このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

貴方は自分の免疫を持っている!

2021年11月28日(日)

「免疫」と聞くと、「ワクチン」しか浮かばない人が多い。

でも誰でも自分の免疫でほぼ充分であることを忘れないで。

それを「自然免疫」というが、それを高める生活が重要だ。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



コロナの抗体が半年たつと3分の1に減るからなんとか、という話ばかりだ。


それがどうした。

新型コロナにスパイク蛋白のRNAで無理やり造った抗体が減るのは当たり前。


人体は、不要な抗体を造り続けるほど暇ではない。

免疫機構を維持するために。無駄なことはしない。


そもそもすぐに目減りする獲得免疫なんて、それを造り続ける意味が

ないくらい、たいしたことがない相手であることを示しているだけだ。


だから、抗体低下=ブースター接種が必要、という思考回路は間違いである。

抗体低下=それくらいたしたことがない相手、という思考回路に変えないと。


そして、免疫=抗体、ではない。

抗体よりも大切なものは、誰でも持っている「自然免疫」である。


マクロファージ、顆粒球、単球、NK細胞など、元々備わっている免疫が重要だ。

そういった自然免疫を高めることが何よりも大切であることを医師は言うべき。


食事、運動、睡眠の三位一体で自然免疫は鍛えられる。

あとは笑いと生き甲斐など、ストレス発散、も大切だ。


貴方は自分の免疫を持っている!


患者さんにそう言うと「え?本当ですか?」とか

「知らなかった」なんて言われるけど、本当です。


日本国政府も専門家も、抗体の減少に対する恐怖症に陥っているようだ。

その結果、ワクチンを打たないと安心できないなら、ワクチン依存症だ。


なんなんだろうね。


そんなアホなテレビを観る暇があれば、少しでもいいから屋外を歩いて欲しい。

紫外線を浴びながらの有酸素運動こそが自然免疫を高めることがなにより大切。




どこに行っても、3回目接種に関する質問ばかりで、本当に疲れる。

いったい何のために、誰のために打つのか?と素直に考えて欲しい。


専門家とは「第六波が来るぞ。怖いぞ」と煽る人のことだ。

来るか来ないか、であれば、「来る」と言ったほうが安全。


しかし、万一来ても、重症化しない、死なせない医療制度を整備すればいいだけ。

加齢の肥満症と喫煙がハイリスクだから、そんな人達だけに注意すればいいだけ。




PS)

コロナチャンネル #567_


抗体が切れたら打つ、切れたら打つ・・・これって依存症やんか⁉  →こちら




「オミクロン株」を絶対に入国させない検疫体制が最重要。

これまですべての水際対策は失敗しているので今回こそは。


9ケ国からだけの入国制限だけではダメ、だ。

せかっく東京都が16人まで減っているのに。


国内は収束しているのに、水際対策の不備でぶり返すかもね。

国内は緩めても入国制限は締めないと、元の木阿弥になるよ。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

神戸オリックス惜しかった
長尾先生ちょっと残念です
神宮球場近くの学校と会社
10年位あの辺過したけど
ヤクルトファンじゃないの
乳酸菌シロタ株のヤクルト
世界中のお店でも売ってる
だから日本人コロナに強い
ヤクルトゴックンなのです🏆

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 01:35 | 返信

南アフリカから香港のホテルに宿泊中の旅行客二人が、変異株。
二人共、ファイザーのワクチン二回注射済み。
オミクロンは、ジョンズホプキンス大学やワールドエコノミーフォーラムでは、来年五月に登場予定だったけど、前倒しになったのね。
ちなみにオメガ登場予定は、再来年の二月。
今やってる事は、国連2030アゼンダ。
スペインの研究グループが今年六月に発表した事や今月のマリヤナ・ラブ医師の話は、マタタビの羅針盤で見れる。
皆んな、惰眠から、目覚めないと、政府に病気にされて、殺されちゃうよ。
誰も信じないけどね。
ワクチンだって信じてるんだから、救いようが無いよ。
ワクチンなんかじゃないからね。
長尾先生、これからとても、忙しくなるよ。辛くなる。もっともっとね。
あんな注射を考え出すなんて、悪魔だよ。
抗寄生虫薬やグルタチオンやシスティン、活性硫黄が、何故効果有るか?
という事も理由が有る。
親電子性毒物=酸化グラフェン入り。
人のE1 E3 E4 遺伝子を削除し、DNA修復を不可能に、B2B遺伝子削除し、男女の不妊、断種、

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 02:01 | 返信

「新型コロナウイルス薬モルヌピラビルについて当初発表されたものより低い効果」
 →効き目はイベルメクチンの半分以下! 
米製薬大手メルク・アンド・カンパニー(Merck & Co)は、試験中の新型コロナウイルス薬モルヌピラビルについて、更新された試験結果は当初発表されたものより低い効果を示したことを報告した。ロイター通信が報じている。
モルヌピラビルと名付けられた新型コロナ薬の入院および死亡低減率は、1433人が参加した治験では30%だったことが明らかになった。同社が以前775人を対象に行った試験では同低減率は50%だった。
同社は中間データが得られた時点で、FDA(米国食品医薬品局)に同薬の緊急使用について承認申請を行っている。英国は同薬を世界で初めて承認した。
(以前の投稿、Yahooニュースより)
後藤茂之厚生労働相は10日、米製薬大手メルクから「モルヌピラビル」を160万人分調達することで合意したと発表した。薬事承認を前提にした契約で、感染の再拡大に備える。飲み薬は自宅で使いやすく、病院の負担を軽減できる。メルクによると、契約価格は12億ドル(約1350億円)。この新薬一人分約85,000円(購入契約額1350億円/160万人分)作用機序はウイルスを変異させることによって機能しヒト細胞を変異させる可能性があり、癌および出生時欠損リスクを高める恐れ。
→新たな重大薬害リスクを抱えるこの新薬を、薬事承認なし&治験もなしに購入契約させられてしまっている。
 有効性が疑わしいこの新薬は購入取り消しとした上で、国は全世界で有意な治験実績のあるイベルメクチンを速やかに
 特例承認し、多数の死亡者と後遺症患者を生み続けているワクチン接種を全廃すべき! 

Posted by momotaro at 2021年11月28日 02:03 | 返信

揚げ足を取られないようお願いします。たった1つの失言を指摘して、今までのすべての意見を無効にしようと監視されている事も考慮していただくようお願いいたします。コロナビジネスは温暖化ビジネス同様に世界的ビジネスです。感染力の強いコロナウィルスが南アで確認された報道が始まっています。それに対応するvaccineを早急に製造するとの報道もあります。イタチごっこを装いコロナビジネス、vaccineビジネスをもう少し延長しようとしているのでしょう。鳥インフルエンザも毎年自費で接種されていますが数千円程度です。一説によるとその年の流行により当たりはずれがあるとの説や、インフルエンザvaccineを接種するからインフルエンザによる死亡者が増加しているとの説もあります。vaccineは万能予防薬ではないのです。コロナvaccineは現在国家が費用負担していますが、やがて自費負担になるでしょう。検査だけでもそれなりに費用が掛かり、もしコロナ騒ぎが収まるとvaccineや検査キットは不良在庫となり儲けようとしている方にとって大変な損失になります。海外企業だけでなく日本の企業もかなりの資金を投下して開発中です。残念ながら簡単に止めることはできないのです。

Posted by JUST DO IT at 2021年11月28日 03:19 | 返信

>コロナの抗体が半年たつと3分の1に減るからなんとか、という話ばかりだ。
 
専門家は「ワクチンは自然感染の100倍抗体ができるから素晴らしい」というのなら仮に半年後1/3に減っても全然問題無いと続けるべきであって、そうでないのは逆に100倍ですら効果は保証できませんよと言ってるようなものですしね。それにそんなに大量の抗体ができてしまったら怖さもあります。本来、自然感染による抗体産生で(タイミング的なディレイこそあれ)量的には十分なのでは?。サイトカインストームという言葉もテレビから聞かれなくなりましたが、多すぎる抗体と紐付けされてネガティブな連想されると困るからでしょうか?。
 
 
>食事、運動、睡眠の三位一体で自然免疫は鍛えられる。
 
沖縄が長寿日本一の座から陥落したのは若者が欧米風のファーストフードを好むようになったからという理由も食事の大切さを物語ってますよね。伝統的な沖縄料理は感覚的にも本当に良いものがあるような気がします。(長野が長寿日本一の座を得たのは地域ぐるみで各家庭を訪問しての減塩食への取り組みがあったから。山間の内陸は冬場の保存食にどうしても塩を多用した風習が残っているので。)
 
 
>紫外線を浴びながらの有酸素運動こそが自然免疫を高めることがなにより大切。
 
北欧のスポーツ選手は練習内容に日光浴の時間がありますね(白夜のお国柄)。向こうで指導した経験のある先生は早速それを日本でも取り入れてました。(今までビタミンDなんて意識してませんでしたが、手のひらを太陽にかざしてみればいいだけというのも人体の不思議発見です。)
 
 
>専門家とは「第六波が来るぞ。怖いぞ」と煽る人のことだ。
>来るか来ないか、であれば、「来る」と言ったほうが安全。
 
「備えあれば患いなし」と昔の人は言いました。例えそれが無駄になったとしても誰も税金とか文句は言わないでしょうし、選挙にも影響しないと思うのですが、及び腰に見えるのは何故なのでしょう?。

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 04:47 | 返信

今回の記事、100%同意します。当たり前のことをみんな忘れてる。自己免疫力を高めるような対策してるので、というのは、ワクチン打たない理由としてもまったく問題ないはず。
それをマスコミは打ちたくても打てない人もいるなんていやらしい言い方ばかりする。なぜ、自己免疫を信じて打たない選択をしている人もいると言わないのか。そんな真っ当な人たちをワクパスで差別しようとしてるんだからおかしくなりすぎてますこの国は。
先生の言う通り歩くだけでも免疫力向上します。本来ならイベルメクチンさえ不要。お守り程度のお薬です。

Posted by eichan at 2021年11月28日 05:31 | 返信

長尾先生へ
 免疫=抗体ではない。 
 自然免疫力を身につける。

ワクチン接種を受けようとする人達に
目覚めてほしい、一番の事だと
思います。

人間が人間を治すのでなく
自然が人間を治す

日本国民に目覚めて欲しいです。
日本人の本来の姿に。


そんな意味でも
木原くにや氏の「祖国再生同盟」の立ち上げは
相当な覚悟と決意かと思います。


日本の危機感を感じる人
日本の危機感を感じない人

長尾先生を信じて
木原氏を信じて
前に進みたい
 

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年11月28日 05:40 | 返信

>その結果、ワクチンを打たないと安心できないなら、ワクチン依存症だ。
 
長尾先生の著書ではありませんが、地元では有名な精神病院で出された山のような薬を飲み続けていた人がセカンドオピニオンで他院の医師から「それ続けてたら死ぬよ」と言われ、なんとか薬断ちしたら治ったという話を聞きました。(地方だと特に権威ある医師はある意味絶対です。)
 
ワクチンもメンタル的な依存症のうちはまだいいのでしょうが、アル中のキッチンドランカーのように体が要求して逆らえないようになってしまっては困ります。
 
そのうち「ワクチンは打ち続けないと止めたら害がでる」とか、「止めるためにはワクチン依存症治療の新薬が必要です」などと言い出しかねないのが恐ろしくもあります。(すでにそのための準備も着々と進んでいたりして。)
 
庶民にはデメリットでも医療業界全体としてはメリットとなるようなことが大手を振ってまかり通っているような気がして(後遺症患者たらい回しによる診療費の多重発生もそうですし)、長尾先生を始めとする一部の良心的な医師そして人間を他の方々も見習い悔い改めて欲しい気持ちで一杯です。(仕事場にて医者が身内にいる人が、医者の話になるとクシャおじさんが苦虫を嚙み潰したような顔になるので、難しいのかなという気も致しますが。)
 
医師免許の国家試験には最初に「道に倒れている人がいたら見て見ぬ振りせず助けなければならない」というような設問があるというような話を聞いたこともあったので、「だからお医者様は先生なんだな」と得心していたのですが、それが本音と建前でないことを信じたいです。(もちろん杓子定規ではなく仕事に差し障りがでるような場合などケースバイケースでしょうが。)

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 05:41 | 返信

質問です。
もし仮に、コロナワクチンをうったことで自己免疫が機能不全に陥っていたとしたら、他のワクチンをうつことに問題はないでしょうか?。
例えば、インフルエンザワクチンをうつとインフルエンザにかかる、とか。
帯状疱疹ワクチンをうつと帯状疱疹にかかる、とか。
ワクチンの種類にもよるでしょうが、弱毒化したものだとどうでしょう?。
今までワクチンの種類まで気にしてなかったのですが、これからは調べた上で決める必要があるのかどうか。
こういうのは行政の仕事でしょうが。

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 06:23 | 返信

こんにちは。

 ワクチン依存の思考は、麻薬のそれと同じように
捉えています。インフルエンザワクチンを毎年の
ように受けられる状況に、私は驚きました。受ける
ことに慣れている人々がいるのでしょうね。

 無駄なことはしない。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年11月28日 06:35 | 返信

三回目の接種ワクチンはオミクローン株には有効なのでしょうか?
有効だとしたら中身も変更されているのでしょうか?
変更されているとしたら治験は行われているのでしょうか?
(今のは4万人で治験されてますよね?若干の変更程度なら追治験は不要?)
もし現行ので効果劣るのなら打つ必要性はどの程度?(それを確かめるのが治験では?)
何か基本的なところがどんどん疎かにされ接種が当然視されてるような・・・
もしかしていつの間にか中身入れ替わってて報告もされてないのではないかという危惧も・・・

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 07:07 | 返信

先生いつもありがとうございます。
正しいニュースなのか分かりませんが東京都は
イベルメクチンを宿泊療養者の希望する人に投与するらしいです。
そしてデータを取るとのことが書いてありました。
これはイベルメクチンが認められるんでしょうか?
今はお医者様が許可したら処方できるけど実際使ってる
先生は多いのか?疑問です。でもデータを取って認められたら
使われるようになるのか?とても長い期間かかりますね。
メルクとかファイザーの薬は、めっちゃ早く使われそうなのに。

Posted by ゆう at 2021年11月28日 09:00 | 返信

28年前から町医者をやっている者です。
開業の年にインフルエンザにかかりましたが、その後一度もかかったことはありません。
インフルワクチンも一度も打ったことがありません。
町医者をやっていると風邪やインフルエンザの患者さんを診るたびに「自然免疫」が活性化されると思っています。
時々患者さんに聞かれます。先生はどうして多くの患者さんを診るのにインフルにならないの?
患者さんからもらった「自然免疫」は最強なのだと説明しても理解できる患者さんは皆無です。
今回のコロナワクチンはスパイク蛋白を注入するだけのものでワクチンとしては欠陥品と判断し、僕自身打っていません。もちろん自分に打たないものを他人に打てないのでワクチン接種には協力していません。
出入り口が1箇所だけの小さなクリニックなのでコロナやインフル、溶連菌の検査はできません。
発熱の患者さんには検査できない旨を告げて、それに納得できる方は診察しております。インフルの迅速検査もなく、タミフルもない28年前を思い出します。
知らないうちにコロナの患者さんを診察していた可能性もあると思いますが、今のところコロナには感染しておりません。
やっぱり風邪には「自然免疫」しかない。これが僕の持論です。

Posted by 世田谷の町医者 at 2021年11月28日 09:14 | 返信

おはようございます。はい、自分の免疫を大事にしたいと思います。
私はある老師にお願いをしてZOOM禅会をしています。
質疑応答の場で、「コロナワクチンを強要された場合、仏道ではどうとらえるのですか」と言うのがありました。
静止画像動画でyou-tubeに上げています。「坐禅サイト・Zazen」 の11.27の「事前質問へのお答え」の③番目です。
公の処で老師のお答えです。コロナワクチンの薬害についての実情はご存じないとおもいます。良かったらご覧下さい。(リンクが貼れないので)私は老師の様に慧眼の方に実情を知って頂く様に勤ています。
四つ目の質問は、病気・死についての物でした。私は長尾先生の一つ一つの症例に丁寧に、実際に事実にと言う処と、老師の言われる事実に生きるは同じと思っています。長尾先生の⑤著書を拝読して、そのところを勉強しようと思います。
多くの人が困っている人が困っている状況は、改善される様に、私の問題としてやっていこうと思っています。
合掌

Posted by Shizuka at 2021年11月28日 09:30 | 返信

先生、毎日ありがとうございます。
昨日の産経新聞(ヤフーニュース)で「東京都、コロナ経口薬の治験協力開始」の記事がありましたね。
やっとイベルメクチンの前向きな記事が・・・
東京だけでなく、全国で実施して欲しいです。

Posted by ついんず at 2021年11月28日 09:58 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
ワクチン依存から 感染症の基本的な対策 検査、隔離、治療に戻るべき 
2類感染症から5類感染症に変更とイベルメクチンの保険適用承認だけでいいのでは
但し 2類感染症から5類感染症への変更に反対する政権を支持団体があるのでは
コロナワクチンを特例承認したことよりイベルメクチンの保険適用承認がされないのでは
又ワクチン接種後の死亡、後遺症は因果関係は不明になるのでは
テレビ、新聞、SNSの情報統制を辞めるように圧力かけて 真実の情報がでるようにして
3回目接種や子供接種を再考するなど 政権のコロナ対策を変えるように世論を作る必要だと思う
真実の報道しない新聞は購入しない テレビ局に問い質すなどの行動を起こす時期が来たようだ
ワクチン接種は自己免疫がさがり コロナ以外の感染症に弱くなり 帯状疱疹、血栓症、がん等になりやすい
ワクチン接種は治験に参加している認識ないのでは
長尾先生、スタッフかた 今後も治療、発信よろしくお願いいたします

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 10:04 | 返信

こんにちは。
コロナ以前からたくさんのウイルスがありました。体が丈夫な私でも、インフルエンザ、ノロにかかったことくらいはあります。そんなとき、窓から街を見ると日常そのものだったはずです。
ところがコロナ。ここまで人と人とを分断するとは思いませんでした。そこまで危険なウイルスなのか、私に判断する術はありませんが、以前にあったウイルスとの付き合い方を人々は忘れてしまったのでしょうか。ひとりひとりの思い込みが独り歩きしているように思えてしまいます。ウイルスより、メディアに煽られた人々の思考が伝播するほうがよっぽど恐ろしい。いまやスマホ時代、ミームはゲノムより簡単に飛んでいってしまいます。

Posted by T at 2021年11月28日 10:07 | 返信

私の主治医は「その程度のことは自分の身体で治せ」と言ってました。
まともな医者だと思いましたし患者のことも真剣に考えてる医者です。

ところがコロナ後は人が変わったのかと思うようになりました。
『イベルメクチンは有効性が否定されている』
『絶大なる信頼のワクチンが最大の予防』などをツイート。


『新型コロナウイルス感染症の国内発生動向』やイギリスやイスラエルのことを調べればそこまで言い切れないと思うんですけどねぇ。
忙しいので厚労省の通達だけ読んでそれを信じてるんでしょうか。

私は専門家でも何でもないですが長尾先生の話は腑に落ちます。
しかし圧倒的多数の人、
そこに医師や専門家が含まれてますが「この医者、何言ってんだか」と思ってるみたいですねぇ。

それは何故なのか。全く分かりません。
まるで中世のガリレオ裁判を見てるみたいです。

Posted by ボッケニャンドリ at 2021年11月28日 10:14 | 返信

先生、いつもおつかれです。
しっかり休養もされてますか?

WHOがmRNAワクチンの有効性が40%に下がったと発表しました。
まさかのDNAワクチンの70 %台以下です。95%とかだったのに。
今後もこんな後出しジャンケンされてくんですかね。
悲しいです。
でももう恐怖煽りに騙されてばかりにはいきません。
おっしゃるように自然免疫こそ最強なんです!

ところで、東京都もようやくイベルメクチンの治験を受け入れましたね!
先生のお陰ですよ!!
みんな優しさを取り戻していってほしいです。

一人でも尊い命や健康を犠牲、無視してまで全体主義を
推し進めるのは完全に人類の過ちです。

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 10:17 | 返信

とても納得のいくお話で胸がスッとします。
ほかのお医者さんたちはどうしてそう考えられないのか不思議ですね。
いまだに毎日ニュースを見て「どうして岡山は減らないんだ…」とわずかな陽性者数にため息をつき
3回目接種がちゃんと希望者に行き渡るんだろうか、と心配している夫に言ってみたいな
「それがどうした」って^^

Posted by ema at 2021年11月28日 10:38 | 返信

長尾先生、自己免疫を思い出すと、明るい気持ちになります。

有難うございます。先生のブログにいつも救われています。

Posted by イチジク at 2021年11月28日 10:46 | 返信

長尾先生おはようございます
今日もブログありがとうございます。

「自然免疫が一番」とは此度のワクチンを憂う数少ない世界の医師も指摘しています。
長尾先生もあえて口にしなければならない程ことは重要です。
が、昨日遠くにいる知り合いに電話することがあり、ついでに3回目打ったらあかん、体壊れていくでと言ったところ、効く耳持たんといった調子でした。ま、接種率にも表れてますけれども、知らない解らないほど怖くないものはありません。

昨日のコメントから、やっぱりワクチン偽薬混じってるんですか。特定の人だけ?その他一般には治験だから本物で人体実験している。その後ファイザー社の社長は接種したのかな?
今日11/28朝刊、新聞1ページ(全段)にファイザー社の日本法人社長(女性)が文字による解説広告を出した。ワクチンの重要性について。エボラをはじめ多くのウイルスの病名の一覧表もあった。これらのウイルスのワクチンを順次作っていく気だな…。
そうなると愈々地球上はウイルス蔓延し収集つかなくなっていくぞ。ウイルス、人間が頭で考えて解決できる代物でないのをファイザー社は知らないのだろうか。
なんでも科学文明の力で征服できると思ってきた西洋人の考えと、自然と共に生きると考える日本人とは違うのに。
自然を忘れた日本人。

Posted by じぃじ和74 at 2021年11月28日 10:51 | 返信

お疲れさまです。専門家の方たち、第6波が来てほしくてたまらないワクワク感を感じます。この狂った世界に疑問を投げかけてくれて本当にありがとうございます。先生の動画をみると免疫力があがると確信しています。これからも毎日お邪魔しますね(^_^)

Posted by えり at 2021年11月28日 11:07 | 返信

オミクロンは、7月21日、バリアントB.1.1.529omicronとして、WEFWebサイトにも掲載あり
とっくにわかってた新規株で、各ワクチン製薬会社はもう前から販売に向けて大急ぎで作ってたようですね。
だから、ファイザーが100日で作るって言って皆んな驚くけど、今から100日でも、ファイザーはもっと前から知っていたはずです。
なお、南アフリカでは、軽症。
世界中のメディアが今一斉に報道することは、ワクチン大売り出し開始の合図でしょうね
また日本政府は大量に買うんだろうなあ・・・

Posted by なごやのおばちゃん at 2021年11月28日 11:33 | 返信

呉市の谷本誠一市議会議員、鎌倉市の長嶋竜弘市議会議員がワクチン中止の運動を起こされています。
自立と共生全国行脚マイクリレー(ニコニコ動画)をご覧になって下さい。
過去の子宮頚がんワクチン中止にもご尽力されたようです。
自治体へのコロナワクチン被害者の実態調査を求める準備を進めてみえ、一般の方へも協力を求めてみえます。私たちでも出来ることだと思います。

Posted by ヨシノ at 2021年11月28日 12:01 | 返信

先生 毎日ありがとうございます。

ラジオで、 あるパーソナリティの方が
「HPVワクチンは 当時 マスコミが被害者を大々的に騒いだために接種する人が大幅に減り それにより日本は 子宮頸がんに罹患する患者が増えた。

今回のコロナワクチンはマスコミがリスクを騒がなかったために これだけ多くの人の接種が進んだ だからこれだけ感染を押えられた」と いうことを言っていたそうです。

娘がいます。HPVワクチンは 不安があったため打っていません。公費期間のギリギリまで悩みました。答えが出せなかったので 必要と思えば実費で いずれ打たせようと考えていました。
海外はワクチン接種率が高いため ほぼ子宮頸がんは撲滅に近いそうです。日本はマスコミのネガティブな報道のせいで 接種率が低いため 子宮頸がん罹患者が 増えてるそうです。

日本脳炎もHPVワクチンも一時期見合わせていましたよね。
なぜ コロナワクチンはこれだけ 沢山の人が世界中で接種し
副反応も 死者も 明らかになってきたのに 一向に見合わせない。
増して日本は 感染が減っているのに。
(来て欲しい)第6波に備えて??!

大多数の人を助けるために少数の犠牲は やむを得ない。
その少数の人にだって 1人1人の命が、 人生がかかっているのに??
少数なら しょうがない? たまたま???
大多数に入っている人から
みたら その少数派は見て見ぬふり。自分に振りかからなかったから?!?
知人に「どんな事にもリスクはあるんだよ。」と言われました。
貴方は 多分たまたま大多数に入れたと思いませんか??
少数派に入ってしまっても同じこと言えますか?

今日まで あらゆる検証は 沢山の人の協力と 犠牲の上に成り立ってきたのでしょうが。

HPVワクチンが また推奨されてますが コロナワクチンで
すっかり ワクチンと 政府に疑念を持つようになってしまったので
なにも信じられなくなってしまいました。

中村篤史医師のnoteの 看護師さんからの告発は 本当ですか?? ロットナンバーの事は以前から 言われていましたが
これが 真実なら どこまでの立場の人が線引きされているのかと疑問です。
芸能人や テレビに出てる人達は 特別扱いなのか?とか
色々不信はどんどん 募るばかりです。

Posted by あずき at 2021年11月28日 12:50 | 返信

またまたおミクロンとかなんとか始まりましたね笑もう騙されないぞ。空から撒くのかな。もっと酷いのはやらすのかな。もういいよ。そんなにお金が欲しいんかい!こんな事する輩が世界を牛耳ってるって、こんな奴らに私たちの税金も吸い上げられてるってほんまちゃんとした日本の政治家出て来いってーの!

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 01:18 | 返信

#567「ワクチン依存症」を聞いて
フィットネスクラブでインストラクターをやられていたみなさん。今どうされていますか。出番ですよ!
「まちかど」もいいですよ。永年つちかわれたその身のこなしを、いかんなく還元してください。
爺さんも婆さんも待っていますよ。公園ではなく「まちかど」で!
人前でやるのは屁でもない、愛嬌も度胸も兼ね備えたみなさんを、待ってる人がいますよ。

コロナ禍の1年半、公園から「まちかど」に場所を変えて恥ずかしげもなく「独り演舞」をやっていました。
たまに話しかける人はいても加わる人はありませんでしたが、今俄然雰囲気が変わってきました。
「ワクチン依存エンドレス」時代に入り、「なにか」を求めている方々がふえているように思えます。
「毎年打ってたウイルスワクチンから半年ごと打つコロナワクチンへ、これおかしくない?」。

「反ワクチン原理主義」のみなさん。
「コロナワクチン」に対抗する、日々の具体的「手立て」を披歴していただけませんか。
みなさんのうんちく、聞き飽きました。いい加減にして。もうウンザリです。
今朝の長尾先生の「自然免疫論」に沿った、日々の具体的「手立て」、家中でも街角でもすぐできる「お話し」
ありませんか。

Posted by 鍵山いさお at 2021年11月28日 01:36 | 返信

先生の今日のブログ、元気が出ました。
私は東京在住ですが ワクチンをしていません。在宅ワークで飲みに行く予定もないし、感染症対策はしっかりと日々の食事やサプリ、血管を綺麗に強くするお茶や万が一のための薬や5ALAなど対策準備もしていますが、周りの人はワクチンを打つのが当然で、親からも、何で注射しないんだとケンカのようになるし 心配かける親不孝者のようで、気軽に電話も出来なくなり、お正月実家への帰省もワクチンをしていないと不安なようで見送り 落ち込んでいました。

先生が伝える 自然免疫の事、もっと知って欲しいです。
ワクチンはコロナに効くかもしれないけど 免疫不全になる、風邪で死ぬかもしれないリスク。
ワクチンを信じて大丈夫なのか。遺伝子の禁断の領域に踏み込んでいないのだろうか。

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 01:49 | 返信

長尾先生のところにだけワクチン接種後遺症が疑われる患者が殺到しているのでしょうか。他の外来では相手にされないということなのでしょうか。外来医療現場の医師からの声が聞きたいです。また分科会に属さない、他の免疫学者の声も聞きたいところです。私個人的には長尾先生のおっしゃる通りだといつも思うのですが、何故かいつも少数派になっています。世間にワクチン接種後遺症が起きていることを告げるには、長尾先生おひとりだけではなく、他の多くの最前線に立つ医師たちと団結していくことが必要だと思います。変なこと言って騒いでいる一人の迷惑な医者扱いされてはたまったもんではありません。心ある医師たちと情報交換しながら、しかるべきところに訴えていく手段をなんとか見出していただきたいと切に願います。日本のジャーナリストたちが取り上げてくれることを望んでいます。私は、三回目接種のことがストレスで夢にまで見てうなされてしまいました。長尾先生、どうかお身体をお大事に。いつも遠くから応援しております。

Posted by 遠い声 at 2021年11月28日 02:00 | 返信

水際対策大切ですね。指定隔離ホテルでの3日間、その後11日間の自己隔離、最低3回のPCR検査とかを考えると、この正月も帰国あきらめました。桑田さんのライブが1月3日にオンラインで公演決まったみたいだし、まあいいか。コメントでオミクローン、と書いてあるの見て尾身クローン、尾身さんがクローン増殖した株、というイメージ湧いた人います?

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年11月28日 02:34 | 返信

風邪が冷たいです、本格的な冬到来ですね。こちらは関東なので青天。太陽の光が眩しくて気持ちがいいですね。もったいないので駅から出たらすぐにマスクを外しています。あ~、もったいない。今だけ世界の「ヤバい情報」は忘れたい。あのお天道様はグルッと地球を回って(あ、こっちが回っているのか)どう思っているでしょうか。地上ではウイルスだ、ワクチンだ、と騒いで右往左往ですよ。
ところで先生、新変異株とまた騒がれていますが、ちなみになんですけど、素朴な疑問。熱発→検査→陽性!……で、それがその「オミクロン株(こちらサイド通称・オミ株)」だと直ちに判明するもんなんですか? そんなにすぐに臨床現場で遺伝子配列って分かるもんなんですかね。現場でなんか今までと違うような症状だから「たぶんオミ株なんじゃネ?」的な感じなんでしょうかね。(え? もうキットが用意されている?)

Posted by まめとら at 2021年11月28日 02:35 | 返信

長尾先生へ
  〜ワクチンとは何か?〜
 定義上だけで言えば「病原体(特にウィルス)から作りこれを人体、動物体に予防接種と称して、体内に抗体を生じさせ予防する薬品」などということになるでしょう。
予防接種とワクチンは違うと思いこんでいる人がいるようですが、基本的には同じです。
もっとも重要なことは、
「ワクチンの全てが効かない」ということです。

◎GHQの指導のもとでスタート
 法律的にワクチンに関するものを予防接種法といいます。この予防接種法こそが稀代の悪法なのです。
歴史の紐解くと1974年にGHQの指導のもとで予防接種法が定められ、みんなに予防接種が強制されていきました。
そのくせ、事故が起こっても補償する仕組みがなかったのは、いまさら私が指摘することでもありません。


実はこの法律は日本人を人体実験しようとしたものと言って過言ではありません。
このような法律は世界になかなかないものであって、この法律に日本はずっと苦しめられました。
1984年11月には京都や島根で実施されたジフテリアの予防接種では、80数名の1〜2歳児が死亡し、1000人近い被害者がでましたが、国は各地から報告される接種事故を公表しませんでした。

1970年にワクチンの被害児を持つ親たちが集まり、厚生省に訴えを起こしたのがきっかけとなって、少しずつ変化が起き始めました。

1994年にも予防接種法は改定がありましたが、これはインフルエンザワクチン無効の話しともつながっており、また最近になって風潮が変わってきているのが問題です。

  以上、内海聡さんの本
      「ワクチン不要論」より、


私も2人のこどもに、ワクチン接種は保健所の検診ではすすめられワクチン接種受けさせました。

何も知らず。

今の、コロナワクチン接種も
何の疑問も持たす皆さん、こどものワクチン接種と同じ感覚で受けてるのだと思います、
子宮頸癌ワクチンに関しては南出弁護士が訴えられたからニュースになり、娘には子宮頸癌ワクチンは危険だから駄目!と言い聞かせることができました。


テレビのニュースに真実を流す、流さないことの重大さ。
私は内海さんの本、いくつか拝読し、
日本の歴史から色々学びました。

メディアよりやはり、本です。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年11月28日 04:04 | 返信

長尾先生、毎日ブログから勇気を頂いてます。
ありがとうございます。

今は様々なワクチン被害の治療法の動画が出回っていますね。

なにぶん素人ですので、、、でも、情報のひとつとして
コメント書かせてくださいね

グルタチオンの効果はセレンが不足するとなかなか
出ないそうで、セレン200μmg?が必要。
そして何よりマグネシウムは必須
そしてビタミンC5000mg〜10000mg、が必要だそうです

様々な方法論が世界中で拡散されていますね。
玉石混合ですね。
どうか、後遺症の方がひとりでも回復されますように
願っています。

さくらじま

Posted by さくらじま at 2021年11月28日 04:17 | 返信

先生。今日は東京だったのでしょうか?
寒い冬の日に大阪から飛び回る・・・まだまだお若いですね、風邪などひかないようにしてくださいね。
9か国だけって‥後の国の人がその9か国に行ったり来たりしてたらどうなるんやって・・。
オミクロン株様どうぞお手柔らかに。

12月11日横浜・・私パシフィッコと間違えました。今はあんな大きなところでは無理でしたね。
鳥集さんとのコロナ前の生活をとりもどそう・・楽しみですね前向きなお話で。
お気を付けてお帰りやす🚄

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年11月28日 04:58 | 返信

替え歌にありました「利権の為に巻き込まないで」本当にその一言です。どれだけ儲けたいのでしょう。瀬谷のシンポジウムを楽しみにしております。いつもありがとうございます。

Posted by 原田 at 2021年11月28日 05:06 | 返信

先生、お疲れ様です。
前置きなしで、本題を述べさせてください。
先生の、この記事での、
>「オミクロン株」を絶対に入国させない検疫体制が最重要。
という、お考えについてです。
結論から申し上げたいのは、近日のメディアの報道とは異なり、
オミクロンと命名された変異株なるものは、変異株ではないということです。

私が目にした資料によりますと、オミクロンの、英語名のスペルは、
【 Omicron 】です。そして、ここが、重要なポイントですが、その資料にある【 Omicron 】という名前を眼にした時期は、メディアが、オミクロンを新たな変異株として報道する【 前 】です。

これは、どういうことでしょうか?
ジョンホプキンスユニバーシティによると、変異株とは、突然変異のことです。そういう前提だと、以下の順序で、変異株が出たはずですね。
1.ある細菌やウィルスが発生後、たくさんの人々に広まる
2.その結果として、それが、突然変異を起こし、変異株が生まれる

これが、それまでの医学の前提ならば、
【ある細菌やウィルスが広まる前に、出来る変異株は、存在しない。】
ということになります。

なぜなら、多くの人々に広まることによる突然変異を起こしようが無いからです。変異株を作り出すプロセスが、存在しないからです。

これは、お医者さんでなくとも、素人でも、
ある程度、理論的に考えれば、わかることですが、どこか間違っていますか?
先生のブログでは、URLやリンクの貼り付けをしないでくださいとのことのようなので、その資料をお見せすることはできませんが、
メディアが報じない、その資料は、すでに、世界各国で、拡散されています。
一説によりますと、それを眼にした人々からは、嘘変異株騒動を続けるために、作成されたスケジュール表が、内部告発者から流出され、それが、ネットで拡散された、とも言われています。

私も、オミクロンという報道を、昨日あたり見て、まさかと思い、再び、そのリストを見たら、その名前が、ちゃんとあったので、正直、驚いています。。。(笑)

そこには、これからメディアで報じさせるであろう、変異株としての名前のリストが記載されているんですね。誰が、そんなもの作ったのでしょうか?
そのリストのテーブルの横には、
・世界保健機関
・世界経済フォーラム
・ジョンズ・ホプキンス大学
・ビル&メリンダ・ゲイツ財団など、
さまざまなグループのロゴがあります。

上記の世界的機関の合意のもと、あらかじめ、変異株リストが作られ、命名されたとしても、彼らには、流出した変異株スケジュールの事実を、握りつぶすだけの力があることは、誰も否めません。
彼らのネットワークと資力で、誰でも、買収できることは事実です。
もちろん、先生や、わたしたちのように、
お金で、譲ってはならないものを知っている人以外は、ですが。

では、そのリストには、どんな変異株が、どのように、あらかじめ記載されているのか?まず、1つの変異株について、3つの項目があります。
その項目は、スペイン語で書かれています。(右は意味です)
・cepa  菌種
・variante 変種
・lanzamiento  開始、 発射、 投げつける

菌種は、すべて、ギリシャ語のアルファベット1文字で記されています。
ずいぶんと、簡単に済ませているようです。
本当に実在するウィルスなのでしょうかと疑いたくなるほどです。
その他の項目ですが、オミクロンについては、
・variante 変種:Omicron
・lanzamiento  開始、 発射、 投げつける:may 2022
となっています。

この、開始、発射、投げつける、という意味を持つスペイン語の意味するところは、医学の常識を超えたものですよね?
つまり、自然発生を前提にしていない、という意味が読み取れるはずです。
故意に、開始するわけですから、あらかじめ、スケジュールが決まっているわけです。その日付は、オミクロンについては、資料では、may 2022 ですから、
2022年の5月になったら、オミクロンという名前を、変異株出現と題して、報道しろというふうにも受け取れます。

なぜ、報道だけなのかと言いますと、重複しますが、広まっていないので、突然変異しようがないものは、変異株でもなんでもないからです。つまり、無存在であるのに、名前を付けたのです。狼少年の物語と同じですよね、こうなると。狼がいないのに、「狼が出たぞー!」と言って回った少年が、最後には、村人から信用されなくなりました。今回は、世界中の人々から、上記機関が信用されなくなっています。

彼らが命名したものを、【発射する時期】ですが、現在、2021年11月ですから、このスケジュールは、人々の覚醒度合いを見ながら、調整されているものとも思われるわけです。覚醒とは、例えば、先生も、「ワクチン副作用というより、ワクチン後遺症と言うべき状況だ。」と、認識されておられるように、人々が、これは、何か、おかしい、何か裏があるのではないか、と気づくということです。

ちなみに、同表で、Delta デルタ jun 2021、Mu ミュー feb 2022も、記載されていました。

岸田さんは、医学的根拠なしに、10日間もの隔離を、日本人にも適用すると言って、ご満悦ですが、そもそも、それを口実に、人々の行動を制約することが目的なのでしょう。日本、共産化まで、おやりになるとかですかね?

ちなみに、リストに名前があるけれど、まだ、報道されていないものは、これから、順次、メディア報道される可能性があるため、お知らせしておきます。
・Epsilon
・Zeta
・Eta
・Theta
・lota
・Kappa
・Lambda
・Nu
・Ksi
・Pi
・Rho
・Sigma
・Tau
・Upsilon
・Phi
・Chi
・Psi
・Omega
以上になります。今後の報道で、新しい名前が発表されたら、
このリストが真実かどうか確かめるチャンスです。
この情報に関心を寄せられた方は、上記の名前だけでも、メモっておかれることを、お勧めします。

Posted by オミクロンはスケジュール名らしいです at 2021年11月28日 05:08 | 返信

匿名で質問される方


インフルエンザワクチンを打ったらインフルエンザにかかる?とか
3回目のワクチンがオミクロン株に有効ですか?とか
長尾先生はすでに何度もブログや動画で答えをおっしゃっていますよ。


長尾先生のブログを過去までしっかり遡って読んで
ニコニコ動画を全部しっかり観たら
こういった質問は出てこないはずです。


それでも分からないという人は
「自分で考える」ことを放棄し、長尾先生をはじめ、お医者さんに頼りすぎです。
しっかり自分で考えて決断してください。

Posted by 北海道民 at 2021年11月28日 05:31 | 返信

先生~。観るの忘れていました。💦
シンポジュウム47 8チャンネルやったのに。少しだけ落ち込むことがあって・・気持ちを落ち着かせている間にすっかり・・パソコンの机にメモっていたのに・・・大バカたれです、今は観れなくなっていました。😢

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年11月28日 06:25 | 返信

2年近くコロナ怖い病を患ってる人々はワクチン至上主義。
今日一日中テレビを見ていた人たちは、新ワクチンに殺到すると思います。
なかなかの煽りっぷりでした。変異株!大変だ!新ワクチン!って感じ。

打つ人も打たない人も、
お日様を浴び、体を動かし、腹七分目に食べ、
よく笑い、よく眠って、楽しく過ごしましょう。

眠れない人は、部屋を暗くして体を横にして、目を閉じておくだけでOK

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 07:02 | 返信

長尾先生のブログ毎日拝見しています。
ワクチンを打つか打たないかで悩んでいたとき、先生のブログにたどり着き
子供と私は打たない選択をしました。

先生のブログを読んでいくにつれどうしてこれだけの後遺症が出てるにも関わらず
テレビに出てるお医者さん達は、打つ事を薦めるのですか?
と素直な疑問が生じてきました。同じお医者さんでも考え方の違いがあるからなのでしょうか?

Posted by ムーミン at 2021年11月28日 07:06 | 返信

匿名で質問される方


インフルエンザワクチンを打ったらインフルエンザにかかる?とか
3回目のワクチンがオミクロン株に有効ですか?とか
長尾先生はすでに何度もブログや動画で答えをおっしゃっていますよ。


長尾先生のブログを過去までしっかり遡って読んで
ニコニコ動画を全部しっかり観たら
こういった質問は出てこないはずです。


それでも分からないという人は
「自分で考える」ことを放棄し、長尾先生をはじめ、お医者さんに頼りすぎです。
しっかり自分で考えて決断してください。

Posted by 北海道民 at 2021年11月28日 07:22 | 返信

貴方は自分の免疫を持っている!長尾先生のおっしゃる通りだと思います。しかし、この話がなかなか通じないのです。何でみんな理解してくれないのだ?と思うけど、自分の専門でもない限り免疫がどうの何てことに興味を持たないのも無理もないかもしれません。マクロファージがどうの、顆粒球がどうのなどそんな事ばかり興味を持つ私は相当けったいな人なのかもしれません。コロナチャンネル初期のころ、阿保徹先生を取り上げて下さって嬉しかったです。あの頃は楽しかったなって思います。もちろん今もいつも大事なことを教えて下さり感謝しています。

3回目接種は不要と思いますが…。

Posted by ターニャ at 2021年11月28日 07:35 | 返信

先ほどのコメントの訂正です。

×阿保徹先生
〇安保徹先生

確か間違っていたはずです。大変失礼いたしました。
申し訳ありませんでした。

Posted by ターニャ at 2021年11月28日 07:46 | 返信

札幌を中心とする市の連合体のレベルで、ワクチンパスポートを試験導入することが決まったそうです。隅っこの小さな地域で導入し、問題点を洗い出した上で、今度は全国に導入してくる。最初はポイントがもらえる経済的メリットがある(餌を与える)手法で導入し、徐々に「罰を与える道具」に変質させていく。政府は、感染症対策と叫びながら、感染症対策ではないことを必死にやっている。要注意です。

Posted by 憂国人 at 2021年11月28日 08:53 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
まず、ワクチン依存症に関して思うのですが、「依存症」と言うより、「誘導」か「キャンペーン」だと思います。
だから詳細はあまり分析しないし、情報も新型コロナは「不安材料だけ(安心材料なし)」で報道し、mRNAワクチンは「安心材料だけ(不安材料なし)」で偏向報道しますね。そう考えないと不自然なんです。誰も得せず損しかしないのに、メディアがどこからも叱られないのは、そういう事でしょうね。医療・製薬利権キャンペーンですね。
今日の読売新聞に「オミクロン株 最大限に警戒を」とあれば私も少し「ドキッ」とはしました。
しかし、このブログや動画、その他関連書籍を思い出して「まあ、様子見よ」と思い直しました。
広告やニュースは「印象と雰囲気」で効果を狙うのでしょう、日頃から調べない人が簡単に「印象と雰囲気」に呑まれるのも分かります。
自然免疫ですけど、恐らく医療職を除けば日本人の10人に1人位しか「抗体とは何か」と「”抗体保有”とはどういう意味か」と「免疫と抗体とどう違うの」という問いに答えれないのではないでしょうか?
順天堂大学の奥村康氏が言うには「実際には免疫が働かなければ1~2週間位で死んでしまう」との事。
また、大阪市立大の井上正康氏は口腔内の白血球の働きや腸内細菌叢の働きによく言及しておられますね。
「抗体価」にこだわり過ぎても良くないと思います。

実は最近、思うんです。日本食、良いかもと。
味噌汁に根菜類や海藻類やキノコ類を入れたり(たまには豚汁・粕汁・薩摩汁)、焼き魚に大根おろし、和え物、酢の物、卵焼き、漬物、納豆、旬の食材の鍋料理色々・・・食後のみかん、柿、温かい緑茶。
こう書けば、良い事づくしじゃないですか。要りませんね?その変なワクチン、余計です。
食物繊維にビタミン群、タンパク質、発酵食品、ポリフェノール・・・そこにちょっと日光に当たって、軽い運動でもして、お風呂に入って、ゆっくり寝て・・健康な若い人なら大体の人はそれで十分じゃないかと思うんです。
いや、高齢者もやっぱりそこが崩れるとすぐに弱くなるでしょうね。だれにとっても、健康な暮らしと免疫は大切だと思います。
後はその時々で流行っている病気(ペストでも流行らない限り)によって「感染対策」を無理なく柔軟にやればいいだけで、どの病気でもこの免疫力の維持・向上が基本だと思います。
わかった!!今すぐ5類にして、みんなで美味しいものでも食べて、子供は外で楽しく遊んだら、それで8割がた解決しますね!!
えっ、ワクチン、何それ?知りませんよ、そんなの。取りあえず、クーラーボックスにドライアイスと一緒に入れてその辺に片づけて置きましょう。

Posted by 加藤 圭亮 at 2021年11月28日 09:08 | 返信

カリフォルニア州、全児童・生徒にワクチン接種を義務付けしたギャビン・ニューサム知事は接種パフォーマンスで本物を打たれぶっ倒れた後,意識が回復した時プラセボを打つはずだったのにと言ったとか,その上自分の12才の娘には打たせてないらしい.

Posted by カスキ at 2021年11月28日 09:50 | 返信

先生、こんにちは。
ネットにコメントは人生初で緊張です。
先生のことはパーキンソン病で10年以上寝たきりだった母の胃ろう造設のことで悩んでいた時に知り、先生の著書にて勉強させていただきました。
しかし、この2年近くもの間、施設に暮らす母は外にも出られず、一番会いたい家族とも数分の窓越し面会でしか触れ合えず、とうとう先月未明の時間に誰にも看取られずひっそりと1人で旅立ちました。先生の仰るハッピーな胃ろうを考えての決断でしたが、このコロナ禍においては在宅介護が無理なのであれば、胃ろうせずに家へ連れて帰り、残された時間を家族と過ごし、看取ってあげるべきだったと後悔の日々です。
因みに母も8月にワクチン接種済でした。後にネットでパーキンソン病、ワクチンで検索すると、福岡大学医学部 パーキンソン病診療センターがヒットし、そこにパーキンソン病、高齢でも安全だが、長期の施設入居でほぼ寝たきりの患者には注意が必要、と記載がありました。母と同じように長期寝たきりで外出も出来ず免疫が低下している施設の高齢者の方々が3回目の接種など本当に安全と言えるのか、母と同じように前触れもなく突然亡くなってしまうのではないかと危惧しています。
また、来年には5歳から11歳までの接種が検討されています。
私も5歳児と中学生の子どもを持つ子育て世代、読者の中の子育て世代のお母さんたちに大変励まされ心強く感じています。
なんとか健康な子どもたちの接種だけは回避させねば、と毎日悶々としていますが、幼児時代からおやつに昆布や煮干しをあげていた自然派のお母さんや、上の子時代のママ友で当時任意だった水疱瘡、おたふく、ビブ等のワクチンを全く打たせていなかったワクチン頼らない派だったママ友でさえ今回のワクチンを子どもに打たせていて、この意識の乖離は想像以上だと痛切に感じました。
このコロナ禍のおかしさやワクチンの危険さに気がついた人はどんどん調べ、どんどんその異常さに気がついていく、一方何も考えずにワクチンを打ったママたちは今の感染状況もワクチンのおかげと思って何も疑う余地がない、双方の心の中では無意識ながらも相当の分断が生まれていると思っています。
しかし、私も諦めず、ブレず、心折れずに自分に何が出来ることはあるのか、考えていきたいです。
取り急ぎ12月11日のシンポジウム申し込みました。
以前書き込んでいらしたあきこさんも仰っていたように、私も身近にコロナの異常さについて共有、お話出来る人がおらずとても孤独感を感じているので、お知り合いになれる機会があればとても嬉しいです。おかしいことはおかしい!そうだよね!と声を大にして言いたいです。
当日、定員500名の中であきこさん初めこのブログの皆さんを探し出せるかわかりませんが、、、
とりあえず、ひとりも死なせへん、を持ってウロウロしてみます!

最後に先生、いつも勇気を有り難うございます。
私も先生が剥げても好きです笑!40代から見てもイケてますよ!

Posted by はる at 2021年11月28日 09:56 | 返信

コロナ医療の最前線で日夜ご尽力されている先生が、たくさんたくさん教えてくれてるのに、どうして聞いてくれないのかな。先生のように早期診断即治療していれば助かっていたはずの多くの命。
それからワクチンのこと。私は体によくわからない異物入れるの怖いから打ちませんでしたが、ワクチン後遺症に苦しんでいる人が身近にいるので見ていると本当にかわいそうでかわいそうで…強要するのは絶対によくないと思います。

今日のマスクのお話、先生は真面目に話してくださってるのに面白すぎました。

でも今日いちばん心配なのは先生の心臓と肺。先生がずーっとずっと元気でいられるよう、毎日お祈りするね。

Posted by なお at 2021年11月28日 10:39 | 返信

長尾先生 いつも心ある発信をしていただき、感謝しております。
先月、ある新聞で見つけたのですが、免疫学者の方が一面に、ワクチンの有効性や、免疫について書いておられた記事を読みました。その中で、ワクチンをしていない人は「裸」の状態と言えますので、たとえ雨(ウイルス)が少量だったとしても当然ながら濡れてしまうことになる。やはりワクチンは摂取した方がよいわけです。と。 免疫学者の方がワクチンをしていない状態が裸と、、、二度読みしてしまいました笑
免疫学者の方が、人間の持つ自然の免疫を無視する様に裸と表現するなんてと、素人ながらにびっくりしました。しかもそこにカッコが、、、ここは新聞社の方がつけたのでしょうが。
何かがおかしいと感じて方向転換する智慧や、直感を身につけていかないと 大変なことになってしまいますね。 専門家といっても正しい事を言ってるとは限らないという事は、嫌というほど、今回の騒動で学びました。 長尾先生の様な専門家が多数派であったら 違う今があったと思いますが、誰かに頼るのではなく、今世での自分を鍛えるチャンスと捉えて、前を向いて生きていこうと決意しています^_^

Posted by さとちゃん at 2021年11月28日 10:43 | 返信

食べ物ですが、ドイツや韓国で現在どうして被害が大きくなっているのか、考えてみると、ドイツは基本的に料理のバラエティが乏しく味付けも全般的に塩辛い、韓国は赤唐辛子をきかせた激辛も平気、そんなことも影響してるのではないでしょうか?。一時最悪だったベルギーなんかは、バターと生クリームこってりの料理が総菜屋さんにも並んでます。オランダは粗食でケチだから、割り勘=Go Dutch と熟語にされるくらい、本当に外食などせず食べることにこだわりが薄いです。食生活というか食文化という点においては、日本食こそ最高の健康食かもしれませんね。家庭料理という点においては、アジアでも出来合いを屋台で買ってきてテーブルに並べるだけ、という国も少なくない中で、家庭の味、母の味が代々受け継がれる日本の良さ、そういう美点もいろいろな意味で良い方に作用しているのかもしれません。

Posted by 匿名 at 2021年11月28日 11:02 | 返信

先生、こんばんは!
ブログと動画で自己免疫か一番とはっきりと仰って下さり、ありがとうございます!!

ホントに周りはワクチン依存症のようです。
思慮深そうな奥様や情報通のママさんでも「抗体下がるから早く3回目打ちたい!」だそうです。
真面目な後輩は新聞を読みつつ「HPVワクチンてやっぱ効くんだー」と。
自分の選択肢が絶対に正しいとは思っていませんが、私との違いは何だろう…と時々考えます。
ビビりで疑り深く、気になったら徹底的に調べる、またそのような環境と時間がある、というところかな、と。
新しい(らしい)変異株も出て来た事だし、今後の展開が気になりますね。
ワクチンの有害事象が浸透するのが先か、3回目を打っちゃう人がまたほとんどなのか。
未接種者はまた肩身の狭い思いでこの冬を過ごす事になりそうです(悲)。

Posted by うずまさ at 2021年11月29日 12:13 | 返信

はるさんへ
12月11日の件でコメント入れてくださりありがとうございます。どうにかお会いできないですかね。空港でお迎えの人をプラカード持って立ってる方がいますが、さすがにそれは勇気がいりますね(笑)「こどもコロナプラットフォーム」というサイトはご存知ですか?発起人として泉大津市の南出市長が立ち上げてくださっています。行政の長がこういった活動をされているので、とても信頼できると思っていますし、会員登録されている方も思いは一緒だと思います。長尾先生の動画も掲載されています。
私も日本では「少数派」というくくりに入ってしまいましたが(涙)、こちらのサイトを通じてつながることが出来た方々は今の私にはとても大きな存在です。現実社会は苦しいことだらけですが、一方で全国に同じような気持ちの方たちも沢山いるんだ、ということを認識し大きな支えになっています。ZOOMでの情報交換会なども企画されています。私も40年以上生きてきて、こういう場所にコメント書いたり、ZOOMに挑戦してみたりと、勇気を出してやってます。毎回緊張の連続です(笑)。

長尾先生、免疫の話、大変勉強になりました。
以前何かの本で読んだことがあるのですが、日本は「予防医学」という分野があまり浸透されてないとか…。
今回のコロナの件で、いかに普段の食生活や生活習慣が大切かということを痛感しました。ご多忙な毎日かと思いますが、どうかお体にだけはお気をつけてください。12月11日は是非お歌も披露してくださいね。
*今回のコメントで、スペースをお借りして個人的な書き込みをしてしまったこと、申し訳ありません。

あきこからはるへの返信 at 2021年11月29日 08:52 | 返信

鎖国をすれば、海外で発生した変異株が入ってくるのを遅らせて時間を稼げますが…

ウイルス学者の宮沢にゃんこ先生によると、ウイルスは世界同時多発的に変異するので
国内でも、時間の問題でいずれ変異株が出るそうです。
参考:【コロナ変異株は怖いのか 「弱毒だから広がる」という指摘も】2021.04.10 16:00  NEWSポストセブン

ダイプリ号のときは未知のウイルスでした。
今は既知のウイルスで、感染済みの人とワクチン済みの人がほとんどです。治療薬もあります。
わずかな時間稼ぎと経済への打撃をよく比較しないと、
コロナでは死ななくても、首が回らなくなって人生終了する人が増える気がします。

首相は責任を負う覚悟だそうで立派だと思います。
が、具体的には?何かあれば退陣?議員辞職?はらきり?
もしかして税金で手厚く保証?ってそれは血税で増税とセット。
それとも私財を投じて救ってくれる?まさかね。

Posted by 匿名 at 2021年11月30日 12:52 | 返信

もうインフル以下の病気だと分かり切っています。感染者が増えて何の問題があるのですか?インフルで感染者1000万人ですよ。
それで普通に生活していたんですよ。コロナもインフル以下なら少なくとも年間1000万人は許容範囲でしょう。
コロナが変異するたびに同じことを繰り返すのですか?いい加減普通の生活に戻れないのですか?何がどうなれば戻れますか?

Posted by 越後光衛門 at 2021年12月07日 08:10 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会