このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「Black Box」

2017年10月23日(月)

このブログでは、警察と検察による犯罪の実態を書いてきた。
そのためいろんな攻撃を受けてきたが、それでも書き続ける。
もし貴方の大切な人が犯罪被害者、レイプ被害に遭ったなら・・・
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

一度、このブログでも触れた。→こちら
その時は「詩織さん」だった。

今回、その詩織さんの本が出た。

「Black Box」 →こちら

著者は、伊藤詩織さん。
もちろん面識など無い。


皆様にはこの本をたとえ立ち読みでもいいから読んで欲しい。
多くの人は、きっと信じられない現実に戸惑うことであろう。

でもそんな時間など無いよー、と言う人へ。
本の中ほどの「成田空港にて」というくだりだけでも読んで欲しい。

1分もかからない。
そこだけでもいいから、読んで欲しい!

成田空港での逮捕寸前の人を警察のトップがわずか30分前に阻止したという。
まあ警察や検察は身内の犯罪の隠ぺいは日常だから、よくあることなのだが。

しかし、誰がその指示を出したのかを想像してほしい。
そう司法も警察も、そして行政も「忖度」で動く国だ。

真理は細部に宿る。
その細部とは全体の一部、いや全部であろう。

つまり日本の「Black Box」の中身こそが、
この国のフラクタル、行く末であるのだ。


元TBS記者からの暴行被害を訴えたフリージャーナリストの
伊藤詩織さんが2東京の外国特派員協会で記者会見した。 



今月18日には暴行についての手記を出版しており、それに合わせて本名を公表した。

今回の事件の背景について

伊藤:本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。まず最初に、この外国人特派員クラブで今年の5月にも会見を行いたかったんですけれども、それが果たせなかったので、まず海外のメディアの方にも来ていただいたので、今回の件について日本語で説明する前に英語で軽くバックグラウンドを説明できればと思います。

 本日はご参加いただきありがとうございます。最初、今年の5月にこちらの外国特派員協会での記者会見を行う予定にしていたんですけれども、残念ながらそれを実現することはできませんでした。そのため本日、外国メディア、そして日本の記者クラブに入っていないメディアにもお話をする機会をいただきうれしく思っております。

 私は2年前にレイプされました。2015年、ニュー全文2ヨークでジャーナリズムと写真の勉強をしたあとに東京に戻りましたが、そのときはロイター通信でインターンとして働き始めました。私は大きな望みを持って将来の夢であったジャーナリストになると決意していました。同じ2015年の4月のことだったんですけれども、当時ワシントン支局の、TBSのワシントン支局長だった山口と出会いました。そのときメールを通して仕事のオファーをいただいたんですけれども東京に戻った際に就労ビザの話をするために彼に会うように誘われました。山口氏と食事をしながらお酒も何杯か飲んだあとに突然、意識を失いました。激しい痛みで目が覚め、そのときに山口氏が私の上にいて、そして私に挿入していたということが分かりました。それが今日までも私が直面している悪夢の始まりでした。

 そのとき病院、〓レイプ救援センター 00:08:39〓、そして警察に助けを求めようとしたんですけれども、どこも私を助けてくれませんでした。そのときに日本の司法、そして日本の社会のシステムは性犯罪の被害者のためにはちゃんと機能していないということが分かりました。そのとき警察は、この事件について報告をすることも許してくれませんでした。こういった事件はよく起こることですし、捜査することも非常に難しい。性犯罪を捜査することが難しいというふうに言われました。

 そのとき私はたくさんの疑問を持っていました。警察に対して、なぜ私の被害届を出してくれないのかということも聞きました。そして捜査するように私からお願いをしました。最終的にはホテルの〓防衛 00:09:59〓カメラ、DNAの検査結果、そしてタクシーの運転手やホテルの従業員の証言などを捜査して、それでちゃんと調べてくれることになりました。その捜査員の努力により捜査も終わり、裁判所から逮捕状も出されました。しかし、成田空港で捜査員が山口氏を逮捕しようとしたときに、上のほうからの命令で逮捕が止められました。当時の刑事部長だった中村格氏が捜査員に逮捕をやめるように命令をしたということでした。説明もないままで、そういった命令が許される警察組織の在り方に疑問を持っています。私は中村氏にインタビューをするように努力をしてきましたが質問はいまだに答えられていません。

 世界中でレイプが報告されないことはよくあります。日本でも5%のレイプ事件も報告されないほどスティグマとタブーというのはとても強いものです。私はこのタブー破りたくて、顔も名前も出して告白することを決めました。日本で生活する性犯罪の被害者として社会もメディアもよく私たちに、私たちに隠したほうがいいというふうに言われます。これは私たちのためであるということも言われます。実際、捜査員にも報告しないように私は勧められました。もし報告をするとしたら、ジャーナリストとしての仕事も失い、そしてこの業界で仕事ができなくなるというふうにも言われました。自分の人生もこれで終わりだよということまでも言われました。この主な理由というのは、私が犯罪者として訴えている人は知名度が高く、業界でも尊敬されている人だからです。

 公にしてからは多くの迫害もバッシングも受けました。前のように生活することもできなくなってしまいました。しかし隠れなければいけないのは私たち被害者ではありません。問題は私たちを受け入れて、そして信用する準備ができていないこの社会にあります。話をすることでいい変化をもたらすことができます。そして性暴力を無視することはもうできません。

以上になります。これから私の本の出版について日本語で説明させていただきます。先週18日に文藝春秋社より、手記『Black Box』を出版させていただきました。2015年に私が経験した性暴力被害と、そのあとの病院やホットラインの体制の問題。捜査の在り方。司法のシステム。そして会見後の社会のさまざまな反応について、これまでの記録や調査。そして取材を基に書きつづったノンフィクションです。密室での出来事ということであり、ブラックボックスという表現を何度も捜査員の方や検察の方々から伺いました。しかし私は2年以上、この件と向き合ってきた中で警察や検察そのものにもたくさんのブラックボックスが存在していることに気付きました。

 このブラックボックスにいかに光を当て箱を開くか、少しでもそのきっかけになればと思い、今回この本を執筆させていただきました。本の中で自分の経験をさらすことになりましたが、その結果、身近に似た経験をされ、その痛みと共に生きているたくさんの方々がいることを知りました。これは遠い誰かの話ではないということを知っていただきたいです。どんな時代でも、どんなところでも起こり得ることですし、それについてはどう改善できるのかと考えていく必要があります。ただ特定の誰かやシステムを非難するだけでは何も変わりません。私たち1人1人がどう改善していけるかを真剣に考えなくてはいけないと思います。

 本書では、たまたま私の身に起こったことを例にしてお話ししていることにすぎません。何が必要かと未来の話をするには、何が起こったかという過去の話をする必要があるからです。前回、5月29日の会見でご報告したように、検察の不起訴の判断という判断に対し、検察審査会の不服申し立てを行いました。そして先月9月22日に検察審査会より不起訴相当という議決が出されました。現在の司法では、私が訴えていた準強姦の被害は起訴ができないという結果になったのです。

 検察審査会は検事が出した答えを再度見直し、精査する場です。そのため必要な資料や証言などを集めて提出いたしました。審査会の場には申立人が呼ばれ、事情を聞かれることもあります。証人や申立人の代理が呼ばれることもあります。しかし、今回は私も弁護士の先生も検察審査会に呼ばれることはなく、議決が出たあともそれに対する説明はありませんでした。また結果は、不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がないというものでしたが、その内容の具体的な説明もありませんでした。

 申し立てを行った際、特に気を付けてお願いしたことがあります。それは私がタクシーから抱えられるように降ろされ、ホテルへ引きずられていく防犯カメラの映像を、静止画ではなく動画で審査員の方々に見ていただきたいということでした。しかし、実際に動画として証拠が提出されたのかどうかさえも分かりません。議決が出たあと、こうしたことについて検察審査会宛てに質問状を出しました。しかし検察審査会法26条を根拠に一切の回答はいただけませんでした。検察審査会は完全に非公開であるとはいえ、これまでに情報が得られないこと、一度も説明の機会を与えられなかったことは、さらに私の中に疑問を生む結果となりました。

 このときに聞いた質問のうち、審査員の男女比と平均年齢については回答をいただきました。それは男性が7名、女性が4名、平均年齢は50.45歳とのことでした。このような男女で問題の捉え方が異なる可能性のある事例について、男女比を半々に近づけていただけなかったことは大半残念に思います。

 この本の最後にも書きましたが、私も山口敬之氏も認めている事実、そして確たる証拠が得られている事実は以下のとおりです。1、当時TBSワシントン支局長の山口氏とフリーランスのジャーナリストである私は、私がTBSワシントン支局で働くために必要なビザについて話すために会いました。2、山口氏に会ったのはそれが3回目で、2人きりで会ったのは初めてでした。3、そこに恋愛感情はありませんでした。4、私が泥酔した状態だと山口氏は認識していました。5、山口氏は自身の滞在しているホテルの部屋に私を連れて行きました。6、性行為がありました。7、私の下着のDNAを検査したところ、そこに付いたY染色体が山口氏のものと過不足なく一致したという結果が出ました。8、意識のないまま引きずられている私が映ったホテルの防犯カメラの映像をタクシーの中で降ろしてほしい、駅で降ろしてほしいと繰り返し私が言っていたというタクシー運転手の証言など証拠を集め、警察は逮捕状を請求し、裁判所はその発行を認めました。9、逮捕の当日、捜査員が成田空港で帰国する山口氏を待ち受ける中、当時の刑事部長の中村氏によって逮捕が突然取りやめられました。以上の9点です。これだけの事実があっても現在の日本の司法システムでは事件を起訴することすらできません。

 中村格氏には逮捕当日になって止めた理由について伺いたいと何度も取材を申し入れていますが、今日に至るまでなんの回答も得られることができていません。先日起こした民事訴訟の場では、これまでとは違い、初めて法廷でお互いに事実関係を述べ合い、第三者による公平な判断が下されることになります。その場でこのブラックボックスが少しでも開かれることを願っております。

 そして、外国人特派員協会というこの場所でお話しさせていただくことができました今日、一言触れさせていただきたいのは、この問題を報じるメディアの姿勢についてです。中村氏の判断で逮捕が突然見送られて以来、2年間以上の間、さまざまなメディアに相談をしましたが、この問題を正面から報じてくださるところは1社もありませんでした。逮捕見送りの問題点を報じてくださったのは『週刊新潮』だけでした。

 今回の経験から、今後、仮に国や司法の場で間違った判断が行われた可能性があるとき、それをマスメディアがどのように検証することができるのか。不起訴だから報道できないではなく、本当に正しい判断がなされたのか、どのような方法を取れば問題点を報じることができるのかという視点をぜひ持ってくださるようこの場をお借りして申し願います。それだけでたくさんの人が救われる可能性があるのです。

 最後に私がこの本で一番述べたかったことは、捜査や司法のシステムのことの改正に加え、社会の意識を変えていくこと、そしてレイプ被害にあった人々への救済システムの整備が必要だということです。これについては他国の取り組みを取材した内容も記載させていただいたので、ぜひ本書を読んでいただきたいと思います。

 7月から改正刑法が施行され、強姦罪は強制性交等罪という名称に変わりました。まだ不十分なところはありますが、この変化したという事実は多くの人に希望を与えました。今回、強姦罪に大幅な改正を加えるには110年という長い時間がかかりましたが、性被害を受けた方々が声を上げた結果、変えることができたのです。私たちが広く問題意識を持つことで、このように長い間待たなくてもきっと変化を起こすことができるのだと思います。今回の改正法では暴行、脅迫要件の緩和がされませんでした。被害者が抵抗できないほどの暴力、脅迫があったと証明できなければ、罪に問われることがないという現状は変わっていません。

 しかしある調査結果では、レイプ被害者の7割がフリーズ状態に陥るという結果が出ています。この点については3年後の見直しの機会に向けて、さらなる議論が必要になることだと思います。この本がその議論の助けになることを願っております。ご清聴ありがとうございました。



PS)

このブログ、
世界中の多くの人に読んで頂いていることに、心から感謝申し上げる。

でも、面白いもので、
・医療や介護のことばかり書いて、なぜ政治という大きな課題について書かないのか
・なぜ医療ブログなのに政治の話題を書くのか
という両方の御意見を、ほぼ同数、頂戴している。

私は政治に関心がない、わけではない。
かといって特定の政党の応援もしない。

当たり前だが、政治の下に医療・介護がある。
だから政治状況に大きく左右されるのが現実。

私は誰になんと言われようが、書くべきことは書く。
しかし書くと炎上して書けなくなることも当然ある。

だから書けないことは「まぐまぐ」の有料ブログ(→こちら
に思いきり書いているのだが、読者は増えている。


いずれにせよ、今回の選挙で良かったのは
選ばれた人を見てかなり選別が進んだこと。

これが小池さんの最大の功績だった。
もちろん、あとづけの評価であるが。
















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

私は団塊の世代なんです。小学校時代、共産党の貸本屋がいて、婦人公論なんか貸してたのか、母が借りた婦人公論を読んだら、「せっかく結婚して二人子供も産んだのに、主人が突然他の女性が好きになったから、と言って出て行ったので子供の養育費や生活費に困っている」なんて投書があって、「ああ結婚なんてそんなものなんだ」なんて思いました。
別の投書では「短大卒業してやっとの思いで就職できたと思ったら、社長のお伴で仕事の出先で、食事をしてお酒を飲まされて、気が付いたら、自分の腹の上に社長の禿げ頭が載っていて、事の次第に気が付いた」という話でした。
結婚しても地獄、働いても地獄だと思いました。
詩織さんの場合は、お酒どころでは無くて、デートレイプドラッグ(睡眠薬?)を使って眠り込ませて、犠牲者は気が付いても、記憶がまったく無くて、動転するという犯罪があったのですね。
山口とかいうおっさんは、聞いたことが無いジャーナリストって言っても能の無いおっさんなんだろうね。こういう女性専門の犯罪を「マメ泥棒」と言って刑務所では一番虐められるそうです。
山口というおっさんは、他にも何人もの女性を手に掛けているのか、手口がアザトイと思います。
詩織さんが、ジャーナリストとして、立派に成長する事そして、できたら、良き伴侶に恵まれるように祈ります。
NHKの日曜日の「直虎」では直虎の義理の息子の「鶴松」が徳川家康の「色小姓」にされると言う話が先週ありました。男性もレイプされるのでしょうか?徳川家康にそんな趣味があったのか?人間権力を握るとなんでもするのかも。女性も権力を握ると弱い立場の女性や男性を虐げるのかも。「洗礼者ヨハネの首を切ってくれ」とヘロデに頼んだのは絶世の美少女サロメでした。
卑怯な性犯罪は、何世紀になっても存在するんだろうなと思います。老人と結婚しては殺して財産を盗む「後妻業の女」や、就職して自立しようとする女性を性犯罪であざ笑う男性。でも真面目に生きている女性や男性もいるのですから、迷惑な話ですね。
木枯し紋次郎や必殺仕置き人が仇を売ってくれたらよいのに。

Posted by にゃんにゃん at 2017年10月28日 11:38 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部