の地元でもコロナ禍でタクシー事業でやめた所があります。ドライバーが高齢化している業界なのでほぼ老後問題ですね。色々転職はするでしょうが老後長生きならそれだけ働かざるを得ないし定年って感じではないですね。私は実家が開業医で親の老老介護があり実家手伝いをしていました。35歳くらいから地元の国公立の実験助手や病院の研究補助もやりましたが、研究費削減や心療内科で通院治療なのが職場でバラされ職歴が長い既婚検査技師から食を奪われ長いですね。地元の国公立は実験補助は高齢だと再雇用も無いし雇用延長が5年期限で若い女性に有利です。家事手伝い歴はありますがピアノや声楽もやり英検が2級でオペラ観賞も趣味ですが、月収9万の大量採用の事務職は育ちが悪い仕事しか出来ない人と合わせてストレスを感じました。派遣登録しても工場しかメール案内が来なかったりしますが、出来るだけ長く仕事をして介護しなければ親の年金も事業年金で取り崩したので少なく働く事は老後土地資産で生きながらえる事になります。実家は手放したくないので通医院してでも働きたいですが大卒を尊敬する方も少なく私の趣味や教養は何だったか感じますね。今は老人ホーム勤務の父の所得で暮らしてますが年金が国民年金では持たないので長い事健康で働かないと行けないですね。婚活の案内も来ますが、リスペクトしてくれる労働者が近所の方や美容師接客業だったりするので50代を超えて結婚もそういう方以外と縁がないし、女性キャリアの悩みは贅沢に見えます。今は健康維持のため努力してますが、yahoo usaのhealth関連の記事を読んで長寿医療の医学知識をネットで得ています。長生きしないと仕事に就けないです。尼崎と大差ないです。

Posted by アルル at 2021年10月14日 11:18 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会