このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

法律が国を殺す

2022年01月13日(木)

沖縄では600人以上の医療従事者が隔離され病院が回らなくなったと。

東京・大阪でも、医療・介護従事者の隔離が進むと医療崩壊をおこす。

いやもしかしたら「保健所崩壊」のほうが先で、誰もいなくなるかも。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 




拙書「ひとりも 死なせへん」、の中では、

「法律が人を殺す」と繰り返し書いてきた。


でも、これは「第5波」までの話である。



「第6波」においては、表現が変わる。

「法律が国を殺す」、である。



「法律栄えて国亡ぶ」



今、僕の頭には、この言葉しか浮かばない。



法律とは、「感染症法」である。



テレビでエライ人が感染症法を解説しているが、そもそも出だしから間違っている。


「新型コロナは指定感染症に指定されているので・・・」



ブー。

この時点で間違いである。


正しくは、「2020年1月31日から2021年1月31日まで指定感染症に指定されていたが」、だ。


さらに、

「現在は、感染症法2類相当に分類されていますが・・・」


ブー。

これも間違い!!


正しくは

「2021年2月3日以降現在まで、新型インフルエンザ等感染症、という

 1類以上の超厳しい枠組みに無期限で入れられていますが・・・」、です



専門家も政治家も、みんな間違えて説明している。

法律を勉強しないで勝手な想像だけで言っている。


本当かな? と思う人は、Wikiをよく読んで欲しい。→こちら



現在、新型コロナは

・感染者は強制入院しないといけない

・それを拒否すれば50万円以下の罰金

・保健所にウソをついたら30万円以下の罰金

・濃厚接触者も隔離を拒否できない(2週間隔離)

ということになっている。



しかし、現状は

・軽症者は自宅療養を基本とする

・沖縄では、濃厚接触者の隔離指示は感染者本人が行う(ナンノココッチャ)

・医療従事者は濃厚接触者であっても隔離せず働いてもいい(毎日検査を受ければ)

になっている。



つまり、法律と現状が全く乖離している。



法律では1類以上になっているのに、現状は限りなく5類に近い扱いになっている。



つまり、現在、法律が無い状態(無法状態、ないしカオス)になっている。

こんな大切なことを、テレビに出ているエライ先生は誰ひとり指摘しない。



おかしいよね。

おかしすぎる。


日本は現在、法治国家ではない。


任意のはずのワクチン接種も、半ば強制に近くなっている。

これは、憲法13条(幸福追求権)に、完全に違反している。


すべてが、なんとなく「空気」で全部、動いている。

これは最も恐ろしい状態で、これ自体が危機である。



現状と合致しない間違った法的体系で運用されているから次の事が起きる。


・無料PCR検査センターに長蛇の列ができ、それで風邪をひく

・ワクチン接種の有無で差別や分断やパワハラがおきる

・ワクチン死者やワクチン後遺症患者が量産される

・職員がみな濃厚接触者になり、医療・介護崩壊がおきる

・通常医療ができないための死者が増える

・つまり、深刻な「二次災害」が起きる

・経済が回らない状態が2年以上続く

・その結果、国益を大きく損ね、国が存亡の危機に晒される・・・



だから、すぐに新型コロナの現在の位置づけを変えるべきだ。

いったい野党はなにやっているんだろうね。



第6波までは、「今すぐ、インフルと同じ5類に」と主張していた。(2020年3月から1年半)

しかし今は、「今すぐ、少なくとも5類かそれ以下に」と主張している。


「無限ループ」は、たった1日で脱することができるのに自信がない。

それは厚労省令で「はい、今日から5類に」と総理が言えばいいだけ。


以上が間違っている、という人がいれば是非書き込んで下さい。



しかし、専門家も国もメデイアも、絶対に動かない。

当然ながら、大きな利権が絡んでいるから、である。


どうして?


現在のカラ騒ぎが収まると困る権力者が大半、だからだ。


・メデイア

・専門家

・医業経営者

・製薬会社

・政治家・・・


みんな、命よりもお金で動いている。


なんなんだ、この異状な状況は!



今、愛国者ぶってオミクロン株を煽っている人の名前と顔をよーく覚えておこう。

この2年間のワイドショーを録画しておくだけで「A級戦犯」という映画ができる。



医療・介護現場は、オミクロン対応よりも100倍大切なことが沢山あるんだ。


風邪で日常を制限されている現状を、

真剣に考えないといけない時なのに。




PS)

コロナチャンネル #613_


皆で語ろう尊厳死。〈S-1グランプリ〉を開催します!  →こちら




今日もコロナ患者さんが6人。

みんな若いし、元気である。


オンライン診療もしているが、第6波は軽い。

デルタとオミクロンは全く別の病気である。


保健所は崩壊して、患者は放置、である。

6回も同じ失敗なんて、何を考えている?



毎晩、講演や会議で帰宅が深夜帯になるので、

オンラインでのフォローができないのが悩み。


「ワクチン後遺症」の映画は9割出来上がってきた。

公開初日は、1月29日(土)夕方の大阪になりそう。


まだ、HPもチラシもポスターも、何も無い。

これから一週間でいろいろ用意しないとね。


明日も宮崎県の医療介護従事者に講演。

土曜日も防災の講演。来週も講演だらけ。


でも、22日の大分県別府市の舞台挨拶は必ずやる。

2本の映画は、2月には阪神間でもまた上映される。


もうすぐ、公開一周年記念日が来る。

コロナの中での一年。早いもんだね。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

元気です
歌:吉田拓郎
作詞:吉田拓郎
作曲:吉田拓郎

誰もこっちを向いてはくれません
一年目の春に立ちつくす私
道行く人々は 日々を追いかけ
今日一日でも 確かであれと願う
わずかにのぞいた 雨上りの空を見て
笑顔を作って「どうですか?」と問いかける
色んな事があり 愛さえ見失う
それでも誰かと 触れ合えば
そうだ 元気ですヨと 答えよう

風よはこべよ遠い人へこの便り
二年目の夏 涙ともらい水
幸福の色は 陽に焼けた肌の色
唇に浮かんだ 言葉は潮の味
出会いや別れに 慣れてはきたけど
一人の重さが 誰にも伝わらず
どこかへ旅立てば ふり返りはしない
それでもこの町に 心をしずめたい
そうだ元気ですヨと 答えたい

夕暮れ時には 想いがかけめぐり
三度目の秋に 何かが揺れている
時間をとめても 過ぎ行くものたちは
はるかな海原に ただよい夢と散る
かすかに聴こえた やさしさの歌声は
友や家族の 手招きほどなつかしく
木の葉にうずもれて 季節に身を任かす
それでも 私は私であるために
そうだ 元気ですヨと 答えたい

自由でありたい 心のままがいい
四年目の冬に 寒さを拒むまい
どれだけ歩いたか 考えるよりも
しるべ無き明日に 向かって進みたい

あなたの人生が いくつもの旅を経て
帰る日来れば 笑ってむかえたい
私も今また 船出の時です
言葉を選んで 渡すより
そうだ 元気ですヨと 答えよう

Posted by JUST DO IT at 2022年01月13日 02:05 | 返信

長尾先生がおっしゃっていた通りになりましたね。

第6波が来る前から今のままの法律ではこのようになると。
沖縄もマンボウ要請でなく5類に引き下げを要請するべきでした。

各県の知事さんも今がその要請の時と思います。
国もそれを待ってますよ。きっと。
国民が言ってくれないと何も出来ない政府ですから。

無料PCR検査(有効期限切れで信頼性無し)で陽性者を作ってその上感染者まで自宅待機。
社会が回っていきません。

全く国を滅ぼす法律ですネ。

Posted by 金田 昇 at 2022年01月13日 02:13 | 返信

インターネット番組制作・配信の「Choose Life Project(CLP)」に制作費として約1500万円を立憲民主党が2020年に支払っていた問題で、立民の西村智奈美幹事長は12日に国会内で会見し、支出は当時幹事長だった福山哲郎氏(参院京都選挙区)の判断だったことを明らかにした。

 西村氏は支出に当たって組織として議論した形跡がなく、特定のメディアに公党が資金支援した点などから疑念を招いたとして「適切ではなかった」とした。福山氏への処分については「違法性があったとは言えない」と述べ、今夏の参院選で改選を迎える福山氏への党公認決定も維持する考えを示した。
 泉健太代表(衆院京都3区)の指示を受けて西村氏らが当時の会計資料を調査し、福山氏への聞き取りを実施した。党がCLPに支援した期間は20年3月から9月までで、広告代理店に1500万8270円を支払った。経緯について西村氏は「フェイクニュースや不公正な差別が横行する状況に対抗する新しいメディアをつくりたいというCLPの考え方に福山氏が共感し、番組制作・運営の支援を行った」と述べ、党として番組内容に関する要求は一切していないとした。
 この問題は、CLPに出演していたジャーナリストら5人が5日「特定政党から番組制作に関する資金提供を受けていたことは報道倫理に反する」と抗議声明を出して発覚。福山氏は6日に経緯を記したコメントを発表した。福山氏が会見を開いて直接説明すべきではないかと記者から問われた西村氏は「ご本人の判断に任せたい」と述べるにとどめた。

野党第一党ガこのありさま。
与党を批判する資質のかけらもない。
政治家って何、国税を貪る輩なのか。政調会長の小川も100万の経費支出明細に関してすら歯切れの悪い説明。
これでは与党もやりたい放題になるはずである。国民をアホ扱いする議員は退場させるよう少なくとも危機感を抱かせる国民でありたい。

Posted by JUST DO IT at 2022年01月13日 04:36 | 返信

おはようございます。法治国家ではない。私もそう思います。話がずれて申し訳ないですが、最近かなり気持ち悪いと感じます。例えばEU当局がブースター接種しすぎると免疫に悪影響が出るとニュースでやっても"免疫が壊れても免疫力低下するわけじゃないし、いちいちニュースにするな。免疫壊れても大丈夫。ワクチン接種はどんどんすべき"等信じられないこじつけ解釈をする人が多くまた増えたと言うことですね。だから、最近、本当にワクチン成分にアレルギーがあり以前にワクチン接種して生死をさまよった経験があっても、上司に"生死をさまよった位なんだ。コロナに感染した方がもっと怖いから。死んでも良いからワクチン接種しろ。"と命令されたり、以前なら、39度~40度発熱すれば休めたのに上司に"ワクチン接種の副反応に比べたらその位の熱なんだ"と言われたり。。。40度位の熱ならどんな病気もそのうち病気扱いされなくなりそうな勢い。何かがずれていて、殺伐としている。きちんとした決まりがないそれぞれの解釈に委ねた世界が出来上がり、それは例え歪んでいても突き進んでいくような気がします。法治国家でもなければ、多様性も元々日本はなかったけど、益々、他と違う生き方は許されなさそうです。このコロナの時代を見ている未来の大人、子供たちは現在の大人たちの行動を見ていますよ。ハラスメントが横行し、自分の意見を主張すれば叩かれる時代を。それを見てきた世代はきっと、消極的で事なかれ主義の大人ができあがると思います。益々、他人と違う生き方が許されない時代に。

Posted by かおなし at 2022年01月13日 05:41 | 返信

長尾先生、昨日も今日も、明日も、ありがとうございます。
尼崎の方角へ今朝も頭を垂れ、感謝と安全を祈る気持ちを送ります。


オミクロンに罹った人にも「お大事に」。
(オミクロンが「普通の風邪」でない人を除き)
そんな「当たり前」が「普通」な社会を。


たぶん「過去の普通」には戻れないのだろうから、「新しい普通」を創世していかなくてはならないと思う。
だから「創世」。なんだかしんどいことになりました、本当に。。


私は幸運なことに映画「コレクテイブ 国家の嘘」、近くで14日から封切り。
観られない読者の方々すみません、みなさまの分も観てきます。。

Posted by みるく改めミルク at 2022年01月13日 06:24 | 返信

長尾先生へ
 先生の日記は、読者には〜生きる力〜。
93歳の母は、命の峠を超え、寿命を全うすべく今も病院の中の治療病棟から療養病棟へ変わり、老人施設へ移行の段階にいます。
要介護3から4になるでしょう。
食事が少しとれて、排泄困難、体力低下。
会話は少しならできる。

コロナが治まり、ワクチン接種者は面会可能も先日からまた、面会禁止に。

ワクチン接種したら母に会えると、接種した姉もついに会えなくなってる。
ワクチン接種しないと決めてから、もう、母に会うことはできない。と、覚悟したけど家族に会えず施設で寿命を全うすることになる母。
ボケてない母は今、どんな思いでいるのか?

動けなくなり、家族にはいつも〜感謝〜していた母。
感謝しながら全うするのだろう。

私も死を覚悟したら、〜感謝〜を忘れず、今まで生きてこれたことに、自分の関わった人たちに感謝して全うしたいい。昨夜、田舎の兄から、家では面倒みれないから、今施設入所の段階だと電話ありました。

劇団ザイタクのYou Tubeでも、親を家で見れないという子どもと病院でもこれ以上治療できないからと家族と本人と病院との話しあいの内容みて、まさに、今の母の状態。

兄が「明日は我が身」。と。
誰もが通る〜老い〜
どこで、最期を迎えるか〜

いつ、迎えがきても、〜我が心、ここにあり〜で枯れたいです。
〜死ぬ〜でなく、〜枯れたい〜

ただ、自然に

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2022年01月13日 06:24 | 返信

こんにちは。

 新しい映画や著作のタイトルは、

  「なんとなく、 空気」

 でしょうか?間が抜けているのが、ポイント。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2022年01月13日 06:27 | 返信

参考文献
「 In Deep 」 から

コロナワクチンに対しての145カ国を対象とした過去最大となるビックデータ研究(ベイズ分析)により、「接種が進むほど事態が悪化している」ことが明確に判明
本気で「ブースター接種を停止」しないとマズイかも
タイトルにしましたのは、11月に発表されて、私は最近知ったカナダの大学のベイズ分析というものを用いた巨大で詳細な分析なんですが、その前に最近のブースター接種に関する簡単な比較をご紹介したいと思います。
ベイズ分析というような精緻なものとは異なる私個人の単なる感覚的な比較ですけれど、
「ブースター接種を加速している国と、まったくブースター接種をしていない国」のグラフなどを見比べていました。
そして、もうそれらを見ていますと、「現在の世界の感染拡大の原因はブースターショット」だということが鮮明になってきているように感じます。
たとえばヨーロッパは多くの国の感染グラフが「まるで同じ」となっていまして、何というかこう、こまどり姉妹のようにそっくりの…(こまどり姉妹は知らない人は知らないぞ )……ともかく同じグラフを描いている国や地域が多くなってきました。
以下は適当に選抜したものですが、ヨーロッパで現在、感染拡大に歯止めがかからなくなっている国の一部です。フランス、ギリシャ、イタリア、アイスランドの、それぞれの感染者実数です。
この1ヵ月間で、過去のどんな時よりも急激な増加を示ししています。

Posted by エレミア at 2022年01月13日 07:06 | 返信

参考文献
「 Total News World 」 から

【動画あり:ついにCNNまで】この24時間で、CDCはコロナ死亡者の75%が4つ以上の併存疾患を持つ人であることを認め/大手製薬会社の幹部は、ワクチンが蔓延を食い止めるのに効果がなかったことを認め/CNNが入院患者数が実情に合っていないことを認めた

Posted by エレミア at 2022年01月13日 07:15 | 返信

先生、5類に近くなってるのであればどうして政府は
5類として運用しますとかって言えないんでしょうか?

私がヤフーニュースで読んだ濃厚接触者の範囲を狭めるとか
保健所を通さなくても医療機関が治療開始してもよいだとか
他の人もTwitterに載せてましたが
どうでもいい怖がらせるニュースはトップにくるのに
そういうニュースは目立たないところにあるんですよ。
そしてすぐ消える。

前厚労省大臣が感染症の位置を見直すと言ったときも夜中にヤフー
に載ってて朝には見なくなりました。
結局頓挫したから今なんでしょうけど。

オミクロンの波がおさまるまで待ってるんでしょうか?
途中じゃ駄目なんでしょうか。

国のやることは、わかりにくいです。

みんなで声をあげて以前の暮らしを取り戻したいです。

Posted by ゆう at 2022年01月13日 07:28 | 返信

長尾先生、毎日の発信ありがとうございます。おっしゃる通り、一日も早く、5類への引き下げと、イベルメクチンの承認が必要です。いわゆる専門家はワクチン接種しか言わないのは間違っていると思います。
私はワクチン2回接種済みの高齢者ですが、最近のワクチンのごり押しは異常と感じます。
ネットニュースでインドネシア、バングラディシュ、ナイジェリアなどで感染が少ないと聞き、自分で主な17カ国の最近の感染データ(2021/1/10時点)から、ワクチンとイベルメクチンの効果を検証した。
その結果、ワクチン接種率と感染者数、死者数との間に、期待された相関関係は無く、逆に感染爆発が起こっている国では接種率が高い。
イベルメクチンと感染率、死亡率との巻毛を見ると、期待した相関があり、イベルメクチンを採用した国では感染者、死亡者が少ない。
ナイジェリアでは、オンコセルカ症の予防薬として長年広く投与されていて、コロナ治療薬としても広く普及していて、ワクチン接種は2.2%だが感染は極めてよく抑制されている。
バングラディシュでは、イベルメクチンが全国的に採用され、ワクチン接種率は27%だが、感染は抑えられている。
以上、概要を報告します。

Posted by 藤原一正 at 2022年01月13日 07:33 | 返信

おはようございます
先生はアンテナが高くてお仕事が早くて目が行き届いていて千手観音さまみたいです。
今朝はポンポンポン~♪ですごく癒された気持ちになりました
楽しいことを考えて過ごそう!と思えました 泣いても悩んでも笑っても一日は24時間
実家の氏神様にお詣りしたときに目にした「今日という日は残りの人生の最初の一日」という言葉を思い出しました。

きのうのYahooニュースによると新型コロナはもうインフルのようなものなりそうな気配(byゲイツ氏)ですけど
オミクロン株より感染力の高い変異株の出現は「ない」と根拠なしに述べた、って(笑)
もうばらしちゃった?
なにか次を考えていないでしょうね、とも思いましたけど
この2年で、ふつうに暮らすことが一番大事、と学びました。
長尾先生のおかげです 感謝してます*

Posted by ema at 2022年01月13日 07:41 | 返信

おはよう御座います。
先生が、仰る通りです。
本当に馬鹿げています。
ただの風邪が、今月末までは、どの分類にも属さない特別扱いなんですから。
総理の岸田も厚労省医務技監の福島靖正も税金泥棒です。
日本を壊す事しかしていない。
カンボジアの地雷除去した1匹の鼠の方が、ずっと人の為に尽くしてくれました。
総理が無能なら喜んで毒を注射する大衆もどうかしてる。

先日は、ペンネームを書くのを忘れてしまいました。
コロナワクチンに資金援助してきた国防総省(CDC)の事ですが、起源は、イタリア貴族ファルネーゼ一族に辿り着きます。
ファルネーゼと聞くとワインを思い浮かべる人は、多いと思いますが、16世紀にイエズス会を作った事やそのイエズス会が、アメリカを支配しているジョージタウン大学とCSIS(戦略国際問題研究所)や国防総省を作った事も知られています。
ファルネーゼ一族は、最強の軍事を抱えています。
そして、その最強の生物化学兵器を、今、世界中で使われていて、朝から寝るまでテレビばかり見ている愚国民が、自分らの身体に注射したいと願っています。
コロナ祭りの次は、天然痘テロだとビル・ゲイツが、言っていました。
世界の10の空港に天然痘がばら撒かれるというストーリーを嬉しそうに話していました。
その大嘘をまた信じるのだと思います。大衆が、今回の大嘘を本気で信じた様に。
新型コロナ祭りは、序章に過ぎないと思っています。

Posted by 三毛猫 at 2022年01月13日 08:05 | 返信

国民の健康のためではなく、煽っている人は、自分の利益を最大限確保するために動いている人たちなのかもしれませんね・・・。

6回も同じ間違いを繰り返し、保健所を崩壊させているということは、崩壊させれば緊急事態が演出できるので、わざと制度を見直さず放置しているのでは?と思ってしまいます。

長尾先生、いつも正常化のための発信、ありがとうございます。

Posted by しおり at 2022年01月13日 08:09 | 返信

こんにちは!

→愛国者ぶってオミクロン株を煽っている人の名前と顔をよーく覚えておこう。
この2年間のワイドショーを録画しておくだけで「A級戦犯」という映画ができる。

そうですよね。それにつきます。

本当なら第1波から5波迄の病態や対策の検証をするのが専門家の仕事なのに、誰一人としてしてない。
それどころか全くずっと同じ素人でも言える内容の事を言って唯唯煽る。
それを妄信する国民。
この流れが変わっていく事を願ってます。

Posted by 匿名 at 2022年01月13日 08:13 | 返信

長尾先生へ
  久しぶりに新聞を手に。
オミクロン感染拡大に急ぐ3回目のワクチン接種の記事に閉口。
職域接種〜が足音をたてて近づく予感。
ワクチン接種拒否がいつまで、どこまで通るのか?
医療従事者はみな、打つのか?
どこかの国みたいに、医療従事者がワクチン接種拒否で全員辞めたら、、
日本ではありえないか、

いくら、デモをしても、何しても権力には勝てない。
権力に勝つには、国民の団結しかない。しかし、
打たない方が少数派。
もはや、権力には勝てない。

権力に自由を奪われるなら、奪われる前に自ら枯れたい。
自由という木に、農薬をまきたくない。

ピュアな木で枯れたい。

コンビニで新聞を買い、やはりな〜、とため息しかでない偽新聞。思わず感想をコメントしてます。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2022年01月13日 08:26 | 返信

長尾先生へ
  久しぶりに新聞を手に。
オミクロン感染拡大に急ぐ3回目のワクチン接種の記事に閉口。
職域接種〜が足音をたてて近づく予感。
ワクチン接種拒否がいつまで、どこまで通るのか?
医療従事者はみな、打つのか?
どこかの国みたいに、医療従事者がワクチン接種拒否で全員辞めたら、、
日本ではありえないか、

いくら、デモをしても、何しても権力には勝てない。
権力に勝つには、国民の団結しかない。しかし、
打たない方が少数派。
もはや、権力には勝てない。

権力に自由を奪われるなら、奪われる前に自ら枯れたい。
自由という木に、農薬をまきたくない。

ピュアな木で枯れたい。

コンビニで新聞を買い、やはりな〜、とため息しかでない偽新聞。思わず感想をコメントしてます。

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2022年01月13日 08:26 | 返信

2月の2本の映画の阪神間での上映・・・日時と場所をお教え下さい。是非とも夫婦で鑑賞したいと考えています。

Posted by 三木和成 at 2022年01月13日 08:39 | 返信

オミクロン株が新たに人工操作された株ではなく、世界規模のワクチン接種による中和抗体をすり抜ける為に多変異した株なのだとしたならば、人為的に創られたコロナ禍の終焉に向けての天意なのかも知れないと思うのです。

拝金主義者には不都合な弱毒性ですが、強い感染力を利用しての不安を煽り、ブースター接種に向けての追い込みのようです。
全国知事会では、ブースター接種用のワクチン確保を国に強く要請のようですね。

「S-1グランプリ」ですが、F-1 M-1の「1」は、最高峰、トップ、No1を決めるの意味合いですので、尊厳死には・・・
.

Posted by 神無月 at 2022年01月13日 08:40 | 返信

長尾先生へ〜久しぶりの新聞より〜の続きです。

コンビニで新聞買う時、どの新聞にしよかと、なんせ私の最寄りの駅、毎日新聞があるニュースから数日後に販売しなくなりました。
毎日テレビが丹後伊根町で初の12歳ワクチン接種を実施し、それに対する抗議の電話が殺到したニュースをお昼のニュースで報道しました。
その数日後私の最寄りの駅から毎日新聞は消えました。
店員に聞くと、確かに数日前から販売してませんと、、

伊根町で一番に接種した女の子の安否が気になります。

と、話しはそれましたが、今朝私が買ったのは読売新聞。
地域のニュースにはホッとする内容が。

〜爆笑漫才 中学生学ぶ〜より
お笑いを通じて表現やコミュニケーションの力を磨いてもらおうと、吹田市立竹見台中学校がユニークな授業に取り組んだ。
生徒らは吉本興業から、直接漫才を学び、ネタ作りから人前での披露まで、体験し、将来に役立つ学びも多かったようだ。

普段は周囲から、まじめ、と評される男子生徒の一発ギャグ、女子生徒の軽妙なボケなどに爆笑や拍手がわき起こった。

との、記事。
これからの日本に本当に必要な授業かと。
長尾先生のコント、実現したらいいですね。

〜お笑い、爆笑〜は最高!

Posted by 長尾先生を見守る会 at 2022年01月13日 08:52 | 返信

なんだかこの国は何処へ向かっているんだろう。今テレビを全くみていなく、先生のブログで今の世の中の現状が分かるのですが、家族は普通に仕事へ行きそんな大変な様子もなく、いたって、テレビだけが煽ってるとしか思えなく、何度か出かけているが鼻を出してマスクしても風邪も引かず、コロナにもかからず、本当おかしい事を放送してるとしか思えない。なんだかこんな歳になって世の中がこんなにフェイクだった事を知ろうとは。

Posted by 大天使ミカエル at 2022年01月13日 08:58 | 返信

長尾先生、毎日ブログを読ませていただいています。
ひとつ質問があります。アドバイスいただけると有り難いです。
私の息子は40才です。統合失調症を発症して10年余り経ちます。通院しなから働いています。
昨年7月にファイザーワクチンを2回接種しました。
毎日抗精神薬「オランザピン10㎎」を1錠服用していて、症状は比較的落ち着いています。
私がネットで調べたら、α遮断薬を有する抗精神薬を
服用してる人にがアナフィラキシーショックが起こしたた場合、2018年からアドレナリン製剤を使っても良くなったと書いてあるのを見付けました。
幸い2回接種後アナフィラキシーは起きませんでしたが、もしアナフィラキシーが起きた時にアドレナリンを打つと血圧が更に下がって危ないのではないかと心配しています。
今のところ、3回目接種は止めるように言おうかと思っています。

Posted by 柳本裕子 at 2022年01月13日 09:01 | 返信

> 「法律が人を殺す」と繰り返し書いてきた。
中国に『苛政は虎よりも猛し』なんて諺がありますけど、
他にも色々な諺を思い出しました。

羹に懲りて膾を吹く
角を矯めて牛を殺す


毎日感染者の数を数えてます。
せめて陽性、感染、発症に分けて欲しいです。

コロナ騒ぎ以前の風邪引いた人の数、
インフルエンザで亡くなった人の数、
数え方が違うので正しく比較出来ないでしょうけどそういうのを隠してただただ恐怖を煽ってるようにしか見えませんね。

××と比べて50%アップなんていう当社比みたいな話にはウンザリ。

Posted by ボッケニャンドリ at 2022年01月13日 09:03 | 返信

先生の毎日の発信があるので 私は 冷静で いられます。(泣)
本当に 有難いことです。

朝はどうしても 時計代わりにテレビをつけたまま 家族が支度をします。聞きたくもないアホな報道にうんざりしながら 耳は塞げないので 右から左に流して聞いています。

主人も 呆れてくれているので夫婦で 馬鹿らしいと テレビに向かって文句を言いながら
子供たちに聞こえるように会話してます。
(つけなきゃ いいんですけど
ほかのニュースもあるので
つけてます。)

家庭の中では せめてもの抵抗ですが 1歩外に出れば 各自の社会はどうなのかわかりません。

以前はテレビを一切見なかったのですが 最近は 世の中の流れを知るために 我慢して見てます。テレ朝は 煽り報道が強いので
気分が悪くなるので 見ませんが、フジテレビは 番組によりますが 少し変わってきたと個人的には感じます。

子供の接種に対しても 3回目にも 懐疑的な意見が何人からも でてました。
「時が過ぎて あとから ただの風邪になんであんなに大騒ぎしてたんだ?という日が来るかもしれませんね」とか。
出演してる医師からも
「特例付きの5類にすべき」
「コロナ関係なく冬は 感染症流行る時期」
等々。

※「オミクロンでの初の死者
高齢者基礎疾患男性 2名。
オミクロン株感染か??」
これ 報道必要ですか??

※東京都 オミ感染者内訳
ワクチン2回接種 49%
1回接種 1%
未接種 22%
不明 29%

この数字に対する
ブレークスルーだ 抗体だ なんだ 色々説明してましたが
すみません。私には理解出来ませんでした。難解。
(難読な引っ掛け問題みたいな説明。)

大規模接種会場で18歳以上が
モデルナだと聞いて 耳を疑い
倒れそうになりました。

モデルナ 去年は若者には 推奨やめましたよね??
なのに また18歳以上が モデルナ????

詐欺ですか??
喉元過ぎればで
シレーっと また モデルナ???
疑問も持たず また モデルナ打つ 若者はどれくらいいるのでしょうか??

若者の皆さん
冷静になってくださいね。

先生、映画 すごいですね!!
先生の仕事の速さに 心底驚きと尊敬です。
映画は 是非とも今後 全国的に 観れる日を 心待ちにしています。

桑田さんの選曲の日は ニコ動観ててもルンルンです!
先生も桑田ファンなので 嬉しい!
シネマリンでの熱唱 動画撮らせて頂いたのですが 改めて拝聴しましたら つくづく先生はお上手ですね!!
大切に保管します!!
(ポンッポンッポンッ♪♪)

Posted by あずき at 2022年01月13日 09:10 | 返信

「感染症法」は、昨年大阪から始まった「自宅放置」で、完全に破たんした。
憲法に「非常事態条項」を持ちこみたい安倍や高市らの野望の前に、「政府」は「無政府状態」となり、「立法」機関は「過眠」を貪っている。

投稿者のみなさんは「コロナ脳を煽るから新聞・テレビは見ない」と言っていたが、なんと「コロナ・ワクチン脳」に完全にイカれている。
「コロナ」「ワクチン」のひとこと・一文字もない投稿は皆無。ひとりふたりでもいい、コロナ語・ワクチン語が「皆無の日」をつくりませんか。
コロナ脳・ワクチン脳に満たされ、朝から晩までコロナ・コロナ、ワウチン・ワクチンのことばかり。今日一日だけでも、「コロナ・ワクチン」を忘れ、「筋肉」でも燃やして「健やか脳」を育てましょう。

Posted by 鍵山いさお at 2022年01月13日 09:12 | 返信

先生が総理ご意見番になってほしい。

Posted by 匿名 at 2022年01月13日 09:13 | 返信

ニュースやワイドショーを見る観点が、コロナウイルスそのものの情報を知りたいというより
「どう報道されて、誰がどう言っているか」に変わってます。
見る時間はぐんと減りましたが、ワクチンやオミクロンがどう報じられているのか知らないと
「それはね・・・」と話の持っていきようがないので。
少なくとも私の周囲では「感染拡大で怖い」と言いつつ、閉じこもっている人はいません。
都会、郊外、田舎、それぞれ環境は違うけれど、日々無事に生活を続けています。
「3回目」には疑問を持たず素直な人がほとんどですが。

録画、コロナ下の医療や介護、戦争関連のドキュメンタリーが溜まってます。
昨日やっと、年末に読売テレビで放送された「新型コロナと型破りな町医者」を見ました。
河内長野の水野宅郎先生のドキュメンタリーです。
「初期対応さえしていれば絶対助かる」発熱外来に往診にとコロナ対応に奔走されてます。
それから、長尾先生が昨年の4月30日に、ミヤネ屋にリモート出演された録画も見直しました。
町医者が早期診断即治療、大事な基本は変わらないですよね。

年明け、マンションの管理人さんが「去年オヤジが具合悪うなって、家で面倒みとった時に
医者に来てもろうとった。在宅やりたいいうて大きい病院から独立した、いわゆる町医者や」
「町医者」という言葉が浸透したのは、長尾先生の映画とテレビ出演だと思います。
不都合な真実から逃げず、誠を尽くされる長尾先生に、今日もクリック2つ。

Posted by taco at 2022年01月13日 09:41 | 返信

先生!いつも生きる力をいただいてます。
訳のわからん時代になり混乱していますが、 
なるべく自分が楽しく生きていける情報を取り入れて家族で乗り越えていきます。 
応援しています!

Posted by 直美 at 2022年01月13日 09:53 | 返信

毎日お疲れさまです。
山本七平の著作に【空気の研究】という名著がありました。
おかしな対策・・・感染症法のグレードが未だに引き下げられず、風邪に近い病気に変位しても、不安のみ煽られ続ける。

多くの人がマスコミの煽りを認識しつつも、ダウングレードという根本的な対処に踏み切れない政府。
政府も【おかしな空気】の被害者なのか。

おかしな事だらけで頭がおかしくなりそうです。

Posted by じょーじ at 2022年01月13日 09:54 | 返信

長尾先生、初コメント失礼します。毎日世界や日本の動向を見てると恐ろしくてなりません。。未来に希望が持てません。毎日信じられないようなことが起きていて、本当恐ろしいです。子供たちがかわいそうです。3月からは子供たちへのコロナワクチン接種も始まるということで・・狂気の沙汰です。希望を持って生きることが出来なくなってきました。日本も改憲されたら、基本的人権の削除と緊急事態条項の追加が折り込まれており、独裁国家となってしまいます。どうしたらこの狂気を停められるのでしょうか。。毎日不安と絶望の中で生きています。。家族や友人には先生のブログや色々なデータを見せて、コロナワクチン接種をこれ以上しないように止めているのですが、もう誰も聞く耳を持っていません。皆メディアに洗脳されているようです。本当にもう苦しいです。。身近で2名、コロナワクチン接種後に心臓発作で救急車で運ばれた方がいます。でももちろん「因果関係不明」とワクチンとの関係は認められていません・・・恐ろしいです。

Posted by Ai at 2022年01月13日 10:03 | 返信

先生、おはようございます。
今朝のブログを読んで吹き出したこと、呆れてしまったこと、ヤッターと喜んだこと。
沖縄は濃厚接触者の隔離の支持を感染者本人が‥あいどんとのー。
医療従事者の方は濃厚接触者でも働けるん・・働きたくないやろに.なんなん‥あほか!

先生、今直ぐテレビに出てNHkが良いわね、日本の隅々までいきわたるように・・夕方にお年寄りは早くに寝てしまうから。

野党、コロナのころから全然元気がないでしょう・・インタネットのどこかに1500万支払って・・かっこつけなくていいから。
1月29日映画が公開大阪から大きなところが良いわね~。早い目に見た方がいいかもしれませんね。

沢山の講演・・頑張って下さいね、私にはこれしか言えません。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2022年01月13日 10:18 | 返信

長尾先生おつかれさまです。
今朝の新聞で読んだのですが、厚労省からの「健康観察に協力してくれる町医者募集」に応じて、保健所に代わってお医者さんが陽性者の健康観察を行う動きが広がってきたとか。良い方向ですが、これも法律と現状が乖離してきた?
ただ、飲み薬は発症5日以内でないと処方できないので、日にちが経ってしまった人には出せないとか。
そもそも戦後の日本政治は、法律と現状が乖離して矛盾した状態をずっと放置してごまかして来ました。最たるものが憲法9条ですね。だって、どう取り繕ったって、誰がどう読んでも完全に矛盾してることは子どもでも分かるのに。「解釈」だと言ってごまかしている。偽善であり詭弁。国にとって一番根幹の安全保障がそうだから、万事がそうなってしまう。戦後日本の宿痾ですね。そして官僚はどれだけ法律を変えない不作為の罪で大勢の国民を死なせても、決して責任を取らない。
5類も、「何を今さら?」という頃になってからようやく、変えるのでしょうね。まあ、どこからも批判は出ないでしょうが。

Posted by 小東洋 at 2022年01月13日 10:20 | 返信

>みんな、命よりもお金で動いている。

今日もブログを読ませていただいて、ホントにもう長尾先生のおっしゃる事ってごもっともで・・・。
なんでこういったまともな考えができずに金・金・金なんでしょう。確かに生活ありますから稼ぐ行為は悪くないですけど、稼ぐ方法が間違っている。どの国も利権のために人を犠牲にしていることに罪悪感が全くない。TVにご出演の専門家の推進者方々は罪意識が無い。専門家としてのプライドを完全に捨ててしまっていて呆れる。そんな人を信じて疑わない国民にも呆れる。
その点、長尾先生は医者としてのプライドと考えをしっかり持っていらっしゃる。

治験中のものを打たせて世界中で多くの犠牲者が出ても、マスコミは感染増加を煽り3回目推進報道に力を入れている。打っても感染を防げない効果のないワクチンを政府はまた購入してどんだけ無駄なお金を費やすのか。あの赤いカプセルの飲み薬もそう。

グルになって推し進める人達は、お金があるから痛くもかゆくもない、所詮他人ごと。酷すぎる。失業したり、ワクで大切な人を失ったり、健康を害してしまったり、そうやって生活基盤を失って苦しんで泣いてる人がこの世界中でどれだけいてるか。そんな事はどうでも良く、金儲けができたと喜んでる連中がいる。
経済を止めて仕事を失った人達が生活苦に陥り、自殺する人も増え、こんな間違ったことを強いてきた上の人達こそ、真っ先に大災害で犠牲になって淘汰されればいいと願ってしまう自分がいます。
(ブログ読みながら感情的になってしまいました。)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

長尾先生は、本業をこなしながら本業以外の分野も熱心に勉強されていて感心しております。
関岡英之さんのご著書を紹介されたとき、特に思いました。
ただ、いつの間にか、個々の国を超えた超国家に逆らえない恐ろしい世界になってしまってます。コロナはアメリカと日本の関係どころでは済まないことになっていると私は思っています。

先生は沢山勉強されているので、これもご存じかもしれませんが、(過去のブログ全て拝見できてない所もあり、先生もしくは何方かが前にとりあげたかもしれませんが)
コメントされている皆さんの中でも、まだ知らなければぜひ見て欲しい動画に

大地舜チャンネル

というYouTube動画があります。

最新は「ファウチ博士の正体とエイズの嘘 The Real DR. Fauci and the Lies of AIDS」です。
紹介されている本は日本でも出版予定があるそうなので、日本語版が出たら購入するつもりです。
この動画の後半には「スパーズ・パンデミック シュミレーション」について興味深い話をしてくださっています。
過去動画も含め視聴をお勧めします。

ニコ動またはrunbleには、YouTube動画で消えてしまった「The Truth about Pseudo Pandemic 擬似パンデミックの真相」もあります。

Posted by pomurin at 2022年01月13日 10:39 | 返信

JUSTDOITさんへ
あなただけです。コロナ脳・ワクチン脳にイカれていない投稿者は。
ぼくの周りの年寄りは、「コ」の字も「ワ」の字も話題にしませんよ。
このコメント欄だけです。「コ」だらけ、「ワ」だらけ。
テレビの「専門家」たちの異口同音。あの小泉のようにワンフレーズ。
それと同じように感じるのは、歳のせいなのか。
高音は聴こえない、青色は視えない、


それとウリふたつにかんじる

鍵山いさおからJUST DO ITへの返信 at 2022年01月13日 11:18 | 返信

今日にでも5類に制度変更してほしいです。
令和の和は長尾和宏先生の和。令和は長尾先生の時代。だから先生の言う通りにしてほしい。
私のまわりは医療従事者もいて6割くらい接種しましたが、接種した人より1度も接種してない人の方が元気なんです。

Posted by なお at 2022年01月13日 11:20 | 返信

先生、いつもお忙しいなか発信ありがとうございます。
映画、ひっそりでもいいので、必ず実現されることを念じております。
とにかく、1日でもいいからリアルで上映することが肝心だと思います。
私は応援することしかできませんが!

Posted by かーぷ at 2022年01月13日 11:49 | 返信

オミクロン感染を騒いで3回目打ちましょうと
いう雰囲気に持っていくのだろうと言うことは
簡単に想像できました。そして、たぶん多くの人が
政府やメディアの煽りや大本営に気づいてきているのかなと
思います。しかし、接種は強制ではないのに、
強要したりする職場や環境があることは
残念ですし、人を苦しめ差別を生み出します。
イタリアやドイツなど凄いですね。
ヒトラー時代のようです。日本も緊急事態条項
を阻止しないと私権が制限される可能性大です。
多くが亡くなり、国民が苦しむ大きな理由はコロナを
一類相当にし続けている政府の間違った
政策結果の人災だと思います。

また、先生が仰る、日本はアメリカの属国だと言うこと
は私も同じ考えです。国の貿易交渉などに関わった
経験のある、東京大学教授の鈴木宣弘教授の
YouTube、農業消滅や、YouTubeの三橋TVに
ゲスト出演した際の教授の勇気ある発言で日本は
植民地だとよく分かります。身辺大丈夫か
心配になりました。教授を尊敬します。

Posted by ポトス at 2022年01月13日 01:23 | 返信

一般の風邪(インフルエンザではない)とオミクロンの入院率や死亡率の比較です。

Omicron (California Study) Stats vs Flu Stats
https://www.youtube.com/watch?v=uVeYXWUEJEE

上記の動画の4分32秒~に表示される2つのピラミッドがかかれた図を見ると、以下のことが分かります。
ちなみに、アメリカのデータです。
2018年-2019年の風邪シーズン期間(2018年の終わりから2019年の初め頃の冬の間)の一般の風邪(インフルエンザではない)にかかった人と
2021年の12月のオミクロンにかかった人
の比較です。

左のピラミッドの図から、2018年-2019年の風邪シーズン期間に
29,000,000人の人が一般の風邪(インフルエンザではない)と診断されました。
29,000,000人中、380,000人が入院しました。(つまり、一般の風邪と診断された人のうちの入院率は1.31%)
入院した380,000人中、28,000人が死亡しました。(つまり、入院した人のうちの死亡率は7.37%)
総合的に見ると、一般の風邪にかかった人のうちの死亡率は、0.0966%

右のピラミッドの図から、2021年の12月のオミクロンにかかった人について、
60,000人の人がオミクロンと診断されました。
60,000人中、88人が入院しました。(つまり、オミクロンと診断された人のうちの入院率は0.15%)
入院した88人中、1人が死亡しました。(つまり、入院した人のうちの死亡率は1.13%)
総合的に見ると、オミクロンにかかった人のうちの死亡率は、0.0017%

少なくとも、オミクロンにかかった6万人のデータと、2018年-2019年の風邪シーズン期間の一般の風邪(インフルエンザではない)を比較すると、オミクロンの方が、一般の風邪より入院率も死亡率も低いことが分かります。

Posted by 一般の風邪(インフルエンザではない)とオミクロンの入院率や死亡率の比較 at 2022年01月13日 01:27 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
今朝、新聞を見たら、急に「新規感染者数」が増えましたね。
これは、私の憶測で、明確な根拠はないのですが・・・
例えば、今、職場や学校で「ワクチン接種を拒否できない」と悩む人がいますね?
で、今「濃厚接触者」でえらく煽ってませんか?
それと長尾先生が懸念しておられる「無料PCR検査」。
もし、学校や病院、企業で一人でも「陽性判定者(自覚症状はどちらでも良い)」が出たとします。
さて、私は疑問なんです。遺伝子ワクチンを安全性や有効性を独自に評価せずに職員や生徒、社員に打たせた企業・法人トップは全従業員に「PCR検査を受ける事」本当に強制しないでしょうか?その企業・法人トップは本当に適切に線引きして「濃厚接触者」を扱えているのか・・・案外、全て鵜呑みにして四角四面にPCR検査受ける様に言うのじゃないですか?「陽性判定」なら「新規感染者」扱い。また「濃厚接触者」→「PCR検査」→「陽性判定」の無限ループ・・・つい、私はそんな勘ぐった目で見てしまいます。
先生が言われる様に、「ウイルスが」ではなく、ウイルスの問題が低くなっても「法律」の扱いだけが独り歩きしていますね。
これまでも、風邪で死ぬ人は毎年一定数いたはずです。
「コロナは風邪じゃない」いや、従来の風邪でも悪くすれば死んでたでしょう。だから「リスク・グループ」何て事を今回改めて考えただけで、以前からずっとそうだったんじゃないかと思います。
メディアが今回の様にクローズアップしなかっただけですね。
「法律」とメディアの「煽り」。ただ混乱だけが無責任に残っている様に思います。
と言うよりも「利権」のためにワザと残したんでしょうね。
「5類問題」と「煽り報道問題」が決着つくまでこの話は終わりませんね。全てはスポンサーの意向でしょう。
これは「陰謀論」?
ノーベル平和賞を取ったコンゴの医師デニ・ムクウェゲ氏が内戦で傷付いた女性の治療に当たったと言います。
内戦・虐殺の原因は部族の憎しみ・対立ではなく、地下に埋まっている「レアメタル」の確保にあると言います。そこにも利権があるからです。
経済だから平和で、
兵器だから戦争。
いや、違うでしょう。経済権益のための兵器と紛争だと思います。
経済競争が結果的に人の命を奪う事は「グローバル経済」なら別に不思議はありませんね。


「ワクチン後遺症」の映画、早いですね。
是非観たいと思います。
結局、この「史上最凶・恐怖の新型コロナ」という騒動の延長線上に彼らの犠牲はあるのです。
オミクロンで一人死んだ?感染が拡大?分かりました気を付けましょう。
で、その予防接種では何人死んだのですか?何人、後遺症が残った人が居ますか?それを新規感染者と同じノリでしっかり報道して欲しいですね。歴史に残る薬害問題に直面しているのですから。

本当に不自然そのものの世の中です。
だから映画が出来て本当に良かったと思います。
長尾先生。本当に、お疲れ様です。

Posted by 加藤 圭亮 at 2022年01月13日 02:02 | 返信

長尾先生 お疲れ様です
昨日尼崎市より コロナワクチン3回目接種の申込の書類が届きました
たくさんの方が 3回目の接種受けることがつらいです
何か止めることできないでしょうか
みんな  コロナ能ですね
私は 先生のブログ読んでるので コロナ怖くない人ですけど
相棒は なんだか  打ちたいみたい
あーーーー  なんでわかってくれないのか 
もう少し時間があるので  話していきたいと思います

Posted by どり020444 at 2022年01月13日 02:08 | 返信

こんにちは。「法律が国を殺す」という言葉に、戦慄を覚えました。
この言葉が、この状況が、決して冗談や例え話ではなく、私たちのすぐそばに、すぐ目の前に迫っているのだと直感したからだと思います。
このままでは、なし崩し的に自治体などが法律を破る状況(濃厚接触者でも隔離せず働いてもらうなど)になりそうな気がします。それが何を意味するか…「法律が軽んじられる風潮」ができてくることが、とても怖いことだと感じます。
普段の生活の中で法律というものを意識することなどほとんどないかと思いますが、私たちが普段の生活の中で、食べたいものを食べたり、おしゃべりしたり、映画やアニメ等を見て楽しんだりできるのは、決して当たり前のことではない。先人の方々か、長い長い時間をかけて、血のにじむ思いで作り上げてくれた「法律」があるからだ。私はそう思っております。
それが、今揺らぎだしている。どうか杞憂であることを願います。
長尾先生いつもお疲れ様です。

Posted by S .K at 2022年01月13日 02:09 | 返信

不思議な話です

なぜ、オミクロン株になった途端
駐留アメリカ軍による感染が・・・と出て来たのでしょうか
感染力は早く広がりやすくても
重篤率は激減しているのに・・・。

何故デルタ、そしてそれ以前のもっと強力なウィルス株の蔓延の時には
駐留アメリカ軍からの感染のニュースが日本を席巻しなかったのでしょうか?

そして何故「日米地位協定」の話にまでも切り込むのでしょうか
その先は日本国憲法改正へ、再軍備へ、と進みたいのでしょうか?

先の戦争でも日本はそうであったように
物事が、いつも間にか「空気」で変えられてしまう日本
もっと日本人!!反省せねば!!。

Posted by 瀬戸内ジャクソン at 2022年01月13日 02:11 | 返信

先生おつかれさまです。いつもありがとうございます。
とりあえず「接種券」が届かなければ、わざわざ自分から探して打ちに行く人は少ない気がします。届けば、自治体で近くで集団接種会場を設ければ、メディアに不信を持ってても、行政のすることだからと多くの人は素直に接種しに行く気がします。届かない間はどれだけメディアが騒いでも、会社から、また商業的に出入り制限の問題がかなり厳しくかけられない限り、接種券が届かなければ自分から探してまでは打つ人が少ないような気がするので、届かない間は政府も水面下でなんとか‥と思えていたのですが、集団接種の話が出てますので微妙です。

あとは製薬会社との契約内容ですね。
もう年数だっているのだから成分は企業秘密であっても、ファイザー社と国との契約内容を公開でいる面だけでも公開して、問題点やら見直しをすることは出来ないのだろうかと思います。

5類に落とすは私も何度も思いましたが、最初はコロナウイルス自体架空ウイルスのように思っていたので、なぜ感染しても、2週間ほど安静にしてたら治る病気で、エボラやらペストのように感染すれば即死に、または不治の病につながるような病でないのに、エボラやエイズより制限きついのか疑問でしたが、5類に落とすと患者さんの自己負担が発生する。元々日本がだした感染病でもないですし、国民になんの罪もないのに罰則まで設けて制限うけつづけて、さらにコロナに感染して後遺症や入院の負担も患者さん負担は、酷すぎるとも思うので、仕方ないのかと微妙な気もしました。
しかし無料だからこそ、検査やら接種がで出来ると思うと、妄想として、なにかIT絡めたウェルフェア事業やソサエティ5.0を薦めるため、システム改変や、安全保障の絡みを目的にウイルス騒ぎを、起こしたのなら、相当そのへんも計算して頭のよい人らがしてるのだろうな…という妄想はします。お正月もゆっくりできなかったのではと憶測して、先生がゆったり数日の休みがとれる日があればいいなと思っております。

Posted by 心の中の応援者 at 2022年01月13日 02:20 | 返信

連弾もうしわけありません。「法が人を殺す」で菅総理の頃から、「法の支配」を世界と共にすすめていく声明のニュースみました。法の支配というと支配が聞こえ悪いですが、庶民側から政府を不正しないよう監視するよい面も沢山あるのですけれど、問題点も多く、使い方を間違えたらヒトラーのような独裁者を生み出す危険とも解説みたことがあります。私は法学者でないので、難しい法律の解釈は分からず、悩みますが「コモンウェルス」という言葉が気になり、問題点は昔の慣習を元に法作りするのと「法の支配」は権力者も、法律に従わなければならないという原則のこと。
基本的人権と国民主権を守るために、国家権力に制限をかける仕組み。
今現在の日本は「法治主義」法律に則って政治を行うという原則のこと。
国民を、法律というルールで統治する仕組み。

これだけ見ると法の支配のほうがいいではないかと思うのですが、こちらも解釈次第で色々と難しく、やり方次第で悪用もできそうで。
「法の支配」は法の下の平等を否定はしていないが、法の下の平等原理と「法の支配」は同一のものではない。「法の支配」を司法権の強化のために用いるということは、明らかに「法の支配」を道具概念として用いているとケースによって解釈できる。

一見、綺麗な言葉は街中にあふれかえってますが、禁止貼り紙とモラルを掲げる貼り紙の増え方は、「割れ窓理論」のほうを強く感じさせますし、ルール作りで人を縛ることが目的な気もして、逆の使われ方しそうな気もします。
大阪府知事はコロナの最初こそ応援してましたが、「公共の福祉」と言う言葉をよくあげて、より強制力を伴う対策方法につなげていました。しかし昭和の頃の一般人の感じる公共の福祉って今まではどちらかというと、もっと優しいニュアンスがあった気がありました。
>日本国憲法第13条も、人権は「公共の福祉に反しない限り」最大の尊重を必要とすると規定している。しかし、人権の制約原理として公共の福祉を一般的に認めると、公共の福祉を理由に、人権が不当に制限される危険が生じやすい。
など、公共の福祉の概念だけでも解釈が色々あり難しく、府知事の公共の福祉を盾に少々強引なと対策されることに疑問は抱えていました。

コトバンクからの気になる解説から
>ときとして政府や有力な党派による一方的な解釈が、この観念に与えられる懸念が大きい。たとえば、ナチス・ドイツの標語であった「公共の福祉は個別利益に優先する」は、全体主義における全体の利益の優先を意味する<

このあたり近年、コロナ対策を盾にして、ITによる監視システム含め違和感は感じてましたので気になっていました。

「法の支配」は日本が掲げてるというより、世界全体の流れとして世界に協調とる形で元総理も言及されていたので、問題点ももっと説明してほしい。そして府知事がよく掲げる公共の福祉は、コロナの脅威度に噓情報などが含まれて検証なしで、そちらを盾に勧められても問題だとも思います。

Posted by 心の中の応援者 at 2022年01月13日 02:37 | 返信

2回目の投稿失礼します。
先ほど、「濃厚接触者」の事にふれつつ、自分の勝手な予想を書き込んだのですが、
動画614の「濃厚接触者」のお話、拝見しました。
本当に「濃厚接触者」を巡ってそんな事になっているとは・・
何か「濃厚接触者」という落語のネタが出来そうな世の中ですね。
いや、イソップ童話の肉をくわえたイヌが、池に映った自分の姿をみて「その肉、よこせ!」とワンと鳴いたら、口の肉を池にポチャンと落とす話・・・タイトルは忘れましたが、あれに何か似てる気がします。
今の世の中、笑い話にもなりませんね。
本当に生活に困る人がまた、出来てしまうし、いじめや差別もまた新たに生まれかねないのに・・・政府もメディアもあまりにも無責任すぎますよ。

Posted by 加藤 圭亮 at 2022年01月13日 02:44 | 返信

>とりあえず「接種券」が届かなければ、わざわざ自分から探して打ちに行く人は少ない気がします。

接種券が届かなければ絶対にワクチン接種は出来ないのです。(まだ時期未定の職域接種を除く)
医療従事者さえ、接種券がないと打てないそうです。
届いたら打てる場所を探す人はいるでしょう。

Posted by じゅん at 2022年01月13日 03:16 | 返信

先生応援しています 先生が前からおっしゃっていた5類相当へという議論がやっと出始めたようですが 今日のネットでは岸田首相が感染が増えている今の状況では反対と言っているとのこと、、一刻も早く5類相当にするべきだと思います!

Posted by 玉井晃子 at 2022年01月13日 03:39 | 返信

長尾先生、毎日、お疲れ様です。

もう、アホで結構メリケン粉〜♬で、知らんふり〜します。
アホは風邪引かないから〜(笑、笑)

Posted by rico at 2022年01月13日 03:49 | 返信

先生。今日は寒くて風が強くて・・郵便物を取りに出ただけ・・今日から公園を走るつもりでしたが、残りの食材でお料理をしていて、中国ドラマを見ていたらもう走る元気はなくなりました。明日からは走ります汗をかくくらいに、二月の神戸のラブラン、コートを手荷物に預けて・・号砲が鳴るまでが死ぬほど寒くて友達は鼻血を流していました。でもピストルが撃たれ走り出すと三分もしないうちに汗だくです、六甲の山は雪景色ポートアイランドで走ります。

冬のリビエラ、素敵でした。ハートマーク。・・夏のリビエラの歌もあるのですよ、私が大好きな大瀧詠一さんが歌っています。

あの菅さんが三回目のワクチンを早く打たんかいと言ってました、顔つやが良くなりましたよね・・ガースさん。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2022年01月13日 04:49 | 返信

長尾先生
毎日開けずにはいられない、先生の日記。
毎日食べずにはいられない、大好物のカステラ。
毎日呆れるしかない、ワクチン脳。

1年前から、世界のコロナ感染者による死亡率を夫婦でエクセルでデータ化しています。
数字のデータ元は日経新聞です。人口10万人に対する、お亡くなりになった人数です。
集計日、2022年1月9日。
日本 14.5人、韓国 12人、台湾 36人、インド 35人、イスラエル 89人、アメリカ 256人、イギリス 225人、ドイツ 137人、チェコ 342人、ハンガリー 409人、スウエーデン 153人、ブラジル291人。最近のオーストラリアを見ていると、島国だからだけでは無さそうです。

Posted by みっちー at 2022年01月13日 05:13 | 返信

参考文献
「 Total News World 」 から

新型コロナの「2類相当」を見直さず 岸田首相「感染急拡大の状況で変更は現実的でない」(共同)/ネット「見てるのは支持率だけ」「保身」「風◯で医療破綻させるつもりか?」

岸田文雄首相は13日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けに関し、危険度が5段階で2番目に高い「2類相当」としている現在の分類を当面、見直さない考えを示した。東京都内で記者団に「感染が急拡大している状況の中、変更するのは現実的ではない」と述べた。

同時に「変異を繰り返す新型コロナの特質をしっかり考えた上で変更も考えなければならない」と指摘。変異に応じて変更を続ければ「大きな問題を引き起こす」と強調した。

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は11日、新変異株「オミクロン株」の重症化率が低いとし、季節性インフルエンザ相当の5類とするよう専門家で協議すべきだとの考えを示している。(共同)

Posted by エレミア at 2022年01月13日 05:29 | 返信

先生、劇団「ザイタク」早速拝見させて頂きました。
なによりこのような活動があることを 全く知りませんでした。 ほかの地域でも このような 組織はあるのでしょうか?


普段は医療や介護に尽力されている方々が お忙しい時間の合間をぬって 作り上げていることに
驚きと尊敬の念を抱きました。
また地域医療に携わる 医療従事者、介護者の皆さんが 仕事以外にこのような繋がりがあることが 羨ましく思います。

手作りの温もり感のある劇にとても 温かさと優しさを感じました。
見覚えのある 田中章太郎先生が葬儀屋さんとは。(笑)
先生がどこに出演されてるのかと思ったら
熱狂阪神ファンの近所のおっちゃんだったり (笑)
とても楽しいですね。♪♪

舞台挨拶で最後に 吉本の音楽で終わるとこ 先生 ぴょんぴょん飛び跳ねてて 可愛かったです(笑) 軽快!!
さすが 関西!!(いいなぁ)
私 吉本も お笑いも大好きです。

素敵ですね
是非機会があればこのような 発表の場を観覧させて頂きたいです。
日々現場で現役で働いている医療従事者の方々が このような 活動をされていることに 改めて 感動しました。
素晴らしい企画ですね。

先生は本当に多様な活動をされてるのですね。
尊敬です。

Posted by あずき at 2022年01月13日 05:35 | 返信

じゅん様、教えてくださってありがとうございます。
そのあたり報道では検査など含めて打てるのか打てないのか私らでは不明な点がありますから。
では接種券さえあれば、一応、海外向けに報道して、政府はなんとか水面下で食い止めてるとも考えられるのですね。一推測です。もし水面下でなんとか頑張ってくれてる面があるのなら…という想いも一応もっております。

Posted by 心の中の応援者 at 2022年01月13日 07:17 | 返信

長尾先生こんにちは!わたしは今まで生きてきてこれほどまでに法律というものを意識したことがありません。法によって人の命も左右されます。日本は高度に政治的な内容は司法は判断しないようで、三権分立といっても残念ながらあまり司法の力がないようです。

話は変わりますが、ダックダックゴーで検索すると「12月6日に国際裁判所に勇気有る弁護士と7人の申請者が、ファ○チ、ゲ○ツ、製薬大手をニュルンベルク綱領の多数の違反で告発を行った」と内容が出てきました。これが真実なら法の裁きを受けてほしいです。

一方、日本では、自民党、国民民主についで、維新も「緊急事態条項」を改憲で加えたいと言い出しました。
これは大日本帝国憲法下で80回も乱発された反省からあえて現行法にはつけませんでした。またヒトラーも緊急事態条項をつかい、一ヶ月たらずで独裁政権をつくりました。一度憲法に追加されたら、再度憲法改正しなければ緊急事態条項ははずせません。
維新の松井氏は夏の参院選と同時に憲法改正の国民投票をしたいといっていますが、国民投票も最低投票率がきまっておらず、CM 規制がありませんので資金力がある政党がたくさんCMを流せるので不公平です。

憲法は国家が暴走しないように国家が守るものです。「衆議院憲法審査会 憲法のひろば」「参議院憲法審査会 意見窓口」にメールで意見をできますので、是非みなさんに国民の意見を伝えてほしいと思います。

Posted by ぱぴこ at 2022年01月13日 07:46 | 返信

こんばんは。
講演会、ありがとうございました🐾

やっぱり、親を看取ると言う事の詩は
何度見ても良かったです❗️

西諸在宅医療の受付の方もドタ参加にも
かかわらず親切にありがとうございました🌺

Posted by うめ&もも🐾 at 2022年01月13日 08:45 | 返信

たしかに2回目接種率の高い国ほどオミクロン感染爆発が起こり、さらにブースター3回目接種率の高い国ではほぼ垂直カーブで感染者数が増加していますね。軽症・無症候が9割とはいえ、1割は中等症以上になりますから、感染者数が増えれば入院患者も増えて医療逼迫になりますね。日本も2月以後3回目接種をする事によって3~4月にさらに感染者数が爆増しそうです。
さらに接種後の高齢者の脳卒中や心筋梗塞などが、2回目接種よりもさらに激増する事が予想されます。
都市圏では、医療スタッフの大量離脱と病棟クラスター続発によって急性期医療・救急医療がほぼすべて停止状態になります。
接種後に致死的な重病になっても病院が機能停止しているので救急搬送はできず、往診医しか頼みがなくなるはずです。
往診医と訪問看護師が入院患者と同じように在宅で脳卒中や心筋梗塞に対して点滴治療などをするという事になりそうです。
ワクチン接種をすればするほど、変異株による感染爆発が加速的に悪化しますので、コロナ禍は延々と終わらず、感染状況が
悪化するたびに、ワクチン追加接種が叫ばれ、製薬会社の思惑どおり、ワクチンジャンキー市民が大量に出来上がるのですね。

Posted by マッドネス at 2022年01月13日 09:14 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。

ブログやニコ動、替え歌に講義とナガオワールドに中毒になりそうな毎日です♪映画も2本立てで観に行きそうだから、言いなりでとても悔しいのでザイタクの方は少ししてからにします(笑)

冬のリヴィエラも綺麗な曲ですね。森進一さんのお声だから綺麗な歌詞が似合っていると思いますが、先生も別のタイプのいい声なので、聞き惚れてしまいました。
「若い広場」もMVがやっぱり楽しい。物語性があって二重にも何重にも多層的に遊べますね(笑)
いつも頂いた大きさに対して、全然何も返せないなあという気持ちです。いつもありがとうございます。先生の愛情深さにたくさんの人達が集まって、楽しい広場が広がってますね。


コロナはだんだんと喜劇の様相を呈して、不真面目な私にはちょうどいいくらい。もともと、権威に対して期待していない自分の生育歴(笑)が上手く作用しただけ(笑)。真面目な方達は、後後「こんなに頑張っているのに、うまくいかない。どうしてだろう…」と首を傾げながら時間をかけて考えていくのだろうと思っています。ブースターも、本人が決めたのならそれでいいと、それも受け入れる様になっています。
どんな形のあなたでも受け入れるから、待ってるね。と心の中で伝えています。でもその時は、今みんなで一緒に遊んで作り上げていく事を、花束にしてプレゼントするつもりです。


先生も寒い中、今日もお疲れ様でした。ありきたりですが、ゆっくり休まれます様に。

Posted by 猫踏んじゃった at 2022年01月14日 12:35 | 返信

この内容に誤訳がありました。以下が、正しい内容です。訂正して、お詫び申し上げます。

インフルエンザとオミクロンの入院率や死亡率の比較です。

Omicron (California Study) Stats vs Flu Stats
https://www.youtube.com/watch?v=uVeYXWUEJEE

上記の動画の4分32秒~に表示される2つのピラミッドがかかれた図を見ると、以下のことが分かります。
ちなみに、アメリカのデータです。
2018年-2019年の風邪シーズン期間(2018年の終わりから2019年の初め頃の冬の間)のインフルエンザにかかった人と
2021年の12月のオミクロンにかかった人
の比較です。

左のピラミッドの図から、2018年-2019年の風邪シーズン期間に
29,000,000人の人がインフルエンザと診断されました。
29,000,000人中、380,000人が入院しました。(つまり、 インフルエンザ と診断された人のうちの入院率は1.31%)
入院した380,000人中、28,000人が死亡しました。(つまり、入院した人のうちの死亡率は7.37%)
総合的に見ると、 インフルエンザ にかかった人のうちの死亡率は、0.0966%

右のピラミッドの図から、2021年の12月のオミクロンにかかった人について、
60,000人の人がオミクロンと診断されました。
60,000人中、88人が入院しました。(つまり、オミクロンと診断された人のうちの入院率は0.15%)
入院した88人中、1人が死亡しました。(つまり、入院した人のうちの死亡率は1.13%)
総合的に見ると、オミクロンにかかった人のうちの死亡率は、0.0017%

少なくとも、オミクロンにかかった6万人のデータと、2018年-2019年の風邪シーズン期間の インフルエンザ を比較すると、オミクロンの方が、インフルエンザ より入院率も死亡率も低いことが分かります。

【訂正】インフルエンザとオミクロンの入院率や死亡率の比較から一般の風邪(インフルエンザではない)とオミクロンの入院率や死亡率の比較への返信 at 2022年01月14日 08:47 | 返信

参考文献
「 Total News World 」 から
【話題】ロート製薬会長のド正論に多くの人が共感の声/「ワクチンでは感染が防げないことが事実として明らかになっているにもかかわらず、義務化したりパスポートにするのは非常に懸念される。科学的に合理的でないことが強制するのでは、もはや民主国家とは言えない」
分析・考察 これは合理的に考えてその通りの懸念だと思う。
山田邦雄:ロート製薬 代表取締役会長
人体の仕組みは知れば知るほど驚くほど複雑精緻にできており、コロナウイルスの細胞への侵入事象一つとっても、これほど複雑なプロセスで「攻防」が繰り返されているわけで、簡単にワクチン=人体にプラス.. とはならないはずだ。

ましてや、ワクチンでは感染が防げないことが事実として明らかになっているにもかかわらず、これを義務化したりパスポートにしようとしているのは非常に懸念される。科学的に合理的でないことが強制するのでは、もはや民主国家とは言えない。

そうではなく、あくまでも重症化を防ぎ、自己の自然免疫で克服する医療ノウハウの開発にこそ重点を置くべきだ

Posted by エレミア at 2022年01月14日 03:18 | 返信

日本政府のコロナ対策は、すべて世界のエリート層の指示に基づいて行われている。日本国民の幸せのためではない。やはり人口削減が真の目的だと言わざるを得ない。日本の政治家・官僚・マスコミ・学者のキーパーソンは、とっくに彼らに取り込まれ、アメとムチで手なずけられている。イベルメクチンを前面に出さないのもそのためだ。長尾先生、尊敬してます。心あるお医者さんと連帯して大きな力になってほしいです。

Posted by アンダースロー16 at 2022年01月14日 09:41 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会