このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

遺伝する認知症

2017年05月30日(火)

認知症を発症しやすい遺伝子アポEが判明し当院でも自費で検査することがある。
一方、親の認知症の子供の認知症への影響に着いて疫学的な研究がなされている。
親の認知症が子供の発症リスクに影響する場合が、想像以上にあるのではないか。


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む

施設看取りで主治医に連絡する目安は?

2017年05月28日(日)

今年から、グループホームの雑誌「ゆったり」にも連載させて頂いている。
Q&Aの1回目は「施設看取りで主治医に連絡する目安は?」というもの。
紙面ではとりあえず個人的な考えで回答をさせて頂いた。→ こちら


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む

アルツハイマー国際会議・参加記 

2017年05月26日(金)

日本医事新報6月号の連載は先日京都で開催された国際アルツハイマー
協会の世界会議に参加して、感じたことをそのまま書かせて頂いた。→こちら
今は、認知症当事者の言葉に耳を傾けることを啓発する段階である。


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む

親の認知症が不安な子供へ

2017年05月26日(金)

きらめきプラス5月号の連載は「親の認知症が不安な子供へ」で書いた。→こちら
今やどこに行ってもこの相談ばかりなのでウンザリしている。
誰かの参考になればと思い、毎回リアルな質問に応じている。


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む

来年の市民フォーラムは5月12日(土)です!

2017年05月22日(月)

先週の市民フォーラムの余韻がまだまだ残っている。
頂いた感想をこの場をお借りしてそのまま転載する。
来年は5月12日(土)なので手帳に書いておいて!


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む

身体拘束をする理由

2017年05月20日(土)

「拘束しなければ高額の賠償請求も、あまりに足りない看護師・介護士」
という小文がMRICに掲載された。今看護師・介護師は不足している。
なぜ身体拘束になるのか、どうすれば回避できるのか、を考える時だ。
 


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む

抗認知症薬の増量規定撤廃が周知されていない

2017年05月15日(月)

昨年6月1日に私たちの活動が実り、「抗認知症薬の増量規定」は撤廃された。
しかし医療現場やレセプト審査の現場には、まだ周知されていない。
先日、アリセプト3mg投与が査定されたのだが、本当に悲しい。


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む

「アルツハイマー病国際会議」の新聞報道

2017年05月15日(月)

先日、京都で開催された「国際アルツハイマー協会世界会議」
の概要が様々な新聞メデイアで報じられている。
参加できなかった人には、新聞報道を読んで頂きたい。


2つの応援クリックを
よろしくお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ    →  続きを読む


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部