このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

イベルのヤフー記事はコメント欄が役にたつ

2021年10月19日(火)

イベルのヤフー記事はコメント欄が勉強になる。

ニュース自体には報道管制がかかっているけど

コメント欄は多種多様な意見が載るからである。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



ヤフーニュースには、定期的にイベルメクチンを貶める記事が出る。


いや、意図的にイベルを貶めるだけの記事がバラまかれているのだ。



その典型例が昨日のこの記事。


イベルメクチン個人輸入に警鐘 「科学的根拠なし」

産経新聞 10月17日               →こちら


皆様にはコメント欄のほうを、じっくり、しっかり、読んで欲しい。

中傷記事が出るたびに、最新情報がコメント欄から入手できるのだ。


今や、大手メデイアよりも一般市民のほうが正しい。

国民はもう、大本営発表の欺瞞に気が付いているよ。


僕は、こんな記事を書くメデイアにこそ「警鐘」を鳴らしたい。


どうしてイベルが、ここまで攻撃されるのか。


それはイベルが効くと、ワクチンが使用できなくなるからだ。


アメリカも日本も、ワクチンは他に代替手段が無い時だけの特例承認。

もしも代替手段があれば、ワクチンが使えなくなってしまうからだ。



Emergency Use Authorization of Medical Products and Related Authorities →こちら


ワクチン接種を受ける人と介護従事者のためのファクトシート(CDC-USA Dec2020)

16歳以上の個人のコロナウイルス感染症2019(COVID-19)を予防するための

ファイザー-バイオンテックCOVID-19ワクチンの緊急使用許可(EUA)  →こちら


「厚労省 薬生薬審発 0214第1号」

コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)(コミナティ筋注)

の使用に当たっての留意事項について  →こちら



「代替手段」、がキーワードになる。


治験のないワクチンはあくまで代替手段として認可されているのだ。


やはり、イベルとワクチンは競合する運命にあった。

執拗な攻撃が続く理由を読み解くと、記事が面白い。



ちなみに、イベルをワクチンの副反応軽減で飲むと、

抗体産生が抑制されるので、意味が分からなくなる。


また、ワクチン後遺症に対するイベルの効果はどうなのか?

良く効く。1回飲むと半日後には症状が半減した患者さん。


本来は、コロナ対策の両輪であるべきワクチンと特効薬の関係性だが、

今回のRNAワクチンに関しては、一本足打法でしか認可されていない。




PS)

コロナチャンネル #527_


もう、ワクチンのことは忘れていいんじゃないのかな。  →こちら



今日の東京のコロナは、29匹。

もういない。やっとひといき。


でも、ワクチン後遺症の対応で大忙し。

いったい何やっているんだろうねえ。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先生、こんばんは!
最近はテレビでもコロナの話題は下火となり、ワクチンも打ちたい人に行き渡った様子で、以前よりは平和になりました。
経口薬も出る事だし3回目はいいかな〜、というのが周囲の雰囲気ですが、良くも悪くもメディアの影響力は凄いなと思っています。
このまま収束すればいいのにな。
コロナがどの様に流行っているかは、いつも先生のブログを参考にしています。
今日は明るい話題の動画で、心が和みました。ありがとうございます!!
イベルすごいですね。先生のお陰で、もちろん持ってますよー!!
ただ、輸入代理店からの購入なので真贋不明、生産工場で成分勝手に変えられたりしてないかとかの不安もある為、安く国内生産のが手に入る様になるといいのにと思います!
一昨日コメントに返信くださった通りすがりさんへ

一通りワクチンの様々な影響について目にしたので、仰りたいことは解ります。
しかし、明るい未来を信じてもいいと思います。
mRNAもいつまでいるか分からない、という事で、長いか短いかも分かりません。
自己免疫力が高ければ、後遺症を発病に至らせなかったり、遅らせる事はできると思います。人間の潜在能力はすごいものがあるかもしれません。
過去にあった同じようなパンデミックで、ワクチンから全員が発病した訳ではありません。
近い将来に、スパイクタンパクや感染増強抗体を分解したり、不活性化させるような医療が開発されるかもしれません。
誰にも分からないのですから、明るい未来に可能性を見出した方がいいです。
これだけ接種した人が多くなったので、恐怖を煽るだけでは伝えたい事は伝わらないと思いますし、むしろ反感を招きかねます。
前にもコメントしましたが、スパイクタンパク自体が様々な症状を引き起こすので、もし自分が過去に無症状で感染していた場合は、自然感染とは言えスパイクタンパクの影響を少なからず受けている事になります。既にほとんどの人が感染しているかもしれません。
もう、

罹った♪罹ってない♪打った♪打ってない♪
の次元にはないのかもしれません。
人間は1人では生きていけません。
違う考えの人を切り捨てるだけでは、その様な未来は明るくないだろうと、自分に言い聞かせています。

翌日のコメントで具体的な対策を提案して下さってますね。
通りすがりさんのような賢い人達が、悩んでいる人にアドバイスして下さると、より信頼できるし安心すると思います!
ところで素朴な疑問ですが、マスクでスパイクタンパクは防げそうですか?

一つだけ言える事は、データから見ても、健康な子供にワクチンは必要ないだろうと言う事です。
保護者の方はよくよくお考えになってご判断された方がいいと思います。

Posted by うずまさ at 2021年10月19日 12:16 | 返信

はい、特にイベルの記事はそうでしたね。
私もコメント投稿しましたし、皆さんのコメントを百以上は読ませて頂きました。
知らなかったひどい話や、貴重な情報が満載です。マスコミはもう少しコメント欄読んで勉強してほしいです。

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 12:27 | 返信

先生、ヤフー記事のコメント読みました、読みました!
イベル押しの方々がたくさん!
逆にイベルのいい宣伝になってますね。
国民はバカではありません。

Posted by ゆり at 2021年10月19日 12:29 | 返信

ここ1年スーパー近くの街頭で「スワイショウ」やら「肩甲骨・棒回し」やらをやってきた。
もちろん、ノーマスク・ノーソックス草履で。
最近、小1から年寄りまで話しかけてくる人がやたら増えてきた。
脳梗塞で歩行リハビリ中の方も飛び入りし、不自由なりに「定歩」で「回転のスワイショウ」ができるようになった。
今日は、飛行兵として生き残った98歳の御仁が話しかけてきた。
ぼくよりシャキッとした紳士で、とても98歳には見えない。「やっとるな」と元気づけられた。
みなさん。「ワクチン談議」もいいが、「ノーマスクで街頭に出でよ」!
昨日からの寒風下で、わがやのハイビスカスがふたつ、なぜか2日間も狂い咲き。

Posted by 鍵山いさお at 2021年10月19日 12:35 | 返信

コロナチャンネル #527_
もう、ワクチンのことは忘れていいんじゃないのかな。
に少し安堵します。先生はワクチンのこと忘れてて過ごす期間があってもいいと感じます。
ヤフーニュース記事はコメント欄が、とても面白いです。
意見が一方に偏らず不思議なほどどちらもでるので、
別にそのように意図的にしてるわけではないのに。
ニュースで別なことで問題になることもあるみたいですが、
見ているところではそういうのは見かけたことがないです。
冷静で、様々なコメントがみれるのは勉強になります。

Posted by 動画のタイトル at 2021年10月19日 12:58 | 返信

長尾先生、こんばんは。


ブログに挙げられたニュースは私も注目していたので、取り上げていただいて思わず書き込みたくなりました。
コメント欄、イベルアンチはもう誹謗中傷と7月からずっと続く同じコメントだらけ。
未だ「馬の薬」とか書いてるやつも。最近の分離工作のトレンドは”反ワクチンやイベル信者は低学歴や低所得が多い!”ってのが増えてます。レッテルと差別のコメントばかり。仕事で書いてる奴が多数なんでしょうけど、あんな事ばっかりやってたら性格歪みそうで書き込み要員が心配になります。


最近、衝撃を受けた動画があります。(URL貼れるでしょうか)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39370791
アメリカでの病院でのワクチン被害の隠蔽の告発動画ですが、先生のこれまでのお話を思い出すに、
日本でも全く同じ事が起きているのでは?と思います。

・障害事象の報告システムが複雑すぎて(1件30分以上もかかる)忙しい中登録する人が居ないため、構造的な問題で結果として情報隠蔽が起きてしまっている。
・接種を希望しない医療スタッフにも有る時から職を賭した選択を迫られた。
この動画を取り上げたのは8:00当たりからのお話です。
イベルメクチン、看護師が使わないように上から圧力が掛かっており、(眼の前の患者のために)自分の職を賭けてまでできない、と言ったやり取りが衝撃的でした。
(看護師さんが悪いとかでは無くて、そんな事を言い合いせねば成らない極限状況の異常さに衝撃を受けました)


イベルメクチンについて色々調べていると、最近は個人輸入の際に西日本の税関でかなり厳しい規制が入ってる様です。
引っかかると12mgで4錠(だったかな?)程度を残して没収される話をブログに書いてる方が居ました。
https://ameblo.jp/kanzaki-i/entry-12686917476.html
税関職員曰く、大量輸入は本人がお医者か、必要量を証明する書面(?)や処方箋を出せ、と。
4錠の根拠は「コロナの承認とれてないのでー、駆虫薬としての用法用量で見ざるをえないんですよねー」だそうで。


色々な点を繋ぎ合わせて行くと、本当に本日のブログ記事に書かれておられる通り、
「イベルとワクチンは競合する運命にあった」が故に、
利権やムラによる徹底的な排除は本当に行われている、
逆に、多数の主要メディアや新聞からのみ情報を得ている大多数の市民の目から
なりふり構わず隠さねばならないほどに「効く」んだろうなぁと、感じています。

Posted by のんのん at 2021年10月19日 01:29 | 返信

北落師門様

新型コロナウイルスは存在します。国立感染症研究所のHPを見ることをお勧めします。
国立感染症研究所で分離されたとして電子顕微鏡写真があります。

昨年1/31に国立感染研が、単離、培養に成功したそうです

また、今年は
>国立感染症研究所(感染研)は、英国から報告があがっている感染性の高まりが懸念されている新型コロナウイルス変異株の分離に成功した。昨年末に空港検疫で見つかった患者由来の検体から採取した。今後、感染研は変異株の性状・病原性の解析、治療薬・ワクチンなどに関する研究開発を進めていく。併せて、試験研究に利用する国内外の研究機関に広く配布する予定だ

もし、存在が確認できないウイルスであるなら、どうやって何番の部分が変異した変異種が出来た、とわかるのでしょう。

また、存在しないからワクチンはmRNA方式にするしかないと言っていますが、国内ではKMバイオロジクスが不活化ワクチンを開発中、第1/2相試験が始まっています。

コロナウイルスが存在しないと仮定すると矛盾だらけになることはお分かりになると思います。存在するのでその矛盾は全部なくなります。

Posted by じゅん at 2021年10月19日 03:36 | 返信

>イベルメクチン個人輸入に警鐘 「科学的根拠なし」
>産経新聞 10月17日               →こちら
 
産経新聞といえばかつてはあの司馬遼太郎も在籍してたんですけれどもね
もし司馬さんがこの新コロ劇場新喜劇を見たら一体何をどう思うのだろう

Posted by ルパン13世 at 2021年10月19日 03:44 | 返信

イベルは、治療薬側からも攻撃されます。
イベルの製造元メルクの新薬は7万円。ほかの抗体カクテルは31万円とか。
それが国費全額負担でバンバン使われる・・・数百円のイベルで治療されたら・・・

北海道、沖縄でまた患者が増加に転じたとか。
そりゃそうでしょう。だってウィルスなんだから
国はそれを契機に3回目といいまくるでしょう。

僕はこの騒動は、長尾先生も感じてるように5類に指定されない限り終わらないと思います。
悲しいかな、そんなことを主張してたのは当時の安倍総理だけだったとか。

今ではワクパス利権もあるのでさらに全方位でコロナ危険の風潮が強まるかと。
ワクパスはシステムやカメラ、サーバー、プログラム、外注とマスコミや竹中らと相性がいい連中がいっぱいいます。カメラやプログラムのエンジンの一部もどうせ中国様が絡んでいるんでしょう
LINEも・・・利権だらけです。
3,4,5回と打てと言うでしょう

Posted by いつも拝見してます at 2021年10月19日 03:49 | 返信

産経新聞は最低限このような論文には目を通して記事にしてるんだろうな?
 
Mar. 2021 THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 74―1
〈総 説〉
イベルメクチンのCOVID-19 に対する臨床試験の世界的動向
八木澤守正1,2)・Patrick J. Foster 2)・花木秀明1)・大村 智1)
1)北里大学大村智記念研究所,2)慶應義塾大学薬学部
(2021 年3 月5 日受付)

Posted by ルパン13世 at 2021年10月19日 03:59 | 返信

イベルメクチン個人輸入に警鐘 「科学的根拠なし」産経新聞 10月17日の記事に使われているイベルの写真が素晴らしいですね。

試薬を入れるようなボトルに、手書きで「イベルメクチン」とは、読者を馬鹿にしたいのか、流通している製品の写真使用はご法度なのかでしょうか?

私の妻50代が接種済み証明が必要でイベルを飲み接種しました。
結果は初日の接種部の軽い痛みのみで、翌日には普段どうりです。

イベルメクチン・コロナ効果隠蔽事件に発展することは、巨大な圧力で表に出ることは無いのでしょうけれども、予防薬として飲まれていれば、どれだけの尊い命が救われ、多くの後遺症に悩まされる人も救えたのでしょうか。

ワクチン一択は、薬害ではなく重犯罪です。
.

Posted by 神無月 at 2021年10月19日 05:47 | 返信

でも、ヤフーのコメントはかなりの勢いで削除されます。私もちょっと多くのイイね(というのかな)がついたものを何度か消されています。アビガンやイベルメクチンのような害はなさそうだが、効果があるかもしれない、という薬を使わせなかったことは一種の薬害である。使わなかった事によって失われた可能性のある命がある可能性が高い、という内容に対する削除が多かった気がします。
コメント欄もかなりバイアスがかかっていると思って読むほうが良いのでは、と思います。

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 05:50 | 返信

おはようございます。先生この数日お元気ないように見受けられますが、大丈夫ですか?
岸田総理は季節性インフルエンザと同じような扱いにと以前言っていたのになかなか進みませんね。
西村大臣と交代した山際大臣が京大宮沢先生の後輩です。期待できるでしょうか?
コロナは怖くないけれどワクチン接種が始まってからの方がストレスです。もちろん接種する意思はありませんが、ワクパスで行動が制限される恐れがあるのかと思うと気分が滅入ってましたが、最近吹っ切れました。
日本では接種しても半分くらいかな?と思ってましたが7割に迫ってますね。
ワクチン差別するならどうぞと覚悟ができました。
やはり私は自分が納得できないことは周りのためにと言われてもできません。非国民といわれても

Posted by 中請 利恵 at 2021年10月19日 06:19 | 返信

こんにちは。

 有益な情報をありがとうございます。ダウン
ロードしました。
 こうした情報を読み解いて、行動につなげる
ためには、理解力が必要。単純な方法や大勢の
支持がある方に向かう人がいるのは、世の常。

 接種が危険というだけでは、相手の行動変容は
期待できず。接種に替わる方法があって、しかも
世の中で受け入れられる安心感が必要な様子。

 東京のコロナ。オリパラが終わってから無関心
なのですが、減りましたね。
 私は、未接種者も含めて、集団免疫が9月に
形成できたのではないかと、ふと思います。
 8月のエクソソームによるシェディングの効果
なのでしょうか。少々の空気中のウイルス量では
発症しなくなった。他には、日本の空気中にウイ
ルスや寄生虫の天敵が存在しているか。

 未接種者の方が、シェディングに気づいて情報
収集しているようで、伺ってみると楽しいですね。

以上です。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月19日 06:44 | 返信

本当に、この状況なんなんでしょう。
本当の事を知っていても、ワクチン太郎が
「全てデマ」という空気を作ってしまった為に
ママ同士での会話でさえ、言えない。
地域のコミュニティの難しさがここにあります。
言えて、「まだもう少し様子を見たほうがいいよ」
までです。子どもの通う中学でも、バンバン打ち始めて
います。 せめて、もう少し自由な議論が
出来れば若者、子どもは打たずに済んだのではないかと
思います。

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 07:48 | 返信

毎々、失礼します。

 集団免疫と書き、気になってデータを見てました。
東洋経済のコロナで。

 実効再生産数が落ち着いてきたのを9月10日と
すると、PCRで拾ってきた陽性反応者が発症を意識
したのが9月5日ぐらい。
 この9月5日ごろ、1回目接種を終えた人数が
全人口の半分を超えた頃合いでした(この頃、私、
パラリンピックの倉橋選手を応援していました)。

 ここからは、私の邪推です。
 接種をして抗体を確保した人及び接種をしなくとも
抗体を保持していた人の合計が7割から8割程度あると、
集団免疫を形成できるのでは?、と思っています。
(病院の状況を見ながら接種を進めるように、わがまちの
市役所には伝えたのですが、どうだったのだろう?)

 第6波に対応できる抗体を、より多くの方々が保持して
いますように。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年10月19日 08:35 | 返信

おはようございます。

以前、長尾先生がブログに引用されていた、大木隆生教授の提言を
定期的にTwitterやYouTubeで視聴していました。
今般、10/17付のツイートが切ないです。

東京2区の候補者に託すとのことで…。

https://twitter.com/Ohki_TakaoMD

Posted by 粛々とやる at 2021年10月19日 08:47 | 返信

おはようございます
ヤフーニュース見てきました。
コメント欄がまとも過ぎてニュース記事は完敗💦
もしかしたらわざと「国民のみなさん、自分たちには書けないのでここでたくさん正しい情報を得てくださいね」と煽っているような記事なの?と感じるくらい。
YouTubeみたいに削除されないのでよかったです。知人が皇室のニュースにコメントしたら消されたって…

先生が過去に書かれた ジェネリック薬品についてのブログ記事を目にして
ちょっとだけ先発薬との違いが気になります。
もともとジェネリックに違いを感じてきたので、悔しいけど、複雑な気持ちだけどMSDのストロメクトールを
入手しています。

それにしてもネット上ではこれだけ多くの人が目を覚まし、情報が出ているのに
まだ 10代の子に接種しようと考える親御さんの気持が理解できません。
という私も 20代の姪っ子たち3人の接種を止めることができませんでしたけど。
妊娠初期の子と今月出産の子が心配です。
接種するのも自由だからあまりしつこく言うこともできませんでした。
感染して重症化しても責任とれないし…夫婦で話し合って決めたことなんでしょうし…

先生の患者さんは幸せだと思います、ごめんね、って
お忙しいのにたくさんの情報と元気をいただいている私たちも幸せです。

Posted by ema at 2021年10月19日 08:50 | 返信

長尾先生のブログからいつも希望をいただいてます。ありがとうございます。イベルメクチンはマクロライド系ということですが、クラリス錠(マクロライド系)で結構重い副作用が出た経験のある人でも服用して良いのでしょうか。イベルメクチンだけが頼りなので、不安になっています。どなたかご存知の方も教えてください。

Posted by きき at 2021年10月19日 09:27 | 返信

長尾先生お疲れ様です。
イベルに対してどうのこうの言うんなら、ワクワク💉にも
同じ事が同じ事が言えるんちゃうの?と私は思う
ワクワク💉で沢山の方が亡くなられ、副反応も出てるのに
一部の方には効いたかもしれないけど
ワクワク💉後の後遺症や副反応で苦しんでる人を因果関係不明で
その事について調べてるのかどうかもわからん
そんな💉を重症化を防げてるから、打ちなさい!と言われても
治験も終わってないようなもの、打てるわけが無い
人に初めて使用する💉なんて怖すぎる
ワクワクが使えずイベルを使用して
助かってる人が沢山いる事実よね?
ワクワク💉が特例承認で打て打て!どんどん!でやるなら
イベルも飲め飲め!どんどん!でやってみたらどうなんよ!と
私は思いますけど

今まで気にしてなかったけど、このコロナの事で毎年5月頃から
犬に飲ませてるフィラリア予防の薬 イベルメック
初めてイベルが入ってる事を知りました😅
犬用やからアカンけどコロナになったら
この犬のフィラリアの薬を使いたいと思ってしまった私(笑)

Posted by 紅葉 at 2021年10月19日 09:30 | 返信

おはようございます😃
昨日 主人からイベルメクチンの記事の話を聞きました。コメント欄は違うことが書いてあるとも。私もピンときて、そうだよコメント欄の方が正しいと話をしました。 太陽の恵みを沢山受けた土壌から作られたいいお薬だとピン!ときてから、イベルメクチンの事を調べていたら、長尾先生にたどり着いて、それから、イベルメクチンと長尾先生のファンになりました。
ある研究に携わっていた方に聞きましたが、放線菌は他の微生物よりも遥かに多様性な生合成遺伝子を持っていて、化学合成ではとてもできないような不思議な構造を易々と生み出すことができるそうですね^_^
山などを歩くと、土の香りがそこはかとなく漂ってきますが、あれは放線菌が分泌する香りだそうです^_^
今回のパンデミックは人類が進化するためのもと、その放線菌の事を教えてくれた方が言っていましたけど、そのコメント欄の話にしても、皆さんが進化している証ですよね^_^ でも、先生がいなかったら、ここまでイベルメクチンに確信が持てなかったと思います。感謝しています^_^

Posted by さとちゃん at 2021年10月19日 09:33 | 返信

先生いつもありがとうございます!

今日のブログ内容、私も同感です。
先日の記事に限らず、Yahooのイベルを否定する記事のコメント欄には
記事内容を否定する意見も多く見られていて、先生の味方がたくさんいるんじゃないかって思ってました。
何なんでしょうね。この闇。。。先生の歌で吹き飛ばしてくださいね。

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 09:42 | 返信

おはようございます。いつもお疲れ様です。
動画を拝見しました。
井上正康氏や本間真二郎氏の著書などによると
①腸内細菌叢と口腔内の白血球の段階でかなりウィルスを防いでいる。
②食習慣・生活習慣が重症化リスクに大きく関わる
とのことです。
井上氏はACE2受容体は人体の腸にもっとも多く分布しているので、口腔内の血管から入ったウィルスは腸内の血管内皮細胞にのACE2受容体で感染し「血栓」ができ、全身に行くそうです。
ウィルスを排出するのもトイレの糞口エアロゾル感染やトイレの接触感染の方がメイン・ルートで空気・飛沫はサブ・ルートではないかとも言っておられます(だとしたらマスクの着用の徹底や時短要請や3密回避、緊急事態宣言による人流抑制や、海外のロックダウンはほとんど関係なかった事になります)。
だから、感染対策は「マスク着用」よりも「トイレの消毒と掃除」の方が大切だとも言っておられます。
ワクチンの副反応も血管の炎症と血栓が大きく関係しており、新型コロナの重症化にも「血栓」が関係しているとの事です(だから新型コロナの肺炎も間質性肺炎になるとの事です)。新型コロナの症状とワクチンの副反応には共通点が多そうです。どちらもスパイクタンパク質が関係するわけですから・・・これは素人考えですいません、実は私自身はイベルメクチンに関して知識が浅く「長尾先生が実際に治した実績があるからいい薬だろう、海外でも報告がある様だし、疥癬で長年の実績があるから安全性も確かだし」までしか正直、理解していません。しかし、本当に証明されたなら、案外新型コロナの治療にもワクチンの後遺症(程度によりますが)にも効きそうな気がします。なので、北里大学の治験結果に(二重の意味で)期待しています。
本間真二郎氏は空気感染から上気道感染説を採用していますが、マスクとウィルスの網目の大きさの差を考えると「マスク着用にそれほど効果はない」と主張しておられますね。それよりも自然免疫(腸内細菌叢を中心とした常在菌や白血球)と獲得免疫(それぞれのリンパ球の学習機能と抗体と感染細胞を破壊するキラー細胞)を理解して、適切に活性化させる事・・・やはり自己免疫の活性化が大切で、健康的な生活習慣がとても大切だとの事です。
よく「高齢者は感染対策が必要。免疫力が弱いから」と言うのも・・・一応、そうは思いますけど、実際どうなんでしょう?
高齢者は若い人と違って、体力が落ちやすく、回復しにくい傾向がある様に思います。あまりに徹底した感染対策はかえって高齢者の「自己免疫力」を落としてしまうのでは?と疑問に思います(個々の基礎疾患の内容によると思いますので一概に言えませんが、普段元気な高齢者なら、と言う疑問です。そもそも日常生活をしててウィルスの完全防御は限度があるし、それはむしろ有害な過剰対策と過剰な恐怖心を生むとすら思うんです)。過剰な消毒は常在菌を破壊、長時間のマスク着用はそれこそ肺へのダメージが大きいと思います。長尾先生はどう思われますか?

いずれにせよ、本間真二郎氏の上気道感染説でも井上正康氏のトイレでの接触と糞口エアロゾル感染がメイン・ルート説でも、二人とも「過剰に神経質になる事」は望んでおられない様子です。日本・東アジア全体では新型コロナでの発症者や死者数が欧米の100分の1程度なので2類以上の扱いは「過剰評価・過剰対策」と考えておられ、過剰な恐怖心による集団ヒステリ-を一番問題視しておられると思います。
群馬県の医師・萬田緑平氏は「普通に生活して自然に感染したほうが良い」と言っておられましたが、本間真二郎氏と似た考えなのだろうと思います。「微量の感染は副反応の無い天然のワクチン」と言う所でしょうか。

これからは、注目すべきは「自己免疫の活性化」ですね新型コロナにしても、季節性インフルエンザにしても、何なら子供達の将来的な健康の為にも、これは「みんなの為」になります。

ちなみに白状しましょう。私は外を歩くとき、マスクはしていません(お店等でマスクしてくださいの張り紙があるときは別ですよ)。もちろん仕事中は「職員」の立場上、職場の方針には従い業務中はマスクを着用しています。
しかし疑問なんですよ、青い空の広がる日光降り注ぐ広い道路、人がまばらな中、ただ黙って歩いてるだけなのに、どこからどう感染するんですか?だれに感染を広げるんでしょう?トイレ?道端ではせえへんやろ?
飛沫?空気?換気もディスタンスも100%でしょ?
誰と接触感染するの?人間の鼻呼吸はキングコブラの毒でしょうか?ウィルス感染成立はにはそれなりのウィルスの量はいらないんですか?
大体人間がそんなにもろいのなら人類はこれまでどうやって、長い何万年の歴史を生き残ってこれたのですか?

「コロナ禍」は知識人の裏切りとメディアが生んだ偏見とヒステリーですね。だから「ワクチン派」か「反ワクチン派」・・・そういうのを聞くとたまに「俺は肉体派だ!」と言ってみたくなります(笑)。知識ももちろん大事ですが、原点もまた大事ですね。
まずは笑いと体力で全部吹き飛ばしてやりましょう!
子供は風の子、健康一番、人生は幸せが一番、「笑う門には福来る!」ですよ、結局は。

Posted by 加藤 圭亮 at 2021年10月19日 09:46 | 返信

先生、今日も更新ありがとうございます。
本当にワクチンを全人類に打ち、結果グローバルエリート達が好き放題にこの地球を支配する、という最終目的に向かって、日々着々と進んでいる事が本当に悲しい(;_;)/~~~

その現状を指をくわえて見ているしかない私のような一般人にとって、先生が頑張ってくださっているのが心の支えです。

これからもワクチンだけではなく、DNAを書き換える為の薬や、カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校が現在研究開発中の、トマトやレタス、鶏肉に、mRNAを注入し、食事を通して人間にmRNAを入れるとかいう、恐ろしい計画が進んでいくらしいです( ;∀;)

でも被爆地・長崎で玄米等で解毒して、被爆者の皆さんを助けた秋月先生のように、きっとこのワクチン解毒に有効な手段を、日本人の発酵食品の中に見出して行かれますように、そして歩いて歩いて免疫力を高められますように、心から祈っております。

Posted by 雪ん子 at 2021年10月19日 10:10 | 返信

> 中傷記事が出るたびに、最新情報がコメント欄から入手できるのだ。
コンゴ民主共和国(旧ザイール)はワクチンの重要性を理解してないので打とうとする人が居ないという記事がありました。
調べたらコンゴのコロナ死亡者はほぼゼロ。
Yahoo 記事のコメントなこんなのがありました。
------------------------------------------
アフリカでは寄生虫予防で通常飲んでいるので思ったほどコロナ感染はしていない。
------------------------------------------
何故そうなのか分からなかったけどこういうことだったんですね。
確かに宝なコメントがたまに含まれてますね。

それと人道的に平等にという理屈でメリットの無い国にもワクチン打たせようとしてます。
だけど記事からはコンゴの人を下に見てるというのを感じますね。
マスコミはワクチン会社の回し者ですかね。

Posted by ボッケニャンドリ at 2021年10月19日 10:39 | 返信

長尾先生おはようございます。
もうすでに多くの方がコメントアップされてますが
凄いですね。
今日も勉強させていただきます。

皆さんのブログコメントにありました、
 mRNAワクチンはインフルエンザワクチンの50倍の死者ですか。なるほどね。
 
 理系社員は打たない、面白い説ですね。なるほどね。

 関西に感染者多いのは関東に比べて納豆食べないから。発酵食品食べるのが良いと言うことですね。なるほどね。

 そうですか、ファイザーワクチン治験が2023/5/2までですか。どうりで厚労省協力しているわけだ。(偽薬は誰に打っているのかな、死者の中にワクチン未接種が多い、つまりこれでカウントしてるのかな)なるほどね。
 だから今日の先生のブログにもあるようにイベルメクチン出てくると治験の意味が無くなる。なんとしても排除してワクチンを正当化するために日本政府もマスコミも協力しているのですね。長尾先生のような医師が出てくるのが困るわけですね。イベルイベルイベル命を排除したいと。

 へぇー、打った人マツダの車当たるんですか。凄いな(ワクチンに当たりませんか)。なるほどね。

 mRNAワクチン、新コロナと同様の毒性を持つことが解った。スパイク蛋白生み出す丸ごと方式が毒性を生み出す。末端だけ造る方式なら無毒だった。しかも抗体もしっかり作られるのに。毒出すワクチン市場に出せないはずなのに、解ったその時点で販売中止にするのはワクチン界の常識。なるほどね。
 えらいことになりましたね。

 ビルゲイツ氏が言ったんですか。人工削減計画の為に自分の財団からワクチン会社に投資したと。(そして己の金儲けの為に)世界の人を殺すのですか。なるほどね。  
 道理で自分の子供には打たせなかったわけだ。もちろん自身も打ってないでしょう。
 ビルゲイツ氏、ウインドウズで大儲けして、何もすることないから、人間が変わってしまったんですね。支配者になるつもりなのかね。でも自身もいつか死にますよね。
 大儲けしたビルゲイツ氏、財団作って、慈善事業に寄付していたと思っていましたが違っていたんですか。
 ビルゲイツ氏と仲間でウインドウズ開発、世界に広げようとしていたとき、当時日本人が発明したトロンという簡単で動作スピードが速いソフトが開発された。これを世界に広めようと、しかも無償だった。誰でも自由に使えるために日本の開発者は考えたのです。
 ビルゲイツ氏は慌てた、かどうか、わかりません。なんとしてもこれを阻止しなければ、と、考えたかどうか知りません。
 36年前の事件で日本の夢はついえた。

Posted by じぃじ和74 at 2021年10月19日 11:12 | 返信

今日の替え歌 連れっていって、二類 五類のない国へ、専門家のいない国へ・・本当にそう思います。お国の頭の中は、残念ながら、まだワクチン打たせることばかりです。こんな国だったんだと思います。先生、いつもありがとうございます。

Posted by 原田 at 2021年10月19日 11:36 | 返信

長尾先生が紹介された産経ヤフー記事のコメントを見ました。なんということでしょう~!!ここに有益な情報が入っているなんて、勉強になりました。

ヤフコメは暇な人による暇つぶし、という固定概念が払拭できました。

リアルな世界でも有益な議論がしたいところですが、家でも外でも言論統制(泣)。

Posted by いつもありがとうございます at 2021年10月19日 11:38 | 返信

この方の書かれている”接種者からのスパイクタンパク放出”に関する「ファイザーの公式文書」はまだ有効性のあるものなのでしょうか?
いわゆるシェディングと呼ばれてるものですかね。

http://ochakai-akasaka.com/counseling/210521-pf/

世に訴える声(特に海外の人は)より大げさに発信することもあるかな?と話半分ではありますが、
ワクチン会社が治験接種のプロトコルとして出している公式文書であれば余計に心配。
個人的には疑っている事がちょっとあって不安です。

社内で接種者が増えたころに、風邪の前兆も無く急に2日程高熱が出ました。のどの痛みや咳もありません。
PCRも受けたが陰性、通常は風邪薬等の処方もしてもらえるのに、「新コロではない」診断後は例により放置。
保健所に電話するも「新コロじゃないならウチじゃない。医者行け」
近所の診療所に電話入れるも「発熱者見ません。保健所へご相談を」
幸い手元の解熱剤飲んで2日程で熱も引き、逆にその後はダルさも無く何もなかったかのよう。
ただ、そのころから胸がチクチクする感覚があり息苦しさもありました。
たまーに胸がチクチクするのと、ふっと気が遠くなる感覚は週に1,2回今でも続いてます。

自分では、”ネガティブ情報過多で気にし過ぎているせいだ”とは思っているのですが、
よくよく考えると「ワクチン接種時の副反応やその後の症状事例で聞く話に似てる・・・」とまた気にしてしまっています。

その症状が出た時から今まで、未接種の状況です。
後遺症解消の可能性もあるなら、手元のお守りイベル、服用しようかな。

Posted by スパイクとは何なのだ?? at 2021年10月19日 11:40 | 返信

長尾先生のブログは毎日拝見しています。勉強になることも多いですが、イベルメクチンについては疑問があります。
以前、「メタ解析でもその有効性が認められている。筆者もコロナ患者さん100人以上に処方して有効性を確認している」と書かれています。 しかし、Cochrane Reviewでの評価はCovid-19に対する本剤の効果はプラセボ又は標準治療法に比べて死亡率減少および臨床上の増悪を低減させる効果についてはvery low ~low certainty evidenceとされています。入院患者、外来患者の両方についてそうです。
"新型コロナウイルス感染症 (COVID‐19) の予防および治療に対するイベルメクチン Cochrane Library 28 July 2021"
コクランレビューの結論は「Covid-19に対する本剤の有効性および安全性については不確実であり、本剤の使用をサポートする証拠は得られていない。現在進行中の複数の臨床試験により今後明らかになるだろう」とされています。
ご案内のように日本でも治験中で、用法用量も確定していないと思いますが、先生が本剤を積極的に使用される根拠ならびに臨床使用される用法用量を教えてください。

Posted by メッチ at 2021年10月19日 01:05 | 返信

毎日 お疲れさまです。
私の町の衆議院議員選挙区で、
日本維新の会の候補が感染症分類を
2から5への変更を訴えています。
この候補の当選は?ですが、一人でも
理解者が増えていくとよいですね。

Posted by 神奈川県在住です。 at 2021年10月19日 02:04 | 返信

数日前のところで、長文で最後、嘘ですと書かれた文章が目に留まりました。
先生の記事がSNSで拡散されていた中で辿りついた方でしょうか?
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
ネットを徘徊している暇があったら、高校の歴史と生物の教科書でも買って真面目に勉強してくださ
天然痘と牛痘の歴史、免疫システム、統計学がおすすめですよ。

最後に、あなた達には認め難く理解し難い事かもしれませんが、あなた達が陥っている状況は
「自分は特別でありたい(陰謀論を信じたがる心理)」「自分の考えは正しい、〇〇先生がいっているんだから」「エコーチェンバー効果」
あたりを調べれば自明です。

暇つぶしで書いた文章ですしこの内容は全部ウソです。私はウソしか言いません。たのしいコロナライフを。
Posted by Anonymous at 2021年10月17日 10:28
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

確かに仰るように、「天然痘と牛痘の歴史、免疫システム、統計学」自分で調べる努力は必要なのかもしれません。
どの立場の人であっても、基礎に立ち返って知識を積み上げ現状を解読しよう
そのような人はほぼいないように見受けられます。
天然痘と牛痘の歴史は、当時の状況は今の状況と重なる部分はあります。
例えば、牛の原因物質をワクチンにいれたので、当時は打つと「牛になる」と噂され抵抗した人がそれなりにいたといいます。
当時だって、初めてワクチンができた時には、初めての手法であり、未知であり、
未来的な影響という意味ではわからなかったわけです。でも一定の効果はあげたわけですね。
もちろん、感染症が撲滅した後に、使われなかった理由は永続性に問題があったからです。
毒をもって毒を制した後は使うのをやめる意味もあったわけです。
当然効果があげたといってもやめるまでに、結果をみれば撲滅に成功していますが、犠牲者も生んでいます。それをどう捉えるのかは人それぞれにも感じます。
リアルタイムにその現実にいる人と、歴史として後からその現実をみたときでは感想も違ってくると思います。

薬は毒である。処方された薬を飲んでいますが、できるなら飲まないほうがいいと先生は仰います。
その理由は薬は体によくないから、ただそれだけです。
しかしながら、症状がでており、リスクよりメリットが上回るので使っていることが多いです。
塗り薬と投薬の両方です。症状加減により自分の判断で減らす努力はしています。
類するワクチンも基本は同じではないでしょうか。

個人的にはワクチンそのものより、パスポートなんていうほうが怖いです。
海外で、反対運動が起きるのも納得。
長尾先生は、もうコロナは収束したと思いますか?
個人の対策として、コロナで重症化させない、ほぼ症状が出ない状態に、他人に危険のある移させ方をしない
自分で対策できたら、ワクチンは不要なんですよね。
持病などリスクが高い人は別ですが、個人の対策でできること。
医者として、このような生活、日常への注意があれば減らせるってことはありますか?
これまでコロナが日本で流行ってから、寒くなる冬は換気の問題もあり、爆発流行が起こっていた気がして少し気がかりです。

コロナにしても、ワクチンにしても正しく知って、正しく恐れたい。ただそれだけです。

長尾先生、こんな世の中、皆さんの気持ちが明るく前向きになる記事や動画を期待したいです。

Posted by Anonymous様へ。 at 2021年10月19日 02:46 | 返信

長尾先生、本日もありがとうございます。
この数カ月、先生のブログや動画、書籍などからコロナやワクチン、認知症、抗認知症薬、在宅医療、最期をどのように迎えたいか等々、色々なことを学ばせて頂いてます。またここに集われる方の投稿からも学ばせて頂いてます。心から感謝しています。

コロナの一連のことを通して、こんな私にでさえ、国の構造と言うか、形というか、そういったことが以前よりもわかるようになってきました。この選挙の1票、本当に大切にしなくては、と深く思います。

どの党がどのような政策を挙げているのか、少しずつ見ていますが、その中で社民党の社会新報2021年10月20日号1面に「コロナ第6波に備え自宅死なくす対策を-保健所機能不全 不合理な仕組み-」という記事がありました。
https://sdp.or.jp/sdp-paper/covid-19/
これは先生がずっと変わらずに発言されてきたことですね。
れいわ新選組は、イベルメクチンなど(治療に有用な適応外使用の医薬品)の導入について挙げています。
(私はどちらの党の党員でもないです。出来る限り調べ、考えた上で1票を投じたいと思います。)
長尾先生が挙げられた声は届いている、してこられたことも知られている、そして実際に国を動かしてきたと思います。

今日、改めて「マンガ ペストとコロナ」を読みました。
コロナに紐づけられて、改憲や緊急事態条項の創設につながっていくのか。一市民として、しっかり見ていかなければと思いました。今この時に、ワクチンも含めて、日本のコロナ対策がどうだったか、一度総括する必要があると思いました。
そして自分たち市民は、コロナとは何かを知って、恐れないで、周りの人たちとも分かち合って生きる。
使命感に立つ医師や先導者たちが倒れないためにも、そう考えさせられました。
自分の出来ること、私も少しずつ続けていきます。

音楽、大切ですね。
先日、「パーソナル・ソング」という映画を見ました。認知症や精神疾患を抱えておられる方々の、心の引き出しにあるたくさんの素敵な思い出が、大好きだった曲を聴いたことでよみがえってくる、その目に光や喜びが帰って来る瞬間は、本当に素晴らしかったです。
いつか、先生のライブを配信して頂きたいです。
それぞれの場所ですが、みなさんと共に、歌いたいです。

寒くなってきました。どうぞお体に気を付けてください。
いつも本当にありがとうございます。

Posted by えりおばさん at 2021年10月19日 03:28 | 返信

こんにちは。

 イベルメクチンでも副作用が出てこないか、
不安ですよね。興味深いサイトを、まずご紹介。

https://mildix.jp/column/%E5%83%95%E3%81%8C%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%E6%8A%97%E7%94%9F%E5%89%A4%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E7%90%86%E7%94%B1

 マクロライド系の利用法も、コツやノウハウが
あるようです。

 私自身は、第1波の時に、伊藤園の濃い緑茶で
治りました。3、4日間も微熱が続き、いつもの
風邪薬は効かず。
 そこで、緑茶をゆっくり飲むでもなく口やのどの
中でかき混ぜるように含んでコップ1杯。すると、
熱が下がった感覚がありました。次の日にもう1杯。
のども、ほとんどいつも通りに。念のため、それから
10日間は他人と会わないようにしました。極力、
話をしないためです。
 今は伊藤園以外にも濃い緑茶はありますし、ご自身で
淹れることもできます。出涸らしや薄いのは効果でません。
 また、よく調べている人達の間で、松葉茶が人気です。


 もし、身近なかかりつけ医などをおもちでしたら、
一緒にお薬を探してみてはいかがでしょうか。
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/

以上です。

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 03:51 | 返信

イベルのヤフー記事はまだ見てないですが、さっきたまたまヤフーニュースの、村上名誉教授らが開発したという、ワクチンに代わる新しい抗体療法の紹介記事への警告記事を見ました。一昨日ここのコメント欄で自分が言及した村上先生の論説、スパイク蛋白の毒性に関するところと、動物実験に関するところを含めて取り上げられていました。その記事自体は、証拠が確かとは言えない一研究者の説を記事にした、と取材者に対しての批判が殆どでしたが、先生がコメ欄を見たら世間はどう見ているかよくわかると仰っていたので見てみました。するとやっぱり予想通りでした。いくら都合が悪いから隠そうとしてももう気付いてるんですよね、数え切れない程の人が。国民は愚鈍じゃないんです。今の政策の妨げとなるからとか、政府の権威に関わるからなどの理由で隠そうとしたってもはや不可能。かえって懐疑心を煽る結果となっています。先生、コメ欄見る事教えて下さりありがとうございます。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年10月19日 04:27 | 返信

のんのんさん
リンクのご紹介ありがとうございます!
ヤフコメも、先生のブログのコメもほんと勉強になります。

> イベルメクチンについて色々調べていると、最近は個人輸入の際に西日本の税関でかなり厳しい規制が入ってる様です。

リンク先読みましたが、お役人の言ってることは全然厳しくなくて、普通の個人輸入の制限通りですね。
個人輸入できるのは【通常の用量用法で1ヶ月分】で、通常っていうのは、その薬の添付文書に書いてある分量です。
それ以外の飲み方をするときは、それを指示したお医者さんに処方箋を書いてもらって、近畿なんたらに連絡してお墨付きをもらって、税関に連絡したら通してもらえるはずです。

薬を個人輸入に頼っている人って結構いるので、ルールを守ってほしいです。。。
変な事故を起こしてまた規制強化されると詰むので、無茶なことをしないようにお願いしたいと思います。
妨害とかじゃなくて、ずっと前からある普通の法律なんで。。。

国内で普通に処方してもらえて調剤薬局に在庫があるなら、こんなゴチャゴチャしたことしなくて済むんですよねー。

長尾先生のお話と直接関係ないことで長々ごめんなさい。
先生の動画いつも楽しみにしています。

Posted by サプリマニア at 2021年10月19日 04:41 | 返信

先生、
こんばんわ!
今日は
一冊の本を紹介します。

風成のおんなたち

松下竜一著

九州の小さい村のおばちゃん達が
反公害運動に
立ち上がる!!

今一度
考えさせられます。
今、何をすべきか。

Posted by meep at 2021年10月19日 05:13 | 返信

昨日の動画でイベルの服用の目安をあげていただき
本当にありがとうございます!
どうやら私は飲み過ぎてた事に気付きましたが^^;
後悔はないですw 珍ワクより安全で副作用も
ないので^^

Posted by みるく at 2021年10月19日 05:15 | 返信

日本神道の教義とは?
司馬遼太郎は沈思黙考
口を開くと一言
「清らかであること・・・」
故に穢れを忌み嫌う・・・
中世日本を見た異国の民は驚いた
貧相ながらも小奇麗に身繕い彼方此方を掃き清める姿
「稲作で水田を混ぜ返すと土中のありとあらゆる細菌や微生物がどうしても出てきてしまう。それが疫病や伝染病、流行り病の源となったのでしょうね。だから日本は昔から身の回りを清潔に保つことが生きる為の最大公約数だったのでしょう。」
 
(悪玉菌には必ず天敵の善玉菌がいて自然界のバランスがとれている。大村博士が伊東の土から発見したアベルメクチンもそのひとつ。もしかすると古来から日本人は少しずつ自然とイベルメクチンを吸飲していて、それがファクターXなのかもしれない。)

Posted by ルパン13世 at 2021年10月19日 06:38 | 返信

先生・・お天気が続いていましたが今日は・・曇り空でした。先生も散髪してスッキリしましたね。
昔新聞4社契約していましたとPTAのママ友に無理やり宗教新聞・・ゴミ出しも対外でした。
その中で一番さっぱりしてたのがサンケイさんでした。
新聞やNHKは間違いないと小さいころから聞かされ育ちましたが‥こんな記事を見るとプライドも何もないですね。

コメント欄は面白いですよね、先生のブログのコメント欄も同じでお勉強になります。もう大変です平凡なおばちゃんは先生のブログをかみしめながら読んで・・その後何回か時間を分けてコメントの方を観ています‥数が多い時には目がくぼみます💦
それからゴシップ記事も2件ほど・・こうやって・・おばちゃんの一日は更けてゆきます。
私がお散歩する緑地では毎日土の世話をしてる方たちが大勢います・・土の匂いが好きです。

沢山の人が先生のこのブログを見るようになればいいですね‥先日80代のお爺ちゃまに紹介しました、胃がんステージ5だったのです、今は元気で毎日奥様の手料理に晩酌できています。


Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年10月19日 07:03 | 返信

北里大学センター長 教授の花木秀明先生が、下のようなtweetをしていました。
頑張っている人がここにも居るのだと、嬉しくなりました。
https://twitter.com/hanakihideaki/status/1450286663414870029
イベルメクチンの治験は進んでいます。
科学的検証を行うために、誰が何と言おうと進めます!

Posted by くらうち at 2021年10月19日 07:09 | 返信

かつて司馬遼太郎が在籍したサンケイ新聞の後輩に近藤絋一という記者がいた
近藤はベトナム戦争特派員としてサイゴンに駐在しベトナム人女性と再婚
三国志さながらの様相を呈する戦地から現地目線のルポを発信
私生活も交えた軽妙な切り口での日常と非日常の合間をいくつか書物にもしたためる
 
その中でも異色なのがカンボジア・ポルポト政権下の大下方政策に巻き込まれ九死に一生を得て帰国した日本人女性・内藤泰子さんへのインタビュー
 戦火と混迷の日々~悲劇のインドシナ
北京で毛沢東の薫陶を受けたポルポトはカンボジアで蜂起
レッドアーミーの後押しとアメリカのドミノ理論撤収・ベトナム撤退を追い風に全土を掌握
知識人・文化人は拷問・処刑され全国民移住のうえ石器時代に戻った農耕に従事させられる
一説によると当時の人口700万人のうち300万人が命を落とした
戸籍など文明的な書類もすべて破棄され本当のところは誰も分からないが最低でも100万人以上犠牲になったというのが定説
 
全体主義というのはかくも恐ろしいものという事実
そう遠くない過去にそう遠くない場所で起きていた
 
近藤のサイゴンの家にはしばしば開高健も立ち寄り与太話を延々と繰り広げ
近藤が早逝した際には司馬遼太郎が高潔な弔辞を高らかに読み上げ
近藤の遺作集は沢木耕太郎が編纂した
 
 
 
 
 
近藤絋一さんと長尾先生はどこか似てるところがあって
それは何かというと
沢木耕太郎が触れていた
 ある種の諦念
というものなのか
その源は何なのか
そんなところも人を惹きつけるのかもしれませんね

Posted by ルパン13世 at 2021年10月19日 07:51 | 返信

長尾先生、こんにちは。ブログや動画
見せてもらっています。日々お忙しい中、
情報発信有難うございます。
とてもためになっています。感謝です。
現場で働いてるお医者様で、今の状況が以前と比べてどう変わったか、直に肌で感じておられると思うので、これ以上の真実はない、と私は思っています。一生懸命患者さんのために
働いてる先生のような方や看護婦の方がいる中、テレビで現場も見ず、患者も見ずに
座ってただコメントをのべるだけで多額の報酬を得ているお偉いお医者がいることには大変悲しく思います。恥ずかしくないのかな?って正直思います。むしろ人の命を助ける医者とは言えないです。
ワクチン接種後に亡くなる方を稀ですます、というのも人の命を軽視してるとしか思えないです。家族にとっては稀ではすまされないことです。命に軽いも重いもありません。また命を救うためのワクチンで亡くなる人数が稀の数ではないです。多過ぎます。
新聞社がまともに機能していた時は、ワクチン接種後に亡くなった方のご遺族の方をインタビューした記事も見ました。
ワクチンを打たなければ良かった、と後悔している方もいました。
私も両親が高齢なもので、もし自分の親だったら、と考えると胸が締め付けられる思いでした。親はワクチン打っていません。
みんなに言えることは、目に見える部分、メディアの情報だけ鵜呑みにして自分で考えることをしていない、調べない、依存し過ぎている危険性を感じました。
また接種後の被害者の数に自分が入るかもしれない、という考えが全くないこと。
非常に危険だと感じました。
今の現代は便利にはなったけれど、個々の
想像力が欠けてしまっていると思います。
他に思いを馳せる、という大事な部分が無くなってきている、感情もロボット化しつつあるのでは、とすら思います。

コロナは嫌だけど、それによって
長尾先生の存在を知れたことは嬉しく思います。ワクチン被害者の弱い立場の声がほとんど届いていない中、言いたいことをズバッと言う先生は本当にかっこいいです。気持ちがいい。本物のお医者さまだと思う。本物のヒーローだと思う。
人間味のある人情のある、愛情ある先生は希望に見えます。医療界の志村けんさん、って私は勝手に思っています(笑)
他にもTwitterやブログで声を上げて戦ってる人たちがたくさんいるので
人間も捨てたものじゃない!って本当に思えます。辛い時こそ弱い立場の人間が一緒につながって良いつながり、大きな力になれば、と思います。それには、まず国民が政府や製薬会社におかしい、と疑問を持ったり気付くことだと思います。
コロナのおかげで医療機関や製薬会社のしくみも知ることができ勉強になりました。将来を託す子供たちのために、今
大人が、正しい知識をつけて、変わらなければいけない時なのでは、ここぞ踏ん張り時なのでは、ととても考えさせられました。

ワクチン反対運動に参加していたナカムラクリニック中村篤史先生のブログもとても勉強になります。
ワクチン後遺症、副反応に5ALAが効果あるのでは、の話で日本の伝統食にそれが多く含まれるものであったり、
また自然療法(東城百合子)
健康茶すごい薬効(船瀬俊介)
の本にも、
医学が発展したと同時に難病も多く抱える現代ですが、それを自然の食べ物や野草の民間茶が治す、という眼から鱗の話でした。
現代の難病と言われるものは、人間たちがほとんど作り出したものではないか、と思います。でも自然はそれを治す力を持っている、
すごいことだと思いました。
昔のように自然と共に暮らし、日本の伝統的食事を食べて暮らしていれば、もしかすると今のような現代病で苦しむことはなかったんじゃないかな、と色々気付かされました。
医療の発展にこのように大勢の人の命が犠牲になるならば、その発展は必要あるのかな?前進するのではなく、温故知新、
昔の知恵や歴史を知り、時を戻るのも幸せの方法の1つなのでは、と考えさせられます。
先生、お身体を大切に、これからも素敵な先生を応援しています。

Posted by 高田 at 2021年10月19日 07:56 | 返信

長尾先生
お忙しい中、毎日の配信ありがとうございます。
朝起きてブログを読み、お昼休みに動画をみるのが日課となっています。

大村博士の記事、ここに集う皆さんはもう読まれているかとは思いますが、沢山の方に読んでいただきたいので、貼らせてください。
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210712/se1/00m/020/002000d

7/12の記事で3ヶ月以上前のものですが、私は時々読み返しています。
「至誠天に通ず」
長尾先生の誠実な心も、いつか必ず天に通じます。

10/5のイベルメクチンに関する記事です。
https://indeep.jp/pfizer-corona-drug-is-almost-the-same-as-ivermectin/

個人輸入せずに、薬局で処方して貰える日が早くきますように。
そのために、いま頑張っていただいている方々に感謝しています。

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 08:11 | 返信

長尾先生お疲れ様です。先生の本も読み、こちらのブログ記事も読ませたのですが、昨日高校生の息子はワクチン1回目の接種をしました。最後まで説得?気持ちを変える事は出来ず無念ではありますが、2回目をどうにか止められるように、まだ諦めません。ニコニコ動画で、イベルメクチンの用量など本当にありがとうございます。先週無事届いておりますので、先生の本と共にお守りのようにしております。そして…一つ質問なのですが、昨日接種した息子は今のところ熱も無く元気で、
ほんの少しの腕の痛みのみなのですが…イベルメクチンを今飲ませる必要は無いのでしょうか?
ちなみに、息子18歳…高校生、高1の心臓検診で不整脈と家族歴で精密検査必要となり、検査後…良性の不整脈だが、家族歴あるのでまた来年もと精密検査をしましたが結果は同じく、良性の不整脈。
家族歴とは、祖母が不整脈のち、40代で心臓手術。私(母親)と次女(姉)が生後、心室中隔欠損症と診断される。
一人一人の質問にお答えして頂ける時間など無いでしょうが…自分でも、もちろん色々調べているのですが、やはり長尾先生のご意見を伺いたいと思いました。長々とすみません。
ニコニコ動画の最後、、高橋真梨子最高でした。先生の歌う時のお顔が、、なんとも言えず絶妙で、、沢山笑って…涙も出てきましたが、元気を頂きました。本当にありがとうございます!

Posted by こばとも at 2021年10月19日 08:35 | 返信

長尾クリニックのFBの今日のアップ、先生らしくて
笑いました。

国見さん、港谷さんもですが、スタッフの皆さんの長尾先生愛を
感じました🐾

お誕生会の時も皆さん、一生懸命でしたもんね。

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年10月19日 08:48 | 返信

生きていけるかどうかという究極に感じます。実際ニュースで接種してなかった妊婦が云々あったので、
重症化も若い人はほぼいないけれど、絶対ではないようです。持病あるなどがあります。
海外の日本人女医さんだと思ったのですが、以前、涙ながらに訴えてましたし、
おなかが大きかった。妊婦で接種。そういう中、ネットでは反ワクチンと思わしき人からの誹謗中傷があったという
話は複雑な気持ちにさせます。とりわけ酷いと思ったのが、妊婦で接種したことに対して、
人体実験になってくれてありがとう云々という話でした。
打たないことでの偏見や差別に苦しむ人もいると同時に、逆の立場でも苦しむ人もいる。
まるでどちらも合わせ鏡と感じます。どっちの選択でもいいではないですか。どちらが正しい
それはまだわからない。日本は自分の自由選択ができる国。それだけで十分で、その選択を責めることは
誰もできないのです。
もちろん、政府がそういいながら、現実それぞれの環境で難しい立場のいる人もいることは知ってます。
ワクチンにおける悪い予想は外れてほしい。切に願っています。真偽不明の情報があふれてる中、ネット民はこのよくない予想が当たってほしいと願ってるかのように錯覚してしまいます。

Posted by 妊婦の場合、 at 2021年10月19日 09:16 | 返信

こんにちは。医学生です。

長尾先生のようなヤブ医者にならないように日々勉強しています。
あなたは素晴らしい反面教師のお手本です。感謝しています。

Posted by 医学生 at 2021年10月19日 09:26 | 返信

あいみょんだ~
先生と一緒に歌いました。
沈んでいた心に元気を貰いました。
ありがとうございます。
♪どんな未来が~長尾先生を覗いているかな~♪
歌には不思議な力がありますね。

ヤフーニュースは、私もコメント欄だけを見ました。
本当に正論が溢れていました。嬉しかった。
この大波がたくさん来たらいいのになぁ。

Posted by りんごともも at 2021年10月19日 09:32 | 返信

毎日、沢山の長いコメント、凄いです。
ここにコメント書かれた人達が集まればどれだけの人数かと。

皆さんの気持ちは長尾先生と同じ、ならば、それをまとめて政府にぶつけたいですね。
コメント欄に書いてるだけでは、何も変わりません。
何かコメント欄に書かれてる事が、何らかの行動になれば、と思います。

長尾先生を先頭に、皆さんで、政府に立ち向かいたい。
何か、方法はないでしょうか、、、。

5類にすること。
3回目からのワクチン接種はなしにすること。

5類にしない限り、発熱や体調不良になるたび検査をさせられる。
この流れ止めるには、5類にするしか道はなく。

PCR検査の変わりに違う検査を作る予感もします。
とにかく、国民を薬?漬け、検査?漬けにしたい政府。

メディアの政治家は誰も言わない。
コロナ対策の解決策は5類。
国民はだいぶその事気づいているのに。
知って知らんぷり。

ワクチン接種はあくまでも、「任意」。
皆さん3回目のワクチン接種は、阻止。

2回目接種から、体調崩す人、現に身近で増えつつ。
年末にかけ、さらに増えるかと。

その対策が3回目のワクチン接種という政府。
恐ろしい政府。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年10月19日 09:37 | 返信

先生、スタッフの皆様、お疲れ様です。
もし可能であれば、20時頃に匿名でコメントしましたが、訂正したいです!

先程送信したコメントの
以下の↓から↑文をカットできましたらお願いしたいです。
間に合わなければそのままでも結構です。
お手数をおかけして申し訳ありません。

↓↓↓↓
10/5のイベルメクチンに関する記事です。
https://indeep.jp/pfizer-corona-drug-is-almost-the-same-as-ivermectin/

個人輸入せずに、薬局で処方して貰える日が早くきますように。
そのために、いま頑張っていただいている方々に感謝しています。

↑↑↑↑↑

Posted by 訂正あります! at 2021年10月19日 09:51 | 返信

先生、クラリスロマイシンがコロナによく効く理由がわかりました!
またしても阪大。山崎晶教授らの研究チームによるものです。ADEの論文も阪大荒瀬チームですし、阪大マジスゲー!

「一種類の口腔常在菌、二種類の腸管常在細菌が交差反応する抗原を持っている事を確認。これらの抗原が新型コロナに反応するT細胞を活性化できることも示された。」そうですよ!

Twitterで宝塚市の開業医、宮澤大輔先生のツイートが噛み砕いてかつ必要な情報も貼られていてわかりやすいです。クラリスの話は途中出てきます。

その細菌はバクテロイデス、クレブシエラ ニユーモニエ、これらはマクラロイドに対して耐性を持つのだそうです。
専門的すぎて私は噛み砕いて説明できません。
阪大 山崎晶教授 バクテロイデス 免疫 などで検索なさってください。

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 09:59 | 返信

イベルメクチンという優れた薬があるのに、
ワクチン打って、病人増やして、何やっているんでしょうねぇ。

Yahooのイベルメクチン記事のコメント欄は、
数ヶ月前から、真実に気付いているコメントで溢れていました。
イベルメクチンに興味・期待している人が集まっているからでしょうね。
コメント欄が多くの人の目に触れますように…。

逆に、Twitter民は、ワクチン推奨派・感染症専門医の発信を信じて、
一緒にイベルメクチン潰しをしている人も多いと感じます。
以前に比べると悪口が減りましたが、
真実に気付いている人は、まだ少ないと思います。

母がイベルメクチンを飲んだとき、
「腰痛が軽くなった。足の皮膚がキレイになった。(かさぶたのようなイボがなくなった)」
という変化がありました。
「病は気から」で偶然かな?とも思いますが、万能薬だったら嬉しいです。

Posted by 猫とピアノ at 2021年10月19日 10:03 | 返信

天高く馬肥ゆる秋
柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
柿が赤くなれば医者は青くなる
 
柿?かき…カキ!
 
【新型コロナ】「柿渋」が新型コロナを不活化 ウイルスを1万分の1以下に 食品開発に期待
https://dm-net.co.jp/calendar/2020/030511.php
カンロ、奈良県立医科大学との共同研究を実施 “柿渋”配合の飴による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化※を実証
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000154.000041274.html
春日井製菓、奈良県立医科大学との共同研究で“柿渋”による新型コロナウイルスの>99.974%不活化を実証
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000047142.html
 
マックスバリューへGO!=3
 
秋深し隣は何をする人ぞ…

Posted by 不二峰子 at 2021年10月19日 10:49 | 返信

いつも、ありがとうございます。

先週末から、気候の変化なのか、お仕事では、いろんな在宅医の先生方からの点滴指示の方が続出です。
コロナ騒ぎではなくて、通常の騒ぎ、、、です。

コロナさんの、
この静けさが、なんか怖い。。です。
本当にこのまま、収束に向かってくれれば、いいのですが、
年末に、コロナさんなのか、インフルさんなのかわからない状態が一番、困ってしまう。

未知との遭遇〜スタンバイかしら〜(^_^;)

Posted by 宮ちゃん at 2021年10月19日 10:56 | 返信

今日のニコニコ動画を観て↓
(あちらでは長文書けなかったのでこちらで失礼します)

いつも素敵なお話をありがとうございます。人智の及ばないウィルスの行動ですが、サイクル(周期)説有力ですね。現在巷で出回っているのは陽性者総数の増減なので、これからスクリーニング検査を別にして、それ以外についても総数ではなく陽性率でグラフを作成すればより正確なものができると思います。長尾先生のご著書の中でも自費検査は別に集計されていますが、元々専門家達は検査を症状有と無(これを更にa. bに分けて)検査を始めたはずなのに、厚生労働省の発表数字はごちゃ混ぜ。しかも陽性率ではなく検査数に関わらず分子の陽性者数だけをマスコミが強調するから、誤解が広がっています。これは逆の誤解も生んでいて、不正確なPCR検査が陽性者を大量に作り出しているというデマまで流れる始末です。
勿論検査総数が増えれば陽性者総数も増えますが、スクリーニング検査を含めた陽性率は格段に下がります。
そういう意味で医師が必要と判断した検査の陽性率を全ての指標(あとは重症化率・死亡率)にすれば良いと思いますが、いかがでしょう?
元々5%を超えていた死亡率も最新データ(7月)では0.15%まで下がりました。ただの風邪になってくれるかどうかはわかりませんが、現在もう既に5類以下なのは明白ですね。
これも逆に誤解される方がいらっしゃるかもしれないので、僕の経験をお話ししますが、僕は自分と家族を含め面識がある知人でコロナ感染経験者が30人おり、そのうちお一人50代の方はお亡くなりになりました。家内は生まれて初めて救急車を呼び、肺が真っ白で入院しました。息子は50日経過しても味覚障害です。他の方々のお話を聞いても、現段階ではただの風邪とは次元が違い、なめると危険であるのは事実です。正しく怖がることは必要だと思います。
勿論、現在の社会の自粛やワクチンの濫発、強制圧力などは過剰対応で論外だとは思いますが…
万が一感染した時のために、先生の「ひとりも、死なせへん」で予備知識をつける事をお勧めします❣️

Posted by 匿名 at 2021年10月19日 11:15 | 返信

長尾先生だけでなく他にもイベルメクチンを実践投与されてるお医者さんはいらっしゃいますね
そういう方々を探して聞いてみるのもひとつの手かと
 
たとえばちょっと前にこちらで紹介されてた
たぶち正文医師
もたしか
イベルメクチン
クラリスロマイシン
フサン?
のカクテル投与で効果を実感されてたような…
 
たぶちゃんねるというYouTubeやTwitterもやられているので書き込めば何か返信もらえるかも?

不二峰子からききへの返信 at 2021年10月19日 11:17 | 返信

長尾先生へ。

ご投稿ありがとうございました。日本語の間違いをお詫びします。

私は現在、日本にいませんが、以前は日本を含む世界各地に出ていました。

日本で起こっていることは、世界中で起こっています(オーストラリアはもっとひどいです)。

検閲、注射の強要、人々の混乱、嘘、・・・。

あなたが英語を話せるかどうかはわかりませんが、このビデオはとても重要です。この状況がどういうものなのかを説明しています。もし英語が話せないのであれば、あなたのブログの読者の誰かがこのビデオを翻訳してくれるかもしれません。最後まで見ることがとても大切です。

https://rumble.com/vn7lf5-monopoly-who-owns-the-world-must-see.html

Posted by 懸念する市民 at 2021年10月19日 11:32 | 返信

こんばんは。初めてヤフコメの有効な活用法を知りました笑

Posted by ポムポムプリン at 2021年10月20日 12:06 | 返信

初めてコメントさせていただきます。
キキさんへ
私もマクロライド系抗生物質にアレルギーがあります。そんなにひどいものではないのですが、以前マイコプラズマ肺炎の疑いがある時処方された抗生剤(まだおくすり手帳がなかったのでわかりませんがマクロライド系抗生物質)で嘔吐してその薬はストップされたことがあります。また、クラリスロマイシンは、飲むと吐き気が出るので他の抗生剤に代えてもらうようにしています。長尾先生と同年代女性でワクチン打ってなく、イベルメクチンだけが頼りなので、マクロライド系のイベルメクチンは果たして大丈夫なのだろうかと心配でした。幸いそこまで重篤なアレルギーではなので、先日思い切って個人輸入していたイベルメクチンのジェネリックを予防の意味も兼ねて6ミリ飲んでみました。量が少なかったせいもあるのかもしれませんが、全く問題なく、安心しました。いざという時は迷わず使おうと思っています。キキさんの場合はアレルギー症状が重いそうなので参考にはならないとは思いますが、同じような心配をした一人としてお知らせしようと思いました。
私は他にもペニシリン(嘔吐)、下剤(嘔吐)他食物アレルギー、花粉症、アレルギー性皮膚炎を持っており、それだけでも今回のワクチンには迷いがありましたが、決定的に打たないと決めたのは、yahooのコメント欄から得た情報でした。昨年辺りからテレビよりネットニュースを見るようになり、時間があればコメントにも目を通すようにしています。そこで気になる情報があれば更に調べてみます。以前はワクチンは危険があるとは思っていても、陰謀論なんてないと思っていましたが、コメント欄にあったムーンショット計画(内閣府のホームページに掲載)やグレートリセットのことを調べるうちに、陰謀論などというものではなく、日本だけでなく世界中のトップが実際に目指している世界への始まりなのでは、とさえ思うようなりました。多分、多くの人は望まない世界です。到底上手くいくとは思いませんが、そこに向かおうとするだけで多大な犠牲が払われ、取り返しのつかないことになるのではないでしょうか。
そんなことを心配しながら、デルタ株の煽りに負けて、ワクチン接種してしまった娘の体調も日々心配で、何事もないようにと祈ることしかできません。今のところ体調に変化はないようですが、ワクチンへの考え方の違いからか、娘の方から以前のように気軽に連絡をくれなくなったのも悲しいです。
それでも長尾先生のブログと皆さんのコメントに毎日元気をもらい、長尾先生のお歌に笑顔をもらっています。

Posted by しろねこ at 2021年10月20日 12:12 | 返信

 長尾先生、お疲れ様です。先生が記事に書いてくださったことほんとにありがたいです。私も先生に教えていただいた通りコメント欄読みました。本当ですね。すごい!皆さんのコメント読んでいて国民は騙されてはいない!とうれしくなりました。このように情報をとることは知りませんでした。ありがとうございました!!

 そして、「のんのん様」ありがとうございます。週末、ニコニコ動画で偶然この動画の冒頭だけ見ましたが、字幕が少し読みづらくて理解できてなく途中でやめていました。しかし、のんのん様が貼っておられたので、今日は二回(再生速度を0.75に下げて)じっくり見ました。アメリカの国立病院の救急の正看護師のこの方の告発、本当に衝撃でした!!救急の現場なのでより事の重大さがわかり恐ろしく感じました。もうずっと前からアメリカの看護師さんは日本と違い知識・専門性・意識・レベルも高く医師と同等にディスカッションできると聞きましがが、現実の会話を流されていて本当に内容に驚き事実が明らかになり衝撃的でした。最前線で頑張っていた同僚ナースを上司から強要されたワクチン接種で失い、無念であったであろう亡くなってしまった彼女の為にという思いもあったのでと思いました。
 
 某ブログで「日本人はお花畑に住んでる」という表現を以前みて、当時は抵抗を感じていたのですが今は本当にそうだいわれていた意味がやっと分かりました。
 そして長尾先生のブログでの最前線の状況を日々読ませていただき、今政府がしている「大本営」という表現が、恐ろしいけど本当の現実なんだとやっと認めることができました。今こそ国民自身が声をあげないと、本当にまさしく「お花畑の住人」で敗北になってしまうと感じました。

 先日、夕診外来で30代の男性がワクチン接種の翌日から出始めた下腿から始まった発疹が全身に及び、近医受診で治らず一週間ぐらい経過して今度は下痢と腹痛が酷くなられ受診されましたが、一旦は入院となりその後諸検査を受けられて「Iga血管炎」と診断をされてまだ入院中です。でも、医師の記載にはワクチンによるという直接的な記載はありませんでした。もちろんベースとなる基礎疾患はないかたでした。
 このアメリカの現場の告発の動画多くの方に見てもらいたいです!読者の方々のコメントありがたいです。のんのん様m皆様ありがとうございます。先生が少しでも眠れますように。

Posted by 匿名t at 2021年10月20日 12:13 | 返信

先生いつも現場の情報発信をしていただき感謝しています。
一般人がお医者さんから現場の情報や、先生の考えを聞く機会というのは滅多にありません。
このようななか、無料で毎日情報をいただけることに感謝するばかりです。
先生のようなお医者さんが近所だったら心強いなーと何度思ったことか。
尼崎に移住したい気持ちです。

今回はイベルメクチン潰し記事についてのところに申し訳ないのですが、とても共感できる動画があったのでつい先生にも見て欲しいと思いました↓
ちゅうしゃって変だねwww https://youtu.be/wIvdX2rMO5g8
にどめのあれw https://youtu.be/KlyFdsxyDB40

Posted by まり at 2021年10月20日 12:19 | 返信

>井上氏はACE2受容体は人体の腸にもっとも多く分布しているので、口腔内の血管から入ったウィルスは腸内の血管内皮細胞にのACE2受容体で感染し「血栓」ができ、全身に行くそうです。
 
 
新コロはインフル+ノロと長尾先生が仰られていたのと通じるところがありそうですね。。。。(初期にイタリアで解剖したら全身に血栓がびっしりだったとの報道もありましたし、最近?ロシアで解剖したら全身が放射線被曝したようだったとの記事も目にしました。)
 
(『(そもそもACE2って何のためにあるの?)』と今頃疑問に思って調べたら、どうも血管の縮小や拡張にも関与してるようですね。ウィルスがACE2を介して細胞内に入ると、そのACE2自体も駄目になるようなので、血管が上手く動かなくなって〇〇梗塞なども起き易くなるのでしょうか?。。)
 
 
 
 
>ウィルスを排出するのもトイレの糞口エアロゾル感染やトイレの接触感染の方がメイン・ルートで空気・飛沫はサブ・ルートではないかとも言っておられます
 
 
クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号ではユニットバス・トイレまわりのウィルス残存が多かったとテレビで報じられていました。あと香港ではSARSのウィルスがマンションのバスルーム通気口から館内全体に循環してクラスターが発生した事例の話も。これら2つの要素のコンボでエアロゾル感染も疑われてた筈だったのに、いつの間にか科学的な分析は報道ではほとんどされなくなっていったのも違和感ありまくりです。
 
 
 
 
>本間真二郎氏は空気感染から上気道感染説を採用していますが、マスクとウィルスの網目の大きさの差を考えると「マスク着用にそれほど効果はない」と主張しておられますね。
 
 
マスクについてはこのような見解もありますね。(いずれにせよ科学的な探求心とTPOに応じたケースバイケースの適材適所が妥当といったところなのでしょう。)
https://manushop.ocnk.net/diary-detail/234
https://engineer.fabcross.jp/archeive/200511_respiratory-cloth-masks.html
アルゴンヌ国立研究所とシカゴ大学の研究チームが「 2枚のシフォンで綿を挟んだ3層構造」でテストしたところ、エアロゾル粒子が最大で99%除去され、N95マスクに匹敵する性能を発揮したとのことです。この結果について研究チームは、「布を組み合わせることで、物理的なろ過作用と静電気との複合効果が発生し、マスクの性能が飛躍的に向上すると思われます」と推測しています。
 
 
 
 
>群馬県の医師・萬田緑平氏は「普通に生活して自然に感染したほうが良い」と言っておられましたが、本間真二郎氏と似た考えなのだろうと思います。
ウィルス感染成立はにはそれなりのウィルスの量はいらないんですか?
 
 
人間の免疫システムは複雑にして重厚でまだまだ分かっていないことが多いというようなことがどこかに書いてありました。だからワクチンによるスパイクタンパクのみに対抗する抗体を持つよりも自然感染でウィルス全体に対する防御態勢が体内に構築される方が遥かに優れていると。(勿論その前に死んでしまっては何にもなりませんが。)
 
あとやはり当初テレビで感染に必要なウィルス量は300万個以上で大きな飛沫に含まれる程度、100万個以下であれば免疫が防いでくれるので感染(発症?)は防げるだろう、というような報道もあり、『(まぁ咳やくしゃみが直撃しない限りは大丈夫なんだろうなぁ)』などと捉えてましたが、今ではやれデルタ株のウィルス量は他の1000倍とか恐怖心を煽るような報道ばかりで、『(ウィルスのサイズが小型化した訳じゃあるまいし、感染した後の体内での増殖の効率性のことなんだろうけど、なんだかなぁ・・・)』といった感じです。。

匿名3号から加藤 圭亮への返信 at 2021年10月20日 12:38 | 返信

先生、いつもありがとうございます。
ヤフーのコメント欄、素晴らしいですね。皆さんよくわかってらっしゃる!
コロナこのまま増えないで欲しいな。
そうじゃないとまた無駄なバカ騒ぎするから。
コロナは怖くない。
ワクチンは怪しいから怖くないコロナには不必要だから打たない。
これで私の中では結論が出ていてコロナは終わり。なのですが、ワクパスが厄介です。打った人が恩恵を受けるだけの使い方なら、どうぞお好きにやってください。ってとこですが、子供や自分に不便や不利益な事に使われないかが恐怖なのです。それは病など関係なく、人間がする事。正に人災ですね。

Posted by ざくろ酢 at 2021年10月20日 01:10 | 返信

そうそう改めてブログの「いいね!」数をじっくり見てみたら
週間IN:104,440
1人1クリックで1日(7で割ると)少なくとも1万5千人近くの人達が先生のブログを見てらっしゃるということですね?!凄いですね!(という訳でクリック!クリック!)
 
こうして長尾スクールの長尾チルドレンが巣立って行くのでしょうか?
 
そういえば今までヤフーのコロナ関連ニュースでも中国・五毛党のパクリみたいなヤフコメ乞食が湧いてましたが、最近は勢いが無くなってきたようで(笑)、衆院選の記事の方へと駆り出されたりしてるのかな?なんて・・・
 
いい傾向です。
 
レジスタンス効果もあったりもしてるのかな?
 
(個人的にはレ・ミゼラブルが好きで、NYブロードウェイで5回は見たのかな?あとロンドン・ウェストエンドや東京・帝劇でも。特に学生レジスタンス達がバリケードの上で憲兵隊に乱れ撃ちに撃たれ、だら~んと朽ち墜ちるシーン。映画(2012)もよくできてますよ。(先生まだ未見なら)お勧めです。(ブロードウェイ・オリジナルキャスト(5回見た!)でお馴染みキャメロン・マッキントッシュの手によるものなので!)
 
コロナの方は逆に、長尾先生の預言通り、1年後には為政者(偽政者?)やマス鵺メディア、エセ専門家達が吊し上げを喰らっているといいですね。ワク太郎よりスシ太郎です!(?)。)
 
秋深し 長尾先生にも 息抜きを

Posted by 匿名 at 2021年10月20日 01:34 | 返信

闇の支配者(陰謀論)のもうひとつの真の狙いは
社会の分断を煽ること
かつてのカトリックとプロテスタントの血で血を洗う対立のような
人は誰でも心の中に闇を抱える(黒歴史・・・墓まで持って行こう)
対立させ猜疑心を搔き立てることで心の闇に溺れさせ自滅へと誘う
 
そんなとき良い子の皆さんは長尾先生のお写真をみてホッコリしましょう・・・ホッコリ

Posted by 匿名3号 at 2021年10月20日 02:23 | 返信

本当の医学生はこんなコメントしません。
医学生本人、医学生が家族にいる人なら分かります。
書くとしても、もっと違うことを書きます。
それを知らない人が医学生を語り、書き込んだことがミエミエです。


ま、長尾先生はとっくにお気づきだとは思いますけど。

匿名から医学生への返信 at 2021年10月20日 05:39 | 返信

えっ?反面教師ってどういう意味?なぜこのブログへ?コメントする目的は?

匿名から医学生への返信 at 2021年10月20日 07:40 | 返信

はじめまして。長尾先生の尽力でイベルメクチンの情報が広く行き渡ったことに、感謝致します。
薬問屋では駆虫薬以外の目的でイベルメクチンは売ってくれず、在庫が尽きたと書いておられましたが、
医師がジェネリックを輸入すれば良いだけと思うのですが、それは難しいのでしょうか?

Posted by ドンカンオ at 2021年10月20日 08:04 | 返信

いつもありがとうございます。
先生の動画が見たくて、ニコ動にアカウント作りました。
これからも応援しています。

さて今回はヤフ−ニュースの
コメント欄をお勧めするブログでしたが


今朝のニュースで、
ヤフーニュースのコメントに
誹謗中傷が多い場合はコメント欄を削除するとか。
(確かに誹謗中傷で悪意ある言葉で人を傷つけるのはいけないことなのは大前提ですが)
サイトが不適切と判断して削除するのが当たり前になると、
今後はどうとでもなる
例えば都合が悪いもの、世間で否定派のものなども追加で
削除対象にするのは、さらに簡単になる気がして怖いです。

昨日の今日でこのニュース。
長尾先生の影響力か?なぁんて妄想してます。

だとしたら素晴らしいことです。これからもご活躍応援しています!

Posted by 星に願いを at 2021年10月20日 11:06 | 返信

なるほど、なりすましかあ。こういう人には岡崎体育のインターネットで喧嘩すんな、のMV観てほしいなあ。あなたみたいなの出てるから。

匿名から医学生への返信 at 2021年10月20日 12:22 | 返信

残念.本当に医学生です。

医学をちゃんと学べば、彼のようにはなりません。
科学より感情を優先するのは科学者ではありません。宗教家です。

医学生から匿名への返信 at 2021年10月20日 02:15 | 返信

本当の医学生はこんなコメントしません。
医学生本人、医学生が家族にいる人なら分かります。
書くとしても、もっと違うことを書きます。
それを知らない人が医学生を語り、書き込んだことがミエミエです。


ま、長尾先生はとっくにお気づきだとは思いますけど。

匿名から医学生への返信 at 2021年10月20日 06:17 | 返信

匿名3号さん、お返事ありがとうございます。
そうですよね、そもそも報道の在り方自体が極めて片寄ってますもんね。
それが諸悪の根源だと思います。
学説は学者の間でもそれなりに違うものでしょう、それは仕方がないし、必要な所もあると思います・・・多様性の中の可能性とでもいうのでしょうか(うまく言えなくてすいません)。
しかし今の状況は医学とウイルスの戦いや学説の正当性の戦いじゃなくて、殆どメディア・リテラシ-の戦いになってきてる気がしますね。だから本当に厄介な状況だと思います。

丁寧な分析とてもうれしく読ませていただきました。

Posted by 加藤 圭亮 at 2021年10月20日 09:01 | 返信

しろねこ様 
色々と教えてくださりありがとうございます。コメントを拝見してとても参考になりました。何より安堵いたしました。私は多分しろねこさんと同世代女性で、同じく複数のアレルギーを持っています。特にクラリスでは全身発疹全身筋肉硬直で数日動けなかったのです。主治医からはそれでもワクチン接種を勧められましたが、ワクチンを打つのはやめました。
ワクチン接種を巡ってご家族や友人関係が微妙に変化するのはお互いがつらいです。私も似たような経験をしていますが、ワクチン接種の件で人間関係にも影響が出るなんて、思いもしませんでした。
だからこそ長尾先生のブログから勇気を頂けるのはありがたいことです。

ききからしろねこへの返信 at 2021年10月20日 09:08 | 返信

長尾先生はヤブ医者!
それも真のヤブ医者!
でも藪医者じゃなくて
養父医者の方のね(笑)

Posted by 匿名3号 at 2021年10月21日 01:55 | 返信

イベルメクチンを飲むと、スパイクたんぱく質発生の抑制がされるので、後遺症の方々が快方に向かったと感想を述べるんだろうなと思います。
ウイルス関係なく、スパイクたんぱく質自体が毒性を持つと論文がでてるんだから、毒算出するワクチンを打つことは。。。と誰でも考えればわかることだと思います。特に細胞が活発な若者は。。。

今後 自己免疫疾患の発生など、注意していかないといけないかなと思います。
もうどんどん中学生も打ち始めています。
みなさん、副反応報告会とか厚生労働のHPみないんですね。
そして、子供に症状がでたら、知らなかったってなるんだろうな

Posted by あまっこ1974 at 2021年10月21日 10:23 | 返信

>今日の東京のコロナは、29匹。

新規感染者のことでしょうが、どういうおつもりでしょうか。
新規感染者は人にあらず、とおっしゃっていると解釈してよろしいでしょうか。

Posted by 匿名 at 2021年10月27日 08:18 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会