このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

大阪シンポ、お疲れ様でした

2021年12月26日(日)

クリスマスの日のワクチンのシンポに何人来るか?

普通に考えたら、大阪なら100人位かなと思う。

僕もそう思っていたけど1000人もの方が来られた。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



市民の集会、シンポジウムに1000人も来る。

それだけでも、結構なニュース、だと思う。


いいシンポジウムだった、ね。

当事者3名も登壇してくれた。


僕自身も大変勉強になった。


ある脳外科医がワクチン後のくも膜下出血について告白。

医者は、1000人のうち4人だけと、全然ダメ、だね。


泉大津市の南出市長には、まっすぐさに感動した。

吉村知事と交代したほうが府民は幸せになるのでは。


南出市長はコロナが終わっても応援する。

青山弁護士も次の国政選挙で応援する。



ワクチン後遺症は、ある!

病態解明と救済策が急務だ。


水俣病のはじまりを見ているようだった。

医者は薬害や公害の歴史を勉強すべきだ。


鳥集さんの結論は、エビデンスを示したうえで

1) 高齢者で打ちたい人だけ打ってもいい

2) 40~65歳は打たないほうがいい

3)子供は打ってはいけない!



当面、3)が大きな政治課題になる。

本来なら国会での議論が必要である。


しかしマスコミは大本営発表を繰り返すだけ。

ワクチン接種後死亡の子供の方がずっと多い。


でも、メデイアは報道しない。

政府に忖度するだけの権力の犬。


僕は、正直、気が狂いそうだ。

メデイアのトップもアホしかいない。


だからこんな政治と医学の「茶番」が通るのだ、

正直、日本も終わったな、と暗い気持ちになる。



自分が生きている中で今ほどの悪夢を見たことが無い。

どいつもこいつも政府に(その上は米国)に忖度して。


でも主催者の鳥集さんの力量は、本当にすごいなあ。

彼のジャーナリズム論をメデイアに聞かせたいなあ。


こんな会が今日、大阪でできたことが嬉しい。

来て頂いた皆様に心から感謝を申し上げたい。


医学界はダメなので、市民とともに考えていくしかない。


横浜と大阪でイベントやったので、もう思い残すことはない。

次にやるとすれば、国会内でやれば社会的な意味があるかも。


来られなかった人のために国見祐治カメラマン

が撮ってくれた写真をご紹介したい。→こちら




さあ、しばらく現場の仕事に埋没します。

頑張って地道に、地域医療をやるだけだ。



PS)

コロナチャンネル #595_


超過死亡6万人!? 脳出血、心不全、自殺...。  →こちら



打ち上げをしていらら、看取りの電話が。

結局、往診が終わったら深夜0時半だった。


それ以外も、コロナやワクチンの相談ばかり。

コロナ騒動はそろそろ終わりだと感じている。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

TBSのニュースキャスターに池谷教授(東大)が海外のデータとしてオミクロン株に対するワクチン2回接種と3回接種の効果がどのくらい落ちるかを数字で紹介していました。ご覧になった方もおられると思いますが、2回接種ではほとんど効果なし、3回接種でも大幅減(十分の一以下くらいだったという私の記憶です)しかないと言っておられました。オミクロンには3回接種しても効果は気休め程度のようです。こういうデータがあっても3回目に突き進むのでしょうか?

Posted by 匿名 at 2021年12月26日 01:25 | 返信

この寒空に1000人も参加する方達がいて、よかったですね。
私は参加できなかったけれど、成功なさってよかったと思いました。
また開催されれば、絶対参加します。

Posted by にゃんにゃん at 2021年12月26日 02:02 | 返信

ワイドショウで、玉川さんは相変わらず「PCR検査とワクチンが必要」と言っています。
長嶋一茂さんは「オミクロン株が蔓延したら5類に下げてもよいのではないですか?」とお医者さんに質問して、お医者さんも「え!!」と困っていらっしゃいました。
一茂さんは、いいせんいってますね。
本屋さんの棚から「コロナ本」が一斉に無くなりました。
もう問題は無いし、誰も買わなくなったから。

Posted by にゃんにゃん at 2021年12月26日 02:27 | 返信

お久しぶりです。

12/24の「ワクチン分科会」資料に新たに12歳の子の死亡事例(P社)あるんですが、性別や接種日、発生日(死亡日)など全て不明。発生日は不明ながら(3日後)とはあります。
何より医師の所見もないんです。
※事例No1378

ただ「基礎疾患等」の欄には↓
「製造販売業者のコールセンターに対し、SNS等の情報に基づき、一般の方から、ワクチ◯接種後の死亡事例として報告されたもの。 報告症例については、別途、不慮の事故による死亡事例として発表がなされている。 現時点では、当該地区において本報告以外の同年齢での死亡症例の報告はなく、接種や死亡前後に受診された医療機関の情報がないことから、追加調査は難しい。」
と、記載されてます。

いろいろ邪推してしまいそうですが「デマ」だと言われてた、あのケースだと思われます。
どう受け止めるべきか難しいですが、ご報告まで。

Posted by ジョー at 2021年12月26日 02:44 | 返信

シンポジウムお疲れ様でした。

>#595_超過死亡6万人!? 脳出血、心不全、自殺…。 長尾和宏コロナチャンネル拝見しました。
接種者は、脳出血や心不全を起こすスパイクタンパクを通常感染の100倍以上、即、半年以上、体内で生成するのです。
普通に考えれば、脳出血も心不全もワクチンの薬害でしょう。

このコメントの方ではなく他所で超過死亡が多いのは全部ワクチンのせいだという人がいたので、調べてみました。
一番最新の厚労省のデータは7月で、その頃はワクチンの接種回数が多い時期ですね。

7月の原因別で減ってるもので主なものは
くも膜下出血 862→818(△44)
脳内出血 2338→2279(△59)
大動脈瘤及び解離 1238→1188(△50)

出血系の死因は前年7月より軒並み減っています。ですからワクチンのせいで増えたというのは誤りだと思います。
一方、心不全は今年7月は前年より増えてます。ワクチンのせいなのでしょうか?

心不全は昨年の3月から8月までは前年から減少していましたが、10月から上昇に転じています。特に今年に入ってからは増加していて、ワクチンを一般人が打ってない3月においても
2年3月 7395 3年3月 7899
こんなに増えています。ワクチンを打ってない時期から心不全は増加しているのです。脳梗塞も同じような動向を示し、やはり昨年10月から増えています。

その答えを長尾先生が動画でおっしゃってくださいました。コロナ禍で受診控えが起こって薬をもらわない人が出てきて血圧のコントロールなどしにくくなり心不全が増えた。
薬を飲まないでいることの影響の大きい脳梗塞もですね。
とても納得しました。
疑問に思っていたことがわかって感謝しております。

それからスパイクタンパクはそんなに長い間作られません。2週間で消えると言われています。

Posted by じゅん at 2021年12月26日 02:47 | 返信

失敗は成功の元と言います。
失敗の積み重ねによって、大きな成長や進歩が得られるものです。

医療の世界での「私、失敗しないので!」は理想ですが、学習能力が有れば失敗が成長に繋がるものです。

スピリチュアルの世界では、人類が二つに別れる過程だと言われています。
欲望に動かされる旧人類と仏陀やイエスの思考に近い新人類のようです。

今までの社会がほぼ正しいので有れば、元の生活社会に戻れば良いのですが、コロナ禍によって見えた、必要なものと無くてもよいものの見極めの深さで、元に戻りたい方と人生を見つめ直す方とに別れると思います。

長尾ドクターの苦しみも、更なる人間としての成長の糧になっていると思います。

神が与えたコロナ禍を、生かすも殺すも個々の魂の清らかさの違いなのかも知れません。
.

Posted by 神無月 at 2021年12月26日 03:05 | 返信

長尾先生、昨日は大阪のシンポジウム、お疲れ様でした!
会場でお話を聞かせていただきました。
1000人もの聴衆が集った会場の様子は圧巻で、今の流れに疑問を抱く人がこんなにたくさんいるんだと胸が熱くなりました。
(先生のサインをいただこうと本を持参したのですが、迷っているうちタイミングを逃してしまいました…残念!)


講演では、医師、学者、ジャーナリスト、市長、弁護士などそれぞれのお立場からの熱い思いが伝わってきて心が動かされました。
ワクチン後遺症の患者さん…映像で映った方も、会場で発言された方もとても勇気がある行動だと思いました。
病院や相談窓口をたらい回しにされ、最後は精神病扱い(ゴミ箱診療?)で門前払い…
想像以上にひどい現状に、やりきれない思いを感じました。
彼らは長尾先生に出会えて、どれほど救われたことでしょう。
早く回復されることを願うとともに、これから苦しむ人が増えないよう医療界でのワクチン後遺症の認知が進み、受け皿が増えることを願わずにはいられません。


青山弁護士の、一般に理解されてにくく引かれてしまうような事(ハッキリとは分からない陰謀論的なこと)を主張するのは、かえってワクチン後遺症の方の救済の妨げになるという話は、考えさせられました。
また、参加者のお医者様の、「何でこの会場にいる人達もこんなにマスク付けてるんですか!?」という発言にもハッとさせられました。
(私も鼻マスクでした…)
政治家だけが悪いのではなくて、2類→5類を許さないような空気をメディアや国民が作っている…本当にその通りだと思いました。意味がないと思いつつ人前では完全にマスクを外せない私もその一人なのかも…


大したことはできないかもしれませんが、この空気を少しずつでも変えていきたいと強く思いました。
何かお手伝い出来ればと、少ないですがカンパと連絡先記入をさせていただきました。
まずは必要のない場では意識的にマスクを外していこうと思います!
聞いていて辛い内容もありましまが、登壇者の方々のお人柄やところどころのジョーク、最後の長尾先生の歌に元気付けられて明るい気持ちで会場を後にしました。
とても良いクリスマスになりました、本当にありがとうございました✨

Posted by あずま at 2021年12月26日 04:18 | 返信

先生いつもお疲れ様です。ありがとうございます。
昨日の大阪のシンポジウム、本当に行って良かったです。
長尾先生のお話、宮沢先生の熱いお話し、鳥集さんの強い思い、
南出市長、青山さんのお話も本当に勉強になりました。
シンポジウムを開催してくださり、ありがとうございました。
ワクチン後遺症で学校に行けなくなった小学生の話しは、
私も子を持つ親として涙が出ました。
ずっと泣いてた小学生の姿が今も目に焼き付いて離れません。
3人も接種前は元気だったと言っていました。
副反応が出ても病院にたらい回しにされている現実に恐ろしくなりました。
長尾先生がいなかったら、3人とももっと絶望されていたと思います。
マスコミも政府も医療も都合の悪いことは黙って、3回目や5才からの子どもの接種を進めるおかしな世界。
私も毎日、これが夢だったらいいのにと気が狂いそうになります。
でも気づいた人、1000人の1人、1人が周りに訴えてかけたら
世界は変わってくると信じています。
私も会場でいろんな仲間と話しができてパワーをもらえました。
私もこれから頑張ります。
P.S. 長尾先生の生歌が聞けて感動しました✨

Posted by まゆら at 2021年12月26日 04:27 | 返信

今日の考える会に参加できたことに感謝申し上げるとともに長尾先生に挨拶出来たこと、南出市長に再会できたこと、とても嬉しく思います。登壇された3名の方の辛い事実にとても心が痛みました。特に中学1年生の女の子の涙が頭から離れません。何かできることがあればと考えます。講演された先生方の『子供たちを守る』という強いメッセージに心温まるクリスマスとなりました。この輪がもっともっと広がることを祈念します。

Posted by うっちゃん at 2021年12月26日 04:58 | 返信

大阪シンポジウムお疲れ様でした。犬の介護がなかったら行きたかったです。ご多忙でお身体が心配です。ゆっくりされて下さい。
兵庫県の斎藤知事がオミクロン積極的疫学調査を発症前14日間に拡大、オミクロン陽性者は症状有無に関わらず原則入院。無料PCR検査の実施、とコロナ脳炸裂しまくりです! 保健所とコロナ病床パンク必至ですね。
知事達、オミクロン煽る時、マスクしてても眼が笑ってます。サイコパス知事達はゲーム感覚で感染者を増やし、ワクチン義務化に貢献したい。ワクチンが感染を防がないので意味がなくても、他国は科学を無視。本当に政治家やテレビ医者のサイコパス、狂人っぷりが恐ろしすぎます。
ワクチンでオミクロン以上に被害が出る事は、今は推測可能なので、未必の故意に当たると思います。 厚労省は一番把握しているので殺人罪で断罪されるべきですね。

Posted by 匿名 at 2021年12月26日 05:28 | 返信

おはようございます。お疲れ様です。有意義な会と打ち上げで良かったです!これで少しでも何かが変わると良いですね!小さな歩みも一歩からですよね。日々、主である仕事をこなしながらの今回の大規模な会への参加本当にお疲れ様でした。年末年始も忙しいのでしょうか、少しでもご家族とくつろげますように。世間は、来年の大学受験生がオミクロンの濃厚接触者の場合受験不可と文部省で決定したことがニュースになっています。帰国者にも国民は人間扱いせず今時期帰国するのがいけない!批判の嵐でしたが、子供たちの受験もそうなのですかね?再来年受験すればいいこと!この世情だから仕方ないよという意見やコメントもちらほら。濃厚接種者を行動制限でなくすことを目的にしているのかな?と言うか何それ。。どっちにしても、来年の受験は多難ですね。

Posted by かおなし at 2021年12月26日 06:01 | 返信

長尾先生へ
 なんか、先生のこね日記を読むと自然と
コメントしたくなり、毎日コメント書いてる今の自分です。不思議だな〜

昨日のシンポジウムが終わり、先生も気持ちのリセットボタンをおして、今日からは、自分の本業に専念。とのこと

私も、今日からは、自分自身今、やりたいことへの気持ちのリセット。
コロナ騒動では、本当に色んなことに気づかせてもらいました。その中で、日本の歴史を正しく学ぶことの大切さを痛感してます、
コロナ騒動は歴史を学ばなくては理解できない問題だからです。
色んな方のバンされたYou Tubeもすごく勉強になりました。
バンされることほど真実で、真実

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年12月26日 06:08 | 返信

長尾先生 本日も本当に有難うございました。

先生はお疲れも お見せにならず 本当にパワフルで

バイタリティーの塊のようで 私も 先生の魂を見習いたいです。

長尾先生のお陰で 宮沢先生 青山先生 南出市長 鳥集さん 会場の皆様にも

お会いすることができ、沢山の温かい気持ちを頂くことができました。

熱いジャーナリストの鳥集さんの司会進行も楽しくて会場をまとめられて

最後に長尾先生のお見送りのお歌が聴けるサービスもあり

なんと、贅沢なシンポジウムだったのか

幸せな時間を 先生方 皆様 有難うございました。

まだ世間では今日のような情報を知らない人たちがいてますので

伝えれる人には伝えていこうと思います。

宮沢先生が「なぜ、こうなるのか 誰か研究して」と叫んで下さっていましたが ほんま こんなに あちこち悪くなるタイプの人には 悪くなる
そして 遅延性後遺症で いつに悪く出るのか 分からない 悪くならずに
何ともないかもしれない スパイクタンパク以外のタンパクの変異でしたでしょうか (間違って聞いていたらすみません )それも起こる可能性が
あるのか ないのか 未知な事ばかりですね。
人が入ってはいけない領域に入ったから こんなに道に迷っているのかも?

Posted by イチジク at 2021年12月26日 06:09 | 返信

すみません、途中で送信、
続けます。

You Tubeがバンされる、まさに戦時中の最中。
不都合な真実だから。

だから、私は今すごく歴史を学びたく図書館で本を借りて読む習慣になりました、
メディアではもはや真実を知ることはできません。

図書館の本までバンされません、
ネットで調べて予約できます。
図書館という公平な施設には感謝です。

テレビを見るなら、本を読む方がどれだけ肥やしになるか
予約した本が届いたと図書館からメールがきた。

歴史を知ることの大切さ。
コロナ騒動が教えてくれました。

自分で自分の〜心〜を守る、しか、
今はできません。

長尾先生のこの日記を読み、長尾先生を知れば知るほど
自分自身を見つめ直せます。

このコメント欄は
私には〜こころのクリニック〜
かもしれません。

自身を大事にすることからの
一日のスタート

※本〜色んなタイトルありますね
めったに本など読まない息子が20歳くらいかな、
手にした本の中で
〜心のそうじ〜というタイトルの本がありました。
タイトルだけで何かが伝わりますね。

〜死の授業〜もしかり。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年12月26日 06:30 | 返信

シンポジウムお疲れ様でした。行くことは出来ませんでしたが、これだけの方が集まるということは、ものすごく関心があるという事ですよね。本当になぜ話題にならないのかおかしいです。
周囲に、ワクチン後遺症の方がいないように感じているのか?見過ごしているのか?と思います。
私の職場でも、インフルエンザワクチンを含め何故打たないのか!と言った動きがあります。日々先生のブログを見て心を強く持っていこうと思っている日々です。いつもありがとうございます。

Posted by たまこ at 2021年12月26日 06:35 | 返信

先生! 何度も登場してすみません!
〜大阪!シンポジウム〜を終えて、これだけは! 
の、一言、言わせて下さい。

昨日、シンポジウムと平行して再放送されたあの(腐れ番組)が大阪の市政なんだなと。

本当に大阪の市長なら
昨日、大阪で大事な、市民も参加するシンポジウムがあることを市長は知っているはず、知っているから、再放送したのだから。

市民を守る市長が何故昨日の壇上に上がらないのか?
市長、知事も会場にいるべきである。

反ワクチンの集会ではない、
〜ワクチンを考える〜シンポジウム。
まして、千人も集まると分かってるはず。

大阪に住む以上、大阪の知事、市長にはがんばってほしいコロナ騒動。

あの番組を再放送するのが、大阪の姿勢?
なんと嘆かわしい!
やはり、あの場に大阪のトップを呼ぶくらいの働きかけを我々市民はしないといけなかったかな、と
反省の気持ちが。
昨日のシンポジウムを開催しただけで終わっていいのか?
鳥集さんのジャーナリスト魂はこのままでは終わらないと思います。
日本に1人でも真のジャーナリストがいる、救われる思いです。
大阪の市民が選んだトップ、市民よ、頭をリセットしよう!

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年12月26日 07:02 | 返信

先生 昨日は本当に心からお疲れ様でございました。
ご体調いかがですか?
シンポジウムの無事故と大成功に 心から安堵しております。

先生、以前に 「10年後の日本はあるんかな?」って
仰いましたよね。

私、あの先生の一言がずっと耳から離れないんです。
聞いた時 すごくショックでした。
「先生そんなこと言わないで」って
その時 コメント書きました。
「こんな日本になるなら 子供を産んだことを後悔した事もあった。」と
私はこのコロナ禍に絶望していました。ノイローゼになるほど 毎日絶望していました。
こんなに大事な子供たちの未来を 不安しかありませんでした。今もです。

10年後 私も先生も 多分まだ
生きているかもしれません。
現在の先生を始め 心ある勇気ある方々の血のにじむような戦いの日々が、気づいた国民が、 10年後の日本をどう変えられるのか…。

悲観は したくないです。
できれば 希望を持っていたいです。

先生を無視しづつける 政府とマスコミ。
…にもかかわらず、先生に「黙れ!」とだけ命令してくる。 なんて姑息で卑劣な…。

先生、街は昨日クリスマスに浮かれていました。
大阪で1000人もの このコロナ禍に怒りと絶望を抱く人々が集まっている傍らで…。

いま感染減ってるから 今のうち遊んどこ! また緊急事態宣言でたら 遊べないから。
政府の号令に素直に従い
なんの疑問も持たず生活する人々。

先生、この長い悪夢はまだ序章に過ぎないのか…。
そんなことないですよね。
コロナ前の生活を取り戻したい!!

先生 、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。
心より感謝申し上げます。

Posted by あずき at 2021年12月26日 07:28 | 返信

昨日のシンポジウムは今の現状を生で聞け体感出来たと感じています。先生はじめ主催者の皆さんに感謝致します!
せっかく展望があっても国から予算も付けてもらえないという宮沢先生の叫びには、これがいまの日本なんだなと悲しくなりましたが、大阪人は昔からそんなものは期待せず自力で頑張ってきた地域です。
悲しいことに頼りになるパトロンがいないだけ。
でも小さな力でもクラウドファンデイングで資金を募り政府がしたくないことをどんどんやっちゃいましょう~そして世界を救うのです。
コロナ禍と言われながらも被害の少ない日本が出来ることは沢山ありますよね。そしてワクチン接種後の後遺症はじめインフォデミックで被害を受けている多くの人を救済するために、市民による市民のための動きを加速しましょう~
ずっとこの閉塞感に苦しみましたが昨日のシンポジウムで多くの人が今に違和感や疑問をもっていることに逆に元気になりました。
忙しい中、ありがとうございます
残念なのは先生の歌が最後まで聞けなかったこと。

Posted by うる吉 at 2021年12月26日 08:09 | 返信

年の瀬ですね。家の前が庭になっていて今日も渡り鳥が木の実をついばみに来ています。秋になると白鳥がV字を作り飛来し近所の川で過ごします。春になるとシベリアに帰るのか秋に来た空を戻っていきます。白鳥の鳴き声が聞こえると冬だなと感じます。家の近くの公園にはリスが住んでおり散歩でたまに、ちょこちょこと顔を出します。鹿は熊位の大きさの物が草木をついばみ、キツネがたまに家の前を通ります。今朝ニュースでヒグマが民家に現れ襲われる事件が増えていると見ました。私は6才位の時にヒグマを見ました。もの凄い巨体で鼻息だけで体がすくんで動けなくなります。大人になり友達の家の裏に若いヒグマが現れたそうですが、【なんだお前!人の家に勝手に来るな!!】と怒鳴ると森に逃げていったそうです。元々ヒグマは臆病者。冬眠しないヒグマは気が荒いから要注意でしょうが、友達の家に現れたのは夏でした。ヒグマは絶滅させろ!駆除して全てなくせ!と言うかたもいます。確かに頭数が増えたら駆除しなくてはならない。でも、全て駆逐とは極論ですよね。。生態系が壊れてしまう。いつも川には鮭が遡上するのに最近鮭はあまり漁師でも取れない。ドングリも不作。鹿を食べますが逃げ足が早いからなかなか。温暖化が進んで、人間がどんどん開発して山を崩すから食べ物がなくなってきているのかな。。ちょっと思いました。ウイルスもそうなのかな、、と。ウイルスも生きるためにどんどん進化しますよね。人間には厄介で絶滅してほしいけど、人間以外の生物は地球上で好き勝手やって人間が居なくなれば良いのにと。皆人間以外の生物は単細胞生物から、シロナガスクジラまで言葉が話せないから沈黙してるけど。いつか生態系が総崩れして人間にしっぺ返しがくるような気がします。

Posted by かおなし at 2021年12月26日 08:22 | 返信

ホントにそろそろ終わりにしたいですね(^_^;)
来年はコロナが、風邪の一種になることを望みます

Posted by 光 at 2021年12月26日 08:31 | 返信

良いシンポジウムでしたね。お医者さんもメディアもプライドないの 政治家は反骨精神ある人はいないの。今日の日曜報道ワクチン打てと、怖いくらいでした。橋下さんどうしたんだろう。宮沢先生が示した物をみたら誰もが分かるはずなのになぜ?宮沢先生の嘆きに納得!最後は先生の優しい歌を聞きながら帰りました。いい歌でしたね。

Posted by kawasemi at 2021年12月26日 08:44 | 返信

長尾先生、お疲れさまでした。
大阪で1000人、それだけでもすごいことですよね!さらに席を増やせばもっと増えたのではないでしょうか?それだけ多くの人が今の状況をおかしいと感じているということですよ。
昨日は私は仕事で、今頃やってるんだろうなぁと思いながら話を聞きに行けなくて残念な思いでした。
まぁ、実家(尼崎市)に戻らないと足を運べないんですけど。
どんな様子だったのか、のちに動画配信なんかがあると嬉しかったりするのですが、それってないですよね。

先生がお感じになっている、日本も終わっている、という感情は、気づいている人はもっと以前から感じていたことです。コロナがきっかけで表面化され気づく人が増えましたけど、それまで自分の身に直接起きないことには無関心の日本人がなんと多いことか。政治家に対する不信感なんて今に始まったことではありません。先日の選挙でわかる通り、本当に日本の事を考え守ろうとする人よりも、親中派の様な人や日本を売り渡すのが平気な議員ばかり選挙で選んでる国民に問題があるのです。

構造改革とかTPPとかRCEP、いろいろありますけど、これなんかもまさに日本人をどんどん貧しくし日本を売り渡すものです。外国との圧力もあるでしょうけど、国内にも売り渡すことが平気な敵がいるのですから、そんな人を昔から有名で知っているからとか印象が良いからだけで投票する者が悪いんです。海外報道でも2016年の大統領選でトランプさんに悪い印象しかもっていなかった人は、見事マスコミに騙されてたわけです。そして今回のコロナもワクチンも・・・全て通ずることです。

今必要なのは、真の眼を持つことです。
気づいた人達が団結して本当にこの日本を自分たちのためにやってくれる政治家をこれからは選んでいかなければいけません。
マスコミの印象操作に騙されてはいけないのです。

先生、このたびは本当にお疲れさまでした。コロワクをきっかけに皆で団結して変えていきましょうよ。この国は、政治家のものでも一部の外国人のものでもない、私たち日本人の宝です。やりたい放題の政治家にとって一番怖いのは国民の怒りが自分たちに向けられることなんです。願わくばその日が来てほしい。
少し話がズレましたが、お体を大切に本業の方、頑張ってください。

Posted by pomurin at 2021年12月26日 08:58 | 返信

おはようございます。長尾先生

大阪、夕方から雪に降る予報『寒いなぁ』

先生、60代はまだまだ小僧ですって、104歳で亡くなった叔父が言ってましたよ。
103歳まで元気で一人暮らしでした、認知もなくて(なんとか少し認知ということにして、やっとこさ)
グループホームに入って1年で亡くなりました。

『自分が生きている中で今ほどの悪夢を見たことが無い。どいつもこいつも政府に(その上は米国)に忖度して。』私も、時々、腕つねってみます痛いから現実なんですね(-_-;

でも未来、変えられます!

Posted by rico at 2021年12月26日 09:04 | 返信

先生、いつもありがとうございます。
大阪シンポジウム参加させていただきました!
とても勉強になり、心強い気持ちになり、素晴らしい会でした。
私も世の中のおかしさに気が狂いそうです。人生で初めての感覚です。
自分の思う方向に進まず逆ばかり!テレビなどのマスコミ、政府、周りの人みんなです。
でも昨日の会は同じ思いの方々ばかりでとても心地よかったです(^^)

そして!大好きな長尾先生にお会いできました。
本にサインしていただき、お写真も(*^^*)ありがとうございました。
そして、鳥集さん、宮沢先生、南出市長、青山弁護士、らいおん丸先生、普段私が情報をいただき、正しい方向に導いてくださっているオールスター勢揃いでとてもステキなクリスマスになりました♪

先生は打ち上げの最中にお仕事に…そしてお看取り…映画のシーンを思い出します。患者さんやご家族は先生がおられてどれほど心強かったことか!
先生は本当に素晴らしい。大好きです(*^^*)
どうかどうか御自愛いただいてずっとお元気でいてくださいね。

Posted by ざくろ酢 at 2021年12月26日 09:27 | 返信

長尾先生 おはようございます&お疲れ様でした。生歌も拝聴でき何よりです。

自治体の長に、現実に起こっていることを知って欲しい。そして繋がっていただきたいです。
まずは「ワクチンの後遺症で苦しむ人の声を聴いて下さい」
業界の裏話や世界規模の話は脇へ置いて、健康被害に絞って訴える方がいいと強く思いました。
登壇して下さった方々、決してお身体万全でない中、お話して下さり感謝。
そして会を催して下さった皆さまに、感謝です。まずはお礼まで。

Posted by taco at 2021年12月26日 09:40 | 返信

先生、おはようございます!

大阪シンポジウム、とても充実した時間でした。ありがとうございました!
色んな角度から情報を発信される先生方、遠くからでもお金を払ってでも、強い関心を持って参加された方々の熱い想いを感じました。
オフレコなのでオブラートに包まない発言を沢山聞けて良かったです。(笑)
登壇して下さったワクチン後遺症に悩む方々も大変な中ありがとうございました。
良くなると信じて治療頑張って下さい。

マスク率は高かったですが、してない方々もいらっしゃいましたので、途中からマスク外しました。
久しぶりに息苦しくない♪
自分の考えを肯定される空気が有難い♪

本物の長尾先生を見るのは初めてで、念願のツーショット写真と551本にサインしてもらいました。お忙しい中ありがとうございました!!
緊張し過ぎて言葉が出ず無言で差し出してしまい…すみません。(汗
「これからも応援してます!!」
と代わりにここで言いますね。
生カラオケも最高でした!
またイベントに参加出来たらいいなぁ。
皆様、お疲れ様でした!!

Posted by うずまさ at 2021年12月26日 09:48 | 返信

長尾先生 大阪でのシンポジウムお疲れさまでした。
前列の良い席で、食い入るように拝見しました。
長尾先生、宮沢先生、鳥集さん、南出市長、青山さんのお話、
大変勉強になりましたし、皆さんの熱いお気持ちが伝わってきました。
そして表ではなかなか言う事の出来ない裏事情が
沢山あるのだろうなという事を感じとりました。

そしてしんどいのに、勇気を出して登壇してくださった、
ワクチン後遺症の当事者の方たち、
皆さん素晴らしい方でした。
こんな普通の良い方たちが、苦しんでいること、
めちゃくちゃ腹たってます。
何としてでも、元の生活、人生に戻れるように救済を強く望みます。

百聞は一見にしかず。
リアル講義はやっぱりオンライン講義とは空気感が全く違います。
本当に行って良かったです。
次の機会には皆さまも是非!

私もなんかおかしな方向に進んでいるこの世界を、
少しでも引き戻すために、
非力ですが、自分のできる事をしていきます。

先生本当に有難うございました。
どこまでもついていきます(ハート)

Posted by 先生たちと共に頑張りたいです at 2021年12月26日 09:53 | 返信

先生、おはようございます。
昨日はお疲れさまでした。
素晴らしいシンポジウムが無事に終了し
先生や皆さまが心をひとつにして
有意義なお時間を過ごされた事
とても嬉しく思いました。
参加はできませんでしたが
シンポジウムの時間お祈りしました。
“Happy Christmas”~War is over~
~戦争はやめよう~
ジョン・レノンがまた心に沁みます。
歌詞を想いながら、
Jake ShimabukuroさんとYo-Yo Maさんとの
コラボレーションに耳を傾けました。
参加者さま達からのコメントからは
あたたかい感動を感じました。
先生は素晴らしい事を成し遂げられましたね。
出来る事を総てされたら、後は待つだけですね。
日々の大切なお仕事、お身体をご自愛になりつつ
どうぞお願い致します。
毎日先生に心身を助けられている方が大勢います。
先生に救いを求めて遠くからも必死にいらっしゃる
たくさんの患者様をこれからもどうか助けてあげてくださいね。
けったいな町医者を観てから、変な事が気になっています。
新しい行きつけの良いクリーニングやさんは見つかりましたか?
それから、クリーニング用に大きなエコバッグをお使いになることをお勧めしたいです^^
先生、皆さま、あたたかくして
風邪をひかないように笑顔でお正月をお迎えになれますように。

Posted by カノン at 2021年12月26日 10:22 | 返信

長尾先生おはようございます
 今日もブログありがとうございます。
 昨日はご苦労様でした。さぞやお疲れでしょう。
 ブログ見ますと大いに手ごたえ有、良かったです。
 打つのが目的の政府に市民が賢くならないといけませんが、多くの国民は知らない。でもなんとなくわかってきてるんでしょうが、行動に出ません。ワクチン信者にはなかなか解ってもらえないですね。
 今日はゆっくり、と言いたい所ですがそうもゆきませんね。
 投稿の処理も大変で。もちろん本業第一で。

 北海道73才の看護師の方の今日の新聞投稿、娘さんも看護師。『コロナ病院最前線 思いめぐらして』と題して、「千葉のアビガン投与に、何で医師達が謝らなくてはならないのか」、また「娘は家に帰れずホテルで毎日コンビニ弁当で病院を行き帰」、後書に「コロナ治療の最前線で踏ん張っている医療者の心情に思いを巡らせてほしいと思っています」とある。
 日本の 首相、知事は解っていますか。

 また、南ア、接種率26%「変異株を生む温床」なんて記事が。まるで接種してないから変異が起こるみたいな書き方。新聞社が勝手に書いたのかと内容読みますと、国連のグテーレス事務総長が「ワクチン接種率の低さは変異株を生み出す温床となっている」と指摘、とある。まるでオミクロン株南アから世界に広がった物言い。この方もグルか?南アから広がったと演出してる?それとも科学音痴か?
 オミクロン株ただの風邪に変異していたらもうお笑い。2回も3回も打ってる世界の国にも同時期にオミクロン株発生してるのに、おかしいと思わない国連事務総長。

Posted by じぃじ和74 at 2021年12月26日 10:40 | 返信

先生、昨日のシンポジウムお疲れ様でした。行きたくて追加募集で悩みましたが遠すぎました。私、岸田さんには期待していただけにほんとに残念な気持ち。
悲しい夢を見てしまって朝から涙が。今年はいい事もたくさんあったけれど悲しい事が多すぎる一年でした。

来年こそは笑顔溢れる幸せな一年になりますように。

Posted by なお at 2021年12月26日 10:45 | 返信

スパイクタンパクがワクチン後4ヶ月間体内に存在していたという論文が出ていたように思います。

はるからジョーへの返信 at 2021年12月26日 10:54 | 返信

先生、すみません。
2回目です。

この世の中は本当におかしい
怒りと悲しみと悔しさと…。

先生の今日のブログの言葉の力に 布団の中で涙がでました。
(真夜中2時のことです。)

もうおばさんなんで 毎晩2時くらいに 1回 目が覚めてしまうんですよ。
やることは決まって 枕元の携帯を見て、先生のブログ更新されてるか 確認してから また朝まで2度寝です。
「あー 先生 今日は 0時すぎ 今日は 1時すぎに 更新されてるーさっき寝られたのかなぁー」なんて思いながら。
(先生 毎日 ご苦労さまです。)

でも 昨日は シンポジウムのコメントが 気になっていたので
目が冴えて コメント欄まで
読んでしまい
ワクチン被害のお子さんの登壇のコメントに
涙が出ました。我が子が もしそうなら…。と 重ね合わせて胸が締め付けられ、布団の中で泣きました。


なんでこんな世の中になってしまったの?
なんで 誰も気づかないの?
気づいてるけど 知らん顔なの?
自分に起きてないから 関係ないの?

「そこまで言って委員会」の宮澤先生の 真剣な叫びを聞いて 涙が出ました。宮澤先生、ありがとうございます。

絶対にこのままじゃいけない。
子供たちの未来のために。

昨日登壇してくださった
勇気ある ワクチン後遺症の皆様。お身体大変な中 大勢の聴衆の前に 立つことは 大変な事だったと思います。
きっとこのコメント欄 読まれていらっしゃるかと思います。
勇気ある行動をありがとうございました。また どうかご自愛ください。心よりお見舞い申し上げます。ご回復を 心からお祈りいたします。

Posted by あずき at 2021年12月26日 11:03 | 返信

長尾先生

昨日のシンポジウム、充実したひとときをありがとうございました!
先生の生歌を聴けて嬉しかったです♪

正気の人々が狂人扱いされる現状が嘆かわしいです。

ひとりでも多くの人に気づいてほしい。
でもそれは、その人がおかしいと思わないと叶いません。
洗脳されている人に何を言っても聞き入れてもらえません。

悲しいけれど、人は人。
私は私の道を行くだけです。

コロナ騒動がなければ、長尾先生にお会いすることもなかったでしょう。
シンポジウムで登壇された素晴らしい方々、1000名もの同志。
まだまだ世の中は捨てたものじゃない。

クリスマスに゜*。希望。*°というギフトをいただいて
前向きな気持ちで会場をあとにしました。
ありがとうございました!

Posted by ゆき at 2021年12月26日 11:27 | 返信

「コロナ」ではなく「ウイルス」の特徴からHHKあたりで分りやすく教えてほしい
なぜかウイルスは沢山いてコロナのみとは思わないですが、コロナ関連のウイルスのみ数か月の単位で変異変異叫ばれてると思います。でも日常は陽性者は2年目に1人親戚にでたが、それ以外、周囲に寝込んだ人いないはおろか、マスクと消毒薬のせいか身内も風邪でこの2年寝込まない、熱もでてない、逆に寝込んでないといってるのも私の周辺は事実です。それほど騒ぐウイルスなら体が丈夫といえない私もすでに感染しててもおかしくないり、身内もインフルエンザのように感染しててもおかしくない。でも現実は報道と乖離がある感じるのが実態です。
ただ、今回、お金持ってる人が勧めてるようですし、テレビ出てる人らも、台本に逆らったら首になるのだろうかと思わせることも増えました。そして一線を越えた医術でも技術でも「成長」「進化」の名のもとなら規制緩和していいと革新、少々実験的なことしても構わないという風潮が、コロナ前、素人のDIY遺伝子が流行と言われてる時から微妙な気分でした。
去年1年ある程度の報道をメモしてまして時系列ごとに他の海外や政治ニュースからめたニュースバラエティを見直していたら、おかしな面沢山見えます。
4月17日は朝日放送に視聴者からの相談で「夫の会社はテレワークを検討してくれません。政府や府から強制力ある指示をだしてほしい」など宣言前後で、なぜか一般の人がそう「強制力」って望まないと思うのに「強制力」がほしいと街中インタビューでも、視聴者からの相談でもよせられがちでした。そこからおかしく感じ、変革ともよく叫んでいたし、「強制力ある法改正」が目的だろうなと感じました。当時は府知事がよく生解説してくれまして、4月17日の生解説では、PCR検査の数は増やせない?の質問に対し「府知事:PCR検査は本当に専門の手を借りるし大変。検査の簡易キットがあれば一番いい。発熱外来も大阪の中でやっていく」と答えられていたなと思います。
検査キットは詐欺の注意もしてましたが、旅行行く前に証明が必要が増えたので、接種前に検査を希望すると有料であっても3千円から3万円と幅広く、綺麗で信頼おけそうなHPからの検査キットでも厚労省認定ではなく「研究用」と小さい文字で表示してあったり。色々ありました。
2020年の5月17日から国際的にワクチン開発がはじまったかのようにワクチンの話題がではじめてます。(私はmRNAの安心の為、今年、mRNAはサーズの頃から研究されていた)と聞いたので、ワクチン自体はコロナ前からある程度、研究、目途が立ってたから無茶な緊急承認が出来たと妄想しえいます。目的は感染対策でなく変革だろうと感じます。
5/19はワクチンや治療薬がないので、トランプ大統領が効果未知数のマラリアの薬を試すか何かで。「マラリア治療薬」医療機関での治療以外で服用しないようFDAが注意呼び掛けてる。
御本人を実験体につかったような行為ですが、波紋 トランプ氏”未承認”薬を服用。
期待 ワクチン開発「重要な第一歩」 臨床試験で全員から抗体確認 /米バイオ医薬:タル・ザックス最高医療責任者(CNN)会見  波紋 トランプ氏 ”未承認”薬を服用 「私は飲みたい」 コロナ予防で 抗マラリア薬「ヒドロキシクロオキン」紹介:医学的に根拠のない発言。
トランプ大統領は当時、御自身でためして「今のところ問題なし」と仰られていました。
アメリカ食品医薬品局(FDA):個人では服用しないよう注意喚起。イギリスでは、警戒 規制緩和も…警察官を配備と伝えています。
この2020年の5/19時点ではmRNAの話題はでていなかった。5月31日、朝日新聞からも、コロナ治療に回復患者の血液成分 ルーツは北里柴三郎とトランプ大統領が自己責任のもと、こちらの療法をとられたでテレビにもでていました。しかし合点がいかないのは、夏場から秋ごろ、大統領選前から各国のワクチン開発競争の話題がでて米やイスラエルでは去年の12月に先行接種。日本は遅いなどいわれてましたが、6月の時点ではmRNAのワクチンの話はでてず、秋ごろから開発競争と緊急承認がテレビで叫ばれたので「はやすぎる」その早すぎる不安に対しての今年入ってからの理由がmRNAの研究はサーズからされていて、治験や臨床試験も終わっていて実はもっと年数はかかってる。だから安心してほしいニュアンスが厚労省のQ&Aか国立感染症学会あたりのHPから見ました。
そこで謎なのが、では抗体できた人の血液を利用する手法など必要だったのだろうか。治療薬もいま経口薬でてるが承認おりるまでの開発としてはコロナ前からな気もするし、そのあたりが不思議でたまりません。長くなってすみません、承認してくださらなくても結構です。
先生、いつもありがとうございます。シンポジウムに足は運べませんが、お疲れさまでした。
先生が心身休められる時間がとれることを祈っております。

Posted by 心の中の応援者 at 2021年12月26日 11:41 | 返信

今回は海外製薬会社との契約内容が気になります。今のところ海外瀬がメインなので、緊急を要したので、製薬会社も責任を問われたら困るということで、製薬会社には賠償する義務はなく、日本政府が賠償することになってます。それは今回だけでなく以前からそういった契約はあったようですが、今回は少し顕著にそのあたりを利用されてる感はあります。薬害は認められるまで大抵30年はかかっている。でもそれは旧制度のもとだから、たとえ30年かかろうがいずれは発覚して賠償や治療される。先生の地域でも有名なアスベストの問題のように。ただ「新制度」変革されたら30年後はどうなるか分かれない。今は法改正と強制力という言葉とともに変革と叫ばれ過ぎてる感がありますから、時間はかかっても因果関係立証のもと、賠償されるのか?は疑問な面もあります。

Posted by 匿名 at 2021年12月26日 11:49 | 返信

長尾先生、昨日はありがとうございました。
大変、勉強になり良い勉強になりました。
ワクチン後遺症の方の酷い対応や女の子の涙に。
辛かったです。体調がよくなる事を願っています。こんな辛い思いをしている子がいるのに。
全く救済すらせず。更に小さい子ども達にまで打たそうとしている。
あり得ないです。私も反対します。
けど前向きに明るい気持ちにもなれました。
感謝しています。先生がいてくれて本当によかった。
先生もお体に気をつけてください。

Posted by 片岡 里美 at 2021年12月26日 12:02 | 返信

先生、お疲れ様です。

横浜に続く、大阪でのシンポジウムも、大盛況だったようですね。
先生、おっしゃるような、思い残すことは無いどころか、これは、始まりに過ぎないと思われます。この長丁場で、先生のブログなどの読者、動画視聴者なども、いい加減、早く、この騒動が、終わってほしいと考えるのは、当然です。もう、こんなことは、きれいさっぱり忘れて、新年も迎えることだし、新たな気持ちで、個々の人生の課題に取り組むだけ、みんなが、そう思いたい。
しかし、みんな、わかってきた。自分のことだけ考えていればいい時代ではなくなっていること。みんなで、立ち上がらなければ、ダメなのだということ。コロナ騒動によって、あぶりだされた、数々の問題から、誰も、眼をそむけることはできなくなっています。なぜなら、コロナ騒動を、とことん悪用して、
政府などが中心となり、人々の個々の人生を邪魔しているからです。皆で立ち上がり、問題の根本から眼をそらすことなく、本当の敵を潰さない限り、この問題は、終わりません。

ですから、まだ、先生のブログや、ニコニコビデオも、時折、チェックしなければならない。そういう、情報源としても、大事なブログですので、あえて、一言だけ、言わせてください。これは、先生のブログのファンだからこそ、進言したいということです。

今回の記事の文中の表現についてです。特に、悪気はなく、使われた言い回しとは思いますが、私としては、許容できない表現が1点だけありました。それは、「でも、メデイアは報道しない。政府に忖度するだけの権力の犬。」という表現。先生、【 犬ではなくて、人間でしょう、悪いのは? 】
悪い人間が存在し、人々を苦しめることと、愛犬の飼い主が、スキンシップの一環として、お手などを教えて、愛情表現から、犬が、それに、応えてくれることと、一体、何の関係があるんですか??何の関係も、ありませんよ。また、先生、犬は、誰にでも、お手なんかしませんよ。先生も、愛犬家だそうですので、おそらく、相当、お疲れで、適切な言い回しさえ、考えるのが、おっくうな状態だったのかもしれませんね。ただ、それほど、こういった、不適切な表現が、ダメメディアなどによって、ばら撒かれたあげく、人々が、つい口走ってしまうところまで、蔓延しているとなれば、逆に、それこそ、大問題です。正当な理由から、メディアを非難する人間が、メディアが、ばら撒いた、不適切な表現が、口グセになっているとしたら、これほどの矛盾はないでしょう。

もう1点、私は、ある元アメリカの警察官が、愛犬に命を救われたという内容のビデオを見ましたが、それについても、犬を飼われたことのない人で、犬のことを何も知らずに、軽々しく、「〇〇の犬」などと、間違った、言葉遣いをする人もいると思いますので、ちょっと、説明させてください。

あるアメリカ在住の、元警察官は、退職後も、愛犬のジャーマンシェパードと、仲良く暮らしていました。ある時、散歩の途中に、大きなナイフを持った悪人が、元警察官の前に現れ、襲いかかりました。元警察官は、反撃用の武器は、何ら、所持しておらず、そのまま、犯人の凶器で刺されたなら、おそらくは、致命傷を負い、命を奪われていたといいます。ところが、愛犬のシェパードは、犯人の挙動を、いち早く察知し、元警察官との間に、割って入ったのです...。愛する飼い主の前に歩み出て、自分が犠牲になることで、元警察官の飼い主を救ったのでした。そのシェパード犬は、卑劣な犯人の凶行によって、ナイフで、刺され、血まみれで、地に倒れました。元警察官の飼い主は、無傷でした。先生、そして、みなさん、犬とは、そういう生き物なのです。

先生は、上記の話の中で、「頭のイカれた卑劣な犯人である人間」を指して、「犯人の凶行から、飼い主の命を救った犬」と、表現する人を見たら、「は?何言ってるの?頭のおかしいのは人間の方で、犬は命の恩人でしょ。」となりますよね?ところが、日常会話の中で、そのように、人間と犬を区別して、人間がしでかしたことを、無実の犬のせいにしないように、気を使って、ちゃんと、表現してますでしょうか?先生ほどの知性があれば、それが、根本的に、不適切で、間違った言い回しだと、すぐに、わかるはずです。そして、ただ、間違っているだけでなく、このような間違いは、動物愛護の精神に抵触し、場合によっては、動物虐待などの犯罪行為を、造成するような風潮をはびこらせかねないという点において、非常に、罪深いと考えます。

ですから、私は、そういった表現に、無神経な人は、その他のことで、どんなに、まともなことを主張しているかに見えても、最終的には、信用しません。たとえば、前アメリカ大統領のトランプさん。一時的には、保守層の人気を獲得して、大統領になりましたが、現在、まったく、人気がありません。保守層も、離れていますし、自腹で、SNSやホームページを立ち上げても、以前のような盛り上がりがなく、閑散としています。この人の場合、就任当初から、娘婿による、希少動物のハンティング癖が、問題視されていました。また、全米での演説でも、「犬」という下賤な表現を用いて、対抗勢力を批判するなどしたことで、愛犬を連れて、トランプの応援にやって来た、多数のアメリカ人が、傷ついている様子を、米メディアは、大きく、報道していました。トランプさんは、結局、FBIにも監視されている、アメリカでの小児性愛ネットワークの誘拐犯の主犯者と仲が良く、現在、ディープステイト側について、支援者に対してまで、毒ワクチンを推奨したことで、もはや、元支援者からも、毛嫌いされています。大統領選で、返り咲くことはないとみられます。人間性とは、こういうところで、ほころびを、隠せないものなのです。

ちょっと、話を戻して、前述の、飼い主の命を救った、シェパード犬ですが、その後、手厚い医療を受けました。事のいきさつを知った、全米の人々は、元警官の命を救った犬宛てに、多くの、励ましの手紙や、贈り物を、送り続けました。その結果、シェパード犬は、一命をとりとめ、現在、この元警官とシェパード犬は、愛犬活動家として、一緒に、動物愛護などの啓蒙活動のために、全米の、あらゆるテレビ番組などに出演しています。

私に言わせれば、このような【 犬の心ある行動 】は、珍しくありません。
本来なら、人間こそが持っていなければならないはずの、【 心 】を、人間の、ほとんどが失いかけており、一方で、犬達は、それを危惧して、人間社会の中に割って入り、今や、人間を助ける役割を担っているのです。逆になってしまっているのです。

今、人間を苦しめるような様々な問題は、心を失った人間から来ているのです。それを、たとえ、表現の上だけでも、間違えるようなことがあってはいけません。長尾先生も、直近のビデオで、この日本でも、前年度比、超過死者数が、9月時点において、すでに、6万人にも、のぼっており、これは、コロナ感染などが理由ではないことに、触れておられます。人間社会こそ、病んでいるのです。

政府やメディアが、間違っている、確かに、その通りであり、コロナ騒動においても、政府やメディアは、主犯格とも言える存在になってしまっています。
しかし、それを、黙って、支えてきたのは、誰なんでしょうか?今、人間は、反省を求められているという気がしてなりません。コロナ騒動に限らず、人間社会において、これだけ、腐りきった問題だらけになってしまったのも、人間が、素直に、反省の眼を、人間自体に、きちんと、フォーカスすることから、逃げているからではないかと思います。

私は、特に、クリスチャンというわけではありませんが、最近、ヨハネの黙示録なんかを見ても、人が目覚めて、奇跡を起こさない限り、腐りきった人間社会に、神が怒って、最期には、人間を滅ぼそうとすると書いてあります。

また、有名な、「ノアの箱舟」でも、神は、「これから、忌まわしい人間どもを、大洪水で滅ぼすから、おまえは、あらゆる動物を、一対ずつ、集めて、箱舟に乗せて、洪水が終わるまで、守りなさい。」というような啓示を与えたと書かれています。これ、「大事な人間を、一人でも多く、定員の限られた箱舟に乗せて、動物たちは、放っておけ。」とは、言っていないんですね。「目覚めている人間は、おまえぐらいしかいないから、他の目覚めない人間たちは、もう、見限るので、大事な動物たちを、一緒に、箱舟に乗せて、生きながらえるようにしなさい。」と言っているわけです。

ここに、1つの見逃せない真実はあると思います。つまり、

【 人間も、動物も、元々、1つの魂の源から来ている 】

ということです。であるならば、私達、人間の使命とは何か?
もっと、動物たちにも、感謝すべきではないですか?
そして、人間は、もっと、地球環境に責任を持つべきではないですか?
道徳心を忘れた科学は、根絶すべきではないですか?
人々に脅威を与える政府は、要らないと言うべき時が来ているのでは?

神が、政府の役人やら、王様ではなく、目覚めている、たった一人の、民間人のノアに、思いを託していたことは、現在の人々が、思い起こさなければいけない物語になるでしょう。

そして、日本は、本当に、その気になれば、一人一人が、ノアになれる国なのです。

Posted by みんなで造ろう、ノアの箱舟 at 2021年12月26日 12:38 | 返信

シンポジウムお疲れ様でした。

>#595_超過死亡6万人!? 脳出血、心不全、自殺…。 長尾和宏コロナチャンネル拝見しました。
接種者は、脳出血や心不全を起こすスパイクタンパクを通常感染の100倍以上、即、半年以上、体内で生成するのです。
普通に考えれば、脳出血も心不全もワクチンの薬害でしょう。

このコメントの方ではなく他所で超過死亡が多いのは全部ワクチンのせいだという人がいたので、調べてみました。
一番最新の厚労省のデータは7月で、その頃はワクチンの接種回数が多い時期ですね。

7月の原因別で減ってるもので主なものは
くも膜下出血 862→818(△44)
脳内出血 2338→2279(△59)
大動脈瘤及び解離 1238→1188(△50)

出血系の死因は前年7月より軒並み減っています。ですからワクチンのせいで増えたというのは誤りだと思います。
一方、心不全は今年7月は前年より増えてます。ワクチンのせいなのでしょうか?

心不全は昨年の3月から8月までは前年から減少していましたが、10月から上昇に転じています。特に今年に入ってからは増加していて、ワクチンを一般人が打ってない3月においても
2年3月 7395 3年3月 7899
こんなに増えています。ワクチンを打ってない時期から心不全は増加しているのです。脳梗塞も同じような動向を示し、やはり昨年10月から増えています。

その答えを長尾先生が動画でおっしゃってくださいました。コロナ禍で受診控えが起こって薬をもらわない人が出てきて血圧のコントロールなどしにくくなり心不全が増えた。
薬を飲まないでいることの影響の大きい脳梗塞もですね。
とても納得しました。
疑問に思っていたことがわかって感謝しております。

それからスパイクタンパクはそんなに長い間作られません。2週間で消えると言われています。

Posted by じゅん at 2021年12月26日 12:59 | 返信

先生、こんにちは。昨日のシンポジウム、お疲れ様でございました。
参加された皆さま、充実したお時間を過ごされたようですね。
後遺症に苦しむ方々を思うと胸が苦しく、涙がこぼれます。
大阪なら日帰り出来ますが老犬をお世話しないといけないのでわんこと二人で家にいました。
我が家は婆さんの私と婆さんのわんこ。老々介護?してます(笑)
私に出来ることは何かな?ひとりでもいいから気づいて欲しい。友人、知人に先日の新聞の意見広告を読むようお願いしました。意外にスルーされていてガックリですが読んだ方からは家族で話し合いたいと返事をいただきました。
その方から次の方へバトンを渡してもらえると思うと希望も湧いてきます。
今日は雪が時折舞う寒い日になりました。
今年も残す所わずかです。先生、皆さま、ご自愛下さい。

Posted by kyoko at 2021年12月26日 01:51 | 返信

お連れ様です。
国見カメラマン大活躍ですね。

先日の動画のバックが竹林で🐼好きとして
萌えました。

長尾先生も国見カメラマン、スタッフの皆さん
お疲れ様でした🐾

Posted by うめ&もも🐾 at 2021年12月26日 02:06 | 返信

シンポジウム、お疲れさまでした。
私は受付が始まる13時頃に到着したのですが、既に長い行列ができていました。
入場券の領収証も手作りで(長尾クリニックの住所ですね)
1,000人分の資料、会場の準備…など、ボランティアの皆様も大変だったと思います。
クリスマスの日に、有意義な集会を開いていただき感謝しています。

ワクチンで多くの被害が出ているのに、
言論統制し、コロナで重症化しない子供にまで打たせようとしているなんて…、
本当にこの国には絶望しています。
打ちたい人は打てば良いのですが、同調圧力に負けた人と、子供が気の毒で仕方ないです。
周りでワクチンの話題が出たときには、
安全性に疑問を持っていることを、はっきりと伝えていきたいです。
最後に、長尾先生の生歌が聴けて良かったです。とても素敵でした☆

次は、こちらが気になっています。
会場でいただいたチラシより
長尾先生講演会「生と死を見つめて 平穏死からコロナまで」
2022年5月7日(土)東大阪市

Posted by 猫とピアノ at 2021年12月26日 03:50 | 返信

長尾先生
ワクチン、シンポジュウム成功!
おめでとうございます。
26日,朝日新聞の声欄の
看護師さんの投稿を,ご紹介致します。
  コロナ医療最前線
    思い巡らして
看護師 北村洋子
    北海道73歳
千葉県内の病院が、厚労省に相談せず、コロナの自宅療養者90人余に抗ウイルス薬アビガンを処方したのは不適切だったとして今月,謝罪しました。アビガンの処方は、厚労省が入院患者に限って認めているからです。しかし、病院が処方した8月から9月は、コロナ感染が災害級の状況と言われていた時期。入院できず不安と恐怖を抱えていた患者にとってアビガンは救いだったと思います。そんな患者に寄り添った医師たちが,会見で頭を下げねばならないなんて。悲しみと憤りを覚えました。
       抜粋

勇気ある投稿に、感動しご紹介いたしました。
何かが、狂っていますね。
2020年,夏頃,ノ-ベル賞学者の
本庶 佑先生は、コロナにはまずワクチンよりもアビガンなどの治療薬と言ってみえたことを思い出します。

Posted by ウメチャン at 2021年12月26日 04:34 | 返信

長尾先生、初めてコメントします。
ワクチンは初めから接種しない意向でした。 8月に孫から風邪を移された症状は正にコロナと同じでした。かかりつけ医がいない私でしたが、もしもの場合を考えてあちこちの病院HPを見てその時にはココに行ってみようと決めていましたので、コレはチャンスかと思い初めてそのクリニックを受診(その前に一応別のクリニックでPCR陰性確認)  そして肺と鼻のCT撮影で問題なし。そのドクターは中国でSARSが流行した時に1人の死者も出さなかった病院のドクターと直接会って話をした経験から、その時に処方された漢方薬をインフルエンザの患者さんにも処方しているそうですが、コロナにも効果あり、今後もし感染していたとしても重症化はしないからと処方してくださいました。1週間でほぼ快復しましたが今度は夫に症状が出始めました。
夫は別のかかりつけ医に行きました。抗原検査は陰性。 「盛んにTVで言ってますがもし陽性になったら保健所経由でないと治療してもらえないのですか?」と質問したら、「ボクはTV見ないし、治療するよ」とあっさりお薬処方してくださったとのこと。
たまたま恵まれているのでしょうか? 案外こんなドクターもあちこちにいらっしゃるのでは?と思いました。 けれども周りの人にこの二軒のクリニックのことを紹介しても3回目のワクチンを迷ってます。
びっくりです。必要ないと思うのですが。 接種率を見ているとつくづく自分は少数派なのだと思い、それで良かったと心底思います。
自分のことは自分で守る。 ガン治療も標準治療に納得できず、遠くのクリニックまで出かけましたが、本当に良かったと思っています。
9年前のその時に知り合ったガン友さんに長尾先生のことを教えていただきました。
引き寄せの法則ですね。感謝です。

Posted by ヒロ at 2021年12月26日 05:40 | 返信

先生、おつかれさまでした。
東北在住です。

住まいが市内中心地に近く
複数の病院に向かう救急車の通り道になっています。
ワクチン接種が始まってから
早朝から深夜まで、救急車の出動が半端ないです。

もう20年近く住んでいますが
こんなことは経験がないです。
何が起きているのだろう・・と不安でしたが
ようやくわかってきました。

現場の医療関係者は
承知していると思います。
でも、誰も言わない、言えない。

今の状況でワクチン接種を中止するのが難しいのなら
職場や学校などに
圧力を与えないような指針を明記してほしい。

本当に命より大切なものはないはずですね。
先生、ありがとうございます。

Posted by こはる*びより at 2021年12月26日 05:51 | 返信

先生シンポジュウムお疲れ様でございました。登壇して下さった方々もありがとうございました。副作用の患者様のビデオや登壇下さったお嬢様本当に本当にお気の毒に思います。だってだってお国を信用したのにこんな事になってしまうなんて許せない思いです。でも患者様のお母様でしたでしょうか、私は反ワクチンでもないと言われていたけれど、私はちょっと違う思いです。私だったら強烈にワクチンを叩いてしまう。自分の子供があの様な病態になってしまうのは許せません。病気にさせてそのお薬で儲けるってことも言われていて、病院も儲かる事になるし、血圧のお薬だって昔の基準と今の基準が大いに違っているのも製薬会社からのお金で基準値が下げられたのも以前国会で問題になっていたけれど、やっぱり基準下げられたままになっていますよね。癌利権だって、、全く私の中では病院も薬も全く信用できなくなってしまっています。長尾先生は信じてます。正直、国民の敵が国や政府と思います。登壇下さってた泉出市長様、背筋がピンとして市長としてのあるべき信念を持っておられると思います。本当に人としてという事をわかってらっしゃる。。椅子をさっと片付ける振る舞いが全くえらそぶったところがなく、謙虚さがおありになるなと感じました。あの様な市長が国のトップになってこんな国民を病気にさせる国や政府をひっくり返して欲しい思いです。青山弁護士様も的確なご助言を話してくださり勉強になります。私はジャーナリストの鳥集様は存じ上げてませんでしたがとてもジャーナリスト魂を持って発信されてる方なんだと思い、これから参考にさせて頂きます。皆様ありがとうございました。

Posted by 大天使ミカエル at 2021年12月26日 06:30 | 返信

米国の民主党が強い州では、未接種者の家に州政府が「お注射隊」を派遣し、ドアをノックするということを既に実行しつつありますが、イギリス政府も「お注射隊」派遣を検討をしています。
Door-to-door Covid jabs as Boris considers New Year restrictions TOMORROW
で検索して下さい。

Posted by 憂国人 at 2021年12月26日 06:42 | 返信


 長尾先生、本当にお疲れ様でした。
 先生方の、熱意が多くの人の心を動かしていると思います。
 日々、Twitterで世界の状況、最新の論文や、臨床結果を見て
 ワクチンに効果がなく、被害ばかり、オミクロンは軽症なのに
 隔離させる政策や、濃厚接触者を受験をさせないという報道に
 本当に気が狂いそうになります。

 この現実に接しているのは1人ではなく
 この時代に生まれてきたのは、理由があるからで、
 全て、試練とお役目があると思います。
 
 世界的が、国家による医療ファシズムの
 危機に立たされれていると感じています。
 
 鳥集さんを通しご相談させていただきましたが、
 保護者向けの注意喚起の動画作成にあたり
 横浜の講演会の画像を、水彩イラスト加工し、3枚使わせて頂きたいのですが
 可能でしょうか。お忙しいと思いますので大変、恐縮ですが、
 SNSに広く普及する、子どもへのワクチン接種を控える動画を
 作っていきたいと想っております。
 内容には最大限、配慮します。

 もし、できましたら、ご連絡させていただけたら、幸いです。

Posted by Mone at 2021年12月26日 06:46 | 返信

ありがとうございます!!

Posted by あい at 2021年12月26日 06:52 | 返信

大阪でシンポジウムを開催頂き有難うございました。
真実と希望という二つの貴重なクリスマスプレゼントを受け取りました。
こんなに嬉しい事はありません。

ワクチン後遺症になってしまった時に大きな病院に行って血液検査をしても異常な結果が出ないのですね。だから医者が見過ごしてしまうのですね。早くワクチン後遺症が診断出来る検査方法が出来れば良いのにと思いました。

先生は壇上の後遺症に苦しむお嬢さんの両肩に優しく手を置かれお声掛けされていましたが、
その心からの行為でどれだけこのお嬢さんの心が救われた事でしょう。
医療の真の姿を見た思いでした。

先生を初め壇上の皆様が一番弱いワクチン後遺症に苦しむ犠牲者の方々の事を、思い寄り添い一緒になって解決して行こうという熱い思いに胸を打たれました。

弱者を見つめ、苦しんでいる人に救いの手を差し伸べようとする先生達こそ、この時代の救世主なのだと思います。

これからも先生達の事を見守り応援していきたいと思いますのでこれからも宜しくお願い致します。

Posted by 訳あり at 2021年12月26日 07:59 | 返信

昨日はお疲れ様でした!!写真ありがとうございます。先生かっこいい!てそんなこといってる場合じゃないか。

私は鳥集さんの出された結論は正しいと思います。40~65歳もやめた方がいいですね。53歳の先輩の副反応(頭痛、倦怠感が2週間も続いて苦しかった、熱が出てカロナールを飲んだとの事)

先生が気が狂いそうと言われるのもわかる気がします。先生の気が狂いそうと私の気が狂いそうは違うかもしれません。
どうにも死の覚悟を決めないと正気でいられないですね。もう半分以上決まってますよ。私にしてみればなんで私たちが先に死の覚悟を決めないといけないんだ?と言いたいです。政治家は国民を守る気がないのか?と。対〇従属からの脱却って言ってませんでしたか?総理?

Posted by ターニャ at 2021年12月26日 08:34 | 返信

長尾先生へ
 薬害や公害の歴史は戦後からではないでしょうか?
原爆を落とされても、地震で大災害に見舞われても、
復活してきた日本。
原爆や大災害の歴史、すなわち、戦前から戦後、
第二次世界大戦の真実、そこから、学ばなくて、薬害も公害も、今のコロナも解明できないと思います。

第二次世界大戦だけでなく、お金で社会が動くようになったのはいつからか?
利権とお金、全てはそこから始まる。

コロナ騒動で経済も憲法も国民の身体も弱体化されている
現実。

医療だけの問題でなく、日本が日本でなくなりつつある現実を国民は目覚めてきている。

シンポジウムに千人の市民が集まる、
集まるだけで終わるシンポジウムなのか?

会場に来ていた医者の発言、
なぜマスクしているのか?

ワクチンを考える市民の団体は、全国にいくつか存在する。私はワクチンを考える市民団体のデモ行進に参加しました、初めての参加で緊張しましたが、行進前に団体の方に「マスク外していいですよ、マスクを外すことも我々の主張ですから、」と、言われました。
〜マスク外していいですよ〜そんな言葉かけてもらえるなんて、すごく嬉しかった。
デモで知り合った方は、電車でもマスクはしないと言っておられ、私はそこまで勇気なかった。
夏から私は外ではマスクはしなくなりました。
散歩や自転車の時までマスクつける必要ないと思いそれからは、電車と建物だけマスクすることに決めました。

シンポジウムは会館借りるから、着用は仕方ないかなと、
しかし、まわりにマスクつけない人かなりいたから、外しました。

マスクを外す、せめて、屋外では、
今やファッション化してしまったマスク。
オシャレなマスクがよく売れている、

マスクが金儲けに。

日本は何もかもが金儲けになってしまった。
医療も教育も、全て、金儲け。

日本が狂ってしまった原因は〜金儲け主義=幸せ〜

シンポジウムが終わり感じたこと、
シンポジウムがメディアに報道されないと意味がない、
で、終わることの虚しさ、が残ったのも確かです。

壇上の先生方も、やはり、守るものがあり、
壁を打ち破る行動までとれない。

会場でなんでマスクしているんですか!と訴えた医師の勇気に思わず泣けた。
言いたいことが、声にだして言えない空気を
打ち破ってくれた医師に敬意を送りたいです。

マスク外しましょう!
壇上の小学生もそう叫びたかったと思う。

こどもたちは、言いたいこと言えない。
言いたいこと、思ったこと言えない社会にしてるのは
我々大人だ。

こどもの目は、大人を見抜く、
今こそ、教育機関にはこどもの思いを受け止める場であってほしい。教師にも立ち上がってほしい。

みんな非国民になりたくないから マスクをつけ、ワクチン接種を受ける。

ワクチン受ける、マスクつける、は戦争参加の意思表示。

何も疑問なく、マスクをファッションの一つにしてる風潮。アホちゃう?
そんな親に育てられたこどもの行く末が心配だ。

西村直樹さんのYou Tubeは中庸でオススメしたい。
西村さんの歴史の説明は分かりやすいです。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2021年12月26日 09:02 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
ブログの3、子供には打ってはいけない。
この論点なんですよ。絶対いけないのは。
例えが悪いのですが・・他国の軍に攻め込まれた。で、自国の子供を残念ながら守りきれなかった。
今回の件はそういうのとは違うんです。
以下、私の怒りを吐き出しますね(不快な気分になったらすいません)。

政治利権、製薬・医療・バイオ利権、メディアの忖度・視聴率至上主義・・・責任者に私は聞きたい。

子供を犠牲にしてあんたらは何で平気でいられるのか!?
子供を犠牲にして、上げた売り上げはそんなに儲かるのか!?
子供を犠牲にした仕事、あんたらは胸張って生活出来てるのか!?
子供の犠牲を無視して立てた手柄は嬉しかったか?誇らしかったか?
政治家は何が仕事か?
医者は何が仕事か?
学者は何が仕事か?
ジャーナリズムは何が仕事か?
子供達を犠牲にしてでもしなければならない「正義」それは何なのか!?
大人が何のためにがん首揃えてる?

遺伝子型ワクチン、副反応も後遺症も強烈じゃないですか・・いっそオミクロン変異体に感染した方が楽なはずです。ほとんど「風邪症状」らしいから。
「濃厚接触者」が問題?へえ、濃厚接触者は病人じゃないぞ。感染すらしてないぞ。ワクチン打っても何しても「濃厚接触者」の「定義の範囲」の問題じゃないか。
そうして曖昧な定義と、科学的な根拠も意味も無い事で、また恐怖を煽るのか!?

テロリズムの語源は「恐怖による支配体制」です。
Terrorテラー(恐怖)のイズムでTerrorismテロリズムとはどこかで聞いた事があります。
つまり怖がらせて、コントロールし、政治的意図を達成する体制ですね。

この件は子供に対し、保護者に対し、もはやテロリズムをしてるに等しい。
政府、製薬会社、メディアによる
「児童と保護者へのテロリズム」

卑しい。言語道断です。
私は政治家、政府、分科会、メディアに言ってやりたい。
「お前らそれでも人間か?」と。

裏切り行為ですよ、これ。
自国民の将来に対する裏切り行為なのです。
裏切り行為には底が無いんですね。
結局、こいつらは自分だけがかわいいんです。
だから子供へのテロリズム(恐怖政治)など平気なんだろうな・・結局は自己保身のためだろうし。

長尾先生すいません、普段の怒りを吐き出し過ぎて文章が荒れました。
5~11歳への児童への遺伝子ワクチン接種は、もう本当にやめて欲しいんです。
必要性もなく、安全性もありません。
権力がある人に一度聞いてみたい。
「子供を犠牲にして、あなたの権力は何のための権力なんですか?その権力を子供達の未来を守り養うためには使わないのですか?」と。
この状況どうにかならんのかと、いつも悲しく腹立たしく思っています。

Posted by 加藤 圭亮 at 2021年12月26日 09:29 | 返信

ワクチンについて、私は8月に職域接種した人達からのシェディングに今も悩まされています。
職場で同室にいると、接種者からなんともいえない薬品のような臭いがするのですが、近くで話をするとその臭いがさらに強くなって咳き込んでしまったり、その日のうちに不正出血してしまいます。夏からずっとです。
2週間前にも接種者とすぐ近くで会話して不正出血し、やっと収まったと思ったら、つい先日、テレワークで久しぶりに出社した人が部屋に入った瞬間、左の側頭部がズキズキと痛み、直後に不正出血が始まり今日も続いています。
とても不思議なのは、接種者の皆さんから放たれる臭いは時間の経過で収まるどころか、4ヶ月経った今でもその影響が続いており、むしろ強力になっているのです。
2〜3人が、ランチのために同じタイミングでマスクを外したら、もうその部屋にはいられません。
ただ、この話をしようにも誰にも理解されないだろうから我慢して出社していますが、もはや命懸けのような心境です。
今では、電車に乗っていても、買い物に行っても、その人が接種したかどうかが臭いでわかってしまうようになってしまいました。
この発し続けられる臭いやワクチンを打っていない人が受けるシェディングについて、是非先生の見解をお聞かせ頂けましたらありがたく思います。

Posted by 匿名 at 2021年12月26日 10:36 | 返信

先生、しつこいですね
3回目のコメントするの
初めてです。
厚かましいですよね。


でも 今日は コメントさせてください。
今日のコメント欄読んで
沢山泣きました。
いまも涙がとまりません。
シンポジウムの様子を思うだけで 泣けます。
悔しいです。子供が犠牲になって まさか シンポジウムに
参加することになるなんて、コロナがなければ ワクチンが無ければ こんな思いもしなくて済んだのに…と 思うと
気の毒で 悲しくて 辛いです。

加藤圭亮さんの 怒りのコメント 涙で読めませんでした。
加藤さんの おっしゃること
全てごもっともです。

先生と出会えてなければ 私、精神的におかしくなっていたと思います。
息子が説得してもワクチンうってしまった前後は 毎日泣いていました。でも幸い何事もなく 過ごしており もう考えるのはやめようと努力して過ごしていました。この数ヶ月やっと 落ち着いた気持ちで過ごせていました。
でも 昨日のシンポジウムでの様子を知り 改めて 怒りが再燃しました。

政府はどうして 私たち国民を
苦しめるのですか?
私達が なにか悪いことをしたのですか?
なんでこんな仕打ちを受けないといけないのですか?
なんで平気で こんな愚策を
さも得策のように 平然と推進できるのですか?
何故 政治家は いい大人が 揃いも揃って 誰1人として この異常な世の中に 声を上げようとしないのですか?
何故 いつまでも 知らん顔できるのですか??
良心の呵責というものは 無いのですか?

私には 到底理解できないんです。
歯がゆくて 悔しくて 苦しくて 悲しくて…。

家族を守りたい。
子供を守りたい。
普通に平和に暮らしたい。
健康でいたい。
願いは それだけです。

先生、 悲しいです。
ごめんなさい。
まとまりません。

今日は 泣きすぎて 明日目が腫れそうです。

Posted by あずき at 2021年12月26日 11:08 | 返信

長尾先生をはじめイベントに参加した皆さま、お疲れさまでした。行動を起こす勇気を称えたいと思います。
30か所以上が変異したオミクロン株は旧型ワクチンブースターでは感染予防効果は全くないようです。マスクとフェイスシールドをして診療にあたった3回目ワクチン接種済みの医療従事者ですら容易に感染してしまうようですので防ぎようがない。
すべての人が自宅から一歩も出ないという極端な方法をとらない限り、人が集まる場所では必ず感染拡大すると言っても過言ではないでしょう。つまりどれだけワクチンを接種しようが、PPEで防御しようが、誰もが感染は避けられないのです。
地震、竜巻、台風などを回避できないのと同じで、ウイルス感染というのは人知では回避できないのです。
PCR検査で陽性者を炙り出すという愚行を続ければ、特にリモートワークができないエッセンシャルワークの現場において
発病もしていないスタッフがリタイヤ続出して機能停止になります。つまりコロナによる実害はゼロなのに亡霊に怯えるという
けったいな事が続発してしまうだろうと推定します。

Posted by マッドネス at 2021年12月26日 11:23 | 返信

大変ですね。私も程度は違いますが悩まされています。
8月に接種した同居人から出ているらしい何かで不正出血しています。
最初は8月。一度は落ち着いたはずだったのに、11月の終わりから再び。
変なものは案外長い間出ているのかもしれません。
シェディングみたいなことを言うと反ワク陰謀論者のデマ扱いされるので
ワクチン絡みのことは心筋炎以外、なるべく言わないようにしています。
はっきりデータが出ている心筋炎を理由にする以外、子供への接種を止められないと考えていて、
まとめてデマ扱いされることを防ぐためです。
本当は、悩んでいる人とゆるく繋がって情報交換して助け合いたいのですが。。。

無事に中止にできたら、シェディングのことを思う存分広めるつもりでこまめに記録をつけています。
いい対策が早く見つかりますように。

匿名から匿名への返信 at 2021年12月26日 11:48 | 返信

長尾院長が
「ずっと言ってきたけど、何もかわらない」と言われてましたが、
世間は少し変わったと思います。
ミヤネ屋に出て、菅総理に、イベルメクチンを全国民に配れと言われたインパクトは大きかった。

この発言で私もイベルメクチンの事を知りました。
タクシー会社の社長さんのお話も参考にして
御世話になってる、老人施設、医療機関等に
イベルメクチン12mg錠とその説明書を寄贈しました。
海外輸入も時間がかかりましたが、
A4の2ページに初めての方向けの説明書を作るのが一番時間がかかりました。

薬事法では譲渡は違法ですが、5波の時のように、治療薬がない時点での
薬事法自身は憲法違反になります。飲めば助かるのに、
薬を配れないのは、薬事法の取り締まりが人権を無視していると思います。
憲法は国の最高法であり、憲法に違反する法律は、棄却されます。

説明書を書いた時に思ったのですが、
私が、論文を一つ一つ引いて、根拠を示そうとしても
なかなか一般の人は、細かい文章を読んではもらえません。
「ミヤネ屋で、医師がイベルメクチンは効きます。」
と言ってる情報は、インパクトがあり、動画リンクと共に、示せば
市民の理解を得やすいです。

私は、たくさん配ったので、クレームを言われるかと思いましたが、
一言のクレームもありませんでした。
イベルメクチンを教えていただいて、本当にありがとうございました。
また、批判にもめげずに、PRをして頂いている勇姿に
深く感謝申し上げます。
ありがとうございます。

Posted by 愚直徹一 at 2021年12月27日 01:14 | 返信

長尾先生、お疲れ様でした。

シンポジウムの後に、お看取りの往診による1日の終了。とても先生らしいなと感じました。
まずは何事も無く無事に終われて、安心致しました。良かった。
写真は自分にとってはおまけプレゼントになりました。ありがとうございます(カメラマンさんにもペコリ)

こうやってみると、瀬谷公会堂も負けずと綺麗な会場でした。あの時公会堂正面から出て帰ると、遊具のある公園になってて、子ども達がたくさん遊んでいる中を幸せな気持ちで歩きました。
自分たちがいなくなった後、社会はこの子達のものだから。少しでも綺麗に掃除と片付けをして、優しい気持ちで生きていける社会になって欲しいと願いながら。


書きたい事もまとまっていないので、今は端的に。
ニコ動でワクチン後遺症の方々も、治療が効いて少しづつ回復に向かわれているご報告、とても嬉しく思います。ここに至るまでも多くの思考錯誤や悩みもあったかと思います。本当にありがとうございます。

今私に出来る事は、ワクチン後遺症が存在する事を認める、聞く耳のある保護者には話す(シンポジウムに参加出来て、迷いなく伝えられる様になりました。話した上で決定は委ねたらいいので、自分の思考の不器用さに恥ずかしくなった)、あと出来るだけマスクを外す、かな…。

マスクは外して屋内で歩いてみたら、実は自分以外は装用してるから「問題ない」事に気がつきました…。空気は吸ったもの勝ち?ですか。最近、喉が少し痛くなった日があったのですが、放置していたら治ってしまいました(笑)


先生は夜の住人だと勝手に思っていて、ニコ動でも綺麗な月や(龍の様な雲)空の背景が映されているから、1人で「ムーンリバー」の曲を何度も聞いていました。替え歌も復活できて(よかった〜)でも曲は少し悲しいのも多いから、夢見る事を思い出す癒しの曲なので、よければ聞いてみてくださいね。(今のNYとは全然違う世界)


…なんて思っていたら、HEAVENESE/奴隷民の歌 を見つけて聞いて、床に崩れ落ちました。未就学児も関わるからリアル過ぎてキツい。。自分はこんな事しないけど!キリッ。またコメントさせて下さいね(笑)

Posted by ムーンリバーは光の川 at 2021年12月27日 06:13 | 返信

先生、シンポジウムありがとうございました。
お疲れ様でした。
私も聞かせていただいていました。
ワクチン後遺症に苦しんでおられる方々の生の声を聞けてよかったと思っています。

不調を訴えてもたらい回しにされるなんて、挙げ句の果ては精神的なものと言われるなんて、どれほど辛いか・・・。
物心ついた頃から病院のお世話になっている私には、皆さんのつらさがひしひしと伝わってきました。

私はワクチン打っていないけれど、一年前から不整脈の発作が出るようになりました。
コロナ禍で余計ストレスがかかるのか、去年の11月から四回救急車のお世話になりました。
来月心臓カテーテルの検査と治療を受けます。
けど、ひょっとしてもしワクチン打っていたら、ワクチン打ってから不調ですなんて言っていたら、治療受けられなかったかも、たらい回しにあっていたのかも・・・などと思ってしまいました。
入院が決まり、いざ手続きに行くと、係の人に「ワクチンは打ちましたか」と聞かれ、「打っていません」と堂々とこたえましたが、「ワクチン打って三日以内の場合は入院できないので、ワクチンはできれば退院後に打ってください」と言われ、渡された紙には「ワクチンは入院四日以上前に打ってください」と書かれていました。
なぜ三日以内の場合は入院できないのかは聞きませんでしたが・・・。

頑張ってカテーテル受けてきますね。

追伸;先生の生歌もっと聴きたかったけど、一番先に退場しなくてはいけないブロックだったので、それが残念でした。

Posted by 大阪大阪 at 2021年12月27日 06:23 | 返信

シェディングをキーワードに調べようにも、規制がかかっているためかまともにヒットしないのですが、ナカムラクリニックの中村先生と、おおきな木ホームクリニックのブログに直接アクセスすれば、同症状について述べている記事があります。
この症状を味わされている人達の声が一定数上がらないと、実際に経験していない人から見れば、やはり陰謀論で片付けられてしまうかもしれないのでしょう。
シェディングに苦しめられている人の存在も認知される日が来てほしいと思います。

匿名から匿名への返信 at 2021年12月27日 07:55 | 返信

先生、カメラマンさま、お写真をありがとうこざいます。
リアルなお写真で、参加したような気持ちになりました。

あずきさん、先生がきっとワクチン後遺症の皆さんを治してくれます。
昨日動画で先生がお歌の合間に新しい治療法を次々に見つけて
皆さんがどんどん回復されていると呟かれていたので、とても安心しました。
息子さんもこれからもきっと元気に過ごせて、素敵なご家族を作られると信じています。
お気持ちとてもわかります。
私も考えるとすぐに涙が出るし、この上幼児にまで何をする?!と怒りに震えるという感情を知りました。
でもあずきさん、悲しみ過ぎるとお身体に障ります。
先生や仲間たちがついていますから、きっと少しずつ良い方向へ向かっています。
もう涙をふいて、お茶とお菓子でひと息ついてくださいね。
美人が台無しですよ^^
(お会いしたことありませんが、そんな気がしています)
私も一緒に頑張らせてくださいね。

寒い年の瀬になりましたね。
お身体ご自愛ください。
コロナが終わって、皆でマスクを外して
先生を囲んで唄ったりお話しできたら愉しそうですね。
そんな初夢を見たいです。

Posted by カノン at 2021年12月27日 10:37 | 返信

更新お疲れ様です!
政治が阿呆なら国民が突き上げて矯正するしか無いですね

Posted by HISA at 2021年12月29日 01:20 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会