このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

コロナ飽き

2021年11月06日(土)

この2日間、いろんな人といろんな意見交換した。

お医者さんともいろいろ話したけど、コロナ慣れ、

というよりも「コロナ飽き」と言った方が正しい。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



街角は平時の賑わいを取り戻した。

商店街も活気を取り戻しつつある。


2年近くになれば、自ずと「コロナ慣れ」になってくるよ。

そしてお医者さんが集まれば、もう「コロナ飽き」の話題。


市民は大変かもしれないけど、発熱患者さんを受け入れてきた

医療従事者も。かなりのエネルギーを要する日々が続いている。


果たして、「第六波があれば、またコロナ往診をできるか?」

と問われたならば、エネルギーが枯渇した僕自身も怪しいかも。



「コロナ飽き」



もういいんじゃないのかなあ。

僕は自粛の意味が分からない。


いったん飽きて、もし第六波が来たら思い出したらいいだけ。

そう思わないと長引く自粛生活のストレスから解放されない。


だから、「コロナ飽き」で全然いいのだ。


みんなで、「コロナ飽き」ましょう。



PS)コロナチャンネル #545_


未接種者差別が怖くて、今から打とうとしている人たちへ  →こちら




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

読んでほっとしました。これくらいゆるーく、穏やかさを感じせる文章は人に安堵感を覚えます。
ほんと、そうですね。こうやって徐々に平常に戻れればよいと思います。
あのスペイン風邪ですらそうやって数年かかりで平常時に戻ったのだから、
今の時期は温泉がいい時期です。是非、先生も温泉でもゆっくりつかって英気を養ってください。

Posted by 今回の記事 at 2021年11月06日 11:49 | 返信

先生、こんばんは!
もうとっくにみんなコロナ飽きてますよね〜!もうおしまい!!

以前勤めていた会社でインフルワクチンの職域接種があった時、何故か理系の部署の方々が誰1人と接種しなかったので、怪訝に思っていました。(どなたかのコメントでも今回のワクチンで同じ様なのがありましたね)
今思えば何か思う事があったのかと…。(お年寄りや子供はまた違うのかもしれませんが)
調べなかった自分も悪かったですが、当時ちょっとでもヒントくれてたら自分で調べたかもしれないのにな〜と思ったりもします。

最近少〜しだけ、ワクチンの疑問に思う部分を話せそうな人には伝えています。
きっと今は「あ〜そっち系の人ね」とか思われてるかもしれませんが、その人が次に同じような話題を見聞きした時「あ、なんか聞いたことある」と少しでも心に残るかもとしれないと。
自分がもっと人徳があるとか、弁が立つタイプだったらもう少し上手に説得出来るのに…と残念に思います。

知り合いが急に飛蚊症になって、眼科に行ったら加齢と診断されたそうです。
まさかとは思うけど…と調べてみたら、ワクチン後に飛蚊症が出る人のツイートが沢山ありました。
私の周囲は小さい事だけど、少しずつ体調不良になって病院にかかっています(投薬などで回復はしています)。コロナになった人は見た事なかったのに…そして本人達はワクチンの影響だとは全く思っていません。もしくは認めたくない様です。
身内には「何でもワクチンに繋げ過ぎ!」と諭されました。
分かってます。ワクチン打ってなくてもなってたかもしれません。
結局それが分からなくなってしまうのですよね。

同調圧力をかけてくる人にはイーってなりますが、それでもこれ以上体調不良になって欲しくないです。
後遺症の実態の周知、デマと決めつけず分からないものは分からないと、公平な報道で3回目や子供への接種を、本人達がその上で判断出来る様に変わっていく事を望みます。

Posted by うずまさ at 2021年11月07日 01:26 | 返信

全く仰る通り。
コロナは、忘れる事が一番です。

こんなモチ程度にしか死なないものなど、とっとと5類にして、発病したらイベルメクチン、それで終わるものを、世界中の狂人が騙して、世界中のアホが騙される。
私もアホの1人だが、私のレベルを遥かに超えたアホがこんなにも多いとは思わなかった。

Posted by 通りすがり at 2021年11月07日 01:26 | 返信

こんにちは。

 昨日、アメリカからファイザーCEOを逮捕の
ニュースが流れてきました。容疑は詐欺。
 https://www.conservativebeaver.com/2021/11/05/ceo-of-pfizer-arrested-charged-with-fraud-media-blackout/

 私はといえば、リラ自然音楽CDを探しだし、聴いて
おります。
 https://yamanami-zaidan.jp/

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年11月07日 03:00 | 返信

オフコースの小田さんは透明感のある高音(おじさんソプラノ?)が魅力ですが、先生は包容力を感じさせる低音(バリトン?)の魅力で、この曲をまた違ったテイストで聴く事が出来ました。
こちらは今日、ティハールというヒンズー教の祭りの最終日でしたが、夜になって外が騒がしいので出てみると地元の高校生の有志が街角に繰り出し、民族独自の踊りを披露するプログラムをやっていました。出演者と観客合わせて百人以上集まっていたと思います。ソーシャルディスタンスは誰も取らず、マスクをした人を数えたら5人以下でした。去年はロックダウン中だったのでこの行事は無く、そのせいか今夜はとても盛り上がっていました。みんな踊りが上手かったのもあるけど観客からの声援がすごくて、コンサートの時のような熱気があり、近所のおじさん2人、飛び入りで一緒に踊っていましたが、そうしたくなる気持ちはとてもよくわかりました。若い人達が力一杯取り組む姿を久しぶりに見ました。ネパールのコロナ禍は既に終わったなと実感した瞬間でした。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年11月07日 03:12 | 返信

じゅんさんを 様

暖かいコメントありがとうございました。涙が出てきました。
私は、じゅんさんをさんが書いてくださったように、白か黒か、どっち派か、という分断は嫌なのです。みんな誰もが自分や家族の健康を願っているわけで、そこが発端の考えなのに、攻撃し合うのは望みません。
私などは叩かれると言ってもほんの少しでそれでも凹む時あるので、長尾先生は恐ろしい数の批判が来てることがどれだけお辛いかと思います。

ただし、他者への攻撃ではなく、間違っている情報には正しいことはお知らせした方が良いと考えています。

正直いうと、長尾先生がワクチン反対宣言をした時に少しがっかりしたのです。でも、その後も動画やブログを読んでいて、先生のスタンスは宣言前とそれほど変わっていないことを確信しました。間違ってることはおっしゃってないし、子どもへの接種に対して慎重な理由も明確でした。ためになる情報が多いと思って引き続きこちらにお邪魔しています。

ワクチン反対と言っても様々な考えの人がいます。それが問題をより複雑化していると思います。
こちらに書いているワクチンを打たないと決めている大半の人は、今回のワクチンの副反応や影響が心配だからだと思います。そう思って打たないのは当然の考え、権利です。そしておそらく打った人に対して批判するような人は殆どいないでしょう。
でも、ワクチン反対の人には、他の人が打つのが許せなく、他県の役所に抗議の電話をかける人もいます。
ワクチン反対と伝わるのならなんでも良いとばかりデマや誤報を拡散する人は医師でもいます。例えばワクチンを打った妊婦から奇形児が生まれたとブログに書いた医師がいましたが、その写真はコロナ流行前の2019年のものだったのです。
長尾先生を中傷しているのはそういう過激なワクチン反対の人でしょう。なんで3000人に打ったんだ、先生自身も打ってるじゃないか、と。
こちらのコメント欄に書いているワクチンを打たない人は、そんなこと絶対批判しないと思います。

また、ワクチンに賛成な人は、そういう過激な反対の人は大嫌いで、長尾先生がそういう仲間に入ったと思い込んで、批判するのだと思います。
ただワクチンの副反応が心配なだけで打たない人も、過激な人たちの存在に迷惑したことはあると思います。知人に「私ワクチン打たないの」というと、陰謀論を信じたの?カルトみたいね?という目で見られた人いるんじゃないでしょうか。
賛成にしろ反対にしろ、過激な考えが分断を生むのです。

私が長尾先生がワクチン反対と言っても、自分が嫌だと思う過激なワクチン反対医師の仲間になるわけじゃないと確信したことがあります。それは、動画で紹介してくださる先生方が本当に良い先生ばかりで、陰謀論とは真逆な感じだからです。与論の先生、理学療法士から医師になった先生、ノルディック太郎先生です。
毎日患者さんのことだけを考えていらっしゃいます。そういう先生方と仲間でいる限り、長尾先生は今まで通りと思っています。

先生が3000人の人にワクチンを打ったのも「1人も死なせへん」の一環だと思います。この人にはワクチン打っても大丈夫だろうという人だけ細心の注意を払って接種したのです。ワクチンの恩恵というのは普通の治療と違い目に見えません。コロナに罹らなかったのは多分ワクチンのせいかな?くらいです。でも打たなかったら3000人の中で第5波でコロナに感染した人が何人も出て、長尾先生は頑張るでしょうが数の多さに疲弊してしまったかもしれません。
その3000人の方も長尾先生に命が救われたのです。

これからは先生はワクチン後遺症の方を救うべく力を注がれると思います。応援したいです。

ワクチンに不安を持ってる方、先生の書かれた通り、接種しない方が良いです。どうして打たないの?と聞かれたら、体質的に心配だから今後安全なタイプが出てきたらその時考えてみます、と言ってみてください。
私の友人でも最初から国産のワクチンが出てくるまで待つと言ってる人がいます。

何人の方にコメントです。

加藤 圭亮様

アメリカで年内までで現PCRが使われなくなる、という情報の詳細です。

CDCが発表した文書は、2020年2月に導入された最も古いタイプのPCR検査法(CDC 2019-Novel Coronavirus (2019-nCoV) Real-Time RT-PCR Diagnostic Panelと名付けられた検査法)は廃止するが、それに代わって新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの両方を同時に検出できる新しいタイプの検査法を推奨するとし、その中にPCR検査法も含まれている(具体的には、CDC Influenza SARS-CoV-2 (Flu SC2) Multiplex Assayと呼ばれる方法)。

実はこの情報も、PCRはインチキという発信によく利用されています。
PCRは、ウイルスの死骸を検知するなど問題もあるのですが、発症前の潜伏期間をキャッチできるという利点もあるのです(発症二日前から他人にうつしますから)
PCR陽性者=感染者じゃないという考えもありますが、無症状感染は3割くらいいますので、気になる人は公表されている陽性者に7割をかければ発症者が出ますので、そう理解しとけば問題ないと思います。
大事なのは毎日の細かい感染者数ではなく全体の動きです。収まってきてるのか増えるのかが分かれば良いのです。
長尾先生はPCRをうまく利用されていますし、PCRで陰性の人も肺炎を見つけたりしています。
要は治療にどう活かすかです。
今後新しいPCR検査が導入され、インフルエンザと同時診断ができれば便利になると思います。

いや・・・様
>そばアレルギーとかで亡くなる人もいます。
でも、そばが全員に重篤な状態をもたらすわけではないのです。
だからといって、一部の人にはそれが原因とわかれば、徹底して避けなければいけません。
因果関係で裏がとれたらいいですが、とれないときは慎重になる必要性も感じます。

私も同様なことを考えていました。
造影剤では年間10名くらいアレルギーで亡くなることがあるのです。造影剤は危険だからやめろという話にはならず、どういう人が受けてはいけないのか徹底的に調べるということが大事とされています。
ワクチンもそうあるべきだと思いますが、現状打ってみるまでわからない、というところが本当に難しいですね。どういう人に副反応、後遺症が起きるのか調査してほしいです。

おポメ様

>一度打った人は獲得免疫に頼らざるを得なくなり抗体値が下がる度に副作用に耐えながら、その最悪のリスクに怯えながら死ぬまで打ち続ける…

このようなことはないのです。
やめたければ3回目打たないとか、いつでもやめられるし、未接種者に比べ体が弱くなってるということもないです。長尾先生をご覧ください。
抗体価は確かに落ちます。打って何ヶ月かしたら、感染は少しはしやすくなりますが、感染しても細胞が記憶していてすぐ抗体が立ち上がり重症化を防ぐのです。それが何年も続くという説もあり、ワクチン打たなくなったから途端にコロナに弱くなるということはないし、ワクチン打った人が自然免疫がダメになるわけでもないです。

インフルエンザワクチンを考えれば良いです。打ちたくない年は打たなければ良いだけで、死ぬまで打ち続けるわけではないですよね?

ちなみに、mRNAワクチンを打つと免疫が下がり、インフルエンザワクチンを打った時にとんでもないことが起こる、と医師でも書く人がいるのです。
私は、昨日インフルエンザワクチン打ちましたが、全然副反応もなく元気です。
帯状疱疹になるとか一時的に免疫が落ちる人はいるようですが、自分の場合はワクチン後風邪をひきやすくなったとかそんなこともないです。

Posted by じゅん at 2021年11月07日 04:33 | 返信

>いったん飽きて、第六波が来てまた思い出したらいいだけだ。
 
そおなんですよお~
 
早めのメクチン💊
それで充分かと
 
備えあれば患いなし ですね
 
あとはメクチンの作用機序や
ウィルス感染後の動態などを
ときどき思い出せれば吉かと
 
 
 
という訳で…
 
【ウイルス量の変化】
    ②
    ↓
   / ̄\_
   ↑ ↑↑
   ① ③④
 
として
 
①:感染後の潜伏期間≒平均5日程度(ウイルス増殖も無症状)
②:発症(軽症)≒平均5日程度(免疫との闘いでウイルス頭打ち)
③:中等症≒平均5日程度(免疫勝利でウイルス減少ただし間質性肺炎の始まり😪)
④:重症化(ウイルス撲滅も免疫暴走でサイトカインストームによる無差別攻撃😭)
 
簡略化するとこんな理解かな~🥴
(参考:北里大学か東京都医師会の論文資料)
 
でもって
 
できれば①(濃厚接触か検査結果)か②(自覚症状か検査結果)の早いタイミングでメクチン💊とクラリス💊をば(脂溶性なので食後に…牛乳はだめよ)
 
デキサメタゾンは自己判断難しいけど③の後期かな~(炎症(肺)抑えるけど免疫も抑制するから投入早すぎるとウィルスに盛り返されるし…でも②で既に間質性肺炎の所見例アリとの長尾先生情報もあるし…パルスオキシメーターなんて持ってないからトイレ行くにも歩けず這い這いするようになったらかな?💡(←大阪府の資料より))
 
 
 
あとは 果報は寝て待て 早期コロナ収束を祈りましょう
(ワクチン効果で医療崩壊防げるといいですね~(笑))
 
スペイン風邪も2年(実質的には大きな波が3回来た1年)だったのでちょっと期待🙃
 

Posted by 匿名3号 at 2021年11月07日 05:30 | 返信

【朗報】デルタ株が死滅!?第5波収束の一因か?
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab69e0ca5b4a263db6cf1ef112c9178cbfb52b76
               ・
               ・
               ・ 
これが第5波収束の一因になった可能性があると考えられています。また、分析を行った、国立遺伝学研究所の井ノ上先生によると、「日本人を含む東アジアの人や、オセアニアの人は、設計図の修正を邪魔する酵素の働きが活発」なんだそうです。
 
 
 
ちなみに
 
日本人類遺伝学会 井ノ上教授 : h-index53 (世界でもトップクラス)
こびナビ 峰宗太郎医師    : h-index9  (駆け出しのヒヨッコ)
 
(ノーベル物理学賞クラスの学者でh-index40前後が平均だそうなので)
その道のプロ中のプロの研究に対して単にメディア露出が多いだけの方がオーサーコメントとして茶々を入れてるというのも可笑しな図式ですね(笑)
 
h-index
https://www.akiradeveloper.com/post/covnavi-gomi/#%E5%B3%B0%E5%AE%97%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%81%A8%E3%81%AF

Posted by 匿名3号 at 2021年11月07日 06:27 | 返信

先生、「コロナ飽き」って響き、軽くっていいですね ♪

マレーシアはワクパスが導入されているので、
未接種の私は、店内飲食は御法度です。
近所のスーパーに行く位しかレジャーはない状態です。

大きなショッピングモールが乱立していて、
モール巡りが楽しい国だったんですが…残念です。

イベルメクチンは、先日、政府での治験が終わり、
オックスフォードスタイル(発症後期投与)で行われたため、
「効果なし」と決めつけられてしまいました…

私自身は既にインドから直接購入して服用しておりますので、
何の影響もありませんでしたが。

しかし、こういう事が生じるのは、マレーシアが元イギリスの植民地だからでしょうか…
明らかに効果がある薬が否定される例が出るたびに「異常な時代になった」と思います。

Posted by stay hungry stay foolish at 2021年11月07日 06:49 | 返信

NHK きょうの健康 2021年11月号
https://www.nhk-book.co.jp/detail/text-16491.html
 
目次
 
[特集]心不全
 最新情報! 3つの新薬/手指のしびれも要注意
 心筋炎/Q&A
 
帯状疱疹
 なぜ今? 増加/後遺症
 
難病に負けない! 血液の病気
 血友病・特発性血小板減少性紫斑病
 
[テキスト企画]関節リウマチのガイドライン
 
 
 
アレレ? ですね… 
 
どうみても ワクチン後遺症… 予防線ですか?(笑)
 
長尾先生 これからますます お忙しくなるのでは…?
 
 
 
と思ったら 既に触れられてるお医者様もいらっしゃいました。。
 
https://www.o-kinaki.org/2062/
          ・
          ・
          ・
さて次の話題。
NHKテキスト きょうの健康 11月号です。
          ・
          ・
          ・

Posted by 匿名3号 at 2021年11月07日 06:59 | 返信

先生いつもありがとうございます。
私はhspを自覚していて、打ちたくないと思いながら
打って、しびれが残りました。でもほとんど良くなりました。
2回目は辞めておきます。

もう、ワクチンうんざり。そのうち3回目4回目と
打つ人も減っていき、打たなくても何も言われなくなって
いくんじゃないでしょうか?差別された側は忘れないですけど。
楽しいことを考えて、生きていきたいです。
ワクチンパスポートも浸透せず
活用されないんじゃないでしょうか。

新型インフルエンザの時も大騒ぎしてましたよね。
でもこんなに長く騒いでいなかった気がする。
コロナの騒ぐ長さに、今回うんざり。
ワクチンも途中で出来たけどそれも打った記憶なし(笑)
外に発熱テントがあった記憶があります。

これから普通に人に会っていきたいです。
先生、歌のCD出さないんですか?ベスト盤待ってますよ♪

Posted by ゆう at 2021年11月07日 07:19 | 返信

「コロナ慣れ」「コロナ疲れ」「コロナ飽き」。
街角で恥も外聞もなく「シルバー・パフォーマンス」をやってると、
学校帰りの子どもたちに囲まれる。まもなく学校で「強制接種」が始まる。
「おっちゃんも打ったん?」と訊かれたら、なんとせん。
「双龍スワイショウ」に飛び入りする買い物帰りのおばぁちゃん。
「3回目どうするん?」と訊かれたら、なんとせん。
「反ワクチン原理主義」者のコメントには、参考にするものがまったくない。
「ワク害」をさけるのはいいとして、いかに身を守るんや。
機動隊や軍隊を「自然免疫や獲得免疫」にたとえる専門バカ、いらん。

冬到来。「未接種包囲網」が本格化する。
なんと3割も未接種の仲間がいる。ぼくは、今夕も「まちかどパフォーマンス」。
両手を精一杯広げ、西陽・落陽を精一杯受け容れる。

Posted by 鍵山いさお at 2021年11月07日 08:15 | 返信

長尾先生
お疲れ様です
今日も貴重な情報ありがとうございます。
だいぶお疲れの様子、心配してます。
ブログとびとびでもよろしいのでは。

 今朝11/6土のニュースで、大阪通天閣の広告灯が普段「HITACHI」の文字なのに、誰かが広告文字「治験中 射ったら あかん」「射っちゃダメだよ」と加工した通天閣の偽画像がSNSなどで拡散、通天閣観光に抗議の電話があったとある。SNS投稿者は「ワク○を射たせることが目的の嘘コロ騒動が許せません」とコメントの添え書きがあった。現在は削除されているとの事。
通天閣所有者からすればけしからんことになるが、これも本当の事を話さない厚労省、マスコミの報道に問題があるからではないか。

 ファイザー社の「飲み薬」、治験臨床中間結果が発表された。(11/5)
入院リスクが89%減になる。
治験に参加したのはおよそ1200人。発症して3日以内の389人に飲ませ、入院3人、死亡0人。偽薬飲んだ385人では入院27人、死者7人(犠牲)。副作用は軽いものがほとんどで、偽薬の人達と変わらなかった。
第三者が追加の治験は中止を推奨。
ファイザー社ブーラCEOはパンデミックを止める本当のゲームチェンジャーになると声明を出した。株価も上昇。
FDA(米食品医薬品局)に近く緊急使用許可を申請すると。
 飲み薬でも副作用あるのか…。
 治験中止勧告、そりゃそうだろ。人体実験だからね。
 日本に申請有ればまた緊急使用と言うことで許可するのだろうか。自前の特効薬あるのに。

 イベルメクチン、すでに疥癬に世界の数億人が飲んでいて、新コロナにも有効との論文が多く出たせいなのか、厚労省もイベルメクチンの新コロナ治療に使用を認めたのになぜ世のお医者様は使わないのだろうか。
 国の姿勢もワクチンが出てきてからイベルメクチンに冷たい。
治験なら長尾クリニックでもう済んでる。
なのにまた新たに北里大学と興和で治験しないと治療薬と認めないなんてほんといじめ。
 国民は何も知らずに命を落としている。
何も国際承認でなく国内に限りでできないの?
2年経験して来て、尾身分科会の見直ししないの?

Posted by じぃじ和74 at 2021年11月07日 08:47 | 返信

長尾先生おはようございます。今日も先生の替え歌で、感動と元気をもらいました。ありがとうございます。先生の歌で、たくさんの曲が好きになりました。
先生が笑顔でノリノリで歌っている姿を見ると、嬉しくなって元気が出ます。先生のユーモア交えたメッセージの替え歌、即興だなんて天才です。これからもよろしくお願いします。

Posted by 東京から at 2021年11月07日 09:30 | 返信

長尾先生、エルトン.ジョンの「Candle In The Wind 1997」という曲は、聴いたことがあると思います
ダイアナ元英皇太子妃への追悼曲
長尾先生の笑顔は可愛いけど、ダイアナ妃には絶対に負けると私は思います(笑)
ダイアナ妃が多くの方に寄り添い、

「エイズ患者と素手で握手をし、HIV患者の子供たちを素手で抱き上げる」
「地雷を除去した地面を歩く」

私はダイアナ妃は画像の中でしか知らないけど、ダイアナ妃の写真から見えてくるダイアナ妃の人々に寄り添う姿は

「私は人々の心の中の王妃でありたいと思っています、この国の王妃であると思っていません」

この言葉のとおり生きた方だと思う

長尾先生が「大きな問題に取り組む決心」

とは、なんなのかは分からないけど、決して、短く楽な道のりではないと思う
あえていうなら、

「何故、何故、そんな道を選らんだの
 他にも道はあったのに」

と、言いたくなるような道だと思う
また、ダイアナ妃のこんな言葉も残されています

「誰もが評価せれるべきです。誰でも、与えるに値する何かを持っているのですから」

 ダイアナ妃 ( ) 長尾先生

( )には、どんな、記号も入らないと思う
少なくとも、私は入れることは出来ません
でも、一つだけはっきりと言えることは、ダイアナ妃は今では「人々に心の中でしか、咲くことが出来ない」けど、長尾先生は「人々の前で咲いている」と、言うことです
そして、せっかく、長尾先生の前に天使ちゃまも舞い降りて来たばかりだし、年に2回のライブを20回以上はこなさないとね(*^^)v

Like a candle in the wind (風の中のキャンドルのよう)
Never fading with the sunset (日が沈んでも消えることはない)
When the rain set in (たとえ雨に打たれても)
And your footsteps will always fall here (そして あなたの歩みはいつまでもここに残る)
 ~「Candle In The Wind 1997」~

長尾先生にこの曲のこの詩を贈りたくなりました

Posted by ナオミ at 2021年11月07日 09:35 | 返信

ブログ更新ありがとうございます。昨日、井上正康先生の本(コロナとワクチンの全貌」を読みました。この本の内容を理解して、もしもの時は長尾先生に助けてもらえれば良いと思いました。「いせはくさん」からのご縁ですが、今後とも先生のブログで勉強させて頂きます。安保先生の本も再読しながら・・ありがとうございました。

Posted by nodoka王子 at 2021年11月07日 09:58 | 返信

今日の長尾先生の動画でお話しされていたマイノリティの方を守ってくださるような一筋の希望となる方が、今回の衆議院選挙で当選されていました!!れいわ新選組の大石あきこさんです。大石さんは13年前、橋下知事就任時の最初の朝礼で、サービス残業に抗議した女性職員として話題になった方です。
昨日、街頭演説の質問コーナーでワクチンパスポートと子どもへのワクチン接種についての質問があり、「ワクチン副作用のレポートが出てきていますが、圧倒的多数の声によって消されてしまっている、れいわ新選組は、そういうところこそ消してはダメだと思う、副反応について国に明らかにさせていく、保証を絶対にさせていく、これがまず必要。副反応について、もともと不信感、懸念を持ってる人たち、そういう人たちが職場で問答無用で打たされる、これは絶対反対ですし、反対の声をあげてる人たちの権利を守る行動を起こしたい。子ども達への接種については慎重であるべきであると思っている」との考えを述べておられます。(一部抜粋ですので、もっと話しておられます。正確には↓のYouTubeをぜひ視聴していただき、大石さんの声で確認してください)


*↓ 1:27あたりから1:32あたりまで、ワクチンパスポートと子どもへのワクチン接種についての話しです
https://www.youtube.com/watch?v=4Onhf6BXydg&t=5538s
「衆議院議員大石あきこ れいわ新選組 議員爆誕 選挙を振り返るぶっちゃけトーク街頭演説 十三東口 2021.11.6 18:00-」


また昨年12月に新型コロナワクチンを国負担で速やかに接種する目的での改正予防接種法が成立したことで、大石さんが過去にTwitterで「ワクチンの予防接種をどうとらえるか」のポイントと考える点を投稿されているのですが、非常に参考になります。理解が深まりました。一読していただく価値が有ると思います。
  https://twitter.com/oishiakiko/status/1334315122697723905 ←大石あきこ衆議院議員Twitter

大石あきこさんなら、きっと国へ意見を上げてくださるんじゃないかと期待出来る方が大阪で当選してくださって心強く、少し前向きな気持ちになれて嬉しいです。

Posted by 匿名 at 2021年11月07日 10:17 | 返信

長尾先生へ、
 長尾先生のようにたらい回しにあった
 ワクチン後遺症の方を診ている医師は
 います。
  
 そういった、本当の医師の先生方が繋がって
 今のコロナ後遺症の世の中を改善したいですね。
 私たちは応援することしか、できませんが、
 
 私の信頼する先生のコラムを
 参考にして頂けたらと。

 https://karyukai.jp/column/4530

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年11月07日 11:33 | 返信

先生、今日もブログ更新ありがとうございます。
昨日の記事で、嬉しくなって…
私も母の代からのお大師様信奉者です。

あれは29歳の時、恋にも仕事にも行き詰って、一人訪ねた2月の高野山。
前夜に降った雪で、全山が真っ白、樹齢800年の杉木立の中、足跡無き奥の院までの参道を、とぼとぼ歩いて歩いて…

お大師様の御廟の前に立った時、す~っと身体も心も軽くなったことを思い出します。
その後、私の人生はなんとか動き出し、夫となる人とも出逢い、以来30年、そりゃ色々ありましたが、お陰さまで幸せに過ごしております。

実は、先生が余りにもご自身を追い詰めておられるように感じて、お大師様におすがりなさるのは如何でしょう?
とお伝えしようと思っていた矢先で、昨日の記事(*^-^*)

やっぱりお大師様はちゃんと私達を見守ってくださり、いつだって手を差し伸べていてくださる、と実感しました。
そして、誹謗中傷、嫉妬や妬み、そうした様々な感情は、それを発信しておられるご本人様方に、一つの例外も無く必ず返って行くものなのでしょう。

こうした事を言うと「宗教か」とか言い返されそうですが、むしろ科学が全てを解明しているという勘違いや傲慢さは一体どこから来るのでしょうか?むしろ真に自分自身と向き合えない人々の未熟さ、人間の弱さを感じますが、一方で私達はそうした学びをする為に、この厄介な3次元に生まれて来たのかもしれませんね。

どんな出会いも、意味あるそうで、出会えたことに感謝して、あとはお大師様にお任せしましょう。
先生は、先生の信じた道を、お大師様の御廟に向かう参道を歩いているような、そんな心地で歩いていらしてくださいませ。

遅れましたが、お孫さまのご誕生、おめでとうございます(*'▽')
先生、くれぐれもご自愛なさり、お過ごしくださいませね。

Posted by 雪ん子 at 2021年11月07日 12:51 | 返信

ワクチン接種の同調圧力や打たないと学校や
仕事が出来ないなど狂ってるとしか言えません。
打たないと生きていくのに必要な仕事や食糧調達の
塲を奪事は脅迫であり、国家ぐるみの人権侵害で犯罪じゃないでしょうか。
世の中正常な感性が崩壊しつつあります。体はみんな
違います。何が起きるか分かりません。長尾先生と同意見です。
悩んでいる方圧力に負けないでください。
海外ではワクチンパスポート反対運動起きています
中国のウイグル人権問題と同じ弾圧だと思います。
https://youtu.be/1Z-gvXqyQko

Posted by ポトス at 2021年11月07日 02:11 | 返信

いろいろありますが、新薬はやはり10年くらい開発・治験期間が欲しいところというのが本音でしょうから、喜んで飛びつくというのは正直どうなんでしょうかね…。
 
ワクチンのように後から副反応(副作用)や後遺症が問題になるという可能性も否定できませんし…。
 
ただ入院となると、病院の治療方針に従うという誓約書に署名させられるでしょうから、そこで新薬を飲まされるということになってしまうのかな…。(実質的な治験?)
 
まだまだ自己判断でのイベルメクチン自己投与に軍配が挙がるといったところでしょうか…。(早く良い結果が出るよう、興和と治験に協力している大学や病院に頑張って欲しいですね。。(もちろん新薬にも期待しない訳ではないのですが、既に癌化のリスクとか噂されてますし…、どうなることやら。。))
 
一番いいのは感染しないことですが(笑)、そのためにもコロナ脳から解放されて、自己免疫のアップも必要ですね(笑)。>特に繊細さん?(笑)
 

 
メルク社の飲み薬「モルヌピラビル」とはどんな薬なのか?【新型コロナワクチンの疑問に答える】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4d8e80895bcd0c1e6fe03df5bfda5718fb3c828
 
イギリス、新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」を承認 世界初
https://news.yahoo.co.jp/articles/2b6d282e8338edf36c3245ad47c94422487f5de0
 
コロナ飲み薬、英国が世界初承認 臨床試験では入院リスク半減
https://news.yahoo.co.jp/articles/c700e517dc0b418aa68c647d72caec3e4686f1d5
 
ファイザー、米でコロナ治療薬の緊急使用申請へ-「圧倒的効果」
https://news.yahoo.co.jp/articles/550fda47e7379b3cb587573e192a6fa603bd20fc
 
米ファイザーのコロナ飲み薬、重症化リスク89%減 近くFDAにデータ提出
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f341fcd65a2dbea5364513550f6d643e5deeb5c
 
開発進む新たなコロナ“発症予防薬”や飲む治療薬 リバウンド抑制へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5d1666aa1b8d4f342a2fdbedcf6156606ee39be
 

Posted by 匿名 at 2021年11月07日 03:52 | 返信

先生がんばれビーム!をPCから送りまーす。

Posted by 匿名 at 2021年11月07日 04:06 | 返信

先生。🍂今日は木枯らしが吹いて寒かったです。
私は「弘法にも筆の誤り」この言葉よくつかっていました。
豪快な性格をした空海さん・・ここで3本の松の葉の事を思い出しました。

いつもの公園で吹奏楽のイベントがあり時間待ち・・隣に80代のおばあ様一人が、2週間ぶりに電車に乗ってきました・・と
2週間前に主人が突然亡くなったのです‥と。朝起きてご飯を一緒に食べて奥さんはウオーキングにご主人はソファに座りテレビを、
そのまま亡くなっていたそうです・・歩きに行って二時間後に帰宅したら亡くなっいて・・病院、警察、葬儀屋お葬式は4人までだと・・よくおしゃべりしました・・初対面で一期一会でした。「お話聞いてもらって何かすっとしました」とおっしゃってコンサートを聴きに行かれました。

替え「メモリーグラス」これも北新地のラウンジで良く唄っていました、今日も先生と一緒に唄っていました、歌詞覚えていましたわ40年ほど前の歌ですね。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年11月07日 04:24 | 返信

案じてるものです。先生が負担になってる、対応しきれないのであれば、先生とクリニックの安全を一番に考えたほうがいいと考えます。
コロナワクチンは、わからないことが多いです。
わからないことが前提で先生もその時点でわかることを色々記事にされたり
医者として頑張ってこられたが、それすら責め立てる人がいる。

その現状を考えるに、わかりきってない事象について、迂闊なことは書いたり
いったりしないほうがいいと思うのです。最近でも宣言されていましたが、
もしその宣言と違う現実がでれば非難の矢は先生に突き刺さるのではないかと杞憂しています。

ついつい書いたり、言ってしまったことがデジタルタトゥーになってしまいやすいのが現代です。
ましてや、先生は医者として顔も名前もだしています。匿名ではありません。
厚生省のコロナワクチンサイトはその辺危機管理ができていてちゃんと文章に「現時点で」、など
揚げ足とられないように書いてあるように感じます。

先生もご多忙な中、動画やら記事を書いてるので、アップ前にチェックも大変かと思いますが、
匿名での発言ではなく、リアルな自分としてですから
ご自身の身を守るためにも、今後は文や発言に細心の注意が必要かもしれません。
もし可能であれば、身近な方にチェックしてもらうのもいいのかもしれません。第三者の視点。

個人的にはコロナ禍1年目から今年上旬までは、医療界の勉強になる記事が多かったです。
あのときに戻るには時間がかかるかもしれませんが、わかってる方は、先生が以前のように
元気でパワフルで戻ってこられることを待ってますよ。

言質を取りたいと考える人は、主張させて、先生がその結果、どうなるかはどうでもいいのでは。

Posted by 先生の現状を at 2021年11月07日 04:28 | 返信

基礎疾患のある人に打って欲しいというのは、厚労省一般向けQ&Aでもそのように書いてありますが、

5月26日の副反応検討部会では「40代50代など基礎疾患のるような方が亡くなるというのは、
ある程度想定はされるのかもしれません」と議事録に残っています。

7月21日の同じ分科会でも、死亡数が多い事に対して、「死亡の誘因になった副反応が一定程度あって(中略)
このワクチンが安全だと最後の文章で書き切っていいのかという気が少ししています。」という意見に対し
座長が「特に高齢者、ハイリスクの方から打ち始めているというようなこともあり」と
ハイリスクにはハイリスクである事を認めるような発言が残っています。

7月30日の同分科会で、アストラゼネカの血栓に関して
「欧州では、稀でも自然発生より多いとして、ワクチンとの因果関係が妥当と4月に結論付けられた」
と言っていますが。アストラゼネカは5月20日に特例承認されたワクチンです。
しかも。6月23日の同分科会では、心筋炎に関して、「ワクチン未接種者より、接種者の方が多い可能性がある」と
言っています。血栓の理屈で言えば、心筋炎も自然発生より多いので因果関係妥当とされるべきところ
コロナによる心筋炎と、ワクチンによる心筋炎を比べて、接種した方が意味があるとまやかしています。
しかも、ワクチン接種で心筋炎が起こるなんて、そんなの初めてでよくわからないので研究対象だと言っています。

このワクチンで心筋炎がよくわからない事は、10月1日の同分科会でも同じ事を言っています。

mRNAにも血栓が沢山報告されていると言っていたのは、7月30日の同分科会です。

6月9日の同分科会で、12歳以上の接種に関して、「まだ日本でその年齢の治験が始まっていない」と残ってますし
7月19日の薬事・食品衛生審議会(薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会)では、モデルナ12歳以上は
日本が先行開始だと言っています。

コロナワクチンが特例承認された根拠である医薬品医療機器等法第14 条の3
一 国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある疾病のまん延その他の健康被害の拡大を防止するため緊急に
使用されることが必要な医薬品であり、かつ、当該医薬品の使用以外に適当な方法がないこと。
を見れば、(イベルメクチンなどの治療薬が確立したりして?)第14条の3に該当しなくなった場合や危害があった時に、
特例承認が取り消される事がある事が書いてあります。

接種していない3割が、ノアの箱舟に乗っているのだとしたら、
1人でも多く、船上に残っておいて欲しいと願ってやみません。

先生、日々のご活躍ありがとうございます。 それでもしっかり休んで頂きたいです。

Posted by 大阪のおばちゃん at 2021年11月07日 05:08 | 返信

酸化グラフェンの排出に瀉血は有効と考えられますか?
素人目には、物理的に吸い出すのはかなり高効果だと思うのですが。

Posted by わくわくちんちん at 2021年11月07日 06:09 | 返信

正しい、正しくないはおいておいて、とても興味深かったので、お時間あるときに読んでみてください。
先生と同じで、町医者で明らかにしています。
https://twitter.com/kuwamitsuosamu
読んでいてご自身のサイトリンクがあるものもあって、ADEについて2年以内にそうなったら
日本人人口がどれくらい減るか?将来を楽しみにしましょうというのは、同じく気になっていたところです。
もしその予想が当たったら日本いや、世界中がとんでもないことになるので…

Posted by 先生はこの先生のツイッターご覧になったことありますか? at 2021年11月07日 06:27 | 返信

コロナ感染者数、落ち着きましたね。
ツイッターでは、ワクチン後遺症で悩む人が増えてきたように感じます。
そして、イベルメクチンを飲むと症状が軽くなったというツイートも時々見かけます。
後遺症で悩む方は、食事やサプリやら色々と試されているのですが、
「イベルメクチン」に関しては、副作用が大きく怖い薬というイメージがあるようで、
使用を躊躇っている方が多いです。
(海外から取り寄せるのも勇気がいることでしょう)
苦しみ続けている発信を見かけると、早く試してほしい…と思うのですが…。

「イベルメクチン」に関する多くの誤解が解けますように…。
先生が出版する本に期待しています。

Posted by 猫とピアノ at 2021年11月07日 06:59 | 返信

ワクチンパスポートだけでなく、東京都のワクション、そしてバイトルのワクチンインセンティブ、、、。
特典を付与し、意地でもワクチンを打たせようとするこの状況に、なぜ不安や疑問を感じない方がいるのか怖くて仕方ありません。
何をするにもワクチンを強く推奨され、まるで打たない人は悪のような扱い。
うちは私も打っていませんし、10代の子たちにも打たせていません。
本当に接種率は7割や8割なのでしょうか?
多めに伝え、みんな打ってますよアピールしてるのでは?と疑問すらかんじます。

Posted by コロナ茶番にうんざり at 2021年11月07日 08:23 | 返信

>正直いうと、長尾先生がワクチン反対宣言をした時に少しがっかりしたのです。でも、その後も動画やブログを読んでいて、先生のスタンスは宣言前とそれほど変わっていないことを確信しました。

あれはね…、あのときの先生の状況をみたら仕方がないことでした。
誹謗中傷、不掲載になっているだろう攻撃にとても心労が続いておられて、攻撃にもがいていた時期と思います…ちゃんと小さな痕跡は残していましたが、
衝撃的なタイトルと序盤の文章に、じゅんさん含め見逃した人が圧倒的多数であったと思います。
読者の中にも、気がづいた少数派は、そっと心にしまっていた人はいたと思います…
攻撃されて、集中砲火を受けて心が保てる人はいるでしょうか?孤独であり辛い気持ちから抜け出したい
となったとしても…そのときの対応をただ心静かに受け止めていました。

でも、あの発言をみて一部の反ワクチンの人は両手を挙げて喜んでしまいました…つまり、
あの宣言が後々まで先生に影響を及ぼす危険性があります。
既に影響がきてると思われる記事も最近ありました。
でも仕方がないです。人間だもの。トライアンドエラーで試行錯誤しながら人生は続きます。
保身に走ってしまう時があったとしても、人間の自然な反応です。そう自分だったら?と考えればわかります。じゅんさんが仰るように、先生にはその何倍もきてると想像つきます。

>間違ってることはおっしゃってないし、子どもへの接種に対して慎重な理由も明確でした。ためになる情報が多いと思って引き続きこちらにお邪魔しています。

あのときの先生にはそれが精一杯だったのです。記事ではなくあのときは動画で正直なお気持ちを表現されました。
じゅんさんは、「流行感冒」 というNHKのドラマをみましたか?もう1度いつか再放送があるかもしれません。ヤフー記事でも紹介されていたので、祝日の夕方見た人は意外といるかもしれません。
世に怖いものはウイルスでもワクチンでもなく人の醜さ。
デマに惑わされ、右往左往していくさまは時代が変わっても同じ。
原作は小説ですが、スペイン風邪をテーマにしています。

Posted by 匿名 at 2021年11月07日 09:20 | 返信

雨が止んでも傘差してるように何故マスクをし続けるんでしょ。
せめて屋外、それも人と人と人が離れてるところでマスク外しても良いんじゃないかなぁ、と。

うちの近所、田舎ですけど
畑で野良仕事してる時や誰も居ない所で散歩してる時もマスクしてます。
そもそも陽性者ゼロがずっと続いてるのに。
最初に外す人になるのは怖いんですかね。
私は今マスクはなるべくしないようにしてますよ。
幸か不幸か偏屈な爺だと思われてるようでマスク警察の職質は無いです。

Posted by ボッケニャンドリ at 2021年11月07日 09:45 | 返信

長尾先生も🍷ボージョレ🍷🍗神戸牛🥩🍴たらふく飲んで食べて歌って🎤🎵大いに発散してくださいね~🤭

Posted by 匿名 at 2021年11月07日 11:37 | 返信

>特典を付与し、意地でもワクチンを打たせようとするこの状況に、なぜ不安や疑問を感じない方がいるのか怖くて仕方ありません。

感じてる人はいるのでは?
というか、過去にもありましたよ。
それは「マイナンバー」です。あれも国民の抵抗が大きかったので、抵抗が大きい人がいるときに
ポイント付与したじゃないですか?ではなぜそうするのか、国に結果的に利益や利便性があるからですよね。国にとって総合的にメリットがあると判断してるということ。
マイナンバーは私、嫌だったんですけど、結果的に推進されている。

ワクチンが嫌なら、マイナンバーは嫌ではないのかな?共通点ありますよね。
健康保険証かわりとか怖いだけなんですけど、利便性がいいという声もあって、
ワクチンも同じではないのかな?
いいという人もいれば、嫌だ疑問がある人もいる。

マイナンバーもワクチンも一応国民の選択の道は残されてます。
他国みたいな強制力がないだけ、ましですよ。

Posted by パターンは毎回一緒 at 2021年11月08日 12:19 | 返信

コロナ茶番にうんざり様

はじめまして コメント読ませて頂いて 私も同じ気持ちなので コメントさせて頂きました。

>10代の子たちにも打たせていません。
本当に接種率は7割や8割なのでしょうか?
多めに伝え、みんな打ってますよアピールしてるのでは?と疑問すらかんじます。

私には 17歳の娘がいます。
夏休み中 緊急事態宣言中にも関わらず 毎日のように部活があり ヒヤヒヤして過ごしていましたが その時点で娘の友達が数人ワクチン 打ち始めて 当初あまりの決断の速さにびっくりしました。


現在 クラスの八割??もしくは9割??以上(娘の体感なので 確実ではありません。)
接種済みのようです。
私も 娘にはメッセンジャーは打たせません。
現時点で 子宮頸がんワクチンも迷ってるうちに公費期間が終わってしまったので 結論もでていません。

娘には 何故打たないかは 特別話していません。娘は インフルワクチンの副反応が強く出るタイプなので そもそもワクチン打ちたくない人なので
メッセンジャーを打たない説明も 不要だったので あえてしていません。

私の知る限りのワクチンのデメリットを娘に説明していないのは 娘のまわりが あまりにも 短期間に大勢打ったことで
娘の親友 含めて 周りを否定して不安にさせたらいけないと思って 真実は娘にはまだ話せずにいます。
娘から質問されたら 言葉を選んで話そうかとは思っています。
どの親御さんも 我が子を思っての 守るための結論なのだと思うので 娘に 周りの友達のこれからの未知の不安を 話すことは 娘の友達を否定してしまう事につながるので なんとも複雑です。

これだけ 若者へのワクチンの不安視がある中 日々 クラス内では ワクチン接種が進んでいる現状に 悲しみと狂気を1人感じています。

また報道の数字については
私も感染者数や コロナ死者数のカウントの基準に
はなから 疑問しかないので
ワクチン接種済み者のカウントも 疑っています。

ただ 娘のまわりを見ると
10代で これだけ短期間に
進んだことに
心底驚いています。

私も コロナ茶番に 大事な子供たちを巻き込まないで!……心底うんざりしています。(悲)

あずきからコロナ茶番にうんざりへの返信 at 2021年11月08日 09:20 | 返信

じゅんさんへ
貴重な情報ありがとうございます。
なるほど、PCR検査が廃止になるのではなく、新しいタイプに変わるという事ですね。
わかりました。一度自分でも調べてみます。

加藤 圭亮からじゅんへの返信 at 2021年11月08日 10:06 | 返信

祖母の代から「繊細ちゃん」な血筋です。ウィルス、花粉、化学物質、気候の代わり目、なんでも反応するからだとつきあってきたので、どうしても打つ気がしないコロナワクチンです。家族は全員打っているので疎外感というか、孤独感があって、ときどき打たないといけないのかなと思うときもあったのですが、先生の文を読んで、歌を聴かせていただいて久しぶりに心から笑った感じで(ちょっと泣き笑いになりました)元気になりました。ありがとうございます。長年つきあってきた自分の体の声を信じておこうと思います。先生もどうかくれぐれもお体におきをつけて、ずっとお元気で!

Posted by めのわらわ at 2021年11月09日 01:33 | 返信

年代別の接種率、お住まいの自治体のホームページに出ていませんか?私の地元の2回接種率は12-14歳 71%、15-19歳 80%、20代 73%となっていました。長期的な影響がないことを願うばかりです。

匿名からあずきへの返信 at 2021年11月10日 04:41 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会