このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

オミクロンの正体が分かるまで

2021年12月02日(木)

オミクロンは無症状や軽症が多い、と。

それって「風邪」に近いということか。

まずは、相手の正体を確認する段階だ。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



またまたオミクロン報道一色であるが、デジャブ感がある。

2年前のクルーズ船が、今回は飛行機に代わったような話。


世の中には「オミクロン」と「ワクチン」

しか無いような、偏向報道が続いている。


8ケ月を6ケ月に短縮してもいい、と聞いた各自治体は大騒ぎ。

また、「我先に6ケ月目に3回目を!」という呼びかけが開始。



ちょっと待て!

本当にそれが必要な相手か? そんなに恐ろしい相手なのか?


それが分かるまでには、1ケ月くらいかかるという。


そもそも、

変異=強毒化、とは限らない。

変異=弱毒化、もあり得る。


まだどちらか分かっていない段階。


もし弱毒性であれば、そもそもワクチンが必要な対象ではないことに。


しかし製薬会社は「待ってました!」と、新しいワクチンの製造に着手して

完成するまでの間は、「効きが悪くても従来ワクチンの3回目の接種を」と。


自治体や施設や病院は、「早く打とう!」と前のめりになっている。

「ワクチン=神」のように崇める姿は「ワクチン教」のように映る。



なんだかなあ。


まだ、正体が分かっていないのに、どうしてそう先走るのか。


僕には、風邪に対するワクチン作成で四苦八苦しているようにしか見えないのだが。


つまり、オミクロンは怖い、という「共同幻視」に世界中が怯えている。

そんななか、皮肉にもまったく怯えていないのは、南アフリカだけだ。



たまたまオミクロンが分かったので、mRNAがワクチン化された。

もしも、32ケ所の変異が分からなければワクチンも製造されない。


そう考えると、科学技術が実態をエンハンスしている可能性も考慮しないと。

すなわちメデイアは「インフォデミック」を自己チェックしながらの報道を。


しかしそんなことを言う有識者はいない。

そんな空気に益々、「怪しさ」を感じる。



12月に入り、急に寒くなった。

風邪ひきに注意。


この1週間、コロナもインフルも、ゼロ。

凄いね。


今、発熱したら、「オミクロンか?」という目で見られる。

「君子、危うき時に風邪をひかず」でお願いします。




PS)

コロナチャンネル #571_


第6波で大騒ぎする前に、政府はやることがある!   →こちら



毎日のように、ZOOM会議やZOOM講演だ。

コロナのおかげで凄く便利な時代になった。



コメント欄に書き込んで頂く皆様へ。


「○○を知っていますか?」と聞いてリンクを貼る形式で書かれる人。

知っていますよ。リンクが入っていると自動的にアップされません。


「○○についてどう思いますか?」と質問を投げかける人。

ずーっと、このブログや著書の中でいろいろ答えていますよ。

あまり読んでくれていないのかな。


まあ、9割はこのブログにも書けないことだらけなので

有料ブログ「長尾の痛くない死に方」のほうに思い切り書いています。


単なる悪口は、「悪口専用サイト」を造りましたから、

そこに、できれば実名で、思い切り書いてくださいね。


2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生こんにちは。毎日、ブログ・動画・カラオケの配信ありがとうございます。
世界で一斉に尾身クロン株で煽りはじめましたね。これぞ我の仕事!といわんばかりマスコミは大騒ぎ!そして羊たちも。
マスクは症状がある人が念のためにするもの、感染防止にはならないと思います。夏場感染爆発しましたから。
マスクもワクチン同様で着用すれば安心な人はすればいい。
ただ雑巾並みに雑菌が繫殖している、そしてさらに思考停止になります。奴隷アイテムの一つです。
先生のお立場上、なかなか言いづらいことも多いと思いますが。

さてさて以下は11月28日の記事です。
    ↓↓
『三重県では27日、新たに1人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。
 感染がわかったのは、東員町に住む高校生です。高校生は22日から鼻水が出るなどの症状があり、26日に陽性が判明しました。
 県によりますと高校に濃厚接触者はいないということです。
 県内の27日時点の病床使用率は0%で、自宅療養者は2人です。』

鼻水を出すとニュースになるらしい(笑)
このニュースといい尾身クロンは向かいの部屋にいただけで感染したとか、もう笑えるレベル。
英国では3回目目のブースターが3か月間隔になるとのニュースも。
既にワクチンの耐久レースと化してきた。もうワクチンとの闘い。
12月11日のシンポジウム予約しました。生の先生にお会いできるのを楽しみにしています。カラオケも歌って欲しいな(^^♪

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 09:46 | 返信

先生いつもありがとうございます。

ウイルスは変異によりだんだん弱毒化していくものじゃ
ないのでしょうか?もちろん例外的には強毒もありえるのかも
しれませんが、一般的にはだんだん弱くなり普通の風邪に
なっていくのかなと。。。そうならいいなあと思います。

また大騒ぎですね。うんざり。目の下がピクピクするように
なりました。ストレスかな(笑)

Posted by ゆう at 2021年12月02日 09:47 | 返信

こんにちは。

 もとは一つで、顕微鏡を覗いて見えた断片で
「新種」だ「変異株」だと言っているとか。

 いずれにせよ、風邪をひかないように、暖かく
して過ごします。人前には、基本、出ない。

では。

Posted by たまねこ53号 at 2021年12月02日 10:05 | 返信

「反ワクチン宣伝マン」のみなさんへ
長尾先生は「立場」も「顔」もすべてさらけ出してブログを公開されています。
「反ワクチン宣伝マン」のみなさんはすべて氏名も顔も覆い隠し、ご高説を垂れている。
「陰」に隠れて「真偽不明」のご見識を垂れ流している。恥ずかしい限り!
「ワクチン」にかかわる事柄は、「い・の・ち」に関わることです。
だからこそ、長尾先生は「職」と「命」をかけて、日夜八面六臂励んでおられます。
それに引き換えあなたたちは、だれからも暴かれないようなところから矢を放つ。
ひとの命にはなんら関心なく、ただただ自己陶酔の場を求めて蠢いている。
まずは、あなたのぬくもりをいささかでも感じられる「氏名」を名乗れ!
ワクチン既接種者になにか希望になる示唆を語れ!
未接種者にみずからを養ふにたる手立て・情報を熱く語れ!

Posted by 「反ワクチン宣伝マンの皆さんへ」鍵山いさお at 2021年12月02日 10:15 | 返信

オミクロンの感染者は2回目のワクチン接種済みですから、ワクチンの効果無しだと思います。最近、先生のご本「ひとりも、死なせへん」を書店で見かける機会が多くて嬉しいです。

Posted by のりこ at 2021年12月02日 10:29 | 返信

 長尾先生、おはようございます
 今日もブログありがとうございます。
 毎日勉強させていただいております。

 尾身クロンの揶揄に、気が付かなかった自分、皆さんの発想は豊かですね。
 オミクロン、テレビで、『速報』のテロップ、入国検疫で2人が陽性!と。
単に風邪になってるかどうかは専門家が決めることですが、もう飽きれます。
インフルエンザで速報出します?か。
mRNAの危険性には全く報道しないくせに。

 かわいそうに、藤田保健衛生大学医療従事者は3回目接種やて。ほんま何考えてんねやろ大学病院のお医者さんら。ウイルス収束状態やのに、逆効果になると何で声上げへんねやろ。何のために接種?何で1か月、国は様子見て判断しないんやろ。ほんま非科学的にも程がある。
 分科会の尾身さんが言ってるのか?先生ブログに書いていましたね、余ってるワクチン“とりあえず打っとけ”か。2回目でも問題ある人出てるのに、3回目からは自己免疫壊れるとテレビに出ない全国の世界の良識ある医師は警告しているのに、mRNAはワクチンではないを藤田保健衛生大学が知らなはずがない。
 任意接種なのに、違う目的の為に遺伝子治療薬mRNA打たされる看護師さん達が気の毒です、……人…。

Posted by じぃじ和74 at 2021年12月02日 10:37 | 返信

おはようございます。
いつもお忙しいなか、ブログの更新や動画の配信を
ありがとうございます!

毎日先生のブログを拝見し、先生が今日もお元気なことを
確認することが、すっかり日々の習慣になっています!

そして替え歌で、元気と笑いを頂いています♪

応援クリックを押すことぐらいしかできませんが
どうかお体に気を付けて、これからも元気に
お過ごし頂けたらと思います。

私もいずれおひとりさま、そしてたぶん
身寄りのいない独居老人確定なので、最後のことは
今から良く考えておこうと思い、とりあえず
尊厳死協会から資料を取り寄せたところです。

そして、先生のご著書をこれから少しづつ
読ませて頂き、いつかのその日に備えて
尊厳死や平穏死に関して勉強していきたいと思います。
(現在は「死の授業」を拝読しております!)

映画とドキュメンタリーは、まだ見れていないのですが
両親にも見せてあげたいので、DVDにはならないとのことが
非常に残念ではありますが。。。(上映会に期待!)

それでは、これからますます寒くなりますが
どうかご御自愛下さいませ。

Posted by リリィ at 2021年12月02日 10:45 | 返信

心がモヤモヤしてることを 先生が毎日
明るく言語化してくれるので最高です。

Posted by miyu at 2021年12月02日 11:02 | 返信

つまり、失敗や、後悔先に立たずの心境と思われ、
先生のような考えをすることによって、後から流行したり、ひどいことになったときに
あれこれ批判される、それを避けたい一種の防衛反応。
でも、過去の対策対応への文句や苦情を考えたら身構えるのも当然かもしれないです。

インフルワクチンと同じような感覚なのでは?
こちらとしては、まだ強毒であるかもわからないのに、先走って何になると先生と似た感覚ですが、

先生ただね、この表現はどうかと?

>世の中には「オミクロン」と「ワクチン」しか無いような、煽り報道が続いている。

いや、煽ろうと思ってるのではなく、結果的にそうなったでは?
よく、煽ってるというのは使われることがありますが、現実世界の出来事として報道してることが
煽りにつながってることがよくあるように思います。過去の歴史でもありました。

別に、「世の中には「オミクロン」と「ワクチン」しか無いような報道が続いている。」
でもいいと思います。先生がわざわざ「煽り」とつける必要はないのでは?
そういいたくなる気持ちは連日の報道で理解しますが、多くのところではただたんに世界日本の
世相をそのまま報道してるだけだと思います。先生があえて煽りといれることでそのような印象付けになりかねません。
失礼になってしまうかもしれませんが、あえて言わせてくださいm(__)m
先生は医者という立場でありながら、一般人の意見を取りいれることができる柔軟性の高い方であるとお見受けしております。

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 11:12 | 返信

「ワクチン教」って( ^∀^) 流石、長尾先生 冴えてますね😁

笑てまいました。今頃の立教となると 教祖様は

差詰め 「尾身クローン様」でしょうか?

風邪ひかないように、長尾先生を中心に このブログの皆様で

集まれたら 幸せかも

長尾村が出来たら 私は安全な 野菜を作って 村民と

お互いに 助け合いながら 生活したいなぁ。

そんなことも 夢 みて楽しんでおります✨

長尾先生 ブログにコメントを寄せる皆様

コメントしてなくても このブログを楽しみにしている皆様

いつも 心強いです✨有難うございます✨

Posted by イチジク at 2021年12月02日 11:38 | 返信

ただの風邪に命名しているような気もします。一母の見方なのですが大昔からのただの風邪も調べれば、何某かの〇〇ウィルスと命名出来たのかもしれないところを、ただの風邪として太古から自然治癒力とウィルスを無視する生活力で過ごしてきたようにも感じます。先生のお声が全国民、翻訳されて全世界に広がって欲しく思います。

Posted by 匿名ですみません at 2021年12月02日 11:41 | 返信

「コロナ後遺症」に初めての手引き 「患者の支援を」厚労省が公表
 
こんな記事ありましたが、ワクチン後遺症もコロナ後遺症に類似しているとすれば、治療法も活かされるといいですね。(それとなく不顕性感染疑いとして診てもらえば、ワクチン後遺症に関わりたくないお医者さん達も診ざるを得ないのでは?)あとは人口の8割の接種者のうちどれくらいの確率でどのような後遺症患者さんが出ているのかという問題ですね。
 
コロナワクチン 副反応データベース検索
 
で検索すると現時点で3万件いかない位の情報が簡潔に見ることができますが、こういうのが全て放置されているというのはやはり異常かと。。
 
 
 
日本でも「オミクロン株」初確認 南ア・医師会会長は「症状軽い」と説明も 現段階で判明していることは
 
の記事では
 
南アフリカ医師会のクッツェー会長は28日、「オミクロン株の症状は軽く、重症患者はほとんどいないため、パニックになる必要はない」と現状を説明し、メディアの報道は誇大だと指摘した。一方で、WHO(世界保健機関)は同日、最新の知見を公表し、「他の変異株に比べて感染力が強いかはまだ明らかでない」「一度感染した人が再び感染するリスクは他の変異株より高い可能性がある」としている。
 
とあります。
 
ワクチンメーカーとしてはワクチンのせいで自己免疫の落ちた人の感染リスクやADE絡みでオタメゴカシのブースター接種必要性を意識しているのでしょうか?。イギリスでは3か月後、韓国でも4か月後の間を置いての追加接種💉。アストラゼネカがメインの国と他mRNAメインの国とでは違うとはいえ。。(ちなみにモデルナの社名 modeRNA って薄気味悪いですねぇ。モードRNAって‥。)
 
「オミクロンは既存ワクチンで重症化防げる」
 
とビオンテックのCEOは言っています(↑の見出しで検索すると出てくるABEMA動画内で)。
 
 
 
世界初の生体ロボット、「生殖」が可能に 米研究チーム
 
ついでにこんな記事も。。ワクチン内にいろんなもの(酸化グラフェンや寄生虫)が入っているという噂(画像付き)もありますので、やはり薄気味悪いですね。。こういうのにiPS細胞の技術とか転用されていたりしたら嫌だなぁ‥山中教授ワクチンノススメで顔つき変わってたし。。)

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 11:43 | 返信

昔から、冬は風邪が流行るものです!

旧コロナの風邪、他のウイルスの風邪、インフルエンザの風邪、新型コロナの風邪、
どれかわかりませんが、だいたい、どれかは流行ります。
それを第六波だ!と騒いで経済崩壊させて何がしたいのでしょう?
今までインフルエンザの予防接種を半強制されたことや、接種証明書が必要になったことがあったでしょうか?
コロナが狂犬病のように恐ろしい病気ならまだ理解できますが、ほぼ風邪ですよね?

理不尽なコロナ対策に疑問を持ってしまってから、メンタルがやられてきました。
10年近くお世話になっている内科の主治医は元々あまり聴診しない先生でしたが
いち早くアクリルカーテンを設置して以来、指一本触れなくなりました。
ご自身の2回接種後も変わらず、です。未接種の私は汚物ですか?病原体ですか?

> 「君子、危うき時に風邪をひかず」でお願いします

わかりました!
新型コロナ以来、風邪をひいたら近所の開業医はどこも診察してくれないことがわかりましたので
よくよく気をつけながら生活して、前の冬を無事に越した経験があります。
多分風邪は引きますが、医療機関には近づきませんので安心してください。

もちろんお店にも行きません。すっかり良くなるまでは、外出は夜中の散歩ぐらいにしておきます。
誰にも移すつもりはありません。十分気をつけた上で、風邪ぐらい自由に引かせてほしいなぁ…
もっと歳を取ったら、ふとした風邪が元で寝込んでゴロキュウの往生*をすることが私の目標です。
*林家彦六師匠の落語に出てくる、ゴロゴロっと痰がからまったと思うとキュウ〜っとそのままになってしまう往生

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 12:04 | 返信

こちらでは、オミクロン、もう名前捩りはいいかなぁ・・・

Posted by taco at 2021年12月02日 12:16 | 返信

長尾先生、毎日ありがとうございます。
今朝12/2のNHKニュースでもワクチン後遺症が報道されました。
岡山大学の調査では、接種後1000人に2人の割合でワクチン後遺症がある。高校生の例では、9月に2回目接種後、高熱が2週間続き、その後も脳が壊れるような激しい頭痛と倦怠感で学校に行けない。健康な人に打つワクチンで100人に2人の後遺症はひどすぎる。厚労省は真剣に対策をすべきと思います。

Posted by 藤原一正 at 2021年12月02日 12:45 | 返信

先生、いつもありがとうございます😊
主人の友人の知り合いが、基礎疾患なしで、突然の心疾患でお亡くなりになったと先ほど聞いて、ショックをうけました。 まだ、4、50代でしょう。 もちろん、ワクと因果関係あるかないかなんてわかりませんが、医者は関係ないと。 何が悲しいかって、お子さんと二人暮しだったそうです。お子さんの気持ちを考えると、、、 泣けてきます、、、 。 関係あるかもしれないし、ないかもしれない。わからない。だからこそ、これからパスなんか作って軽々しく誘導する様な事は絶対にしてはいけないと私は思うのです。
本気で一人でも多くの命を守りたいのであれば、先生の言う通り、五類にして、イベなどの経口薬を使っていくべきであろう事は、ここまできたら素人だってわかる事です。 なんだか今日は無性に悔しい思いがこみ上げてきました。

Posted by さとちゃん at 2021年12月02日 01:46 | 返信

いつも読ませていただいています。私もオミクロンの正体が全く分かっていないのに、どうして世界中で大騒ぎをしているのか不思議です。南アフリカではオミクロンにおびえることなく、全く普通に生活をしているとも聞いております。南アフリカが某製薬会社からの追加の枠購入を断った直後にオミクロン騒ぎです。(断ったことは11月24日にアメリカで記事になっています。)何か裏を感じてしまいます・・・。

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 02:00 | 返信

長尾先生。いつも本当にありがとうございます!
ほとんどTVを拝観する事のない私ですが、今朝の「The タイム」ででしたか
「ワクチン後遺症」との言葉(話題)を耳にしたように思いました。

私の価値観を基準にした偏った見方であるとしましても、
要所要所で「許す限りの表明」をされている方が着実に増えているようにも感じます。
制約の厳しい言葉だけに頼らず、表情でも表明されているような有名な芸人の方にも気づきました。

この理不尽な経験の中で、
「何方が、どのように発言され、そして、どのように行動されたのか」を
しっかりと記憶に留め、見届けようかと思います。

Posted by かえる at 2021年12月02日 02:04 | 返信

12月01日 03:51 に投稿された匿名様

コメントありがとうございます。
以前、その亡くなったシェフの奥さんのコメントを読みました。薬を飲んでいる人はワクチン接種に注意しなくてはなりませんね。見合わせた方が良い場合もあると思います。

>問題点は、
●接種券、説明文に赤字でリスクを避けるための注意書きがないのではないか?
●接種していいか尋ねられた医療関係者、医者が禁忌の確認してない?
●現場で事前にダブルチェックの意味でのチェック体制がなってない?
どこをどうみても、システム作りで防げることとしか思えなかったです。

最初からは無理なこともあるかもしれませんが、副反応の事例が積み重なってから検証して、注意書きを付け加えたり、もっとはっきり政府、厚労省がアナウンスするべきだと思います。

長尾先生は3000人の方に接種しましたが、死亡者、大きな副反応が出た人はいないとおっしゃってましたね。リスクがある人には打たなかったと動画でおっしゃってたように記憶しています。またワクチンの品質保持のための管理はすごく気をつけたとおっしゃってましたね。
他の医療機関がそれほどきっちりしていた所ばかりではないと思います。

重い副反応が出た例です。ある人が1回目の後に両手、両足が痺れました。2回目大丈夫かな?と思い、問診の医師に尋ねたところ、痺れとワクチンは関係ない、2回目打っても大丈夫と言われて接種しました。すると痺れがもっとひどくなり、手足が動かなくなりICUに入ってしまいました。自己免疫疾患だということでした。私は、怒りを禁じ得ませんでした。その問診の医師がやめた方が良いと言ってたら、重くなることはなかったのです。
通常、1回目より2回目の方が副反応は大きいです。ちょっとした異変があって1回目にやめておけば、重症にならなくて済んだ人もいるはずです。

医師でもいました。ある外科医が1回目受けたら、吐き気など結構副反応が大きかったそうです。2回目受けたら、発疹が出たり副反応がもっと酷くなってしまいました。ブログで書いてあるのを読みました。

その医師は今なら1回目でやめてたかもしれませんが、当時はあまりワクチン副反応の情報も少なく、2回目を受けたのでしょう。医師自身でも判断は難しいのだ、と思いました。
少なくとも、1回目に、吐き気、発疹、痺れ、高熱が数日続く、という普通とは違う症状が出た人は2回目はするべきではありません。
こういう時には2回目をやめましょう、というのもアナウンスされてませんね。

ワクチンの副反応、後遺症を詳しく分析して、どういう人が受けてはいけないか、接種時にどういう体調ではダメか、フィードバックして厚労省の方も受け取って欲しいと思いました。また、ワクチンというものができるだけ安全になるように開発にも役立てて欲しいです。

それから、子宮頸がん副反応を研究した医師の話、ワクチン後遺症のことの平畑先生のつぶやきを読んでくださった、匿名の皆様、ありがとうございました。

Posted by じゅん at 2021年12月02日 02:18 | 返信

先生 こんにちは。「安楽死特区」読了致しました。

>この国は命と経済を天秤にかけて「安楽死特区」を作ったのです。そんな場所で死ぬ事がほんとうに素晴らしい最期だと言えますか。

特区が楽園かのようなアナウンスで人々を欺くやり方で 不要な命を排除しようとする国のやり方。

この一文は 今の世の中にも 重なる事だと思いました。

「けったいな町医者」の中で先生が 片手運転しながら
忙しく 口に何度も食べ物を運んで 頬張っていた姿と
クレープシュゼットを3口で食べ終わった鳥居医師が 重なって最後の最後に笑ってしまいました。

チベットの死生観について触れておりましたが、チベットの「鳥葬」をかなり以前に知った時に大変にショックを受けました。
チベット人は 人が亡くなると 故人のものは 全て処分すると言うのも知りました。国によって 死生観は異なりますね。

末期ガン 認知症 尊厳死 安楽死 医療界の構図、命の選別 など…。
先生が 私たちに投げかけてくださっている問題が 全て凝縮された 一書だと 思いました。

あっという間に読み終わってしまったので もっと長く読みたかったな…と思いました。

続編なり または 認知症、在宅医療などをテーマとした
笑いあり涙ありの 小説の執筆なども 個人的に期待しております。

楽しんで読ませて頂きました。ありがとうございました。

Posted by あずき at 2021年12月02日 02:27 | 返信

mRNAワクチン慎重派でワクチンパスポートに反対している匿名です。反ワクチンに分類されています。

匿名はやめてと以前おっしゃっていた長尾先生と読者のみなさんへの礼儀として
ペンネームを名乗ろうと思いましたが、普段SNSで使っているニックネームは他の方と被ってしまい
匿名のままで失礼しています。
大変珍しい名字のため全世界に向けて名乗る勇気はありません。Facebookで懲りました。
我が家の玄関に張り出せることだけ書かせてもらっていますので、ご勘弁いただけたらと思います。

匿名から「反ワクチン宣伝マンの皆さんへ」鍵山いさおへの返信 at 2021年12月02日 02:44 | 返信

なごやのおばちゃんさん、すみません。気になったので
神道に正義が欠如に驚きました。これはどこからそのように判断したのですか?
昔の日本の村社会は恐ろしい。昔はよかったとは到底思えません。
もちろん、昔の日本で失ったよいものもあるでしょうが、本当にえげつないことが多かった時代です。
それから海外と違い、日本は義務化が幸いにも免れてるので、強く反対までいかないのではないでしょうか?一部抗議活動を熱心にしてる人もいるにはいます。

日本人は良心の模範はそこまでないとは思わないのですが…失礼でしたら本当に申し訳ありません。
海外出身の方でしょうか?ずばずば切り込まれて客観的な見方ですのでそう感じました。
海外の方でも日本語が流暢な方をよく見ます。

>「この国は空気で動く」というのは、何十年も前から知っていて
>みんなの顔色をみて、物事を決めていた村社会を起源にしているのだろうと思う
>主体性の無さは世界一
>そして、正義感の無さは、日本の神道に「正義」が欠如しているところにあるのでは
>海外でワクチン義務化やパスポートに強く反対する人々が多いのは
>集団ではなく、個々人がうちなる「神」と常に向き合っているから
>日本人は、良心の模範とするうちなる存在が乏しい
>行動基準は、自分自身ではなくて、常に「集団」なのだ
>いちいち不安になって、先生に「3回目は受けていいでしょうか?」と質問をする人たちの情けなさ

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 02:57 | 返信

私も質問される方、先生の本読んでないのかなと思っていました。瀬谷のシンポジウム、他に登壇される方々も何を話されるか楽しみな方々ばかりです。いつもありがとうございます。

Posted by 原田 at 2021年12月02日 02:59 | 返信

オミクロン。「名前いじり・名前いびり止めよう」の声もあったが無視されている。
アホ・スカを連発してきた者としては気恥ずかしいが、イジリ・イビリ側に品がない。

過去に「大阪博覧会」が開かれ、「アイヌ・台湾生蕃・琉球人・支那人・朝鮮人ら32人」が陳列された。
先に、TBS『あくまで長尾先生の個人見解』放送法違反事件があった。
同じころ、フジ系関テレ「めざまし8」でも同様の事件があった。
TBS「橋下・長尾の激突」が関テレ「橋下・令和議員の対決」というテロップで放送された。
令和議員というのは大阪で比例復活した大石あきこ(元大阪府職員)のこと。
「大石は前日の録画」で、「橋下は当日のリモート生出演」。録画の大石を生の橋下が論破するというものだった。
大石は生出演を望んだが局が拒否したという。番組で反論の機会も与えられなかったという。

TBSも関テレも、維新にそんたくしたのだろうが、民放の放送基準にも放送法にも反するものだ。
これが維新と在阪テレビの持ちつ持たれつの「大阪の常識」である。
今年4月、府民の会館利用を維新知事が取り消した。大阪地裁・大阪高裁・最高裁が1週間でたて続き「『表現の自由』を抑圧する違憲」と断じたが、在阪の新聞・テレビは終始維新批判を封じた。見事なまでの「大阪憲法」の常識だ。

Posted by 鍵山いさお at 2021年12月02日 03:30 | 返信

いさおさんの意見に賛同します。
反ワクチンの人なりの正義があるのはわかりますが、結局一般人や医療関係でしっかりしたところから
情報が入らない限り、ネットの情報から取得しなければいけないのが真相です。
そのネットの情報は、特にワクチンに関しては、動画にしても翻訳や英文にしても出所や信用にたる情報なのかはとても危ういと思うのです。

ツイッターや個人サイトやブログでいかにもという画像や動画やもっともらしい聞いたこともない
海外の〇〇博士などの論拠があるとばかりの情報も本当か判断することが難しいです。

皆さんどこで判断されてるのでしょうか?
政府や製薬会社ですら信用できない反ワクチンの人がそれらの出所不明の情報を
真実と思い込んで飛びつくのを杞憂しています。

秘密裏の情報が簡単に表にでるとは思えません。
ではその情報は誰が何の目的で流してるのでしょうか?
表にでていけない情報なら検索にひっかからないように雇って常時24時間体制で監視して
抹消するのではないでしょうか?
先生も記事でそういうサイトをリンクしてたときはびっくりしたし、
えーって思いましたが、当時何も言えませんでした。コメントを読んで知って、ソース元を確認せず、
ついつい記事に入れてしまったのだと思います。

反ワクチン、ワクチン肯定派のどちらのツイッターもサイトも意見も読んでいます。
どちらも読むことで見えてくることがあるからです。

>オミクロンは無症状や軽症が多い、と。それって「風邪」に近いということか。
>まずは、相手の正体を確認する段階だ。

仰る通りだと思います。
ただ、「風邪」と決めつけるのは早急だと思います。
コロナ最初に日本にはいってきたときは、テレビ出演者でも有識者がコロナは風邪という論調が優勢でした。
みていたので知っています。先生と対談されていたとある人もコロナ風邪といいまくっていました。
ところが、その男性が、高熱を出したのです。風邪で気にする必要はないと
あれほど断言していたのに、急に言うことが変わったのです。
自分の身に降りかかればそんなものです。

ワクチン肯定派のお医者様には、重症患者、IUCまでいく患者を考えてる人もいるようです。
そして、現場をみたお医者さまはこれは風邪ではない、一気に悪くなるといってたのも印象的です。

喉元過ぎれば忘れ去るといいますが人間の本質なのでしょうね。
コロナがはいった当初は、これは風邪恐れてる人はおかしいという論調でした。テレビでも有識者はそういってました。
しかしそれがコロナ死者が増え、有名人もなくなってくると急激に変わったのです。
それを思い出すと、警戒するのも自然だと思います。
もちろん、弱毒化していてほしいという希望はあります。

個人的には、状況がまずいとなってからでは遅いのか、もやもやします。
それをいったら、インフルワクチンと同じで事前に対策するのが大事で、周囲も
インフルワクチン接種してる人がいたりします。

元々、コロナが始まる前からワクチンにはあまり肯定的ではありませんでした。
身内がインフルワクチン打つっていうときも、免疫がちゃんとしてればいらないのではと思ったくらいです。
それからコロナ前からワクチン反対派いましたよ。
水銀がはいってるから有毒だとか、でもあれって品質安定するために必要なんですってね。
それを抜かして、ただ有毒。そのように表現されれば、理由を飛ばして有毒だけ受け取る人もいるでしょうね。

テレビでも、大きくコロナ関連ばかりというのはなくなりました。
周囲でも、旅行にいったり、コンサートいったり、日常が徐々に戻りつつあります。

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 03:38 | 返信

長尾先生、初めまして。お忙しいところ恐れ入ります。今日スクリーンの長尾先生に会いに池袋まで行ってきました。先生の日常がこのブログや著書に書かれていた通りで、最後は涙しました。
同居の両親の老いが気になるようになり、何かいい本はないかと検索していた時に、YouTube「親の老いを受け入れる」を見つけたのが先生との出会いです。8月に友達からコロナについて発信している先生がいるよとこのブログを教えてもらい、同じ先生だ!と気づいた時はとても嬉しかったです。お陰さまで中学生の娘はコロナワクチンも子宮頚がんワクチンも打たないことにしました。
尼崎に引っ越しできそうにないので、先生の本で勉強し、こちらでいい在宅医さんを見つけて親を看取りたいと考えています。尼崎で長尾先生が今晩も往診していると思うと私も頑張れそうです。どうぞ運転にはお気をつけて。先生の健康をお祈りしています。沢山の情報と笑顔になれる歌声をいつもありがとうございます!

Posted by 埼玉のファン at 2021年12月02日 03:58 | 返信

加藤さん。横からすみませんが、覚えていますよ。しっかり。
その後、しばらくしてそのうちの一人が強制的にすることを提言していてドン引きしました。
それまではコロナ禍の中、頑張ってくれてるおじさんの姿がガラガラ音を立てて崩れた一瞬でした。
女性の方は、感情に飲み込まれてテレビでも涙ぐんだりなどがあったように思います。
それに限らず、コロナでは人の言動の移ろいやすさ、コロナは風邪と言ってた人がコロナが強毒で猛威を振るってどう変わったかも同じように印象に残っています。
またコロナ医療従業者や、コロナ患者を差別したり、いやがらせ、誹謗中傷したり
人の嫌な面もこれでもかとあぶりだしたと感じています。

>2020年の春先に西浦博教授が「人流を8割削減するべきだ!」と主張したり「何もしなければ40万人死ぬ!」と主張していた事。岡田晴恵氏が「2週間後はミラノやニュ-ヨークになる!」と連日言っていた事。

私個人は、どちらにもよるつもりはありません。とても危険だと思うからです。
結果は、必ずあとできます。特に先生のような実名で顔出しで所属出して発言さてる場合、
結果次第で運命が分かれると思います。ですので、その未来のデメリットの可能性も予測してる人は、
迂闊なことは言ったり書いたりぜずにいるように思います。
断言なんてもってのほかです。未来で実態や真相が明らかになれば、言質をとらねかねません。
歴史は繰り返すのがセオリーであれば、初のワクチンの天然痘(当時は新技術で遺伝子ワクチンと同じ)
ワクチンが参考になります。歴史はその結末までみることができますから、

今は怖い時代です。
事実は小説より奇なりです。

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 04:07 | 返信

金融市場的にはオミクロンは政治マターだそうです。

米国は異常なインフレに悩まされており、物価を下げるには経済活動を締め付けることが有効ということで、「オミクロン、オミクロン」と叫びましたら、原油価格が一気に20%も暴落しました。その直前に、各国が協調して戦略備蓄原油を市場に放出しても何の効果もなかったのに。

また、ロックダウンを再導入すれば、それを理由に給付金をばらまくことができる。もっともこの点については、予定通り金融緩和の段階的停止をするという逆のメッセージが連銀からすぐ出されましたが。

オミクロンの正体については、「どーでもいーこと」みたいです。そもそも最初から危険度の高いウィルスではなさそうですしね。バイデンは中間選挙に勝たなけばいけませんから、何でもやる。

Posted by 憂国人 at 2021年12月02日 04:10 | 返信

あのーあのー海外からおみくろんりんが入って来るってねー、
飛行機乗る人は接種してないと乗れないんですよねーってことは、
摂取しててもばら撒いてるって事で
ワクチンパスポートなんて意味なーいって事で終了ー   ほんどデタラメですね。
結局、目的はコロナ撲滅じゃないよね、こんな事世界でやって人を苦しめて絶対に地獄に落ちていくでしょう。

Posted by 大天使ミカエル at 2021年12月02日 04:14 | 返信

先生。☀

今日の替え歌好きです。盛り上げる時に歌います🎤北酒場なんか。忘年会で盛り上がりたいですよね。
人間は誰でも、他人の不幸を見過ごせない素晴らしい心を持っている。
ワクチンの事は自己判断と長尾先生が仰ってる・・私も自己責任で一度も打っていません。それで良い。

今日は公園があまりにも温かかったのでコートを脱ぎ紫外線を浴びました・・今日はお肉を食べます欲しました、一人もん食べたいものを食べています。ばあばになってからお肉が大好きになりました。93歳の母は小さいころからお肉好き、子どものころカレーライスにはお肉の代わりにサザエやお魚が入っておりました。
以前祖母からニンニク酒を送ってもらい風邪気味の時などスポイトでバージンカプセルに入れて飲んでいました。
葛根湯やポカリの元を買い置き冷えピタも年末の準備に。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年12月02日 04:17 | 返信

長尾先生いつも楽しく拝見させて頂いてます
悪口専用に笑いました(笑)
どんな方の表現も受け入れる体勢に脱帽致しました✩.*˚
これからもユーモラスな言葉で笑わせてください♡

Posted by ちゃとちゃん at 2021年12月02日 04:34 | 返信

変異株ってどうやって見つけてるのかが気になったので検索。仙台市の場合は、市の衛生研究所で8月に導入した遺伝子解析装置「次世代シーケンサー」を活用。ウイルスの全遺伝子情報を高速で読み取り、塩基配列を特定する。これをゲノム解析という。通常変異株検出には、ゲノム解析の前に変異株の「疑い」を調べるスクリーニング検査を挟むが、オミクロン株の場合まだ国立感染症研究所がその方法を確立できていない為、全陽性検体にゲノム解析。ここの所長いわく、自前で解析することで、即時に感染警戒を呼び掛けられるメリットを生かし、市民の安全を守りたい、と。国立感染症研究所がオミクロン株のスクリーニング検査の方法を確立した後は、スクリーニングで引っ掛かった検体のみゲノム解析に回せば良いのでお金と時間が大幅に節約できる。解析には3から5日かかるというが、スクリーニングなら90分位で出来るらしいので対処が早くなる。感染症研究所は一日も早くスクリーニング法確立していただきたいです。

Posted by Yoko Oda Thapa at 2021年12月02日 05:18 | 返信

寒いなか今日もお疲れ様です。

またテレビを見るのが苦痛になってきた毎日です。
オミクロンに対して効果がわからないのに3回目、
海外では幼児が罹患しているとか…このまま子供たちへのワクチン推奨に持ち込まれてしまうのか。

周りは「またワクチン打たなくちゃ」と。
メディアの話を信用して、未接種の私のワクチン後遺症や死亡者の話は鼻で笑われて終わり…今後何もないことを祈るばかりで悲しいです。

ワクチンの有効性は不明、接種者中心の感染、表に出ていないワクチン後遺症の方々…これを大々的に報じず、3回目の接種を推奨ばかりするメディアや政府には不信感しかありません。本当にヒドイ話だなと。

Twitterでワクチン後遺症と入れるとたくさんの悲痛な声があり、中には学生さんや子を持つ親御さんなど…中には子を残し急逝された方も見受けられます。赤の他人ですが、本当に悲しいです。
この現実を世の中のたくさんの人に知ってもらい救われてほしいと思います。

Posted by りい☆ at 2021年12月02日 05:19 | 返信

カリコとNHKに出演していたのを見て、山中先生もあちら側の人なんだと思い、モヤっとしました。
去年のダボス会議に、竹中平蔵、中西経団連会長、水野弘道、兵頭住友商事社長、大島三井住友銀行副頭取、堀義人グロービス経営大学院学長が、参加してて、あっ察し!でした。
4日目は、ユバル・ノア・ハラリの講演。
今は、皮膚の外の情報が集められているけど、皮膚の内部の情報も集め、権威をアルゴリズムに移転するという話だった。
皮膚の下の情報は、ハイドロジェルか?ナノチップで収集になるのか?
ハラリ氏は、ロスチャイルド、ビルゲイツ、ソロス等の超大富豪を動かす悪の思想家らしい。
山中伸弥氏の顔が、怖くなった?と感じているのは、自分だけ?

匿名から匿名への返信 at 2021年12月02日 06:18 | 返信

アンジェリック・クッツェー南ア医師会会長は、患者の症状は、軽いので、パニックになる理由は無いと言っています。
未だ、調査中なのに、ファイザーやJ&J、モデルナは、来年3月に尾身クロン用のワクチンを提供出来ると言ってます。
ファイザーは、10年以上赤字だった会社でしたが、皆んなが、遺伝子注射を打ってくれるので、株主や役員は、笑いが止まらない程、お財布が潤っているそうです。
ファイザーの最高責任者は、自分は、ワクチンを打たないと言っていました。
自社製品の内容と目的をよく知っている人の発言だなぁと思いました。
尾身クロン騒ぎ(TVの中だけ)ですが、昨日、安倍元総理は「台湾有事は、日米同盟の有事」と台湾国策研究院の講演で、発言して、中国との緊張を強める貢献をしました。
10月には、岸信夫防衛相がCSISのシンポジウムでは、台湾周辺で中国軍の活動が活発になっているから、防衛費増額に意欲を見せました。
安倍と岸兄弟は、兼原信克氏の導きに従い、日本の台湾関与強化を進めています。
ワクチンも軍事活動の一形態なんですけどね。
AIによる第四次産業革命で、中央集権化と共産主義の加速。
来年か?再来年に、憲法改正、その後、徴兵制(ジェンダーフリー)?
コロナ騒動の裏側で、こっそり進めてる事の方が、鼻風邪よりも怖いけど、皆んなは、鼻風邪を怖がって、鼻風邪よりも、遥かに怖い注射を打つんだな。

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 07:00 | 返信

このコメント欄は本当に色んな方の意見を知る場所です。

ワクチン〜
反ワクチン、という言葉に抵抗感があります。
ある意味非国民と捉えることができるからです。

私はワクチンが生まれた歴史をまず知ることかと思います。誰が何の目的に?です。
戦後GHQの指導のもと、スタートした。という事実。
その延長戦上の今のコロナ騒動。

反ワクチンとか、中庸とか
ワクチンとは?ワクチンは必要か?
そこをみんなで考えるべきかと。

接種する、しないで分断された日本国民、
悲しいです。
希望者のみのワクチン接種だったコロナワクチン接種がインフルエンザワクチン接種が会社の原則に変わった現実、
国民にとって「ワクチン」とは?

みなさんと共に考えたいです。

Posted by むつみ at 2021年12月02日 08:21 | 返信

先生。また食べ過ぎました・・嘔吐はないですが・・但馬牛250グラム他・・です。
今日はいさおさん、何かご立腹でしたね・・先生を想う気持ちからですね・・私は匿名は読んでいません、長いのとかも。

昨日、中村吉右衛門さんが旅立たれました、お声が好きでした。パリのルーブル美術館で奥様といらっしゃるところ側で見かけました。70代まだまだ早過ぎです。

今YouTubeで細川たか「浪花節だよ人生は」を歌っていました一回だけカラオケ行きたい~。細川さん前髪が気になりる私。

Posted by 長尾先生大好き。 at 2021年12月02日 08:23 | 返信

噂レベルではなく、ちゃんとした情報で、コロナ後遺症とコロナワクチン後遺症は同じようにみえます。
メディアが取り上げる多くは、コロナ後遺症ですが、寝込んでいて普通の生活が不可能になってる人がいましたから、以下のお話も納得できるところですが、残念ながら読んだことがありません。
もしよければ、ヒントをいただけないでしょうか?

>知っているブロガーで5月にコロナに感染して、後遺症で倦怠感、息切れがひどかった人がいました。他の症状がおさまっても最後まで悩まされていたのは脱毛でした。
>いろいろなビタミンや微量元素のサプリを飲んでて、徐々に良くなっているところです。

>その人は先月ワクチン接種をしました。副反応に対して打つ前は怖がっていました。1回目の直後頭痛がひどく背中に痺れを感じたそうで、私は2回目無理しない方が良いんじゃないかと言いました。
>でもその人は結局2回目打ったのですが、即頭痛薬を飲んだから1回目より楽だったと言ってました。
>その人の中ではコロナ後遺症の方がワクチンを打つリスクより大きい、となりました。

>コロナにかかった場合もワクチンを打った場合も、本当に人によって全く結果が違うので、1人の人の例が他の人に当てはまらないと思いました。
>Aさんが大丈夫だからと言ってBさんが大丈夫とは限りませんから。

ワクチン後遺症があまりメディアにより取り上げられないのは、政府や製薬会社への忖度もあるのではないでしょうか。日本はこれに限らずあちらこちらで多方面で忖度が強いように思います。

人のよって結果がかなり違うということは、臨機応変に変えなえればいけないことを示唆してるように思えてなりません。

先生は、コロナ後遺症よりもコロナワクチン後遺症に意識がいってるのは、現場を知ってる先生と無縁の生活のものの意識の差かもしれませんが、、、
でも先生はコロナワクチン後遺症の人が大変だというので、軽症から重症どちらもいて
それぞれに同程度に感じてしまってるのは現実誤認なのでしょうか、、、

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 08:45 | 返信

ADEMという言葉を初めて、ここのコメントで知りました。
急性に発症し多彩な神経症状を呈する自己免疫性炎症性脱髄疾患なんですね。
多くはウイルス感染などの先行感染後に発症し、ワクチン接種後でも起こりうる
とありました。ワクチンの仕組みを考えたら、一定数でてしまう?
上記がコロナワクチン後遺症の正体なら納得です。

でももし、医療現場で苦しんでる人が医療者から無理解な態度をとられて二重に苦しむとしたら、
それは、ADEMという言葉の認知と普及に努めるのが先だと思いますが、素人の浅はかな考えでしょうか?

コロナワクチンについては、残念なことですが、反ワクチンが決して世間的によく思われていないと感じてます。過激な人もいますし、医療者であれば、そのようなことで困ることもあるのも想像がつきます。

体調不良を何がなんでもコロナワクチンが原因だとかたくなな態度でいくより、原因不明で回っていくほうがいい気がします。

医療者のよくない対応は是正されるべきものと思いますが、医者や病院で嫌な思いをすることは
意外とあります。コロナ前からです。
また自分が初であっても、医者からしたら、「またか」とうんざりすることもでてきます。
医者も人ですから、患者の対応や態度で今後が変わることもありえます。
またお医者さんによっても対応がかなり違うので、自分にあうところが見つかるといいのですけどね。

長尾先生は医者だから、患者の心得みたいなものってあると思いますか?
やはり人間関係の1つですから、お互いが気持ちよく関係を作れたらいいですよね。

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 09:12 | 返信

西日本の医薬品物流の大手、株式会社日立物流「関西メディカル物流センター」の火災で西日本の医薬品が不足する懸念が囁かれているようです。

基礎疾患をお持ちで、常時服用が必要な方は、早目に薬の確保をされた方がよいらしいです。
オミクロンよりも従来の感染症治療に薬品不足が問題が起きるのかも知れません。
.

Posted by 神無月 at 2021年12月02日 09:17 | 返信

「効きが悪くても従来ワクチンの3回目の接種を」と。
矛盾がまかり通る世論が怖いです。

本日の高知放送のニュース
新型コロナ感染確認なし ワクチン接種後に1人死亡

感染者無しでワクチン死という、薬害。
コロナにかかっても生きていた可能性の方が高いのに。

高知県では比較的ワクチン死が取り上げられています。

世界がワクチンの調査はするけど、自然免疫に関するレポートは、ほとんど無しか無視。

EUやオーストラリア、アメリカ民主党は、ワクチン義務化を推進しています。
世界が全体主義に傾き恐ろしいです。

接種証明や義務化を推進する党や政治家は、
ファシストと何ら変わりはありません。

接種証明を導入してきたドイツの死者は400人超え。
導入していないイギリスは今日の確認で100人台。
何をどう正当化して、接種義務化を導入するのか、非論理的で理解不能です。

Posted by LL at 2021年12月02日 09:50 | 返信

先日、歯科検診に行き、マスクをしていなかったので一枚30円で購入しました。と言うより、買わされました。今日、眼科に行き眼圧測定時、眼鏡を外した時にマスクも無意識のうちに外してしまったら、nurseさんが少し後退りして「マスクつけて下さい」と。店頭ではマスク無い方入店お断りの貼り紙。ほんの小さいお子さんもアンパンマンのマスク。すれ違う小学生達も皆マスク。屋外ではマスクしていないのですれ違う人には避けられ気がへんになりそうです。職場ではワクチン未接種者は私を含めて数名。ただ今、三回目希望者を募っています。とある病院にはインフルもコロナも検査.治療はしませんと掲示してありました。なんだかなぁ。医師は何を診てくれるでしょうか。

Posted by kyoko at 2021年12月02日 10:25 | 返信

>コロナ、ワクチンに関する知識量は医師によって全く違うので、その先生の書いていることは本当だろうか?と疑ってかかることも必要かと思います。

これは調べる必要がでるので労力がかかるから、はぶいてしまいがち。

>以前千葉大のデータを見たことがありましたが、約2000人の接種者を調べると99.9%抗体ができているという結果が出ていて、プラセボが入っていないことがそれでもわかります。

プラセボ説も根強いのでどう考えていいのかと思うところありました。
このようなデーター結果がでていたのと、この結果でプラセボが入ってないとわかるんですね。

>厚労省のHPを見ると、プラセボを使った二重盲検の試験の情報も載っていますが、それは今回の接種の前に終了しています。

>副反応は人によって全く出方が違います。免疫反応が違うからです。私は発熱しましたが、高齢の父は腕が痛いだけで殆どなにもありませんでした。ロットの違いによる成分の濃淡もないです。

ロット番号についてはどうのか、反ワクチン側の情報では末尾の情報で違うのだとありました。

>政治家はプラセボを打っているというのも単なる噂で確かめようもないですね。でもお年の人が多いからワクチン打ってる人多い気がしますけど。

政治家はプラセボもそうですが、官僚や政治家が打ってないというのもみます。どこかに情報が開示されてるのでしょうか?色々不思議です。

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 11:11 | 返信

長尾先生へ
 ごとう先生のコラムより
リンク付きは長尾先生のみ。
https://karyukai.jp/column/4581
横浜のシンポジウム、ごとう先生参加。
すごく嬉しいです。
医師団の団結の第一歩となりますように!
 

Posted by むつみ at 2021年12月02日 11:15 | 返信

先生こんばんは。日々ブログや動画配信等ありがとうございます。
コロナの話題とは関係ありませんが、先日映画『痛くない死に方』を観ました。
しみじみとした、という表現が思い浮かびました。そしてこのまま高齢の家族や友人と一緒に観て、リビングウイルについても検討出来そうな映画でした。DVDが出たら母と一緒に観たいと思っています。
もうひとつは、お医者さんが人間になる過程が描かれてますね。日本の医療系の作品としては特異に思えます。親しみを持って最後まで落ち着いて観ることが出来ました。
「生と死」というテーマもありますが、この二つだけは神様から許される事だと昔から感じており、受身姿勢です。理想としては常に謙虚でいたいと願っています。
余談ですが、私自身親しい人が亡くなるとその魂が広がってより感情が染み入る様に感じる事があります。霊感があるのかも知れません。臨終直後に、家族で記念撮影を撮るシーンがありましたが、亡くなられた方の乗り越えた喜びと幸せが家族に伝播して、あのような泣き笑いになるのかと思い馳せました。とはいえ私自身は1人で静かに眠る様に、が理想なのですが…

Posted by 匿名 at 2021年12月02日 11:38 | 返信

イチジク様、有難うございます!
先生の文をサッと読み、皆様のコメントをじっくり拝読して、先生のをじっくり拝読しております。
こちらで知らなかった事を知り、自分で調べ、大学ノートに書いて、布団の上で就寝前に読んでいます。
先生、皆様、有難うございます!
御礼に二つポチと押させて頂きました(^^)

匿名からイチジクへの返信 at 2021年12月02日 11:50 | 返信

以前、マクロライド系のクラリスに副作用がありイベルメクチンに不安を持っていらっしゃったききさんの参考になればと自分の経験を投稿しました。クラリスで吐き気が出るため、予防をかねて試しにイベルメクチンジェネリックを6mg飲んでみたところ大丈夫だったので、いざという時にはイベルメクチンを服用することに決めたという内容でした。
先月半ば、軽い倦怠感と頭痛、微熱があり、今度はイベルメクチン9mg飲んでみました。今度も吐き気はなく、翌々日には症状もなくなりました。実はその少し後、横浜での長尾先生の映画と舞台挨拶に友人と行く約束をしていたんです。おかげで無事映画を観て長尾先生の生のお話も聴くことができました。その友人は、大学4年間を西宮で共に過ごした親友です。お互い神奈川県在住ですが、コロナ禍でLINEでやり取りはしても会えないでいました。先生の映画がきっかけで久々に会って話し、食事もして楽しい時を過ごすことができました。先生のご都合で握手やサイン会がなかったのは残念でしたが、先生のサイン本と映画のパンフレットを購入し、映画監督さんにもしっかりサインいただきました。

私には娘が2人いて、1人はワクチン2回接種、もう1人はワクチン未接種です。それぞれに小さい子どもが2人ずつで、計4人の孫がいます。とうとう3回目の接種が始まりましたが、娘が3回目を打つと言ったらどうしても止めたい。そしてまだ小さな孫たちには絶対に接種させたくない。
ワクチン打ってない娘も、子どもたちの接種が始まってからの同調圧力が心配で、どこまで耐えられるかわからない、と言っています。
もはや怖いのはコロナウイルスではなく、3回目と子どもたちへのワクチン接種であり、その同調圧力です。そして、その先にあるワクパスによる行動制限、更には来年の参院選と同時に行われるかもしれない憲法改正です。緊急事態要項の中にワクチン義務化が含まれるのではという話も聞きます。もしそんなことになれば、打たない自由も奪われてしまいます。それならせめて従来型の組み換えタンパクワクチンや不活化ワクチンができて選べる自由があればと思います。先々不安しかありませんが、一主婦では何もできず、声を上げて下さる方々の応援を精一杯するだけです。今度の横浜でのシンポジウムでも、一人でも多くの人たちに声が届くよう、お祈りしています。そして、長尾先生、どうかくれぐれもご自愛ください。

Posted by しろねこ at 2021年12月03日 12:46 | 返信

コロナワクチン接種を長尾先生は、一時打っていたので確認したいのですが、
ロット番号末尾で中身を変えてるだのいう怪しげな噂があります。
これは本当なのですか?実際に扱ってる先生であればご存知なのかと思って、
また怪しげな噂として、寄生虫や中身を顕微鏡でみたような画像もよツイッターや動画であります。
そんな風に簡単に中身を好き勝手にできるものなのでしょうか?
ネットで流布されてる怪しげな噂、お医者さんの知識総動員してどう考えてるのか、知りたいのですよね。

ワクチン後遺症というのがもし本当にあって、またそれに対応されてるお医者さんたち
と、このような怪しげな話のところがドッキングしてしまうと、それでなくても、反ワクチンは
一部の人たちの言動で世間のイメージが悪く、下手すると語弊があったらごめんなさい。
新興宗教的な、なんか特殊なイメージがついてしまってるので、そういうイメージがつかないように
ちゃんとコントロールしないと、世間の風向きは変わらないと思うのです。
閉鎖的に自分たちにだけやるならそれでもいいと思うのですが、先生の目指すところ、望むのは
その先だと思ってるので
このようなことをいうのは気が引けるのですが、周りがおかしいとか、変だといってもその周囲は
理解を示したり、考えを聞く耳もたないのではないかなーと思うのですが
そういうところとは違っていると示すには、批判ばかりにいくよりはもっと建設的な何かを、
先生もコロナワクチンに関して、批判から誹謗中傷から散々されて、相手のいうことに耳を傾ける
気にはなれなかったはずです。誰でも批判ばかりされたらいやになりますし。

Posted by 匿名 at 2021年12月03日 01:55 | 返信

リンクはアップしませんとなっていて、時々、アップされてるサイトがありますがなぜなんでしょうか?
リンクつきでアップされなかったというコメントもみるので、違和感があります。

何か理由があるのであれば、それも書いてほしいです。

先生の過去の記事リンクがアップされたのは、先生のところだからとわかるのですが💦
偶然かもしれませんが、反ワクチン的なリンクがアップされてる対象のようです。
もしくは、同じ医者のブログやサイトであればリンクをアップしますとかあるのでしょうか?
昨日だかは、英語のサイトもアップされていて戸惑っています。
先生はちゃんとした方であると思うだけに、不信感を感じるような対応になってしまうのはもったいないと思うのです。

Posted by 匿名 at 2021年12月03日 01:15 | 返信

批判ばかりでは、喧嘩にしかなりませんね!
ワクチンで人々が分断されて悲しいです。

ところで、反ワクチンって、ちょっと範囲が広すぎると思いませんか?
全てのワクチンに反対(正真正銘の反ワクチン)
新型コロナワクチンに反対(他のワクチンには反対していない)
この2つ、全然違うでしょう?

全てのワクチンは任意であるべき(義務化に反対)
新型コロナワクチンは任意であるべき(義務化に反対)
↑英語の辞書では、義務化に反対することも「反ワクチン」と定義されてしまいました

任意接種の新型コロナワクチンを自分は接種しない(「反」の要素なし)
↑私はこれですが、しばしば反ワクチンのカテゴリに入れられて批判ばかりされています

接種する=善、接種しない=悪、の前提ができてしまった今となっては
話し合い自体が難しい気がします。

匿名から匿名への返信 at 2021年12月04日 01:22 | 返信

>批判ばかりでは、喧嘩にしかなりませんね!
>ワクチンで人々が分断されて悲しいです。

反ワクチンの人って、全員じゃないですが、なぜかワクチンを部分的にでも肯定すると
攻撃的になる人が多いです。先生も動画でワクチンの実際を医学的見地からしゃべったら誹謗中傷されたみたいで、気の毒に思いましたし、
それはコメント欄でも感じて残念に思ってます。
先生は最終的に誹謗中傷される原因だろうと思われることを回避行動されました。
それでも、先生がワクチンを打ったこと(ご自身含め)、転向しても言われるのをみると恐ろしさを覚えました。

私の中で、遺伝子ワクチンが新しい技術だから様子見、他人に強要しないで、自分の中だけで拒否する人は反ワクチンと形容したくない気持ちでいます。
でも、一部の反ワクチンの人はそこを逸脱してるようにすごく見えています。
それが全体のワクチンを理由があって接種しない人のイメージになってしまっています。

ここのところ、コメントをみてても、自分の家族にワクチンをやめさせようと躍起になってる人をみたり
すると、
その受けるといってきかない家族はその人に、死亡リスクや重症化リスクがあるから接種するように
説得したり同じように強制してるのか、気になります。
もし何も言わずその人の意思を尊重して決断させてるなら、相手に強要するのは違うと思うのですが、
多くの反ワクチンといわれる人は他人にも押しつけや強要をよかれと思ってしているように見えます。

つまり、私からみればどちらも似たようなことを相手にしてるようにみえてしまうのです。

反ワクチンで有名なお医者様が今年秋に接種しないまま、コロナにかかり入院、心臓の持病を
お持ちでしたが、心臓の何かで亡くなられたと記憶しています。
どっちでもリスクがあるのだから、それぞれ個人がリスクなどの情報を知ったうえで選べばよいのでは。

それは事の重大さが違うといわれそうですが、親が思う子供が間違いない道をいかせようとレールをしき無理矢理にでもそこをいかせようとすることと根本が似てる気がします。
子供が違う価値観、考えをもっていたら関係性が悪くなることは明らかですよね。

私が尊敬してる反ワクチンの人たちは家族であっても強要はしていません。
ただし、それでもどのようなリスクの可能性があるか、危険があるかまでは伝えてる人が多いです。

人間関係の亀裂が、コロナワクチンの決断で起きているのを見るにつけ、自分の中の正しさが相手と一致するわけではないとつくづく思います。

同調圧力云々も、程度の差があれ、反ワクチンの人も似たようなことをやってるようにみえて、複雑な心境になります。

Posted by 匿名 at 2021年12月05日 01:29 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

ひとりも、死なせへん

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会