このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

拙書が医学部入試や模擬試験に出るとのこと

2019年04月08日(月)

いろんな本を書いているが医学部の入試や予備校の模擬試験に
使われるので「受験生に読まれている」との話を聞き、驚いた。
ところで、どんな答えが評価されるのだろう?

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

先日、河合塾の模擬試験に使った、との連絡を受けた。

『胃ろうという選択、しない選択』

問:「死の外注化」とはどういうことか   →こちら


きっと、答えが出ない問いにどう反応するのかを聞いているのか。

過去にも


秋田大学医学部 「平穏死10の条件」→こちら

岐阜大学医学部 「家族が選んだ平穏死」→こちら

また山口大学健康福祉学科の入試にも →こちら

そして今回、とうとう予備校の模擬試験にも採用された・・・


私の願いは、医学部の教授や大病院の部長クラスにテストして欲しい。
あるいは、数ある医学会の理事の先生にも聞いてみたいといつも思う。




PS)
昨日は、看取り2件などでほとんど寝ていない。
そして今日も秒刻みの忙しさで、1日を終えた。

そうそう。

夕刊フジの連載「平成臨終図鑑」が第100回目を迎えた。
記念すべき100回目は、ショーケンを書いた。→こちら

ちなみに、100回分を紹介しておこう。→こちら

これをベースにして加筆していったものが
4月25日発売予定の「平成臨終図鑑」だ。


4月26日には、平成に亡くなった人の歌を一生懸命歌う。
テーブル席で食事を食べながら、ゆっくり聴いてください。→こちら

毎日、打ち合わせと練習。
あと2週間。











 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

夕刊フジの連載「平成臨終図鑑」が第100回目:を読みました。
昔の友人、同級生がショーケン ファンでした。私はジュリー派でしたけれど、
ショーケンの男臭さ=ヤンチャな気配 に惹かれる女心は理解できます。
名作「傷だらけの天使」はテーマ曲が頭の中を駆け巡り、とっぽい雰囲気なショーケンが好きです。
カッコイイ!! と思います。ストイックな性格なために、後半の役者人生では周囲を困らせる(戸惑う)
こともあったと読みました。病気を患いながらも、生き方に信念がある罹患者は、なおさら己を追及
する(自己を完結させる)、そのような生き方をする人が多いのかな? と思ったりしました。
芸能人=スター街道 を生きた人、まして役者という仕事=他人を生きてみる という作業をしてきた方々
は、生きる・死ぬ ということに関して、とても冷静なのかも知れないな..とふと思いました。
それにしても、樹木希林さん・内田裕也さん・ショーケン と続いてしまい..老人というイメージを
掌握できずにいます。昭和の真っ只中を、闊歩して過ぎていった素敵な人たちだったなぁと思いました。

Posted by もも at 2019年04月09日 07:47 | 返信

うちの娘の大学の看護学部で
老年の授業では 「親の老いを受け入れる」が出てきたと娘からLINEがきました…

ほんとに
長尾先生!素晴らしいです

Posted by 宮ちゃん at 2019年04月09日 11:11 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部