このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

迷いクジラの最期と海中埋葬

2023年01月23日(月)

大阪湾から淀川に迷いこんだクジラが、死んだ。

その死を多くの市民が悼み、紀伊水道沖に埋葬。

もの凄い錘をつけられた遺体は海の底に沈んだ。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 




大阪のオッサンは、よく冗談で

「そんなことしたら大阪湾に沈めるぞ」と脅かす。



でも、死んだクジラは本当に沈められた。



そりゃそうだね。


間違って、食べたら、世界中から非難の矢が飛んできただろう。



人間と同じで、住み慣れた地域に埋葬(?)するしかなかったのかな。



博物館に飾る、という提案もあったらしいけど。



夕刊フジに連載している「ニッポン臨終図鑑」に

人間以外で書いたのは初めて。


昨日、無事に掲載された。→こちら




ーーーーーーーーーーーーー




冬本番。

お鍋が美味しい季節ですね。


関西にはリハリ鍋という料理があります。関東の人には馴染みがないかもしれません。ハリハリ鍋の具は、鯨の肉と水菜。鰹出汁に醤油を効かせたスープで煮るだけの素朴な鍋。山椒や七味をかけていただきます。


食糧難だった戦後から高度成長期まで、鯨肉は日本人の貴重なタンパク源でした。鯨の竜田揚げは昭和世代の給食の定番でもありました。最盛期の1960年代には年間20万トンもの水揚量だったとか。しかし1980年代に商業捕鯨が禁止となり、高級食材に変わります。


そんな、鯨肉が大好きな、往診先のお爺ちゃんが、「せんせい、テレビ見た? 淀ちゃんが死んでしもうたわ」と悲しそうに言うので、妙な気持ちになりました。


死にかけている個体は、かわいそう。だけどお肉になったら、美味しそうと感じる人間は、なんと矛盾した生き物か。



1月9日、大阪市の淀川河口付近に体長15メートルほどのマッコウ鯨が迷い込んでいるが発見されました。あまり泳いでいる様子はなく、じーっと同じ場所に留まっていました。その後、テレビがトップニュース扱い。


いつのまにか淀ちゃんと名付けられ、「助けてあげて!」という市民の声も高まって大騒ぎだったわけですが、13日に死んでいるのが確認されたとのこと。享年は不明です。 マッコウ鯨の寿命は、約70年といわれています。


淀ちゃんは、成熟したオスの個体だったとのこと。衰弱して泳ぐ力が弱まり、群れからがはぐれて川にのぼってしまったのではないかと専門家は推測しているようです。


海獣学者の田島木綿子さんが昨年出版した『海獣学者、クジラを解剖する。』(山と渓谷社)という本が、実に面白かったので紹介します。


鯨をはじめ海洋生物が陸に打ち上がるケースは全国で年間300件ほどあり、田島さんはその多くに立ち合っているそうです。いわば、海獣のお看取りをしている人。


大きな鯨の死体は、その処理に大変なお金と手間がかかります。やっかいな粗大ごみなのです。しかし海獣の死には、人間が捨てたプラスチックゴミなどが大きな影響を与えているとも書かれていました。


〈人間社会の営みが、他の生物や環境を脅かす結果になっているとしたら、極論として、「もう私たちが絶滅するしかないねえ」と、周囲の研究者たちとよく話す〉という本書の一節が印象的でした。


かわいそう!と叫ぶなら、その生き物の命を脅かしているのが我々人間であることを自覚せねばなりません。



ーーーーーーーーーーーーー




僕は、一連の報道を見ていて、

クジラは「死んだ」でいいんだ。


人間は「亡くなった」なのに、クジラは「死んだ」でいいんだ。


なんか上から目線の報道のようにも感じた。


でも、「淀ちゃんが亡くなった」と報じたら、それまた批難されるのだろう。




死んだクジラの胃袋の中からイカが見つかったことを知った。



僕は、その「イカ」の死にも思いを馳せてしまった。


でも、そのイカ君の胃袋からも小さな魚たちが見つかるのだろう。


その小さな魚の死、そしてミジンコの死にまで、思いを馳せてしまった。


食物連鎖、という四文字熟語では済まされない壮大な世界まで想いが広がった。



自然の摂理をたまたま人間が目撃して、勝っ手に騒いでいる。


それは悪いことではない。


でも、そんな単純な話ではないなあ、と思いながら報道を見ていた。


人間自身も地球という規模で見たら、食物連鎖の一端なのだろう。


いや、宇宙という視点から見たら、塵以下なのだろう。


まさに、無。





今夜、今年初のライブをやった。


満席だった。


こんな寒空の中、たくさんの人が聴きに来てくれた。


16曲、歌いきったら、声がガラガラになっていた。


途中で泣いてしまったりで、ムチャクチャなステージになってしまった。


自分では、60点かな。あかんねえ。


でも、盛り上がったね。皆様のおかげです。


こんなライブにわざわざ来てくれた皆様とのご縁を大切にしたい。


ありがとうございました。


今夜、最後に歌った歌の歌詞が今夜の僕のソウルメッセージです。





次は、2月9日(木)神戸元町でやります。 →こちら


頑張りまーす!



クジラ君、イカ君、さかな君、ミジンコ君のことを想いながら寝ます。





PS)

長尾チャンネル #211_


患者拒否でもコロナ交付金で焼け太り! なぜ国民は怒らない⁉  →こちら




今年は全国ツアーで各地を回る。


行き場のない怒りを音楽という形で発散し、皆様と時間を共有したい。






2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生。。
今日は 長尾先生のお楽しみ会、おつかれさまでした🐾

ライブ行けなかったのですが、毎日ニコニコ動画の背景のライブ映像で言った気分になっています。
(毎回、絶妙のタイミングで後ろのテロップが 長尾先生に幸あれ!と先生のポーズとリンクして出るのでクスリとしてしています。)
〈大阪のオッサンは、よく冗談で「そんなことしたら大阪湾に沈めるぞ」と脅かす。
(笑)流石にそれはないですが、東京へ転勤になった事を先輩に報告に行った時に「東京に魂を売った」と言われた事は
あります。

淀ちゃんの事は悲しかったですが、自然の摂理なのでしょうがないですよね。
でも東京の方でも迷いクジラが出たとか。

私もそれを聞いて淀ちゃんやこの迷いくじらも何か自然からのサインなのかもしれないなと思いました。
熊がここ数年、山から下りて来て作物を荒らしたり色々と問題になっていますが、それもくま森協会の方に言わせると
人間が森を伐採したせいで食べる物がなく困った熊が森から降りて来たそうです。

万物の霊長と教科書では言われている私達、人間。そろそろ しっぺ返しが自然から来なければ良いのですが。

今日もおつかれさまでした。

Posted by うし🐮 🐾🐾さん at 2023年01月23日 01:19 | 返信

今晩は。
迷い鯨を海に沈めるなんて、勿体無い、生鯨は、生姜醤油で食べると旨いし、竜田揚げも御飯が進む。
余裕無かったら、皆んなで肉を奪い合うと思うわ。
近い将来、鯨を食べない程余裕有った時代を懐かしむと思ってる。

3年間で567茶番対策に投じた血税は、104兆円(国民1人当たり104万円配れる金額)
兵庫県内26の医療機関が、あわせて6億3800万円を過大受給発覚。
新コロ交付金の「幽霊病床」は、1床毎に1万6千円〜43万6千円。

心筋梗塞や脳出血の患者を「567だから、入院出来ません。自宅で様子見て下さい。」と返され、病状悪化で1か月過ぎに死亡(実際有った本当の話)
日本の医療は、完全に死んだと確信した出来事だった。

病気になったら医療を頼れないから、薬草の勉強をしている。
子供の時(小学3年生迄)は、膝の下や両掌は、常に傷だらけだった。
転んで血が出たら、蓬で止血し、止まれば、再び遊んでいた。

昨夜は、カレーにギシギシの葉を小さく刻んで入れた。
ギシギシの根は、ニキビ、高血圧、動脈硬化、脱毛症、ゼニタムシ、インキンタムシ、水虫、ただれ、便秘の薬でもある。
葉は、茹でて、おひたし、酢味噌あえ、味噌汁等の汁の実、煮物、油炒め等、ジュンサイの様なぬめりが有り、美味しく賞味出来る。

国民も鯨には、関心が有っても、政治には、全く無関心。
ダブルカルト政権が「打て」と言えば、喜んで屠殺場に行く国民が、殆ど。
そもそも怒る以前に、信じ込んでて全く聞く耳無し。
現時点でさえ、目覚めてる国民は、天然記念物並みの極少数。

テレビは、凄〜く低俗だから、電気代の無駄。
来月は、地元のライブハウスに行く予定。ロックやメタルがいい。
長尾先生のライブに行きたいけど、遠過ぎる。
沢山の人達で賑やかに盛り上がって楽しんで欲しい。

Posted by 三毛猫 at 2023年01月23日 02:57 | 返信

家族がごく初期の肺がんが見つかったと知人が言いました。若い人なら手術で難なく完治できる状態です。ところが、高齢のため手術にリスクがないわけではなく、医師には手術か何もしないか、どちらの選択もあると言われたそうです。サイバーナイフ(定位放射線治療)は、5センチ以内の肺がんであれば保険適用で治療できるので、その人に情報をお知らせしました。手術と違い90歳でもできるようです。ただサイバーナイフはどこの病院でもできるわけではなく各県に0〜2しかありません。どの治療もメリットデメリットがあるのでじっくり検討してほしいと思いました。

2つの選択で猛烈に悩んでいる時に、第3の道があれば問題解決できる時もあります。
ワクチン激推しの人
ワクチンは重症化を減らす効果がある、ワクチン後に亡くなる人はレアである、ワクチン後遺症はない、ワクチン打たないと死亡者がもっと増える
ワクチン反対の人
ワクチンは効果はない、ワクチン後に亡くなる人や後遺症の人はすごくたくさんいる、ワクチンを打たなくて不利益を受ける人は少ない

この溝はなかなか埋まりそうもないです。これも第3の道はないのでしょうか?
私はこのワクチンは高齢者などのハイリスク患者には入院や死亡を減らす効果があると思います(論文でも示されている)ところが、他のワクチンに比べてあり得ないほど副反応出現率が高く、時に重篤例やワクチン後遺症になる例があります。

「必要な人で希望者がワクチンを打ち、効果があり、副反応で大変なことにならない」
これがあるのが理想です。ワクチン反対ではなく反mRNAという考えです。でも誰もそんなことを言いません。唯一たまに宮沢先生がおっしゃるくらいかな。
ゾコーバがイマイチだったシオノギが今流行している株対応のワクチンが作れたら第一歩になるかもしれないです。ワクチンが必要と思っている国民はどうしたらいいのか。「副反応が殆ど出ないワクチンが出てくるまで私達は打ちません」と宣言すれば良いのです。でも副反応が今まで全く出ない人もいるから感じないでしょうね。岸田さんあたりもきっと副反応出なかったのでは。

Posted by じゅん at 2023年01月23日 06:18 | 返信

長尾先生


「クジラ君 イカ君 さかな君
ミジンコ君 のことを想いながら寝ます」


こんな 長尾先生が 大好きです。


テレビで かわいそうな話があると
すぐ募金が集まり すごい金額に
なるけれど それぞれの地域には
必ず 飼い主に捨てられ 痩せて
途方にくれている 子がいます。
募金して 良いことをした気分に
なるより 実際に身近な所から
食べれてない子に 寒さに震えてる
子に 手をさしのべる方が 大変だけど
現実的と思います。


そういう子が 安心して暮らせる
世の中になれば 自然と
人間世界も 平和になると思います。


長尾先生の ブログを読んで
心が ほっこりしました。
いつも ありがとうございます。


.

Posted by 長尾先生が大好き at 2023年01月23日 06:34 | 返信

家族がごく初期の肺がんが見つかったと知人が言いました。若い人なら手術で難なく完治できる状態です。ところが、高齢のため手術にリスクがないわけではなく、医師には手術か何もしないか、どちらの選択もあると言われたそうです。サイバーナイフ(定位放射線治療)は、5センチ以内の肺がんであれば保険適用で治療できるので、その人に情報をお知らせしました。手術と違い90歳でもできるようです。ただサイバーナイフはどこの病院でもできるわけではなく各県に0〜2しかありません。どの治療もメリットデメリットがあるのでじっくり検討してほしいと思いました。

2つの選択で猛烈に悩んでいる時に、第3の道があれば問題解決できる時もあります。
ワクチン激推しの人
ワクチンは重症化を減らす効果がある、ワクチン後に亡くなる人はレアである、ワクチン後遺症はない、ワクチン打たないと死亡者がもっと増える
ワクチン反対の人
ワクチンは効果はない、ワクチン後に亡くなる人や後遺症の人はすごくたくさんいる、ワクチンを打たなくて不利益を受ける人は少ない

この溝はなかなか埋まりそうもないです。これも第3の道はないのでしょうか?
私はこのワクチンは高齢者などのハイリスク患者には入院や死亡を減らす効果があると思います(論文でも示されている)ところが、他のワクチンに比べてあり得ないほど副反応出現率が高く、時に重篤例やワクチン後遺症になる例があります。

「必要な人で希望者がワクチンを打ち、効果があり、副反応で大変なことにならない」
これがあるのが理想です。ワクチン反対ではなく反mRNAという考えです。でも誰もそんなことを言いません。唯一たまに宮沢先生がおっしゃるくらいかな。
ゾコーバがイマイチだったシオノギが今流行している株対応のワクチンが作れたら第一歩になるかもしれないです。ワクチンが必要と思っている国民はどうしたらいいのか。「副反応が殆ど出ないワクチンが出てくるまで私達は打ちません」と宣言すれば良いのです。でも副反応が今まで全く出ない人もいるから感じないでしょうね。岸田さんあたりもきっと副反応出なかったのでは。

Posted by じゅん at 2023年01月23日 06:41 | 返信

コメント欄で、特定の方への誹謗中傷はやめて欲しいです。読んでて、不快、吐き気がします。
そりゃあ、一人一人頭の中が違う、立場、経験も違うのですから、違う意見があって当たり前。その中から、自分の頭と感性で、何が正しいのかを判断して行動していくしかないですよね。他の人のコメントを読んで、嫌だったら、もう読まなければいいだけじゃないですか。あ、、私もですね。未接種の私としては(打たなくてよかった、と思っているけど、打ってないことへの不安もあって。。)何か安心情報が欲しくて、ついいつもコメント欄も読んでしまっていましたが、もう今後は、読むのをやめます。全面的に信頼している長尾先生のブログとメルマガだけ読んでれば十分ですね。
長尾先生、すみません、コメント欄にふさわしくないことを書いてしまいましたが、お許しください。いつか、先生のライブに行けるのを楽しみに、生活していきます。

Posted by miki at 2023年01月23日 07:59 | 返信

こんにちは。

>もの凄い錘をつけられた遺体
 ギョッとしました。虐待かも。

>人間自身も地球という規模で見たら、
 食い散らかして、汚物を撒き散らかして、挙げ句に
土や海に返るのは、ほぼなし。邪魔なだけです。

>今夜、最後に歌った歌の歌詞が
 曲目リストを知りたいです。尾崎さん?

では。

Posted by たまねこ53号 at 2023年01月23日 08:03 | 返信

先生、岡山にもライブで来て下さい!

Posted by ミキ at 2023年01月23日 08:49 | 返信

淀ちゃんのこと。本来寿命が来たクジラは他の野生動物同様、群れから離れてひっそりと死を迎えるのでしょう。淀ちゃんはたまたま人間との接点が出来、人々は助かって欲しいと願った。まあ冷めた見方をすれば人間のエゴ。海を汚してるのも人間。気軽に捨てたゴミの誤食で毎年海獣や海亀が命を落としている。それなのに淀ちゃんは可哀想、矛盾してる。

先生の思いがミジンコに至るまで及んだということに、衆生一切を愛する仏教の教えを感じます。宇宙は永劫でも、人間をはじめとする生きとし生けるものは全て儚く、有限の命。無常。

きのうたまたま森山直太朗さんの、生きとし生けるものへ、を聴いていました。淡々とした歌い方なのにとても揺さぶられる。歌詞の最後の、僕はもう人間じゃない、ってどういう意味なんだろう。

夙川のライブ、大変盛り上がったのですね。最後の曲って何だったのかな。今の季節だとユーミンの春よ、来いしか浮かびません。かなり切ない歌ですが。

きっと先生のお母様も降りて来て、微笑みながら一緒にステージを観ておられたのでは。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2023年01月23日 09:17 | 返信

こんにちは。

 私も、そう思います。なので、たまに自分の投稿の
近所の人の名前を見るぐらいです。
 クリニックや診療所の待合室のように、こちらの
コメント欄を認識しています。
 なので、患者や出入り業者の所信を、わざわざ見る
必要はないと思っていますよ。

【余談】鯨の淀ちゃん
 南の海から大阪へ来たのだろうけど、鹿児島県志布志沖や
高知、徳島、和歌山を経由したなら、古代の交易船も同様だ
と思うのです。土佐日記もありますしね。

おじゃましました。

たまねこ53号からmikiへの返信 at 2023年01月23日 09:37 | 返信

こちらは、長尾先生のブログ、動画に関する純粋な感想や意見、長尾先生がご覧になってほっこり和むようなコメントが良いだろうと思います。掲示板ではないので。以前長尾先生は特定の人同士の意見交換はやめましょうとルールを決めましたね。また、コメントは1人1日1回です。

Posted by ルール at 2023年01月23日 09:41 | 返信

ライブステージお疲れ様でした。素敵な時間の繋がり、歌とご縁の輪がこれからも暖かく広がっていきます様に。きっと想いも届いたのだろうと思います。ことばにしても自然の繋がりと輪は美しい。臭うからとやって来て蟻のようにせっせと片付ける人間の行動も、海や土の壮大な自浄作用も含めてまだ美しい。本音のところ、人類が勝手に作り上げた自縄自縛のルールで自ら滅びたとしても、それも偉大な自然の自浄作用の一部なのだと感じるほどです。
生かされていることに感謝だなあ。美しい音楽と歌詞の時間が、せんせいと皆さまのこころの糧となって日々の活力になります様に。

Posted by 匿名 at 2023年01月23日 10:58 | 返信

長尾先生こんにちは
先生はお薦めの本とか映画、音楽の幅が広くて、
忙しい方なのに、なんて全てがマニアック♪と
よく思いながら、ブログを読んでいます。
私も人が知らないマニアックなものが大好きですけど、
先生はどこでこんなものを…が本当に多くて、刺激を受けています♪

最近はもう、救急車のサイレンが多くて、
それだけでちょっと気が滅入っています。
田舎の親戚は、家族みんなであっちもこっちも仲良くコロナらしいし、
何回も打つからだよ…って思うけど、
もうかける言葉もなく、「大変ですね…」だけ言って終わりました。
周りがみんな遠いところに行ってしまったように感じるけど、しょうがない…
今週になってやっと時間ができたので、
先生と児玉先生のスペースをはやく聴きたいです
また、感想書きます
今日は診察の日ですね
患者の皆さんがよくなられていますように

Posted by こやま at 2023年01月23日 11:08 | 返信

あなたの場合、あなたが読むのをやめればいいのではないですか?

他の人はあなたが言うような誹謗中傷なんて一言で済ませる動機ではないと思うのですが…。

あなたのようなコメント絶対来ると思ってましたよ、こういう思慮浅く本質が何もわからない人って必ずいますから。

匿名からmikiへの返信 at 2023年01月23日 12:10 | 返信

あんなにみんなにやめてくれって言われてるのに30分後に再投稿。

正体について否定もせずに淡々と業務遂行…

おおコワっ

Posted by わざとですかねえ。 at 2023年01月23日 12:23 | 返信

昨夜のLiveは感動でした✨
"嘲笑“ "いのちの理由"では色んな思いが交差して涙涙でした。
16曲のセットリストが欲しかった。覚えきれず・・・どれも素敵な歌でした。

"今夜、最後に歌った歌の歌詞が今夜の僕のソウルメッセージです。"?
最後に歌った歌?が思い出せない💧先生〜思い出せない💧
教えて下さい🙇‍♀️😆

Posted by 河合和美 at 2023年01月23日 12:54 | 返信

---「必要な人で希望者がワクチンを打ち、効果があり、副反応で大変なことにならない」
これがあるのが理想です。ワクチン反対ではなく反mRNAという考えです。でも誰もそんなことを言いません。---
Posted by じゅん at 2023年01月23日
-----------------------------------------------------------
宮澤先生だけじゃない。
「反mRNAという考え」このブログ読者の多くはそう考えている。
mRNAコロナワクチンは、すでに膨大な超過死亡と有害副反応の犠牲者を出している。
だからこそ
「百害あって一利なし」といい、
mRNAコロナワクチンの即時中止を求めている。

Sanzouからじゅんへの返信 at 2023年01月23日 12:54 | 返信

私はこのワクチンは高齢者などのハイリスク患者には入院や死亡を減らす効果があると思います(論文でも示されている)
=====================================
はい、じゃあその論文を提示しましょう。ワクチン工作員じゅん君。

Posted by ほら吹き at 2023年01月23日 01:40 | 返信

淀ちゃん可哀想ではありました。マッコウクジラって紀伊半島と小笠原諸島のほうに多いのですね。最初まさか地形か海流の関係で小笠原のほうから迷子なった?など思いました。
どこか「コジツケながら」先生のライブの日付けに9の話題だったので鯨も9ジラだなと思いました。今は他に食物ありますし食べたいとは思いませんが、昔はその死骸は有難くいただいて生命を繋ぐって考え方だっのかなととも思います。子供時代は給食に食べてました。人間のエゴは感じますが、自然の恵みの食料と思うより、弔うことのできる余裕ある時代に生きれてるのだとも思います。昔の人も特にモラル的だったわけでなく、昔はゴミも自然に返るものが多かったのと開発が少なかったからビーチに人が溢れかえる事も少なかったからもあるだろうと思います。今は色んな電波でクジラ類はソナーのような器官で方向感知してるというので、水中ドローンが言われる時代だし、何かの音波系の感覚器が見えない波の影響で狂ったのかなとも思いました。

年明けそうそうの話題でしたし、年末のチコちゃんで、鯨幕の話題がやってまして記憶が残っていたから。鯨幕は元は縁起のいいものだった。元々の歴史は明治時代から。なぜ紅白幕がめでたいの?で鯨幕がおめでたくないイメージになったのは、昭和の業者が葬儀に使うようになったからといってました。本来、鯨幕は神の世界との境界線を表す。元々は神様や皇室に関わる神聖な場で使われていた。昔の日本人にとって「ここは神聖な場所」と気づかせてくれるものだった。その意味合いが崩れたのは明治維新で西洋文化から喪服は黒に変化。元は喪服は白。葬儀に使われるイメージが定着したから別に紅白幕を作った。なぜ紅白の赤を選んだかは色んな諸説があり、紅白饅頭からや、「梅」の白と赤の花が一つの樹に咲くからや、歌舞伎の段幕からなど色んな諸説あると解説してました。鯨幕が「神聖な領域」と区切る場所と聞いて。なんとなく何かを「知らせに来られたように」妄想もしてしまいました。

Posted by 心の中の応援者 at 2023年01月23日 01:47 | 返信

コメント欄で、特定の方への誹謗中傷はやめて欲しいです。読んでて、不快、吐き気がします。そりゃあ、一人一人頭の中が違う、立場、経験も違うのですから、違う意見があって当たり前。その中から、自分の頭と感性で、何が正しいのかを判断して行動していくしかないですよね。他の人のコメントを読んで、嫌だったら、もう読まなければいいだけじゃないですか。

==================================

そう、あなたが読まなければ済む話です。ただしワクチン工作員じゅんの荒らし行為は、許される限度を超えている。許容限界を超えたから有志が怒りを露わにし、激しいバッシングが始まっているんだ。事情もよく理解せず、浅はかなコメントすることは逆に控えてもらいたい。ワクチン工作員じゅんが消えれば、その瞬間に俺も消える。有志の皆さんの激しい怒りを込めた工作員じゅん批判も、すぐに消えるはずだ。

Posted by ほら吹き at 2023年01月23日 01:47 | 返信

先生こんにちは😃
淀ちゃんは死に場所を探していたのではないでしょうか。
人間以外の動物には死生観はないといいますが。
なにかをやはり感じて淀川に来たのではないでしょうか。
浅瀬の方が体に負担がかからないから大海から体を休めるために入り込んだのかもしれませんが。
猫も死に際は身を隠すと言います。

話は料理になりますが、はりはり鍋は食べたことはないけれど。
給食に鯨が出たのは覚えています。
それに地域によるのかな。
年越しに鯨汁を作り食べる風習があります。

鯨の胃袋からいかが見つかりいかから小魚が見つかり。
まるでマトリョーシカのような食物連鎖ですが。
それが自然の摂理なんですよね。
ただ最近その摂理は壊れてきて異常気象に。
いつまで地球は持つのかなと思います。
最近、鯨やとどや魚が打ち上げられるニュースをよく見ます。
それに雲も地震雲みたいなものがよく空をあおいでいます。
何か天災が起きないと良いですが。
日々1日1日大切に。
先生1日頑張ってください😃

Posted by かおなし at 2023年01月23日 02:16 | 返信

敬愛する長尾先生
クジラ君、イカ君、ミジンコ君の生命に思い馳せる先生が素敵です。いろんなのに支えられて生きてるって事で感謝できました。クジラの肉、子供の頃はスーパーで、売ってました。お刺身で食べたり、炒め物で食べて美味しかった記憶が。。クジラ君を見ると食べるなんて可哀想と思うのですが食肉としてテーブルに並ぶと脳のスイッチが切り替わるのかな。。生きるためにそういう感情もうまくコントロールされてるのだろうと思いました。淀ちゃん可哀想ですね。大抵人間の生活領域に入ってくると長生きできない感じがいたしますね、、、動物達を食用できることに感謝していきたいと思う記事でした。ライブ大盛況おめでとうございます。60点ということはまだまだ伸びしろが無限大全国ツアーの中で先生のパフォーマンスの進歩が楽しみってことですね。我が町にも来るといいなー!!ナガチャン211の先生のある意味内部告発、なかなか言えることじゃないです。先生は本当に目先のこと、半径5メートルじゃなくて、全体の益になることを考えてらしてほんとに、素晴らしいと思いました。みんなでハッピーになれたら最高なんですけどね。いつも勇気の発信をありがとうございます。先生はやっぱりただもんじゃないですね。怒りをハッピーに替えて歌い続けて全国に届けてくださいエイエイオー!

Posted by ぽん吉 at 2023年01月23日 04:19 | 返信

長尾先生、お疲れ様です。
長尾先生、臨終図鑑にクジラの淀ちゃんの事書かれたのですか(笑)。面白いですね。私は初めてそんな人見ました。
しかし長尾先生は以前のブログで弘法大師空海が好きだと言ってらっしゃいましたね。一切衆生は悉有仏性です。
思うに、長尾先生は苦学生から医師になられ阪神淡路大震災から独立開業医になられ、在宅往診と外来診察、病院経営をされています。歴史や文学にも通じカラオケやスナックも好き。新聞は複数の媒体を購読されている…だから、人間として面白いのでしょう。そして理論と現場を常に行き来しておられます。
そこで「専門知」と「総合知」でものを見られ、洞察しておられるのでしょう。
だからこそコロナ禍を早い段階で見切られ、ワクチンも必要に応じて速やかに見解を修正され、たらい回しにされるワクチン後遺症患者も診られる。それは優等生の様な知識や学歴ではなくて「人間・長尾和宏」の力なのではないかと思います。
淀ちゃんのご冥福を私もお祈りします。
動画211と212を拝見しました。利権の為「だけ」、自己保身のため「だけ」に日本は世界一コロナウイルスの被害が少なかったのに世界一の愚策でオウンゴールを連発し、マイナス2000点(時間が経つほどさらにマイナスは増えます)。本当にその通りです。ハッキリ言えば今の日本政府のコロナ対応は「世界最低」だと思います。
最近は私も本当に日本が情けない時があります。他者の評価で「いい人」ってよく言いますね。誰でも「いい人」と言われると気分が良いです。しかし煽動をされ命に関わる誤りをおかしている、または煽動によって社会や国家の将来が脅かされている。
それでも誰にでも「いい人」と言われ飼い犬の様に愛想よくしないといけないのか。もちろん仕事の場面や時と所はわきまえた上で言うのですが、日本人には「戦う」という感情を無くした様に思います。長尾先生と意見が違ったらすいませんが、私は戦後の「反戦平和」が人を優しくしたとか平和愛好者にしたのではなく、むしろ「責任を忘れさせた」のだと思うのです。国家に対し責任感を感じない国民。そんな矛盾した民主主義。
それはきっと「卑怯」な国民なのでしょう。
騒ぎを起こすのは嫌だと言います。しかし怒りは否定すべき感情でしょうか?平然と世の中に非道が行われ犠牲者が出続けているのに。
今回のコロナ禍問題は政府も国民も「国家の将来に対する責任」これを真剣に考えるクセを付けて来なかった事が一番の敗因だと私には思えるです。長文失T礼いたしました。

Posted by グッビオのオオカミ at 2023年01月23日 04:52 | 返信

先生は、色々な感情をプラスのエネルギーに変換される事に、
とても長けていらっしゃるように思います。
そして、確実にお歌が上達されており(笑)
そんな先生から、プラスのエネルギーのおすそ分けを頂いております。

生きて活かされ、生活をしていきます。
春が待ち遠しい。

長尾先生、今日もありがとうございます。

Posted by 轟 瞳 at 2023年01月23日 05:40 | 返信

塩野義の株価は噓はつけない

本日の株価は6200円
昨年の2月に8000円程度付けたが、下落している。
薬害あって効果の少ないゾコーバ。妊婦2名に処方したと報道されている。
妊娠初期なので医師に責任は問われないかもしれないが、少なくとも子づくり中の患者に処方すべきでないことは明らかである。馬鹿な医者と患者。被害を被るのは馬鹿な医者に処方された患者であり医者は一応聞いたが妊娠していないと回答したと言い逃れするだけであることを気づくべき。いい加減な医師も悪いが、被害を被るのは患者自身であることをまだ気づいていない。コロナ騒ぎでまともでない医師が多数いることに気づけるはずだが、残念ながら医師にお任せする人がまだいるので問題が発生してしまう。残念なことである。

Posted by JUST DO IT at 2023年01月23日 06:41 | 返信

昨夜のLiveは感動でした✨
"嘲笑“ "いのちの理由"では色んな思いが交差して涙涙でした。
16曲のセットリストが欲しかった。覚えきれず・・・

今夜、最後に歌った歌の歌詞が今夜の僕のソウルメッセージです。?
最後に歌った歌?が思い出せない💧先生〜思い出せない💧
教えて下さい🙇‍♀️

Posted by 河合和美 at 2023年01月23日 08:43 | 返信

#211「変われない・変える時は変える・自分の命は自分で守る」を聴いて
「変われない」。
長尾先生言われるとおり、ぼくもかなり保守的です。髪の分け方は生涯一度も変わらず。鏡に映る分け方と実際のそれは真逆なのに、鏡に映るおのれをわが身と勘違いしたまま。いずれツルツルになって真偽統一。

「変える時は変える」。
痛風で断酒。早めに廃車・免許返納。夕食4時から不食16時間に。脳梗塞喰らって靴・靴下を断捨離。すべて理性が惰性を上回ったようです(自画自賛!)。

「自分の命は自分で守る」。
医者任せ・クスリ任せにせず、自然治癒・自然免疫に頼るべし。塩湯鼻うがい法・冷凍休眠法・絶食絶水オートファジー法よし。近所の年寄り仲間との、「老人会気功ヨーガ」や「まちかどスワイショウ」で、「元気の交流」をひろげるもよし。
「アンチエイジング」ではなく「ナイスエイジング」で、光麗社会をめざします。

Posted by 鍵山いさお at 2023年01月23日 09:51 | 返信

大阪湾に迷い込んだクジラが死んでかわいそうだというならば、ウイルスと仲良くすることだって人間はちゃんと考えてほしいものです。

Posted by 渡邉隼 at 2023年01月23日 10:55 | 返信

淀川に迷いこんだ鯨は、多分厳しいだろうなと思っていました。


北海道で傷ついた野生動物の治療と野生へ復帰させる活動をなさっている獣医師の方が
仰っていました。
「野生動物が人間の手の届く範囲にいること自体が異常なのです」
交通事故などで運び込まれるキタキツネ、オオワシ、エゾシカなどは
例え治療して回復するかに見えても、容態が急変して死ぬケースが多いとのことでした。
その中で僅かに一命を取り留めることがあるから、
全力で助けると仰っていました。


田島木綿子さんの書籍をご紹介くださり、ありがとうございます。
読んでみようと思います。
やはり海洋汚染が背景にあるのですね。
今回の鯨もその影響があるのではないかと感じています。
子どもの頃から動物が好きでよくテレビでも観ていましたが、
いつも絶滅危惧種になる背景に人間がいました。
人間ってなんて悪いのだろうと思ったものです。
人間の欲深さや業の深さを思います。

Posted by モルゲンロート at 2023年01月24日 02:47 | 返信

名前、匿名、別の名前を使いわけてコメントすることを毎日繰り返している方がいますね。その内容も、通常の名前では先生や皆さんに合わせたような内容を書きながら、匿名などの時はその内容を覆し、批判するようなことを書いたりし、本心が分からない。名前を使い分けてそのようなことを行うこと、皆を戸惑わせることは問題ないでしょうか。先生や皆さんと異なる意見でも、ひとつの名前で一貫してコメントすれば良いのではないでしょうか。誹謗中傷は絶対に良くないですし、私は書いていませんが、誹謗中傷というより、皆さんが先生や先生のブログを守りたい一心からの行動ではないでしょうか。
また、これは真偽は分かりませんが、その方は創作の文章まで創っていると指摘している方がおり、それを知ったときは愕然としました。コメントは真実だと思って読んできたからです。明らかにその方とわかる匿名、別の名前のコメント以外は。
それを知ってからは、何が本当のことで、このコメントは本当に違う人なのかという目でコメントを読まなくてはならなくなりました。
実は、私は少し前にそのある方と勘違いされ、工作員と言われました。誤解を解くために返信コメントを書きましたが、それさえも信じてもらえていないようです。工作員と言われたことがショックで、今後また勘違いされることが怖く「こちらに来させて頂くことは今回で終わりにします」と書きましたが、今回先生が、今後コメントは先生が選択して掲載されるというのを読み、1月17日の匿名(匿名で書いてしまい申し訳ありませんでした)の私のコメントが、その方ではないこと、工作員でもないことを先生が誤解されていなければ、今回掲載して頂けませんか?先生に誤解されているとすればとてもショックなので、その確認が私自身できますし、先生が掲載して下されば、17日の私のコメントがその方ではないことの証明になります。決して、私を工作員と勘違いされた方を責める意図ではありません。一連のその方の行為により、私を含め皆さんが猜疑心でいっぱいになり、起こったことだと捉えています。
よろしくお願い致します。

途中からは先生へのお願いですからmikiへの返信 at 2023年01月24日 03:20 | 返信

「特定の人への誹謗中傷は不快、やめて」という意見があります。


不快と指摘された一連のコメントは、「誹謗中傷」という生易しいレベルでなく、長尾先生への執拗な妨害工作、そして人命に直結する虞がある重大で深刻な妨害行為、その悪質さ執拗さに対するストレートな「抗議」ではないですか。抗議の過激さは、妨害行為の危険性・悪質性を見抜いているからこそ、と思います。私は支持します。

Posted by ミルク at 2023年01月24日 05:55 | 返信

長尾先生、ありがとうございました。
先生からも誤解されているのではないかとずっと不安でした。人から誤解されたりすることに関しては、思い切り「繊細さん」を発揮してしまうようです。。余談ですが、「繊細さん」と自分で何度も書いていますが、本当は最近まで自分を繊細さんと思うことも言うことも抵抗がありました。
勘違いされたコメントは、短くまとめなければと省いて書きましたので、言葉足らずになって誤解された原因のひとつかと思い、今回は経緯など含めて書きましたので、長文になってしまいました。申し訳ありません。
もし今後コメントをさせて頂くことがありましたら、その時は短く、匿名でなくきちんと名前で書かせて頂きます。もちろん、掲載の不可は先生のご判断でお願い致します。

Posted by 途中からは先生へのお願いです at 2023年01月24日 12:43 | 返信

何度も申し訳ありません。
「掲載の不可」ではなく、「掲載の可否」の誤りです。
誤りの訂正だけですので、こちらは掲載「不可」で大丈夫です。

Posted by 途中からは先生へのお願いです at 2023年01月24日 06:53 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会