このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

もはや気が付いていないのは専門家と政治家くらい?

2022年01月03日(月)

どこに行っても聞かれるのはワクチンとオミクロンの質問ばかり。

正月くらいコロナから離れたいけど、ワイドショーが煽るからね。

でも、この騒動のおかしさに気が付いていないのは、もはや・・・

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 




かなり多くの国民が、この2年間の騒動、特にマスコミ報道の

異様さに薄々気が付いてきているので僕に聞いてくるのだろう。



この正月に多い質問は


1)オミクロンは怖いのか?


2)3回目のワクチンは打った方がいいのか?


3)コロナはいつ収束するのか?


4)IVMは効くのか?


5)新薬は効くのか?




うーん。

ここに書けない質問ばかり。


知りたい人は「まぐまぐ」のメルマガに書いているので

そちらの方で情報をゲットして欲しい、としか書けない。


まあ、このブログの読者はもう知っていることばかりだろう。



それにしても、正月早々、スゴイ情報が飛び込んでくる。


滋賀県甲賀市でのワクチン死亡者数

子供のワクチン後死亡

異様な超過死亡

新薬、ラゲブリオンの舞台裏・・・




今やこうした情報を知らないのは、

大手マスコミ

コメンテーター

政治家

専門家、くらいになってきた。



だから、大晦日からコロナ関連の番組を観ると

可笑しすぎて、笑えて、笑えて、仕方が無い。


なんでここまでアホな専門家や医者が多いのだろう。


コロナ騒ぎを一言で表現するならば、「医者の無知」に尽きる。

医者がしっかりしてたら、犠牲は100分の1にできたはず。


いや、ワクチンの犠牲者や経済困窮者や自殺者を含めるならば、

医者がしっかり機能していれば、こんな事態には至らなかった。



日本医師会や医学会が、しっかりしていればなあ。

モッタイナイ話ばかりで、残念で残念で仕方ない。



キーワードは、「現場」である。


「現場感覚」、ではない。

でも専門家の中には現場感覚を出しているつもりの詐欺師もいるから紛らわしい。



皆様、騙されないように、気をつけて下さいネ。


あと、日本でオミクロンで亡くなられた方は何人か、誰か教えてください。


欧米と日本は話がまったく違うのだよ。

欧米は欧米、日本は日本。


いいじゃないの、幸せだから。



ps)

コロナチャンネル #603_


重症化してないのに「重症化を防ぐから打て」とは如何に?  →こちら




今日も、ザイタク患者さんに寄り添っていました。

病気に祝日は無いので、終日いろいろ、あります。


寒いので、風邪をひかないようにね。

保健所に無意味に捕まらないようにね。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

コロナで煽り、ワクチンを推奨するテレビには飽きてきて、
ニュースも見なくなってしまったのですが、
テレビに出ている専門家たちだけが、おかしなことを言っている…という目線で見ると、笑えそうですね。
暗いニュースが多いので、「笑い」が欲しい。
コロナ関連=お笑い番組だと思って、つっこみながら見てみます。

Posted by 猫とピアノ at 2022年01月03日 12:18 | 返信

長尾先生、
新年からご多忙ですね。お身体お気をつけ下さい。 
先月からまぐまぐ登録しブログで書けない本音も読ませてもらってます。

さて、本日のYouTube、ダディの学び舎
「大きな変化が!熱いぞ、北海道有志医師の会!」で
「家族を守るためにできること」というフライヤーが
紹介されています。サイト運営者は製薬業界に身を置く方で、コメント欄は応援メッセージで一杯です。
さらに北海道有志医師の会メンバーは、昨年12月の
「新型コロナウイルス対策の抜本的変更とコロナワクチン接種の即時中止を求める」=3回目接種、子供への接種をしない声明発表当時より、参加医師がほぼ倍増しています。 素晴らしい! 
北海道有志医師の会代表発起人である、ほんべつ循環器内科クリニックのHPには、上記のの他に2本のフライヤーも年末年始にアップされダウンロードできます。
・同調圧力対策=企業の経営者、行政職を含めた管理者の皆様へ
・教職員の皆様へ=子供を想う教職員の皆様へ
いずれも印刷して、職場、学校で使う事を考えて作られています。(今後も新バージョンにも期待)
このような「人の心を持つ医師・専門家の輪」が、
日本全国に広がるよう皆で応援しましょう!
北海道有志医師の会から、全国有志医師の会へと
ぜひ盛り上がっていただきたい。
コロナ騒動が速やかに日本から終わりますように! 

Posted by momotaro at 2022年01月03日 01:09 | 返信

騒動開始以来多くの海外在住の日本人も殆ど亡くなっていなかったことが事実です!
被害が大きかったアメリカや欧州諸国でもコロナで亡くなった日本人は本当に僅かでした!明らかに持っている免疫の違いと感じましたがメディアは一切怖がっている国民を安心させるような報道を行わず恐怖ばかりを煽り続けあの動物実験で全て失敗している薬物注射を救世主のように報道してきました!
井上正康先生の発言が未だにTVとかでは一切報道されないことは本当におかしいと感じております!
コロナチャンネルは全て見させて頂き、本も映画も本当に感銘を受けました!
今後の発信も楽しみにしております!

Posted by KEN at 2022年01月03日 01:32 | 返信

先生、私その質問5個とも答えられる!
でもね、もうね、今東京にいるんだけど、もうコロナの話しなくなったし今日も友達の家に4人集まってマスクなしでずっと話してた。終わってるんだと思う。

Posted by なお at 2022年01月03日 01:33 | 返信

こんばんは♪

哀愁のカサブランカ、本当に聞き惚れて何度も聞いてしまいました〜。ネクタイもスーツも素敵でした。いいお声〜。背景もセピア色の雲海と美しい富士山でお正月気分味あわせて貰いました。ありがとうございます。(先生はいつもと同じ〜との事で役者ですね。私たちのためにありがとうございます)


シェディング遂に出て来ましたね。経験と感覚的にシェディングは完全支持します。個人的なのが残念ですが、証明されると医療者といえど「オレ達一体何なの?!」と自己崩壊してしまうので、不都合な真実として留まるのかな…。認めるのは怖いと思います。
お代わりが始まって?います。IVMあるから構わないけれども、前よりは酷くはならないと思う。体調崩す人が出ない事を非常に心配しながら祈っています。
それはそうと、関連施設で出禁(笑)にされました。未だから…。他の業務は忙しいし、ある程度経験あるので執着しませんが、人生の先輩達の語りを聞けないのは寂しく思います。コロナちゃんの方がヒトの良き隣人になろうとしてるのにな。ヒトノココロハ…


「上に立つ」というのは、「ヒトの話を聞かないで済む」という事なのかも知れませんね。
話せない人の気持ちを考える仕事でもあるしずっと聞いて貰えなかった経験もあるし、底辺から見上げると意外と丸見えなのですが、今はそんな自分を全肯定してます。頑張って生きるもんだ〜
だから、話を聞いてしまうと今までの全てが否定される気持ちになる、事は十分考えられると思います。
そういう人達も多いです。同僚も先輩も。謙虚でいる事は難しい事だと身を正します。でもその方がとても楽に生きれる様に今は感じます。
その感謝の気持ちがあるから、私は喧嘩しないのかな〜とも思います(冷たいだけなんでしょうね)

年が明けて少し晴れ晴れした気持ちです。厄祓い出来たみたい。
先生も、お疲れ様でした。

Posted by 匿名 at 2022年01月03日 03:00 | 返信

お世話になります。
私はコロナチャンネルを第1回から観てる長尾クリニックの患者です。
マスコミの影で動いている政治的圧力が非常に怖いです。
先日Yahoo知恵袋でイベルメクチンについて質問が投稿されていたので、長尾先生のコロナチャンネルで得た知識を元に事実を回答したところ、何人かの人から「イイね」を貰いました。
しかしその後、私の回答は削除され、更にその質問自体も管理者側から削除されました。

「あなたの回答は削除されました。質問も削除されましたので、あなたにペナルティは発生しません」とのこと。

これって、コロナチャンネルがYouTubeから消されたのと同じ理由でしょうか?
言論の自由はどこへ?
一体この国はどうなってるのでしょうか?!

Posted by ミイコロ at 2022年01月03日 03:09 | 返信

先生は、今日、言いよどみましたけど、天才です。
12月にシネ・リーブル池袋でご尊顔を拝しました。
私は男性ですが、女性観客が多いのも信頼できました。女性の方が勘が鋭いので。
シネマリンにも行きたかったのですが、法事が重なり断念しました。
また会える日を楽しみにしています。

Posted by 後藤美博 at 2022年01月03日 03:39 | 返信

 長尾先生、おはようございます。

アホな専門家や医者は、裸の王様状態かな?

本当、人は人(欧米は欧米)自分は自分(日本は日本)です。
私は私の世界観で行きます。

保健所の無意味に捕まらないよう、風邪引かないようにきをつけま〜す。
緑茶飲んでみかん食べました♬

Posted by rico at 2022年01月03日 05:55 | 返信

先生、連日、本当に有難う御座います。
たまたまかも?ですが、昨年の喪中葉書は一昨年の3倍来ました。
私は喪中葉書が増えた理由は枠だと思っております。

Posted by 匿名 at 2022年01月03日 06:59 | 返信

おはよう御座います。
毒チンは、二回打ったら絶対コロナに罹患しないって政府が言ってたのを覚えていますよ。
3回目は、辞めた方がいいって言えない理由は、テレビで洗脳されたワクチン脳やコロナ脳から過激に非難されるからだと思います。
病院にガソリン撒かれたらしたらオオゴトになりますから、強く言えないと思います。
中には、私の親父みたいな頑なに毒チンを打ちたがるワクチン脳も少なくないと思います。
だって皆マスクしてるんですから。
ラゲブリオ=モルヌピラビルの舞台裏は、ジェーン・ルビー博士が、詳しくわかり易く教えてくださっています。
「モルヌピラビルは、とても危険、遺伝子操作し、癌を引き起こす薬、エモリー大学のベンチャー企業DRIVEが、インフルエンザ治療薬として開発したんですが、15年前に発癌性や生殖毒性の懸念からお蔵入りさせてたモルヌピラビル(開発コードMK4482.EID D −2801)については、DRIVEをリッチバック・バイオセラピューティクス社が、買収し、後にメルクと提携し、開発を進めました。
メルク社は、先の大戦で、軍産複合体の生物化学兵器部門です。
2020年4月、本剤の承認前に、厚生省傘下の生物医学先端研究所(BARDA)局長リック・ブライト氏は、同クラスの類似薬に変異原生が有ると告発した為、リッジバック社が、BARDAに圧力をかけ、ブライト氏を局長解任に追い込みました。
ノースカロライナ大学の研究者は「モルヌピラビルは、人のDNAに突然変異を引き起こす可能性、産まれてくる子供の先天性欠損症を引き起こす可能性が有る。」との論文を発表しています。」
β−D−N 4−ヒドロキシシチジンは、ウイルスゲノム中に高レベルの突然変異を誘導する強力な抗アルファウイルス化合物です。このコロナRNAに良く似た化合物が、ウイルスの遺伝子エラーを起こします。
これが、哺乳類の遺伝子にエラーを起こす可能性が有ります。
メルク社のハムスターへの投与でDNAの突然変異を誘発、あらゆるDNAの損傷、癌の発生や精子前駆細胞に取り込まれ、生殖能力への影響があった事が、証明されています。
先出のルビー博士は「モルヌピラビルは、遺伝子操作で致死突然変異誘発を起こす事が、哺乳類の細胞培養で証明されています。」と述べています。
メルクの日本法人MSD白沢博満副社長が、去年12月27日.共同通信のインタビューに応じ、モルヌピラビルについて、2022年内には、濃厚接触者に対しても使える様にしたいので国内外で治験を進めていると述べていました。
それでモルモットが沢山必要だから、やたらめったらPCR を勧めて健康な人を患者に仕立てたいんでしょうね⁉︎
PCR検査を発明したキャリー・マリス博士は、PCR検査を感染症の診断に使ってはいけないと言っていました。
去年家族に一回だけ体温測定して、37.4度だったのに、医者は、PCR検査をさせろと言ってきました。
風邪症状は、全く無いのにです。
とにかく、医者は、やたらとPCR検査をしたがります。
パパイヤや山羊でも陽性になるのに、健康な人が、モルヌピラビルのモルモットにされるのも、そう遠く無い未来だと思います。
だって、皆マスクして、幻のコロナを心底から信じて、マスクして怯えてますから。
医者や看護師だってそうでした。
去年、寒波で給湯器が固まった時も、まほろば温泉で、何度もウンザリする程、何回も顔面で体温測定されました。
医者や看護師達でさえ、コロナ脳で、聞く耳が無いから、風呂屋のオバチャン達が、コロナ脳なのは、仕方ないかもです。
検温、消毒、マスク、PCR検査は、知能検査だと、思ってから、約2年の月日が流れました。
皆は、いつになったら目覚めるんでしょう?
厚生省の毒チンの説明、真っ黒に塗られてるのに、よく平気で注射したがるなと不思議でたまらないです。

先生、今日のひろみさんの歌、好きな歌です。
拝聴させて頂き、有難う御座います。
先生、コメント欄やニコ動画の方々、拝読させて頂き、有難う御座います。
コロナ茶番は、闇の政府側の上級国民が仕掛ける一般国民に対する無差別殺戮です。

Posted by 三毛猫 at 2022年01月03日 07:43 | 返信

長尾先生へ
 先生の日記〜人間だもの〜をしみじみと感じます。
〜喜怒哀楽〜人間だもの〜
毎日、アップ、ダウン、しながら前進。
けったいな一日、還暦のせいにしたらアカンかな、
私もけったいな日々を送りながら、先生の日記を拝読してます。

今月22日、
仙台で行われる
〜コロナシンポジウム in 宮城〜
★武田邦彦氏
★井上正康氏
★大橋眞氏
★青山雅幸氏
★鳥集徹氏

すごいメンバーのシンポジウム。
参加したい気持ちあれど不可能、遠い!

シンポジウム後の情報を期待します。
長尾先生、先生の味方もがんばってます!
気持ちを前向きに私も、日々精進。
今日から、仕事!頑張ります!

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2022年01月03日 07:45 | 返信

こんにちは。

 「いいじゃないの幸せならば」。
 西浦某さんと忽那某さんは、年末年始に
高齢者施設で射ちまくるそうですよ。
負け試合でもやるとのこと。現場感覚を
養うためかは、書き込まれていませんが。
 ゴルゴ13みたいな人に狙われても、
ぼく、しーらない。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2022年01月03日 08:12 | 返信

今年のお正月も長尾先生らしいのかな(笑)
今年は朝までTV見ていて入眠して、午前8時前の電話・・・
そういえば、去年は尼崎の商店街でお世話になった「(ひとりも死なせへん」より)とあるけど、今年の年越しは・・・
尼崎の商店街のキャベツ焼き、私も食べてみたいなと思っています
でも、とりあえず、自分でキャベツ焼きを作って食べましたし、お正月は元旦から仕事でしたのでお弁当にお節を詰めて持って行くのが恒例行事です
お正月といえども、働いてみえる方も本当に多いと思います
そんな中でも「無症状感染者」を捕まえるのに頑張ってみえる方があるのは、固まる
余談だけど、TVでホテル隔離の方が腹筋をしているのを見ました
元気だわ・・・これで病気・・・私より体力有りそう・・・
年よりの私が老体に鞭打って働いていて、元気な方がホテル隔離・・・矛盾だらけ!?
でも、ただよか怖いものは無いと思っています
現場感覚の詐欺師さんには気を付けて、頑張ります
長尾先生、「哀愁のコロナちゃん」の替歌は大人の色気たっぷりでしたので、まだまだ、男としても現役(笑)かな
コメント欄を見ていても、長尾人気はますます、上昇・・・
頑張って下さい

Posted by ナオミ at 2022年01月03日 08:27 | 返信

長尾先生
元日からお疲れ様です。少しは休養を!!!

この騒動のおかしさに気がついてないのはもはや
という長尾先生コメントどおり
昨日、紀伊国屋書店に、行きましたら
大きく
TVのコロナ煽りに嫌気がさしている方々へとのコメント表示と共に数々のコロナ本が並べてありました。
また
12月の2021年末には我が家から30分内に、内科、在宅クリニックが開院しました。
若い院長先生のようです。
長尾先生の影響が大きく全国!!にありますように。

昭和30年代
前半生まれの私が子供の頃は、ドクターも、学校の先生も、家庭訪問でした。心身のみならず、我が家の壊れた時計まで治して❓直して下さったもので、なんだか子供心に、大切な家族の一員のような存在だったのです。
古き善きのんびりした懐かしい時代の思い出です。
長尾先生がその古い暖かい感触を!思い出させて下さいました。すっかり見事に忘れてしまっていた感触です。

Posted by ウメチャン at 2022年01月03日 09:10 | 返信

おはようございます!コロナの事。お医者様が皆、意見を一致させて協力できたら良いのに。。。と思いますが無理ですね。それが最初から出来ていたら同じ方向でコロナウイルスを見れたら。。なんて会社員でも会議で喧嘩になるのに無理か~。。。"ごめん、自分の見解ちょっと間違えていました。訂正させてください。君の意見を聞かせて教えてほしい。"これをお医者様が間違えた時に人に言えたらいいのに。。テレビを観ているとそんな専門家もお医者様もいらっしゃいません。更に自分の見解に無理矢理何かを上乗せして頑張っているように国民には見えてしまう。"聞くのは一時の恥聞かざるは一生の恥"。。なんだけどな~そんな生意気な事を私が言うのはお門違いだけど。。お医者様や専門家がそれぞれに見解を述べたら国民は混乱してきたし、これからも。。どうなるのかな。でも国民も間違えているような気がします。素人だからわからないけど自分なりに調べないでメディアだけに頼るから。高齢者はでも余力がない人もいるから自分で調べないでメディア信じてしまうのかな。。まとめる人が政府なんですよね。でも政府も右いったり左いったり。。私たちは何を信じたらいいのかな。。。
。この3が日雪かき三昧です【笑】今日は雪質が違ってべちゃ雪なので腰にきました。パウダーなら楽々なんですけど。べちゃっ雪の30cm位?ちょっと吹きだまりになってるので雪の重さが違いました。パウダーで30cmなら楽々なのに~気候変動のせいでしょうか?先生もお体ご自愛くださいね。少し自分にもご褒美をあげてください。

Posted by かおなし at 2022年01月03日 10:12 | 返信

私、思うんですが
マスコミ、コメンテーター、政治家、自称専門家が実態を良く分かっておらず
これ程にも世間と解離しているのは
実は彼らの多くがワクチンを打ってないから、
そもそもどういう物かも全く知らないからじゃないでしょうか。
なので彼らはいつまでも他人事の空論で話してるだけで。

今年は凄い1年になる予感がします。

Posted by イベル at 2022年01月03日 10:31 | 返信

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

さきほど玉川徹氏のツイッターを覗いてみましたが2千件以上のコメントがついており、
先日のコロナ特集に絶賛の嵐。
先生はたしか玉川氏がお好きではなかったでしょうか?
じつは私も嫌いではなかったのですが、今回ばかりは支持できません。
あんな断定的に理づめで語られたら「間違いない」と思ってしまうでしょうね。

TVやマスコミ、勉強不足の自称専門家・医者はもちろんのことですが、
それを盲目的に信用する視聴者もどうかと思います。
いまだにこのワクチンを打ったことでどういうことが起き始めているのが知らない人が大半なのだと感じました。

Posted by む~ちょ at 2022年01月03日 11:28 | 返信

長尾先生大好きさん、お返事ありがとうございます。カオナシのぬいぐるみ可愛いですね、キャラ弁凄い、カオナシって特徴ありそうでなさそうで難しそうです。お孫さん喜ばれたでしょう?カオナシの性格は人間そのものですね(^_^)v可愛いですね確かに。先生、すみませんお返事の場に今回、使わせて頂きました。

Posted by かおなし at 2022年01月03日 12:42 | 返信

あけましておめでとうございます。お看取りは凄くパワーのいる事ですね。先生に看ていただいた方々は病気で苦しい以上に、自宅で家族の側で過ごせた事が幸せを感じられていると心から思います。このブログを通して、先生の優しさに、先生と出会えた事に感謝しています。本当にありがとうございます。
世の中の雰囲気を誰が支配しているのでしょうか。情緒不安定になる日が多々ありますが、先生のお言葉に、皆さんのコメントに、沢山勇気をいただいています。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by ほのぼの at 2022年01月03日 01:45 | 返信

日本マスゴミの常套句「ワクチン接種が進まないから感染拡大、重症化する」NHK-BSの番組ではロシアはそうだと。
ロシア国民の多くがワクチンに対して懐疑的であることを、いかにも無教養な国民のようなニュアンスで伝えてましたね。
実は全く逆で「ワクチンが怖いのではなく、ワクチンを自己責任で接種させようとしてるのが怖い」と明言してました。
TVに出まくっている日本の自称専門家を盲目的に信用する日本人とは違って、知性が高い国民ではないかと思いました。
パスカルは「人間は考える葦」と呼びましたが、日本人の多くはそれに該当しないのではないか?
しかしワクチン接種率が日本以上のイスラエル、シンガポール、ポルトガル、アイルランドの感染爆発はどう説明するのか?
CDCはmRNAワクチンが効かないことを認めざるをえない状況になってますね。そろそろペテンがバレてきていると。
次は飲み薬のプロパガンダでしょうか?ロクに臨床治験もせず、安全性にも効果にも疑義がある薬を有難がるのでしょうか?
MSDとファイザーの金儲けのための実験台になるのはゴメンです。

Posted by マッドネス at 2022年01月03日 02:07 | 返信

長尾先生お疲れ様です。長尾先生同様に現場医師の方達も立ち上がっています。職場からの圧力もあるようですが、必死に声を上げている方々を皆様も応援して下さい。

北海道有志医師の会:代表発起人 藤沢明徳(ほんべつ循環器内科クリニック)が、12月31日に「家族を守るためにできること」として新型コロナワクチン接種について慎重かつ適切な対応をと新しいチラシを作成しました。
この会は、医学論文や公的データを元に情報発信しています。
下記一部抜粋。
・「ワクチン」と称する遺伝子新薬は有効性や安全性が確立されたものではなく、現在は治験中。
・厚労省発表の人口動態統計速報において「超過死亡数」が10月末時点で東日本大震災を超える62,553人。
・このワクチンの有効性はまだ証明されていません。

※詳細はツイッター検索で「北海道有志医師の会」または「藤沢明徳」と検索し内容を確認して下さい。
ぜひ拡散をお願いします。

Posted by あんこ at 2022年01月03日 04:06 | 返信

先生。お天気が続いて良かったです。
今日ブログも動画も怒っていましたね・・私も大嫌いです橋下さんや吉村さんも前は違いました・・よ・・。
私の若かりし頃のお付き合いしていた一人がabc放送のディレクターでした。新聞は朝日新聞でした。吹奏楽コンクール朝日新聞共済でしたので娘の為に。今日の先生のお話は私にでも理解できめちゃくちゃ呆れて腹が立ってきました。こんな感想しか言えませんが・・どうしたらとりあえず自分の大事な人を守れるかです。
田舎の妹も駄目です三回目打つ気満々です。田舎の婦人会で打っていない人が10人居るらしいです・・私の先輩が二人います。
お国のために何故子供を差し出すん?我が子を守れよ。

今日の替え歌お上手でした。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2022年01月03日 04:19 | 返信

長尾先生

今日もありがとうございます!

そのアホな専門家や医者の言うことを鵜呑みにして
3回目を2月に打つ、という身内がいるんです。
なんで騙されていることに気づかないのか不思議で仕方ありません。

看護師をリタイアした叔母ですが、
元医療関係者だけに盲信しているとしか思えません。
アホすぎですよ・・・

一方、習い事の先生(30代後半の女性)で心臓が悪くなり、入院・手術する方が出てきました。
健康で持病などなかった方です。
去年から原因不明の体調不良の話を耳にしていて、ワクチンだな、と私は思っていました。

同じ教室で仲良くしている88才のおばあちゃん(喜んで2回目まで接種済み)は、
「ワクチンが原因かも知れませんよ」という私の話を聞き、
「それしか考えられない」という感じになってきました。

高齢者なので、さほど影響はないかも知れませんが、
3回目をやめるように引き止めたいと思います。

悲しいことですが、身近で犠牲者が出ないと気づかないのでしょうね。

メディアの闇、そして罪は深すぎます。

Posted by ゆき at 2022年01月03日 04:45 | 返信

先生、明けましておめでとうございます☆
昨年は配信でお世話になりました
相変わらずですのメディアや専門家
メディアはお金になる方向で話を持っていき
専門家ももやは洗脳家なのでまともに
聞いてるのがバカらしいです^^;
今年も宜しくお願いします!
いつもありがとうございます^^

Posted by みるく at 2022年01月03日 05:35 | 返信

先生、新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
先生のブログとコロナちゃんねるが楽しみなので、無理のない範囲で(←ここ重要)継続されてくださいね。先生が診てる患者さんと同じく、自分の身体も大事なんですからどうかご自愛ください。

いやーたぶん専門家やメディアは本当はわかってるんじゃないかなあ。知った上であえてやってる気がする。
一番タチ悪いパターン。
その中で良心を大切に患者さんたちのためだけを思って老体に鞭打って(失礼!)行動してる先生、すごいです。
脅迫や迫害にどうか屈しないでほしいです。なんだっけ、おしゃかしゃまの、相手が受け取らなければそれは本人に返るとかいうお話。アレですよ。先生が正しいことを貫いて、悪いものに目をくれなければきっと、悪いものを発したヒトに戻ると思います。

Posted by シオシオ at 2022年01月03日 06:11 | 返信

今日の丹波新聞のネット記事に、
保健所外しでの対応「丹波方式」の
新しいバージョンがあるとのことでした。

Posted by t at 2022年01月03日 06:18 | 返信

日本でオミクロンでお亡くなりになられたお方は80歳以上のご老人のお一人だそうです。
豆知識として東京都でモチでお亡くなりになられた方は6人だそうです。全国でモチでお亡くなりになられた方は、1日70人ぐらいの計算になるのかな。毎日のようにモチを食べていたら死者数は年間2万人ぐらいになると思います。コロナで亡くなった方は150人ほどです。
図式としては
モチ>コロナ>オミクロン
となります。モチがコロナ以上の致死率を誇っています。
所で、コロナ以上の致死率を誇るモチを普通に食べているならコロナを必要以上に警戒する必要性はない。
マスゴミや政治家は、寂しがり屋のピノキオですので無視していれば大丈夫です。

Posted by アルフ at 2022年01月03日 07:39 | 返信

明けましておめでとうございます。今年も皆様のためにどうぞ宜しくお願い致します。
愛犬を連れ信州のスキー場に来て何もしないのんびり生活を送っています。
ランチタイムはボランティアでレストランのお手伝いをしています。レストランにいらっしゃるお客様はマスクしたりしていなかったり。入り口にある体温計、アルコール消毒は既に飾り?誰もしちゃいません。
オーナーの奥様は3回目のワクチンを迷っているとのこと。ワクチンは治験中で亡くなる方、後遺症で苦しんでいる方が大勢いらっしゃる事、国は補償してくれないと説明しても中々わかってくれないのが悲しいです。
高齢者やそれに近い年齢層にはテレビや新聞が情報源でスマホで情報収集までは難しいのかもしれません。諦めずに根気よく、こちらで得た情報を伝えていきたいと思います。

Posted by kyoko at 2022年01月03日 08:32 | 返信

長尾先生へ
 momotaroさんのコメント、嬉しい情報ありがたく拝見。北海道有志医師の会の会員が増え、また、特別顧問に井上正康先生が加わりました。
〜家族を守るためにできること〜
というテーマで活動されている。

井上正康先生のコロナへの見解はコロナウィルスは
鼻腔や口から入り、腸で増殖、よってトイレのアルコール消毒を徹底すること。メディアでは一切言わない。
井上先生の見解が正しいから。

仙台のシンポジウム、本当に参加したい。
鳥集さんもきっと、シンポジウム後の情報を発信さるるかと、期待してます。
〜家族を守るために〜
陰謀論でも反ワクチンでもない。
子供達を守るために。
職場の中でも、ワクチンの話しは、タブーの空気。
この空気を早く打ち破りたい。
家族の中ですら、打つ側、打たない側でワクチンの話しはタブー。
メディアの力が家族を社会を分断している、とますます感じるこの頃。
「自己責任」という、冷たい言葉が蔓延しそうな予感です。
〜北海道有志医師の会〜が各県で広がってほしい。
〜大阪有志医師の会〜だれか立ち上げてくれないだろうか、長尾先生に次ぐ若い正義の医師、関西にはいないのか?
長尾先生1人しかいないのか、
中村クリニックの先生、とか、他に有志の医師はいないのか、
長尾先生に付いていく医師を育てねば!
と、ひとりもがいています。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2022年01月03日 08:52 | 返信

長尾先生、明けましておめでとうございます。
コメント欄に玉川徹の意見に賛同する人が多いと聞いて恐ろしくなりました。まるで、ヒトラーや金正日を崇拝する北朝鮮みたいです。私は、ウイルスへの敵意や恐怖を煽り日常を破壊する玉川のやり方に激しい怒りを感じております。

Posted by 渡邉 隼 at 2022年01月03日 09:10 | 返信

ずっと体調不良で困っていました。最近の後遺症で困っている方々の話を聞いて、分かってくれる人が増えたみたいで嬉しいくらいでした。しぬかもしれない危機感を持って受診しても、気のせいだと言われると二の句が告げませんでした。検査結果の異常を指摘してくれない医師に、自分で指摘して今は治療中です。今日の記事を読み、先日の内容にも参考になりそうなコメントの一部抜粋を置いていきます。とても腑に落ちる内容だったので、先生にも読んで頂きたいなと思いました。転載が良いのかどうか分かりませんので、掲載はご判断頂けたらと思います。

アマゾンの書評より
フェリチンを測らない医療機関では、鉄不足の存在を見落とし、加えて、糖質過多、ミネラル、鉄、タンパク不足による機能性低血糖の症状も、多く見落とされ、体の栄養状態に目をむけずに集団療法や精神分析などの治療に偏って、的外れな治療になっていることが大変多い。

医学教育では、こうした栄養学や食事指導については教えていなく、クリニックの医師はともかく、大学病院、国立病院などの基幹病院に勤務している医師は、特に気付いていない。

医学での教育では、「その情報が正しいか誤っているか」を判断するトレーニングはまったく受けていなく、医師には、自分の頭で判断することが苦手な人が多い。新しい医学情報には、論文と、一般の書籍があり、新しいパラダイムの科学的真実の多くは、実は医学論文にはならず、一般書として世に出されている。

医師ではなく、意識の高い一般の方は、医学論文に読まない、一般の方が医者よりも、最新の科学的真実に詳しくなる。一般書にはいろいろな本があり、内容もレベルも玉石混淆(ぎょくせきこんこう)で、その中のどれが正しくてどれが誤っているか、各自で判断する必要が有るが、実は「判断すること」が、苦手な医師は少なくない。
医学教育で「分子栄養学」を教えないことが虚悪の根源で、患者さんを治癒に導く、意味のある授業ならこれから学んでも損はない。

著者は、この本の内容、新しいパラダイムの科学的事実を発見しても、論文にして投稿するつもりはない。
つまり、最新の科学的真実は論文にならず、書籍として出版され、論文ばかり読んで、本を読まない専門医は、どんどん遅れて行く。

著者は論文を書くのをやめただけではなく、5年前からは論文を読むことをやめた。30年以上、精神科医として精神医学界を見てきたが、本気で治す研究をほとんど見たことがない。治せない論文、治さない論文ばかりで、学会でも治せない発表ばかり。

医師は「病気」を勉強しているのであって「健康」について勉強しているからではない。つまり医師は、患者さんに対して、「どうすれば健康でいられるか」という指導するための教育を受けていない。また、栄養学は医学的学問分野すらなく、栄養学は医師の専門外である。
以上 (某医学博士のご著書についてのMまささんの感想です)

Posted by 匿名新年とらこ at 2022年01月03日 09:24 | 返信

長尾先生、毎日ありがとうございます!私も5つの質問に全部答えられますよー。今年もたいへんですが泣、ほのかな明るい光を探しながら前を向いて歩いて行きたい、良い一年にしたいです。不安でいっぱいの方、今の時期でしたら受験生や出産を控えた妊婦さん、ご病気の方が、平和な気持ちで過ごせるように願って止みません。守ってあげたいですね。今日は初詣に行きましたら行列ができていました!皆さん一様にマスクはされていますが、コロナ以前の日常を肌で感じた気分になりました。手水の柄杓も久々に使えました。奥ゆかしい日本人の気質で、はっきりとした意思表示はしないけれど、なんとなく、もうわかってる人多いんじゃないかと思いました。これだけスマホが普及してますから、ちょっと調べればいろんな意見、ものの見方を短時間で取得できますよね。守りたい人がいれば方法を必死で模索しますよね。迷っている人には、多くの人の行動や様子でなんとなく気がつけるような流れになっていってほしいです。そのためにも、思い遣りや温かな愛情を持ち、発露できる人間でありたいです、先生のように!

Posted by shizu at 2022年01月03日 10:20 | 返信

〜色んな新しい情報に感謝〜
 丹波新聞の保健所介入はずしのニュースは嬉しいですね。政府は無政府状態だから、地方自治体でしっかり取り組むのがベストですね。
南出市長みたいに、自自体の長がしっかりしたら
改善されますね。

日本の医学のあり方のコメントも感じるものありますね。
医師は健康の意味知らずして病気だけを勉強している?
〜人の暮らしのあるところにこそ、学ぶものがある〜
阿闍梨さんの言葉。
テレビに出てる立派な大学を出てる医師らは、どんな医学の勉強してきたのか?
日本の教育のあり方を考え直す、そのレベルまできてしまったコロナ騒動。

今の戦後の復興は日本人の心のあり方からの復興になりそうだ。どんな終戦が待っているのか?

長尾先生の本に
「医療をかえるのは、患者力」?間違ってます?
こんなタイトルの本がありましたが、まさに、
これからの医療のあり方を変えるのは患者がどの医師を選ぶか?医師に何を求めるか?だと思います。
私は口コミを信じます。
実際行った人から聞いて判断します。
患者は医師を見抜いてます。

話しがバラバラですみません。本日のコメント欄は良い勉強になりました。
皆さま、ありがとうございます。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2022年01月03日 11:13 | 返信

「台湾有事」を心配する読者がおられた。「香港有事」や「ミャンマー有事」の方が先だろうと言ったが、音沙汰ない。「MBS長尾先生異端見せしめ事件」が12.25再放送されても音沙汰ない。マスメディアを「マスゴミ」などと品位なく揶揄する方が、「MBS事件」には頬かむりだ。
「その時その時に介入」しないで「台湾有事」や「同調圧力」をいくら語っても屁の突っ張りにもならない。マスメディアが気に喰わないなら、なにか一つでもいい、「批判の突破口」をこじ開けねばならない。新聞やテレビを見ないのは自由だが、見てる人はいる。見てる人の大勢にも働きかける努力をケチってはいけない。

「マスゴミ全否定」イコール「イベル万能論」という誤解が生まれてはなりません。
「イベル」は世界のみならず日本の医療現場でのエビデンスの蓄積もあり、手近にあれば心強そうだ。だが現金では入手できなさそうだ。だから、「イベル万能主義」の誘惑からは避けられている。
それよりもぼくにとっては、「塩湯鼻うがい」の方がはるかに鬼に金棒だ。30年以上も実績がある。できれば治験済みの薬物にも頼らず、根拠も実績もあるわが自然免疫が頼もしい。

Posted by 鍵山いさお at 2022年01月03日 11:16 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
「コロナ禍」はオミクロン株になって、「ウイルスの病原性と医療問題」ではなくなった事がハッキリしましたね。
元旦に井上正康先生が動画の中で「従来型ヒトコロナウイルス・アルファ型のNL63(ACE2受容体から感染、比較的こじらせやすいもの)から229E(上気道の粘膜に感染する軽い症状のもの)に近くなった」とコメントしておられました。
以下、素人なりに思いつくままに書きますね。
①オミクロンに感染対策要らないのではないでしょうか?下手したらイベルメクチンも出番が無い位じゃないですか?
②じゃあ、新薬の特例承認、必要ありますか?
③重症化しない、死なないオミクロンに「ワクチンの3回目接種」は何でいるのですか?まして「5~11歳の児童への接種」にメリットあるのですか?
遺伝子ワクチンは死者や後遺症が出るレベルで強い作用がある。
でも、メリットがない・・・じゃあ、そこには「リスクしかない」。死ぬかも知れない。
④病態自体、変わる可能性がある。井上正康先生の著書を読むと、血管内皮細胞のACE2受容体にスパイクタンパク質が取りつき、感染が成立しますが、その過程で血栓ができるとの事。
井上先生によると新型コロナの本質は血栓症であり、新型コロナの肺炎が肺胞の周囲の血管の炎症から「間質性肺炎」を起こすのもそのせいとのことです。
もしそうなら、粘膜に感染するオミクロンで肺炎を発症した場合(頻度は極めて低そうですが)、私個人の想像では季節性インフルエンザの肺炎(体力・免疫力の低下による”肺炎球菌”等による細菌性の肺炎)になるのではないかとも思います。CTスキャンの画像で診断が出来ないかも知れません。
じゃあ、予防法や治療法が同じである保障もありませんね。
⑤厚労省のホームページに「薬害を学ぼう」というページがあります。30分程度の動画ですが、この件完全にブーメランかヤマビコですね。「いやいや、今回にその教訓生かそうよ」と思います(ブログの読者の方々も興味があったら一度見て下さいね。内容は中学生・高校生向きでとても簡単です)。
基本的に薬は毒だと思います。その薬害を避けるために「治験と審査」が有る筈です。
遺伝子型ワクチンも新薬も「特例承認」でここを割愛しています。
責任の所在は?重症化しないオミクロンに対し、必要性は?安全性は?・・・理解出来ない事だらけです。
⑥「怖いと言う感情」について・・・ここまでメディアが煽れば、まだ「コロナ=怖い」と言う人はかなり居ます(個々に理由や程度に温度差はありますが)。
メディアは
1、映像の繰り返しと著名人を使った「親しみやすさ」と「臨場感」
2、番組の言葉以外のコミュニケーション、効果音・BGM・キャスターの表情、声のトーン。印象に強く残こす「雰囲気とイメージの形成」
3、覚えやすく、短く、分かりやすい「キャッチコピー(新聞は主にこちらですね)」
等で、主に「感情と本能」に訴えます。
ちょうど、カエルが苦手な人にカエルの模型を突きつけるのと同じ事で、「理屈」でカエルではないと十分知っていても、飛び上がって怖がります。カエルではなくゴキブリでも同じですね。「嫌悪感、恐怖心」に人はとても弱いもので、なかなか克服出来ないものです。そこがメディア・キャンペーンの狙い目ですね。
「新型コロナ」に「嫌悪感と恐怖心」を持つ人が増えるよう、プロパガンダしていますね。
⑦「コロナ禍」の厄介な点
報道のリテラシーの他に、ウイルスの知識、免疫学の知識、予防接種と薬の知識、政治と経済とメディアと「利権・金の動き」の関係、グローバル経済・新自由主義経済による世界的な格差社会の現状と国家意思・国家戦略の関係、メディアと煽動と全体主義の関係について、歴史的な前例、日頃の生活実感、個々の死生観・・・浅く、広く、関連付けつつ考える必要があります。
だから、経済、政治、世界情勢、外交、医療、哲学、歴史と各自の生活実感など、今回の件は「総合的な関心」が要る気がします。だからとてもややこしいんだと思います(かえって医療職だから見えない部分等もありそうですね)。
本当に難しいですね。
長尾先生は「コロナ禍の9割は情報災害」と言う本を書かれましたが、もはや「コロナ禍・オミクロンでは9割9分9厘が情報災害」と言う状況ですね。

話しは変わりますが「イベルメクチン」がコロナ後遺症やワクチン後遺症にかなりの割合で効果が出てるとは興味深い話ですね。
近々、河出新書「イベルメクチン」を読む予定にしています。イベルメクチンに関しては私は無知を白状します。しかし・・・コロナ後遺症だけではなくワクチン後遺症にも効果がある。これは是非、仕組みを確認したいですね。

もはや「コロナ禍」はウイルス問題ではなく確実に人災です。日本の将来すら脅かします。
「きょうの”あおり時代祭り”」と言いたくなりますね。
すいません、ブログと動画を見つつ、長々と取り留めのない文章を書き込みました。

Posted by 加藤 圭亮 at 2022年01月03日 11:27 | 返信

メルク製コロナ飲み薬、仏が発注取り消し…臨床試験での効果「予想より低い」

フランスのオリビエ・ベラン保健相は22日、米メルク製の「モルヌピラビル」について、発注を取り消したと発表した。臨床試験での効果が予想よりも低かったためとしている。ベラン氏は代わりに、米ファイザー製のパクスロビドの調達を進める考えを示した。

以上、読売の記事より転写

岸田には国民の健康を考慮できずに、国税をとことん無駄遣いし続けている事を参院選で教えてあげよう。

Posted by JUST DO IT at 2022年01月04日 03:59 | 返信

パクスロビドは、ファイザーの新たな抗ウイルス剤(PF-07321332)と抗HIV薬リトナビルを配合したもの。同社は価格を明らかにしていないが、米メルクが開発した新型コロナ飲み薬「モルヌピラビル」と同等の価格設定で、高所得国では治療1回あたり約700米ドル(約8万円)とする意向を示した。低・中所得国には、各国の所得水準に応じた「階層別価格設定」を適用する見通しだ。

このパクスロビドについてファイザーは11月16日、国連が後押しする「医薬品特許プール(MPP)」と共に製造ライセンスの供与を行うと発表した。世界のワクチン分配で極端な不公平が解消されない中、比較的安価かつ容易に製造可能で、多くのジェネリック(後発医薬品)メーカーが供給できる飲み薬を、診断検査と合わせて導入すれば、重症患者数と医療の著しい負荷を減らせる可能性がある。だが、製薬各社が独自にライセンス契約を結ぶと、ジェネリック薬の製造供給に不確定さと分断が生じ、真の解決策というよりも、むしろ問題の一端となる。

治験段階にあるPF-07321332にはまだ特許がなく、リトナビルは昨年より特許切れとなっている。どちらの薬にも特許がないのであれば、特に今回のライセンス供与対象から除外された国のメーカーなどは、ジェネリック薬の生産を直接検討できるはず。こうした特許をめぐる動きが示しているのは、各国が新型コロナに関する知財保護の一時免除案を採択し、あらゆる法的手段を用いてジェネリック薬の製造供給を妨げる障壁と不確定さを取り除くことの緊急性だ。

国境なき医師団アクセス・キャンペーンで上席法律・政策顧問を務めるユアンチョン・フーは次のようにコメントする。

今回のファイザーによるMPPへのライセンス供与では、ジェネリックメーカーを通じて95カ国、世界人口の約53%にあたる国々への薬の供給が対象になりました。しかしこれは、自主的なライセンス契約では不足があり、命を救う医薬品を十分かつ持続的に製造供給できる世界全体の能力を最大限に活かしてはいないことの現れでもあります。アルゼンチン、ブラジル、中国、マレーシア、タイなど、ジェネリック医薬品の生産能力が確立されている多くの高中所得国が、このライセンスの対象地域に含まれていないのです。

世界で感染者数の増加が続く中で、またしても制限つきのライセンス供与に直面し、残念な思いです。感染拡大を本気で抑え込もうとするなら、関連する医療ツールの利用が誰にとっても、どこであっても保証される必要があることは皆わかっています。

大部分の低・中所得国の公的医療は、これ以上ないほどひっ迫しています。新しい治療薬やその他の新型コロナ関連医療ツールへの公平なアクセスは、製造原価に近い価格設定と十分な供給量なしには考えられません。ファイザーは現在、階層別の価格戦略を検討していますが、不必要に複雑な仕組みであり、決定権を全面的に製薬会社に握られたまま、多くの国で比較的高額な設定になることは、MSFの経験からも目に見えています。

ファイザーは、新型コロナのmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン技術を広く共有することに抵抗を続けており、今回の治療薬についてもごく限られた動きしか見せていません。この飲み薬への公平なアクセスに貢献するという約束を本当に果たそうというのであれば、制限付きの自主的なライセンス締結ではなく、ジェネリック薬の製造と競合を妨げずに受け入れ、パンデミックが収束するまでは、知的財産の独占を一切放棄すると宣言すべきです。また、リトナビルそのものと、他の薬との併用のいずれについても新たな独占を求めるべきではありません。リトナビルはHIVとともに生きる人びとにとって、いまも複数の抗レトロウイルス薬治療法の大切な構成要素なのです。

真に世界中の公平なアクセスを実現し、1人でも多くの命を守るためには、各国政府がこの新たな薬に一切の特許を認めず、今後もすべての新型コロナ治療薬のジェネリック製造に対し全世界で制限がかからないようにすることです。来る11月末のWTO閣僚会議でTRIPS協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)における知財保護義務の免除案を採択することなど、引き続きあらゆる手段を講じていくことが極めて重要です。

MSF掲載記事より転写

効果がある特許が切れたジォェネリックだけでは儲からないので、新薬を配合して暴利を貪ろうとしていると考えてしまうのは素人だからなのか。

Posted by JUST DO IT at 2022年01月04日 04:42 | 返信

お疲れ様です。
患者さん思いの長尾先生らしい替え歌に国見カメラマンの富士山のバックの写真がばっちりあっていて良かったです。

年末年始も朝から晩までお疲れ様でした。
ここ数年、このブログが勉強の場+生存確認の場になってしまっているのが
少し残念です。
どうぞお体ご自愛下さい🌺

Posted by うめ&もも🐾 at 2022年01月04日 05:10 | 返信

先生、いつもありがとうございます。
テレビや新聞を信じてる人はどうかわかりませんが、
ヤフーコメントを見ても周りももうオミクロンを怖がってない人が増えてきました。コロナに飽きてきてるみたいです。
私も家族に先生の無料PCRの動画の話なども伝えました。
むやみに無料PCRを受けないことを理解してくれました。
無料PCRを受ける人が多いから陽性者が増えてるんやと思いました。
「PCRで陽性者≠感染者じゃない」と大阪の吉○知事が言ってた動画を昨夏 見てテレビの煽りに気づきました。
(前は吉◯さん、橋◯さんもまともやったのになんで変わってしまったんやろう?)
人の話しを聞かない総理大臣が、無意味な緊急事態宣言を出さないか心配です。
うちは朝日新聞を購読しているので、先生の昨日の動画を見て腹が立ち
抗議メールをしました。このまま真実を報道しないと購読をやめようと思います。
新聞より先生の有料ブログの方が勉強になってます。

Posted by まゆら at 2022年01月04日 06:52 | 返信

3回目についての動画をありがとうございました。
何度も繰り返し拝見させていただきました。
本当にありがとうございました。

Posted by ミケ at 2022年01月04日 11:49 | 返信

大阪のシンポジウムでは、快くお写真、ありがとうございました。
毎日心労かさみ、本当にお疲れ様です。
去年までの私には何もお手伝い出来なくて、周囲に伝えて行く事しかできませんでした。
ただ、今年、主人が千人規模の講演が出来る講師の資格を得たので、倫理的発言しか出来ませんが、何とか、上手く組み込めるように試行錯誤してみることを今年の目標としています。
少しでも一般の方々、しかも企業のトップ層の方々に今の現状を知ってもらえば、ほんの少しのテコだとしても、変わって行けるんではないかなと思います。
先生のやられていることは、大変な使命で、ほんの少ししか現状が変わってないように感じられても、水面下では多くの事が変わりつつあります。方向を変えてくテコは少しと感じられても、末広がりなんです。
私も先生のお姿を見て、心がどんどん変わって行きました。
自分のやるべき事にもっと信念を持って行きたい。
ありがとうございます。

Posted by 山口リラ at 2022年01月05日 01:17 | 返信

知り合いは、立ち会い出産できないからと、ワクチンを打ちました。奥様にいたっては、臨月のいま、2回目を打つそうです。何も言えない複雑な心境でした。何か猛烈な怒りを感じています。病院へなのか、指導者なのか。

Posted by ばんらんこ at 2022年01月06日 01:13 | 返信

知り合いは、立ち会い出産できないからと、ワクチンを打ちました。奥様にいたっては、臨月のいま、2回目を打つそうです。何も言えない複雑な心境でした。何か猛烈な怒りを感じています。病院へなのか、指導者なのか。

Posted by ばんらんこ at 2022年01月06日 01:24 | 返信

善意の医療関係者が匿名でデータを出してくれたら良いのに?
下水道水も検査しているけどデータは出さないし、あれが一番肝になるのに、いま流行っているウイルスを特定出来る。

Posted by 匿名 at 2022年01月07日 03:21 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会