このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

第二のサリドマイド事件

2021年10月11日(月)

総理にはコロナ病床ではなく、ワクチンで亡くなった遺族や

ワクチンで寝たきりになった人々の家を視察して欲しいなあ。

このままでは「第二のサリドマイド事件」になることは確実。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


今日の結論は冒頭に書いたとおり。


「サリドマイド事件」とは。→こちら

まだ解決していない代表的な薬害だ。


抗認知症薬や抗がん剤の薬害被害者もいるが、

サリドマイドは、世界的規模の薬害で有名だ。




では、以下の記事をよく読んでご自身で判断して頂きたい。


【新型コロナワクチン経験談】19歳女子大学生 ワクチン接種で長期的な影響に不安 

大学からの「無言の圧力」に不信感(感染症・予防接種ナビ) - Yahoo!ニュース →こちら


パワハラではないが、「ワクハラ」と「ワクチン差別」が凄い事になっている。

そのストレスでメンタルダウンしたり社会的に脱落してしまった人が沢山いる。



厚労省がワクチン接種後死亡1233事例を報告

前回9.10より78例増加(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース  →こちら


コロナに感染しても「ひとりも死なせへん」けで、ワクチンは死を覚悟して打たないとね。



新型コロナワクチン~副反応の実態が明らかに~(時事通信)

- Yahoo!ニュース →こちら



12歳からのコロナワクチン接種、親たちの不安に専門医の回答は? 

保護者2000人アンケート〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース  →こちら


もはや言葉が見つからない。

医者よ、目を覚ませ!!!



海外に目を向けてみよう。



ワクチン副反応2日間で新たに7327件 死者14人増=韓国(聯合ニュース) Yahoo!ニュース  →こちら


韓国でワクチン接種が始まった2月26日以降、副反応とみられる事例の報告は計29万4269件となった。



「政府を信じて接種したが無責任」...ワクチン副反応被害者家族、

国政監査で糾弾=韓国(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース  →こちら


この日、白宗憲(ペク・ジョンホン)国民の力議員は「疾病管理庁の統計によると、

新型コロナワクチン接種後に発生した死亡および重症申告1586件のうち7件のみ

因果性が認められた」とし「政府はあまりにも閉鎖的にしている」と指摘した。



新型コロナワクチン未接種530万人、接種を拒否する理由は?

「副反応の方が怖い」=韓国報道(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース →こちら



以下はロイター通信。

欧州当局、アストラ製ワクチン副反応にギラン・バレー症候群追加 | Reuters  →こちら



北欧 若者のモデルナワクチン接種を中断 心筋炎などのおそれ

新型コロナ ワクチン(世界) | NHKニュース →こちら



やっと、ニュースに出るようになってきた。

それだけでも、一歩前進だ。

考えることができるからね。




ここで日本に戻って。

公的補償の現状は?




ワクチン接種後に体調不良が続いた場合、どんな補償が受けられる?

(ファイナンシャルフィールド) - Yahoo!ニュース  →こちら


と言ってるけど、死んでお金はまだ一人も払われておらず、全員因果関係不明。



というわけで、テレビのエライ先生は判で押したように

メリットとデメリット、というけども、結論は出ている。



第二のサリドマイド事件。

善は急げ。




PS)

コロナチャンネル #519_


この冬、インフルエンザが流行したほうがうまくいく?  →こちら



昨夜も10年診た患者さんのお看取り。

その後、写真撮影会に。


今夜も、2人の看取り往診があった。

今夜も大写真撮影会になり、大宴会。

猫たちはその人が死ぬ前から涙を流していた。(本当の話です)




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

今日もお疲れ様でございます。

今年もインフルは南半球で流行ってなかったので日本でも流行らないとか、去年はPCRがインフルウィルスも拾っててコロナと診断されてたとか、コロナワクチンを打ってる場合インフル(ワクチン)でADEが発生するとか、ウィルスの増殖を阻害するイベルメクチンがインフルにも効くのではとか。

これまた色んな話があります。
やはり自己判断するしかないのでしょうか…。とりあえず自己免疫高める努力しときます!

先生、毎日のブログ&動画とても楽しみにしています。
ただ先生のお体が心配にもなります。
本業だけでもお忙しいのに、多方面でご活躍されており、更に深夜にブログ更新。
少しぐらいお休みされても、誰も文句を言ったりしませんよ!
きっと、先生への思いで更にコメント欄も活性化され、良い勉強の場になるかもしれません。(^^)
先生の今後のご活躍を願う人々の為にも、お身体大事になさって下さいね。
このブログや替え歌が気分転換になっておられるのなら、また話は別ですが。(笑)

ともかく、先生には感謝の気持ちしかありません。
いつもありがとうございます!!

Posted by うずまさ at 2021年10月11日 01:59 | 返信

先生、いつもありがとうございます。
子供に接種、親たちの不安アンケートの記事のこの医師、テレビにもよく出てますがこの記事同様、ワクチンパスポートの件だけまともな事を言ってるように思います。
それまでは子供もメリットが多い、打て打て!言うてるのに、修学旅行云々の話になったら、子供はコロナで重症化しないから打たんでええ、周りの大人が打てばええ。とまともな事を言うて支離滅裂です(*_*)

救済制度に関しても、どうせ因果関係認められないだろう…とかではなく、死んだり、障害残ったら金もらってもしゃあないやろ!!!と思います。

とにかく自分でよく考えてしっかりしないとダメですね。
私は子供に一滴もコレを体に入れさせたくないので、この先ワクハラに遭うような事が起こらないかだけが恐ろしくて仕方ありません。コロナには全然恐れていません。
先生、この世の中どうにかなりませんか!?

Posted by ざくろ酢 at 2021年10月11日 02:00 | 返信

内閣官房で意見を募集しています。匿名で送れます。
「ワクチン・検査パッケージや技術実証に関する
ご意見について」
https://corona.go.jp/package/form/

Posted by 匿名 at 2021年10月11日 02:02 | 返信

 
mRNAワクチンはすぐに分解されるのか?
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n76b19abaa360
 
これを見ると、スパイクタンパクによる抗体の誘導が長期間続き、接種4週間後よりも9週間後の方が抗体価が上がっているのが分かります。普通に考えると、スパイクタンパクに対する抗体はスパイクタンパクを攻撃するので、抗体ができるほどスパイクタンパクの量は減少していくはずです。にも関わらず4週間と比べて9週間後の方が抗体量が増えているという事は、免疫刺激を与えているスパイクタンパクは9週間後でも十分量が残っていると考えられるという事です。つまり9週間以上の長期間にわたってスパイクタンパクが作り続けられており、その鋳型となるmRNAもその間残っている可能性があるという事です。
 
 
 
ブレーキの無いRNAワクチン
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n3111d6b3b0e0
 
そしてアミノ酸配列からはスパイクタンパクの毒性を取り除くための工夫の跡は見られません。これは驚くべき事なのですが、確かに「毒性の高いタンパクの遺伝子から毒性を取り除かず、ほぼそのままの状態のものを体内に投入している」という事です。この点においてはファイザーもモデルナも同様です。
 
そして更なる問題は「セーフティガードに当たる構造が見当たらない」という事です。タンパクの生産は自動で開始しますが、その生産を止めるためのスイッチが見当たりません。また、ゲノムに挿入された場合にゲノムから切り出すための工夫も見当たりません。
 
確率がどれくらいなのかはっきりとは分かりませんが、RNAが逆転写されてゲノムに挿入される事はあり得ます。しかしながら、ゲノムから切り出すための組換えシグナルに当たるものが見当たらないのです。
 
mRNAワクチンがどれだけの期間分解されずに体内に留まるか。それははっきりとは分かっていませんし、個人差があると考えられます。長期間mRNAワクチンが働き大量のスパイクタンパクを生産し続ける可能性が指摘されています。では後から体内でその生産をストップさせるにはどうしたら良いか。その方法はおそらく現時点では存在しません。
 
スパイクタンパクは毒性の高いタンパクであり、例えば血管内皮細胞を障害することで血栓の原因となる事が知られています。
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 02:14 | 返信

 
韓国で20代に続発しているクロイツフェルト・ヤコブ病の報道から、若者ばかりがプリオン病になる理由を…。それと共に「遺伝子への組み込み」は何年も前からの懸念だったこと
https://indeep.jp/why-only-young-people-get-prion-disease/
 
問題は、この記事の後半にある以下の部分でした。
 
> 主に60代以上から発病すると言われているが、最近では変異種CJDが20代の間で頻繁に見つかるようになった。約220件の変異種CJDのほとんどが20代だった。
 
この「ほとんど」というのがどの程度かわからないですが、少なくとも、最近になって、20代のクロイツフェルト・ヤコブ病が 200件以上も見出されているということのようなんです。
 
一般的なクロイツフェルト・ヤコブ病の場合、難病情報センターによれば、「年間 100万人におよそ 1人」ということで、さらに「平均発症年齢は 68歳です」とありますので、普通だと、二十代などで、こんな数でこの病気になるということは、あまり考えられないことのような気もするのですが、どうしても以下の過去記事を思い出してしまいます。4月の記事です。
 
二つの衝撃 : mRNAコロナワクチンとプリオン病に関する論文の続報…
投稿日:2021年4月13日
 
以下の論文をご紹介したものです。
 
COVID-19 RNA Based Vaccines and the Risk of Prion Disease
RNAベースの新型コロナウイルスワクチンとプリオン病のリスク
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 02:16 | 返信

 
コロナの長期後遺症の原因が「日本人のほぼ100%が持っている」休眠中のウイルスが「再活性化する」ことによるという米国と中国の論文から見える、やや暗い未来。何か手立ては?
https://indeep.jp/god-save-all-the-babies/
 
この長期の後遺症の「原因」については、今までよくわかっていませんでした。
 
私自身は、「残存したスパイクタンパク質の影響なのかなあ」とか思っていましたけれど、どうもそれだけでは釈然としない部分があり(長期の副作用は、いわゆるスパイクタンパク質の害とは症状がやや異なる傾向があるため)、不明な部分だったのですが、最近、アメリカの専門家チームと、中国の専門家たちから出された論文は、それぞれ、
 
「同じこと」
 
を突き止めたものでした。
 
アメリカの研究は、長期の後遺症について、中国の研究は、重症化についてを調べたものです。
 
これらの内容からは、後遺症の全部ではないにしても、そのかなりの部分で、そのことが関係している可能性が高いです。
 
それと関係しているのは、
 
「エプスタイン・バール・ウイルス」
 
というもので、聞き慣れないものですが、実は、私たち日本人のほぼ全員が体内に持っているウイルスです。ふだんは何の悪さもしない常在的なウイルスです。
 
ここから少しご紹介します。
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 02:18 | 返信

 
新型コロナ ワクチンを「打たない」と決めた人々の理由とは
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e9ab65488bd8f6f19bed566a315960abb6cd80a?page=5
 
 薬害に詳しい研究者は、このワクチンをどう評価しているのか。東京理科大学薬学部准教授で厚生労働省医薬品等行政評価・監視委員会委員を務める佐藤嗣道さん(58才)が解説する。
 
 「単純にワクチン接種後の死亡者の数を接種人数で割ると、約5万人に1人となります。その中には、相当程度ワクチン接種が原因のかたが含まれているでしょう。さらには、厚労省に報告されていない事例も、かなりの数があると思われます。なぜなら、報告は医師や医療機関の判断によりますし、現実に接種後に亡くなっても報告してくれないと訴える遺族の声があるからです。そういったことを鑑みれば、接種後の死亡事例は、報告されている数の10倍ぐらいあっても不思議ではない。もしかすると、1万人に1人、5000人に1人の割合で亡くなる可能性まで視野に入れておく必要がある。
 
 薬剤疫学の専門家である一方、佐藤さんは「サリドマイド」という成分が入った睡眠薬や胃腸薬で起きた薬害被害の当事者でもある。母親がのんだ薬が原因で生じた手の障害は、生まれたときのままいまも変わらない。
 
 「動物実験では、ネズミにサリドマイドを大量にのませても死にませんでした。そのため、ヒトにも安全だろうと思い込んだことが一因です。そのうえ、レンツ博士が警鐘を鳴らし、ヨーロッパで販売中止になっても、日本のマスコミはそれをほとんど報道しなかった。
 
 むしろ当初は、『サリドマイドによって胎児に重大な奇形が起こるのは考えにくい』といった専門家のコメントを載せていたのです。
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 02:29 | 返信

先生はワクチン接種否定派になられたということでしょうか?沢山打ってきたので、それはある程度自信をもたれてした医療行為と思ってたのですが

Posted by よくわかりませんが、、、 at 2021年10月11日 02:35 | 返信

 
異常な超過死亡とその原因 ~人口動態統計の分析~
https://note.com/info_shinkoro/n/nc9b6eed433de
 
厚労省が発表している人口動態統計に基づいて,2021年4, 5月の超過死亡をそれぞれ3,169人,5,628人と算出し,国立感染研の分析と比較します.
  
厚労省は7月27日に,今年5月分の人口動態統計速報を公表しました.
 
特に5月は,昨年に比べて1万人以上死者数が多く,118,634人という数字です.
 
注目してほしいのは,2021年4, 5月の死亡数だけ,過去の傾向から予測されるよりも異常に大きい点です.
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 02:38 | 返信

 
報告医「ワクチンと死亡に因果関係あり&他要因の可能性なし」→ 厚労省「評価不能」【26件の事例】
https://note.com/info_shinkoro/n/nc0f763ea410d
 
この点に関しては,厚労省の第4回医薬品等行政評価・監視委員会において,委員長代理である佐藤嗣道准教授(東京理科大学薬学部)が,次のような重要な指摘をしています.
 
「通常、医薬品とその何かの有害事象との因果関係を判断するアルゴリズムとしては、例えばWHOが提唱しているアルゴリズムなどがあるわけですけれども、そこでは例えばpossibleですね。可能性ありというように判断する場合には、他の要因による基礎疾患による可能性があったとしても、恐らくそちらのほうが可能性は高いだろうという積極的な判断がなされない限りはpossibleになるのです。他の基礎疾患がなくて薬以外になかなかはっきりした要因が考えにくい場合にはprobable、あるいはdefiniteというところに判定されるわけですけれども、そのWHOのアルゴリズムに従うと、私は評価不能というよりはpossible、可能性ありというところの判断になる症例が多いのではないかなというように個別に公表された資料に基づいてだけですが、そういうようには私からは見えるわけですね。これはそういう私、薬剤疫学を専門にやっておりますし、医薬品の副作用の個別の症例の評価についてもそれなりにやってきたという自負は持っていますので、そういう立場から申し上げるのですが、それがほとんどの例が評価不能というようになっているというのは相当な疑問を抱いています。少なくとも可能性が否定できないというところに当たる。その可能性をprobableというように積極的に因果関係を認めるというところにはなかなかいかないかもしれませんけれども、少なくもpossibleということはほとんどの例について言えるのではないかというように思っております。」
 
佐藤嗣道氏は,サリドマイド薬害事件の実態調査で知られる薬害研究の第一人者であり,以下は厚労省が公開している委員選考理由からの抜粋です.
 
以上を踏まえて,議事録を読み返してみましょう.佐藤嗣道氏は「厚労省への死亡報告事例のほとんどは,少なくとも possible に該当する」と指摘しており,これはつまり「ほとんどの死亡事例はワクチンと因果関係があり,評価分類は実際には γ でなく α 」ということを意味します.
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 02:49 | 返信

 
どうしてコロナワクチンで血栓が出来るのか
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n8ad86f655e3c
 
血栓とは血管内にできる凝血塊です。血栓によって血管が詰まれば、その場所から先に栄養分、酸素の運搬ができなくなります。例えば血栓が心臓の血管で起これば心筋梗塞を、脳の血管で起これば脳梗塞を引き起こすかもしれません。命に関わる病気であり、また助かっても後遺症に苦しむかもしれません。
 
血栓はコロナワクチンの副作用として既に問題になっています。では、どうしてワクチンが血栓を起こすのでしょう。
 
コロナウィルスはACE2を標的にして感染し、感染した肺のACE2レベルを低下させる事で肺傷害を促進します。ソーク研究所の研究で、スパイクタンパクを発現する擬似ウィルスを作成しハムスターに気管内投与しました。ウィルス感染時と同様にACE2レベルを低下させ、肺と動脈に損傷が生じたそうです。肺動脈の内皮細胞にも炎症が見られました。コロナウィルスは肺、血管に障害を与えますが、スパイクタンパク単独でも同様の害があるようです。
 
コロナウィルスは神経症状 (頭痛、吐き気、めまい) を起こしますが、同様のことがワクチンの副反応としても報告されています。ACE2は前頭葉皮質のさまざまな血管にも発現している事、スパイクタンパクが脳血液関門を超えられる事を考えると、コロナワクチンの遺伝子から作られたスパイクタンパク質が脳内皮細胞に炎症反応を引き起こしている可能性があるわけです。
 
整理すると、コロナウィルスは血栓を起こし、肺や心臓、脳にも障害を起こす事があります。実は血栓を起こすにはウィルスは必要ではなくて、スパイクタンパク単独でも同様の障害を起こしてしまうという事が分かってきました。ウィルスが犯人だと思っていたら、実はワクチンにも使われるスパイクタンパクが犯人だったのです。
 
コロナワクチンを接種した方の体内でそういった反応が起こっているわけです。スパイクタンパクが生産されている期間がどのくらいなのかは個人差があるでしょう。また作られた後すぐに分解されるとも限らないでしょう。通常のワクチンでは、ワクチンとして接種された抗原は減っていく一方です。それに対して、遺伝子ワクチンでは接種後に抗原は増えていき、いつまで残るかも分からないのです。
 
血栓はワクチンを打った後すぐに出来るとは限りません。血栓の出来やすさは個人差や体調、他の病気との兼ね合いによっても変わってくると考えられます。飛行機搭乗中や登山の際など、気圧の変化といった外的要因にも影響を受けるかもしれません。そういう状況下ではすぐに病院にも行けません。スパイクタンパクがいつ血栓を起こすか、時限爆弾を抱えているようなものなのです。
 
つまり「ウィルスに感染するのが怖いので、ウィルスの遺伝子を体に入れて、ウィルスの毒性タンパクを自分の体内で量産させてみよう!さて、どうなるか?」という実験です。理解に苦しみます。けれどもいま世界中でやっているのはそういう事なのです。いずれにせよ現在は治験の真っ最中という事ですね。
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 03:02 | 返信

 
猫とネズミ
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n0318e8316565
 
「実験でワクチンを接種された猫が死亡したという話はデマだ。」「猫が実験動物に使われる事などない。」「猫ではなくてネズミに違いない。」「ネズミだとしたら2年以内に死ぬのは当たり前だ、そもそもネズミの寿命は2年程度しかないんだから。」等といった猫とネズミに関する話をこのところ何度か耳にしましたので、今回はその事について取り上げようと思います。
 
デマではありませんよ。良い研究がいくつもありますので紹介させていただきますね。
 
実際に人間の病気の研究モデルになる動物はネズミ (マウス) などが多いのですが、猫は人間にとっては犬と並ぶ代表的な愛玩動物ですので、例えば獣医師にとっても猫の病気の理解や治療法は重要です。そういった理由からも猫の病気に興味を持って研究している研究者も多いのです。
 
コロナウィルス感染後、対称群は3匹が約1ヶ月で死亡しましたが、400日以上生存した猫が40% (5匹中2匹)。それに対し、スパイクタンパクのワクチンを接種した猫はコロナウィルス感染後に5匹全員が死亡。しかも重症化であっという間に死亡。感染後7〜9日しか生きられませんでした。
 
ちなみに実験でよく使われるマウスの寿命は2〜3年程度ですが、ハダカデバネズミの寿命は15年以上です。飼育下では40年近く生きている個体も。そして癌に耐性で、めったに癌になりません。
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 03:15 | 返信

 
https://indeep.jp/why-only-young-people-get-prion-disease/
 
また、最近知ったいくつかの日本の過去の公式文書で、今ではデマ等と呼ばれているほぼすべてのことが、「遺伝子治療の懸念」として正確に示されていることも最近知りました。
 
たとえば、「ワクチンが他人にうつる」つまり「排出と伝播」についてなども、数年前の資料などでも十分に示されています。
 
そして、これらでわかることは「日本の専門家の少なくとも一部は、今起きていること、そしてこれから起きること」をすべて知っていたということが、ある程度の事実なのかもしれません。
 
2017年の厚生労働行政推進調査事業の資料に、以下の部分を見つけました。
 
この厚生労働行政推進調査事業の資料には、「 ICH 見解「生殖 細胞への遺伝子治療用ベクターの意図しない組み込みリスクに対応するための基本的な考え方」について」という平成27年の資料を「参考にしなさい」とあります。
 
平成27年は、2015年です。
 
ここには「排出と伝染」について以下のように書かれています。
shedding / シェディングという単語も出ています。
 
増殖性ウイルス/ベクターは患者体内に長期間存続するおそれがあり、量も増える可能性がある。従って、排出の可能性は増殖性ウイルス/ベクターでより高く、伝播の可能性もより大きいことになる。
 
要するに、こういうようなものは、
 「特に排出と伝播に注意しなければならない」
と。
そう 2015年にはすでに提言されていたのですね。
日本で。
 
これらのことがすべて該当するコロナワクチンは、こういう点は、承認時にまったく考慮されなかったどころか、今では「ワクチンが他人にうつる」などといったら、「デマ」と言われてしまいます。
 
さらに、ICHの「 2006年10月25日」という日付けのある資料も知りました。
15年前の資料です。
 生殖細胞への遺伝子治療用ベクターの意図しない組み込みリスクに対応するための基本的な考え方について
というタイトルのものです。
つまり、遺伝子治療の、今だと遺伝子ワクチンの組換え遺伝子が、
「その人のゲノムに組み込まれる可能性」
が書かれています。
その懸念についての内容です。
 
「あー 15年前からこんなことはわかってたんだ……」
と思いました。
すなわち、
> 導入遺伝子の染色体への組み込みは、一般に組み込み能があるとは考えられていないベクターでも低頻度とはいえ起こりうることである。
とか、
> 生殖組織においては、可能性は低いものの生殖細胞が改変されるおそれがあり、特に懸念されるものである。
とか、
> 染色体への組み込みが起こると、正常な遺伝子構造を修飾したり遺伝子発現を妨害、誘発する遺伝子の再配列や挿入変異が起こる可能性がある。
などをです。
 

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 03:41 | 返信

曾祖母は日清・日露戦争、第一次世界大戦、スペイン風邪、第二次世界大戦という激動の荒波を乗り越えての、百近くでのまさにピンピンコロリでした。。
 
それに比べれば(少なくとも表向きは)随分と平和で豊かな世の中になった筈なのに、何故にこうもおかしなことになっているのでしょうか・・・?。。
 
小松左京の「日本沈没」、子供の頃、漫画本で見て、腰を抜かすほど衝撃的だった記憶が、その後、阪神淡路大震災、東日本大震災と、それに近いような出来事が続き、リメイク版ドラマでの政府関係者の様子は、新コロ対応のそれを揶揄してるようにも見えないこともありませぬ。。
 
(いろいろとコピペを貼らせて頂きましたが、)演繹的vs.帰納的とアプローチこそ対極的ですが、(引用&リンクフリーとのことで)荒川央 (あらかわ ひろし) 先生などを引っ張ってみました。。
https://www.akiradeveloper.com/post/covnavi-gomi/
 
(新コロ関連の反ワクネタは(傘下YouTubeのバンだけでなく)本家Googleでもステルス化されてしまうことがままあるようで、duckduckgoを使った方がベターとか、変なことになっておりまする。。(長尾先生のブログが更新されてなかったりしたら『もしや酸化グラフェンに5Gを照射されたのでは?』なんてビクビクしてみたり・・・(嘘)w))

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 04:36 | 返信

えっ?猫が?…す、すごい。そうなんですね。猫あんまり好きじゃなかったけど。貴重な本当のお話。いつもありがとうございます。今日も頑張れます。

Posted by 匿名 at 2021年10月11日 05:26 | 返信

それ、ほんとなんですか?
にわかには信じられないですが、周りには誰一人そんな人はいず、主治医も含めて聞いたことはありません。

もっと具体的なデータを出してくれないと、抽象的すぎて、皆さんを怖がらせるだけだと思いますよ。

Posted by リカ at 2021年10月11日 05:26 | 返信

トルコのテレビ番組「ワクチン接種後の妊婦から生まれた奇形の赤ちゃん」
https://rumble.com/vnh6dt-39432593.html
 
■この奇形児は?■トルコの医師公開!ワクチンではない遺伝子組み換え注射!
https://note.com/provida0012/n/n43643c54ed05
 
コロナワクチン接種により、片目の赤ちゃん、尻尾のある赤ちゃん、4足3腕の赤ちゃんが産まれています
https://ameblo.jp/sayao/entry-12702247782.html

Posted by 匿名3号 at 2021年10月11日 05:30 | 返信

連投失礼します。

>2021年09月20日(月)
8月18日は、当院における接種を終えた日。
僕自身も2回目の接種を終えた日でもある。
それから丁度、1ケ月が経過したのが昨日。
この1ケ月間、死なないようによく寝るように気をつけた。
接種後1ケ月間は要注意だと、毎日、自分に言い聞かせた。
その甲斐あって、死ななかった。
そしてなによりも、約3000人の接種者の中から、犠牲者が
出ないか、この1ケ月間、ドキドキしながら過ごしてきた。
でも、、一人も死なへんかった。


9月20日は上のようなことを仰ってましたが、この3000人の中から、ワクチン被害者が出たということですよね?
そんな危険なワクチンを3000人にも接種されたんですか?
それとも、8月18日までは一人も被害者が出ず、それから1ヶ月間は何事もなく、その後、突然バタバタ倒れたってことですよね。非常に不思議な話です。

Posted by リカ at 2021年10月11日 05:45 | 返信

韓国ではデモなど国民レベルの反対運動が起こっていますね。フランスなど欧州各国、米国でも同じです。
ワクチンパスポートを推進しようとする、ワクチンファシズムの政府への反対運動です。これが民主主義です。
国民が大本営の流すワクチンプロパガンダに情報支配され誰も抵抗しない、日本は民主主義は完全に死んでいると言える。
mRNAワクチンは期間限定で有効のようだが、効果はすぐ切れるので年に2~3回ずっと接種しなければならない。
動物実験では7~8回で全例死亡したワクチンなので、人体実験だと回数打てば打つほど死者が増えるのは明らかです。
短期的には心筋炎や出血性脳卒中、長期的には免疫に関与したガン、膠原病など様々な病気が続々と発生していくでしょう。
最初は見切り発車で仕方なかったかもしれないが、ここまで世界中のファクト情報(決してデマではない)が多数出ている状況でmRNAワクチン接種を受ける人はただの情報弱者と言っても過言ではないでしょう。何故なら任意接種なのですから。
これは毎年打っていたインフル不活化ワクチンとはまったく別物であるという事を知らないといけないですね。

Posted by マッドネス at 2021年10月11日 05:53 | 返信

死亡者だけでも、世界的には、良くて数千万人(これは計算より確実です)、悪ければ数十億人となるでしょう。なので、サリドマイド事件などとは規模が違います。

半ば強要された人や知識のない小学生以下や判断能力のない知的障害~や認知~は、被害者ですが、
自ら望んで接種した人間は、シェディング(有毒のSタンパクをばら撒く)加害者です。
シェディング(という言葉の定義から外れるとしても)はファイザー計画書にも記載されており、
・遺伝子ワクチンは、短期間で感染時の100倍Sタンパクを作る。
・当然、接種者の体液や呼気からは、Sタンパクが感染者よりも極端に多く出る。
・このSタンパク自体が有毒である
という3つの事実からも、シェディングはありえるという結論になります。
実害も多数報告されています。接種者の「独特の臭い」の報告や、報告された症状に一定の傾向がある事より、シェディングによる被害と判断します。

勿論、騙した側は処刑に値するでしょうが、今回のは騙される側にも問題があります。
死亡率の低い病気で、それより危険な(遺伝子ワクチンと聞いて、こう判断するのが普通)ワクチンを打つなどありえないでしょう。脳の回路がどこかおかしいのではないでしょうか?
mRNAだのDNAだのを人体に打ち込んで無事で済むはずはないでしょう。その程度の考えになぜ至らないのか?
イベルメクチンも素晴らしいですが、バカにつける薬を先に開発した方が、死者は少なかったでしょう。

以上、辛辣な言い方をしましたが、シェディングに苦しんでいる人を身近で見ているので。

Posted by 通りすがり at 2021年10月11日 06:08 | 返信

長尾先生へ
 私の自己免疫力アップの健康法の一つです。
https://profile.ameba.jp/ameba/cafe500-nagasawa

Posted by むつみ at 2021年10月11日 06:59 | 返信

長尾先生へ
 コロナワクチン接種は、始める前から、
製薬会社は責任をとらない。
接種した国が行う。これを前提にしている以上、補償は不可能かと。
国も責任のとりようがないやり方で接種しています。

何も知らされず、接種が進んだ結果でしかなく、本当に本当に無責任なワクチン接種です。

イベルメクチンの仲間?になりえませんかね。
小柳津先生の○○○○○○。
ぜひ、長尾先生に見て頂きたいです。
https://profile.ameba.jp/ameba/cafe500-nagasawa
小柳津先生のブログです。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年10月11日 07:22 | 返信

先生、おはようございます☁

私インフルエンザワクチン打ちません、元々打っていませんでしたから昨年と10年前のホノルルマラソンに参加のため、その前は義務教育の時泣く泣くです。決めました・・娘にも話します。
サリドマイド事件・・記憶にある事件です、読んで涙が溢れました。今は特に子供にかかわる話には真剣に勉強したくなります。
今朝も沢山お勉強になりました。またあとで読みます。お昼はにこちゃん動画一緒に歌い、その次皆様のコメント欄・・その狭間に韓流ドラマ、ウオーキング&ジョギング・・💦です。長尾先生。そうしてコメントで色々教えてくださっているみなさんありがとうございます。昨日のコメント欄も面白かったです。
猫ちゃんあの映画にチラッと映っていた猫ちゃんでしょうか?「ええねん先生の顔見たら治るねん」。

まだ私歯も磨いていません・・💦

先生・・素敵な一日を。皆様も。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年10月11日 08:02 | 返信

こんにちは。

 猫は賢いですね。きっと、あの世とこの世を
行き来できるのでしょう。聖霊を宿している?

 善は急げということで、3回目の接種。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_21217.html
 11月1日には、配送量が確定するのかな?と
思いました。

以上です。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月11日 08:34 | 返信

先生、今日も更新ありがとうございます。
サリドマイド・・・その音を耳にするだけで、全身が縮み上がる思いです。
私自身は少しだけ若いですが、ほぼ同世代ですので、他人事とは思えません。

そして今回の「ワク」の問題は、1972年以来、練りに練った全人類〇〇計画を着々と進めて来て、満を持しての最終目的への第一歩の手段なのだなと、この不自然な「ワク推し」に、その闇の深さを思い知らされています。種苗法改正(改悪)ごり押しと言い、私達は今、全方位から命を狙われているのですね。

本当に自己防衛しかありませんね。出来る限りのデトックスをして、太陽の日差しを浴びて、自分の足で歩いて歩いて、マスクを外して、深呼吸で乗り切りまぁ~す。

Posted by 雪ん子 at 2021年10月11日 08:49 | 返信

今日も母に会えない。
母は2016年に間質性肺炎と診断。ここまで現状維持で過ごしてきた。私は訪問医をと話たが、母は「診てくれている病院の先生に悪いから」と。意見が合わないまま、ここまできて、急性増悪で入院。これが嫌だった。病院の面会禁止が解除されるまで小康状態でいてほしかった。寿命は覚悟していたが、会えないとゆうのは・・・・つらい。
病院が掲げている「患者様の孤独と不安だけでなく、ご家族様にも寄り添いケアをしていきます。」とゆうの理念はどこへ?

呼吸困難で電話も苦しそうで、話ができない。傍にいられれば、筆談でもできるのに。
母に会いたい。いい歳してみっともない。自分がこんなにこどもだとは知らなかった。
呼吸困難の緩和のためモルヒネを使うとのこと。同時に吐き気止めも服用。なんで薬のために薬が必要なのか疑問に思います。

Posted by kaoru at 2021年10月11日 09:00 | 返信

私のパソコンにはコメント欄は0でした。でも皆様は夜中に先生のブログを読んでコメントされている?私のパソコンがWindows10だから?
そんな事どうでもいい。今日の匿名3号さんの‥理解は頭の悪いわたしなのでちゃんとは今は出来ませんが、でも恐い何故人間の手でこのようなことを・・と思います。今、からだが震えています。
ありがとう3号さん。貴重な情報を。
少し食欲がなくなりましたが‥どうすればいいの長尾先生・・震えが止まりません。

いつものように安心させてください。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年10月11日 09:40 | 返信

先生いつも有難うございます。本当にこの国はどうしようもないところまで来てしまってると思います。
北海道なんてとても多く中国人に買い占められていますし、沖縄もです。5年ほど前富良野に行きました。大きなラベンダー畑が富良野の中央部にありますがその他にもいくつか山の斜面に作られてるラベンダー畑のうちの一つに行きました。そこにある土産物店へ入ると全員がカタコトの日本語の若い中国か韓国人ぽい女性達でした。なんだか異様な感覚を感じました。日本人がいない。5年前に行った時はあー中国人も韓国人も来るからかなと思ったけど、よくよく考えたら山買われてるんかなと思いました。あの星野リゾートの北海道も中国資本に売ってしまっていますね。どんどんどんどん買われていってますね。知り合いが原宿の界隈でお店していますが中国人がここの建物売ってくれとしつこくいってきたそうです。こんな風にして中国人が買い占めに走っているそうですよ。こんなコロナになり倒産した建物も買われて行ってるとネットの情報で知りました。正直日本の政府は日本をこんな風にして言ってるの知らんぷりしているのであればこの政府は日本を売ってると言うことですよね。とんでもない政党だと思います。

Posted by 匿名 at 2021年10月11日 10:00 | 返信

昨夜、「日本沈没」観ました。これまでも映画、ドラマと何度か作られてたみたいですが、私は初めてみました。一話からかなり引き込まれました…なんか、地震ってところが現実と特に今とリンクしてて怖い…
そして、私は「政府の闇」がとにかく現実とリンクしてるのでは?と思ってしまった。政府は本当に国民の命を第一に考えているのか?未来を考えているのか?と思います。簡単に後戻りできない政策があるのはわかるけど…でもやはり立ち止まる事って本当に必要。今後このドラマがどうなっていくのか、ネタバレ読むのを我慢して毎週楽しみに観たいと思いました。きっと総理役の仲村トオルさんは小栗旬さんや香川照之さんに耳を傾けてくれるはず…あの香川照之さんがどうにも長尾先生に見えてしまい…仲村トオルさんが現総理に…と現実に照らし合わせてしまいます。先生は小栗旬さんにしたほうが良いかなー(笑)

Posted by ドラマ日本沈没観ました at 2021年10月11日 10:02 | 返信

この件については、先生は何度もお話されており、
読者の方もコメントされていますよ。

遡って動画や読者コメントをご覧ください。

匿名からリカへの返信 at 2021年10月11日 10:09 | 返信

長尾先生へ
 堤未果さんの本を読めば読むほどコロナ騒動が
世界支配階級に関わる作戦の一つであることが分かります。
デジタル庁も医療機関の潤滑油になれば、良い方向に使えば
良いのですが、どうも、良い方向には行かないようです。

デジタルファシズム
    著 堤未果  より

2020年 1月

高市早苗総務大臣は、2016年から始まったマイナンバーと国民の銀行口座の紐づけ義務化を要請するよう、財務省と金融庁に要請したことを発表した。

国民1人1人に12桁の番号を振り割り、税金、住民票などをまとめて管理するマイナンバーと銀行口座を連動させれば個人資産把握が可能になる。

紐づけされる情報は、この他にも医療情報や運転免許証、最近では、文科省が子供の成績と紐づけを検討し始めるなど、次々にその範囲が拡大中だ。

ちなみに、政府のロードマップ案によると、全ての個人情報が紐づけられたマイナンバーの導入は、新札が登場する前年の2023年に完了するように設定されている。

マイナンバーの口座紐づけによる国民の財産把握、麻生大臣の新札発行の発表、戦争の代わりにオリンピックとコロナパンデミック対策のため、大規模な財政出動。

多くの人が「預金封鎖の再来」を不安視するのは、不気味なほど1946年と同じ条件が揃っているからに他ならない。
2024年に登場する新1万円札のデザインに使われる渋沢栄一氏が、かつて預金封鎖を実施した渋沢敬三大蔵大臣の祖父だというのも、当時国民がうけたショックを思うと、何とも言えないブラックジョークだろう、

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年10月11日 10:34 | 返信

kaoru 様

はじめまして。
お母さまが入院され、面会できず辛いというお気持ち・・・
状況は少し違いますが、私も今年になって一度も母に面会できていないので
(母は認知症で入院中、精神科病棟のためリモート面会もできません)
kaoru様の今の苦しさ、切なさ、やりきれなさ、いろんな感情が想像できます。

お母さまの病状も心配ですね。
どうか、少しでも快方に向かい、kaoru様がお母さまと会えますように・・・
手を握り、顔を見てお話ができますように・・・
規則だから、ではなく、目の前にいる患者さんやそのご家族の気持ちに沿った医療が
叶いますように・・・
お祈りいたしております。

お母さまのためにもkaoru様が元気でないといけませんので
どうか、気持ちを切り替える時間を作って、ご自身の心と身体のケアもして下さいね。
きっと、お母さまが一番、kaoru様が元気で笑顔でいて下さることを願っておられると、そう思いますので。
母親は、いくつになっても、子供が一番大切な存在だと思います。

ついんずからkaoruへの返信 at 2021年10月11日 10:37 | 返信

mRNAワクチンについて打った後にこんなことが起こりうるという不安な記事を目にすると、すでに打たれている人やご家族が打っている人はとても心配になると思います。

そんな時、長尾先生や大谷選手が打ってるから平気!と思うことにしてます。お二人ともとても体調良さそうですから。
mRNAは9日で分解されますし、スパイクタンパクは2週間程度で消えます。そのため抗体価何だんだん落ちてくるのですね。
また、スパイクタンパクが周りの人に悪影響を及ぼすという噂が流れることもありますが、ワクチン接種した人と一緒にいて何か感じる人は殆どいないと思います。
不思議なことにワクチンを打とうと思っている人で、既に打っている人から何か影響を及ぼすと言ってる人は私の知ってる限りは一人もいません。ワクチン怖い怖い絶対打たないと思っている人でたまに言ってる人がいます。これは気のせい?プラセボみたいなものでしょうか?

医師のなとろむ先生がTwitterに書いていらっしゃいました。

名取宏(なとろむ)
@NATROM
6月9日
ファイザー製ワクチンのランダム化比較試験の文脈では曝露(exposure)はワクチン接種のことですね。「呼気及び汗に抗原(スパイク蛋白)の排出がある」なんてファイザーの公式文書には書かれていません。

誤訳だったのですね。

皆さんの不安が少しでも軽くなりますように。

Posted by じゅん at 2021年10月11日 11:40 | 返信

>つまり「ウィルスに感染するのが怖いので、ウィルスの遺伝子を体に入れて、ウィルスの毒性タンパクを自分の体内で量産させてみよう!さて、どうなるか?」

ワクチンの仕組みそのものの基本はそうですよ。遺伝子云々というのが史上初というだけで、他の病気でも治験で始まっていたかと思います。うろ覚えですが、最近でもニュースで見ました。
ワクチンの始まりは天然痘です。具体的に歴史を紐解くと色々考えさせられます。当時もワクチンに対して強く抵抗する国民が多数いたのだそうです。でも根絶するためには必要悪だった。
何度も打つというのは歴史上、疑問を感じます。さっさと収束させて打ち止めにするのがデメリットも考えると妥当に感じます。
仕組みは人に多大な影響を与えない程度に原因を投与して、免疫をつけさせるがワクチンと理解しています。
個人的には免疫ができてる人もいると思うので、接種前に調べるなど段階を踏んでもいいのになぁと感じますが、東京オリンピックのせいで打たせよドンドンになって急がせたと思います。

昨日のニュース記事で、コロナワクチンの有名な会社2社のものに、日本のしょうゆ会社大手の原料が入ってると知りました。それからこのワクチンが実現化しにくかった理由なども、しょうゆ原料のものにより、実現化できたというのは仰天しました。

Posted by 横からすみません at 2021年10月11日 11:49 | 返信

匿名3号さんへ
突然で大変失礼なのですが、教えていただけませんか。
匿名3号さんが今朝たくさん投稿して下さった情報は、この記事のことでしょうか?
★ワクチンの中身は毒素? 接種済みの人が感染で重症化? Forbes記事に専門家から批判 訂正重なり「慎重さの欠如反省」
by Yuto Chiba 千葉 雄登 BuzzFeed News Reporter, Japan

(もしリンクがうまく貼れていなかったらすみません)
今しがたアップされたばかりの記事のようです。
内容が同じような気がするのですが、私の頭では理解不能なのです。


いいとか悪いとか、もちろん批判でもなく(批判などできるほどの頭脳がありません…。)、ただ、今とても大事な内容に思います。よろしくお願いします。

Posted by みるく at 2021年10月11日 11:50 | 返信

長尾先生お疲れ様です。
こんなにもワクワク💉接種後に亡くなってる人がおるのに
メリットが上回ってるの?副反応の事もそうやけど
因果関係不明とか よく言われてる副反応、発熱や腕の痛み腫れなど以外に何かしらの症状が出たら接種ストップとかして
よく調べる必要があるんやないの?と
てか、亡くなった人が出た時点で即中止!って私は思うんやけど
テレビでも感染者数ばかりで、たとえ因果関係不明であっても
ワクワク💉接種後に亡くなられた人がいるって事ニュースで流すべきでは?と
自宅放置やホテル放置で急変して亡くなられてた人の事を
ニュースで流す事はあってもワクワク💉後に亡くなったって
ニュースで流さないのは何でなん?😑
総理もかわり、ワクワク💉大臣もかわったけど
それでも、今までと同じように
打て打て!ドンドン!なんかな?😑
国のやる事やから、何も変わらないんやろなぁ…

Posted by 紅葉 at 2021年10月11日 11:51 | 返信

今、投稿したみるくです。
リンク先は以下です。

★ワクチンの中身は毒素? 接種済みの人が感染で重症化? Forbes記事に専門家から批判 訂正重なり「慎重さの欠如反省」
BuzzFeed Japan   by Yuto Chiba 千葉 雄登 BuzzFeed News Reporter, Japan
https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/vaccine-forbes-factcheck

Posted by みるく at 2021年10月11日 11:58 | 返信

定期的に診てもらっている医師にイベルメクチンの話をしたら「疥癬でイベルメクチンを処方されていた老人が胃腸障害で亡くなったのを実際見ているから私は使いたくない」と言っていました。「ワクチンよりイベルメクチンの方が怖い」とも。
では何故発展途上国では医師でなくボランティアが配布できるのでしょう、何故インドでは薬局で市販されているのでしょう、何故厚労大臣は適外使用を認めたのでしょう。先生には先生のお考えがあると思ったし医師でもない私がとやかく言うのも違うと思ってそれ以上話をするのはやめましたが、なんだかもやもやしました。まぁ、万人に効果があって副作用の全くない薬なんてそもそもないでしょうしね。

Posted by はなこ at 2021年10月11日 12:26 | 返信

長尾先生、いつもありがとうございます。

昨今の新コロナの減少は本当にどうなってるのか?と拍子抜けを感じる勢いです。
ニュース・コメント巡回マンとしては、最近はワクチン接種を直接扱わず、「ワクパス」そのものの話題やそれを匂わせる接種者優遇、未接種者の不利益(施設入場できない)などの”海外事例”を頻繁に発し始めました。
どれも、「そうしている国や都市もあるが、そうしていない国や地域の方が大多数」である事は書かず、やるのは当然でこれから日本にも~という論調です。
コメントは相変わらず接種を促すようなコメントに溢れますが、最近は多少方針(?)が変わったのか全体をざっと見て歩くと下記の傾向に変わっています。
・「反ワク」とのレッテル貼りが少し減っている。
・mRNAの話題を避けつつ、ワクチン副反応の例も増えてきたから怖がらずに打つような促し。
・死亡や重篤な情報は”公式では無い”のでデマを拡散するな。
・”周りのためにー”の気持ち悪い作文がここ数日やたらと増えた。
・イベルメクチン等既存薬の話題にはずっと変わらず否定コメントが大量に湧く。
・「イベルメクチン、アビガンは重大な副作用があって使えないと判断されている、そうでなければ使われない訳がない」という論調も多数ある。

書いてる方々、似たようなコメントが多いのはそういう事を”お仕事”としているのか、はたまた「反イベ・接種推進派」とも呼べる人たちが何かの情報を見て一生懸命書き込む(接種者を増やすために?個人が??)のか。
私の視点もそれなりに偏ってみてるとは思いますが、俯瞰して毎日眺めていると、カウンターとなる様な方々に一定の傾向が見えて面白いです。

テレビ大好き実家の両親(70代)と話をしていて、気が付いた事。
・接種したら無敵!感染しない、感染させないと本気で考えている。
・感染しないのだからあなたも打ちなさい。
・打たないなら菌もって来そうだから出禁にするよ!
(孫は接種出来ない・しないからそれなら死ぬまで孫に会わせんぞ??と言ったら黙ってました)

怖いな、と思ったのは、色々話した後、
「アンタはネット(ネット情報は全て悪扱い)ばかり見てるからおかしな情報ばかり目につくんや。
 テレビでもちゃんと”お医者の先生”出てきて大丈夫って言うとるのに、ホンマしょーもないやっちゃ。」
と言われたこと。
関西のうちの両親の目に届くよう、「尼崎の先生」ももっともっと露出してほしい(笑)

とりあえず両親には、脳トレ兼ねてテレビで良い事言ってる先生の事、言うてる概要と先生の名前メモしといてよ、後で参考にさせてもらうで!ソレ聞いて打つかも知らんし!と言っておきました。
まぁ、垂れ流し情報見てるだけなのでやらないだろうけど(笑)


他の方のご紹介している「ワクチン・検査パッケージや技術実証に関するご意見について」にはボロクソに書いておきました。
ワクパスをどんな形であれ導入してしまうと、そのものが社会分断・差別の道具となる可能性が大きく、世紀の愚策となると思うこの頃。

イベルメクチン、ウィルスの細胞にとりつく動きを阻害、細胞内で増殖しようとする動きを阻害はインフルでもOK?
そのほかに最近抗がん作用や抗菌作用も目にします。
国内でもお医者様が効能発信してる人もちらほら出てきましたが、海外情報等総合していくと、「もしかして魔法の薬たりうる??」と思えてきました。
予防にうすーく飲み続けて上記の様な作用が顕著だと”医者いらず”になってしまうと先生も困りますね(笑)

Posted by のんのん at 2021年10月11日 01:29 | 返信

>そしてなによりも、約3000人の接種者の中から、犠牲者が
出ないか、この1ケ月間、ドキドキしながら過ごしてきた。
でも、、一人も死なへんかった。

ワクチンを長尾先生が打った3000人の方で、1人も亡くなられていません。それは事実です。

バタバタも倒れてないんじゃないですか?先生が打った方は高齢者が9割、その下の年代が1割だから、副反応は比較的軽い年代と思います。
亡くなった高齢者は先生が接種を担当してないどこかの老人ホームの人たちの話を聞いた、ということですかね。
医院にワクチン後遺症で診察にくる方は遠くから来る場合もあると先生おっしゃっていましたよね?
だから先生がワクチン打った人以外が多いのかなと思いました。

Posted by 匿名 at 2021年10月11日 01:49 | 返信

先生、今日もブログ更新有難うございます。
毎日ブログを読んで勉強させていただき、コメント欄を読んで励まされています。
ただ最近、コメント欄が少し荒れてきているような、、、?


先生は以前から中庸派だと仰っています。
今の世の中にはワクチンを打った人もいる、打たなかった人もいる。
打ちたくても打てなかった人もいる、打ちたくなくても打たざるを得なかった人もいる。
ワクチンを打った人と打っていない人みんなが一緒に楽しく暮らしていく社会を作っていくには、どうしたらいいのか。
病気になってもすぐに病院で薬を処方してもらえる当たり前の社会に戻るには、どうしたらいいのか。
大事なことは、それだけだと思います。


攻撃的な反論や、長すぎる反論はご自身のブログなり何なりで反論されたらいかがでしょうか?
アクセス数の多い長尾先生のコメント欄を利用しているように感じられて
読んでいて、あまりいい気持ちはしません。

Posted by 匿名 at 2021年10月11日 02:30 | 返信

長尾先生、今日も有難うございます。やっぱり3回目は要らんです。
ところで2回接種が進んだら、高齢者施設の面会もOKになるかと思っていましたが・・・
月に1~2度行く花屋の80代独居のご主人、特養にいる奥様とは未だにオンライン面談です。
お口は達者な奧様も自粛が長引く中、車椅子時間から横になる時間の方が増えたそうです。
ご主人は、活き活きしたお花と対照的に「毎日オモロないわ。生きとってもしゃあない」
それでも「嫁はんの大事な店やから守らんとな」と気を取り直し、お線香一束をオマケにくれます。
今の流れからすると、3回目が進んで新しい治療薬も出来たら、面会出来るようになるのかな
・・・・いやダメダメ、その流れを変えて、今すぐ5類にですね。

Posted by taco at 2021年10月11日 02:57 | 返信

以下、
次の衆院選での争点になることを期待しています。

*5類にして早期診断・即治療を実現させよう!
*イベルメクチンを早期承認し今すぐ全国民に配布する。

若い人たちのパワーで(わたしのような爺婆には厳しい笑)
国会前でシュプレヒコールをするとか、
デモ行進とか、実力行使の時期に来ていると思います。

長尾先生の東奔西走のご尽力には
頭の下がる思いです。

わたしたちに出来ること、、、
*「ひとりも死なさへん」を買ってレビューを書く
*若い人たちにも関心を持ってもらう

とっくの昔に衆院選での争点になるべき事象に発展していますよね。。

票集めに必死な議員さんたち、、、
ええ加減国民の真実の声に気づいてください。

イベルメクチンを個人輸入してまで自分の命は自分で守るしかない、
って日本は完全に狂っていると思います。
(わたしも個人輸入しました)

アホらしいと言いながらも諦めず訴え続けてくださる
長尾先生に明るい希望を見せて頂けるから
前向きに生きて行ける、ありがたいことです。

衆院選が民意を問うちょうどいい機会に
なれば万歳ですね!

Posted by イベルマイラブ at 2021年10月11日 03:18 | 返信

以下、
次の衆院選での争点になることを期待しています。

*5類にして早期診断・即治療を実現させよう!
*イベルメクチンを早期承認し今すぐ全国民に配布する。

若い人たちのパワーで(わたしのような爺婆には厳しい笑)
国会前でシュプレヒコールをするとか、
デモ行進とか、実力行使の時期に来ていると思います。

長尾先生の東奔西走のご尽力には
頭の下がる思いです。

わたしたちに出来ること、、、
*「ひとりも死なさへん」を買ってレビューを書く
*若い人たちにも関心を持ってもらう

とっくの昔に衆院選での争点になるべき事象に
発展していますよね。。
票集めに必死な議員さんたち、、、
ええ加減国民の真実の声に気づいてください。

イベルメクチンを個人輸入してでも
自分の命は自分で守るしかない、
って日本は完全に狂ってると思います。
(わたしも個人輸入しました)

アホらしいと言いながらも諦めず訴え続けてくださる
長尾先生に明るい希望を見せて頂けるから
前向きに生きて行けるんです。

衆院選が民意を問うちょうどいい機会に
なれば万歳ですね!

Posted by イベルマイラブ at 2021年10月11日 03:26 | 返信

もともと否定派ですよ?

匿名からよくわかりませんが、、、への返信 at 2021年10月11日 04:34 | 返信


「>2021年09月20日(月)
8月18日は、当院における接種を終えた日。
僕自身も2回目の接種を終えた日でもある。
それから丁度、1ケ月が経過したのが昨日。
この1ケ月間、死なないようによく寝るように気をつけた。
接種後1ケ月間は要注意だと、毎日、自分に言い聞かせた。
その甲斐あって、死ななかった。
そしてなによりも、約3000人の接種者の中から、犠牲者が
出ないか、この1ケ月間、ドキドキしながら過ごしてきた。
でも、、一人も死なへんかった。


9月20日は上のようなことを仰ってましたが、この3000人の中から、ワクチン被害者が出たということですよね?
そんな危険なワクチンを3000人にも接種されたんですか?
それとも、8月18日までは一人も被害者が出ず、それから1ヶ月間は何事もなく、その後、突然バタバタ倒れたってことですよね。非常に不思議な話です。」

横からすみません。非常に不思議とはどういう意味ですか?
正直いって、コロナが出る前から突然死や、突然病気になる、病状悪化の割合は一定数います。
若い、高齢者無関係です。突然死はずっと昔からあって、死因不明のままのこともあります。
若くてもあることで、ご家族、奥様なんかもモヤモヤを抱えたまま終わる例もあります。大抵がその前に過酷な労働環境におかれてることが多いです。忙しくしてるということです。
当然ながら、高齢者にもあります。悪化から亡くなられるまでの様子もワクチン接種後に亡くなられたケースと似ています。
その因果関係が、ワクチン関係あるのかどうかは見極めが困難です。コロナ前の亡くなり方と似ているので、
その辺をできるだけ切り分けしないと、あれもこれも一律に摂取したからだとなりかねないです。
ただ、人の心情として、接種という大きな出来事が最も因果関係を疑うのも無理なからぬこととも思います。
サリドマイド事件は、しっかり原因が究明されています。また被害は妊婦のみです。
今回の記事は、妊婦のみに危険という意味なのか、真意を測りかねます。
本日の記事には、追記を加えるか何かしていただけたらわかりやすくていいと思うのに。

Posted by 気になったので at 2021年10月11日 04:44 | 返信

こんにちは。

 みなさんのコメントを見て思ったことです。
イベルメクチンやワクチン接種で分断は残念です。
 昭和の風邪薬で、パブロンやストナなどいろいろ
ありました。人によって相性があるのだな、と
子供ながらに思ったものです。

 抗体の話。19コロナに対応する抗体は何なのでしょう?
ひとくちに抗体と言ってもいろいろあるようです。
 初期の感染を抑えるもの、全身に拡がることを防ぐもの、
重症になることを防ぐもの、いろいろありそう。
 そこで、ワクチン。どんな働きをもつ抗体を増やすの
でしょう。「中和抗体」とやらを、もう少し具体的に
評価していただき、広報されないかな、と政府へ。

以上です。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月11日 06:00 | 返信

病院の面会禁止がどうにかならないか市役所にメールで相談してみた。その返信。

【メール拝見いたしました。家族への面会ができないこと、心中お察しします。病院としても、新型コロナの院内感染防止対策の一つとして面会の制限を行っているものです。
面会について、医療法で規定されているものではありませんので、面会禁止の解除については、病院で判断することになります。面会を御希望されるのであれば、病院に理由などを話し、御相談するようにしてください。
××市役所健康福祉局保健所医事・薬事課】

え~と・・・?
まず医療法がわからない。感染防止対策の基準は何?長尾先生の言うことはわかるのに、政府、役所のやることは分からない。

Posted by kaoru at 2021年10月11日 07:30 | 返信

最近のコメント欄には、ワクチンの恐怖を訴えるものばかりで、毎日憂鬱になります。何千万の日本人が接種した今、このブログを読んで絶望的になる人はかなり居るのではないでしょうか。知りたいのは、想定外の副反応がでた場合の治療方法、今から何ができるか?なんです。予診のプリントも読み、会場の問診でも心配ないと言われたのですから、今さら自己責任と言われるのは辛すぎます。

Posted by くんちゃん at 2021年10月11日 08:30 | 返信

国は、ワクチン詐欺師集団ですね。
厚労省のHP「新型コロナワクチンQ&A」には、安全であるかのように書かれています。
まさか、厚労省が嘘をつくなんて思わないので、ここで多くの国民が騙されます。

「安全ですよ~!ドンドン打ちましょう!」と勧めておいて、何かあっても知らんぷり。
接種して数時間後に亡くなった方でも、解剖までして因果関係不明だったそうです。
「ワクチンを打ったから、この病気になった」という因果関係は、解剖しても分からないのかもしれません。
だから「偶然が重なった」で逃げ切れるのかも?

そういえば、アナフィラキシーの数十人だけは救済認定されましたね。
「ちゃんと補償しているから安心して打ってね!」という、やっている感を出したかったのでしょうか…。

Posted by 猫とピアノ at 2021年10月11日 09:15 | 返信

和を以て貴しと為すは、日本人が持つ気高いものですが、その負の部分が「ワクチン打ちましょうー」なのでしょう。
和とは、相手に合わせる事ではなく、お互いを認め合う事だと読んだ記憶が鮮明に残っています。

薬害も、負の部分が影響し深みに落ちるパターンでしょうか?

コロナ禍で、日本人の負の部分が問題になり、その苦い経験体験が学びになればよいのですが・・・
賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶと云われます。
歴史に学ぶ人は、コロナ禍対応が戦前の雰囲気に似た匂いを感じ、経験に学ぶ人は、初めての経験故に言いなりなるのでしょうか?

歴史教育を疎かにする、日本の教育の弊害なのでしょうか?
.

Posted by 神無月 at 2021年10月11日 09:24 | 返信

長尾先生、いつもブログやニコ動で勉強させて頂いております!
先日のニコ動の漢方薬で治療も一つだと、聞きとても学びになりました。以前も書いたのですが、私は漢方薬を飲んでいます。漢方薬の先生に、脈診と舌を診てもらい、中国の薬草をグツグツ煎じて飲んでいます。私の子供は、赤ちゃんの頃からアトピーがひどく、ケロイドのような顔になり、ベビーカーですれ違う度に色んな人に出会いました。
可哀想に〜、病院行ってるの?と声をかける人。気持ち悪い物を見るように避けていく人。祈らせてくださいと祈っていく人。宗教に入れば治りますとパンフレットを渡す人。微笑んで優しい目で見てくる人。色んな人がいるんだなぁと思いました。30年以上、診ていただいてる漢方薬の先生に相談したら、ステロイドは塗らないこと。を言われて、何度も病院からのステロイドに手を触れましたが、先生を信じ、一年ほど漢方を飲んですっかりキレイになりました。漢方薬の偉大さを感じました。グツグツ煎じるので色々な薬草入っています。人によって、薬草の種類が違うのです。長尾先生が漢方薬の話をしていたので嬉しくなり投稿します😊私は、漢方でいう、陰虚内熱らしいです。いつも元気をありがとうございます(^^)

Posted by 三浦まみ at 2021年10月11日 09:36 | 返信

先生いつもありがとうございます。朝ブログを開き
「サリドマイド」という言葉に
ドキリとしました。書き込み迷いましたが、1人でも多くの妊婦の方の目に留まればと決心し
パソコンの前にてつたない文章で失礼致します。
ワクチン選択は個人の意思を尊重したいと考えておりました。幸い日本は強制ではありません
(圧力はすごいです。会社でも打っていないのは私だけで表に貼りだされています)
ドキリとしたのは、ここ3日ほどサリドマイドについて調べていたからです。
私は4人兄弟で1つ上の兄、下に1つ下の弟、一番上の兄は歳がなぜか離れています。
私の母の口癖は“薬害で身体をダメにすると戻らないよ”とよくいっておりました。
その時はわかりませんでしたが、私が大きくなった時に私の叔母が、ふと私に「あなた達にはもう1人兄弟がいたんだよ、一番上の兄の下に、でもサリドマイドを服用していて世間で騒がれていたために母は堕胎をする事を選んだの。」と2人死産していた叔母はその子を私の養子にするからどうか産んでほしいと頼んだそです。この話をここの所、何度も思い出し、
妊娠中の母がなぜサリドマイドを飲んだのかとても不思議でした。でも先生のブログを読みやっとつながりました。
子供を授かる事の尊さを知る母が堕胎を選ばなくてはならない選択、本当に辛かったと思います。数年前に母は他界しましたが、私にはその事は本人から伝える事はありませんでした。とても辛かった出来事だからだと思います。
今、妊娠されていてワクチンを迷っている方が
まだ間に合うなら、この50年ほど前の事件を伝えた方が良いと思いました。どうかお腹にいる赤ちゃんの命を目一杯守って欲しい。
サリドマイド薬害の様な辛い事が少しでも避けられます様、被害にあった方々、ワクチンをもう打ってしまった方、今も尚サリドマイドの薬害に苦しんでいる方々に不快な想いをさせてしまったら本当にごめんなさい。
私はもう1人の兄弟に逢いたかったから、想います。
どうかこれから未来を担う子供達、これからお母さんになる方、少しでも明るい様に願っています。行動して生きたいです。
1人でも多くの方が、平等に安全でいられます様に、自分に出来る事を勇気を出して投稿でした。

Posted by ドリ at 2021年10月11日 11:22 | 返信

いつも先生のブログに元気を頂いています。お疲れ様です。
訪問看護師として働いていましたが、ワクチンを打たないことで肩身が狭くなり8年近く働いた病院を退職しました。
今まで築き上げてきたものが、ワクチンを打たないというだけで変人扱いでした。それでも、今までの経験と直感でワクチンをどうしても打つ気になりませんでした。
もう看護師はできないと思うので、違う仕事を探すつもりです。
家族や同僚、上司にも変人扱いされて辛かったです。
それでも、私の関わっていた持病のある高齢者たちが次々トドメをさされるように体調を崩したり亡くなったりするのを見て打たなくて良かったと思っています。医療従事者は我慢強い人が多いので、具合が悪くても我慢して報告しなかったり無理して仕事をしている人もいました。
先生が仰るように、健康な人がワクチンを打って体調悪くなるのが仕方ないということがおかしいのに、副反応だから仕方ないとみんな我慢しているのが理解出来ません。どうして接種が中止にならないのか、大きな疑問です。

Posted by 訪問看護師の一人だった at 2021年10月11日 11:44 | 返信

先生なんでそんなに魅力的なんですか。
ずっと大好きです。

Posted by 匿名 at 2021年10月12日 01:16 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
ニコ動、ブログ、毎日連続投稿の体力をただ見つめています。いつも、ありがとうございます。


兵庫県出身の知り合いがいるので、亡くなった後の大宴会は聞いた事があります。最初はとっても驚きました。地元では、火葬場や葬式に乳幼児や妊婦さんが行くのを嫌がる風習が残っています。小さな子どもや胎児は霊に連れて行かれやすいと心配されます(よそも一緒なのかな?)葬儀は地方の特徴や文化がよく表れますね。
私も子どもの頃、主人を亡くした犬がポロポロ泣いているのを見て、一緒に泣いた事があります。動物達は理解してる。
(これからの生活を心配しているのかもしれない)


「MINAMATA」観ました。
先生の表現そのまま、じわじわズルズル泣いていました。
ユージン•スミスは、沖縄戦の写真も撮られているので親近感が湧いて、いろいろ探している内に絵画(名画)の様な写真を撮るなあ…というイメージでした。
先生の仰る様に、映像も綺麗、音楽も最高に美しい、ジョニー・デップ(笑)も完全に枠の中に収まって溶け込んでいました。もしかするとリアリズムは無いかもしれないけど、美しい映像と音楽は記憶に残りやすく、記憶に残るから思い出しやすい。そんな映画でした。

だからこそ内容がとてもキツかった。
どうして、この映画がコロナ禍の前に撮影されて、今公開されたのか分からないけれど、完全にメッセージだと思いました。

強い側が弱い側を踏み躙って、最も大切なものを奪っておきながら、与える振りをする完全な欺瞞。
水俣も、コロナ禍も、全く同じと思いました。


どんな姿の我が子でも愛する事が出来るから、もともと人は美しい部分をたくさん隠し持っていると思います。でもわざわざ見せびらかしたりしない。


ブログにあるYahooニュースの一部、自分自身は本当に汚らわしい、と感じます。怖いのは、これが洗脳記事であるのに、一般標準だと思う人達が大勢いる事。
ここまで重篤な副反応と死者の報告が出ているのに、まだこんな事を書いている。善良で素直で真面目な人ほど、餌食になると思う。発言は過激かもしれませんが、そこまで言わないと事態は止まらない様に思えます。

時々、このブログにコメントでも、ワクチン打たないと子どもさんが仲間外れにされるお話や、偽記事(本当にワクチン有無で受けられない授業ってありますか?訴訟ものでは)に大学の授業科目が受けられないという情報があるけど、通常まともな教育者であれば、「全体に対して個人を犠牲にする」というのは教育とは対極にあると理解しています。というか…自分を大切に出来る事が、他人を大切にする道の基盤です。

北海道でいじめ死の事件で、教育者が「加害者にも未来がある。学校は責任を負えない」という発言が報道されてますが、多数ののために1人が犠牲になっても構わない、というのは教育では絶対に無いし、これは全体のごく一部で、学校では無言のまともな教育者が子どもを守るために大勢頑張っていると思います。

命というものが、最も尊くて尊厳があるものなのに、命自体をモノとして捉えて消耗品として扱うことは、強い弱い関係なく、ブレーキの無い破壊活動を延々と続ける自殺行為だと思います。

生きる事を充実させて楽しく過ごしたい、当たり前の行動ですよね。(その為に戦う事も)

Posted by やる気の無いニセクロナマコ at 2021年10月12日 01:18 | 返信

みるく様へ(御指名でしたので(笑))
 
ワクチンの中身は毒素? 接種済みの人が感染で重症化? Forbes記事に専門家から批判 訂正重なり「慎重さの欠如反省」
https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/vaccine-forbes-factcheck
 
上(↑)の記事は下(↓)の2つに端を発したものなんでしょうね・・・?(ヤフコメ欄も盛り上がっているようですw)
 
【寄稿】パンデミック収束に、ワクチンは重要な役割を担う|東京理科大学名誉教授 村上康文
https://forbesjapan.com/articles/detail/43300
すべての新型コロナ変異株に対応?「口内に噴霧」の非mRNA型予防薬、商品化へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/52831e7dfd7e843177b838e007e8b1428fa22c3e?page=1
 
結局、自分が開発したスプレー式の経口ワクチンの宣伝じゃね?って感じもいたしますが・・・(mRNA型であろうがなかろうが開発期間の短い新薬をどれくらい妄信して良いものかという・・・)
 
ちなみに村上教授に激オコな、
『新型コロナやワクチンに関する正確な情報発信を推進する日米の専門家プロジェクト「こびナビ」の専門家』
という
『ヤフコメトップのオーサーコメントの中の人(峰宗太郎医師(病理専門医)・薬剤師・研究者)』
とは、こんな(↓)御仁のようでございます。。
https://www.akiradeveloper.com/post/covnavi-gomi/
 
村上教授ネタに関わらず、新コロワクチンの影みたいな部分は方々で取り上げられてますので、荒川央(あらかわひろし)先生など、(長尾先生とはまた違った視点や角度、アプローチにて)継続して追っておられる方の中から、特に目を引いたものをコピペさせて頂いたに過ぎません。。
 
立ち位置こそ違えど、ただの町医者 兼 医学博士(大阪大学)の長尾先生であれば、(ほとんどすべて既に御存知なのでしょうが)易々と理解して何かのお役に立てることもありなん、と、せこせこコピペさせて頂いた次第でございます。。(多分読んでる暇はないとは存じまするが・・・(笑))

匿名3号からみるくへの返信 at 2021年10月12日 02:04 | 返信

長尾先生大好き。様へ
 
ごめんなさい。。
 
耐性の無い方もいらっしゃるだろうからと、一寸躊躇はしたのですが。。 
 
でも
Google では何故か検索されず
duckduckgo でなければ引っ掛からないような情報があること
も事実ではあるんですよね・・・
 
それ自体、既に『反ワク派撲滅作戦』の手の内に墜ちてるようなものなのかと・・・
限定された情報の中でワーワー勝手に騒がせてればいいのですからね・・・
(相手の動きが読み易いということは既に先の先の手も打ってあるということなのかな・・・?)
 
早くカラダに優しいmRNAワクチンやノンmRNAワクチンが出てくるといいですよね。。

匿名3号からみるくへの返信 at 2021年10月12日 02:41 | 返信

匿名3号さんへ

すこし早とちり、お門違いの質問だったのでしょうか、すみません。
いろいろ勉強になりました、お返事ありがとうございました。

Posted by みるく at 2021年10月12日 10:05 | 返信

この間もコメントさせていただきました。総合病院で働いています。ワクチン後遺症、本当に多いです。立てなくなった方、字が書けなくなった方(握力低下?振戦なし)接種後ずっと微熱が下がらずついに倒れてしまった方、急激に視力低下したかた。腹痛で救急搬送され、大量の不正出血だったかた。因果関係はわかりませんが皆さんワクチンするまでは元気な方でした。報道のされなさにゾッとしているところです。私も病院で働いていなければ知ることもなかったでしょう。
政府も今は火消しに必死ですが、いずれ隠せなくなってくると思います。ただ、水俣病などと違い、皆さん多種多様な症状ですし、ワクチンが原因であると断定することは難しいでしょう。それが、表に出ない(出さない)原因でもあります。難しいところですね。

Posted by ゆき at 2021年10月12日 12:14 | 返信

長尾先生、
ご無沙汰しております。

神戸認知症研究会等でお世話になっております、統合医療センター福田内科クリニック副院長の福田克彦と申します。

当院ではこれまでオンライン診療や外来にて、コロナ後遺症を200名、コロナワクチンの宣先生副反応(後遺症)を300名以上診させていただいておりますが、地元医師会も厚労省も殆どのケースにおいて、因果関係のある副反応と認定されていません。

先日、こどもコロナプラットフォームでは、当院における臨床現場のをはじめ、コロナ/ワクチン後遺症に関する国内外の情報をご提供くださいました。

尚、当フォーラムはZOOMでのオンライン形式で、毎回21:00ごろから会議が開催されております。
平日でも休日でも、長尾先生のご都合のよろしい日程とお時間で30分程度、臨床現場のご報告をお聞かせいただければ幸いです。

勝手なお願いですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

島根県松江市上乃木9-4-25
統合医療センター福田内科クリニック 副院長 福田克彦


以下は10月10日のフォーラムの動画案内になります。
配信期間内に是非ご覧ください。

■配信期間■

2021年10月11日(月)~10月17日(日)

■各講演URL■
『新型コロナ後遺症/ワクチン副反応の治療と予防の実際を共有するフォーラム』

【プログラム】
■井上正康先生

https://youtu.be/C4H086p9qs0

■臨床情報提供:
・福田克彦先生 統合医療センター 福田内科クリニック副院長

https://youtu.be/_6vHpGiqjLA
・松永 敦先生 大北メディカルクリニック院長

https://youtu.be/PxPNmLeAHcw
・吉野真人先生 蒲田よしのクリニック院長

https://youtu.be/AjMlpoSEUYM

■行政の取り組み:
・南出賢一氏 大阪府泉大津市 市長

https://youtu.be/vFZ-X1UsGfQ

■海外情報提供:
・増田陽子先生 BFLクリニック

https://youtu.be/0VSxxQnTPxI

・アマソン美子先生 クリニカルアーユルヴェーダプラクティショナー

https://youtu.be/_Db6SUVFr4g

■今後の活動について・閉会挨拶
・柳澤厚生先生

https://youtu.be/dhzhnmto6L8

Posted by 福田克彦 at 2021年10月12日 05:54 | 返信

毎日本当にお疲れさまです。このような投稿を待ち望んでいました!お忙しい中…本当にありがとうございます。

Posted by こばとも at 2021年10月12日 09:02 | 返信

早々に勇気づけられるコメントをいただき、感謝申し上げます。

先ほどの投稿において、「コロナワクチンの宣先生副反応(後遺症)」⇒ 「コロナワクチンの遷延性副反応(後遺症)」に訂正いたします。

Posted by 福田克彦 at 2021年10月13日 07:17 | 返信

じゅん様「最近のコメント欄には、ワクチンの恐怖を訴えるものばかりで、毎日憂鬱になります(省略)、、今知りたいのは治療方法とこれから何ができるか?なんです」と11日に投稿した者です。
それを取り上げ、あたたかいコメントをいただきありがとうございました。一時期読むのも憂鬱ですぐ閉じていましたが、じゅん様をきっかけにここ数日、少し内容がかわってきたように感じます。勉強のためにもまた読ませていただこうと思います。接種し悪化した息子の皮膚が少しでも良くなるように、私自身は引き続き病院、皮膚科探しを続けて参ります。

Posted by くんちゃん at 2021年10月14日 07:59 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会